例の黒光 (LI)

ページ名:例の黒光

例の黒光

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust:Ylit さん
Illust2:もみじまんじゅう さん
Illust3:ヴェッピィ さん
Illust4:BA-N無ック さん
黒光なにしてるぅ!

Profile
キャラクター リンク
カラー 第3回~: CPUレベル Lv.9
立ち絵 幻想杯~:空下
掛け声 第10回:上バースト
肩書き 第1回幻想杯:例の自滅 第10回、第14回:例のぶち壊し
●出場記録 ◯成績
第3回大会

予選:3勝2敗(残スト5) Cブロック3位通過

決勝トナメ:ベスト24 (1回戦敗退)

第1回幻想杯

優勝

幻想戦(エキシビションマッチ):敗北

第10回大会

予選:3勝2敗(残スト3) Fブロック1位通過

決勝トナメ:9位タイ (WINNERS側準々決勝敗退→LOSERS側4回戦敗退)

第11回大会

15位 (1回戦敗退→最弱決定戦:勝利)

チーム:自分殺し (例の黒光 & 20人目の味方殺し)

第13回大会

4位(準決勝敗退→3位決定戦敗北)

チーム:厨二病 (例の黒光 & 堕ちる純白)

第14回大会

一次予選:2勝3敗(得失点0) Bブロック5位敗退

ベスト40

世代対抗戦

7位 (1回戦敗退→最弱決定戦:2位)

世代:第三回勢

第15回大会

ベスト16 (1回戦敗退)

チーム:妹の黒光(例の黒光& [自称]妹

第16回大会 ベスト32 (Bブロック3回戦敗退)
カラー対抗戦

3位 (準決勝敗退→3位決定戦:勝利)

色:黒

P(ピー)「ひぎぇ!すごい急降下ですぅ!!これ!」

第3回大会から登場した青リンク。命名時に変換ミスにより「例の黒光」と命名されるところであったが、視聴者に指摘され即時修正された。決してあのあれの事ではない。


第3回幻想杯+-例の自滅

Cブロック予選3戦終了時点で1勝2敗残ストック1という低調な滑り出しだったものの、迎えた無敵の転校生との同キャラ対決で3ストックを残す快勝。これが効いてブロック3位での予選通過を勝ち取った。しかし自ら勝ち取ったチャンスを決勝トーナメント1回戦における自滅連発で台無しにしてしまった。
もっとも、この当時は紅きポイゾネサスくんのほうが試合時間の短さなども相まって負け方的に目立っていたため、黒光の敗退にはあまり注目が集まらなかった。同期である煙草マスターの子の快進撃もまた黒光の存在感を失わせる要因となった。実際問題、第4回大会以降はしばらくお呼びがかからず、第6回では青リンク枠として△デロイ△が自身の代わりに出場した。 なお戦績は…。

出番が無い選手たちを集めた幻想杯が開催され、黒光もこれに参戦することに。

 

幻想杯では「例の自滅」の肩書きを掲げ、実力があるとのことでシードを貰えた。勝ち上がってきた地上最強のチェマと戦い、緑甲羅やホームランバットの投擲を駆使してストックを奪い、余裕のある勝利を収めた。続く準々決勝の㌦ポッター戦においても冷静な立ち回りで常にストックをリードし勝利した。準決勝の相手は魔炎師ヤミノツルギ†。互いに1ストとなる接戦を繰り広げ、これを制し決勝戦へとコマを進めた。決勝の相手は自身が惨敗を喫した揺るぎなきたまたま。大量に出たモンスターボールを巧みに使用しリベンジに成功、見事幻想杯優勝の座に輝く。そして幻想の兄コージへの挑戦権を得たと同時に、第8回への出場権に王手をかけた。

遂に始まった最終戦の名は『幻想戦』。

序盤はコージのペースに押され気味だったものの、途中からギアが上がっていき、横スマビームソードや、上に投げた甲羅に下突きを当て上にあった甲羅にぶち当てると言うP(ピー)をも唸らせるコンボを見せる、だがさすがは幻想の兄。主催者の意地を見せ、1ストック同士へと持ち込む。

だがここから黒光の猛攻によって一気に展開が変わっていく。復帰したコージに怒涛の攻めを見せ、こちらは1%も貰わずにコージを場外に飛ばす。
これは決まった!と思ったのも束の間、コージに更なる追い打ちをかけるため回転斬りをした結果崖外に飛び出し、そのまま落下と言うまさかの自滅によって幻想杯は終わりを迎えた

P(ピー)「黒光のペースか完全に!!……回転斬りっ……ぇえ゛ぇ゛ッ!!?↑↑


第10回予選+第10回予選-

第10回の出場アンケートでは51.8%とほかの青リンク勢の票数を圧倒的に上回る人気を獲得し、久しぶりに本選での出場が確定した。入ったのは死のブロックと言われるFブロック。

初戦の相手は自身3度目の黒サムス、卍黒きムッコロズとなる。
所々良い動きは感じられたが相手のバ難(バースト困難)を感じさせない立ち回りと100%回復に大苦戦。
最後はやる気を無くし(?)回転切りで帰っていった。

2戦目一番繊細な部長戦も回転切りの最中に爆発する不運もあったが、アイテムを巧みに使い見事勝利。

3戦目ドルコリン♪と戦うことに。あれ?見覚えが…
しかし、まさかの事故が発生し試合が延期することに。視聴者にも嫌がらせしていく。
翌日改めて試合が行われたが、復帰の弱さを突かれたことと自滅癖が響き3ストック差で大敗してしまった。
1日待たせた挙げ句の試合内容がこれ。やはり嫌がらせに長けている。

4戦目はこの時点で唯一ブロック内予選通過を決めている絶望のリア・リエ
ステージに惑星ゼーベスが選ばれた上にモーションセンサー爆弾ばかりが出現し、試合は荒れに荒れる。
酸でバーストしかけるが、リア・リエが上に投げていたカプセルに当たって命拾い。意図せず1ストックリードとなる。
その後も無敵状態でモーションを起爆させたり、リア・リエが酸に浸かったりして1ストックリードが続いていた。
……が、3ストック目を最初から最後まで酸を喰らい続けて失い、1ストック同士になってしまう。
しかしリア・リエも酸とモーションでダメージを受けて差が広がり、最後はリザードンをリア・リエに直撃させて勝利。

最終戦の相手は自身と同じ2勝2敗2ストックの悪魔の下目使い。ステージは初戦と同じピーチ城上空。
序盤はやや押されてしまい、ティンクルのコスパで落とされそうになるがギリギリ復帰。上強で先にストックを奪う。
その後も相手のストーンをかわし、剣のリーチ・判定を活かし、逆転防止にアイテムを捨てながらリードを広げていく。
残り3ストックの状態で下目を残り1ストックに追い込むが、移動床で下スマによるコスパを決められ残り2ストックに。
しかし黒光は復活直後に下突きを使い、足場に戻ろうとした下目を着地前に奇襲。自滅しつつも強引に道連れを決めた。
この勝利によって3勝2敗の勝ち越しで予選通過を果たしたが、後の試合の結果なんと1位通過となってしまった。
最終戦でコスパが得意な下目に対しコスパの悪い道連れで勝利し、残ストック最小限のコスパで1位通過を果たすという
ある意味非常に彼らしい勝ち方で予選を終えることになった。決勝トナメもこのまま荒らすのか、それとも……

なお、大会型式がこれまでと同様の『予選通過可能なのは3位まで、同勝利数は残ストック優先』だった場合4位となり転校となるはずだった。ある意味で今大会のルールを最も悪用活用した選手と言える。

第10回決勝トーナメント+第10回決勝トーナメント-

予選を1位で通過したためシード権を獲得してしまい、決勝トナメでは2回戦から登場。
しかし相手はよりにもよって戦芸人ナザレンコ。更にステージはヤマブキシティとなり狙ったかのように問題児だらけに。
試合は激しい相殺合戦から始まるが、ラッキーのタマゴばくだんを攻撃してお互い爆発に巻き込まれる。
爆発から無事復帰しステージ左側で戦うが、復帰の回転斬りでビルを飛び越えてしまい早速いつも通り落ちる
復活後にハンマーでナザレンコを星にするが、再び左のビルに移動し、かと思いきや強引にジャンプして中央に戻る。
今度は何とか落ちずに安心、と思いきや今度はステージ右側で落ちそうになったり、急に不動になったりとやりたい放題。
ラーイライを召喚しナザレンコにダメージを与え、ヒトカゲの炎に巻き込まれつつもナザレンコに後ろ投げを決めアピール
……の直後に再び不動になり、復帰しようとしたナザレンコは左のビルをファイアフォックスで飛び越えて落ちる始末。
その後もナザレンコがこうらで大道芸をしたり、黒光が結局右でも落ちたりしつつも時折テクニックも見せつつ試合が進む。
終盤は下突きで自滅しそうになるがギリギリ復帰。ボム兵でのトドメを失敗してしまうが起き上がり攻撃→回転斬りで勝利。
お互いに珍プレーばかりと思いきや好プレーも行い、散々やらかしたにも関わらずゲーム中のスコアはどちらも自滅0
塩試合になりやすいヤマブキシティとしては珍しく、よくも悪くも見どころだらけの試合となった。

決勝トナメ準々決勝の相手は歩く天下無敵となったが、選ばれたステージはまたも問題児のいにしえの王国
嫌な予感しかしない中、天下無敵がリフト上で歩きながら自滅するが、黒光も全く同じ自滅をして見せ3ストック同士に
それからは地上戦となるが、PKファイヤーでダメージを稼がれた後に土管越しにヨーヨーを喰らい先にバースト。
復活後もPKファイヤーや弱パン投げを喰らい、リフト上でタルを持ち上げそのまま落下。後を追うように天下無敵も落下
その後更に天下無敵が事故って落下したことで1ストック同士になるが、最後は頭を決められてバースト。
相手が自分以上に事故を起こしたが、相手の自滅3以外にストックを削ることができず撃墜0で敗北。LOSERS側に回る。

またも1日待つことになったLOSERS側4回戦の相手は予選でも戦った絶望のリア・リエ。ステージはプププランドとなる。
が、試合開始直後に早速下突きで自滅していく。それでもリア・リエを押していき、上突きで3ストック同士に。
そのままハンマーを取るが、殆ど回避されてしまい逆転はできず。その後のボム兵はうまく避け、追い上げていく。
何故かいい勝負になっていたが、リア・リエにトマトで回復されて回転斬りを耐えられ、空中前Aでストックを落とす。
そしてリア・リエに2つ目のトマトも取られて差を広げられ、カプセルの爆発に相手を巻き込むが自分だけバースト。
残り1ストックの状態で2ストック差が付いてしまったが、リザードン召喚の隙を突き回転斬りでバーストさせる。
しかしそのリザードンと連携されて大ダメージを受け、最後はファイアボールを浴び崖下に激突。復帰できずに敗北。
白リンクより上の順位に行けて満足したのか、リベンジを達成され、待ち受ける強敵を避けるかのように敗退していった。


第11回+第11回-

第11回にも参戦。黒光にとって初めてのチーム戦となり、20人目の味方殺しと「自分殺し」を結成した。
余談ではあるが、第10回で自身が負けた選手は誰一人参加していない。(全体ではたまたまが参加している。)

1回戦で「新時代」と戦うことになったが、第10回に続いて事故が発生し試合が延期されることに。
後日改めて試合が行われたが、選ばれたのは「ヤマブキシティ&レイガン」。案の定、開始早々に自滅する黒光
その後は味方や相手の復帰事故で撃墜数を稼ぎ、ライムライトにタマゴばくだんを投げ当て直接バーストも決める。
が、終盤に純白の後ろ蹴りで落とされた後、試合終了間際に再び自滅チーム名通り自滅で始まり自滅で終わる試合に……
その純白の活躍と味方殺しも自分殺しに走ったせいで大きくポイント差が付き、1回戦敗退となってしまった。

試合を延期させたせいで最弱決定戦出場が決定。一触即死や第10回を除くと最弱決定戦初のリンク勢である。
同期でもある「学校に潜む少女」と最弱を争うことになり、「コンゴジャングル&モーションセンサー爆弾」の環境で戦う。
序盤緊急回避の後に一瞬立ち止まったと思いきや、背後にあったチェントゥリのモーションを自ら踏みに行きバースト
復活後は味方殺しを介錯するが、直後に母の下スマで追い出された後ブーメランを投げてソンソンし失点してしまう。
その後は味方殺しと一緒に落ちそうになったり、今度は学校に潜む母のモーションでバーストしたりと劣勢に。
しかし試合中盤、味方殺しが一気に相手チームを撃墜。それに乗じて黒光も味方殺しのモーションで自爆し態勢を整える。
今度は学校に潜む母をモーションで落とすことに成功し、更に下突きで味方殺しのモーションにぶち当てる攻撃も行った。
最終的に自身のポイントは-2となったが、味方殺しの奮闘もあり勝利。幻想杯優勝者が最弱になるという事態は回避された。


第13回+第13回-

第13回にも参加が決定。優秀な後輩の堕ちる純白と「厨二病」を結成し、自身は先鋒を務める。立ち絵がすごいことに

初戦は男女の友情アリ派と当たり、4人中3人がリンク勢に。まずは神剣バスタード♂とコンゴジャングルで戦う。
序盤からいきなりソンソン……と思いきやタル大砲で生還。しかしその後もバスタードに押されてしまい先制を許す。
復活後はバスタードに反撃を加え、箱を投げてみると2つのマキシムトマトとバンパーが出現。トマトを取り回復する。
2つ目のトマトも取ろうとするが、バンパーや回転斬りで妨害された結果そのままバスタードの回復を許してしまう。
ストックでもダメージでも差がつき、後ろ投げや横強からは復帰したものの投げられたタルが爆発。2ストック目を失う。
横スマやブーメランで追い上げを狙うがバスタードに追い出され、今度は本当にソンソンして3ストック目も失ってしまう
3ストック差という厳しい状況になるも、モーションセンサー爆弾を仕掛けて横スマ。ようやくバスタードを撃墜する。
その後は自身の攻撃やモーションでバスタードにダメージを与え、空中回転斬りで場外へ飛ばし復帰に合わせてダッシュA。
これで2ストック目を奪い、バスタードの投げた箱をかわしたが直後に下突きが直撃。2ストック差で敗北してしまった。
しかし大将の堕ちる純白が2連勝。チームは2勝1敗となり、2ストック差で負けておいてちゃっかり2回戦に進出した。

2回戦の相手は詳しすぎた虫使いチーム。詳しすぎた湖とピーチ城上空で戦うことに。
ブーメランを連発した後、空中攻撃でリード。スターを入手するとモーションを設置し、空中回転斬りで湖を撃墜する。
首尾よく先制したが無敵が切れた後モーションで自爆。自滅はせず湖に上突きするも、後隙に昇龍を喰らい3ストック同士。
しかし復活後は下突きを連発。一気にダメージ差を広げていき、一度バンパーで粘られたが回転斬りで2ストック目を奪う。
ほぼ1ストック差をつけたが湖から連続でドリルを受け、床が引っ込んでいく最中に下スマで場外へ蹴り出されてしまう。
戻れないと思われたが、黒光は僅かに残った床にギリギリ乗って復帰。その後も床や三角コーナーに助けられることに。
ブーメランをうまく使い湖を追い込んでいくも、後ろ蹴りを受け流石にバースト。ストックは並んだがダメージ差は十分。
上突きを二度耐えられたり地形に詰まったりしつつも二段蹴りで湖を追い出し、結果湖を残り1ストックに追い込む。
復活した湖から下Bを受けるが、これも床のお陰で復帰。再びブーメランや剣を駆使してどんどんダメージを与えていく。
終盤にモンスターボールを投げ当てられ1ストック同士になるも、ポケモンの攻撃は脅威にならず空中回転斬りで勝利。

しかし純白が敗北してしまい、3本目で天空の虫使いアントンと戦うことに。ステージはコンゴジャングル。
回転斬りをメインに攻撃し、落ちそうになったが序盤からリード。上突きは耐えられたが掴みの隙に横強を当て先制。
その後も上下の突きやブーメラン→前投げで押していきヒップドロップも耐えたが、復帰に横スマを合わせられバースト。
ストックが並ぶが、また落ちそうになった後ステージ右端で箱を持ち上げたアントンを下突きで奇襲し2ストック目を奪う。
1ストック差をつけた後は後ろ投げから復帰し、素早くトマトを取り回復。ぺちに横スマで対処するなど更に差を広げる。
そして下スマでアントンを吹っ飛ばし、復帰中のアントンにタルを投げつけてジャンプ狩り。残り1ストックに追い詰めた。
ニャース先生を繰り出して復活したばかりのアントンにダメージを与え、タマゴ産みで落とされそうになるも無事復帰。
そしてブーメランでアントンをダウンさせると、転がり起きを読んで横スマ。今度は復帰に空中回転斬りを合わせる。
相打ちにされつつも再びジャンプを狩ることに成功。アントンはタル大砲にも入れず落ちていき3ストック差で快勝した。
落ちかける場面もあったが、相手の不安定さを突いて的確にストックを奪い勝利。今度は自身が2勝する形で準決勝に進出。

その準決勝では副旋律チームと当たり、∮シュバルツ∮と戦うことに。ステージはまたもコンゴジャングル。
序盤は五分だったが、隙の少ない技を次々と差し込まれてダメージ差が広がり、回転斬りを耐えられて下スマを受ける。
先制を許すも上突きで取り返し、アカのこうらで事故りかけるが復帰。しかし今度はレイガンを撃たれ後ろ蹴りでバースト。
その後もシュバルツの攻撃に押されるも、モーションを投げ当てて追い出した後トマトで回復しダッシュAでジャンプ狩り。
2200と思いきや、シュバルツがバーストする前にモーションを踏み未遂に終わる先読みで実況したP(ピー)に嫌がらせ
自爆のせいで差が広がり、下突きや前投げで反撃するが空中前Aを受け、タル大砲を回転斬りで飛び越えてしまい落下。
復活後は下突きを決め1ストック同士。再び劣勢になるも切り返し、下突きで落ちかけるがタル大砲に入って生還する。
ところが空中前Aでジャンプを狩られ、タル大砲にもギリギリ入れずにバースト。1ストック差で敗北してしまった。
2戦目は純白が制したが、なんとその純白もシュバルツに敗北しチームは1勝2敗。決勝進出は叶わず3位決定戦に回る。

その3位決定戦の相手はアニャ犬・スカイウォーカーチーム。黒光は◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡とハイラル城で戦う。
上突きにファイア昇龍を返された後は空中攻撃で押されてしまい、下スマ壁当てからは復帰したが前投げで先制される。
更に竜巻昇龍まで喰らう羽目になるも、高所のモンスターボールからラーイライを繰り出し3ストック同士に持ち込む。
ここからブーメランや剣を活用して追い上げていき、お互いダメージは130%超えに。エアスラを耐え上突きで撃墜する。
しかし黒光も竜巻で飛ばされ結局2200。復活後は空中攻撃や回転斬り、スマッシュ攻撃でどんどんダメージを与えていく。
更にファイアフラワーも使いダメージ差を広げるが、ミドリのこうらから反撃を受け、やがて両者共にバースト圏内に。
上突きでANAKINの3ストック目を奪うも、復活直後のANAKINに後ろ蹴りされてジャンプを狩られ、復帰できず1100。
その後は優位に立つも反撃を許してしまい、上突きを耐えられた上に再び後ろ蹴りでジャンプを狩られるが何とか復帰。
そして今度はファイアボールを連発されて追い出され、空中前Aで復帰阻止を狙われたがこれも復帰することに成功する。
下突きはかわされたが、最後はANAKINのジャンプを読み段差の上からANAKINを掴んで前投げ。1ストック差で勝利した。

しかし2本目で純白が敗れ、3本目で決着をつけることに。犬のような黒猫とコンゴジャングルで戦う。
ところが横スマで追い出された後に余計なブーメランを投げたせいで事故を起こし、試合開始から僅か7秒程でバースト
早くも1ストック差と思いきや、今度は崖際で下突きして落っこちる始末開始から17秒程で2ストック差になってしまう
すっかりやる気をなくしたのかその後も劣勢が続き、ダッシュAをダイブで対処されてはちの攻撃も喰らいバースト圏内に。
その後はステージ左上の台上でビームソードを取り、横スマビームソードで黒猫をバースト。ようやく1ストック目を奪う。
これで1ストック差になるも、ファルコンパンチの直撃で残り1ストック。再び2ストック差の状況に戻されてしまう。
絶望的と思われたが、黒光はスマッシュ攻撃を連発。既にソンソンしていた黒猫の2ストック目を奪い2100に持ち込む。
差を詰めた後は回転斬りで攻めていき崖キャンも披露。横スマを連打する黒猫の攻撃を見切り横スマビームソードを返す。
そして回転斬りを受けた黒猫がソンソンし、黒光は序盤で2回も事故を起こしたのに1ストック同士に追いついてしまった
そのままダメージも逆転したが、崖を背にした場面で前投げ。黒猫に復帰され浦安→メテオ→後ろ投げのコンボを受ける。
黒光は崖に捕まることもタル大砲に入ることもできず、結局は1ストック差で敗北。表彰台には上がれず4位となった。
最後の試合で散々やらかした挙句、途中から逆転勝利を期待させておいて負ける辺りやはり一流のヒール選手である

また第13回大会を通してすべての試合で3本目にもつれ込む大接戦を演じることとなった。
表彰台こそ逃したものの、相方の純白共々大会を大いに盛り上げてくれた事は間違いないだろう。


第14回+第14回-

そして次の大規模大会の第14回にも参加。

Bブロックから登場し、初戦は同期である迅雷ワンダとコンゴジャングルで戦うことに。
序盤から果敢に攻め、ワンダをあっという間にバースト圏内に追い込むが、スマッシュ攻撃を連発され反撃を受ける。
崖際でガメーを出したせいもありドリルからの下Bも受けた後は下突きで先制するも、下スマで飛ばされ復帰できず3300に。
復活後は回転斬りで自滅しかけるもワンダの攻撃で逆に助かり、マキシムトマトで回復して大きなダメージ差をつける。
ところがワンダの弱パン投げで追い出された挙句ブーメランを投げてソンソン。回復分のリードを台無しにしてしまう。
回転斬りで2ストック同士に持ち込んだ後も劣勢が続いていたが、ダメージ100%近くの状態から怒涛の攻撃で追い上げる。
箱を持ち上げたワンダを奇襲してビームソードを入手し、下Bをシールドで凌ぎきり横スマビームソードでワンダを撃墜。
しかし復活したワンダから即座に下スマを受け1100。再びビームソードを拾うもモーションセンサー爆弾を仕掛けられる。
そしてワンダの突撃で強引にモーションを起爆されてしまい、復帰力の低さが響いてバースト。1ストック差で敗北した。

2戦目の相手はこれまた同期の綺麗なゲイ。ステージは再びコンゴジャングルが選ばれた。
序盤からゲイを押していきリード。二連崖キャンで高速で降りたりレイガンをひたすら下投げしたりしつつ差を広げていく。
タルを持ち上げたゲイを回転斬りで吹っ飛ばし、ラーイライを繰り出して先制。復活したゲイに頭を連発されるが耐える。
その後事故りかけたゲイがタル大砲で復帰すると、上下の突きからの後ろ蹴りでゲイを追い出し回転斬りでジャンプ狩り
これで2ストック目を奪うことに成功。ゲイの上スマや空中攻撃も耐え、ステージ右上での起き攻めで更に差を広げていく。
PKサンダー体当たりもかわしたがビームソードで場外に放り出され、復帰したところに空中前Aを喰らい遂にバースト。
残り3ストックになるも下突きでゲイを撃墜。残り1ストックに追い詰め、モーションセンサー爆弾を上に投げて仕掛ける。
ところが復活直後のゲイに攻撃しようとして上スマを受け、そのままモーションに接触してバーストしてしまい1200
下突きや回転斬りで攻めるも上強→後ろ蹴りで追い出され、復帰直後にダッシュAを喰らい1ストック同士で並ぶことに。
それでも下突きでゲイを飛ばすと、体当たりの後隙に回転斬り。そのままゲイの復帰に合わせて回転斬りを当て続ける。
そして3回目の回転斬りをした際そのまま場外へ飛び出してしまい、自滅で敗北すると思われたがタル大砲に入り生還
逆に追い出され続けていたゲイが復帰できずにバーストし決着。回転斬りや下突きをうまく使い1ストック差で勝利した。

3戦目の相手は∫アルティライトねこ。ステージはピーチ城上空となりお互い事故が怖い組み合わせに。
下突きや横スマ、回転斬りで攻め立て、ねこが復帰中に三角コーナーに引っかかり先制。そのままリードを広げていく。
やがてまるまる1ストック差になるが、両者の空中攻撃が相打ち。ジャンプをなくした黒光は復帰できず3ストック同士に。
復活後は2人で取りたい取りたいを繰り返した後マキシムトマトで回復。上突きでねこを星にし3200の状況に持ち込む。
その後はカビゴ之助の攻撃を2回受けたが復帰。何度かブーメランにヒップドロップを合わせられるも最後まで耐えきる。
更に回転斬りや下スマで押していくが、スターを回避したせいで後ろ蹴り壁当てで場外へ追い出され2ストック同士に。
それでもスターミーの援護をお断りしつつ回転斬りでねこを撃墜。今度は2100となるが復活したねこに押されてしまう。
……と思いきや、勢い余ったねこがぺろんちょで事故を起こし自滅。何はともあれ2ストック差で勝利することができた。

4戦目の相手は食えないプリンとろけるヨシオ。ステージはハイラル城が選ばれる。
序盤落ちかけつつもとろシオを一方的に押していき、上スマからの上突きで先制。4300とまるまる1ストック差の状況に
そのままリードを広げようとするが、何度も竜巻に巻き込まれた後にとろシオに追撃され、反撃の下突きもかわされる。
その後はボム兵を投げつけるも、案の定お互い爆発に巻き込まれて3200。結果的に1ストックリードのまま試合が進む。
復活後ははたくや空中上を受けた後下突きを上強で防がれ、回転斬りや横スマを返すがとろシオにはちを繰り出される。
はちの攻撃でダメージ100%超えになった上にとろシオにジャンプを狩られ、復帰できず2ストック同士になってしまう
更にとろシオにスターまで取られ、無敵中に追い上げを受けた挙句後ろ投げでバーストまさかの逆転を許してしまった
バンパーもかわされるも、うたうの隙に下突きを決め1ストック同士。2連上スマからの回転斬りでダメージ差も取り返す。
竜巻で飛ばされた後は下突きを当てたが、とろシオの空中上と相打ちになった上に飛ばす方向も悪く耐えられてしまう。
そしてとろシオが投げたカプセルが爆発。直接バーストはしなかったが復帰が届かず、予想外の敗北になってしまった

5戦目の相手は悪魔の下目使い。第10回同様予選の最終戦で戦うことになり、ステージはプププランドに。
上スマから上突きに繋げ、剣やブーメランでリード。モーションセンサー爆弾を中央台に仕掛け後ろ蹴りで接触させた
先制するが後ろ蹴りで追い出された後に上スマを喰らい、ストーン中の下目に下突きを使ってしまい空中NAを返される
状況は3300になるも、今度は下目が仕掛けたモーションを利用。ダメージ差を広げると下目にスターロッドを投げ当てる。
これはギリギリ復帰され、回転斬りで撃墜するもタルの爆発でダメージを負い、下目に空中NAを裏当てされてしまう
2200とまたも仕切り直し。ブーメランを活用しつつ下目と互角に殴り合い、ストーン解除直後に下突きを当て撃墜する
ところが復活した下目にストーンで潰されてしまい、遂に1100の状況にもつれ込むも復活早々下突きを2ヒットさせた。
空中攻撃や横スマで押されるが回転斬りを返し、吸われるがバーンナックコンボを妨害し下突きで下目を場外へ飛ばす。
しかし下目に耐えられて復帰されてしまい、無敵中の攻撃は凌げたが、上突きが間に合わずストーンの直撃でバースト
熱戦を繰り広げたがリードを広げきれなかったことが響いてリベンジを許し、2勝3敗の5位で予選敗退となってしまった。
更にその後純白が延長戦で勝利を収め3位通過したことで、黒光は第14回で唯一1次予選落ちしたリンク勢になってしまう


世代対抗戦~第15回+世代対抗戦~第15回-

世代対抗戦では、中堅として第十回勢の動物園のウシと戦う事に。それまで二連敗して選出者が吹っ切れたのか黒光に乗っ取られたのか後がない状況で出場。

ステージはプププランド。案の定と言うべきか自滅を披露。しかも二回も。それでもなおリーチの差を押しつけ勝利、ハラハラさせる展開で視聴者や第三回勢の胃に嫌がらせをしながらも第三回勢の首を繋げる事に成功した。

しかし、大将戦までもつれこんだ結果第三回勢のゲンが敗北、第三回勢は敗退という結果になった。

ちなみに副将戦では奇跡のヨシオが選ばれていたが、案の定wikiや動画コメントでは黒光が選出した事にされていた。

 

第11回・第13回から続いて第15回にもランダム抽選で出場が決定。(ちなみに転校生も選ばれていた)
[自称]妹とタッグを組んで「妹の黒光」という危ない名前で参加し、初戦の相手は「闇討ち」となった。
ステージはハイラル城が選ばれると、試合開始早々に右の凹み部分に移動しながら四人そろって攻撃の当てあいに。
しかし通り魔が召喚したガメーで相方と共に崖外に追い出され、自身は何とか復帰したがその後NAでバースト。
復帰直後に出現したハンマーを取得し、味方諸共吹っ飛ばしたことで総ストック数を並べることに成功していく。
右の崖で不動状態になりつつ回転切り等を決めるも、カオスな展開からダーク内藤メテオで残り2ストックに。
妹と共に通り魔を囲んで%を溜めていたが、ここでまさかの妹がジャンプを狩られてしまったことで大ピンチの状況。
相手チームの的確なコンビプレーで1ストックまで追い詰められ、ハートのうつわを釣りにしながら回復に成功。
通り魔を撃墜したことで逆転の可能性も見えたが、内藤の粘りで思うように撃墜出来なかったために惜しくも敗北した。


合外での活躍と悪行+-例のヒールキャラ

第3回で決勝トナメに出たのにも関わらず自滅祭りをしたからか、もし幻想杯準決勝で敗北していればリンク同士の熱いリベンジマッチが見られたからなのか、なにかと期待には応えないがその真逆を実現することに突き抜けている。そんな戦歴やダークリンクを連想させる名前の雰囲気から、もっぱら邪心マグヌスよろしくCPUトナメ界きってのヒールとして定着してしまっている
イラストやSSでもそういったキャラとして扱われており、被害者は決まって転校生である。

尤も、よりによって幻想戦で幻想の兄コージと1ストック同士で並び、形勢が逆転した直後自滅で終了するあたり、黒光も完全に狙っているだろう。

第10回CPUトナメでは時折様々な事情で試合が延期されたり、試合順が入れ替わったりしていたのだが、
何故かそれらの対象となった試合に黒光が出場していることが多く、ちょくちょくネタにされていた。
そして第11回でも黒光の出場試合が延期されたばかりか、黒光のせいで遅れた」とP(ピー)に名指しされてしまった

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
邪心マグヌス 第3回(予選) 第1試合 プププランド
切れた脇役 第2試合
揺るぎなきたまたま 第3試合
無敵の転校生 第4試合
鳴りやまぬヨシオ 第5試合
♀幻のギルティースMkⅡ 第3回(決勝トナメ1回戦) プププランド
地上最強のチェマ 第1回幻想杯(2回戦) 惑星ゼーベス
㌦ポッター 第1回幻想杯(3回戦) ピーチ城上空
魔炎師ヤミノツルギ† 第1回幻想杯(準決勝) ヨッシーアイランド
揺るぎなきたまたま 第1回幻想杯(決勝) プププランド
幻想の兄コージ 第1回幻想杯(幻想戦) プププランド
卍黒きムッコロズ 第10回(予選) 第1試合 ピーチ城上空
一番繊細な部長 第2試合 プププランド
ドルコリン♪ 第3試合 ヤマブキシティ
絶望のリア・リエ 第4試合 惑星ゼーベス
悪魔の下目使い 第5試合 ピーチ城上空
戦芸人ナザレンコ 第10回(決勝トナメWINNERS側2回戦) ヤマブキシティ
歩く天下無敵 第10回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) いにしえの王国
絶望のリア・リエ 第10回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
新時代
ÅライムライトÅ
堕ちる純白
第11回(1回戦) ヤマブキシティ
学校に潜む少女
学校に潜む母
早すぎた少女チェントゥリオーネ
第11回(最弱決定戦) コンゴジャングル
男女の友情アリ派
神剣バスタード♂

♀幻のギルティ―スMkⅡ
第13回(1回戦1本目) コンゴジャングル
(チーム2-1〇)
詳しすぎた虫使い
詳しすぎた湖

天空の虫使いアントン
第13回(2回戦1本目) ピーチ城上空
詳しすぎた虫使い
詳しすぎた湖
天空の虫使いアントン
第13回(2回戦3本目) コンゴジャングル
(チーム2-1〇)
副旋律
∮シュバルツ∮

切れた脇役
第13回(準決勝1本目) コンゴジャングル
(チーム1-2✖)
アニャ犬・スカイウォーカー
◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡

犬のような黒猫
第13回(3位決定戦1本目) ハイラル城
アニャ犬・スカイウォーカー
◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡
犬のような黒猫
第13回(3位決定戦3本目) コンゴジャングル
(チーム1-2✖)
迅雷ワンダ 第14回(一次予選) 第1試合 コンゴジャングル
綺麗なゲイ 第2試合 コンゴジャングル
∫アルティライトねこ 第3試合 ピーチ城上空
とろけるヨシオ 第4試合 ハイラル城
悪魔の下目使い 第5試合 プププランド
第十回勢 動物園のウシ 第1回世代対抗戦(1回戦) プププランド ①(チーム2-3✖)
(中堅戦)
闇討ち
ダーク内藤
通り魔
第15回(1回戦) ハイラル城
リカエリス´中将´ 第16回(Bブロック2回戦) ハイラル城
満たされないヒーロー 第16回(Bブロック3回戦) コンゴジャングル
∫アルティライトねこ カラー対抗戦(2回戦) コンゴジャングル ①(チーム3-2〇)
(先鋒戦)
  通算 全37試合
(勝敗除外なし)
20勝17敗

 


twitter→ https://twitter.com/BlackShine_of_0

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NTVkYjg5N

転校生煽るだけの為に真面目に戦いやがったこいつ

返信
2022-10-07 21:44:47

名無し ID:ODA2MjI2N

ねこの豪運トマトを容赦なく潰していくあたりにヒールみを感じた

返信
2022-10-07 21:28:41

名無し ID:ZDgyODI1O

ボロ負けした転校生を煽るために真面目にやっただけで
決勝2-2で回ってきたら自滅オチで大会ぶち壊しかねないのが黒光

返信
2022-10-07 20:54:07

名無し ID:ZTVmMjE0N

先鋒にこいつを出すのは妙手だと思う。それこそ後がない中堅より(精神的な意味で)

返信
2022-10-07 20:51:19

名無し ID:OWVlMzIzO

実力自体は上位陣だけど勝ち負け考えずその場のノリでやりたいことをやってるイメージが有る
勝ったほうが面白いと思ったら真面目にやるからなこいつは

返信
2022-10-07 20:22:29

名無し ID:ZmIxM2RkM

いやいや皆さんこいつの本性は、ちょっといい動きをほめるとすぐに自滅芸人になるところですよ。
幻想杯しかり、第16回しかり、けっこう強めの相手に勝ってからのボロ負けっぷりがパターンですね。
もし黒が黄に勝てればおそらく青との準決勝ですが、こいつはウシとかリアリエとか天下無敵にぼこぼこに負けそう。

返信
2022-10-07 20:16:01

名無し ID:YmQyYzI4N
>> 返信元

たまたまに決まってるだろ!

返信
2022-10-07 20:11:49

名無し ID:ZWNhNjY5Y

黒光ににらみきかせてうまくセーブさせることのできる奴がチームに居る説
世代対抗戦とカラー別どちらも黒光と同じチームだったのはたまたまだけだと思うけどまさかね・・・

返信
2022-10-07 20:07:38

名無し ID:MjhmOWE3O

チーム戦だと真面目にしてる当たり、ふざけていい場面をわかってるのかな

返信
2022-10-07 19:59:03

名無し ID:ZWM1Yzk5Y

黒光はどちらかといえば、最低限の動きで敵を倒す感じかな

突っ込んできた相手を返り討ちにしたり、コスパバースト決めたりね

返信
2022-10-07 19:53:30

名無し ID:MDQyZmYwZ

味方がいる系の大会ではしっかり100出してくる感じ(世代対抗戦の時も0-2からの登場だったし)
逆に個人戦(特にリーグ戦)になると急に0~100でブレまくる印象
あとこいつの特徴は徹底的に最上位勢との対戦が無いって言う、所謂悪代官戦法が滅茶苦茶多い

返信
2022-10-07 19:51:55

名無し ID:NzZjNDdlN

戦闘スタイル自体は極めてオーソドックスなリンクの判定を押しつけるパワープレイヤーなんだよな、ヨッシーに強いのも剣技オンリーレベルムーブだし

コイツがヒール呼ばれるのは勝ち上がった先で大会に泥を塗るような負けを実行するからかな
試合そのものが劇場になるナザレンコや重要な進退を握るエロマスとは違った敗者をコケにする感じのムーブだから
芸人のようで芸人じゃない絶妙な塩梅の上にあると思う

返信
2022-10-07 19:50:20

名無し ID:NTNiNDg2M

世代対抗戦もそうだったが、こういう形式の大会ではそこまで悪さしてない気がする
相手に対してはヒールになるけど味方につけると話が違うのかもしれない

返信
2022-10-07 19:37:45

名無し ID:MmEyZDkyM
>> 返信元

ヒーラー

返信
2022-10-07 19:32:21

名無し ID:MmEyZDkyM
>> 返信元

それだとただのテクニシャンだし三強に勝った選手をボコすのは実力者だよ 実力者だけどうざい戦い方をするからプロレスに例えられてヒラーなんだしヒラー以上に的確な呼び名はない

返信
2022-10-07 19:31:14

名無し ID:YTMzNTY2O

エロマスは出力20で突然上限突破するタイプ

ナザレンコは上限100あるのに30〜70を常時ブレブレで出力してるタイプ

黒光は60の出力で55を常に出してきて偶に10出してくるタイプ

3回勢の地雷3強もタイプが違うんだよな

返信
2022-10-07 19:28:14

名無し ID:ZWM1Yzk5Y

上位勢であたってるのはリアリエ部長あたりか

最上位勢(最高レート1650超)とは一度も戦ったことがないという運の良さ?もある

返信
2022-10-07 19:26:07

名無し ID:ZDQ1Y2ZiZ

なんかナザレンコみたいなふざけ強キャラの逆で、実力自体は上位勢に劣るが誤魔化して上位に残ってるタイプに思う(いい意味で)

今日の試合とか特に安定感もありながら相手の弱点をつく立ち回りしてたし、明確な格上には勝てないけど爪痕を残して下には負けないイメージ

返信
2022-10-07 19:22:14

名無し ID:ZjIyYjIxN

火がつくと止められない、ねこに唯一安定して勝てるからな黒の中じゃ
投げてくる黄ネス普通に力負けした黄マリオは逆に殺されそうだし、他は出す程には役不足感があるからピンポイントで最適な使い方をされたと思う

返信
2022-10-07 19:19:31

名無し ID:ZWNhNjY5Y

黒チームとしては先鋒で黒光を出せたのは実は大きいか?
後半の方で出てくるとチームが勝ってるにせよ負けてるにせよなんかしでかしそうな奴だけに・・・

返信
2022-10-07 19:15:49