ÅライムライトÅ (NE)

ページ名:ライムライト

ÅライムライトÅ

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust:883 さん
素敵なイラストありがとうございます!

Profile
キャラクター ネス
カラー 第6回: CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:上B
掛け声 第8回決勝トナメ~:投げる時
肩書き

第1回幻想杯:初登場レベル8

第8回、第10回、第12回、第1回記号杯、第14回:新時代の光明

●出場記録 ◯成績
第6回大会

腹痛のため棄権

(邪心マグヌスが代理出場)

第1回幻想杯 ベスト8 (3回戦敗退)
第8回大会

予選:4勝1敗 (残スト7) Cブロック1位通過

決勝トナメ:3位 (WINNERS側決勝敗退→LOSERS側決勝敗退)

第9回大会

9位 (1回戦敗退→最弱決定戦3位)

チーム:ピカピカ (ÅライムライトÅ & ξ黒きBlack Joker∫アルティライトねこ)

第10回大会

予選:2勝3敗 (残スト4) Eブロック4位通過 (LOSERS側スタート)

決勝トナメ:25位タイ (LOSERS側1回戦敗退)

第11回大会

ベスト8 (2回戦敗退)

チーム:新時代 (ÅライムライトÅ & 堕ちる純白)

第12回大会 ベスト8 (準々決勝敗退)
第1回記号杯 ベスト15 (2回戦敗退)
第14回大会 一次予選:

P(ピー)「新時代のネスが現れた!」

第6回大会から参戦する予定だったが、腹痛により棄権。代わりに邪心マグヌスが出場した。彼らの関係性は不明だが、一説によるとこの集団腹痛事件そのものがマグヌスが仕込んだものともいわれている(理由はマグヌスの選手ページに記載)。

幻想杯ではレベル8での参戦。相手は永遠のエース。レベル9相手にどう立ち回るのか。優勝しコージに勝てば出場枠が手に入り、マグヌスとの対決もあり得る。

サワムラーと混同してしまうためP(ピー)はÅライムライトÅを「ライライ」と略されるのが好きではない。

幻想杯+誕生、レベル8勢-

試合では非常に果敢な攻めで永遠のエース相手に快勝した。レベル9のネスは空中戦において空中上(頭)をとにかく振るが、この試合では空中Nや空中後等レベル9にはない攻めのバリエーションを見せ、ネス勢特有のふわふわとした空中機動を打ち消す急降下を多用する過激な攻めを見せる。PKサンダーを単体の攻撃技としても使用し、エースが上空でバーストした際に誰もいないのに歓喜のPKサンダー体当たりを繰り出すなどの茶目っ気も見せた。

次の相手は無敵の転校生。設定ミスでアイテム無しという状況下でネス勢有利のプププランドという追い風を受け、転校生をバースト→ÅライムライトÅがバースト→転校生がバースト…と優勢の状態が続きストック1-2とÅライムライトÅの勝利が確実なものとなったように思われた矢先、ステージから落ち復帰に失敗する痛恨のミスを犯し、アドバンテージを失ってしまい転校生の勝利への執念に燃えた猛攻の前に破れ去った。

第8回+新時代の光明-

しかし、幻想杯での功績と人気から幻想化を免れ第8回にも参戦。同カラーのマグヌスから枠を奪い、一矢報いた形となった。
その予選では自身含めネスが3人固まるCブロックからの出場となり、4戦目の勝利をもって通過が確定(同ブロック内2人目、全体7人目での通過)。レベル8では最初の予選通過者となった。そして予選最終試合では今大会最初の予選通過者であり、CPUトナメ界最強クラスの☆爆走戦士エルバンとのミラーマッチに挑んだ。これまでの実績からエルバン有利かという下馬評を見事に覆し、怒涛の3スト残しで勝利を収めた。これにより予選成績がエルバンを上回り、決勝トーナメントでのシード権を獲得した。

レベル8勢唯一のシードを獲得し、戦うこととなったのはネスキラーの黒きBlack joker。完全な互角の試合を繰り広げ両者1ストックの100%越えとなる。そして最後はスターロッドブチあてで復帰距離が足りずにバースト。ネスキラーから1勝をもぎ取った。

準々決勝の相手は最強候補の玄酔楼となった。相手に一切攻撃の隙を与えない完璧な立ち回りで有利を取っていき、最後は下スマを当てて復帰が出来ずにバースト。新時代の恐ろしさを相手に与えた。

準決勝の相手、吐き気には同色の先輩のような目には合わず、危なげなく勝利を収める。

決勝戦は一度ギリギリの勝利を収めた堕ちる純白。コンゴジャングルでの戦い、今度は相手の完璧な立ち回りに苦しめられ、2ストック差つけられてしまう。タルを絡めた神がかった復帰を魅せるもかなわず、今後は2ストック残しで敗北。

LOSERSに回ってΦデスエンペラーの対決、アイテムが大暴れする中、相手の的確な攻撃に焦ったか、空上を振りまくり、しまいにはボム兵に下スマを当ててバーストしてしまう。新時代の光明は3位という結果で終わった。

第9回+腹痛組唯一の……-

第9回には腹痛組唯一の参戦。最古参の二人とピカピカを結成。ナザレンコと召喚士とバトルする。エルバンが大暴れしたため荒れるのを恐れたか、上B放棄をしてしまう。その後もハンマーを取るが召喚士の巧みな立ち回りに2位をとってしまう(ナザレンコは勝手にアフォりました)。チームの成績は芳しくなく前回3位を取ったのにも関わらず最弱決定戦に呼ばれてしまうことに(1位も呼ばれてたけど)。最弱決定戦ではデスエンとドルコリン♪という最弱決定戦とは思えない豪華メンツで戦うことに。試合では全員がボム兵で自爆したがそれは特に関係なく2位に。次の試合でBJも2位を取り全チーム4ポイントで最終戦を迎えることに。3試合目はティーダが間違えて出場し、取り直し案件となった。最終試合、ねこがまさかまさかの3位をとってしまいクソビリに。第8回の結果を知っていれば非常に悲しい結末となってしまった。


第10回では再び優勝目指して参戦。死のブロックと謳われるEブロックに入ることになった。

第10回+第10回-

初戦の相手は切れた脇役、ステージは苦い思い出があるコンゴジャングルに。1ストック目、vs転校生でもみたような自滅をしてしまい先にストックを落とすことに。2ストック目、脇役をバーストさせた後PKサンダー体当たりを崖方向に決め自滅。しかし、その後はストックを落とすことなく脇役を圧倒し勝利。なにはともあれ白星スタートとなった。

2戦目の相手は紅きポイゾネサスくん。第8回の3位と4位が激闘する豪華マッチとなった。
しかし、ステージはまさかの惑星ゼーベス。ネスの復帰的に酸がかなり避け辛く、また重量的にポイゾネサスくんよりバーストしやすいのが響き2ストック残しで敗北してしまった。

3戦目の相手は煙草マスターの子。ステージはコンゴジャングルとなる。
激戦が予想されたが、試合開始早々にタバスコが事故で2ストックを失ってしまい優位に立つ。
その後タバスコにホームランされ、自身も事故りかけるが復帰。最終的に2ストック奪われたが勝利し、予選通過を決めた
ちなみにこの試合で幻想杯勢では初の10勝目に到達した。

4戦目の相手は地上最強のチェマ。ステージはあのいにしえの王国に。
ステージ右側の土管を活用し、P(ピー)から感心される。ネス対ルイージの相性もあってか押している場面が多かった。
しかし4ストック中3ストックをステージ中央の穴に落ちて失うという大事故っぷりが響き、惜しくも1ストック差で敗北。
2戦目の惑星ゼーベス同様に、PKサンダーを攻撃に活用する立ち回りが裏目に出てしまったとも言える。

最終戦の相手は20人目の味方殺し。ステージは第8回のBJ戦と同じハイラル城となる。
序盤はほぼ互角の展開だったものの、後ろ投げで倒しきれなかったことが響きイワークを召喚されてバースト。
そのまま回復もされてしまうが反撃し、味方殺しを竜巻で星にする。その後も粘りつつ追い上げ2ストック同士に。
しかし高所の竜巻に尻尾で放り込まれ、今度は自分が竜巻でバースト。残り1ストックとなってしまう。
最後はステージ右側で戦うが、仕掛けたモーションで自爆した上にガメーによって場外へ追い出され、復帰できずに敗北。
予選通過は決めていたものの、勝ち越しはできずに2勝3敗。4位通過となった。

LOSERS側1回戦の相手は絶望のリア・リエ。前日のエルバン同様に勝利したいところだが、選ばれたのはピーチ城上空。
試合序盤、リア・リエを箱ごと攻撃してしまい箱が爆発。リア・リエには緊急回避でかわされ自分だけバーストしてしまう。
思わぬ形で先制を許しつつも喰らいついていくが、リア・リエの的確な攻撃で先に残り1ストックに追い込まれる。
逆転を狙いたいところであったが、リア・リエの投げた箱をガードした弾みで落下。2ストック差で敗北してしまった。
第8回は3位だったが、第10回では個性的なステージに対応しきれておらず、今後に向けた課題が残る形になった。


第11回+第11回-

変則タッグマッチの第11回では堕ちる純白と共に「新時代」を組んで参戦。

1回戦の相手は「自分殺し」。アイテムはレイガンが選ばれたが、ステージはよりにもよってヤマブキシティであった。
そして視聴者の不安通り、ビルの谷間に落下しPKサンダー体当たりを使えずバーストする事故を起こしてしまった。
しかしダメージの大きい純白を撃墜、レイガンで純白の爆弾を落とさせ爆破純白に吹っ飛ばされた後復帰せずに落下など
事故以外ではうまく立ち回り、スコアはマイナスながらもサポート面で貢献し勝利することができた。

2回戦の相手は第8回で自身が勝利した2人のタッグ「I AM ALCOHOL」。
「プププランド&ホームランバット」の環境で戦うことになるが、序盤にファルコンパンチの洗礼を受ける。
その後も玄酔楼の後ろ蹴りを受け、吐き気にホームランされたり、「ALCOHOL昇龍」の餌食になるなど押されてしまう。
終盤吐き気を後ろ投げで倒し、更にPKサンダー体当たりも狙うがシールドされ、逆転できずに敗退してしまった。


第12回+第12回-

第12回はレベル8勢限定大会となり、当然ÅライムライトÅも参戦。シード選手に選ばれる。
ところが自身の試合の前に他のネス勢が全滅してしまい、いきなり最後のネス勢として戦う羽目に。
2回戦の相手は最後のルイージ勢パジャマの革命家となったが、ステージは苦手なピーチ城上空が選ばれてしまう。
試合時間の短さもあり展開を不安視されたが、序盤から革命家を押していくと回復アイテムを独占し、急降下頭で先制。
復活した革命家にスターを取られるも40%ほどで凌ぎ、箱から出現した回復アイテム2種類とハンマーを再び独占する
ダメージを回復した上にハンマーで革命家のストックを2つ奪うことに成功し、1400という絶望的な大差をつけた。
最終ストックでも相手を寄せ付けず、4タテで快勝。ハンマー以外でも革命家を圧倒しプレッシャーに負けず勝利できた。

3回戦の相手は堅実なフォックス勢のリカエリス´中将´。ステージはヨッシーアイランドに。
序盤からPKファイヤーからの下スマを決めて中将を押していき、最上段の台座にモーションセンサー爆弾を仕掛ける。
結果、中将の繰り出したイワークの攻撃でモーションが起爆され予想外の形で先制。しかし自分も事故で落下してしまう。
3ストック同士で並びつつも中将にダメージを与えていくが、中将にハンマーを取られ先に2ストック目を失うことに。
それでも焦らず中将に攻撃を加え後ろ蹴りで撃墜。2270とほぼ五分の状況に戻すも、中将の空中上ループを受けてしまう。
……が、ファイアフォックスで突撃しようとした中将がそのままアフォックス。これまた思わぬ形でストック差がついた。
その後出現したマキシムトマトを取られたが、上強から下スマに繋げるなど攻め手を緩めず中将を追い込んでいく。
そして2つ目のマキシムトマトが出現。今度は下スマを喰らいつつも取ることに成功し、ストックダメージ両面でリード。
中将に再びの空中上ループから横スマで吹っ飛ばされるも復帰。最後はミドリのこうらを投げ当て2ストック差で勝利した。

準々決勝の相手は色々な意味で尖ったピカチュウ勢の突起物!ポンチコ。ステージはプププランドが選ばれる。
試合開始直後からいきなり怒濤のコンボを決めてリード。タルを投げた直後の突起物を掴んで前投げし先制する。
ところが、ウィスピーウッズの風と復活した突起物のでんげきで崖下に押し出されてしまい、まさかの3300
ライムライトも負けじと台上での下強連打によるシールドブレイクを披露したが、でんげきの連発で差を広げられていく。
後ろ蹴りからはギリギリ復帰するも、掴みを外した隙に下スマが直撃し残り2ストック。劣勢の展開が続くことに。
復活後追い上げを狙うが、相手の空中攻撃とコンボでバースト圏内。丸々1ストック差以上となるも何とか頭で撃墜する。
そしてトマトを取り五分に近い状況となるも、かみなりにPKファイヤーからの投げで反撃した直後2つ目のトマトが出現。
トマトを巡る攻防の末今度は突起物に取られ、でんげきを一度は吸収するが焼け石に水。再び押されてしまう格好に。
突起物の横スマとスターミーの同時攻撃で遂に残り1ストック。それでも諦めず反撃し、後ろ蹴りで1ストック同士に並ぶ。
かみなりをかわしPKファイヤーと投げを喰らわせ対抗するが、空中攻撃で受けたダメージは大きく追い詰められていく。
下スマを相殺するも上スマからの空中下を耐えきれずバースト。動きはよかったが激戦の末惜敗、ネス勢も全滅となった。


記号杯+記号杯-

第1回記号杯にも参加。第12回と同様シード選手に選ばれている。
2回戦で最古参サムスの㍍アルザークと戦うことになり、第8回予選以来の再戦かつ長さの単位対決が実現。
序盤は下スマや投げでアルザークを押していくが、マキシムトマトで回復されてしまった上にカビゴ之助もかわされる。
そのままスクリューアタックなどでダメージを稼がれ、下スマが当たらない位置から掴まれ後ろ投げで先制されてしまう。
復活後にボム兵を拾い、自分ごとアルザークを爆発に巻き込み3ストック同士に持ち込むと、頭を連発から追い上げを狙う。
その後ステージ左上の台に乗ったアルザークを攻撃するが、その弾みで事故ってソンソン。2ストック目も失ってしまった。
その間にリザードンを繰り出され、一度は炎を吸収するも突っ込んでダメージを受け、そのままダメージを稼がれる。
そしてPKサンダーを使った隙にタルを投げつけられてバースト。残り1ストックかつ2ストック差と厳しい状況に……
それでも諦めず、まずは頭でアルザークを撃墜。2100にした後、投げやスクリューアタックに受けつつも差を縮めていく。
投げの隙に下スマでアルザークを追い出し、箱投げをかわされるがソンソンさせることに成功。1ストック同士に並んだ。
しかし最後はアルザークの攻撃で一気にバースト圏内に追い込まれ、再びタルが直撃。リベンジを許し敗退してしまった。


第14回+第14回-

次の大規模大会である第14回にも参戦。Eブロックから出場する。

初戦は若き日のロハスとの同期対決兼大会初のレベル8勢対決となった。ステージはプププアイランド。
序盤はほぼ五分の戦いを繰り広げ、上強からの頭で先制。しかし復活したロハスに背後から上スマを受け3ストック同士。
その後はモーションを起爆させてしまうが復帰。ダメージレースで優位に立つも、しっかり上スマを合わせられてしまう。
先に残り2ストックとなったが下スマでロハスを撃墜。ストックを並べた後はブラスターの隙にPKファイヤーを撃ち込む。
そのままPKファイヤーを連発し下スマも当て、ダメージ差を取り返して逆転。ビームソードも駆使して追い詰めていく。
頭でロハスを撃墜した後は空中上や上スマを喰らうが、高さやOP等が幸いし粘ることに成功。空中攻撃や下スマで攻める。
最後は読み合いと思わせての上強で1ストック同士になるも、焦らずロハスをバースト圏内に追い込み前投げで勝利した。

2戦目は第11回でチームを組んだ堕ちる純白と第8回以来の再戦となった。ステージはハイラル城。
ブーメランを活用する純白に対しPKファイヤーから反撃。ステージ右へ追い込むと差を広げていき後ろ投げで先制する。
先制後は純白に竜巻に放り込まれ、上下の突きから回転斬りが直撃。一度は復帰するが横スマを合わせられ3ストック同士。
復活後は2人で投げたい刺したい状態になった後純白にボム兵を投げ、同時に吹っ飛ばされるも純白のみバーストしリード。
そしてステージ左で下強、上スマ、PKサンダーから前投げを使い、純白を一気に残り1ストックに追い込むことに成功
その後は純白に再び竜巻に入れられ星にされたがまだ1ストック差。PKファイヤーを起点に怒涛の攻撃を仕掛けていく。
純白の攻撃も耐え続けて復帰し、最後はモーションを仕掛けた隙に下から頭を決め撃墜。2ストック差で勝利を果たす。


第8回予選堕ちる純白戦にてモンスターボールからミュウを繰り出した。CPUトナメでミュウを出現させたのは第3回予選幼き弟のソーセージ以来、二人目。さらに同大会決勝トナメLOSERS決勝戦でもミュウを繰り出しており、全選手で唯一2回ミュウを出現させている。

Aの上に◯が付いたような記号の名前は「オングストローム」。1Å=10-10mであり、非常に短い長さを表す単位である。例によってこのシリーズでは発音されない。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
永遠のエース 第1回幻想杯(2回戦) ヨッシーアイランド
無敵の転校生 第1回幻想杯(3回戦) プププランド
有の無限モルダー 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
堕ちる純白 第2試合 プププランド
悲しみのパターソン 第3試合 ハイラル城
㍍アルザーク 第4試合 プププランド
☆爆走戦士エルバン 第5試合 プププランド
ξ黒きBlack Joker 第8回(決勝トナメ2回戦) ハイラル城
玄酔楼 第8回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) プププランド
3億ドルの吐き気 第8回(決勝トナメWINNERS側準決勝) ハイラル城
堕ちる純白 第8回(決勝トナメWINNERS側決勝) コンゴジャングル
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメLOSERS側決勝) ハイラル城
クソザコ芸人
ヨシオくん
戦芸人ナザレンコ
Dr.神様
第9回(1回戦) プププランド 自身:2位(2pt)
チーム:3位(4pt)
こき使い
悪魔の下目使い
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士
DCB64
ドルコリン♪
ちょこにゃ
バルザードたん
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:2位(2pt)
チーム:3位(5pt)
真っ黒デス
Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト
切れた脇役 第10回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
紅きポイゾネサスくん 第2試合 惑星ゼーベス
煙草マスターの子 第3試合 コンゴジャングル
地上最強のチェマ 第4試合 いにしえの王国
20人目の味方殺し 第5試合 ハイラル城
絶望のリア・リエ 第10回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ピーチ城上空
自分殺し
例の黒光
20人目の味方殺し
第11回(1回戦) ヤマブキシティ
I AM ALCOHOL
玄酔楼
3億ドルの吐き気
第11回(2回戦) プププランド ✖️
パジャマの革命家 第12回(2回戦) ピーチ城上空
リカエリス´中将´ 第12回(3回戦) ヨッシーアイランド
突起物!ポンチコ 第12回(準々決勝) プププランド
㍍アルザーク 第1回記号杯(2回戦) コンゴジャングル
若き日のロハス 第14回(一次予選) 第1試合 プププランド
堕ちる純白 第2試合 ハイラル城
灼熱のレイア 第3試合    
エロ過ぎるマスター 第4試合    
バーンナック 第5試合    
  通算 全27試合
(勝敗除外2試合)
15勝11敗

 


twitterhttps://twitter.com/A_limelight_A

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:ODg2MDU3Z
>> 返信元

第13回までは純白のほうが先を行っていた印象
第10回はブロック・ステージともに悪く、記号杯ではアルザークに敗れたことにより一回戦で姿を消した
今回は上位にいけそうな予感

返信
2021-05-02 23:53:54

名無し ID:MmNmNjQ5O

下の方の選手や新人の躍進の証明みたいな感じでよく負けたりしてたけどライムライト自体は普通に強かったの思い出させてくれてよかった

返信
2021-05-02 23:40:52

名無し ID:ZTMyZjk0M

ここで2スト残しで勝つのは激熱すぎる
ライバルなんだけど純白に1歩先を行かれてるイメージがあったから直対で勝ち越せたのは大きい

返信
2021-05-02 23:37:28

名無し ID:ZmE0MWIyZ

第八回で2スト残しされたライバルに2スト残しを返すとは

こういうのすこすこのすこ

返信
2021-05-02 21:24:49

名無し ID:YzRlOTc1N

現状レベル8唯一の二勝か、強いな

返信
2021-05-02 20:56:49

名無し ID:ODAwNTQ0Z

ハイラルリンクに2スト残しとは…ライムライト強ぇな

返信
2021-05-02 20:42:49

名無し ID:NTFjMjQyY

種族相性でやや不安な二人に勝てたのは大きい
峠は越したかな

返信
2021-05-02 19:53:34

名無し ID:Zjc5YWU1N

ハイラルリンクを2スト残しか
中央での戦いを避けた立ち回りと完璧な投げが効いたな

返信
2021-05-02 19:31:46

名無し ID:NzJjZTYzN

純白に2スト残しする程仕上がってるならレイアですら敵じゃないな全勝でブロック1位は堅い

返信
2021-05-02 19:25:53

名無し ID:MGU0NWZiN

斜め上からファイヤー刺すのうまいねキミ

返信
2021-05-02 19:17:20

名無し ID:ZDJiM2I2Z

このブロックでの2ストの腰はでかいな
レイアにも勝てたら1位通過が明確に見えてくるが果たして

返信
2021-05-02 19:12:04

名無し ID:ZmRmYzA1N

投げが完璧マン

返信
2021-05-02 19:10:18

名無し ID:ZDgzZjRmM

エロマスに負けるみたいな大事故でもない限りは1次予選通過は堅そう

返信
2021-05-02 19:09:59

名無し ID:YmE3OWIyM

投げがうまめで

返信
2021-05-02 19:09:43

名無し ID:NjAzMWQ4Y

とりあえずレベル8最強格同士の対決ではリードをとった形か
これは予選突破確定かな
レイアバンナクはわからんけどエロマスには流石に勝てるだろうし

返信
2021-05-02 19:09:17

名無し ID:N2E5YzA4O

強い。うまく相手にだけステージ端の弱さを押し付けていた印象
特に心配してなかったけど一次予選は余裕そうだ

返信
2021-05-02 19:08:18

名無し ID:NGQ2Mzg1O

勝っておきたい所勝てたな
この後もし純白に負けても他の3人に負ける要素はほぼないしとりあえず一抜けか
出来れば純白にリベンジして全勝突破と行きたい所だ

返信
2021-04-16 19:46:56

名無し ID:NjM1Yzg4Z

いよいよもってPKサンダー体当たりの復帰に当たるの稀になってきたなあ
というかCPU全体が慣れてちゃんと対応できるように仕上げてきた気がして怖いw

返信
2021-04-16 19:25:36

名無し ID:MGUzMGVlY

勝利おめ。一度負けると負けが込みやすいタイプだから大会前の負けを持込まずに済んだのはよかった

返信
2021-04-16 19:22:27

名無し ID:NTFiN2JiN

8ネスは9ネスと違って強技の押しつけが少なくて中堅上位くらいの性能なイメージがある

返信
2020-10-19 15:45:44