ÅライムライトÅ (NE)

ページ名:ライムライト

ÅライムライトÅ

Illust:883 さん
素敵なイラストありがとうございます!

Profile
キャラクター ネス
カラー 第6回: CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:上B
掛け声 第8回決勝トナメ~:投げる時
肩書き 第1回幻想杯:初登場レベル8 第8回、第10回:新時代の光明
●出場記録 ◯成績
第6回大会

腹痛のため棄権

(邪心マグヌスが代理出場)

第1回幻想杯 ベスト8 (3回戦敗退)
第8回大会

予選:4勝1敗(残スト7) Cブロック1位通過

決勝トナメ:3位 (WINNERS側決勝敗退→LOSERS側決勝敗退)

第9回大会

9位(1回戦敗退→最弱決定戦3位)

チーム:ピカピカ (ÅライムライトÅ & ξ黒きBlack Joker∫アルティライトねこ)

第10回大会

予選:2勝3敗 (残スト4) Eブロック4位通過 (LOSERS側スタート)

決勝トナメ:25位タイ (LOSERS側1回戦敗退)

P(ピー)「新時代のネスが現れた!」

第6回大会から参戦する予定だったが、腹痛により棄権。代わりに邪心マグヌスが出場した。彼らの関係性は不明だが、一説によるとこの集団腹痛事件そのものがマグヌスが仕込んだものともいわれている(理由はマグヌスの選手ページに記載)。

幻想杯ではレベル8での参戦。相手は永遠のエース。レベル9相手にどう立ち回るのか。優勝しコージに勝てば出場枠が手に入り、マグヌスとの対決もあり得る。

幻想杯+誕生、レベル8勢-

試合では非常に果敢な攻めで永遠のエース相手に快勝した。レベル9のネスは空中戦において空中上(頭)をとにかく振るが、この試合では空中Nや空中後等レベル9にはない攻めのバリエーションを見せ、ネス勢特有のふわふわとした空中機動を打ち消す急降下を多用する過激な攻めを見せる。PKサンダーを単体の攻撃技としても使用し、エースが上空でバーストした際に誰もいないのに歓喜のPKサンダー体当たりを繰り出すなどの茶目っ気も見せた。

次の相手は無敵の転校生。設定ミスでアイテム無しという状況下でネス勢有利のプププランドという追い風を受け、転校生をバースト→ÅライムライトÅがバースト→転校生がバースト…と優勢の状態が続きストック1-2とÅライムライトÅの勝利が確実なものとなったように思われた矢先、ステージから落ち復帰に失敗する痛恨のミスを犯し、アドバンテージを失ってしまい転校生の勝利への執念に燃えた猛攻の前に破れ去った。

第8回+新時代の光明-

しかし、幻想杯での功績と人気から幻想化を免れ第8回にも参戦。同カラーのマグヌスから枠を奪い、一矢報いた形となった。
その予選では自身含めネスが3人固まるCブロックからの出場となり、4戦目の勝利をもって通過が確定(同ブロック内2人目、全体7人目での通過)。レベル8では最初の予選通過者となった。そして予選最終試合では今大会最初の予選通過者であり、CPUトナメ界最強クラスの☆爆走戦士エルバンとのミラーマッチに挑んだ。これまでの実績からエルバン有利かという下馬評を見事に覆し、怒涛の3スト残しで勝利を収めた。これにより予選成績がエルバンを上回り、決勝トーナメントでのシード権を獲得した。

レベル8勢唯一のシードを獲得し、戦うこととなったのはネスキラーの黒きBlack joker。完全な互角の試合を繰り広げ両者1ストックの100%越えとなる。そして最後はスターロッドブチあてで復帰距離が足りずにバースト。ネスキラーから1勝をもぎ取った。

準々決勝の相手は最強候補の玄酔楼となった。相手に一切攻撃の隙を与えない完璧な立ち回りで有利を取っていき、最後は下スマを当てて復帰が出来ずにバースト。新時代の恐ろしさを相手に与えた。

準決勝の相手、吐き気には同色の先輩のような目には合わず、危なげなく勝利を収める。

決勝戦は一度ギリギリの勝利を収めた堕ちる純白。コンゴジャングルでの戦い、今度は相手の完璧な立ち回りに苦しめられ、2ストック差つけられてしまう。タルを絡めた神がかった復帰を魅せるもかなわず、今後は2ストック残しで敗北。

LOSERSに回ってΦデスエンペラーの対決、アイテムが大暴れする中、相手の的確な攻撃に焦ったか、空上を振りまくり、しまいにはボム兵に下スマを当ててバーストしてしまう。新時代の光明は3位という結果で終わった。

第9回+腹痛組唯一の…-

第9回には腹痛組唯一の参戦。最古参の二人とピカピカを結成。ナザレンコと召喚士とバトルする。エルバンが大暴れしたため荒れるのを恐れたか、上B放棄をしてしまう。その後もハンマーを取るが召喚士の巧みな立ち回りに2位をとってしまう(ナザレンコは勝手にアフォりました)。チームの成績は芳しくなく前回3位を取ったのにも関わらず最弱決定戦に呼ばれてしまうことに(1位も呼ばれてたけど)。最弱決定戦ではデスエンとドルコリン♪という最弱決定戦とは思えない豪華メンツで戦うことに。試合では全員がボム兵で自爆したがそれは特に関係なく2位に。次の試合でBJも2位を取り全チーム4ポイントで最終戦を迎えることに。3試合目はティーダが間違えて出場し、取り直し案件となった。最終試合、ねこがまさかまさかの3位をとってしまいクソビリに。第8回の結果を知っていれば非常に悲しい結末となってしまった。


第10回では再び優勝目指して参戦。死のブロックと謳われるEブロックに入ることになった。

第10回+第10回-

初戦の相手は切れた脇役、ステージは苦い思い出があるコンゴジャングルに。1ストック目、vs転校生でもみたような自滅をしてしまい先にストックを落とすことに。2ストック目、脇役をバーストさせた後PKサンダー体当たりを崖方向に決め自滅。しかし、その後はストックを落とすことなく脇役を圧倒し勝利。なにはともあれ白星スタートとなった。

2戦目の相手は紅きポイゾネサスくん。第8回の3位と4位が激闘する豪華マッチとなった。
しかし、ステージはまさかの惑星ゼーベス。ネスの復帰的に酸がかなり避け辛く、また重量的にポイゾネサスくんよりバーストしやすいのが響き2ストック残しで敗北してしまった。

3戦目の相手は煙草マスターの子。ステージはコンゴジャングルとなる。
激戦が予想されたが、試合開始早々にタバスコが事故で2ストックを失ってしまい優位に立つ。
その後タバスコにホームランされ、自身も事故りかけるが復帰。最終的に2ストック奪われたが勝利し、予選通過を決めた
ちなみにこの試合で幻想杯勢では初の10勝目に到達した。

4戦目の相手は地上最強のチェマ。ステージはあのいにしえの王国に。
ステージ右側の土管を活用し、P(ピー)から感心される。ネス対ルイージの相性もあってか押している場面が多かった。
しかし4ストック中3ストックをステージ中央の穴に落ちて失うという大事故っぷりが響き、惜しくも1ストック差で敗北。
2戦目の惑星ゼーベス同様に、PKサンダーを攻撃に活用する立ち回りが裏目に出てしまったとも言える。

最終戦の相手は20人目の味方殺し。ステージは第8回のBJ戦と同じハイラル城となる。
序盤はほぼ互角の展開だったものの、後ろ投げで倒しきれなかったことが響きイワークを召喚されてバースト。
そのまま回復もされてしまうが反撃し、味方殺しを竜巻で星にする。その後も粘りつつ追い上げ2ストック同士に。
しかし高所の竜巻に尻尾で放り込まれ、今度は自分が竜巻でバースト。残り1ストックとなってしまう。
最後はステージ右側で戦うが、仕掛けたモーションで自爆した上にガメーによって場外へ追い出され、復帰できずに敗北。
予選通過は決めていたものの、勝ち越しはできずに2勝3敗。4位通過となった。

LOSERS側1回戦の相手は絶望のリア・リエ。前日のエルバン同様に勝利したいところだが、選ばれたのはピーチ城上空。
試合序盤、リア・リエを箱ごと攻撃してしまい箱が爆発。リア・リエには緊急回避でかわされ自分だけバーストしてしまう。
思わぬ形で先制を許しつつも喰らいついていくが、リア・リエの的確な攻撃で先に残り1ストックに追い込まれる。
逆転を狙いたいところであったが、リア・リエの投げた箱をガードした弾みで落下。2ストック差で敗北してしまった。
第8回は3位だったが、第10回では個性的なステージに対応しきれておらず、今後に向けた課題が残る形になった。


第8回予選堕ちる純白戦にてモンスターボールからミュウを繰り出した。CPUトナメでミュウを出現させたのは第3回予選幼き弟のソーセージ以来、二人目。さらに同大会決勝トナメLOSERS決勝戦でもミュウを繰り出しており、全選手で唯一2回ミュウを出現させている。

Aの上に◯が付いたような記号の名前は「オングストローム」。1Å=10-10mであり、非常に短い長さを表す単位である。例によってこのシリーズでは発音されない。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
永遠のエース 第1回幻想杯(2回戦) ヨッシーアイランド
無敵の転校生 第1回幻想杯(3回戦) プププランド
有の無限モルダー 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
堕ちる純白 第2試合 プププランド
悲しみのパターソン 第3試合 ハイラル城
㍍アルザーク 第4試合 プププランド
☆爆走戦士エルバン 第5試合 プププランド
ξ黒きBlack Joker 第8回(決勝トナメ2回戦) ハイラル城
玄酔楼 第8回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) プププランド
3億ドルの吐き気 第8回(決勝トナメWINNERS側準決勝) ハイラル城
堕ちる純白 第8回(決勝トナメWINNERS側決勝) コンゴジャングル
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメLOSERS側決勝) ハイラル城
クソザコ芸人
(ヨシオくん
戦芸人ナザレンコ
Dr.神様)
第9回(1回戦) プププランド 自身:2位(2pt)
チーム:3位(4pt)
こき使い
(悪魔の下目使い
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士)
DCB64
(ドルコリン♪
ちょこにゃ
バルザードたん)
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:2位(2pt)
チーム:3位(5pt)
真っ黒デス
(Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト)
切れた脇役 第10回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
紅きポイゾネサスくん 第2試合 惑星ゼーベス
煙草マスターの子 第3試合 コンゴジャングル
地上最強のチェマ 第4試合 いにしえの王国
20人目の味方殺し 第5試合 ハイラル城
絶望のリア・リエ 第10回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ピーチ城上空
  通算 全20試合
(勝敗除外2試合)
10勝8敗

 


twitterhttps://twitter.com/A_limelight_A

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:M2EwMGZmM

まだマジカント攻略前のネスって感じがする

返信
2019-11-14 20:17:55

名無し ID:ZjYzMGRkN
>> 返信元

2スト同士に即座に追いついた局面なんか見ても、ネスの爆発力をそれなりに発揮できている場面もあった。
ネス自体、判定と撃墜力の強さを押し付けていられる間は一方的なまでに強く見える一方、
自身の軽さや事故りやすさを突かれると脆いから、勝ち試合と苦戦・負け試合で動き・強さの評価が極端になりがちかも。

一時はヘイトが溜まるほど特定環境で強さを見せたキャラだし、対マリオも基本は有利なはずとか、個人でも第8回で3位まで行ったとか、ハードルが上がってた分の反動もあるかね。

返信
2019-11-11 19:13:19

名無し ID:ZjYzMGRkN

まぁ昨日の負けに関しても、リアリエの強さ巧さを褒めこそすれ、ライムラの評価を落とすほどではないかな。
エルバンもマグヌスも洗礼を受けたことのあるピーチ城だし。移動床が特に運要素強くて、似たような吹っ飛ばされ方や中央スペースからのずり落ち方でも、床の位置次第で助かったり助からなかったりと結果が極端になりがち。

リアリエの空前とかは他ステージなら撃墜取るまでにそれなりの蓄積が必要だけど、移動床との噛み合いでコスパ良かったな。上のガタガタした床の斜め部分では横スマが増えるって話もあるし、ステージ適正をうまく活用できてた。

返信
2019-11-11 19:13:12

名無し ID:OWM0YTIxM
>> 返信元

幻想杯で活躍して本大会で活躍できなかったならまだ分かる例えだが、
実際には大型の本大会で3位獲ってるわけだし(むしろ幻想杯の方が活躍してない)、
動きが落ちぶれたとかでもなく、ルール・環境の違い+くじ運でしかないと思うけどな。

例えばテニスのハードコート・グラスコート・クレイコートでも得意不得意が変わってくるし、
どの環境でもコンスタントに結果を残してるのが強いって見方もある一方で、
ある環境に特化して強い選手が評価される見方だって充分成立すると思う。
そもそも無理に何かに例える必要も皮肉る必要もないけど

返信
2019-11-11 18:41:19

名無し ID:ZmRmNzlmN
>> 返信元

イメージ的には新人特別賞(新人王自体は純白)でその次の年大不振に陥ってる感じの選手だな
8回ではトップクラスに勝利してたし
選手で言うと元オリックスの小松的な感じ

返信
2019-11-11 18:16:33

名無し ID:MjBmNDMzM
>> 返信元

さいてょかな?

返信
2019-11-11 17:28:25

名無し ID:MTU3MGJlO

甲子園で大活躍してたけどプロデビューしたら鳴かず飛ばずな感じになってきた…

返信
2019-11-11 02:36:35

名無し ID:ZTM1ZjRjN

敗退とは関係ないが、ライムライトのベストバウトは未だにvs無敵の転校生戦だと思ってる

返信
2019-11-10 23:34:23

名無し ID:NDI5NWI0M

動きはいいがやっぱり経験の差が違うか
頭だけじゃなくてステージ外に積極的に出そうとしたのはよかったんだが

返信
2019-11-10 23:14:07

名無し ID:ZTM1ZjRjN

予選から勝つべき相手には少なくとも勝ってたはず
ステージ全ありで勝てそうな試合でいにしえ、ピーチ城引いたのがキツかった
第8回みたいな調子がポンポン続くわけないし次にまた期待やな

返信
2019-11-10 23:12:14

名無し ID:ZmU2NGYzM
>> 返信元

キツかった予選はちゃんと突破してるし全敗勢と並べる位置にはまだないと思うけどな。次予選なら3連敗とかトナメなら有利めキャラに初戦敗退とかないと

返信
2019-11-10 21:05:59

名無し ID:MGViMWZhM

これは勇者タバスココースか?

返信
2019-11-10 20:41:02

名無し ID:MmM3MzRlY

今大会は振るわなかったな。ドンマイ。

返信
2019-11-10 20:34:33

名無し ID:MDcwOGIwZ

プププやハイラル以外のステージでの立ち回りが課題になったな…
とはいえ第八回の強さは本物だった、また次の大会で暴れてほしいぜ

返信
2019-11-10 20:33:00

名無し ID:YzZhZGU2Y

あっちの方でマグヌスがほくそ笑んでそう
ネス勢の中でもルール的に最も割を食いそうだとは思ってたけどまさかのクソステ四天王にリーチをかけるとはな

返信
2019-11-10 20:28:04

名無し ID:NDg2ZDlhZ

最後の箱による事故でやられちまったな・・・

返信
2019-11-10 20:23:00

名無し ID:YTA1ZDg2M

新鮮味から参戦して来たがここにきて壁に当たって来たな エルバンは兎も角ゲイか無敵は確定でW8強だから自然と大会中は空気化するだろうし、中規模の2枠目も安泰とは言えないし、その後出てくるであろうマグヌスの登板結果次第ではうかうかしてられないな

返信
2019-11-10 20:19:42

名無し ID:NTQ0ZmQzN

ライムライトの(良くも悪くも)自由奔放なスタイルが大好きなだけに残念…

返信
2019-11-10 20:14:25

名無し ID:YTVmZjA4N

最後はまさかの滑落死・・・

返信
2019-11-10 20:10:44

名無し ID:NmVkZThhM

新参と古参の経験の差が出たかのような試合だった

返信
2019-11-10 20:10:22