Φデスエンペラー (FA)

ページ名:デスエンペラー

Φデスエンペラー

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust:せわいお さん
Illust2:ヴェッピィ さん
Illust3:777 さん
どんどんソンソンしてぇ!(期待)

profile
キャラクター キャプテンファルコン
カラー 第1回(最弱決定戦除く):紫(デフォルト) 第1回最弱決定戦、第3回~:黒 CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回~:NB後半
掛け声 第8回決勝トナメ~:NB後半時
肩書き 第8回:トナメ無勝/トナメで一度も勝ち無し、第8回、第10回:覚醒した皇帝、第1回記号杯:第八回優勝者/運がペラペラー、第14回:凶運の皇帝、P-1:A級戦犯ソンソン男、第17回:振れ幅の帝王/振れ幅全一
●出場記録 ◯成績
第1回大会 11位(1回戦敗退→最弱決定戦:3位)
第3回大会

予選:5勝0敗(残スト8) Fブロック1位通過

決勝トナメ:ベスト16 (2回戦敗退)

第5回大会

ベスト8 (1回戦敗退)

チーム:スターライトエンペラー (∫アルティライトねこ & Φデスエンペラー & エロ過ぎるマスター)

第6回大会 33位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側1回戦敗退)
第8回大会

予選:3勝2敗(残スト6) Eブロック2位通過

決勝トナメ:優勝 (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側優勝→グランドファイナル勝利)

第9回大会

7位(1回戦敗退→最弱決定戦1位)

チーム:真っ黒デス (Φデスエンペラ― & 卍黒きムッコロズ & 疑惑の恋人アルベルト)

第10回大会

予選:4勝1敗(残スト9) Hブロック1位通過

決勝トナメ:17位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側2回戦敗退)

第1回記号杯 23位(1回戦敗退→最弱決定戦勝利)
第14回大会

一次予選:3勝2敗(得失点3) Fブロック3位通過

二次予選:3勝2敗(得失点1) Zブロック2位通過

決勝トナメ:4位(WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側準決勝敗退)

世代対抗戦

2位 (準優勝)

世代:第一回勢

P-1 SMASH GP 4位 (準決勝敗退→3位決定戦敗北)
第16回大会 ベスト63 (Aブロック2回戦敗退)
第17回大会 優勝 (決勝戦:1位)
カラー対抗戦

3位 (準決勝敗退→3位決定戦:勝利)

色:黒

P(ピー)「第8回64スマブラCPUトナメ、優勝は Φデスエンペラー !!!!!」

最古参のファルコン選手。愛称は「死皇帝」、「デスエン」など。頭文字の「Φ」はギリシャ文字でファイ、フィーなどと読み、仮面ライダー555などで馴染みがある。が例によってCPUトナメシリーズでは発音されない。

長きに渡りトナメで勝ちを拾えず、同族選手に名実ともに差をつけられるなど苦悩を経験するが後に大化けする。積極的に大技を狙うスタイル。

ファルコンパンチでの撃墜数15回(第9回まで)という数字が彼の特徴をよく表している。
さらにファルコンダイブも成功数48回(第9回まで)と高い数字であり、第3回大会 vs一番繊細な部長戦では1試合の間に6回のファルコンダイブを命中させている。

確かな実力はあるものの、個人戦の勝ち上がり形式では全く勝てないというジンクスを背負っている。
予選の無かった第6回では第3回予選の強さから期待されていたものの、ふたを開けてみれば2連敗で姿を消した。
そしてついた異名が「予選の帝王」。ソンソンというネタも披露し、ネタキャラに足を突っ込んでしまう。
P(ピー)「ソンソンしてぇ!」


第1回・3回・5回の戦績+絶望的な凶運の実力者-

第1回初戦の相手は☆爆走戦士エルバン。互角の戦いを繰り広げるも惜敗。ちなみにこの試合で後の浦安を繰り出している。
最弱決定戦においても世界のrekuiemuを浦安でバーストさせるなど大暴れしたがボム兵の爆発事故などもあり3位に終わる。

第3回は予選Fブロックから参戦。第1回準優勝の∫アルティライトねこや第2回優勝の15人目の天才と同じ組であったが、なんと全勝で1位通過。優勝候補とも囁かれた。
決勝トナメのシード権を得て2回戦で灼熱のレイアと激突。序盤からアイテムをことごとく取るなどリードを保ちながら戦ったが、レイアの粘り強さの前に決め手を欠き、最後はハンマーを取られ敗北。

3on3の大会となった第5回は∫アルティライトねこエロ過ぎるマスターと組んで「スターライトエンペラー」として参戦。初戦で「20人目の☆ンコ」と対戦、自身の相手は第1回で敗れた☆爆走戦士エルバン。序盤から一方的な展開となり、まさかの被4タテを喫してしまった


第6回の戦績+開眼、ソンソン-

第6回では2回戦から登場したが天空の虫使いアントンに敗北。
ルーザーズ1回戦灼熱のレイアとの戦い@コンゴジャングルにて、試合に敗れはしたものの、敗北の直前にP(ピー)氏曰くソンソンなる技(?)を披露。この技に感銘を受けたのか、他のファルコン勢もその後の試合の舞台がコンゴジャングルとなると、次々にソンソンし、そのまま落下していった。さらにブームは波及し、リンク勢やサムス勢、なんとあの玄酔楼までもがソンソンした(それも複数回)。CPUトナメ実況ファンなら知らない者はいない名物現象となった。なお、ソンソンの正確な説明は用語集にある通りだが、今では視聴者からは「コンゴジャングルにて、復帰技で下から地面をすり抜けるが、着地できるほどではなく、地面からちょっとだけ顔を出した末、そのまま落ちていくやつ」といった使われ方をしている。


第1回準優勝者のねこ、第2回優勝者の天才を打ち破るほど実力は高いものの、第6回までは負けたら終わりのトーナメント形式ではさっぱり勝てておらず、一発勝負のプレッシャーに弱い傾向があった。
また、上記の戦歴から察せるように、クジ運が絶望的に悪い。対戦相手の強さを敗北の言い訳にはできないが、流石に気の毒なレベルである。

第7回の出場者決めでは吐き気やドルコリン♪、さらには幻想の兄コージにも得票数で負け4位という結果になり、出場は見送りとなった。この3選手と比較するとややインパクトに欠けるか。

最古参にも関わらず個人戦の予選以外で勝利したのはシリーズ開始から4年後。そして……


第8回の戦績+死を司る皇帝、覚醒せり-

第8回には出場を果たしたものの、やはりというべきか圧倒的なくじ運の悪さを発揮し切れた脇役卍黒きムッコロズ紅きポイゾネサスくん∫アルティライトねこ戦芸人ナザレンコという死のEブロックに放り込まれてしまう。

初戦こそ色間違いなどもありねこにリベンジを許してしまったが、その後は強豪相手に3連勝し死のブロックで一番乗り、全体では9人目の予選突破を果たす。なお、1位通過者の残スト数を上回ったのは第3回予選も含め史上初。
P(ピー)「やはりこの男、予選だけは強い」
(切れた脇役戦より。ひでえ)

初戦の相手は堕ちる純白。相性有利の相手、そしてエルバンとはお互い最低3試合しないと当たらないところまで離れるという、あまり本人には似つかわしくない、豪運を発揮する。
(しかし純白はグランドファイナルに進出、エルバンは結局LOSERS側3回戦で激突した。結局クジ運はそんなに変わっていなかったどころかいつもより酷かった模様。)

ちなみに同ブロックで首位通過したポイゾネサスくんはエルバンがいる山のシードとなった。もし首位通過していたら…

堕ちる純白戦、妙に爆発物が多い中、ストックを取りつ取られつの試合を繰り広げ、最後は仕掛けてあったモーションにダッシュで両方ぶつかり%差で敗北。何故か得意技のファルコンパンチを一度も振らなかった。

もう後がないLOSES側の相手は[自称]妹。そしてステージはコンゴジャングルを引いてしまう。敗北かと思われたが、かかと落としでコスパバーストさせた後、非常に動きが良くなりなんと3ストック残しでの勝利。4年越のトーナメント初勝利を収めた。

勢いは止まらず一番繊細な部長を2ストックで下し、3回戦でまたしても☆爆走戦士エルバンに衝突。
満を持して選ばれたステージはまさかのコンゴジャングル。これにはP(ピー)氏も思わず、「あ…」の声をあげてしまう。

序盤、得意技のファルコンパンチ2回ヒット、PKサンダー体当たりに合わせてガード、浦安、ダイブを使い分けての攻撃、相手の空中上を上Bで回避などの完璧なネス対策で有利な展開を作っていく。そして3ストック目、相手が樽を持った隙にファルコンパンチを当てついには、吐き気ですら到達できなかった最終ストックまでもつれ込む。最後は相手がモーションに気を取られてる隙に、得意技のファルコンパンチを当ててバースト。なんとコンゴジャングル、そして対ネスでの勝利を収めた。

次の相手は同じく絶望的な状況から勝ち上がった絶望のリア・リエ。覚醒した立ち回りで有利を持ってくが、アイテムで五分までもってかれストックは1同士に。お互い危ない%の中相手の貴重なバースト手段である上スマを当てられてしまう。しかし、驚異的なずらしで崖あてして耐え、最後はオバへで浮かした後、高砂(横スマ)でバースト。化け物に勝利して行く。

準々決勝の相手は同族のエースでミラーを既に3回経験している、3億ドルの吐き気。主コメの「ファルコン対決に外れなし」の通り、両者浦安を当てる互角の勝負を繰り広げる。そして3ストック目、cpuでは非常に珍しいメテオを決め、一気にラストストックへ。そのままラストストックもバースト圏内に持っていくが、さすがは同族のエース、浦安でバーストさせ、両者1ストックの100%を超えることに。そして最後はジャンプが無いところを裏拳でとばし、そのまま復帰が出来ずにバースト。なんと吐き気を打ち勝ち、ついにベスト4にまで上り詰める。

「ニンゲン?これ絶対人間でしょやっぱり。」

準決勝の相手は同じEブロックで勝ち上がった相手、紅きポイゾネサスくんに自滅もあったが勝利を収める。

LOSERS側決勝の相手はÅライムライトÅ。かつて吐き気を2ストック残しで葬ったハイラル城での戦いとなった。アイテムが大暴れする中、着実にバーストしていき、最後は相手がボム兵選手に下スマを当てバースト。ついにグランドファイナルに進出を果たした。

グランドファイナルの相手は決勝トナメ1回戦で敗北した堕ちる純白。運命的な再戦となった。そしてついに覚醒した皇帝と華開いたセンザイ能力の熾烈な頂上決戦が始まった。

第1セット1戦は伝統と実績のプププランドが選出される。Φデスエンペラーは華麗な足技を使うコンボや音声認識ファルコンパンチなどを駆使して戦う。途中、モンスターボールを崖際で下に投げて落とし、自身も落ちて心中した挙句その間に純白に回復され丸々1機リードをとられるという大ヘマをやらかすも、どうにか1-1までもつれこませて純白を横スマで弾き飛ばしてからのレイガンのダメ押しで勝利した。

続く第2戦はコンゴジャングル、ほとんどの視聴者が「あっ…(ソンソン)」となってしまう。そしてこの大舞台で、まさかの3連ソンソンソンソン未遂によってすべてのストックを落としてしまう。
           不 死 鳥 の 拳
第3戦はハイラル城。ファルコンパンチ、横スマビームソード、浦安などの大技を連発。2ストックを残しての快勝を納め、勝負はイーブンまで持ち込まれた。

第2セット第1戦は再度プププランドに。ここでついに堕ちる純白が自滅をやらかす。この機を逃すまいとΦデスエンペラーは凄まじい追撃を仕掛ける。それに対抗するかのように純白も攻勢を強めるが、攻めすぎた結果、2回目の自滅を誘発、それが決め手となりゲームセット。ついにΦデスエンペラーは栄冠に手を掛ける。

第2戦はやはりコンゴジャングル。長丁場となったせいか、二人ともに動きがぐだり気味、しかも自滅合戦まで繰り広げる。
結果、ソンソンに一日の長があったΦデスエンペラーが試合を落としてしまう。

もつれ込んだ最終戦はハイラル城、互いに王手であり後が無くなる。決死の覚悟を決めた両者、凄まじい乱打戦を展開する。その中で3度ものボム兵選手の乱入、アイテム運の格差によりΦデスエンペラーは残機1同士なのに100%以上差をつけられ絶体絶命のピンチに陥る。絶対的な凶運はここに来てΦデスエンペラーを葬るのかと思われた刹那、ついに揺り戻しの強運がやってきた。
最初期では不当な低い評価を受けていたという点でΦデスエンペラーと同じ仲間、ファイアフラワーが自生していたことにより%差の不利を覆す。更に純白がブーメランを投げた一瞬のスキをついて横スマをぶち込むことに成功、場外へとはじき出す。更に落ちてきたカプセルには戻りブーメランが当たったことにより即座に中身を取得可能になり、中身はまさかのレイガン。狙撃は命中、純白の復帰の可能性は完全に潰れた。そして響き渡る GAME SET!

遂にエルバンと言う壁を、ソンソンの不幸を、勝てないという死の呪縛をすべて断ち切り、第8回優勝を成し遂げた。

この辺りの経緯は、CPUトナメ用語集予選の帝王にも詳しい記載がある。


第9回の戦績+第9回:伝説の試合になっちゃった×2-

第9回では卍黒きムッコロズ、疑惑の恋人アルベルトと『真っ黒デス』を結成。しかし、初戦の相手は天才・玄酔楼・エルバンの『三強チーム』、タバスコ・ポイゾネ・純白の『リンク三兄弟チーム』と当たることとなり、組み合わせ次第でエルバンと純白を一度に相手にしなければならない。そうでなくとも歴代優勝者の天才(第2,4回)、玄酔楼(第6回)、タバスコ(第3回)、ポイゾネ(第7回)のいずれかと戦うこととなり、優勝してもクジ運が相変わらず最悪な結果となってしまった。

そして対戦組み合わせが公表された。もはや恒例行事レベルの案の定というべきか、やっぱりエルバンと戦うことになった。残る一人は煙草マスターの子。おみくじで言えばギリギリ大凶にならずに済んだというところは、彼にしては幸運と捉えるべきだろう。
結果はギリギリ大凶にならない超大凶でした。
開幕こそファルパンを当てて存在感をアピールするも、エルバンの復帰PKサンダー体当たりに何度も当たったり、ハンマーを食らったことで被撃墜6となってしまう。しかも中途半端に吹っ飛ばしたのは全て煙草マスターの子であるためデスエン自身はただの被害者である。更にエルバンは、間合いに入ったら終わりの弱パン投げ、地獄みたいな射程と持続の下スマ、ファルパン級の威力と吹っ飛ばしのキャリアー投擲、硬すぎる頭の連撃など、過去の撃墜されたトラウマを刺激しまくるという精神攻撃もするほど徹底的な戦いぶりであった。
結果は+8 -4 -4と煙草マスターの子が同ポイントで並んだが、その場で順位がどうなるかのルールが設定される。結果、タバスコはデスエンより多い撃墜数であったため、自身は3位となってしまった。
その後もチームの獲得ポイントは伸び悩み、1回戦敗退となってしまった。

最弱決定戦出場チームはP氏の独断と偏見による選出がなされると明言された。その結果、チームで最低得点を取ってしまった上にボッコボコにされた選手が2人も居る『真っ黒デス』が最弱決定戦に出場することに。これにより、「優勝した後に最弱決定戦に出場した唯一の選手」になってしまう。

肝心の対戦相手は、DCB64からドルコリン♪、ピカピカからライムライトと「この場にいるのがおかしい強豪たち」という感想を視聴者に抱かせるに十分すぎる状態となる。
          皇 帝 の 黄 金 の 右
僅か1分の戦いの中でファルコンパンチによってドルコリン♪をバーストさせ、後は落ちなければ勝利……ここから負けるような要素、流石にそれはない……と観客がハラハラしていたところ
 最強の乱入者
ボム兵選手が登場。まさかのトリプルバーストを取り、自らもバーストした。(撃墜3、バースト1。+2でGAME SET)

ボム兵選手に実質的な1位の座を奪われるという第8回最弱決定戦以来の理不尽な不幸に見舞われながらも、強豪ぞろいの最古参にふさわしく、チームの成績に貢献した。しかし、続く2戦目ではムッコロズが最下位となってしまい、次に負けた選手の居るチームがクソビリになるという視聴者的には超面白い事態になってしまう。


ここでアルベルトにまさかの撮り直し級案件発生。Lv設定ミスによりLv8→Lv9に強化されて大幅に弱体化してしまう。どういうことだってばよ
案の定アルベルトはボッコボコにされ、最下位に。そして、デスエンペラーは新しい実績を開放する。
「優勝した後に最弱決定戦に出場した唯一の選手」改め、「優勝した後にクソビリを達成した唯一の選手」となった。

…………が、試合後に出場者がアルベルトではなくティーダだったと発覚。再試合が行われる運びとなった。


翌日、今度こそ本物のアルベルトが登場。恋人としけこんでいた疑惑)
改めてねことちょこにゃとのファンシー&アニマルな戦いにデスエンペラーのクソビリ達成か否かの運命が委ねられた。
流石というべきか、やはりティーダとは比べ物にならないアルベルトの的確な2バースト奪取により、見事『真っ黒デス』は最弱決定戦1位となった。残念ながら、上記の水平線内部の不幸はなかったことになった。


第10回予選の戦績+不撓不屈の不死鳥-

第10回にももちろん参戦。今回はブロック分けが完全ランダムなため、視聴者からは既にエルバンと同ブロックになるかのように言われてしまっていた。しかし、ブロック分けでは普段の凶運が鳴りを潜めたかのように、「強豪と壊れの衆合地獄の中では比較的マシ」な構成の、Hブロックでの予選となった。

初戦の相手は[自称]妹。導かれるようにコンゴジャングルで戦うこととなったがソンソンすることは一切なく(しそうになったけど)、的確なファルコンパンチで相手を撃墜し、第8回と同じく3ストック残しの圧勝となった。

2戦目綺麗なゲイでは280%ほど回復する圧倒的な運の良さ(もちろん取るまでの過程が上手かったりするが)で制し、全選手初となるタイマン試合での10連勝を達成。

3戦目の相手は、同期であり第8回で真逆の戦績になったヨシオくん。意外にも第1回最弱決定戦以来の再会である。
ステージはヤマブキシティ。マルマインの爆発に巻きこまれて追い越しバーストしたりヨシオくんの奮闘でストックを削られる場面があったものの、順当に2ストック差で勝利。危なげなく予選通過を決めた。これにより予選のみの勝利数が11勝で単独1位になった。予選の帝王の名は伊達ではない。

そして、玄酔楼天使の聴牌に負けたことにより暫定レート1位となった

……がしかし、2日後に紅きポイゾネサスくんが勝利したことによりレートを抜かされてしまい2位となる。
この辺りからポイゾネと予選戦績・レートで争うことに。

4戦目は現在同じく3連勝中の紫煙のドドン.。プププランドで戦うことに。相手の猛攻に対して粘る展開となったが、相手がモーションドドンとアフォックスでストックを溶かし結局2ストック残しの勝利となった。前2戦と違いファルコンパンチを振っていたが結局1度も当たらなかった。そしてレート1位も取り返し、全選手初の2回目の予選1位となった。

最終戦の相手はバーンナック。順位では消化試合だが、全勝通過・残ストック記録更新のため負けられない試合となる。
しかし選ばれたステージはヤマブキシティ。パンチはしっかり決めるものの、ステージの構造に苦労することに。
ニャースとの連携してオバヘを決め2ストック目を奪うが、復帰直後にストーンで反撃を受け2200となる。
その後再びファルコンパンチを決めるが壁のせいで倒せず、逆に自分がコピーファルコンパンチを喰らってしまう。
ファルコンパンチを返して1ストック同士に持ち込むが、ファイナルカッター裏当てメテオというまさかの攻撃で敗北。
1位通過は変わらないが予選の記録更新は果たせず、第8回から続いていたタイマン連勝記録も12連勝でストップした。

2戦目綺麗なゲイでは280%ほど回復する圧倒的な運の良さ(もちろん取るまでの過程が上手かったりするが)で制し、全選手初となるタイマン試合での10連勝を達成。

3戦目の相手は、同期であり第8回で真逆の戦績になったヨシオくん。意外にも第1回最弱決定戦以来の再会である。
ステージはヤマブキシティ。マルマインの爆発に巻きこまれて追い越しバーストしたりヨシオくんの奮闘でストックを削られる場面があったものの、順当に2ストック差で勝利。危なげなく予選通過を決めた。これにより予選のみの勝利数が11勝で単独1位になった。予選の帝王の名は伊達ではない。

そして、玄酔楼天使の聴牌に負けたことにより暫定レート1位となった

……がしかし、2日後に紅きポイゾネサスくんが勝利したことによりレートを抜かされてしまい2位となる。
この辺りからポイゾネと予選戦績・レートで争うことに。

4戦目は現在同じく3連勝中の紫煙のドドン.。プププランドで戦うことに。相手の猛攻に対して粘る展開となったが、相手がモーションドドンとアフォックスでストックを溶かし結局2ストック残しの勝利となった。前2戦と違いファルコンパンチを振っていたが結局1度も当たらなかった。そしてレート1位も取り返し、全選手初の2回目の予選1位となった。

最終戦の相手はバーンナック。順位では消化試合だが、全勝通過・残ストック記録更新のため負けられない試合となる。
しかし選ばれたステージはヤマブキシティ。パンチはしっかり決めるものの、ステージの構造に苦労することに。
ニャースとの連携してオバヘを決め2ストック目を奪うが、復帰直後にストーンで反撃を受け2200となる。
その後再びファルコンパンチを決めるが壁のせいで倒せず、逆に自分がコピーファルコンパンチを喰らってしまう。
ファルコンパンチを返して1ストック同士に持ち込むが、ファイナルカッター裏当てメテオというまさかの攻撃で敗北。
1位通過は変わらないが予選の記録更新は果たせず、第8回から続いていたタイマン連勝記録も12連勝でストップした。

第10回決勝トーナメントの戦績+爆発!予選の帝王-

シードとなった決勝トナメでは、2回戦で地上最強のチェマとピーチ城上空で戦う。
まずは挨拶代わりにファルコンパンチ。そのままどんどんダメージを与えていき、オバヘで先制する。
その後チェマにダイブの隙を狩られ追い上げを受けるが、トマトで回復しつつチェマに横スマを当て2100に持ち込む。
これで決まりかと思いきやまたもチェマにファルコンダイブを狩られ、復帰できずに1ストック同士に追い付かれる。
それでもダメージでは勝っていたものの、チェマの投げた箱からハンマーとボム兵(とスターロッド)が同時に出現
ボム兵を拾ったデスエンだったが、チェマがほぼ同時にハンマーを拾い、ハンマーを喰らってボム兵を落とし大☆爆☆発
一気に70%ものダメージを喰らったデスエンはチェマと同時に吹っ飛んでいき、地形の関係で僅かに先にバースト
折角シードを取ったにも関わらず、第8回と似た負け方で早速LOSERS側に放り込まれる羽目になってしまった。知ってた

この敗戦により、次回以降の対戦相手が大変なことになることが確定した。
まず、ルーザーズ2回戦の相手は、天敵の灼熱のレイアの師匠である玄酔楼
そこで勝利してルーザーズ3回戦に進めた場合でも、
「天敵その①☆爆走戦士エルバン」「天敵その②灼熱のレイア」「エルバンに勝った覚醒アルザーク
のいずれかと闘う羽目になる。
つまり、2019/11/12時点で、デスエンのここから先のトーナメントは、最悪の地獄であった第8回ルートと比べても、この先最もデスエンに都合のいい相手としか戦わないで済む場合ですら、もっと難易度が高くなることが確定した。

余談だが、レーティングだけでの計算とはなるが、ルーザーズ3回戦の対戦相手の当選確率は、およそ
エルバン55%:レイア35%:アルザーク10% 
に近い数字となる。

そしてその玄酔楼との試合ではあのコンゴジャングルが選ばれてしまった上、序盤で事故ってストックを落とす
タルを投げて反撃したものの、レイガンでダメージを稼がれ既に102%。ファルコンパンチは当てたが下スマでバースト。
逆転すべくホームランバットを取るも落としてしまい、タルを持ち上げたところを潰されてソンソンもしてしまう
残り1ストックになってしまったデスエンだが、浦安もどきで玄酔楼の2ストック目を奪い1ストック差に持ち込む。
……が、右上のボム兵を取ろうとして余計なジャンプをしてしまい、歩きだしたボム兵選手に見事に接触し爆発
最初から最後まで事故が響いて2ストック差で敗北。結局トナメ無勝で第10回を終えることになってしまったおかえり


記号杯の戦績+初めてのセクターZ・最凶クラスの洗礼-

第11回では残念ながらお休みし、第12回も参加資格がなかったが第1回記号杯に参加決定。シード枠の1人となる。

2回戦から登場し、純白と同カラーのレベル9リンク使者様㌧とセクターZで戦うことに。
序盤はほぼ互角に立ち回るが、飛来したアーウィンのレーザーを3発喰らってしまい合計96%ものダメージを受ける
何とかバーストは免れモーションセンサー爆弾を仕掛けるが、㌧の起き上がり攻撃でモーションに接触し結局先制を許す
復活後は㌧をステージ左へ追い詰めるが、下スマを耐えられた上に前投げされ、投げられた先に再びアーウィンが
案の定デスエンは再びアーウィンに攻撃されレーザーが2発直撃今度は復帰できずに2ストック目を落としてしまう
追い上げを狙うデスエンだが、ガメーからの下スマやダイブでは倒しきれず、裏拳も㌧が投げていたバンパーで耐えられる
更に㌧から猛烈な反撃を受け自分がバースト圏内になるが、㌧に横スマを当ててやっとダメージ230%で倒すことに成功。
復活した㌧は2つ目のモーションを仕掛け回転斬り。デスエンは右に飛ばされて生還すると思いきやそのまま星にされる
遂に残り1ストックになってしまったデスエン。メテオで㌧を叩きつけたがまたも起き上がり攻撃でモーションに接触
爆発を受けたデスエンはまたしてもアーウィンの目の前に吹っ飛ばされ、アーウィンも当然のごとくレーザーを発射
なんとアーウィンの攻撃を3回に渡って合計7発も受け3ストック差で大敗例によってトナメ初戦で敗退してしまった

この大敗が祟り、最弱決定戦出場が決定。仮にも大規模大会優勝者だというのに三度目の最弱決定戦送りである
試合はお馴染みのプププランドではなくヤマブキシティで行われ、アイテムの出現率も制限LOWのままとなった。
デスエンははちで2撃墜したり、デロイを浦安で事故らせたり、粘っていた神様にトドメを刺したりと順調に撃墜を稼ぐ。
地形で詰まったりはしたものの最後まで一度も事故を起こさず、撃墜5落下3で最弱決定戦覇者に。何とか面目を保ったか。


第14回+第14回-

次の大規模大会である第14回に無事参加。今回はレート上位8名が各予選ブロックに振り分けられる形式となっている。
デスエンもその対象に選ばれたため1次予選でエルバンとぶつかることはなく、第3回と同じFブロックから出場する。
また今回は予選が2回行われるため、予選の帝王とも呼ばれたデスエンがどこまで勝ち抜けるのか注目されている。

初戦の相手は第12回でデビューしたスーパールーキー雅なりし報いとなったが、ステージはあのコンゴジャングルに。
雅をダイブで掴もうとするが失敗し、もう一度ダイブを使った結果ソンソンどころか普通に場外に出てしまいバースト
まさかのアフォックス的な自滅をした上に雅に押されるも、空中攻撃や下スマで反撃。浦安を決めて3ストック同士に。
ストックを並べた後はバーンナックコンボを耐えたが、下スマに繋げる変化版は耐えきれずバーストし残り2ストック。
1ストック差になったもののファイアフラワーでダメージを稼ぎ、雅に投げられつつも再び浦安を決めストックを並べる。
その後は雅に猛攻を加え、疑似浦安も決めて逆転に成功。しかしダッシュスターロッドを受けて遂にソンソンしてしまう
1ストック同士に並びダメージもほぼ五分となったが、ティンクルでダイブを拒否された後にストーンで押し潰される。
そしてデスエンはまたしてもソンソン。吐き気ばりの浦安を披露したが、事故の多さが響き初戦を落としてしまった。

2戦目の相手はジャイアントキリングドンキーDr.神様。ステージはハイラル城が選ばれる。
序盤は上強をうまく使いつつ押していき、横強で神様を左へ飛ばすと空中前Aでのジャンプ狩りから空中NAで先制する。
先制後はしばらくステージ右で戦い、レイガンで反撃されるがオバヘを連発してダメージを稼ぎ、後ろ蹴りからも復帰。
そしてモーションセンサー爆弾を仕掛け神様に横スマを当てるも、そのままモーションの上でアピールして見事に自爆
このミスで3ストック同士になってしまい、復活後も神様に200%超えまで粘られるが横スマで先に2ストック目を奪う。
その後こちらもバースト圏内に追い込まれ、後ろ蹴りや前投げを耐え続けるもバンパーを逆に利用され落とされてしまう
状況は2ストック同士となり、お互い取りたい取りたいしつつもトマトを取り回復阻止。神様に攻撃を加え追い詰めていく。
ホームランや押し出し40萬は決まらず、再び粘られて上B連発で切り替えされるも、235%の神様に横スマをぶち当て撃墜。
神様を残り1ストックに追い込むが、スターを取られて2つのモーションも活用されバースト。1ストック同士に並ぶことに。
しかしモーションを踏みつつも逆転を許さず差を広げ、190%まで耐えられたがダイブを決め、無事1ストック差で勝利。

3戦目の相手は週末のユウナくん第8回優勝者vs第12回優勝者の対決はピーチ城上空で行われた。
序盤はややリードしていたが引っ込みつつある移動床の上で前投げされ、復帰できずコスパバーストを喰らってしまう
先制を許すもデスエンもユウナくんを追い出し、復帰を試みるユウナくんに接近早めの上Bを誘い復帰に失敗させた
その後はファルコンキックでバットをかわしつつ一撃加えたが、ユウナくんにスターを取られたこともあり押されていく。
150%まで粘りつつダイブで反撃するデスエンだったが、復帰された後に空中前A裏当てで三角コーナーに叩きつけられる
2ストック目を奪われて下スマも耐えられ、再びダイブを使い2ストック同士に持ち込むも空中攻撃で差を広げられていく。
ファルコンパンチで取り返そうとするも先に箱が直撃し、デスエンはまたも三角コーナーにぶち当たり残り1ストック
下スマやダイブで攻めるもユウナくんからも下スマや空中攻撃を喰らい、今度は後ろ投げで三角コーナーにぶつけられる
しかしこれはギリギリ復帰し、今まで決められなかったファルコンパンチを遂に直撃させ1ストック同士に持ち込んだ
ピッピドガースから追い上げを狙ったがラーイライを繰り出され、ダイブの後隙にとびげりを受け敗北してしまった。

この敗北が響き、4戦目で負けると1次予選敗退という大ピンチになってしまう。予選の帝王と呼ばれた男の運命や如何に。

その4戦目の相手は、ヨシオ族の突然変異こと殺意のヨシオ。ステージはヨッシーアイランドが選ばれる。
後がない状況で逆に火がついたのか、序盤に殺意をダウンさせると起き上がりに合わせてファルコンパンチを当てる
これはギリギリ復帰されるが、ファルコンキックや空中攻撃の後に2回目のファルコンパンチを決め殺意をバーストさせた
先制後も素早い連撃で一方的に押していき、ダイブで右上へ吹っ飛ばしてスターフィニッシュ殺意の2ストック目を奪う
しかしミドリのこうらでバースト。その後もこうらを使われるが、上から降ってきたこうらはシールドし横スマで反撃
デスエンは雲に乗って復帰した殺意を見て台から降り、床に着地した殺意に見事3回目のファルコンパンチを直撃させた
残り1ストックに持ち込んだ後も勢いは止まらず、怒涛の攻撃で殺意を追い詰めるもマキシムトマトで回復されてしまう
更にニャースピッピのこばんやはたくを受け、空中上でバースト。反撃を受けるがファルコンパンチで決めようとする。
ところがファルコンパンチを上スマで潰され、空中下から事故を起こしたことでまさかの1ストック同士になってしまう
ファイアフラワーで殺意に炎を浴びせた後スターを取られたが、無敵が切れた後にファルコンキックで撃墜し勝利した。
十八番のファルコンパンチを始め怒涛の攻撃で勝利したものの、1ストックしか残せなかったことが今後どう影響するか。

5戦目の相手は同じファルコン勢のドルコリン♪。ステージはお馴染みプププランドが選ばれる。
オバヘを受けつつも序盤からドルコリン♪を圧倒ファルコンダイブからは復帰されるが横スマで蹴り飛ばし先制する
先制後もスマッシュ攻撃を使いつつリザードンと連携し、ファルコンパンチの隙に横スマスターロッドをぶち当てた
状況は2ストック差。ファルコンパンチはダイブでかわされ、同時にファルコンキックした後は空中攻撃の打ち合いに。
その後デスエンはカプセル上投げと上スマのコンボを披露そのまま台上での横スマに繋ぎ3ストック目も奪ってしまった
4タテはできず裏拳で倒されたが、ファルコンパンチをかわされつつもここからの追い上げは許さずお互い100%超えに。
メテオからの裏拳はギリギリダイブで復帰されたものの、最後はドルコリン♪に箱を投げ当ててバーストさせ勝利した。
調子を取り戻したことと、ミラーマッチが苦手なドルコリン♪が相手であることの相乗効果か3ストック差で快勝を果たす
そして、3ストック残したお陰で自力で予選通過を確定させることができた。2次予選でも「予選の帝王」に期待がかかる。

二次予選の戦績 +-最凶の運、最高の記録

 迎えた二次予選では自分含め全員がナンバリング大会優勝経験持ちという歴代最凶の死のブロックとなったZブロックからの出場という憂き目に遭う。エルバンがいないだけマシだが
この絶望的な状況下で、予選の帝王は何処まで奮闘するのか注目が集まる。

初戦の相手は自身が第10回で敗北を喫した第11回優勝者の地上最強のチェマ。ステージはハイラル城。
序盤はお互いダメージレースで互角の戦いを繰り広げ、両者共に160%以上の状態まで耐えるもチェマの空中上を食らいバースト。しかし、その直後にチェマが取りに行った上の足場のボム兵が選手化して爆発。運良く3300の状況に。
復活後は上Bを投げで返され、更に落ちていたボム兵を投げつけられてしまう。しかし、何故か爆発の威力が弱く、何とか命拾い。ガメコンボで奮闘するも、ダメージレースで不利を付けられ下スマを食らってバースト。しかし、今度もチェマがボム兵を下に投げて自爆。2200と再び互角の状況になる。
再起を図ろうとするも、ダメージを稼がれた上に、上の足場に現れた箱を取りに行った所を狙われてファイア昇龍。残り1ストックに追い込まれることに。
逆転のためにモンスターボールを手にするも、出てきたのは何とミュウピッピ。ダメージをろくに稼がない外れ
更に悪いことに、それに見とれていたのか足を踏み外して自滅。2ストック差の敗北の上に撃墜数に至っては0と厳しい立ち上がりとなってしまった。

2戦目の相手は15人目の天才。ステージはソンソンコンゴジャングル。モーションをしかけつつファルコンパンチを狙うもガードされてしまい自爆でバーストしてしまう。その後開幕の自滅臭わせ以外ファイアフォックスこそ多かったもののまともに戦う天才相手に得意のソンソンを披露しつつ一進一退の攻防を演じるも箱に引き寄せられた所を空上を喰らい敗北してしまう

負けたらいよいよ死のブロックで真っ先に予選敗退となってしまう3戦目の相手はかつて敗北した玄酔楼。キ◯ガイじみた動きと評される相手に崖端のリザードンやニャースでリードしていき最終的には2ストック残しで勝利。なんとか望みをつないでいく。余談だがこの試合で全選手初となる3強全撃破を達成した。

相変わらず負けたら敗退となる4戦目は第8回で勝利した戦芸人ナザレンコ。互角の勝負をナザレンコムーブで一気に取り返され先にラストストックになってしまう。なんとかバーストして1スト同士になったと思ったら相手がアフォックスして初めてピーチ城上空でした。

勝ったら突破、負けたら敗退で迎えた最終戦は第8回GFで激戦を制した堕ちる純白との戦いに。ステージはプププランドが選ばれる。
互角の勝負の中、風に煽られたか、純白が自滅してしまう。しかし、それでも純白は喰らいつき1100に。ここでスターロッドを手にした純白が一気に100%弱稼ぎ、瀕死までもっていかれてしまう。止めの回転切りを喰らったがギリギリで復帰しダメージを稼いでいく。そして相手が復帰の回転切りで晒した隙を空Nで吹っ飛ばし復帰圏外へ。リベンジは許さず見事勝利し2連敗からの3連勝で過去一番となる死のブロックで予選突破を果たす。やはり予選の帝王の名は伊達ではない。

決勝トーナメントの戦績+-デバフがあっても最凶の皇帝

決勝トナメでは一回戦第一試合をドルコリン♪と任されることに。ステージはセクターZとなった。
試合序盤から互角の戦いを中央で繰り広げ、尾翼でドルコリン♪から箱を投げつけられるとビームソードが3本出現。
アイテムを釣りにして攻撃を当てるも、横スマビームソードを喰らって先にストックを先制されてしまう。
再び尾翼部分に移動して反撃を狙っていくが、逆に下スマの連打に加えビームソード投げつけでまたしてもバースト。
復帰後に取得したモンスターボールから出たニャースで%を溜めると、ジャンプを読んだNAでようやく撃墜に成功。
更にアーウィンの手助けもあり一気に70%近くのダメージを与え、着地隙に合わせたファルコンパンチで2ストで並ぶ。
抱きを拒否しつつ追い上げを見せて逆転に成功するデスエンだが、箱を持った隙に攻撃を喰らったことで箱が爆発。
二人同時に右へ吹っ飛び、重なったまま上Bを出した結果ドルコリン♪に抱かれて残り1ストックに追い詰められてしまう。
裏拳を当てて撃墜を図るも耐えられてしまい、100%を超える大ピンチになりながらも横スマで1ストック同士に。
ドルコリン♪が持つ炙りアイテムを逆に奪うと、逆転を狙うためステージ左で炙りを開始……したと思われたが。
ボム兵爆破でシールドブレイク状態の相手にギリギリ届かない位置で炙った結果1%も与えられずに横スマでバースト。
トナメ初戦に勝てないジンクスを引き継ぎつつ、安定のデスエンらしさを見せつけてLOSERS側へと回った。

迎えたLOSERS側の一回戦。相手は第十回王者で過去に二度の勝利経験がある紅きポイゾネサスくん
ステージはプププランドが選ばれ角の攻防を繰り広げていると、中央台下に出た箱からスタロとハートの器が出現。
ポイゾネがスタロを取った直後に吹っ飛ばし、その隙にハートの器を取得して全回復に成功。粘られつつ上強で撃墜。
再びスタロを取ったポイゾネの猛攻に苦戦を強いられ、横スマスターロッドでバーストする直前にポケモンを召喚。
出てきたスターミーにより40%を超えるダメージを与えることに成功し、左台に出現した箱を破壊した所大爆発
デスエンは左に飛んだが生き残り、どちらも復帰に成功……したと思ったらポイゾネが下突きで事故ってしまう。
予想外のリードを獲得し、更に差を広げるために弱連打の押し出し四十萬を狙うも拒否されスターも取れない。
ダイブを読まれた上Bで2スト同士に並ぶと、ファルコンパンチを避けられながら逆転をし返すシーソーゲームに。
崖端に現れた箱をポイゾネを取った所に下スマを当てると、復帰した相手に遂にファルコンパンチをぶち当てる。
更に猛攻を仕掛けて大幅にダメージを与えたところで横スマを喰らい撃墜されるも、一気に69%まで溜めることに成功。
(前回の自身と同じく)逆転を狙うポイゾネが炙りアイテムを取ったが、冷静に回避しながらファルコンダイブを決め勝利。
第八回以来となるトーナメントで勝利を果たし、二回戦へと駒を進めていった。

二回戦では今大会の予選でも当たった玄酔楼と三度目の再戦。ステージも連続でプププランドが選ばれた。
序盤から互角の攻防を繰り広げていき、急降下メテオから下スマで飛ばした隙に箱を投げつけてストック先制に成功。
更に玄酔楼の攻撃を的確に潰す立ち回りを見せ、浦安を決めるがこれはジャンプが残っていたこともあり復帰される。
しかし箱を持ち上げたタイミングで台降りファルコンパンチを決めて一気に2ストック差を付けて試合を進めていく。
スターを取った相手に上Bを狩られるが何とか復帰し、粘りを見せたが(第八回GFのように)ダメ押しレイガンでバースト。
中央台に仕掛けたモーションに当たりながらもファルコンパンチで攻めていくが、冷静にガードされて追い上げられる。
さらにレイガンを取ったことで若干のバ難になりながらも、落とした直後に完璧な角度の浦安を決めて残り1ストック。
その後破壊した箱から出てきたアイテム3つを上手く釣りに使い、一気にダメージを与えていくが後ろ蹴りでバースト。
相手の炙りを避けながらモンボから召喚したラーイライもどきでは撃墜しきれずに、ドリルなどで%を溜められた。
しかし最後は玄酔楼が持ち上げた樽を攻撃した途端爆発を起こし、%差・ストック差で生き残って勝利を果たす。

準々決勝では前回戦った玄酔楼の弟子である灼熱のレイアと、これまた三度目の再戦。ステージはセクターZに。
開始直後から攻めていきバースト圏内まで追い詰めたが、自分が仕掛けたモーションに当たってしまい100%同士。
高所からのオバヘ+裏拳を当てたが耐えられてしまい、ダッシュAから回避読みの下スマで先制されてしまう展開に。
再び裏拳を当てて3ストックで並ぶと、赤コウラにガードを割られそうになりながら二人一緒にモーションで爆発。
%差でデスエンは生き残った事で逆転に成功し、レイアが出したニャースで%が溜まりながらも粘りを見せていく。
相手の大技を避けながら90%のダメージを与えていき、下Bでバーストしてしまうがレイガンを取得し差を広げる。
バースト圏内まで追い詰め崖端へ移動。しかしレイアの粘りを前に撃墜し切れず、ダイブで倒すもデスエンも圏内に。
返される形でレイガンの遠距離攻撃を喰らって%が溜まると、ダイブの後隙に空中前を喰らってしまい1ストック同士。
ここでモーションを仕掛けたデスエンは一気に猛攻を見せ、メテオで起爆させたが無敵により自分だけ喰らってしまう。
さらにファルコンパンチで試合を決めにいくがステップで避けられ、尾翼部分に移動するとボム兵を上に向かって投げる。
避けられて攻撃を喰らうが、降ってきたボム兵がレイアに当たって勝利……と思われた瞬間に踵落としが当たって生還。
まさかの展開となったものの、最後は壁で跳ね返ったレイアに対してダッシュAを決めて今度こそバーストに成功。
デスエンペラーもう一人の天敵と言われた相手に勝利を果たし、準決勝へと駒を進めていった。

準決勝の相手は同期ながら初対戦となるξ黒きBlack Joker。ステージはついにコンゴジャングルが選ばれた。
序盤から積極的に地上戦を仕掛けていき、後ろ投げで飛ばされて復帰した所に置いてあった根本出川を冷静にガード。
ファルコンパンチを狙ったが阻止されて再び下スマがヒット。ソンソンはせず生き残ったが思うように撃墜が出来ず。
更に上Bの後隙に空下を喰らってしまい戻れない状況で偶然にも樽が来ていたこともあり復帰に成功。さらに回復を取得。
運に恵まれたデスエンだが、下に投げたカプセルが爆発して先にストックを失う。その後下スマを当てて3300に。
的確な空中攻撃で%を稼いでいた所でBJがモンボからイワークを召喚した……と思ったらここでソンソンをしてしまう。
わずか30%弱でバーストしてしまい、大ピンチに陥りながらもハリセンを駆使したコンボでじわじわと追い上げる展開に。
レイガンを取ったBJに苦戦しながらオバヘを当ててストックが並ぶと、ファルコンパンチで一発逆転を狙っていく。
発生の速さに負けて根本出川を喰らい残り1ストになるも、怒涛の攻めを見せて一気にバースト圏内まで稼いでオバヘ。
位置の良さも相まって撃墜に成功し、両者1スト同士。根本出川に当たったがソンソンをすることなく生き残って復帰。
ステージ左側に出現した樽を釣りにされバースト圏内になりながらも、BJが攻撃した際に起こった樽爆発をガード。
しかし最後は下スマのリーチ外から横スマビームソードを喰らってしまいバースト。粘りを見せたが惜しくも敗北。
最終順位は4位となり、今大会のFA勢最高成績及び第八回以来のL側ランとなった。(なおBJに勝った場合次はエルバン)


世代対抗戦~の戦績+A 級 戦 犯-

世代対抗戦ではよりによって一回戦の第一試合である先鋒戦に出場してしまった。勝ち上がってきた暴力院長もとい第十四回勢と戦う事に。

団体で見れば五回戦うブロック戦方式である筈だが案の定と言うべきか特に自滅や悪い動きをした訳でもないのに覚醒した院長と接戦の末、敗北。「一回戦目は絶対に勝てない呪い」は健在か。

さらに決勝戦の最後である大将戦に2-2と勝たないと敗北してしまうお互い崖っぷちの状況で出場してしまった。対戦相手は12回では惜しくも1回戦敗退してしまった12回勢のB級の漢。ステージは待ってましたかのように残ったコンゴジャングルが選ばれてしまった。
序盤は%を効率的に稼ぎビームソードでバースト。しかし漢が投げた樽に当たり、吹っ飛んだあと伝統芸能であるソンソンを披露。さらに樽から出てきたトマトを漢がとり3300。
3300後、漢の動きがここで良くなりほぼ互角に%を稼がれ、箱から出てきたモンスターボールを漢が取り、投げつけたところ、デスエンに直撃しバースト。さらに一緒に出てきたトマトも取られ2300。召喚されたガメーにも仕事をされ、その後も漢に%を稼がれてしまった。デスエンも負けじと%を稼ぐが、漢の横スマをくらいバースト。しかし直後にファルコンパンチを当ててバーストさせ1200。自身が投げた箱から出てきた炙りアイテムで漢の%を稼ぐが漢の攻撃を受け、落としてしまう。そして事件は起こった。
デスエンは近くにあったモーションセンサーを取得。それも漢に投げつけたと思いきや、あろうことかモーションを設置した位置で棒立ち。そして棒立ちのままモーションを起爆させ、自爆してバーストしGAMESET。あろうことか決勝戦、さらに最終戦である大将戦で醜態を晒してしまう結果となってしまった。また、対戦相手がB級の漢」ということもあり、A級戦犯などと視聴者から散々ネタにされることに。
結果的に1回勢は2-3で12回勢に敗北、準優勝となった。勝利したヨシオくんは怒っていい

結局世代対抗戦では2回出たが1勝も出来ずに終わってしまった。ヨシオくん以下


P-1 SMASH GP+ついに破れた呪縛、しかし...-

大晦日の1日完結トナメである、P-1 SMASH GPのメンバーに選ばれ出場した。肩書きが酷すぎる

1回戦の相手は戦芸人ナザレンコ。相手が初っ端から任務完了!したこともあり先制していたが自身もプププでソンソンのようなことをしてしまい、33で並ぶ。しかしナザレンコが直後にドドンし先制。その後は第8回を彷彿とさせるレイガン捌きなど終始いい動きを見せ、最後は相手が戻れずバーストし、2スト差で勝利。デスエンがトナメ初戦で勝利したのはこれが初。トナメ初戦の呪縛を破ったデスエン、第8回のような快進撃を見せてくれると思ったが...

準決勝の相手は動物園のウシ。序盤からバチバチの近接戦闘を繰り広げたが、ウシの投げたボム兵をくらってしまい、お互い吹っ飛び3300。さらに2スト目もボム兵により、ストックを落とす。直後にお得意のファルコンパンチをぶち当ててウシを撃墜。しかしウシの巧みなモンボ投降で3スト目を落とす。さらにウシにボム兵をぶち当てられ、最後はカプセルを起き上がり攻撃で破壊したところ、爆発しバースト。 爆発に愛された結果2スト差で敗退し、3位決定戦に回ることに。1回戦の快進撃はなんだったのか

3位決定戦では自身と同じく、爆発で泣きを見た殺意のヨシオ。第14回では勝利しているが、今回はどうなるか。
序盤からガン責めしお得意のファルパンで撃墜。その後も綺麗に浦安を決めるなど動きは良かったが、殺意も負けておらず、ほぼ互角のバトルに。足元にあったボム兵を避けるなどここまではよかった、ここまでは。
22でストックが並んだいたが、風で押し出され空NAで事故ってしまう。それさっき見た しかし直後にオバヘで殺意を倒し、11に。そして最後は崖側でメテオをしてしまい、事故ってバーストまたそういう死に方か 最後の2ストックをどちらも事故で失ってしまった。結果的に殺意にリベンジを許してしまい、今大会を4位で終えた。

さらに殺意に負けたことにより、とろけるヨシオに続いて2人目となる「12キャラ全員に負けた」選手となってしまった。この記録は神様エロマスなどでさえ達成されていない記録であり、最弱四冠王ヨシオくんよりも早い達成となった。

この大会によりデスエンのネタキャラ化はどんどん加速していくことに...どうしてこうなった


第16回+圧勝、そして…-

第16回にも出場。初戦の相手は年齢を感じさせない迫力。ステージは彼の代名詞ことソンソジャングルことコンゴジャングル。ステージ決定直後から彼の敗北を悟るような声が多数見受けられたが、コピーしたファルコンパンチを果敢に振り続ける迫力に対して「これが本物のファルコンパンチだ」と言わんばかりに的確にパンチを決めまくり、3ストック差で快勝。対カービィ勢初 2勝利、2度目となるトナメ初戦勝利を果たした。

2回戦の相手はÅライムライトÅ。ピーチ城上空にて、第8回のリベンジを挑まれることとなった。
初っ端から%を貯められ、下スマでバーストさせられる。その後何とかかかと落としで撃墜するも自身も100%以上ダメージを喰らっており、そしてなぜか投げた樽に走って突っ込みそのままバースト、2300に。
出てきたモーションにライムもろとも突っ込みほぼ同時にバースト。そして直後になぜかダイブで外に出てそのまま落下好カードからの珍試合という結果となり2スト差で敗北、2回戦敗退となった。1回戦は何だったのか


第17回+久々の覚醒-

人気選手や実力者の集う第17回にも屈指の人気選手として(一応実力者としても)登場。初戦は悪魔の下目使い殺意のヨシオという種族エース対決に。ステージはプププランド。

1人で襲ってくる2人をいなし、ダイブで下目を撃墜後さらにスタロぶち当てで殺意も撃墜、大きくリードすることに。こんどはファルコンパンチで再び下目を撃墜。殺意の空上でバーストするがその後下スマで撃墜し返す。1スト丸々リードするも、下目の召喚したラーイライによりバースト、全員2ストックで並ぶことに。
ここでジャンプを使ったタイミングで殺意の投げたボム兵に当たってしまい、56%で戻れずバーストしてしまう。一気に不利になるも、NA裏当てで殺意に復帰させず、上スマで下目を撃墜1ストックで全員並ぶことに。
殺意が下目を横スマで撃墜しタイマンとなったが、フラワーで炙った後横強という渋い手で殺意を撃墜。激闘を制し準決勝へと進出した。

準決勝の相手は灼熱のレイア綺麗なゲイとまたもや種族トップクラスの選手による対決に。ステージはヨッシーアイランド。
初手はレイアに浦安を決め撃墜。その後ゲイの投げたボム兵に当たり、ゲイ諸共バーストする。その後も順調にリードをキープしていた。ゲイの下スマでレイアが脱落し、ゲイのとタイマンとなる。ゲイの執拗な頭によりバースト、11に並ぶも最後は横スマで撃墜。準決勝も勝利し、決勝戦に進出した。

決勝戦の相手は乱闘全一、プレ乱闘大会優勝者の笑えない女とピカ勢の安定枠、初優勝を狙うバルザードたんとなった。ステージはコンゴジャングル。
お互いに膠着状態が続いていたが、お得意のファルコンパンチでバルたんを撃墜。直後に笑えない女がソンソンしたが、その後デスエンも追っかけてソンソン ソンソンのめいしょ 、3ストックで並ぶ。さらに試合のペースを握りバルたんを下スマで撃墜した後、女もファルコンパンチで撃墜。その後もリードを保っていたものの、なぜかダイブで崖外に出てしまいそのままバースト、2ストックで並ぶ。
リードをまだ保っていたが、ファルコンパンチで女を撃墜した反動でモーションに激突、さらにそのせいで2度目のソンソンをかましてしまった。しかし直後にオバへでバルたんを撃墜、111000という激熱展開にもつれ込む。
その後は100%を超えてもほぼ五分の状態だったが、ここでデスエンがオバへで女を撃墜、さらにその直前に女が打っていたチャージショットがバルたんにヒットしバーストと、漁夫の利のような展開になり見事勝利

これによりデスエンは第17回優勝者となり、さらに史上7人目となる2冠王となった。彼は今大会をネタ要素ほぼなしの強者として挑み、見事に頂点に立ったのだった。


カラー対抗戦+戦犯扱い回避?-

第17回の後、色別に分けられた10色の団体によるカラー対抗戦に黒チームとして出場。黒チームの初戦である2回戦副将戦に登場(ちなみにこの時点で黒チームの勝ち越しが確定していた)、第16回と同様黄色チームÅライムライトÅとピーチ城上空で対戦することに。

やや劣勢な状況だったが、箱を担ぎ上げたところにライムの下スマがヒット、箱につぶされたがは爆発。運の悪さを見せつけバーストする。裏拳でライムを飛ばし三角コーナーにごっつんこさせ撃墜するも、直後にダイブを連打しそのまま落下し3200に。
ライムのコンボを喰らいかなり劣勢だったが、復帰時になぜか崖側をむいてダイブしそのままバースト。第16回と同じような死に方をしてしまった。P(ピー)にも「Φデスエンペラー、よわっ」などと酷評されながらも、浦安でライムを撃墜し、さらにホームランバットを打ち、11になんとかもつれ込ませる。しかし最後は下スマでバースト。
1ストック残しでの敗北となったが、試合内容としては2ストックを自滅でなくしており、仮にチームの勝負が決まっていなければ、戦犯扱いされてもおかしくない内容であった。

その後の結果、黒チームは見事3位入賞を果たした。 デスエンはなにも貢献していないが


総評 ~波乱万丈の記録~+神仏の歪んだ寵愛を受け続ける皇帝-

対戦相手のメダル所持者:第17回まで(対戦順)

エルバン(4回)、ヨシオくん(2回)、rekuiemu、ねこ(2回)、天才(2回)、インテリ、部長(2回)、レイア(4回)、アントン、ポイゾネ(3回)、ムッコロズ、ナザレンコ(3回)、脇役、純白(3回)、妹(2回)、リアリエ、吐き気、ライム(3回)、煙草、ドルコリン♪(3回)、ゲイ(2回)、バーンナック、チェマ(2回)、玄酔楼(3回)、㌧、神様(2回)、ユウナくん、殺意(3回)、BJ、B級の漢、ウシ、迫力、下目、笑えない女、バルたん

逆に持ってないの

ギル姐、母、ドドン、デロイ、ティーダ、雅、院長

ヤバさの数値化(第17回まで)

メダル所持者が相手 / 全試合 → 57/61 93.4%
メダル所持者が相手 / 勝敗計算される試合 → 50/54 92.3%
2冠王以上戦闘回数→15回
のべ計算:相手の金メダル所持数→27枚
のべ計算:相手の銀メダル所持数→22枚
のべ計算:相手の銅メダル所持数→30枚
単純計算:相手の金メダル所持数→16枚
単純計算:相手の銀メダル所持数→11枚
単純計算:相手の銅メダル所持数→17枚

7度のトーナメント無勝敗退(~第16回)

第1回:初戦で後に3強の一角となる☆爆走戦士エルバンと当たり、最弱決定戦送りに

第3回:①当時の時点で6人しかいないメダル所持者のうち、天才(金)とねこ(銀)が居る予選Fブロックに入る。実際は相性有利なヨッシーが3体いる。 ②5戦全勝というぶっちぎりの成績で通過しシードを獲得したのに、決勝トーナメント初戦で当時最強格だった灼熱のレイア(金)に当たり、2度目のトーナメント無勝敗退。

第5回:初戦で☆爆走戦士エルバンと当たり、4タテされる。そのエルバン率いる20人目の☆ンコが優勝した一方で、(チームごと)3度目のトーナメント無勝敗退。

第6回:ウィナーズの初戦で伸び伸びしながら自滅した結果敗北。ルーザーズ1回戦では何故か落ちてきた灼熱のレイアとエンカウントしてしまい、ソンソンを披露して敗退。なお、レイアが落ちてこなかった場合、エルバンと当たっていた。この4度目のトーナメント無勝敗退により、この辺りから予選の帝王ネタが定着し始める

第7回:周囲の人気が高すぎて、出場を逃す

第8回
・予選は死のEブロック しかし相性で考えれば5人に五分以上だったりする
・決勝トーナメント初戦の相手が無敗でグランドファイナルまで登った堕ちる純白
・ルーザーズ初戦にてトーナメント初勝利
・かつて4タテされたエルバンとの再々戦。ソンソンの名所コンゴジャングルにて最高級のリベンジを果たす。
・トナメ、ソンソン、ルーキー優勝のジンクス、エルバンという数々の呪縛をブチ破り記録的優勝へ。
・しかし“高砂”はイマイチ流行らなかった

第9回:
・初戦から天才、エルバン、玄酔楼の『チーム3強』とタバスコ、ポイゾネ、純白の『ソードマスターズ』と対戦することとなる。 
・案の定天敵であるエルバンと当たり、もう一人も対ファルコン無敗の煙草マスターの子だった。一応タバスコも居るので対エルバンについては負担は減る可能性があると思われたが、そんなことは全く無かった。むしろ積極的に増やしたのがタバスコ そして(チームごと)5度目のトーナメント無勝敗退。
・最弱決定戦ではせっかく1位になったのに注目をボム兵選手に奪われる。
・チームメイトのアルベルトの代わりにティーダが出場(レベル間違い)、前回優勝者なのに臨クソビリ体験を味わう。

第10回:
・れっきとした第8回優勝者なのに、Dブロック第6試合にて堕ちる純白が「第8回優勝者」と言われてしまう。(後に綺麗なゲイ戦で訂正された)
・決勝トナメにて、負けるとエルバンや玄酔楼が待ち受ける(後に天才も合流した)区画に放り込まれるという状況で爆発と三角コーナーが織りなす奇跡的な敗北を喫す。
・LOSERS側でいきなり玄酔楼と戦う羽目になり、よりにもよってステージはコンゴジャングルに。そしてソンソンを含めた大事故っぷりで敗北し、第6回と似た構図・6度目のトーナメント無勝で大会終了。

第11回:人気投票だった場合まず当確だったが(非公式人気投票参照)、Pが良いと思ったチーム名+ランダム安価での参戦だったため確定ならず。当然ランダム安価に引っかかるはずもなく参加を逃した。

第12回:犬のような黒猫が普通に強く、立場が若干危うくなる。

記号杯:純白と同色のリンク使者様㌧と戦うが、アーウィンに3回に渡って攻撃されレーザーを合計7発も喰らう羽目に。
結果シードを貰えたにも関わらず3ストック差で大敗し、7度目のトーナメント無勝敗退。更に3度目の最弱決定戦出場が決定。

第13回:第11回と同様に出場できず、おまけに犬のような黒猫が抽選に選ばれて出場。3位という好成績を残す。

第14回:一次予選・二次予選共に安定感のある立ち回りでW側通過。相変わらず初戦では屈指のネタ試合を見せて8度目のトナメ初戦敗退。しかしL側では第八回を思い出す駆け上がりを見せて4位に輝いた。

第1回世代対抗戦:1回戦にて先鋒で登場するが、相手の暴力院長に敗北。相変わらずトナメ初戦は勝てない。
決勝戦では大将として出場するも、ステージはコンゴジャングル。ソンソンに加えてモーションでの自爆もあり敗北。
チームは準優勝となったが、出場した2戦共に貢献できなかった上、自爆オチという締まらない決勝戦になってしまった。

P-1 SMASH GP:ついに初戦で勝利。呪縛を破るとなったが、準決勝、3決ともに事故やボム兵の大活躍によりネタ試合に。おまけに「12キャラ全員に敗北する」という記録を達成。ネタキャラ化がさらに加速。

第16回:初戦を圧勝。が、2回戦で手も足も出ず挙句の果てに最後に自滅。強豪として、そしてネタキャラとしての格を見せつけた。

第17回:バルザードたん以外全員入賞経験者(そのうち優勝経験者が3名)という中で激戦を繰り広げ見事優勝本戦7人目となる2冠王となった。

カラー対抗戦:2回戦の副将戦で初登場するも上B自滅を2回もしてしまい敗北。既にチームが勝利していたのがましであったか。

───以上のように、運の悪いときは類を見ないほど惨憺(さんたん)たる様相を見せてきた。

その結果「強豪だがネタ枠」としての地盤が確立されてきていることが表面化してきた。
実は試合においては、持ち前の機動力により回復の好機を的確に生かしたりハンマーで制圧する場面もそこそこ見受けられる。しかしその揺り戻しなのかトーナメントの呪縛なのか、まるで運命に導かれるかのように負けることも少なくなく、優勝経験者でありながらその芸術的な散り様は敗北のレジェンド・ヨシオくんのそれに近い。


最古参勢の例に漏れず、キャラ名ジェネレータに出てきた名前をそのまま使用している
Φデスエンペラー」の他に「封牙」「†神威はせらさん」が名前候補として現れたが、過去の64スマブラ界隈に「皇帝」という名前のファルコン使いがいたことから即決で選ばれた
P(ピー)「デスエンペラーじゃんファルコンって言えば

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
☆爆走戦士エルバン 第1回(1回戦) プププランド

ヨシオくん

♀幻のギルティ―スMkⅡ

世界のrekuiemu

第1回(最弱決定戦) プププランド 3位
学校に潜む母 第3回(予選) 第1試合 プププランド
∫アルティライトねこ 第2試合
15人目の天才 第3試合
嵐のインテリ 第4試合
一番繊細な部長 第5試合
灼熱のレイア 第3回(決勝トナメ2回戦) プププランド
20人目の☆ンコ
☆爆走戦士エルバン
20人目の味方殺し
戦芸人ナザレンコ
第5回(1回戦2本目) プププランド
(チーム✖ 0-2)
天空の虫使いアントン 第6回(2回戦) ピーチ城上空
灼熱のレイア 第6回(LOSERS側1回戦) コンゴジャングル
∫アルティライトねこ 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第2試合 ハイラル城
卍黒きムッコロズ 第3試合 プププランド
戦芸人ナザレンコ 第4試合 プププランド
切れた脇役 第5試合 コンゴジャングル
堕ちる純白 第8回(決勝トナメ1回戦) ハイラル城
[自称]妹 第8回(決勝トナメLOSERS側1回戦) コンゴジャングル
一番繊細な部長 第8回(決勝トナメLOSERS側2回戦) ハイラル城
☆爆走戦士エルバン 第8回(決勝トナメLOSERS側3回戦) コンゴジャングル
絶望のリア・リエ 第8回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
3億ドルの吐き気 第8回(決勝トナメLOSERS側準々決勝) ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第8回(決勝トナメLOSERS側準決勝) プププランド
ÅライムライトÅ 第8回(決勝トナメLOSERS側決勝) ハイラル城
堕ちる純白 第8回(決勝トナメグランドファイナル) プププランド×2
コンゴジャングル×2
ハイラル城×2

(①→❷→②)
(②→❶→①)
ソードマスターズ
煙草マスターの子
紅きポイゾネサスくん
堕ちる純白
第9回(1回戦) プププランド 自身:3位(1pt)
チーム:3位
    (計4pt)
チーム3強
15人目の天才
玄酔楼
☆爆走戦士エルバン
DCB64
ドルコリン♪
ちょこにゃ
バルザードたん
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:1位(3pt)
チーム:1位
    (計7pt)
ピカピカ
ÅライムライトÅ
 ∫アルティライトねこ
 ξ黒きBlack Joker
[自称]妹 第10回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
綺麗なゲイ 第2試合 ハイラル城
ヨシオくん 第3試合 ヤマブキシティ
紫煙のドドン 第4試合 プププランド
バーンナック 第5試合 ヤマブキシティ
地上最強のチェマ 第10回(決勝トナメWINNERS側2回戦) ピーチ城上空
玄酔楼 第10回(決勝トナメLOSERS側2回戦) コンゴジャングル
使者様㌧ 第1回記号杯(2回戦) セクターZ

△デロイ△

∩操られたティーダ★ミ

Dr.神様

第1回記号杯(最弱決定戦) ヤマブキシティ 1位
雅なりし報い 第14回(一次予選) 第1試合 コンゴジャングル
Dr.神様 第2試合 ハイラル城
週末のユウナくん 第3試合 ピーチ城上空
殺意のヨシオ 第4試合 ヨッシーアイランド
ドルコリン♪ 第5試合 プププランド
地上最強のチェマ 第14回(二次予選) 第1試合 ハイラル城
15人目の天才 第2試合 コンゴジャングル
玄酔楼 第3試合 プププランド
戦芸人ナザレンコ 第4試合 ピーチ城上空
堕ちる純白 第5試合 プププランド
ドルコリン♪ 第14回(決勝トナメWINNERS側1回戦) セクターZ
紅きポイゾネサスくん 第14回(決勝トナメLOSERS側1回戦) プププランド
玄酔楼 第14回(決勝トナメLOSERS側2回戦) プププランド
灼熱のレイア 第14回(決勝トナメLOSERS側準々決勝) セクターZ
ξ黒きBlack Joker 第14回(決勝トナメLOSERS側準決勝) コンゴジャングル
第十四回勢 暴力院長 第1回世代対抗戦(1回戦) ピーチ城上空 ❶(チーム3-2〇)
(先鋒戦)
第十二回勢 B級の漢 第1回世代対抗戦(決勝) コンゴジャングル ❷(チーム2-3✖)
(大将戦)
戦芸人ナザレンコ P-1 SMASH GP(1回戦) プププランド
動物園のウシ P-1 SMASH GP(準決勝) プププランド
殺意のヨシオ P-1 SMASH GP(3位決定戦) プププランド
年齢を感じさせない迫力 第16回(Aブロック1回戦) コンゴジャングル
ÅライムライトÅ 第16回(Aブロック2回戦) ピーチ城上空

悪魔の下目使い

殺意のヨシオ

第17回(1回戦) プププランド 1位

灼熱のレイア

綺麗なゲイ

第17回(準決勝) ヨッシーアイランド 1位

笑えない女

バルザードたん

第17回(決勝) コンゴジャングル 1位
ÅライムライトÅ カラー対抗戦(2回戦) ピーチ城上空 ❶(チーム3-2〇)
(副将戦)
  通算 全62試合
(勝敗除外7試合)
31勝24敗

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MTY2MmU2O
>> 返信元

二回でしたね、P-1忘れてました。

返信
2022-12-08 22:52:28

名無し ID:OTdjOTRhM
>> 返信元

一応第9回の最弱決定戦では1位取ったから……(震え声)

返信
2022-12-07 10:28:15

名無し ID:Y2RjYmNhY

ほんとここまで両極端な選手は奇跡的だよな
あとチーム戦の時の試合全敗でチームに何一つ貢献したことが無い、も追加で

返信
2022-12-07 08:59:23

名無し ID:NWUzNDg3M

W側勝利は二度じゃない?P-1のナザレンコと16回の迫力

返信
2022-12-07 06:55:55

名無し ID:NjAzNmVlM

すまないが、ウィナーズで勝利した1度ってどの試合ですか?

返信
2022-12-07 05:51:36

名無し ID:MWM5OTQwM

さらに芸人要素も兼ね備えていて本当に優勝者か?と思うような珍プレーを量産している。さらにデスエンはウィナーズ側にめっぽう弱く勝利したのは一度のみとなっている。しかしルーザーズ側では三強やポイゾネを凌ぐ強さを発揮し、第八回ではトナメ一回戦で負けてから怒涛の8連勝で優勝、第十四回でもポイゾネ、玄酔老、レイアに勝ち四位に輝いている。
ナザレンコ以上の芸人っぷりをみせることもあればヨシオくん以上の弱さをみせることもあり、ポイゾネや三強以上の強さをみせることもあるそれがデスエンペラーだ。

返信
2022-12-07 04:13:09

名無し ID:MWM5OTQwM

Фデスエンぺラー
二つ名 予選の帝王 トナメ無勝 覚醒した皇帝
第八回優勝者 凶運の皇帝 A級戦犯ソンソン男

第一回勢にして第八回優勝者。個人的に最も異端な成績の持ち主だと思っている。紅きポイゾネサスくんに三回勝利しており、デスエンぺラーしか成し遂げてない三強全員に勝利。輝かしい成績をもっているが、最弱決定戦に三回出場全世代、全キャラに敗北など優勝者としては珍しい経歴をもっている。デスエンぺラーの特徴といえば恐ろしいほどの凶運の持ち主であり、アーウィンによる三撃退 死のブロック率 決勝トナメの対戦相手
ここぞという時のコンゴジャングルなど、上げ出したらきりがない。

返信
2022-12-07 04:12:20

名無し ID:ZTkwZTc1O

ただ1試合だけ出場して負け、チームに貢献せず銅メダルを貰う漢

その名は

返信
2022-10-31 12:31:16

名無し ID:YzliZWY1M

残りの3人全員に勝ったことも負けたこともあるの面白いな

返信
2022-10-27 20:34:32

名無し ID:NWNlN2ZjN
>> 返信元

個人だと逆に金しか取れない性質なのかもしれない
14回もP-1もメダル直前で敗退してるし

返信
2022-10-27 20:30:56

名無し ID:ZmI4ZTNiO
>> 返信元

個人戦の2枚は自力で勝ち進んだのに団体戦の2枚は完全におこぼれなのがほんとデスエン

返信
2022-10-27 20:28:37

名無し ID:MTRmMzY3Y

メダル取ってて草

返信
2022-10-27 20:28:29

名無し ID:YzNkYTE5O

ちゃっかりメダル色コンプしてて草

返信
2022-10-27 20:27:27

名無し ID:ZWY1YjA5N
>> 返信元

個人戦なら期待できるけど、こいつがチームの足を引っ張らなかったことは未だかつて無いからなぁ

返信
2022-10-27 04:42:39

名無し ID:MDhhNDVkN
>> 返信元

そのチーム戦でエルバンに4タテされとるんやでこいつは

返信
2022-10-26 23:34:41

名無し ID:MDJkYzU5Y

団体戦、そろそろ負け運ゲージがオーバーフローして8回デスエンが出現しそうなんだがなぁ
こいつはトーナメントでコンゴでvsエルバンとかいう豪華3点セットを前にして史上最高の試合をした漢だぜ?

返信
2022-10-26 23:32:33

名無し ID:YTJhYjA3O
>> 返信元

7:3ぐらいなら目に見えて不利だけど3側に勝ちパターンが用意されてるからね
リンクなら判定押しつけてファルコンを寄せ付けないとか…
ファルコンならネスをパンチで崩すなり、先に下取ってオバヘするなりとかね…

本当にやばいのは9:1とかその辺、強みが失せて全身弱点だらけになるハイラルのサムスとかはどっちかというとこっちより

返信
2022-10-26 19:59:19

名無し ID:ODM1MmQ1N

ファルパンの精度やなピーチ城

真面目に戦うと三角でグダるし
ジャンプでバンパーに当たるのも痛い
ダイブ狩られるとすぐ死ぬしで
ファルパン一点破壊が通ると美味しい、相手の復帰に裏拳とか合わせられるのも大切だが

返信
2022-10-26 19:48:06

名無し ID:NDk3ODRhZ

デスエンが作った6借金をドルコが6戦全勝で補ってる形でピーチ城FAはなんとか勝ち越してる
あとデューレンもかなり勝ってる
一方吐き気はヨシオくんに負けかけるレベルで苦手

返信
2022-10-26 19:43:55

名無し ID:NDFjZWJiN

デスエンに限った話ではないけど、各キャラに良くも悪くもルールブレイカーみたいな選手がいるから、キャラ相性やステージ相性が信じられなくなるときがある

ハイラルサムスやカービィとか、プププゴリラやヨシオなど明らかなものもあるけどさ

返信
2022-10-26 19:42:56