ケ (YO)

ページ名:ケ

Illust1:飛岳 さん
Illust2:6T さん
Illust3:水魚 さん
Illust4:M・G さん
Illust5:飛岳 さん
ケってなんだよ(哲学)

Profile
キャラクター ヨッシー
カラー 第8回:デフォルト CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:
掛け声 第8回決勝トナメ~:横スマ時
肩書き 第8回、第10回:謎
●出場記録 ◯成績
第8回大会

予選:3勝2敗 (残スト3) Bブロック2位通過

決勝トナメ:13位タイ (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側2回戦敗退)

第10回大会

予選:3勝2敗 (残スト6) Bブロック2位通過

決勝トナメ:準優勝 (WINNERS側準決勝敗退→LOSERS側優勝→グランドファイナル敗北)

P(ピー)「位置がめちゃくちゃ良くてー!!」

第8回から登場のヨッシー勢。にょをぶち抜いて史上最短ネームの座に君臨する。余りにも短すぎる為もっぱらケヨッシーと呼ばれる。
肩書きは「謎」。P(ピー)にはキ●ガイヨッシー、(立ち回りが)バグみたいなどと評されている。

TASによる最速命名説や、←実は横から見たヨッシーではないかという説がある。

第8回の戦績+謎-

デビュー戦は自滅で敗北したものの、今までになく好調なリア・リエをあと一歩のところまで追いつめた。
その後は圧倒的な火力で殺意のヨシオ灼熱のレイアの猛攻をものともせず連勝[自称]妹と共に大躍進を続けるレベル8ヨッシー勢として予選突破に期待がかかる。

しかし4戦目にてとろけるヨシオに敗北、一転して予選敗退にリーチがかかってしまうことに。また右の浮遊台でうたっているとろけるの真下で延々とフンフンを繰り返す奇行に走った

そして自身(+レイア)の進退が決まる㌦ポッター戦、重量級のハイラル城とステージ有利にも関わらずポッターの巧みなアイテム捌きやコンボに苦戦するが、負けじとアイテムを逆に利用して徐々に追い上げる。
ラスト1ストック同士、自身のステージ有利を潰す形となる左端に陣取るというまさかの行動に出る。P(ピー)にも「画面端は危ないですね」と心配されるが、ポッターの攻撃をジャンプで巧みにかわした後冷静に後ろ投げを決めて勝利、妹に続きヨッシー勢2人目となる予選通過が確定、そしてレイアが敗退することになった。
ヨッシーの投げは斜面に沿って出るというテクニックを有効活用した形となり、Pにもその判断を高く評価された。

的確な技選択とガン攻めを得意する妹とは対照的に、卵や投げを絡めた相手の裏をかくようなテクニカルな立ち回りを得意とする。その読めない立ち回り故にPに「曲者の元木大介のような存在」と評価され、一部視聴者から「元木だいす」とも呼ばれるようになった。

決勝トナメでも奇行危ない立ち回りは止まないどころか加速し、初戦はいきなり黒きBlack Jokerと対戦、BJの自滅に続いてプリンス式をかまし、空前からの上スマ、フンキャンからの上強などヨッシー使いであるP(ピー)も驚愕するテクニックを用いてBJを圧倒、一時期は2ストックリードまで持ち込みケの勝利は確定…に思われた。
ワァー(真顔)
しかし手にしたホームランバットを不用意に手放したことが仇になり、取られてホームランの直撃を受け、BJ得意のラッシュ攻撃を受けたことにより形成逆転、最後はコンボを決められまさかの敗北という結果に

ルーザーズ側1回戦では笑えない女と対決、ステージと火力差もあり終始リードを保つが、途中何もないところで棒立ちになったり、意味不明な場所にヒップドロップをしたり、気持ち悪い動きのバットダッシュ投げを披露したりするなど誰にも理解できない立ち回りを行う。
その後女に粘られ1ストック同士まで縺れ込んだ際またもやステージ端陣取りを行い、一瞬プリンス式に似た動作を見せP(ピー)や視聴者を驚かせたが、最後は再び冷静な後ろ投げを決めて勝利する

2回戦では紅きポイゾネサスくんと対決することに。
2ストック同士まではほぼ互角の試合を見せるも、ダッシュ攻撃によるコスパを決められた後は完全に流れがポイゾネに移行してしまい、有効な反撃も殆どできないまま敗北した。

予選で快進撃を見せていたレベル8ヨッシー勢だったが、残念ながら彼の敗退を以て第8回大会のヨッシー勢は狩られ尽くされ絶滅してしまった。


第10回にも参戦。なんと第3回のようなヨッシーが3体も入ったブロックとなった。

第10回予選の戦績+謎のミラーマッチ率-

初戦の相手は同族のアントン。立ち回りでリードしているのにも関わらず自滅をしてしまいそこから相手の完璧なガメーはちじゃない、メテオを決められてしまいイーブンに。最後はフラワーを取った所を後ろ蹴りを喰らい崖にギリギリ届かずバースト。初戦を落としてしまった。2戦目人喰い軍曹戦は非常に良い動きで2ストック残しで勝利。

3戦目ねこを相手に予選3回目のヨッシー対決をすることに。ステージは奇しくもヨッシーアイランドとなった。
試合序盤、空中にいたねこにタルを投げ当ててバースト。タルの中からトマトが出現したことで4300に。
更にねこが事故を起こして2ストック差となり、その後も逆転を許さず勝利。
予選で3回行われたヨッシー対決は全員が1勝1敗で決着、三竦みとなった。

4戦目の相手は歩く天下無敵。ステージはプププランドとなる。
ヒップドロップ等で攻撃していくが、高所で頭を受けて先にバースト。その後も的確に頭を決められ差を広げられていく。
天下無敵に2ストック差を付けられた上に回復されてしまうが、そこからすさまじい追い上げを見せ1ストック同士に。
しかし最後はジャンプしたところを復活直後の天下無敵に狙われコスパバースト。回復分の差を詰められずに敗北した。

最終戦の相手は迅雷ワンダ。ステージはいにしえの王国が選ばれる。
200%超えのダメージを受けてワンダにバーストされるが、直後に得意のヒップドロップで取り返し3300。
そして試合中盤、なんと箱からハンマーが2つも出現。ワンダにハンマーを取られ、抵抗虚しく2ストック目を落とす。
2つ目のハンマーもワンダが取り、大ピンチ……と思いきやワンダがそのまま真ん中の穴に落ちまさかの2200に。
運よくピンチを脱したケは、ぺち空中上とばたあしを駆使して一気にダメージを稼ぎ、ワンダを残りストック1に追い込む。
そしてカプセルから出現した3つ目のハンマーが穴に落ちていったと思いきや、ステージ右に4つ目のハンマーが出現。
これをケが取り、逃げるワンダをバーストさせ2ストック差で勝利。この勝利でブロック2位での予選通過が決まった。
勝てばブロック2位で予選通過。負けると自身の予選敗退が決まり、対戦相手のマリオ勢がブロック1位になる
という第8回の予選最終戦と似た構図の最終戦となったが、今回も後がない場面でしっかり勝利を決めた。

第10回決勝トーナメントの戦績+謎に満ちたヨッシー勢の希望-

決勝トナメ1回戦の相手は予選で[自称]妹を倒して勝ち上がってきた紫煙のドドン。ステージも同じセクターZとなった。
ドドンが投げたタルがしばらく転がり互いにギリギリ避けていたが、下スマでドドンを吹っ飛ばし樽に当てることに成功。
その後ドドンの召喚したカビゴ乃助の攻撃を受けるが、ドドンがアーウィンに撃たれてバーストしたため先制。
それからは得意のヒップドロップを始めとした強力な技を的確に決め、ハンマーも取り、見事2ストック差で勝利した。

しかしねこと妹がLOSERS側で早々に敗退してしまったことで、ケは第8回同様に最後のヨッシー勢となってしまう。

そんな中行われた決勝トナメ2回戦は、天使の聴牌とピーチ城上空で戦うことに。
まずはハンマーを取り先制。そのまま投げでリードを広げようとするが、2回目の投げをかわされ逆に投げられる。
その後聴牌の追い上げを受けるが、リザードンで聴牌をバーストし回復にも成功したことで大きくリードを広げる。
ボム兵に攻撃して自爆する場面もあったが、聴牌を前投げで追い出し後ろ蹴りで復帰阻止。残り1ストックに追い込んだ。
移動床の上の聴牌にファイアフラワーで炙られ1ストック同士になるが、そのまま聴牌も落ちてしまったことで勝利。

決勝トナメ3回戦の相手は、同期のレベル8フォックス若き日のロハス。ステージは惑星ゼーベスとなる。
序盤はロハスの空中攻撃やブラスターでほぼ一方的に攻撃を受け、いきなり120%ものダメージ差が付いてしまう。
しかしロハスが酸に落ちた後に一気に攻撃を叩き込み、先に酸でバーストしたもののダメージで大きく追い上げる。
復活後ブロッキングからのヒップドロップを決め3300。ばたあしでボム兵に接触させようとするが惜しくもガードされた。
その後は下スマでロハスを酸に落とす、起き上がり読みヒップドロップを決めるなどで差を広げ、結果2ストック目を奪う。
そしてロハスの空中リフレクターにふんばりカウンターで対処し、マキシムトマトで回復して大幅リードに成功する。
そのままケのペースで試合が続き、横スマで2ストック目を奪われたが最終的に2ストック差で勝利する。

決勝トナメ準決勝の相手は、かつて第8回予選で勝利した灼熱のレイア。ステージはセクターZが選ばれる。
序盤にレイアのファイアボールを喰らい続けて大きなダメージを負うも、粘りつつ反撃しアーウィンの攻撃で3300。
そしてアイテムを活用してレイアにダメージを与えていくが、肝心のハンマーをレイアに取られ2ストック目を奪われる。
更にステージ右下での戦いになった上レイガンを取ってしまい、レイアに200%超えまで粘られてしまうことに。
その後レイアは再びアーウィンでストックを落とすが、こちらも再びファイアボールを何度も喰らい先に残り1ストックに。
レイアも自爆して1ストック同士となるが、逆転まで後一歩というところで敗北。リベンジを許し遂にLOSERS側に回る。

そのLOSERS側準々決勝の相手は3強の一角にしてエンターテイナー、15人目の天才。ステージはコンゴジャングル。
手数の多い天才に火力で対抗し、ある意味予想外のバチバチな試合に。天才に先制されるが、うしろげりで取り返し3300。
その後は天才に押され先に2ストック目を奪われたが、ヒップドロップとばたあしからの上スマで反撃し再びうしろげり。
この追い上げで状況は五分となり、スターの取得にも成功。無敵中の攻撃は凌がれてしまったが三度うしろげりを決める。
天才を残り1ストックに追い込んだが、回転リフトの上でハンマーを取られて星にされ残り1ストック同士になってしまう。
更に復活後も二発ハンマーを受けるも、重さが幸いしてギリギリ耐えきることに成功。天才に反撃を加えていく。
最後はお互いバースト圏内となるが、天才の隙をついて横スマを叩き込み決着。逆転敗北を免れベスト4にまで上り詰めた。

LOSERS側準決勝の相手はレイアと同じルイージ勢、地上最強のチェマ。ステージはピーチ城上空が選ばれた。
試合開始早々フンフンしたかと思うと、ファイアフラワーを使うチェマに突っ込み大ダメージを受け、下スマで先制される。
こちらも下スマで返すが、ヒップドロップでバンパーに当たり事故る……と思いきや相手のドガースに逆に救われた
それでもダメージ差は大きく、空中前でバースト。しかし位置がいいヒップドロップで反撃し追い上げていく。
その後は自分の投げたアカのこうらで事故りかけつつも粘り、地形で詰まった結果チェマの事故を誘発することに成功。
ここで遂に逆転し、1ストック同士になるがダメージ差でリード。最後は第8回でも見せていた冷静な後ろ投げで勝利した。
これで3位以上が確定個人戦のヨッシー勢では第1回のねこ以来久々の、大規模大会では初めてのメダルが確定となった。

そしてLOSERS側決勝は灼熱のレイアとの再戦となったが、ステージはヤマブキシティ。
ケ自身が不安定なのに選ばれたステージまで不安定な場所となり、やはり事故って先にストックを落としてしまう。
しかしモーションセンサー爆弾を強引に起爆させて取り返し、勝負はヒップドロップ対灼熱昇龍の必殺技を交えた空中戦に。
これを制して逆転するが、ファイアフラワーで200%超えのダメージを受けバースト。そして再び空中戦を繰り広げる。
再び落ちそうになりつつも復帰し、お互いバースト圏内の状況で何とか一発を避けていたがタルを投げ当てられてしまう。
……が、壁で跳ね返った直後に転がり受け身で生還。更にモンスターボールからの空中NAを決め残り1ストックに追い込む。
その後1ストック同士かつホームランバットを拾われるという予断を許さない状況となるが、下スマを当てて勝利した。
今度はレイアに勝利することに成功し、遂にグランドファイナルに進出。ポイゾネに第8回のリベンジを挑むことになる。

ちなみにこの試合で全ステージ経験かつレート1600超えを達成した。所謂5強キャラ以外では初めての1600超えである。

 

グランドファイナルの相手は、予選からここまで一度も負けることなく勝ち上がってきた紅きポイゾネサスくん
かつて第8回決勝トナメLOSERS側で戦い敗れた因縁の相手でもあり、最高のタイミングでリベンジマッチが実現した。

そして第1セット1戦目で選ばれたのはいにしえの王国。
ポイゾネが紅きキ○タマくんになって自滅したことでリード。POWブロックもかわしたものの、すぐに取り返されてしまう。
その後もポイゾネの下突きに押されるが、ヒップドロップで2ストック目を奪い、バグった当て感でリードを広げていく。
しかしヒップドロップを読まれた後はステージ左上へと追い込まれ、下スマを受けて2ストック同士に追い付かれる。
更に自身の投げた箱からハンマーまで取られ、抵抗虚しくバースト……するがポイゾネが後追い自殺したことで1100に。
はりせんを交えたコンボで大きなダメージを受けるが、回転斬りをかわしてうしろげりを当て、ポイゾネをリフトへ落とす。
直後にパックンの攻撃を受け、その勢いのままポイゾネに追い打ちを仕掛けるが、リフトを落とされて自滅してしまった。

いきなり後がなくなり、2戦目で選ばれたステージはホームのヨッシーアイランドと色々な意味で負けられない展開に。
序盤はほぼ互角の展開だったが、ばたあしによるふんばりカウンターでリードを奪い、ヒップドロップで見事先制する。
下突きや戻りブーメランからの前投げを受けても粘っていたが、復帰に箱投げを合わせられてしまいストックが並ぶ。
その後ポイゾネが回転斬りで自滅したことで意図せずリードするが、ブーメランと回転斬りで一気に追い付かれてしまう。
しかしポイゾネの投げたボム兵で相手だけバーストしたことで再びリード。雲に乗って粘りつつダメージを与えていく。
ジャンプ狩りで1ストック同士に持ち込まれたが、89%までダメージを与えることに成功し、復活後つかさず100%超えに。
ところがポイゾネに床下から上突きを受け、レベル8特有の反応の遅さでダウンを取られ続けダメージを稼がれてしまう。
更にお互いの空中攻撃が相打ちになったことで、両者共にジャンプがなくなり落ちかけるが雲のおかげで命拾いする
最後はポイゾネを倒そうとするも、執拗なメテオが祟って倒しきれず横強でバースト。無情にもGAME SETが響き渡る。

グランドファイナルで1回も勝つことができずストレート負けとなり、第10回は準優勝で終えることになった。
しかしねこと妹があっという間に脱落してしまった中、唯一残ったヨッシー勢としてグランドファイナルまで勝ち上がり、
個人戦のヨッシー勢ではねこと並ぶトップタイの戦績かつ、大規模大会では初めての準優勝を果たすことができた。


余談+余談-

先述通り曲者であると評価されるケであるが、一方でフンフンする奇行に自滅・画面端陣取りといった危なっかしい立ち回り、何より選手紹介動画にて初披露された何とも言えない表情から情緒不安定なアントンすら凌駕するやべーやつとの噂や、名前といい表情といい実はバグで出力された選手ではないかという説もある。実際は名前作成サイトに出てきたアルメル=ケ=デルヴロワという名前から「ケ」を取っただけである。

選手&予選ブロック作成の生放送にてブロック作成の際出場選手の数が一人足りないというミスがあったが、実は「ケ」を他選手の名前の一部分と勘違いして見落としていただけというハプニングが発生した。視聴者から「ケが無い」「ケが抜けた」とも言われている。

基本的に各選手のサムネイルはキャラが定まってから(例:疑惑の恋人アルベルト堕ちる純白)、或いはファンアートから引用する形(例:ライムライト有の無限モルダー)で決められることが多いが、ケはサムネイルが先行してそれに追従する形で多数の奇妙なファンアートが描かれた数少ない選手である。
10月20日、遂に前人未到の4枚目のファンアートが寄稿された
さらに2019/4/12にはなんと5枚目のファンアートの寄稿がなされる。これにより、とろけるヨシオと同時に最多イラスト数記録を更新した。
絵師様達にはスター級選手以上に人気がある模様。

が、翌日にはボム兵選手に一挙に6枚ものイラストが投稿されたため、王座陥落してしまう。三日天下にすらなれないというあまりに悲しいタイトルの落とし方をしてしまった。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
絶望のリア・リエ 第8回(予選) 第1試合 プププランド
殺意のヨシオ 第2試合 プププランド
灼熱のレイア 第3試合 コンゴジャングル
とろけるヨシオ 第4試合 プププランド
㌦ポッター 第5試合 ハイラル城
ξ黒きBlack Joker 第8回(決勝トナメ1回戦) コンゴジャングル
笑えない女 第8回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ハイラル城
紅きポイゾネサスくん 第8回(決勝トナメLOSERS側2回戦) コンゴジャングル
天空の虫使いアントン 第10回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
人喰い軍曹 第2試合 プププランド
∫アルティライトねこ 第3試合 ヨッシーアイランド
歩く天下無敵 第4試合 プププランド
迅雷ワンダ 第5試合 いにしえの王国
紫煙のドドン 第10回(決勝トナメWINNERS側1回戦) セクターZ
天使の聴牌 第10回(決勝トナメWINNERS側2回戦) ピーチ城上空
若き日のロハス 第10回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) 惑星ゼーベス
灼熱のレイア 第10回(決勝トナメWINNERS側準決勝) セクターZ
15人目の天才 第10回(決勝トナメLOSERS側準々決勝) コンゴジャングル
地上最強のチェマ 第10回(決勝トナメLOSERS側準決勝) ピーチ城上空
灼熱のレイア 第10回(決勝トナメLOSERS側決勝) ヤマブキシティ
紅きポイゾネサスくん 第10回(グランドファイナル)

前編

後編

いにしえの王国
ヨッシーアイランド
✖️ (❶→❶)
  通算 全21試合
(勝敗除外なし)
13勝8敗

 


twitter→ https://twitter.com/ke_desuyorosiku

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:YWM0MGFkN

自分が負けたとろけるヨシオの負けっぷりを見てケはどう思うのだろう
どうも思わなさそう

返信
2020-01-20 22:20:31

名無し ID:NjI4MWNiM
>> 返信元

作者本人がそこに言及してるよ
あれは二次創作三次創作の場なんだから、あれでいいのよ

返信
2020-01-04 03:58:31

名無し ID:OTQ2MmU1M
>> 返信元

64スマブラの技が妙に少ないのがな
あくまでmugenのヨッシーを滅茶苦茶に改変しただけのような

返信
2020-01-04 03:15:51

名無し ID:MTFhNDc1M
>> 返信元

声がワールドだから全くフンフン言ってないし
あの異様な目つきもないから言われなきゃ絶対ケだとは思わない
試合中連打してるヨッシー軍団は後のスマブラの最後の切り札だけどケは使えないからなぁ

返信
2020-01-02 20:27:49

名無し ID:MDU4NDQzY
>> 返信元

フンフンしながら出て来るイントロとかケそのものじゃん
バグじみた挙動も実にケらしい
それにケなんだから分身ぐらい普通にするっしょ
総合的に一目見てすぐにケとわかるくらいケ要素満載だと思うが

返信
2020-01-02 20:18:53

名無し ID:MDRkYzhiY

名前だけでケ要素は全然なかったけどなぁ

返信
2020-01-02 19:36:29

名無し ID:MWUyNjk4M

まさかのMUGEN参戦!
スマブラSP新キャラ参戦並の衝撃!

返信
2020-01-02 18:33:21

名無し ID:MjZmZTc3O

Mugenケは狂中位〜上位くらいか

返信
2020-01-02 12:40:07

名無し ID:NWFkZDczZ

MUGENキャラになってて草

返信
2020-01-02 09:58:39

名無し ID:OWRhMWVhM
>> 返信元

あんまスレ違になるからあれだが…あの各界も ひょんな事から全くの無名キャラがある動画を境にどこにも出るくらいな人気キャラになるし 偶々海外勢の改変元になったりでいきなり有名になったりで どう転ぶか分からん。 性質的に似てるから兼任してる層もいるだろうしターニングポイントにすらなる可能性もある

返信
2020-01-01 23:48:49

名無し ID:YzJiNjc2N
>> 返信元

はちを出さなかったり、嫌がらせしたり、絶望的に運が悪かったりするのも才能といえるね。

返信
2020-01-01 23:34:32

名無し ID:NTJmNTk3Z
>> 返信元

天は案外、二物も三物も余裕で贈り物してくれる。
多分、賄賂とかふるさと納税を送るみたいなことを、生まれてくる前に出来るんじゃないかと俺は考えている

それと、誰しも必ず才能は持ってるらしいよ?
鼻でピーナッツを飛ばす才能、ブリッジで高速移動する才能、馬の後ろ足をまねる才能とかかも知らんけど

返信
2020-01-01 23:28:35

名無し ID:YzY5NzBlN
>> 返信元

誰だこんなの作ったキチガイはって思ったらまさかのれぐるすさんで草生えた
てかれぐるすさんあんな凄いPV作れるのにmugenキャラまで作れるのかよ天は二物を与えずってホント大嘘だなぁ…

返信
2020-01-01 23:22:56

名無し ID:ZGI5NWExM

MUGENキャラになってて草

返信
2020-01-01 22:32:38

名無し ID:OWI2Zjk4Y

あの勇気のダッシュAが無かったらワンチャン負けていた可能性もあると考えると感慨深い

返信
2019-12-28 21:25:03

名無し ID:MTA3OGI3M

Pの検証によりレイア戦のDAモーション押し込みが有効手だった(そのまま踏んでたらバーストしなかった)と判明
やはりくせものか・・・

返信
2019-12-28 20:21:04

名無し ID:ZmRmY2EzN

次の大会でコロッと負けてしまってもおかしくなさそうなロマン系選手マジで好き

返信
2019-12-26 14:26:45

名無し ID:M2U4NjQyY

そもそもキャラパが違うから仕方ない
むしろここまでよくやった

返信
2019-12-26 10:18:32

名無し ID:NGQzYjQyN
>> 返信元

ケ「Caix!」

返信
2019-12-26 08:14:45

名無し ID:M2E5NmY1N

にょ「優勝するにはあと一文字増やせ」

返信
2019-12-26 07:37:30