∫アルティライトねこ (YO)

ページ名:アルティライトねこ

∫アルティライトねこ

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1:イモガエル さん
Illust2:Ylit さん
Illust3:イモガエル さん
素敵なイラストありがとうございます!

profile
キャラクター ヨッシー
カラー 第1回:緑(デフォルト) 第3回〜: CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回~:棒立ち+マキシムトマト
掛け声 第10回:NB時
肩書き 第10回:豪運ヨッシー 第1回記号杯、第14回:元祖豪運ヨッシー
●出場記録 ◯成績
第1回大会 準優勝
第3回大会

予選:3勝2敗 (残スト4) Fブロック2位通過

決勝トナメ:ベスト16 (2回戦敗退)

第4回大会

準優勝

チーム:ξ黒きBlackきゃっと∫ (ξ黒きBlack Joker & ∫アルティライトねこ)

第5回大会

ベスト8 (1回戦敗退)

チーム:スターライトエンペラー (∫アルティライトねこ & Φデスエンペラー & エロ過ぎるマスター)

第6回大会 33位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側1回戦敗退)
第7回大会

ベスト15 (1回戦敗退)

チーム:にゃんぺーこー (∫アルティライトねこ & 天使の聴牌)

第8回大会

予選:2勝3敗 (残スト3) Eブロック4位敗退

ベスト32

第9回大会

9位 (1回戦敗退→最弱決定戦:3位)

チーム:ピカピカ (∫アルティライトねこ & ξ黒きBlack JokerÅライムライトÅ)

第10回大会

予選:3勝2敗 (残スト4) Cブロック3位通過

決勝トナメ:25位タイ (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側1回戦敗退)

第1回記号杯 ベスト15 (2回戦敗退)
第14回大会

一次予選:4勝1敗(得失点6) Bブロック1位通過

二次予選:3勝2敗(得失点1) Wブロック4位敗退

ベスト16

世代対抗戦

2位 (準優勝)

世代:第一回勢

P(ピー)「全一ヨッシーだぁ……(恍惚)」

第1回大会から出場のヨッシー最古参。第11回以前までは番外大会以外の全てで参加していた人気選手。
頭の∫(インテグラル)は読まれない。愛称は「ねこ」。

「優勝経験はないが2回準優勝している」という珍しい経歴を持つ選手。他にはバロンムッコロス二等兵が該当する。
一言で表すなら「運」。第1回ではアイテム運と相手の自滅だけで決勝まで勝ち上がった。たまに見せる奇怪な動きも特徴。


第1回・第3回~第7回+第1回・第3回~第7回-

第1回決勝戦でも1試合に回復アイテムを4つ取るなど爆運を発揮し灼熱のレイアから一本取ったが、
最後は運が尽きて実力勝負の末に完敗。準優勝で大会を終えた。

第3回にも出場。相変わらずの強運に加えてこの頃から地力がつき始め、ヨッシー勢で唯一予選突破を果たす。

同大会決勝トーナメント1回戦では世界のrekuiemuを3タテすると、続く2回戦でも綺麗なゲイを後一歩まで追いつめる。
しかしゲイの足元に落ちてきたトマトに釣られて延々とお手玉された後、トマトも取られて逆転負け。
最後は運に見放される形となってしまった。

第4回ではξ黒きBlack Jokerとチームを組んで「ξ黒きBlackきゃっと」として出場。
1回戦vsポインコくんでは敵味方全員で世紀のカオス試合を繰り広げたが、その後は相方と共に勝ち上がり決勝に進む。
決勝2本目の終盤ではファイアフラワーでDr.神様を炙り、相方との連携で大ダメージを与え最後も地味にトドメを刺した。
しかし3本目では同士討ちで最初に脱落してしまい、相方が孤軍奮闘するも敗北。チームは準優勝となった。

第5回3on3はΦデスエンペラーエロ過ぎるマスターと「スターライトエンペラー」という約1名名前負けのチームを結成。
しかし1回戦でデスエンとエロマスがストレート負けし、全参加選手で唯一一度も出番が来ずに敗退となってしまった。

第6回は表裏とも初戦で実力者のルーキーと当たり、残念ながら敗北。次回以降の大会で復活が期待される。

第7回大会では「運」つながりで天使の聴牌と「にゃんぺーこー」を結成。1回戦ではバーンナック使者様㌧のコンボマスターチルドレンこと「チンコ」と対決したが、拾えない位置にアイテムが湧いたり相手が積極的にアイテムを捨てたりと徹底的に運の要素を阻まれ苦戦し、事故を誘発させられたこともあって敗北を喫した。ねことしては2連続で使者様㌧に負ける悔しい結果に。


第8回・第9回+第8回・第9回-

第8回にも参戦し、予選は死のEブロックから出場。ねこにとっては試練となるが負けっぱなしでは終われない。
ここで一矢報えるか注目が集まった。

初戦は元チームメイトのΦデスエンペラーとハイラル城で戦う。
相手の衣装間違いもあってかモーションを仕掛けつつヒップドロップで自ら踏みに行くという珍プレーをしたものの勝利。
しかしその後は前評判に恥じない熾烈な枠争いに巻き込まれ、第1回準優勝者としての意地を見せるが最終的には戦芸人ナザレンコに敗北する形で惜しくも予選敗退に終わってしまった。

第9回ではBJとライムライトと「ピカピカ」を結成。ルール上、第5回のようなことは起こらないとは思うが……

Black Jokerが3位、ライムライトが2位を取ってしまったため、決勝進出が非常に厳しくなった状況で登板することに。
その試合ではヒップドロップをガンガン振り大暴れしたが、時間ギリギリでヨシオくんにバーストされてしまう。
結果、ヨシオくんを下回る3位となってしまった。

最弱決定戦にもお呼ばれしてしまい、自身は最終戦に登場して2位を取りなんとか最弱は回避
……したと思われたが出場していたのはアルベルトではなくティーダと発覚。再戦が行われることとなった。
再試合では自身のみ他を撃墜できず3位に。表彰台を複数経験した選手では唯一のクソビリとなった。
しかも今回2戦とも3位を取ったのはアルティライトねこのみ。今大会の真の最弱と言えるだろう。
試合形式は異なるが、同じ3人チーム戦である第5回と同様に散々な結果で終わってしまった。


第10回予選+第10回予選-

初戦迅雷ワンダ戦は相手の弱点であるイワークを引き勝利。

2戦目天空の虫使いアントン戦もハンマーと回復を取る豪運を発揮し最後は一緒に爆発し%差で勝利。

3戦目が相手となるが、空中ジャンプ消費後にタルをぶつけられたり、ステージの床に頭をぶつける事故を起こし早々に2ストック差がついてしまう。モーションを踏ませることには成功したが回復をしっかり取られ、逆転できずに敗北。

4戦目は、第1回や第4回で迷試合を繰り広げたいにしえの王国で戦うことに。対戦相手は人喰い軍曹
序盤画面端に追い詰められたが、逆方向に吹っ飛ばされたおかげで難を逃れる。そしてここからねこは覚醒した
軍曹を上スマで吹っ飛ばすとモンスターボールを取り、ニャース先生との連携で先にストックを奪う。
そして復活した軍曹を上スマ→上強で浮かせると、空中前で見事なメテオを決めあっという間に2ストック目も奪う。
更にヒップドロップでPOWブロックを起動。自身は一度も倒されることなく、軍曹をストック1に追い込んでしまった。
その後遂にバーストし自滅もしてしまうが、ふんばりカウンターを決めるなど勢いは止まらず2ストック差で勝利する。
この勝利によって予選通過が確定。圧倒的な強さに視聴者は勿論P(ピー)もテンションが上がってしまい、「強すぎる」「この試合だけ見たら史上最強のヨッシー」などと発言していた。

「運、っていうかもう『う○こ』レベルで強いですね」発言は流石に入れられなかった

最終戦歩く天下無敵と惑星ゼーベスで戦うことに。第1回・第2回の準優勝者対決が遂に実現した。
ステージに振り回されつつもお互いにいい動きを見せ、酸や爆発による事故や回復もあって一進一退の攻防に。
残り1ストック同士となるが天下無敵の攻撃を受け、拾ったファイアフラワーで炙らず投げつけてしまった上に頭もくらい、
ダメージに差が出てしまう。最後は再び酸に浸かってバーストしてしまい敗北。3勝2敗の3位で予選を終えた。

第10回決勝トーナメント+第10回決勝トーナメント-

決勝トナメ1回戦では堕ちる純白とコンゴジャングルで戦う。今度は第1回・第8回の準優勝者対決となった。
ねこの運とステージ補正の賜物か早速ハンマーが出現するが、純白に取られ先にストックを落とす。
その後も純白に押されてしまうが、事前にタルを投げた後に純白を下スマで吹っ飛ばしぶち当てるというコンボを披露。
そしてボム兵で純白を撃墜したが、すぐに自分も倒されて3200となり、まるまる1ストック差がついてしまう。
直後に今度は自分がハンマーを取るが避けられてしまう。それでも投げの隙にビームソードを投げ当て2ストック同士に。
しかしジャンプのない状態で横スマを喰らって落下。残り1ストックとなってしまうが3つ目のハンマーが出現。
ねこはこれを取ろうとするが純白に妨害され、最終的には純白に2回目のハンマーを許し敗北。LOSERS側に回ることに。

LOSERS側1回戦の相手はかつて第4回で優勝を争ったDr.神様。ステージはホームのヨッシーアイランドとなった。
まずは神様をモーションセンサー爆弾で倒そうとするが、誘い込まれて自分が喰らってしまい、雲に乗れずにバースト。
先制されてしまうが、レイガンを使う神様相手に3連続でブロッキングを決め、後ろ蹴りで撃墜し取り返す。
その後も覚醒中の神様と互角の試合を展開。ヒップドロップで2ストック目を奪うが、今度は神様の後ろ蹴りでバースト。
3ストック目で遂にジャイアントパンチを喰らうが、ファイアフラワーを使い計364%ものダメージを与え1ストック同士に。
メテオを駆使する神様に再びファイアフラワーを使い、ばたあしで反撃し116%までダメージを与え追い詰めるが、
今度は神様にファイアフラワーを使われ計211%のダメージを受け、後一歩のところで上強を受け敗北してしまった。


第1回記号杯+第1回記号杯-

第12回もレベル8限定大会だったため参加できなかったが、第1回記号杯に参加決定。
1回戦は第7回以来の出場となった後輩¶YOODA¶とのヨッシー勢対決に。同族対決はなんと5回目である。
ステージはセクターZ。お互いスマッシュやヒップドロップで激しく戦うが、カプセルを上に投げた結果自爆してしまう。
この不運な事故で先制を許すも、箱を持ち上げたYOODAを掴んで投げ、上空からたまご投げを潰しつつヒップドロップ。
これで3ストック同士に並び、折角入手したファイアフラワーを殆ど無駄撃ちしてしまったこともあり五分に近い展開に。
ところがステージ右下で自分だけアーウィンに撃たれる不運に見舞われ、撃墜は免れたがダメージ差がついてしまう。
その後YOODAの投げたミドリのこうらを緊急回避でかわしたものの、回避を読まれて上スマで星にされてしまった。
しかしここで運の振り戻しがきたのかスターを入手。無敵状態を活かし、今度は自分がこうらを使いYOODAを撃墜する。
2200の状況に持ち込み、直後はYOODAに押されたものの反撃。お互いバースト圏内となり再びファイアフラワーを使用。
YOODAをシールドブレイクさせた後更に炙っていくねこだったが、アーウィンの攻撃で2人共倒されてしまい結局1100
仕切り直しとなるも今度はこちらが押していき、YOODAにモンスターボールを拾われるが使われる前に場外へ追い出した。
YOODAはそのまま事故を起こし落下。第4回以来、個人戦では実に第3回以来のトーナメント形式での勝利を果たす。

2回戦はキング・オブ・妖魔と当たり、ステージはピーチ城上空が選ばれる。
序盤はスマッシュや投げで戦うが移動床の上で妖魔に掴まれ、持ち上げられたまま2人で落下道連れされてしまい3300
仕切り直しとなるがたまご投げやスターロッド、うしろげりで押していき、妖魔が事故を起こしたため1ストック差に
復活した妖魔にレイガンで撃たれるも差を詰められることはなく、それどころか妖魔が再び事故で落下し大幅リード
未だに残り3ストックのねこはボム兵を入手し、妖魔共々爆発に巻き込まれるもバンパーにぶつかり生還して見せた。
しかし妖魔の下スマで残り2ストック。1ストック差になったのも束の間今度はねこが事故を起こしまさかの1ストック同士
それでもスターの入手に成功。妖魔に一方的に攻撃を仕掛けたが、不用意なぺろんちょでまたも事故を起こして落下
相手の事故で得たリードを自分の事故で台無しにして予想外の大逆転を許し、1ストック差で敗退してしまった。

その後に開催された第13回大会はランダム抽選に引っかからず不参加に。豪運は試合中にのみ発揮するのかもしれない。


第14回+第14回-

その後は次の大規模大会である第14回に満を持して参加。Bブロックから出場する。

初戦の相手は元祖レベル8ヨシオ族の食えないプリンこととろけるヨシオ。ステージはハイラル城が選ばれる。
序盤は相手に押され、ヒップドロップでの反撃後もダメージ差がついていたが、2人で竜巻に入りとろシオのみバースト。
その後ドリルからの下強やはたくを耐えるも空中上でバーストし3300。復活後はヒップドロップでとろシオを押していく。
うしろげりでとろシオを左に吹っ飛ばしたが、そのとろシオを追いかけてそのままステージを飛び越える事故を起こす
2ストック目を先に落とすも、高所に向かうとろシオに空中上。P(ピー)の考えを読んだかのような攻撃で撃墜した。
ここからはほぼ五分の戦いとなるがやや劣勢に。再び高所に向かうとろシオに迫るが今度は急降下空中NAで迎撃される。
そして空中前Aで竜巻に放り込まれて星にされてしまうが、うたったのを見て空中上を決め1ストック同士に持ち込んだ。
ダメージ差もあって先にダメージ100%になり、レイガンで撃たれつつもモーションセンサー爆弾を仕掛けうしろげり。
更にレイガンをブロッキングしてうしろげりを返すもこれも耐えられてしまい、最終ストック同士の状況で長期戦に。
しかしモーション付近にカプセルが出現したのを見て不意にジャンプし、釣られたとろシオが見事にモーションに接触
星になったとろシオを尻目にカプセルを拾い、それを上に投げてアピールするねこだったが落ちてきたカプセルが大爆発
爆発に巻き込まれるも直後にタイムアップ。幸いデューレンファング式は起こらず色々な意味でギリギリの勝利となった。

2戦目の相手はかつて乱闘形式の第9回で戦った悪魔の下目使い。ステージは再びハイラル城に。
序盤から激しく殴り合うが、高所のカプセルを取りに行った下目にばたあしで大ダメージを与え、中身のトマトで回復
更に空中上で下目を撃墜豪運の賜物か、ここまでの一連の流れで一気にまるまる1ストック差に近い状況に持ち込んだ
先制後は復活した下目にファイアフラワーを取られ、ステージ右での戦いに。空中上にストーンを返され炙られていく。
しかし建造物の上でばたあしおっとっとキャンセルから上スマに繋ぐ見事すぎるコンボを決め、下目の2ストック目を奪う
ストーンもふんばって耐えたが、2人で竜巻に入ってしまい遂にバースト。復活後は生き残っていた下目にうしろげり。
そして空中上→空中前→空中上で下目の3ストック目も奪い1300まるまる2ストック差という大幅リードに成功する
ところがラッキーのタマゴばくだんやレイガン射撃でバースト圏内となり、再び竜巻に入ったことで残り2ストックに。
その後はアカのこうらに2人で翻弄されたが下目を追い詰め、最後はファイナルカッターの上からヒップドロップで撃墜
自滅やデューレンファング式未遂で荒れた初戦から一転、的確な攻撃や驚異的なコンボを駆使し2ストック差で勝利した

3戦目の相手は例の黒光となり、ステージはピーチ城上空。両者共に事故が怖いところである。
序盤から押されつつも復帰できると思われたが、ふんばりジャンプが三角コーナーに引っかかったせいで届かずバースト
復活後はタマゴ投げを活用するも劣勢は変わらず、まるまる1ストック差になったところでお互いの空中攻撃が相打ちに。
これで黒光のみバーストしストックが並ぶが、2人で延々と取りたい取りたいした後に黒光にトマトを取られてしまう。
そして上突きで3200に持ち込まれ、ブーメランの隙を狙ったヒップドロップやカビゴ之助2ヒットで攻めるも粘られる。
更に黒光の反撃を受けるが、回転斬りを喰らいつつも後ろ蹴り壁当てで2ストック同士に持ち込んだ後三角コーナーで遊ぶ
その後回転斬りで2100になるも、後ろ蹴り連発で黒光を追い出し続け、復帰したところにヒップドロップも命中させる。
そのまま一方的な攻撃で追い上げる……と思われたが、結局不用意なぺろんちょで事故り2ストック差で敗北してしまった

4戦目の相手は第3回で敗れている綺麗なゲイ。ステージはホームのヨッシーアイランドに。
序盤はステージ左寄りの位置で戦い、下スマでゲイを追い出してダッシュAでジャンプ狩りをしたところに箱が出現する。
そして箱を拾って投げたところ、事故らず復帰したゲイに裏当てになった挙句爆発したお陰で先制。早速豪運を発揮した。
復活したゲイの下スマや頭で3ストック同士になるが、ヒップドロップからすかさずダッシュA、前投げへと繋いでいく。
更にゲイの仕掛けたモーションセンサー爆弾を即座に起爆。ゲイを撃墜しねこはケを彷彿とさせる謎の動きで無事復帰。
1ストック差にできた上にスターを入手。ぺちキャンセルからのヒップドロップを披露した後は上スマで差を広げていく。
しかしメテオで落とされてPKファイヤーから下スマを受け、雲にもステージにもギリギリ届かず2ストック目を落とす
これで2ストック同士に並んだと思われたが、ゲイが2つ目のモーションセンサー爆弾でまさかの自爆状況は1200に
その後は逆転を狙うゲイの猛攻を受けるも、3つ目のモーションセンサー爆弾でまたもゲイが自爆して吹っ飛ばされる
ねこは上スマで復帰阻止を決め2ストック差で勝利豪運や相手の自爆と要所の立ち回りが噛み合いリベンジを達成した

5戦目の相手は第10回で勝利している迅雷ワンダ。ステージはプププランドに。
序盤はやや押されるも反撃しほぼ五分の状況に。読み横スマを見切られ空中NAで飛ばされたが、復帰しうしろげりを返す。
復帰するワンダにダッシュAで突撃し復帰阻止で先制直後にファイアフラワーも入手し、復活したワンダを炙っていく
これで一気にダメージを稼ぎ、相手の上スマをかわしてこちらも上スマ。下Bで相打ちにされつつも2ストック目も奪った
その後今度はミドリのこうらを利用。上強からこうらを上に投げたが当たらず、ワンダの後ろ蹴りを受け遂にバースト。
しかし投げていたこうらが見事にワンダの頭上に落下これでワンダもストックを落とし1300と大幅リードする状況に
復活後はレイガンを入手。ワンダの猛攻で謎の読み合いの後に115%までダメージを負うも、箱をヒップドロップで破壊。
その箱の中身はハートのうつわとビームソードとバンパーバンパーはシールドされたがワンダがビームソードを取る
ワンダに回復を妨害されるが、下Bの最後をブロッキングしワンダを前投げ場外へ放り出すとダメージ173%を全回復
態勢を整えると下スマでワンダを追い詰め、最後はステージ右端で後ろ投げリベンジを許さず3ストック差で快勝した
リベンジを許した場合は転校の可能性もあったが、豪運と巧みな立ち回りでワンダを圧倒し、1次予選1位通過が確定
予選1位通過を果たしたヨッシー勢は今回のねこが初めてであり、4勝1敗残ストック8の戦績も現時点の最高記録である
また、ねこ以外のヨッシー勢は全員1次予選で敗退してしまい、ねこはヨッシー勢唯一の1次予選通過者にもなっている。

二次予選の戦績+運と実力の高波-

二次予選ではWブロックに選出される。その後ポイゾネとBJが選出されさながら第一回勢同窓会になった。

初戦の相手はゲン、久々の炙りライトねこ状態になるも一進一退の攻防となる。下Bが使えない人間になりながらも最終的に下スマや上スマの強みを押しつけて勝利をもぎ取った。

2戦目の相手は黒きBlackJoker、黒きブラックきゃっと対決兼ピカピカ対決となった。BJの技を的確なブレーキ技術によって捌いたり、ふんばりカウンターヒップドロップしたりアピールしながら拉致られたり、ドドン芸したり、転がった先にアーウィン射撃がヒットしたりしながらも豪運と実力を発揮して最後はヒップドロップで勝利した。

3戦目の相手はポイゾネサスくん、第1回と同じくプププランドが選ばれるもポイゾネサスくんのブロッキングをも織り込み済みの猛攻になすすべ無く倒されてしまう。ハートの器やファイアフラワーといった逆転できるアイテムを全てポイゾネに取られたのも敗因か。

4戦目の相手はユウナくん。ステージはハイラルが選ばれるも敗北してしまう。その後、他の選手の結果により敗退が確定してしまう

5戦目の相手はライムライト。ステージはネスが強いプププランドが選ばれるも再び絶好調ねこに進化。ライムライトにほとんど何もさせず3スト残しで勝利。敗退こそしたものの動きが良いときのヨッシーの恐ろしさを広めた結果となった。


世代対抗戦~+世代対抗戦~-

世代対抗戦では、一回戦の中堅戦に出場。対戦相手は第十四回勢の暴力院長。ステージはヨッシーアイランド。
相手はノリノリ状態の院長だったが、ノリノリだと強いのはねこも同じ。終始リードを保ち、勝利した。

決勝でも副将戦に出場。対戦相手は第十二回勢のブラッド。ステージは一回戦と同じくヨッシーアイランド。ノリノリねこ再び…とはならず、相手の針の穴に糸を通すかのような後ろ投げで雲に乗れず崖にもつかめず敗北してしまう。


最古参勢の例に漏れず、キャラ名ジェネレータで出てきた名前をそのまま使用している。∫アルティライトねこの他に「猫姫」が候補に挙がるなど、爬虫類なのにやたらと猫が強調されていた。
また「⊂駿足のKURAUDO兵長」という名前も現れた。当時、本家スマブラにクラウドが参戦すると誰が予想できただろうか。

記号の∫は実はヨッシーの体型を表現しているのではないかとも言われている。「アルティライト」の意味は全く不明。検索してもCPUトナメ関連のページのみヒットする。

一時期は自身の豪運がなりを潜めていることや、有利なアイテムを取られて不利になることが多いため、周囲に幸運を振りまく招き猫ではないのかとも噂されていたが、最近では元来の豪運に加えて実力にも磨きがかかり、第10回や第14回ではP(ピー)を唸らせるほどの動きを見せた。また、マッチング運に関しては割と悪い方である。大体強者の第1回はともかく、第3回は後のGF進出者2人、第6回では優勝者、第8回では死のブロックのように。
*「運を運ぶと書いて「運命」か・・・

アルティライトとは?+→本源的な輝き、究極の不品行

アルティライトで検索すると、ねこ固有の接頭語であることがわかる。この事から、アルティライトとは造語であることがわかる。

アルティ ライトと分割して考えると、アルティとはアルティメット(ultimate)又はその語源のアルティマ(ultima)より、ライトとはlightから取られていると考えられる。

それぞれの意味をあわせると

《究極の:最後の:本源的な:最高の:遠い国の:最北の地の》

【光:日光:輝き:灯火:不品行(古語)】

という、開閉タイトルみたいな分かりやすいものから「最北の地の灯火」というローカル表現に至るまで、非常に格好のいい組み合わせとなる。

なお、もしrightであった場合は

【正義:右】

と候補に上がるが、∈正義∋であれば†絶対正義、ねこ†等のまっとうな表現に収まる。

が、万が一ではあるが……<右>が正しい、となってしまった場合は「極右ねこ」となってしまい、なめんなよねこも真っ青なヤバいネーミングとなる。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
絶望のリア・リエ 第1回(2回戦) いにしえの王国
紅きポイゾネサスくん 第1回(準決勝) プププランド
灼熱のレイア 第1回(決勝) プププランド×3 ✖️ (❶→①→❷)
一番繊細な部長 第3回(予選) 第1試合 プププランド
Φデスエンペラー 第2試合
15人目の天才 第3試合
学校に潜む母 第4試合
嵐のインテリ 第5試合
世界のrekuiemu 第3回(決勝トナメ1回戦) プププランド
綺麗なゲイ 第3回(決勝トナメ2回戦) プププランド
ポインコくん
紅きポイゾネサスくん
戦芸人ナザレンコ
第4回(1回戦) いにしえの王国
灼熱のヨシオくん
灼熱のレイア
ヨシオくん
第4回(準決勝) プププランド
15人目の神様
15人目の天才
Dr.神様
第4回(決勝) ピーチ城上空
ハイラル城
プププランド
✖ (✖→②→✖)
20人目の☆ンコ
☆爆走戦士エルバン
20人目の味方殺し
戦芸人ナザレンコ
第5回(1回戦) プププランド
(チーム✖ 0-2)
玄酔楼 第6回(2回戦) ピーチ城上空
使者様㌧ 第6回(LOSERS側1回戦) コンゴジャングル
チンコ
使者様㌧
バーンナック
第7回(1回戦) ヨッシーアイランド
Φデスエンペラー 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
卍黒きムッコロズ 第2試合 プププランド
切れた脇役 第3試合 ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第4試合 コンゴジャングル
戦芸人ナザレンコ 第5試合 コンゴジャングル
クソザコ芸人
ヨシオくん
戦芸人ナザレンコ
Dr.神様
第9回(1回戦) プププランド 自身:3位(1pt)
チーム:3位
    (計4pt)
こき使い
悪魔の下目使い
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士
DCB64
ドルコリン♪
ちょこにゃ
バルザードたん
第9回(最弱決定戦?) プププランド 2位
真っ黒デス
Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト
∩操られたティーダ★ミ
DCB64
ドルコリン♪
ちょこにゃ
バルザードたん
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:3位(1pt)
チーム:3位
    (計5pt)
真っ黒デス
Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト
迅雷ワンダ 第10回(予選) 第1試合 ヤマブキシティ
天空の虫使いアントン 第2試合 ピーチ城上空
第3試合 ヨッシーアイランド
人喰い軍曹 第4試合 いにしえの王国
歩く天下無敵 第5試合 惑星ゼーベス
堕ちる純白 第10回(決勝トナメWINNERS側1回戦) コンゴジャングル
Dr.神様 第10回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ヨッシーアイランド
¶YOODA¶ 第1回記号杯(1回戦) セクターZ
キング・オブ・妖魔 第1回記号杯(2回戦) ピーチ城上空
とろけるヨシオ 第14回(一次予選) 第1試合 ハイラル城
悪魔の下目使い 第2試合 ハイラル城
例の黒光 第3試合 ピーチ城上空
綺麗なゲイ 第4試合 ヨッシーアイランド
迅雷ワンダ 第5試合 プププランド
[世界第1位]ゲン 第14回(二次予選) 第1試合 プププランド
ξ黒きBlack Joker 第2試合 セクターZ
紅きポイゾネサスくん 第3試合 プププランド
週末のユウナくん 第4試合 ハイラル城
ÅライムライトÅ 第5試合 プププランド
第十四回勢 暴力院長 第1回世代対抗戦(1回戦) ヨッシーアイランド ②(チーム3-2〇)
(中堅戦)
第十二回勢 愛の㌘ブラッド 第1回世代対抗戦(決勝戦) ヨッシーアイランド ❶(チーム2-2)
(副将戦)
  通算 全46試合
(勝敗除外4試合)
22勝20敗

 


twitter→ https://twitter.com/neko43830563

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MWI2Y2IyY

アルティメットねこではなかったけど十分90点くらいのねこだったからこれで負けるなら相手が強かったって言える、仕方ない切り替えてこう
最初の自爆は不利展開を爆発で有耶無耶にしたあたり流石の豪運だったな

返信
2021-09-27 19:13:52

名無し ID:MTUwMTVjY

スキマスイッチ

返信
2021-09-27 19:13:04

名無し ID:YjRiZGFiY

やらかしたー!

返信
2021-09-27 19:12:41

名無し ID:Zjc0YjRmN

動きは悪くなかったし運もあった
相手が針の穴を通してきた

返信
2021-09-27 19:11:27

名無し ID:MWMyNGJhO

癖の強い動きの多い妹、未だ謎のケ、はちがでないはいてどれもキャラが立ってるけども
やっぱり優勝一番手はBJよろしく初代最強ヨッシーのねこが取ってほしいな

返信
2021-09-15 09:30:05

名無し ID:NWU5MDVjZ

ヨッシーはケがファイナルまでいってるし上振れすれば優勝できるポテンシャルあるのは知ってるからな
カービーサムスよりも早く個人戦優勝初種族になれると思ってる
次の大会期待しちゃうね

返信
2021-09-15 08:48:34

名無し ID:YjJlYTAwN

ねこすげーな、豪運もあるけど普通に立ち回りが強かった

返信
2021-09-15 02:13:11

名無し ID:YWI5MGY2N
>> 返信元

デスエンと吐き気の関係に似てるな

常に上位にいる吐き気と、波が激しくいつでも強いわけではないデスエン

でも優勝しやすいタイプはデスエンみたいなやつなんだろうな

返信
2021-09-14 23:09:56

名無し ID:MmM4YTVlY

まあそれ言ったらBJも14回前は1540くらいをうろうろしてたわけだし
常に70点を出せる選手より上振れ下振れがある選手の方が大会に出続ければ高戦績を出せるチャンスはあるってもんよ、次に期待

返信
2021-09-14 22:38:25

名無し ID:NWIwOGU5Z

14回の活躍でめっちゃ強いイメージあるが14回以前はレート1460ぐらいで結構ギリギリのポジションだったのよね
14回ぐらいの動きが常にできればBJみたく優勝できるポテンシャルはあると思うが、ヨッシー勢全般の不安定さでどこまでいけるか次の大型大会が楽しみではある

返信
2021-09-14 22:35:24

名無し ID:MjQ1NTg4M
>> 返信元

妖魔「何もしてないけど勝った」
これがあるからねこもといいヨッシーは最強格になれないんだよなぁ

返信
2021-09-14 22:17:22

名無し ID:YTgzMjA3M

ねこに勝つならユウナくんや純白みたいに、有利とられても冷静に見極めて処理していくか、

ケやポイゾネみたいに、運?知るかボケ!って力業でごり押し

するしかないんじゃないかな

返信
2021-09-14 21:50:49

名無し ID:MGFlNjJlY

今回の動画の最後見覚えあるなと思ったけど第一回勢はここまで第8回Eブロックだったわ

返信
2021-09-14 21:30:24

名無し ID:OGM0ZmViZ

どこでも安定してるとかは多分関係ないと思う、普通に安定感ない選手にも負けまくってるし
BJと違って息切れとかすらなく試合開始から覚醒スイッチ入ってたら誰も抗えずに負けるから、スイッチ入ってない通常状態のねこである事を祈ってその通常状態に負けないようにするのが大事だと思う

返信
2021-09-14 21:29:55

名無し ID:YjZlZjU3M

ねこすげえな・・・
見方によっちゃあ覚醒した相手でも関係なしに調子の下振れ引かせて、ステージ運もアイテム運も味方につけてその上でしっかり自分はいい動きして勝ってくのか・・・
今のねこ倒そうと思ったらねこの運を物ともしないような地力がないと無理なんじゃないか?
それこそ14回の二次予選で負けてたポイゾネやユウナくんみたいなどこでも安定して強いタイプじゃないと勝ち目がなさそう
エルバンクラスでも苦手なピーチ城引かされてぼこぼこにされる気がする

返信
2021-09-14 21:14:32

名無し ID:MGU1NjBjN

運も実力というべきか実力が運を引き寄せたというべきか

返信
2021-09-14 19:38:17

名無し ID:YTgzMjA3M

回復トントンと思わせての爆発運を見せていく

返信
2021-09-14 19:30:59

名無し ID:YjM0MTNhM

これだからねこのファンはやめられない

返信
2021-09-14 19:28:12

名無し ID:MWZmY2M5M

快勝だぜって喜ぶねこを尻目に苦笑いのポイゾネと死んだ魚の目をしたデスエンが
まぁねこもピーチ城だと途端にダメになるから順番変えたら危なそうだけど

返信
2021-09-14 19:26:53

名無し ID:ZjhhZDJlN

つんよ
ファイヤフラワー取らせてかえあの迷いのないカウンター戦術が光っていたな

返信
2021-09-14 19:26:22