ドルコリン♪ (FA)

ページ名:ドルコリン

ドルコリン

 

Illust1:Ylit さん
Illust2:883 さん
かわいい(錯乱)

 

Profile
キャラクター キャプテンファルコン
カラー 第6回:ピンク CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回~:横スマスターロッド振りかぶり
掛け声 第8回決勝トナメ~:上Bヒット時
肩書き

第6回:抱きたがりのアイドル 第8回:抱きに来るアイドル/抱きにいくアイドル

第10回:イケメンに弱い/抱きにいくアイドル

●出場記録 ◯成績
第6回大会 9位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側5回戦敗退)
第7回大会

3位 (準決勝敗退→3位決定戦勝利)

チーム:ちょこリン♪ (ちょこにゃ & ドルコリン♪)

第8回大会

予選:4勝1敗(残スト9) Dブロック2位通過

決勝トナメ:9位タイ (WINNERS側準々決勝敗退→LOSERS側3回戦敗退)

第9回大会

8位(1回戦敗退→最弱決定戦2位)

チーム:DCB64 (ドルコリン♪ & ちょこにゃ & バルザードたん)

第10回大会

予選:1勝4敗(残スト3) Fブロック6位敗退

最弱決定戦:41位タイ (1回戦敗退→2回戦勝利)

P(ピー)「抱くのも好きなドルコリン♪なんでもすき♡」

第6回大会から出場のアイドル。白とピンクの衣装がチャームポイント。キャッチフレーズは「抱きに来るアイドル」。

性別不明。

そのプレイスタイルはアイドルの気を全く感じさせない殴り合いがメインで、ファルコンダイブ(枕営業)や大技のファルコンパンチを強気に連発する。ファルコン勢の十八番【浦安】をバースト手段ではなく、(疑似含め)コンボに組み込みダメージ稼ぎに使用しているのも特徴。
アイドルにも関わらずスターロッドが致命的に似合わない。スターロッドを手にしたその姿は、さながら不審者とまで評されている。
P(ピー)「おどぉ気持ち悪い」「完全に不審者

第6回の戦績+第6回の戦績-

第6回では初戦で㍍アルザークにドジコリン♪をかまして敗北しいきなりルーザーズ側へ回る厳しいデビューとなったが、ルーザーズ側では着々と勝ち進みトップアイドルへの道を駆け上る。

ルーザーズ3回戦天空の虫使いアントン戦では完全に試合を掌握し圧勝。常に間合いを見切っている、相手のヒップドロップに一瞬で反応し空下を置く、バンパーに自ら当たって加速しながら間合いを詰めるなど、あまりのキレっぷりにP(ピー)からはTASレベルと評された。

ルーザーズ5回戦では浦安こと3億ドルの吐き気と対決。シリーズ初のファルコンミラーは、握手ファルコンパンチが飛び交う怒涛の肉弾戦となった。この試合でドルコリン♪は浦安のベクトルが左右反転した「逆浦安」という高等テクニックを披露。しかし浦安の経験が浅かったのか復帰距離が足りず自滅してしまう。さらにソンソンの多発や得意技ファルコンダイブが不発気味なこともあり、最終的には敗北を喫した。

自爆芸人コンボマスター師匠勇者などさまざまな個性を持つ第6回ルーキー選手の中で、ドルコリン♪もまたアイドルとして光り輝いていたが、吐き気に敗北したことで第6回大会からは姿を消すこととなった。


その強烈な個性から人気を得て第7回大会への出場が決定し、ちょこにゃとアイドルチーム「ちょこリン♪」を結成。

第7回の戦績+第7回の戦績-

1回戦で灼熱のレイア絶望のリア・リエの強者コンビ「熱望ブラザーズ」と激突となるも、アイドル同士高いコンビネーションを発揮し見事勝利を飾った。

2回戦では前回の優勝チーム「15人目の神様」と対決。序盤から猛攻に猛攻を重ね、相方のちょこにゃすら撃墜する勢いで暴れまわる。ちょこにゃの謎の自滅もあったものの15人目の天才らを終始リードし最後は握手で試合を締めくくった。

3回戦では酒と煙草と対決。相手の巧みな立ち回りに得意の握手会も開けず、全員1ストックまでもつれ込む。相方がドジっ娘で自滅、自身はタバス子の横スマでバーストしてしまった。これによりちょこリン♪は3位決定戦に回る。

3位決定戦ではチンコと戦う羽目に。負けると色々と危ういことになるが最後まであきらめることなく相方と勝ちをものにし、見事、3位入賞を果たした。


第8回への出場も決まり、再びトップアイドルを目指し走り出す。

第8回の戦績+第8回の戦績-

2試合目、煙草マスターの子戦こそ副流煙の舞にやられてしまったが(コージのリベンジは出来なかったか…)残りは全て2ストック以上残しの圧勝。そしてDブロック第12試合時点で全体で8人目となる予選突破を決める。敗退してしまった相方のためにも是非勝ち上がりたい。

最終的に4勝1敗残スト9という凄まじい成績で予選2位通過を果たし、勝ち試合での平均残スト数は2.25を記録した。これは同ブロックを5勝0敗残スト9で1位通過した煙草マスターの子を上回る。

決勝トナメでは「抱きたがりのアイドル」の肩書きを掲げて登場。初戦は戦芸人ナザレンコとの芸能人対決を圧勝し2回戦に駒を進めた。

続く2回戦ではシード枠の部長と対戦。痴○冤罪を防ぐため必死に抱きつきを拒否する部長に全力疾走で抱きつこうとするなど「抱きに来るアイドル」のキャッチコピーに恥じない立ち回りで終始優勢のまま勝利した。

準々決勝では第6回以来の吐き気と対決。
敗北した第6回の時以上に互角の試合を繰り広げ、必殺技のオバ安浦安を決められるが負けじと新必殺技「オバヘ屋さん」を披露。しかしニャース先生の直撃を受け一気に%を持っていかれ、最後は吐き気にファルコンパンチでケツを叩かれ敗北しルーザーズに回る。

ルーザーズ側では何といきなり紅きポイゾネサスくんに当たることになり、更にポイゾネサスが終始鬼神リンクモードだったこともありほぼ手も足も出ずア○ル開発され敗北、第8回大会から姿を消すことになった。


第9回ではちょこにゃとバルザードたんとアイドルチームを結成。あまり頼りにならない仲間と共にアイドルの快進撃を狙う

注目の初戦は吐き気と殺意が相手となった。最初こそ殺意に吐き気とまとめてバーストさせられるが、殺意に対してファルコンダイブ二重唱、吐き気に対して浦安を決めるなどの凄まじい実力を見せ、見事な6撃墜をして1位となった。
第7回の活躍と合わせ、乱戦も得意だということを存分にアピールした。
しかし、味方二人が3位を取ってしまったため1回戦敗退どころか最弱決定戦に呼ばれてしまった。

最弱決定戦ではデスエンとライムライトという、相手のエース格と戦うことに。
試合ではデスエンにファルコンパンチを決められてしまいバースト。そのままリードを取り返せずに3位となってしまった。
しかし後がない次の試合でバルザードたんが1位を取ったため全チーム同ポイントで並び、最後はちょこにゃに託すことに。
その試合でちょこにゃが1位を取ったことにより見事最弱を回避……したと思われたがアルベルトではなくティーダが替え玉で出場していたため取り直し案件になってしまった。
ホントの最弱決定戦ではちょこにゃが踏ん張り2位を取り、なんとかクソビリにならずに済んだ。


第10回の選手決め生放送にて横に謎の選手名が乗っていたが、すぐに消え普通に参戦が当確した。コージって誰だよ

第10回の戦績+第10回の戦績-

初戦の相手は絶望のリア・リエ。相手の化け物じみた猛攻と新必殺技、爆裂トルネードにやられ2ストック残しで敗北。

2戦目の相手は悪魔の下目使い。序盤に1ストック差まで広げるが、酸にハマってしまいイーブンに。
その後レイガン2丁で逆転され最後はドリルで無理やり酸に押し込まれバースト。
よりによって負けた相手が両方とも2連勝中なため、予選突破がかなり危ういものとなってしまう。

3戦目例の黒光と対決。
録画データのトラブルが発生して1日先延ばしになってしまったが、ステージのヤマブキシティ端で後ろ投げを決めるなど、
横復帰が弱いリンクの弱点を突く。途中何故か相手が2回自滅したのもあり、3ストック残しの快勝となった。

4戦目は第8回で勝利した一番繊細な部長とセクターZで戦うことに。
モーション等を活用した繊細かつ大胆な相手の攻撃に一時押されるも、自身もモーションを利用し追い上げる。
その後かかと落としでP(ピー)の足ごと部長をうまくバーストさせ逆転するが、ハンマーで追い付かれストック1同士に。
最後は十八番のダイブで決めようとするもステージの広さでバーストできず、最後はサイクロンの直撃を受けて敗北。
リベンジを達成されてしまった上に予選3敗目と厳しい状況が続く。

後がない最終戦卍黒きムッコロズと惑星ゼーベスで戦う。
序盤にソンソンからの酸で痛いダメージを受けてしまい、握手やダイブも不発気味だったためリードされてしまう。
ビームソードを拾ってもつかさず落とされてしまうが、それでもモーションセンサー爆弾などを活用し喰らいついていく。
2つ目のモーションで1100となるが、ハイドロポンプの反動をうまく利用したガメーの妨害を受け酸に落とされてしまう。
負けられない試合で惜しくも敗北し、予選の結果はまさかの1勝4敗の6位となり最弱決定戦行きが決定してしまった。

最弱決定戦初戦の相手はなんとΣデューレンファング。まさかの同期同族対決となったが、選ばれたのはいにしえの王国。
十八番のファルコンダイブをなかなか決められない一方、相手のダイブは頻繁に受けてしまい先にバースト。
更にリフトの上で歩きながら落ちてしまうが、スターを取り画面端で相手を撃墜。後追い自殺しかけるが無事引き返す。
そして遂にΣデューレンファングを抱くことに成功し、かかと落としで追い打ちを仕掛け2ストック同士に持ち込んだ。
……が、直後に自分の仕掛けたモーションセンサー爆弾で自滅してしまい、追い上げも虚しく残り1ストックに。
再びダイブを決め1ストック同士に持ち込むが、最後は下スマカス当てでバースト。2回戦に進むことになってしまった。

最弱決定戦2回戦の相手は抱き心地がよさそうな食えないプリンのとろけるヨシオ。ステージはピーチ城上空が選ばれる。
序盤から積極的に攻めるが、はたくの牽制もあって後一発が決まらず粘られてしまう。それでも何とか下スマで先制。
100%超えのダメージを受けてしまっていたが、相手が三角コーナーで詰まって2ストック目を落としたお陰で差が広がる。
そして後ろ投げでバーストするがそれでも2300。お互いにモーションセンサー爆弾を拾い、それぞれ仕掛けることに。
ドルコリン♪は冷静に立ち回り、両方のモーションセンサー爆弾を踏ませることに成功。結果、3ストック差で快勝した。
元チームメイトのバルザードたんに続いて脱出し、ファルコン勢及び予選Fブロックの選手は全員勝ち抜けとなった。


第3回で同じカラーのファルコンに幻想の兄コージが出場しており、非常に強いが没個性だったため人気が出なかった。
前述の通りvsアントン戦でドルコリン♪が別人のように強くなったことから二人の関係について議論されはじめ、
「ドルコリン♪は性転換したコージ説」、「性転換以前にコージ本人説」、「コージの妹説」、「コージに取り憑かれた説」
など諸説挙げられたが、依然明らかとなっていない。
最近ではあまりにも個性が強烈過ぎる為か否定されつつある。コージは幻想だし

どのような形態の大会でも安定した勝率を叩き出しているため(但し第10回は戦績が低迷)本番に強い(意味深)アイドルと評されることも。
中堅以下の選手を全く寄せ付けない強さを持っており、最上位クラスの選手にも比較的互角の試合を展開する。
一方で今まで敗北した選手の傾向から、実はイケメンに弱い面喰いであるという説が浮上している
アルザークやムッコロズはお○ぱいの付いたイケメンらしいが、Σデューレンファングがイケメンかどうかは謎である
もっとも、リンク勢の中でタバスコやポイゾネに敗れたのに対して黒光には大勝していることから、外見だけでなく内面も見ているという反論?もある。

ちなみに「ドルコリン♪」までが名前であり♪を省略するとドルコリン♪警察に検挙されてしまうので要注意

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
㍍アルザーク 第6回(2回戦) プププランド
早すぎた少女チェントゥリオ―ネ 第6回(LOSERS側1回戦) ピーチ城上空
Dr.神様 第6回(LOSERS側2回戦) ピーチ城上空
天空の虫使いアントン 第6回(LOSERS側3回戦) プププランド
使者様㌧ 第6回(LOSERS側4回戦) ピーチ城上空
3億ドルの吐き気 第6回(LOSERS側5回戦) コンゴジャングル

熱望ブラザーズ
(灼熱のレイア絶望のリア・リエ)

第7回(1回戦) コンゴジャングル

15人目の神様
(15人目の天才Dr.神様)

第7回(2回戦) ピーチ城上空

酒と煙草
(玄酔楼煙草マスターの子)

第7回(準決勝) ピーチ城上空

チンコ
(バーンナック使者様㌧)

第7回(3位決定戦) プププランド
疑惑の恋人アルベルト 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
煙草マスターの子 第2試合 コンゴジャングル
Dr.神様 第3試合 コンゴジャングル
勇者ヨシオ 第4試合 コンゴジャングル
天空の虫使いアントン 第5試合 ハイラル城
戦芸人ナザレンコ 第8回(決勝トナメ1回戦) ハイラル城
一番繊細な部長 第8回(決勝トナメ2回戦) プププランド
3億ドルの吐き気 第8回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) プププランド
紅きポイゾネサスくん 第8回(決勝トナメLOSERS側3回戦) ハイラル城
3億ドルの世界の脇役
(3億ドルの吐き気
世界のrekuiemu
切れた脇役)
第9回(1回戦) プププランド 自身:1位(3pt)
チーム:2位タイ(5pt)
因縁の三人
(灼熱のレイア
殺意のヨシオ
絶望のリア・リエ)
真っ黒デス
(Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト)
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:3位(1pt)
チーム:2位(6pt)
ピカピカ
(ÅライムライトÅ
∫アルティライトねこ
ξ黒きBlack Joker)
絶望のリア・リエ 第10回(予選) 第1試合 ハイラル城
悪魔の下目使い 第2試合 惑星ゼーベス
例の黒光 第3試合 ヤマブキシティ
一番繊細な部長 第4試合 セクターZ
卍黒きムッコロズ 第5試合 惑星ゼーベス
Σデューレンファング 第10回(最弱決定戦1回戦) いにしえの王国
とろけるヨシオ 第10回(最弱決定戦2回戦) ピーチ城上空
  通算 全28試合
(勝敗除外2試合)
15勝11敗

 


twitter→ https://twitter.com/Dorukorin_Cpu

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MmIzNmMxM

モーション拒否うまかったな
入賞もあり得る実力者だと思ってるから次回は頑張ってほしいなあ

返信
2020-01-17 21:40:36

名無し ID:ZDc4YWYwN

逆に考えればわざわざ攻めずにモーションに引っかかるのを待ってたのも考えられる。
負け上がりのトナメだったし、68回後半のようなギラギラ感は出ないのも分からなくもない。

返信
2020-01-17 20:17:46

名無し ID:ODRmMmRjZ
>> 返信元

単純な勝敗数とストックの足し引きならちょこにゃより上なのに25位と37位
相手が悪かったというか,酷な話よな

返信
2020-01-17 20:15:57

名無し ID:MmQ3MTJhN

まぁ流石にね?

返信
2020-01-17 20:12:37

名無し ID:ODRmMmRjZ

まあここは流石にね
もうちょっと抱き以外のド派手なプレイも見たかったけど

返信
2020-01-17 20:11:26

名無し ID:NjFmMWRhM

今回はブロックが悪かったからな
ただ、デューレンファングに負けたのは痛い
あそこで勝っていればなぁ…

返信
2020-01-17 20:10:56

名無し ID:NTIwMmViM

流石に最弱クラスではないが今日の試合で言えばモーションの方が目立ってたまである
殴り合いでデューレンに負けたのも考えると次回以降はしっかりと結果を残して欲しい

返信
2020-01-17 20:10:47

名無し ID:M2QxMTBiY
>> 返信元

5敗だすまぬ

返信
2020-01-17 20:10:09

名無し ID:M2QxMTBiY

惜敗と圧勝しかしてなくて2勝4敗でストックがプラマイゼロという

返信
2020-01-17 20:09:27

名無し ID:YjRlZTI0Y

順当。

返信
2020-01-17 20:07:59

名無し ID:MjM3Y2ZkM

入賞こそはしてないが中堅の中では強いイメージだったが今大会はほんと苦戦だな、さすがに優敗はしないだろうけど

返信
2020-01-12 17:13:43

名無し ID:OThhNWUyY

同族に抱かれるアイドル

返信
2020-01-10 21:30:11

名無し ID:MjJmOWQ4M
>> 返信元

リア・リエ→絶望から這い上がった経歴がイケメン
下目→イケメンではないと思う
黒光→顔は良いがクズ 故にイケメンではない
部長→ダンディ
ムッコロズ→かっこいい殺戮マシーン
うーん、イケメンまみれ!

返信
2020-01-10 20:57:59

名無し ID:MTM3YWExN

今大会の相手イケメンパラダイスだったからしょうがないね

返信
2020-01-10 20:33:46

名無し ID:YWRmZjE4Z
>> 返信元

外面は知らんけど内面がブサイクすぎんだよ

返信
2020-01-10 20:30:42

名無し ID:Yjc3ZDM0M

黒光「俺はイケメンじゃないってことかよ」

返信
2020-01-10 20:20:17

名無し ID:ODliYTlhO

デューレンファング、実はイケメンだったのか

返信
2020-01-10 20:17:27

名無し ID:YWUyNGZiM
>> 返信元

なんで除く必要があるんだよ
覗くだけにしとけ

返信
2020-01-10 20:17:26

名無し ID:MjM2ZDRiN

…地味にヤバくないか?黒光の捨てゲー試合除いたら個人戦7連敗だぞ
流石にヨシオ族に負けるとは思えないし次で止まるとは思うけど…

返信
2020-01-10 20:15:08

名無し ID:OGU0ODM4N

デューレンファングはイケメンだったようだ

返信
2020-01-10 20:11:12