例の黒光 (LI)

ページ名:例の黒光

例の黒光

Illust:Ylit さん
Illust2:もみじまんじゅう さん
Illust3:ヴェッピィ さん
Illust4:BA-N無ック さん
黒光ぃ!

Profile
キャラクター リンク
カラー 第3回~: CPUレベル Lv.9
立ち絵 幻想杯~:空下
掛け声 第10回:上バースト
肩書き 第1回幻想杯:例の自滅 第10回:例のぶち壊し
●出場記録 ◯成績
第3回大会

予選:3勝2敗(残スト5) Cブロック3位通過

決勝トナメ:ベスト24 (1回戦敗退)

第1回幻想杯

優勝

幻想戦(エキシビションマッチ):敗北

第10回大会

予選:3勝2敗(残スト3) Fブロック1位通過

決勝トナメ:9位タイ (WINNERS側準々決勝敗退→LOSERS側4回戦敗退)

第11回大会

15位 (1回戦敗退→最弱決定戦:勝利)

チーム:自分殺し (例の黒光 & 20人目の味方殺し)

P(ピー)「ひぎぇ!すごい急降下ですぅ!!これ!」

第3回大会から登場した青リンク。命名時に変換ミスにより「例の黒光」と命名されるところであったが、視聴者に指摘され即時修正された。決してあのあれの事ではない。

Cブロック予選3戦終了時点で1勝2敗残ストック1という低調な滑り出しだったものの、迎えた無敵の転校生との同キャラ対決で3ストックを残す快勝。これが効いてブロック3位での予選通過を勝ち取った。しかし自ら勝ち取ったチャンスを決勝トーナメント1回戦における自滅連発で台無しにしてしまった。
もっとも、この当時は紅きポイゾネサスくんのほうが試合時間の短さなども相まって負け方的に目立っていたため、黒光の敗退にはあまり注目が集まらなかった。同期である煙草マスターの子の快進撃もまた黒光の存在感を失わせる要因となった。実際問題、第4回大会以降はしばらくお呼びがかからず、第6回では青リンク枠として△デロイ△が自身の代わりに出場した。 なお戦績は…。

出番が無い選手たちを集めた幻想杯が開催され、黒光もこれに参戦することに。

第1回幻想杯+幻想杯の黒幕-

幻想杯では「例の自滅」の肩書きを掲げ、実力があるとのことでシードを貰えた。勝ち上がってきた地上最強のチェマと戦い、緑甲羅やホームランバットの投擲を駆使してストックを奪い、余裕のある勝利を収めた。続く準々決勝の㌦ポッター戦においても冷静な立ち回りで常にストックをリードし勝利した。準決勝の相手は魔炎師ヤミノツルギ†。互いに1ストとなる接戦を繰り広げ、これを制し決勝戦へとコマを進めた。決勝の相手は自身が惨敗を喫した揺るぎなきたまたま。大量に出たモンスターボールを巧みに使用しリベンジに成功、見事幻想杯優勝の座に輝く。そして幻想の兄コージへの挑戦権を得たと同時に、第8回への出場権に王手をかけた。

遂に始まった最終戦の名は『幻想戦』。

序盤はコージのペースに押され気味だったものの、途中からギアが上がっていき、横スマビームソードや、上に投げた甲羅に下突きを当て上にあった甲羅にぶち当てると言うP(ピー)をも唸らせるコンボを見せる、だがさすがは幻想の兄。主催者の意地を見せ、1ストック同士へと持ち込む。

だがここから黒光の猛攻によって一気に展開が変わっていく。復帰したコージに怒涛の攻めを見せ、こちらは1%も貰わずにコージを場外に飛ばす。
これは決まった!と思ったのも束の間、コージに更なる追い打ちをかけるため回転斬りをした結果崖外に飛び出し、そのまま落下と言うまさかの自滅によって幻想杯は終わりを迎えた

P(ピー)「黒光のペースか完全に!!……回転斬りっ……ぇえ゛ぇ゛ッ!!?↑↑


第10回の出場アンケートでは51.8%とほかの青リンク勢の票数を圧倒的に上回る人気を獲得し、久しぶりに本選での出場が確定した。入ったのは死のブロックと言われるFブロック。

第10回予選 +第10回予選 -

初戦の相手は自身3度目の黒サムス、卍黒きムッコロズとなる。
所々良い動きは感じられたが相手のバ難(バースト困難)を感じさせない立ち回りと100%回復に大苦戦。
最後はやる気を無くし(?)回転切りで帰っていった。

2戦目一番繊細な部長戦も回転切りの最中に爆発する不運もあったが、アイテムを巧みに使い見事勝利。

3戦目ドルコリン♪と戦うことに。あれ?見覚えが…
しかし、まさかの事故が発生し試合が延期することに。視聴者にも嫌がらせしていく。
翌日改めて試合が行われたが、復帰の弱さを突かれたことと自滅癖が響き3ストック差で大敗してしまった。
1日待たせた挙げ句の試合内容がこれ。やはり嫌がらせに長けている。

4戦目はこの時点で唯一ブロック内予選通過を決めている絶望のリア・リエ
ステージに惑星ゼーベスが選ばれた上にモーションセンサー爆弾ばかりが出現し、試合は荒れに荒れる。
酸でバーストしかけるが、リア・リエが上に投げていたカプセルに当たって命拾い。意図せず1ストックリードとなる。
その後も無敵状態でモーションを起爆させたり、リア・リエが酸に浸かったりして1ストックリードが続いていた。
……が、3ストック目を最初から最後まで酸を喰らい続けて失い、1ストック同士になってしまう。
しかしリア・リエも酸とモーションでダメージを受けて差が広がり、最後はリザードンをリア・リエに直撃させて勝利。

最終戦の相手は自身と同じ2勝2敗2ストックの悪魔の下目使い。ステージは初戦と同じピーチ城上空。
序盤はやや押されてしまい、ティンクルのコスパで落とされそうになるがギリギリ復帰。上強で先にストックを奪う。
その後も相手のストーンをかわし、剣のリーチ・判定を活かし、逆転防止にアイテムを捨てながらリードを広げていく。
残り3ストックの状態で下目を残り1ストックに追い込むが、移動床で下スマによるコスパを決められ残り2ストックに。
しかし黒光は復活直後に下突きを使い、足場に戻ろうとした下目を着地前に奇襲。自滅しつつも強引に道連れを決めた。
この勝利によって3勝2敗の勝ち越しで予選通過を果たしたが、後の試合の結果なんと1位通過となってしまった。
最終戦でコスパが得意な下目に対しコスパの悪い道連れで勝利し、残ストック最小限のコスパで1位通過を果たすという
ある意味非常に彼らしい勝ち方で予選を終えることになった。決勝トナメもこのまま荒らすのか、それとも……

なお、大会型式がこれまでと同様の『予選通過可能なのは3位まで、同勝利数は残ストック優先』だった場合4位となり転校となるはずだった。ある意味で今大会のルールを最も悪用活用した選手と言える。

第10回決勝トーナメント +第10回決勝トーナメント -

予選を1位で通過したためシード権を獲得してしまい、決勝トナメでは2回戦から登場。
しかし相手はよりにもよって戦芸人ナザレンコ。更にステージはヤマブキシティとなり狙ったかのように問題児だらけに。
試合は激しい相殺合戦から始まるが、ラッキーのタマゴばくだんを攻撃してお互い爆発に巻き込まれる。
爆発から無事復帰しステージ左側で戦うが、復帰の回転斬りでビルを飛び越えてしまい早速いつも通り落ちる
復活後にハンマーでナザレンコを星にするが、再び左のビルに移動し、かと思いきや強引にジャンプして中央に戻る。
今度は何とか落ちずに安心、と思いきや今度はステージ右側で落ちそうになったり、急に不動になったりとやりたい放題。
ラーイライを召喚しナザレンコにダメージを与え、ヒトカゲの炎に巻き込まれつつもナザレンコに後ろ投げを決めアピール
……の直後に再び不動になり、復帰しようとしたナザレンコは左のビルをファイアフォックスで飛び越えて落ちる始末。
その後もナザレンコがこうらで大道芸をしたり、黒光が結局右でも落ちたりしつつも時折テクニックも見せつつ試合が進む。
終盤は下突きで自滅しそうになるがギリギリ復帰。ボム兵でのトドメを失敗してしまうが起き上がり攻撃→回転斬りで勝利。
お互いに珍プレーばかりと思いきや好プレーも行い、散々やらかしたにも関わらずゲーム中のスコアはどちらも自滅0
塩試合になりやすいヤマブキシティとしては珍しく、よくも悪くも見どころだらけの試合となった。

決勝トナメ準々決勝の相手は歩く天下無敵となったが、選ばれたステージはまたも問題児のいにしえの王国
嫌な予感しかしない中、天下無敵がリフト上で歩きながら自滅するが、黒光も全く同じ自滅をして見せ3ストック同士に
それからは地上戦となるが、PKファイヤーでダメージを稼がれた後に土管越しにヨーヨーを喰らい先にバースト。
復活後もPKファイヤーや弱パン投げを喰らい、リフト上でタルを持ち上げそのまま落下。後を追うように天下無敵も落下
その後更に天下無敵が事故って落下したことで1ストック同士になるが、最後は頭を決められてバースト。
相手が自分以上に事故を起こしたが、相手の自滅3以外にストックを削ることができず撃墜0で敗北。LOSERS側に回る。

またも1日待つことになったLOSERS側4回戦の相手は予選でも戦った絶望のリア・リエ。ステージはプププランドとなる。
が、試合開始直後に早速下突きで自滅していく。それでもリア・リエを押していき、上突きで3ストック同士に。
そのままハンマーを取るが、殆ど回避されてしまい逆転はできず。その後のボム兵はうまく避け、追い上げていく。
何故かいい勝負になっていたが、リア・リエにトマトで回復されて回転斬りを耐えられ、空中前Aでストックを落とす。
そしてリア・リエに2つ目のトマトも取られて差を広げられ、カプセルの爆発に相手を巻き込むが自分だけバースト。
残り1ストックの状態で2ストック差が付いてしまったが、リザードン召喚の隙を突き回転斬りでバーストさせる。
しかしそのリザードンと連携されて大ダメージを受け、最後はファイアボールを浴び崖下に激突。復帰できずに敗北。
白リンクより上の順位に行けて満足したのか、リベンジを達成され、待ち受ける強敵を避けるかのように敗退していった。


第11回

第11回にも参戦。黒光にとって初めてのチーム戦となり、20人目の味方殺しと「自分殺し」を結成した。
余談ではあるが、第10回で自身が負けた選手は誰一人参加していない。(全体ではたまたまが参加している。)

1回戦で「新時代」と戦うことになったが、第10回に続いて事故が発生し試合が延期されることに。
後日改めて試合が行われたが、選ばれたのは「ヤマブキシティ&レイガン」。案の定、開始早々に自滅する黒光
その後は味方や相手の復帰事故で撃墜数を稼ぎ、ライムライトにタマゴばくだんを投げ当て直接バーストも決める。
が、終盤に純白の後ろ蹴りで落とされた後、試合終了間際に再び自滅チーム名通り自滅で始まり自滅で終わる試合に……
その純白の活躍と味方殺しも自分殺しに走ったせいで大きくポイント差が付き、1回戦敗退となってしまった。

試合を延期させたせいで最弱決定戦出場が決定。一触即死や第10回を除くと最弱決定戦初のリンク勢である。
同期でもある「学校に潜む少女」と最弱を争うことになり、「コンゴジャングル&モーションセンサー爆弾」の環境で戦う。
序盤緊急回避の後に一瞬立ち止まったと思いきや、背後にあったチェントゥリのモーションを自ら踏みに行きバースト
復活後は味方殺しを介錯するが、直後に母の下スマで追い出された後ブーメランを投げてソンソンし早速失点してしまう。
その後は味方殺しと一緒に落ちそうになったり、今度は学校に潜む母のモーションでバーストしたりと劣勢に。
しかし試合中盤、味方殺しが一気に相手チームを撃墜。それに乗じて黒光も味方殺しのモーションで自爆し態勢を整える。
今度は学校に潜む母をモーションで落とすことに成功し、更に下突きで味方殺しのモーションにぶち当てる攻撃も行った。
最終的に自身のポイントは-2となったが、味方殺しの奮闘もあり勝利。幻想杯優勝者が最弱になるという事態は回避された。


第3回で決勝トナメに出たのにも関わらず自滅祭りをしたからか、幻想杯準決勝で負ければリンク同士の熱いリベンジマッチが見られたからか、なにかと期待には応えないがその真逆を実現することに突き抜けている。そんな戦歴やダークリンクを連想させる名前の雰囲気から、もっぱら邪心マグヌスよろしくCPUトナメ界きってのヒールとして定着してしまっている
イラストやSSでもそういったキャラとして扱われており、被害者は決まって転校生である。

尤も、よりによって幻想戦で自滅で終了するあたり、黒光も完全に狙っているだろう。

第10回CPUトナメでは時折様々な事情で試合が延期されたり、試合順が入れ替わったりしていたのだが、
何故かそれらの対象となった試合に黒光が出場していることが多く、ちょくちょくネタにされていた。
そして第11回でも黒光の出場試合が延期されたばかりか、黒光のせいで遅れた」とP(ピー)に名指しされてしまった

◯記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
邪心マグヌス 第3回(予選) 第1試合 プププランド
切れた脇役 第2試合
揺るぎなきたまたま 第3試合
無敵の転校生 第4試合
鳴りやまぬヨシオ 第5試合
♀幻のギルティースMkⅡ 第3回(決勝トナメ1回戦) プププランド
地上最強のチェマ 第1回幻想杯(2回戦) 惑星ゼーベス
㌦ポッター 第1回幻想杯(3回戦) ピーチ城上空
魔炎師ヤミノツルギ† 第1回幻想杯(準決勝) ヨッシーアイランド
揺るぎなきたまたま 第1回幻想杯(決勝) プププランド
幻想の兄コージ 第1回幻想杯(幻想戦) プププランド
卍黒きムッコロズ 第10回(予選) 第1試合 ピーチ城上空
一番繊細な部長 第2試合 プププランド
ドルコリン♪ 第3試合 ヤマブキシティ
絶望のリア・リエ 第4試合 惑星ゼーベス
悪魔の下目使い 第5試合 ピーチ城上空
戦芸人ナザレンコ 第10回(決勝トナメWINNERS側2回戦) ヤマブキシティ
歩く天下無敵 第10回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) いにしえの王国
絶望のリア・リエ 第10回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
新時代
ÅライムライトÅ
堕ちる純白
第11回(1回戦) ヤマブキシティ ✖️
学校に潜む少女
学校に潜む母
早すぎた少女チェントゥリオーネ
第11回(最弱決定戦) コンゴジャングル
  通算 全21試合
(勝敗除外なし)
12勝9敗

 


twitter→ https://twitter.com/BlackShine_of_0

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:YzY2OTJlN
>> 返信元

天下無敵はベスト6とかなり上位だったのに一切話題に上らなかったことかと思ってる

返信
2020-06-24 17:36:46

名無し ID:MGUwNGUyY
>> 返信元

卍は、ルーザー初戦から玄じぃだし♪はB行きだから
後は無敵に何かしらあるのかもね

返信
2020-06-24 17:31:36

名無し ID:NjczMTk3N

そういえば黒光に勝つとその後不幸な目に会うと言われるが… 1-1のリアリエはともかく
ムッコロ ドルコ 無敵は同カラーが一回戦を突破しているのでこの中から何か起きそう?

返信
2020-06-24 17:17:07

名無し ID:MDBlMzZhY
>> 返信元

こいつ視聴者の期待を裏切ることにすべてを賭けてる感じある

返信
2020-05-28 00:13:05

名無し ID:Y2VlNDA4Z

コンゴ+リンクという最高の組み合わせなのにあえてあまり活躍しなかったのは何かありそうだ
必要最低限の力で戦っているからなのか?

返信
2020-05-27 20:47:25

名無し ID:NGQwNGNhY

爆発アイテムに自爆で最弱を期待したがそこだけは外していく、これぞ黒光

返信
2020-05-27 19:38:36

名無し ID:MWE1ZGIwM

黒光の下突きコンボ...どこかで見たような...?

返信
2020-05-27 19:36:07

名無し ID:Njc2OTM3N

酷い自滅を繰り返すも相手がそれ以上に弱いせいでマグレ勝ちする未来が見える

返信
2020-05-27 13:30:31

名無し ID:Y2I2NGI5Z

ついでに爆発物引くだろこの流れ、俺は詳しいんだ

返信
2020-05-26 22:47:11

名無し ID:ZDJmNTM1N
>> 返信元

ヤマブキで前科持ちだしな…残りの可能性は一度しか出てないコンゴ、お決まり感のあるプププ

…どこ引いてもぶち壊す気しかしないなぁ

返信
2020-05-26 22:46:21

名無し ID:M2M3YWE0O

ヤマブキな確率が大だし同じ事しそうなんだよなぁ…

返信
2020-05-26 22:42:39

名無し ID:OGYyYjczN
>> 返信元

仮にもリンクだし相手チームの面子的にも普通に戦えば勝ちそうなもんだけど
そういうところで不意に裏切ってきそうで怖い

返信
2020-05-26 22:08:02

名無し ID:MzBiNjkxN
>> 返信元

一触即死ならsuko-ruさんが2回、
Bトナメを考えるならタバスコがいるな

返信
2020-05-26 19:28:41

名無し ID:YzY0YWI0O

今までの形式での最弱決定戦いったリンクはこいつが初ではなかろうか・・・

返信
2020-05-26 19:22:25

名無し ID:ODY5YjRkZ

こいつがビリケツになる気がしない
何故ならそういう奴だから

返信
2020-05-26 19:10:17

名無し ID:MDZlMmJmN

知ってた

返信
2020-05-26 19:05:27

名無し ID:NDczNGEwM

好き放題やって帰っていった…

返信
2020-05-18 21:01:43

名無し ID:NzNiMjEzM

無意味な急降下ブーメランでの開始13秒自滅と当てる気あった?レベルの回転斬りで残り1秒自滅
特に最後のやる気の感じられなさ、タッグになってもある意味ブレねぇなこいつ...

返信
2020-05-18 08:25:39

名無し ID:N2M0NGY3N

どうせ敗退するから最後に自滅してアピールしたんだろう()

返信
2020-05-18 02:33:15

名無し ID:MmI1MjAxM

最初と最後に無駄な自滅をかまして見せ場を作っていく姿はまさに黒光

返信
2020-05-17 19:21:15