通常mob

ページ名:通常mob

確率で名前の横に☆が1~2個付与されたMOBが出現する場合があります。
見た目が通常とは異なるドロップがそれぞれ2倍・4倍になったレアMOBといった位置付けですが、攻撃力とHPが大幅に強化(☆一つごとにHPが+100%、攻撃力+50%)されているので通常と同じように対処すると痛い目を見ます。

また、マルチプレイの場合周囲のプレイヤー数によって強化され、パリィできなくなるなど攻略を変える必要がある場合があります。ここに記載しているのはソロプレイ時のデータのみで、強化量はプレイヤー一人増えるごとにHP+30%、攻撃力+4%です。

生息地についてはひとまずゲーム開始時基準であり、ボス撃破によって他のバイオームでも夜間のみ出現するものがいます。

【補足】
弱点・・・大ダメージを与えられる(黄色
抵抗・・・ダメージがほとんど通らない(灰色
無効・・・ダメージが無効化される
上記に載っていないものは、弱点に明記されているものよりダメージ量は劣るが
標準のダメージが入る。

※名前の下の英語名はコンソール用ID


Fish1(スズキ)     Fish2(カワカマス)   Fish3(マグロ)      Fish4_cave

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
水場 生魚1-4           不可

海、湖、河などに生息している。人工的に掘った池に自然発生する場合もある。
弓矢などの武器を使って捕まえることはできない。

大きな魚からは多くの生魚が取れるが、生魚が4取れる魚が湧く場所はあまりない。
水深が深いほど大きな魚がスポーンするので、陸地付近での釣りでは小魚ばかりになりやすい。
漁業についての詳しい説明は釣りを参照。

 

鳥(カラス、カモメ)
Crow            Gull

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
  羽毛3           不可

カモメは草原・黒い森・平地・海に、カラスは黒い森に生息している。
弓矢などの遠距離武器で仕留められる。どちらも羽毛を3個確定でドロップ。
地面に降りている時が狙い時だが、空を飛んでいる個体を撃つことも可能。
飛び立つまでの時間が短いため、弓のスキルレベルが低いとチャージしている間に飛び立ってしまうことも。
奈落の銛があるとチャージがなく、矢も不要なため狩りやすい。

またTIPSで教えてくれるように、雨や夜間ではあまり飛ばずに地上に降りていることが多い。

 


Boar

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
草原 革の切れ端、猪肉、猪のトロフィー     10 10 ラズベリー・ブルーベリー
カブ・ニンジン・タマネギ・キノコ

ゲーム開始時の貴重なリソース元。
消費の多い革の切れ端をドロップし、2~3匹が固まってスポーンする事が多い。
リリース当初:生肉のドロップは鹿とは違い確定ではなかった。
ハースアンドホーム後:生肉と革の切れ端が確定ドロップになった。

プレイヤーに気付くと鳴き声を上げて周りを回ってから突進してくる。異常にしつこい。
キノコや野菜でテイムをすることができる。繁殖について詳しくは畜産

ちなみにイノシシの生態を教えてくれるルーンストーンの周りに固定スポーンするが、それについてはリスポーンしない。

 

猪の子
Boar_piggy

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
無し 無し          
猪を繁殖させて産まれてくる猪の赤ちゃん。餌は食べない。
テイムした狼と一緒に住まわせると食われてしまうので注意。
狼の子や炎に怯えて暴れる。鍛冶場を使った時にわずかに出る炎にすら怯える。
繁殖について詳しくは畜産

 

鹿
Deer

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
草原、黒い森 鹿皮、鹿肉、鹿のトロフィー     10   不可

序盤から終盤までお世話になる資源、肉と鹿皮の供給元。
肉を確定で2個落とすので食料としては猪よりも優秀。
…だったのだが、肉の細分化と料理の調整によって、中盤以降は力不足になってしまった。

察知されてしまうと高速で逃げてしまうので、遠距離武器がないと仕留めにくい。
ドワーフやトロルとは共生関係。ただし骸骨やフューリングなどによく狩られている。
余談だが走りスキル60ぐらいから追い付ける。
アップデートにより動きがかなり緩慢化。AIも緩くなったのか転回も頻繁に行うように。

 

グレイリング
Greyling

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
草原 樹脂 20 5 不可

最序盤では少し苦戦する可能性があるが基本的には弱いMOB。
火を恐れる為、たいまつを持っていれば安心。慢心で建物を破壊されてしまわないように。
☆つきは存在しない。
ドワーフ系はいずれも樹脂を確定でドロップする。木の化物なのでもしかしたら樹脂が血液なのかも。

 

ネック
Neck

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
草原 ネックの尾、ネックのトロフィー 5 6 不可
基本的に水辺に生息している。複数でいることが多く、
特に食事のバリエーションが乏しい序盤では積極的に狩りたい。
毒耐性蜂蜜酒の材料にもなる。後半ではあまり必要にはならない。
雨天時のみ生息域がかなり広がり、標高の低いところであれば水場から離れていても出現する。

 

灰色ドワーフ
Greydwarf

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森 木、石、灰色ドワーフの目、樹脂、トロフィー 40 14(近接),10(投石) 不可
黒い森の主な敵。
そこまでの脅威ではないが投擲を覚え、複数体に囲まれると意外な窮地を味わう。
たいまつを恐れるので黒い森の散策には持っていこう。
ドワーフ系はトロルと共生関係。
エイクスュル撃破後は夜間、草原にも出現する。

 

灰色ドワーフシャーマン
Greydwarf_Shaman

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森 木、灰色ドワーフの目、樹脂、トロフィー、ビュークペリー 60 14(近接)、30(毒ブレス) 不可
緑色の目のドワーフ。
短射程の毒ブレスを吐き、周囲のMOBを回復させる魔法のようなもの(花粉?)も放てる(4秒間毎秒20回復)。
ドワーフ軍団に交じっていると苦戦するので優先して倒そう。
たいまつを恐れない。
基本的に夜間のみの出現だが廃墟やドワーフスポナー、襲撃戦では昼間でも出現。長老撃破後は夜間、草原でも出現する。

 

灰色ドワーフブルート
Greydwarf_Elite

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森 木、灰色ドワーフの目、樹脂、トロフィー、タンポポ、古代の種 150 30 不可
頭にタンポポを乗せた赤い目の大型ドワーフ。
攻撃力が上がっており、建物への被害が大きくなる。攻撃頻度が速いのを逆手に序盤のブロック上げに。
戦力が整っていない状態では強敵なので逃げることも視野に。
たいまつは効かず、☆が付いている場合は受けるダメージもかなり高くなる。
基本的に夜間のみの出現だが廃墟やドワーフスポナー、襲撃戦では昼間でも出現。長老撃破後は夜間、草原でも出現する。

 

トロル
Troll

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森 コイン、トロルの皮、トロフィー 刺し 叩き 600 50-70(攻撃の種類による) 不可

森の脅威。素手と丸太持ちの2種。丸太攻撃は攻撃範囲が広い。
アーマー値が低い段階ではまともにやり合うとやられてしまうだろう。
建造物・樹木・岩・鉱脈に対して特効(黄色ダメージ)持ちで
拠点に近づいた場合は壊滅の危機があるので無理にでも引きはがすべき。
動きは遅めなので弓の用意があれば倒したい。また攻撃のモーションが大きいので
慣れれば簡単に避けられる。トロル防具は優秀なので一式揃えてセットボーナスを狙おう。

素手トロルの方が戦いやすいが、近距離での振りかぶり攻撃にバグがあり超攻撃力を発揮する場合がある。素手トロルの両腕叩き付けは腕の攻撃判定の他に、
プレイヤーの使用する鹿砕きや鉄の大ハンマーと同じく地面から発生する範囲攻撃が追加で発生する。そのため腕の攻撃をパリィしても衝撃波でダメージを受けてしまうことが多い。
両腕叩き付けをガードも出来ず直撃した場合は、腕攻撃でよろめきが発生して衝撃波が追い打ちになるため大ダメージになりやすい。

黒い森内ではどこでも出現する可能性があるが、トロルの巣では中か外、どちらかに一度だけ固定スポーンする。

 

骸骨
Skeleton

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
全域 骨の破片、トロフィー 火、叩き 刺し 、凍結 40 25(剣)、20(弓) 不可
スポーン条件がとても多く、ワールド全体で見かけるが生息テリトリーは沼。沼MOBとは共存だが他MOBとはしょっちゅう殴り合う。
黒い森の埋葬室入口に固定で3体出現し、内部でも多数現れる。
その他、草原のお墓に夜間固定スポーン(一度のみ)、黒い森や山の廃墟にも出現する可能性があり、大骨撃破後は夜間どこにでも出現。
弓を打つタイプと近接がおり、複数で襲われると度々序盤の死因になる。
最序盤のスルトリングの核目当ての段階で☆付きが出てくるとかなり厄介。
ダンジョン、襲撃とゲーム中一番目にする敵かもしれない。
霊の付いた武器で攻撃すると追加で継続ダメージが入るが、そのころの武器では大体1撃で倒せる。

 

腐敗した残骸
Skeleton_Poison

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森(埋葬室のみ) 骨の破片、トロフィー 叩き、火 刺し、凍結 100 20+30毒 不可

主に襲撃の「いきなり骸骨!」のリーダー格な感じで目にする。
たまにダンジョンの埋葬室にも生息している。毒攻撃をしてくる。

 

幽霊
Ghost

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
黒い森(埋葬室のみ) 無し 叩き、刺し、斬り 60 25 不可

ダンジョンの埋葬室に生息している。暗いモヤのようなもの。
普通の攻撃には耐性があり、モヤモヤしていてモーションが分かりづらいため意外と面倒な敵。
現状でドロップが存在せずリスポーンもしない唯一のmob。☆付きも存在しない。

 

ドラウグル
Draugr

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
内臓、トロフィー   100 48 不可
弓タイプと近接タイプが存在する。プレイヤーを感知するとゾンビのような声を出す。
どちらも沼に慣れていない段階では強敵で、早い接近速度と射撃で苦戦するだろう。
基本の生息域は沼だが、草原の廃村や山の廃墟に集団で住み着いているパターンもある。
山はともかく草原は油断していると痛い目に会う。周囲に矢来がある廃村はほぼ確定なので要注意。
ドロップの内臓は優秀料理ソーセージに必要になるので倒せる段階になったら確保しよう。
ソーセージはかなり長い時間お世話になるので沢山作っておこう。
長老撃破後は草原・黒い森・平地でも夜間かつ霧がかかっている時に出現する。
ルーンストーンの記述によると元々はこの地に居た原住民の成れの果てらしい。

 

ドラウグルのエリート
Draugr_Elite

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
内臓、トロフィー   200 58 不可
沈んだ墓地や沼の廃墟などのスポナーがある地点の付近に生息している。
一応沼であればどこでも夜間出現するが、かなりレア。
トロフィーが両手鈍器の素材だが、ドロップ率も遭遇率も低い。
左腕と左目が無い隻腕隻眼な大柄のドラウグル。

 


Leech

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
血袋、トロフィー   火、霊 60 20+70毒 不可
沼の水中に長く留まっていると凄まじい勢いで群がってくる。
ネックと同じようなカエルに似た鳴き声で、感知するとひたすら噛み付き音を発する。
陸上には上がれないものの、足場の悪い沼ではなるべく相手にしたくない相手。
毒ダメージを持ち、抵抗のできない泳ぎ状態で絡まれると死の危険性がある。
また船にも直接攻撃してくるので航海中は沼に近寄り過ぎないよう注意したい。
陸上で頭を出してきたら弓で攻撃するとよい。鈍器・剣の3段目も当てやすい。一番簡単なのは水辺で鹿砕きか大ハンマーだが、スタミナには注意。
倒した時のドロップアイテムの発生が早い。
ドロップの血袋は凍結耐性のハチミツ酒に使うので必須となる。
終盤でも優秀料理に使えるのでストックしておくとよい。
見えにくいが意外とサイズが大きく見た目が結構グロイ。トロフィーもグロイ。

 

スライム
Blob

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
ドロドロ、トロフィー 叩き、凍結 火、刺し、斬り 50 90毒 不可

跳ねながら接近してくる毒MOB。ぐちょぐちょと音を立てるが環境が環境だけにわかりにくい。
地上の沼で遭遇した場合は冷静に対処しやすいが、ダンジョンでは狭い空間で思わぬ苦戦をすることも。
感知されていると泥まみれのゴミの山ごしに毒ガスが貫通してくるので要注意。
ドロドロはあまり必要性がないので積極的に相手をする必要はないが、
放置も危険なので見かけたらなるべく処理はしておきたい相手。
弓矢で遠くからか、弱点の鈍器で瞬殺するのが確実だろう。
跳ねて着地した直後はガスを出さないので、そこを狙って迎撃すると比較的安全に対処できる。
見た目に反し叩きが弱点なので青銅メイスLv3で一撃必殺が十分に可能。
☆付きは存在しない。

 

スライムのエリート
BlobElite

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
スライム2体、ドロドロ、クズ鉄 叩き、凍結 火、刺し、斬り 150 115毒 不可
赤黒く大きくなったスライム。毒ダメージが凶悪で直撃だと80以上削られる。
沈んだ墓地の入口に結構な頻度で配置されていて非常に厄介。
通常スポーンは沼の夜間のみ。
毒耐性蜂蜜酒が無かったり高HPが維持できていない場合は接近するのは非常にリスクが高い。
幸いなことに狭いダンジョン内には出てこない。
クズ鉄はレアドロップ。倒すとスライム2体に分裂する。☆付きは存在しない。
襲撃イベントで拠点に複数襲来する可能性があるので要注意。大骨攻略後も毒耐性蜂蜜酒は保管しておくと吉。

 

スルトリング
Surtling

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
沼、灰の地 スルトリングの核、炭、トロフィー 水、凍結   火、毒、霊 20 10(近接)、40炎上(炎の弾) 不可
沼では炎の柱が上がっている周りに3体出没する。
沼のこの炎はスポナー扱いなので核と炭狩りに便利。
水に非常に弱く、沼の水に浸って自滅してしまうこともしばしば。
また、飛び道具で炎上させてくるが沼では常に雨のためあっという間に鎮火してしまう。
何気に他の沼MOBとも敵対しているという、アウェイ感が強すぎる悲しい存在。
☆個体は青白い炎、☆☆個体はピンク色の炎をまとっている。

灰の地はまだ中途実装だが全域に生息。
海辺だと炭が転がっていて哀愁が漂う。

 

死霊
Wraith

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
鎖、トロフィー 火、霊 叩き、刺し、斬り 凍結、毒 100 60 不可

夜の沼と沼の廃墟に出現する。
空を飛んで接近してくる。かなり青白く発光しているので夜間ながらに出現がすぐ分かる。
そこそこの速さで空を飛べるため、船を追いかけて海の上まで襲撃してくることもあるので注意。
倒すと鎖をドロップする。この鎖は現状死霊とダンジョン位しか入手先が無い。☆付きは存在しない。

 

Abomination New

Abomination


(活動中)


(擬態中)

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
root、トロフィー、汚泥 刺し、叩き 凍結、毒、霊 800 100 不可

0.205.5で実装された四足歩行する樹の怪物。
普段は朽ちた株に擬態しており、近付くと正体を現し襲ってくる。
高めの攻撃力と広い攻撃範囲を持つことから、トロルやストーンゴーレムと同列の存在と言える。
沼は木が多く、暴れていると大きな音が響くため周囲のmobが寄ってきやすい。特に平地が近い場合はフューリングが乱入する原因にもなるため素早く倒してしまおう。

弱点が少なく抵抗が多いが、斬りがなかなかに有効。沼の足場の悪さを考慮すると、火矢も良い。
擬態の朽木は自然生成のものより小さく、時折ヘドロのようなエフェクトを発する為、慣れれば判別は容易だろう。
ただし知覚範囲が広くて先に気づかれることの方が多い。しかも一度アクティブになると行動範囲が非常に広い。
沼に入ったばかりの頃であれば、パリィすら厳しい攻撃力をもつため逃げることも考慮しよう。動きは鈍いため逃げるのは比較的簡単。
戦う場合、吹っ飛ばされて水に落ちての装備解除・蛭の横やりで事故りやすいので位置取りには注意。

 


Wolf

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
狼革、狼肉、トロフィー、狼の牙     80 70

生の肉類
生魚・ ネックの尾・ソーセージ

高速で接近してくる山の脅威。☆☆個体は銀盾でもパリィが厳しい強さなので注意。
高い攻撃力を持ち、足も速いので振り切るのも困難。
周囲に気を配り、複数を相手にしないように注意して進もう。怯むと長くスタンする。
武器や防具に素材が複数必要になるので沢山倒す必要がある。夜に群れで出現しやすい。
トロフィーも防具の素材となるので最初は捨てないように。☆付きは夜しかスポーンしない。
肉の細分化により、ドロップする肉が狼肉に変更された。
扱いやすく料理の効果も高めなので、☆☆個体をテイム出来たら繁殖させるとよい。
テイムは肉類。繁殖について詳しくは畜産

 

狼の子
Wolf_cub

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
無し 無し          
狼を繁殖させると産まれてくる狼の子。火は怖がらず、餌は食べない。
テイムした猪と一緒に住まわせると、猪に殺されてしまうので注意。
猪の子が近くに居ると野生の血が騒いで暴れるが、捕食することはしない。
繁殖について詳しくは畜産

 

ドレイク
Hatchling

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
凍結腺、トロフィー   凍結、霊 100 90凍結 不可

常に飛んでおり、山の起伏に身を潜めても見つかってしまう事が多い。
独特な甲高い叫び声が聴こえたら感知された合図。
凍結属性の氷針を3連続吐き、耐性がない状態では大きなダメージを貰う。
防寒を焚火に頼る進行をしているとやられてしまうことが多いので注意。
逆に凍結耐性さえあれば被ダメージは1桁にまで激減するので脅威ではなくなる。
ただしモデル撃破までは襲撃イベントの恐れがあるため、山以外でも凍結対策を忘れないように。
旋回中に撃墜すると明後日の方向に墜落してゆきドロップを見失いやすくなるので注意。
トロフィーは兜に2つ使うのだが、ドロップ率がかなり低くなかなか集まらないだろう。☆付きも存在しない。
山の中でも高度の高い地域に生息する他、ドラゴンの卵周辺に護衛として1~3匹存在する。

 

ストーンゴーレム
StoneGolem

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
クリスタル、石、トロフィー ツルハシ(特効) 斬り、刺し 火、凍結、毒、霊 800 110 不可
人が近づくまでは崩れかけた小岩のように擬態して寝ている。
腕が岩の拳になっているものとトゲ状になっているものの2種類が存在する。☆付きは存在しない。
岩の拳の個体は以下の2種類の攻撃をしてくる:
  • 左腕で素早い片腕ふりおろし(衝撃度軽め)
  • 遅い両腕ふりおろし(衝撃度強め)
トゲ腕の個体は以下の2種類の攻撃をしてくる:
  • 右腕でトゲを正面に撃ち出す(衝撃度軽め / 攻撃速度速い)
  • 左腕で溜めた後180度に展開されたトゲを撃ち出す(衝撃度強め / 攻撃速度遅い)
ドレイクや狼と敵対関係にあり、基本的には全て粉砕してケロッとしている。
狼に追われているときはもしかしたら助けてもらえるかもしれない。
トロルとも似た挙動だが、攻撃のタイミングが微妙にズレているので対処しにくくなっている。
動きは遅いので逃げてしまうのもいいが、拠点を破壊されないように注意。
倒す場合は上手く背中に乗ってツルハシで掘削するか正面からしっかりパリィしよう。
岩場の破壊性能はピカイチ。でも銀は壊せない。

 

フェンリング
Fenring

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
狼の牙、トロフィー   300 85(近接)、95(飛びかかり) 不可

夜の山に出現する。複数の狼を周りに連れていることが多いので注意。
人と犬の声が混ざったような変な遠吠えが聴こえたら近くに居る。
飛びかかり攻撃が強力。
モーションが分かりやすいものの、パリィしてもすぐ復帰してくる。
☆付きは存在しない。

 

ウルフ
Ulv

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
            不可

山のダンジョン「フロストケイブス」に登場する。山の夜間に出現するフェンリングに似た外見をしているが、こちらは直立はせず、狼のように四つん這いで移動する。攻撃は爪のみ。

HPが低いため単体ではそこまでの脅威ではないが、物陰などに複数潜んで一斉に襲ってくることが多いため、フロストケイブスの神殿エリアに入るときは、無闇に踏み込みすぎない。

 

カルト信者
Cultist

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
Culltist torophy Red jute           不可

山のダンジョン「フロストケイブス」に登場する。赤いケープをまとった狼男のような外見。攻撃は近距離での爪攻撃と中距離での火炎放射。火炎放射は耐性がないとかなり痛い……が、前動作が長く、使用中は動かなくなり、放射時間も長いため、爪の届かない距離で火炎放射を誘って弓で撃てばノーダメージで倒せる。物陰から一斉に襲ってくることもあるが、慌てずに距離を保てばあとは同じ。火炎放射の方がルーチン優先度が高いらしく、爪はあえて接近しなければほぼ使ってこない。

 

バット
Bat

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
            不可

山のダンジョン「フロストケイブス」に登場する。
攻撃力は皆無に等しく、そういう意味での脅威ではない……が、攻撃をあてるのが難しく、また複数一斉に登場することもおおいためとにかくうっとおしい。

平地MOBであるデスキートに似た動きをするため、攻撃タイミングは同じく、こちらを攻撃しに来て止まった瞬間。

 

デスキート
Deathsquito

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 針、トロフィー     10 90 不可

平地を飛び回る虫。近くにいると虫の羽音が聴こえる。感知範囲がものすごく広い。
ゲーム最初期からは弱体化されたものの、高い攻撃力を持ち平地慣れしていないプレイヤーを蹂躙する。
初回の攻撃後は周りを一定時間旋回した後にまっすぐ突っ込んでくるだけという単純な動きしかしないので
見失わなければ対処は楽。不意打ちに耐えられるアーマーと食事が用意できれば脅威ではなくなる。
HPは非常に低いので突進に合わせて弓矢を撃ち込めばそれで落とせる。
パリィを決めるとノックバックの吹っ飛ばしで逆に逃げられるので、通常ブロックで受け止めて即反撃するのが安定。
似た動きのイノシシで練習しよう。

ロクな装備がない状態で遭遇してしまった時は、接触される一瞬前にジャンプすると攻撃を回避できる。
逃げ続けても振り切るのは困難なので一匹だけのうちに何とか回避しつつ反撃を試みよう。
素手やツール、一部の武器では逃げられる前に反撃を当てるのはシビアだが不可能ではない。
余談だがブロッキングスキル0でも通常ブロックなら蛇の鱗の盾品質1または黒い金属の盾品質1、パリィなら青銅の盾品質1で被ダメージを全カット可能。
ブロッキングスキル95(100の状態から油断で死亡した直後を想定)ならばバンド付きの盾品質2または鉄のタワーシールド品質1の通常ブロックで被ダメージを全カット可能(パリィ時の最低ラインは変わらない)
ブロッキングスキル100で黒金属のナイフ(盾は持たない)のパリィでも被ダメージを全カット可能になる。
☆付きは存在しない。

 

ロックス
Lox

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 ロックスの生肉、ロックスの革、トロフィー 斬り、叩き、凍結 1000 130(噛みつき)、120(叩きつけ) クラウドベリー
大麦・亜麻

大型の草食獣で基本的にはフィールドをあまり動かない。木・岩・鉱脈を踏み砕くパワーを持つ。
HPが非常に高いので倒すのは骨が折れるが、食料としてはかなり優秀。
遠くから弓もしくは、パリィしてからアトゲイルや槍で突くのが比較的楽か。アトゲイルの場合は持ち替えが要るが三段目の火力が魅力。
相当接近しなければアクティブにはならないので脅威にはなりにくい。ただしアクティブになった後は割と追いかけてくる。
平地で固まっているクラウドベリーでテイムできるので、野生の物に与えておくと楽。
基本的には他の平地のモンスターとは敵対せず、スケルトン位ならば軽く吹き飛ばすので自然死はないだろう。
テイムはできるものの繁殖は不可(未実装?)。☆付きは存在しない。

New Hearth&Homeアプデによって繁殖できるようになった。また鞍をつけて騎乗が可能に。

 

フューリング
Goblin

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 黒い金属のかけら、コイン、トロフィー     175 85または45+45炎上 不可

ゴブリンのようなルックスとは裏腹にValheim最強とも言える戦闘力を誇る。
特に☆☆個体は間違いなくBOSS以上の危険生物(黒金属の盾LV3のブロックスキル40でパリィ不可)。
棍棒・松明・ナイフ・槍(投擲)とバリエーションがありそれぞれ盾を持つ個体も存在する。
非常に高い攻撃力と集団性で集落の攻略が難しい。
同じ集団戦であった狼よりも段違いに強く、山攻略直後で真向から殴り合うには大骨バフはほぼ必須。
戦闘中に効果を切らさないように意識しながら行動したい。
特に槍持ちは位置によっては盾を構えても捲られたり後方から素早く投げてくるので注意したい。
松明持ちもガードに失敗すると燃やされて手痛いダメージを食らう。
彼らは槍投げを除きリーチが短いという弱点があるため、下がりながらノックバックの強い攻撃が有効だが、タイマン時でないと難しい。
準備をしていない状態で不意に複数が襲ってきた場合は一時撤退も視野に。
基本的には見つかる前に弓で先制を取る様に心掛けたい。ただし彼らは耳が良いため感知されやすい。
その後はフロスナーで殴りつつ下がるのがお勧め。攻撃頻度を大きく減らせるためかなり有利に戦える。
☆個体は亜麻糸装備でもかなりのダメージを叩き出してくる(☆☆だと1撃で100近く受ける)。
集団を相手にする場合は必ず全てに照準を向けて☆つきの有無を確認すること。
集落外を数体で巡回していることがあり、他MOBを見つけると追いかけて狩りを始める。
草原や黒い森でも平地が近い地点だと鹿などを追いかけてきた個体が現れるため注意が必要。
ヤグルス討伐後は夜間どこにでも出現する。ただしこの際は☆付きは出現しない。

 

フューリングシャーマン
GoblinShaman

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 黒い金属のかけら、コイン、トロフィー     100 100(近接)、100炎(炎の弾) 不可
周囲のmobにバリアを張り、火属性の遠距離魔法を放つ曲者。
火属性は大骨バフの効果が及ばずかなり痛いので注意したい。
バリアは一定ダメージまで攻撃を無効化する。黒金属の剣を2発程度防ぐ効果量。
感知されると即使うので、発見前に弓矢で暗殺できる位置なら仕留めてしまいたい。
以前より弱体化されたため十分一撃必殺が可能なはず。
集落にのみ存在している。家の中にいるとせっかくの家を自分でぶっ壊してしまう。
☆付きは存在しない。

 

フューリングバーサーカー
GoblinBrute

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 黒い金属のかけら、コイン、トロフィー、フューリングのトーテム     800 130 不可

大型のフューリング。オーガのような見た目通り、強靭な腕力で高ダメージを繰り出してくる。
動きは遅いので避けやすいがリーチが長いので注意。叫んだ後に強烈な3連続攻撃をしてくる。
棍棒の振り被りモーションは2つで、向かって右だと即振り、左だと溜めが入ってワンテンポ遅い振り。
岩を破壊できるので岩の上から弓等を打っていると足元がなくなってしまう場合がある。
かなりの巨体で遠目でも丸見えなので弓による不意打ち狙撃が簡単に狙える。
集落に出現するほか、BOSS所在ヴェグヴィシルのそばにも最大で3体配置される。
ストーンサークルの様な場所にバーサーカーが居たらヴェグヴィシルの可能性大。
絶対数が少ないので☆付きはかなりレア。
☆個体はやや黄色、☆☆個体は真っ赤な身体をしている。

グロウス

BlobTar

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
平地 タール、トロフィー 叩き、火 凍結、刺し、斬り 100 45+50毒 不可

Hearth&Homeアプデによって追加された新モブ。見た目のとおりスライムの亜種のようだ。
平地のタール池に生息している。
タールの塊のようなものを一度に6個も発射し攻撃してくる。毒自体はそこまで脅威ではないが
塊一つ一つに攻撃判定があるためまともに受けるとかなりダメージになる。
また鈍足効果の「タールまみれ」というデバフが付き追撃されやすい。
遠距離攻撃のみなのでくっつくほど完全に至近距離まで詰めると攻撃しない、もしくは不発している。
ただし複数相手の場合は中途半端な距離だと集中砲火をくらって非常に危険なため遠距離戦が無難。
平地MOBとしてはHPが低いので火矢ないし針の矢ですんなり倒せる。
視線さえ通っていれば感知半径は作業台の効果直径程度、かつリンク範囲も広めのため、一匹だけ釣ろうとしても複数体が反応することが多い。 一匹ずつ確実に仕留めていこう。

タール池を最初に発見した際には4~9匹ほどいるが、掃討後は1時間おきに2匹ずつリスポーン。タールの安定供給は時間か手間がかかるだろう。
他の平地MOBと敵対関係にあるようで、フューリング・ロックス・デスキートを攻撃する。扱いとしては沼MOBの仲間。
フューリングの集落にぶつけるとかなり蹂躙してくれるので、池と集落が近い場合は利用するのも手。
反面、体力が多く体勢を崩しにくいロックスは苦手らしく、ほぼ一方的に蹂躙される。
掘り終えたタール池にはテイムしたロックスを配置しておくと事故を防止できるだろう。

なおジャンプ力がかなりあり、多少の堀や矢来程度は軽く跳び越えてくる。
タール池そばに農場を作る場合、対策をしないと侵入されて大参事になりかねないため注意。
3つ隣接している優良物件を発見したらぜひトラップにしたいところ。タールは池の横から溝を掘り、その後池との境を掘削するとタールが流れ出る。もしくはタール池を一度埋め立ててから掘り抜いてもよい。


Serpent

生息 ドロップ 弱点 抵抗 無効 HP 攻撃力 テイム
蛇肉、蛇の鱗、トロフィー 凍結 火、霊 400 70 不可

船で海バイオームを移動していると時折襲われることがある。変な鳴き声が聴こえたら発見された合図。
船へ直接攻撃をしてくるため特にソロでゆっくりと移動している時は危険。カメラをいっぱいまで引いて周囲の警戒を怠らないように。
海上の夜間か大雨・嵐でのみ出現する。ただしどちらにせよ視界が悪いため、晴れてから追跡されていることに気づくこともままある。
見事仕留めることができれば優秀な食材蛇肉をドロップする。
現状で最高クラスの食材なのでドラウグルの牙や霜の矢辺りがあるならなるべく撃破を目指そう。
スポーンは不可視のグリッドごとに判定が行われているため、なるべく広い海で斜め移動すると多少効率が上がる。
蛇の鱗もドロップするが、海で倒してしまうと重さで海底に沈んでしまう。
奈落の銛を利用して、浅瀬に牽引してから倒すことで拾うことができる。
ゆっくりめに移動すればついてくるので、速度全開にしなければ陸におびき寄せることも可能。
ただし攻撃できない状態が1分以上続くとあきらめてしまう(全MOB共通)ので、時々船を噛ませてあげること。
陸に揚げると海へ逃げようとする。
特に実用性は無いが、トロル等と敵対するので引っ張っていけば倒してもらえる。
同じく実用性は無いが海抜が近い場所で池を作りそこに牽引する事で捕獲出来る。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NDdhMzU3N
>> 返信元

黒い森~平地まで、耐久度も高く厄介な大型MOBの類が安定して狩れる、って言うだけでも斬属性は楽ね。
多少軽減されても元々時間かかるのが大型MOBだし、平地までいくと一つの島で平地・沼・山・黒い森とかフルコースだったりするから多少軽減する奴が数体いる程度で、満遍なくスキル一本で対処できるのはありがたい。
ゴーレムとかロックスとかは確かに耐性はあるけどそれでも無理やり斬り倒せてるから問題ない程度に収まってるのもありがたい。

返信
2022-09-17 02:30:12

名無し ID:M2E1YmNhY
>> 返信元

斬りは弱点の敵がいなくて耐性持ちの敵がちょいちょいいるけど幅広く使えるので脳筋向けって感じ
叩きは弱点の敵と不利な敵がはっきりしてるのでサブ武器に持ち替える必要性があるけど、ボスで耐性持ちが居ないのが有利な点
刺しは脳死弓出来ないように要所要所で耐性持ちがいる
現状だとAbominationとロックスを何で倒すかが問題になるだけだと思う。
剣でやっていくとロックスとストーンゴーレムが耐性あってちょっと時間かかる。メイスはAbominationにはほぼダメージないから斧を使うことになる。ロックスはヤマアラシ使えばいい。槍と長柄武器と弓もメイスとほぼ同じ。

返信
2022-09-16 10:25:07

名無し ID:Mjc3NmM2Z

敵リスト見直してみるとやっぱりというか、なんとなくわかってたというか、斬に抵抗を持つ敵ってかなり少ないね。弱点もほぼいないけど。
打はトロルとか忌み者(アボミ)とか、ロックスとか真っ向から殴りあいすると結構キツい大型MOBが耐性多く持ってる感じ。
刺は全体的に耐性持ちが多いね。
スライムとかは沼地攻略レベルなら打撃の方がいいけど雪山レベルになってくると割と耐性の上から無理やり普通に斬り倒せる。

返信
2022-09-16 00:44:33

名無し ID:YTY0YjlhM

フューリングに関しては、様子見時はまわりうろうろ、攻撃時に必ずこっちに走って向かってくるから置き副次や相手の方向を向いて真っ直ぐ後ろに走ればスタミナなくてもある程度はどうにかなる。槍以外は。
まあ、パリィできないならローリングで躱して懐から切り結んでやればいいだけなのよね、どいつも。
自分がよくやるのは、相手に接敵させて攻撃モーションに入ってから後ろに下がって空振り誘発、そこに副次を入れる。
一応これでスキル20フロスナー3でも☆なしなら確定怯み取れたんでそれさえわかれば活路は見えてくる

返信
2022-08-17 20:20:54

道を作るSYEさん ID:ZTJiZjMzY
>> 返信元

これは確かにそう。
スキルレベルによる効果は弓以外でもバカにならないもんで
自分も平地に突入した後にふと、別キャラを作って、装備だけは整えて平地を歩いた事が有ります。
驚いたことに黒色金属の剣をもってしても星もついていないフューリングに確定でよろけをとれない。
スキルレベルが足りないだけでずいぶん難儀なものだと感じました。
皆様研鑽を怠りません様に……

返信
2022-08-17 12:47:12

名無し ID:NmU1YzVhN

グロウスに関してはタールまみれの鈍足で逃げられなくて連続で喰らって死ぬパターンが多いから、攻撃を食らわない立ち回りが要求されますね
最新のパッチで変わったかは分からないけど、アーリー開始1周年記念のパッチでやったときはグロウスの攻撃でタールまみれになっても回避の移動距離や移動速度は変わらないので離脱するにしても被弾上等で近づくにしても回避が有効だった

返信
2022-08-17 12:42:02

名無し ID:NmU1YzVhN

武器のスキルのレベル40~50程度で初めて平地突入すると、どの敵もそこそこきつい
スキルレベル60超えてくるとかなり楽になるが、ブロックスキルはおそらく20~30だと思うのでパリィ割られる危険がある星付きの槍持ちフューリングと星付きのフュ―リングバーサーカーは近接が厳しい
ロックスは弓スキル上がっているなら弓チクでもいいし、山で片手槍作ってればパリィからの槍ツンツンでもいける
大骨使えば問題なくなると思うが、大骨前提だと平地はグロウスに正面から挑んでノックバックハメされる以外は負ける要素が星2フューリングとか星2フュ―リングバーサーカーくらいだ思う

返信
2022-08-17 12:37:36

名無し ID:N2RiZWIwN
>> 返信元

そうそう。特に怖いのが段差で近くにタール池があるのに気づかなくて不意打ちされたり、
ちょっとシラカバを調達してる最中に遠方からスタミナ無い所にブレスぶっかけてきたり、
探索前のポータルキャンプ立ててるところにどこからともなく表れて食事切れかけのところにブレスぶっかけてきたり。
こういうケース。
そういう場合大抵スタミナも切れてるもんだからタール鈍足も相まってなかなか逃げれない。
一方で、その他の平地モブは蚊はいってえなこのやろ!で済むし、フューリングもロックスも通常走りで空振りさせられる。
グロウスだけが、その状態に回避困難な瞬殺になりかねるのよ。

返信
2022-08-12 13:13:33

道を作るSYEさん ID:Mjg1NDA4Y
>> 返信元

なるほど確かにね。
自分は今まで認識外からの回避不能な一撃で即死ってのが一番怖くて
グロウスは初撃を受けてもそのあとできる事が有るでしょって思ってたけど
食らった後弓持ってなかったら一発食らったらアウトってのは変わんなくて
それなら遠距離攻撃できるグロウスの方が危険度高いでしょって言われりゃそうかもですね。
フューリングは斬りかかる前に絶対でかい声で叫ぶしね。

返信
2022-08-11 19:56:40

名無し ID:OTdkMmZlN

まともにやり合うのは嫌、って言われるってことはやっぱ相当強い類よね。
倒そうと思って事前に状況、戦闘準備すればそりゃどんな敵も苦戦しないわけだけど、そうじゃないから怖いんだ。
グロウスに先に検知されて3体とか来ると普通に死ぬからね。しかも検知範囲は普通に作業台の円3、4つ分くらいと広い。
集落とか近くにあればなすりつけれるけど、グロウス1体にそこそこの被害受けてるのよく見る。
☆1バーサーカーをノーダメでハメ殺ししてる所も見たことあるし、やっぱ戦闘能力で言えば最強だと思う…
☆フューリング共は所詮攻撃力が高いだけで5体編成に1体☆1☆2が混ざってるとかでなければ死なないもの。

返信
2022-08-11 13:13:53

道を作るSYEさん ID:Mjg1NDA4Y
>> 返信元

自分もまともにやり合うのは嫌なんで
制圧済みのタール池にポップする2体なら弓と保険に体力飯でやっちゃいますが
新規のタール池を攻略する時は石切り持ってって現地にぱぱっと2×6の石壁3個くらい置いて都度都度隠れながら戦闘しますね。もろ浴びしても3回くらいは持ちこたえてくれますよ。

返信
2022-08-11 02:31:03

名無し ID:YjY0OTRhO

私はグロウス複数体とまともにやりあうのが嫌だから、タール池はいつもフューリング集団かロックス集団をけしかけて制圧しますw狩られているも大歓迎。
そして制圧後に作業台を置いて、グロウスのリポップも防ぐ。
グロウスとの直接対決から避けてるのでつまらないプレイと思われてしまいそうですが、沼に浸かっていくバーサーカーとか見るのも楽しいです。

返信
2022-08-10 06:48:27

名無し ID:ZWRkNjZmN
>> 返信元

いえいえ、そういうつもりで言ったわけではないですが…元々グロウス自体はその戦い方を最初から取ってたので対処法自体はわかってるし、タール池自体も1黒チェスト分程度は抜いてるので、苦戦しているというわけでもないのです。
それでも、タールブレスの範囲と攻撃判定の残り方、奴本体の検知範囲の広さはその戦い方そのものをわかっていても、常に事故の危険が付きまとうので…

返信
2022-08-09 18:43:26

名無し ID:ZDIwNWI1Y
>> 返信元

何かこちらの文章の書き方が悪かったですかね?
まるでこちらがあなたの腕前を突っ込むだけの猪とディスったような書き方ですが。

私も相当グロウスには苦戦したので少しでも苦戦している方の役に立てばよいかと思い書き込んだのですが…つたない文章で不快にさせてしまったのなら申し訳ないです。

返信
2022-08-09 17:52:33

名無し ID:YzQzZWQxY
>> 返信元

生憎、その戦法最初から取ってるのよ…そんなの、見ればわかるもの。まず、遠目に動きを見てモーションを見て、隙をついて踏み込んで斬る。猪じゃないからね…。

それでもあのタールブレスのかすりでもしたら結構な確率でお陀仏コース。
それを踏まえて、自分はあのグロウスが最強だ、って評価してます。

返信
2022-08-08 23:37:06

名無し ID:NmM4M2EwY
>> 返信元

グロウスのタールを浴びた場合はいったん納刀。
グロウスを中心に外側を回るように歩いて、攻撃が来る時だけダッシュするようにするとだいぶ楽に立ち回れますよ。

攻めるときはグロウス数匹のタール発射タイミングの一番間隔が長いところで一体にダッシュ、メイスのアッパーカットを1体に入れて離脱します。メイスじゃない場合は一発殴って離脱・納刀の繰り返しで戦うと割とあっさり倒せます。

この方法で戦うと霧で極端に視界が悪いとか夜で攻撃が見えないとかでもない限りそこまで苦戦しなくなると思います。

返信
2022-08-08 15:56:01

名無し ID:Y2VhZmZhO
>> 返信元

もっというとグロウスのブレスの持続時間はローリングより長いんで、回避タイミングちょっとミスったらもろ浴びする・・・

返信
2022-08-07 10:53:56

名無し ID:OWJhMjgyN
>> 返信元

だいぶ昔だけど防御80、残体力80
夜の沼地を安地に向かって駆け抜けている最中で
丁度スタミナを使い切って数値0、回復が始まるまでの1秒弱の間に
木の影から現れた☆2ドラウグルの弓を間近で撃たれて即死したことあるんですよね
え、☆2にしたって80も一気に削られる状況だったか・・・?と

返信
2022-08-07 03:30:50

名無し ID:OWJhMjgyN
>> 返信元

あーたしかに木の矢でグロウス2射確殺はゆみ50とかいるかも。
そもそもそのくらいないとグロウスに撃たれながら2回弓引く隙が無いかも。
だからって近接攻撃仕掛けようと近寄ると真横に走っても回避が困難。
なるほど納得。

返信
2022-08-07 03:26:55

名無し ID:Y2VhZmZhO
>> 返信元

弓のレベル20ってくらい弓使わないとガチでグロウスはタール池そのものを避けるレベルで死が見えるよ…
ちなみに剣が62くらいっていうくらい白兵戦メイン。
長老からヤグルスまで全部近接武器でやってた。
そういう身からするとグロウスはマジでタールブレスで動きが縛られる分驚異すぎる。

返信
2022-08-07 01:17:03