バルザードたん (PI)

ページ名:バルザードたん

バルザードたん

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1:甘党 さん
Illust2:あるふぁ さん
かわいい

Profile
キャラクター ピカチュウ
カラー 第6回~: CPUレベル Lv.9
●出場記録 ◯成績
立ち絵 第10回~:ダメージ顔
掛け声 第10回~:睡眠時(プリンのうたうを食らった時)
肩書き 第10回、第14回:萌え萌えピカチュウ
第6回大会 25位タイ (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側2回戦敗退)
第9回大会

8位 (1回戦敗退→最弱決定戦2位)

チーム:DCB64 (バルザードたん & ドルコリン♪ & ちょこにゃ)

第10回大会

予選:2勝3敗 (残スト4) Dブロック5位敗退

最弱決定戦:41位タイ (1回戦敗退→2回戦勝利)

第14回大会

一次予選:4勝1敗(得失点3) Cブロック1位通過

二次予選:2勝3敗(得失点-3)   Yブロック4位敗退

ベスト16

世代対抗戦  

P(ピー)「出川うまあ゛あ゛!!」

第6回より初登場したピカチュウ界のアイドル(4)。CPUトナメのピカチュウ勢では珍しく名前が可愛い。
とはいえ「バルザード」も大概である。「たん」で中和を通り越して可愛くなっているが
キャッチフレーズ(?)は「バルザードたん萌え~☆


第6回・DCB64結成+第6回・DCB64結成-

初戦の相手は㍍アルザーク
第3回で最弱決定戦に出場してしまった暴力委員長と同カラーだったためか、あまりにも動きが悪くあっという間に敗北。
同じく初参戦のちょこにゃと同様「可愛いだけ」と評価されてしまうことに。

ルーザーズ1回戦の相手は歩く天下無敵
相手がネスということもあって全く期待されていなかったが、的確な復帰阻止、ハンマーを取得するなど突如覚醒。
なんとネス勢を一人脱落させるという大金星をあげた。

続くルーザーズ2回戦では、ヨシオ族で唯一勝ち残っていた勇者ヨシオと対決。
ヨシオ族相手なら勝ちは確実か……と思われたが、殺意が乗り移ったかのような勇者ヨシオを前に試合は拮抗。
意地でも勝ち残るという相手の執念にあと一歩及ばず敗北を喫した。

第7回ではちょこにゃドルコリンが「ちょこリン♪」チームを組む一方、自身は出場せず。

第8回も参加できず、極道の片割れというまたもや物騒なピカチュウ勢が出場。自身は幻想アイドルと化してきていた。

しかし3on3on3形式という初ルールで行われる第9回で事態は一変。
同期にして同じアイドル枠であるちょこにゃドルコリン♪と共にアイドルチーム「DCB64」として電撃参戦を果たした。
第8回に参加できなかった選手の中で第9回に参加したのはバルザードたんのみ。

初戦は絶望のリア・リエ切れた脇役と対戦。
強力な敵2人に果敢に挑むが結果は惜しくも3位に。せっかくの出場を活かすことが出来なかった。

最弱決定戦にも出場。強力な同期、ムッコロズと偉大な先輩であるBJと戦うことに。
中盤にムッコロズのジャンプを消費したところに横スマを当てバースト。そのままリードを守り切り1位でフィニッシュ。
本来はすぐ行われるはずだった最終戦を待つことになり、最終戦でちょこにゃが奮闘しなんとかクソビリを回避した。


第10回の戦績+第10回の戦績-

第9回で復活を果たしたが、第10回選手決め生放送ではアンケートに名前すら入っていなかった。
極道、委員長(+新人)でアンケートが行われるところだったが、視聴者の熱望によりアンケートに追加される。
アンケートの結果1回目は新人枠と同率1位となり、2回目のアンケートで見事新人枠を上回った。
追加のかいあって他の復活選手達と共に第10回にも参戦が決定。これにはP(ピー)も驚きを隠せなかった。

しかしながら配属されたのはシリーズ最強格玄酔楼を始め、堕ちる純白や嫌がらせ全一のエロ過ぎるマスターと色々な意味で過酷なDブロック。予選でもP(ピー)の予想を覆す活躍を見せられるのか。

初戦の相手は同期の天使の聴牌、ステージはいにしえの王国となった。
中盤まではリードしていたが、ハンマーでバーストした後スキマスイッチしてしまう。
その後聴牌のパックンレイガンコンボで詰められ最後はボム兵選手でバースト。初戦を落としてしまうこととなった。

2戦目第8回優勝者堕ちる純白。ステージはヨッシーアイランド。
もともとの相性がかなり厳しいがアイテムを巧みに使い、相手の復帰力の無さを突き11までもつれ込んでいく。
最後は回転切りをうまく空下でいなしそのまま復帰出来ずにバースト。なんと第8回準優勝者に勝利する大金星となった。

3戦目は最強格の玄酔楼。惑星ゼーベスの酸に振り回されるが優秀な技を繰り出し五分の展開に。
しかし、ボム兵で自爆をしてしまったことが響き劣勢になってしまう。最後は不意に放たれた密着上Bでバースト。

4戦目はある意味最も戦いたくないエロ過ぎるマスター。ステージはプププランドとなる。
嫌がらせを受けてしまうか……と思ったらそんなことはなく、的確なかみなりを決めて回復も2回取りボコボコにし圧勝。
しかし最後の最後に第10回初の4タテを目前に1ストック奪われてしまうという地味な嫌がらせを受けてしまった。

予選突破に大きく前進し、最終戦疑惑の恋人アルベルトを迎え撃つことに。
エロマスと同じくプププランドでの戦いとなったが、ハンマーと原作では相性最悪のイワークで2ストックを失ってしまう。
しかしアルベルトをモーションセンサー爆弾で倒すことに成功。スマッシュやかみなりを駆使して一気に2200に持ち込む。
その後トマトで回復し1ストックリードに成功するが、自身もドジッ子で事故を起こして1ストック同士になってしまう。
最後は2人共箱の爆発に巻き込まれるが、重さの差が響き僅差で先にバースト。対ドンキー連勝はできず2勝3敗となった。
その後の試合で純白と聴牌が勝利した結果、惜しくも5位となり最弱決定戦行きが確定してしまった。

最弱決定戦初戦の相手は場違いの強豪悪魔の下目使い。ステージはコンゴジャングルが選ばれる。
下スマを活かし序盤からリード。スターを取られてもダメージを最小限に抑え。ハンマーも取ったことで先制に成功する。
その後ストーンで反撃を受けるが、再び下スマを使い下目を撃墜。更にマキシムトマトで回復したことでなんと2300に。
しかしここからあまりダメージを与えられず横スマでストックを落とし、更にバカチュウもして逆転されてしまう。
復活直後にかみなりを当て1100に持ち込むが、最後はタルを投げ当てられてバースト。残念ながら2回戦に進むことに。

最弱決定戦2回戦の相手は昼間の召喚士。ステージは惑星ゼーベスとなった。
召喚士のファイアフラワーでダメージを稼がれ、更に酸に反応してシールドを貼り続けシールドブレイクしてしまう。
召喚士と一緒に酸に浸かり自分だけバーストするが、召喚士も結局酸で星になり、レイガンや上B読みのかみなりで逆転。
そして下強で召喚士を酸に落としストックでリード。その後自身も酸に落ちてしまうが、空中攻撃でダメージを与えていく。
充分ダメージ差を付けると、酸に打ち上げられた召喚士にうまく空中NAを合わせ、再び召喚士を酸に落とし撃墜に成功。
召喚士の反撃を受けつつも応戦し、1ストック同士に持ち込まれつつも大ダメージを与え、最後は下スマを決め勝利。
他のピカチュウ勢に遅れること1戦、無事に最弱決定戦を脱出。最弱決定戦のピカチュウ勢は全員勝ち抜けとなった。


第14回の戦績 萌え萌えピカチュウ+第14回の戦績 燃え燃えピカチュウ-

やがて次の大規模大会である第14回の開催が決定。今回は最初から大会出場候補に入っていた。
第14回の内容決め放送では色々あったものの、何とかアンケートを制し参戦。Cブロックから参加する。

初戦の相手ははちがでないでお馴染み天空の虫使いアントン。選ばれたステージはコンゴジャングル。
序盤は積極的に攻めてリード。仕掛けたアカのこうらへアントンを投げる戦術も披露し、アントンをダメージ100%超えに。
ところが後ろ投げから復帰しようとしてバカチュウしバースト。先にストックを落とすも箱を拾ったアントンを奇襲する。
自分は無敵のまま箱を起爆させ3300に仕切り直し。その後はこちらが押されたもののマキシムトマトでダメージを回復。
リザードンの攻撃は最小限のダメージに抑え、ヒップドロップにかみなりで対抗するが回復分は取り返されてしまう。
その後アントンが事故ってストックを落としたが、復活したアントンのうしろげりでこちらもバースト。今度は2200に。
復活後はレイガンを入手。しかし地形も相まってうまく当てられず、ダメージでリードはしていたものの反撃を受ける。
そしてアントンが仕掛けたモーションセンサー爆弾にお互い接触してバースト。遂に1100となりまたまた仕切り直しに。
2つ目のトマトを取れたこともありやや優勢になり、最後は追い出したアントンが自滅同然に落下し1ストック差で勝利。

2戦目は第6回で快勝した歩く天下無敵にリベンジマッチを挑まれることに。ステージはピーチ城上空。
序盤はヨーヨーの連発で押されてしまい、ラーイライやPKファイヤーからの下スマはかわせたものの頭で先制を許す。
復活後は投げや頭を受けつつも空中攻撃で攻め、でんげきをかわした天下無敵にしっかり上スマを合わせ3ストック同士。
ストックを並べた後はスターやミドリのこうら、空中攻撃を使って差を詰めていき、ダッシュAで天下無敵を追い出す。
そして復帰した天下無敵に横スマを使い、見事あちらの下スマよりも先に直撃させて撃墜したが上スマで倒され2200に。
その後はヨーヨーに相殺や回避で対応しつつ空中攻撃で押していき、反撃を受けつつも下スマで三角コーナーに叩きつける。
天下無敵を残り1ストックに追い込み更に差を広げていくも、はりせんから頭に繋げられて1ストック同士に並ぶことに。
直後のPKサンダー体当たりは復活無敵で凌ぎ、モンスターボールからスターミーを繰り出してダメージ差をつけていく。
スターミーとの連携はできなかったが、上スマでギリギリ天下無敵を星にすることに成功。リベンジを許さず勝利した。

3戦目の相手は初戦でBJに勝利しているレベル8ドンキー動物園のウシ。ステージはハイラル城が選ばれる。
序盤から上スマやでんげきでウシを押していき、マキシムトマトで回復。ダメージ差をつけると上スマを決め先制する。
先制後はカプセルの爆発でお互いダメージを受け、かみなりや上スマで攻めていくがウシの反撃で両者共に100%超え。
そしてニャース先生からウシの上スマを受け3ストック同士になり、復活後はモーションセンサー爆弾で自爆してしまう。
しかし段差を利用して下スマを避け、上スマでウシを撃墜。その後はステージ右での戦いになり再び100%超え同士に。
ウシに炙られた後に箱を投げ、中から3つのファイアフラワーが出現。ウシを炙り返していくも竜巻で2ストック目を失う。
2ストック同士に並んだが、再びファイアフラワーを使って大ダメージを与え、ウシに240%超えまで粘られつつも撃墜。
その後もウシにかみなりを直撃させて竜巻に放り込むなど勢いは止まらず、バースト圏内になりつつも下スマを決めた。
バースト技を的確に使い、最終的に2ストック差で勝利1次予選3連勝という好調ぶりだが、残り2試合はどうなるか。

4戦目は第10回で敗北した玄酔楼とセクターZで戦うことに。勢いに乗りBJに続いてリベンジを果たしたいところ。
序盤はやや劣勢の状況になってしまい、灼熱昇龍はシールドしたが先にバースト圏内となりステージ右下へ移動する。
遅れて落下してきた玄酔楼を迎え撃とうとするも、逆に灼熱昇龍で奇襲を受けバースト。その後もステージ右下で戦う。
しかし投げ返したこうらを跳ね返されたり壁コンで押され、再び灼熱昇龍が直撃。壁当てで2ストック目も失ってしまう。
差を広げられながらも回復は阻止。空中攻撃で攻めつつファイアフラワーを拾うが、こちらも空中攻撃や下Bを受ける。
ファイアフラワーもファイアボールで対応され、一度フラワーを捨てたものの玄酔楼に拾われて活用されてしまった。
それでも上スマを当て玄酔楼を撃墜。でんげきで後ろ蹴りを防ぎ、下Bでの妨害をかいくぐってビームソードを入手する。
ところがビームソードを使う前に下B壁当てでバースト。残り1ストックに追い込まれたが、空中攻撃で追い上げを試みる。
弱パン投げから切り返され下スマも耐えられるも、玄酔楼がモーションセンサー爆弾で自爆してしまい差が縮まった。
……が、それ以上の追い上げはできず、リベンジどころか相手の圧倒的な立ち回りに押され2ストック差で敗北してしまう。

予選4連勝はできなかったが、その後の試合でBJが勝利したことで予選通過が確定。Cブロック最初の予選通過者となった。

そして5戦目ではそのξ黒きBlack Jokerと直接対決。ヨッシーアイランドを舞台にピカチュウ同士で1位争いをすることに。
序盤からBJを相手にほぼ互角に立ち回り、箱投げを当てて先制。バンパーで落とされかけるも雲のお陰で命拾いする。
BJにレイガンを撃たれつつも空中攻撃で攻めていくが、空中下に空中下を返されバースト。ここで3ストック同士に並ぶ。
しかし1つ目のトマトを取り回復を阻止。掴まれつつもかみなりを落とし、空中下で追撃した結果BJが事故を起こし落下
ほぼまるまる1ストック差になるがここからBJの攻撃に押され、横スマは回避したが2つ目のトマトをBJに取られてしまう
その後かみなり合戦に負けて2ストック同士。BJにスターを取られて追い上げを受け、下スマで逆転を許してしまった
そのまま追い詰められていくが、今度はこちらが下スマで撃墜。1ストック同士になった後はBJの空中下を耐え続ける。
そして3つ目のマキシムトマトを取り回復に成功ビームソードを使われる前にうしろげり裏当てを決めバーストさせた
BJを相手に文字通りバチバチの試合を繰り広げ、1ストック差で勝利。4勝1敗で予選を終えブロック1位通過となった
惜しくも予選落ちした第10回から一転、ピカチュウ勢初の予選1位通過を果たす快挙を達成。2次予選以降も期待がかかる。

二次予選の戦績+燃え尽きピカチュウ-

二次予選ではヨシオ族が2人いるYoshioブロックからの出場となった。

初戦の相手はまさかの進出を果たしたヨシオくん。いつもならば楽勝ともいえる相手だが、今回のヨシオくんは一味も二味も違う。油断せずに戦いたい所だが……
ステージはセクターZ。的確な前投げや空中攻撃で撃墜をとるも、ヨシオくんも負けじと空中上で食らいつき、2ストック同士の状況に。
依然として互角の状況が続くものの、ヨシオくんがモーションセンサーで自爆したことで有利に。しかし、ヨシオくんも今までのクソビリぶりが噓のように粘り、気付けば1ストック同士、自身も70%近いダメージ。それでも、ヨシオくんの空中下の反撃に前投げを入れて撃墜。危なげなく1ストック残しで勝利した。

2戦目の相手は同じ緑の装飾を身に纏ったとろけるヨシオ。ヨシオくんでヨシオ対策はできたと言わんばかりに投げを擦ったり復帰を狩ったり的確に技を通していき、同じく第14回で活躍した同志ともいえるとろけるに対して終始格の違いを見せつけるかのような立ち回りをして勝利した

3戦目の相手は吐き気。重量級で厳しい相手にハイラル城のデバフがかかり3スト残しの大敗を喫してしまう。

4戦目の相手は煙草マスターの子。復調した王者の前に2スト残しで敗北、二連敗の厳しい洗礼を受けてしまう。

5戦目の相手はエルバン。予選最終日に最後の突破枠をかけて争う形となった。相手の事故もあり優位に進めるも土壇場でイーブンに持ってこられ、その後エルバンと互角に戦うも敗北。惜しくも予選敗退となってしまった


世代対抗戦の戦績+世代対抗戦の戦績-

世代対抗戦では一回戦の次鋒戦にて登場。相手は第八回勢の悲しみのパターソンで、ステージはヨッシーアイランドに。
両者ダメージを与えていた所で出たトマトを取られて全回復されるが、再び出現したトマトを取って自身も全回復に成功。
根本出川を当ててストックをリード、その直後に上スマを喰らい3ストック同士で並びながらも差を広げていく展開に。
雲に乗りながら撃ってくるブラスターをしっかり避け、上スマを当ててスターフィニッシュ。ストックを逆転していく。
判定を押し付けながらダメージレースで有利を取っていき、空中上でバーストしたが上スマかすり当て→後ろ蹴りで撃墜。
そのままの勢いで勝利したい所だったが、相手が召喚したサワムラーに加え空中攻撃によって一気に%が溜まってしまう。
さらに炙りアイテムで%が逆転してしまうも、バンパーで距離を離した隙にミドリのコウラを当てた事で互角の展開に。
中央台で空中上を喰らうが何とか耐え抜き、出現したビムソを取って横強。一発目は耐えられたため復帰される。
しかし再び着地した相手に横強ビムソを振った結果、何故か上Bを出さずに落下。締まらない最後だが、次鋒戦を勝利した。
勝ち星を挙げたバルザードたんだったが、その後の試合結果により第六回勢は初戦敗退が決定。最弱決定戦に進んでしまう。


物騒一族に突如萌え系アイドルが誕生した理由として、バックに極道が付いているからではないのかという末恐ろしい噂が存在する。実際〇イマスに実家が極道疑惑のあるアイドルいるし

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
㍍アルザーク 第6回(1回戦) ハイラル城
歩く天下無敵 第6回(LOSERS側1回戦) ハイラル城
勇者ヨシオ 第6回(LOSERS側2回戦) プププランド
3億ドルの世界の脇役
3億ドルの吐き気
世界のrekuiemu
切れた脇役
第9回(1回戦) プププランド

自身:3位(1pt)
チーム:3位タイ(5pt
)

因縁の3人
灼熱のレイア
殺意のヨシオ
絶望のリア・リエ
真っ黒デス
Φデスエンペラー
卍黒きムッコロズ
疑惑の恋人アルベルト
第9回(最弱決定戦) プププランド 自身:1位(3pt)
チーム:2位(6pt)
ピカピカ
ÅライムライトÅ
∫アルティライトねこ
ξ黒きBlack Joker
天使の聴牌 第10回(予選) 第1試合 いにしえの王国
堕ちる純白 第2試合 ヨッシーアイランド
玄酔楼 第3試合 惑星ゼーベス
エロ過ぎるマスター 第4試合 プププランド
疑惑の恋人アルベルト 第5試合 プププランド
悪魔の下目使い 第10回(最弱決定戦1回戦) コンゴジャングル
昼間の召喚士 第10回(最弱決定戦2回戦) 惑星ゼーベス
天空の虫使いアントン 第14回(一次予選) 第1試合 コンゴジャングル
歩く天下無敵 第2試合 ピーチ城上空
動物園のウシ 第3試合 ハイラル城
玄酔楼 第4試合 セクターZ
ξ黒きBlack Joker 第5試合 ヨッシーアイランド
ヨシオくん 第14回(二次予選) 第1試合 セクターZ
とろけるヨシオ 第2試合 プププランド
3億ドルの吐き気 第3試合 ハイラル城
煙草マスターの子 第4試合 ヨッシーアイランド
☆爆走戦士エルバン 第5試合 コンゴジャングル
第八回勢 悲しみのパターソン 第1回世代対抗戦(1回戦) ヨッシーアイランド ①(チーム2-3✖)
(次鋒戦)
  通算   11勝10敗

 


twitter→ https://twitter.com/Balzardtan_pika

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NTBjMThkM

なんだこのすっきりしない勝ち方は

返信
2021-09-05 20:12:36

名無し ID:MTRiMzVjN

BJ以来ピカ勢に流れが来てるな
最後はなんか煮え切らない勝利だったが

返信
2021-09-05 19:47:17

名無し ID:ZDNjOGEzZ
>> 返信元

あえてトドメを刺さず死なない程度にいたぶるとは…恐ろしい子!

返信
2021-09-05 19:25:26

名無し ID:NTM4MGU3N

前半はバーストが上手くて後半はダメージ稼ぎが上手かった
切り替えが出来れば最強だが、果たして

返信
2021-09-05 19:20:47

名無し ID:NjhkZGY2N

極道がいまいちパッとせず今回も苦手のアイランドで接戦の末価値をもぎ取れる実力を見せた
次の大型大会への意気込みは十分だな

返信
2021-09-05 19:17:58

名無し ID:ZGUwNmRlN

タバスコには負けてもののアイランドでの成績がよろしい

返信
2021-09-05 19:17:19

名無し ID:ZjBkNGI3M

二度のチャンスでビムソスマッシュより横強を優先したのはちょっともどかしかったけど
結果から見るに半端な飛ばしで何度も必死に復帰させることでパターソンの心を折る目的だったのかもしれないな(適当)

返信
2021-09-05 19:15:51

名無し ID:ODc1YzVlY

新必殺技! 極道切り!

精神的に相手を追い詰める!

返信
2021-09-05 19:09:39

名無し ID:NDE2YzJmO

つまり第14回優勝したBJに勝利したバルザードたんがピカチュウ勢最強…ってコト…!?

返信
2021-08-26 22:44:31

名無し ID:ZjIyOGI0M

アカンパニーってヤマブキのビルの谷間で自滅したのかと思った(今回ヤマブキないけど)

返信
2021-08-25 22:35:28

名無し ID:ODk3NzFlN
>> 返信元

アカンパニーと瞬間、心、重ねてが同じ大会で起きたという事実w

返信
2021-08-25 22:26:25

名無し ID:ZGRhYzg0M

バルたんとBJの試合見返してて勢い凄かったけどトナメにいないとちょいみんなの記憶から消えちゃうよね
アカンパニーの赤字コメ何回見ても笑っちゃうからこの試合は多分忘れないなw
タバスコエルバンなんて勝てれば凄いけど勝てなくても恥じゃないよね、次も見たいな

返信
2021-08-25 22:22:44

名無し ID:NzgxOGMxM

BJとの決着を見たかったが残念
やっぱり3強の壁は厚いか

返信
2021-07-23 20:03:34

名無し ID:ZThhNjJhY

ヨシオ二人に勝って強者たちに負ける
もっと暴れてほしかったんだがただただ順当な結果に終わったな
エルバン嫌い

返信
2021-07-23 19:58:54

名無し ID:ODgyYzQwY

本気で悔しかったんでまた出てリベンジしてほしい

返信
2021-07-23 19:26:47

名無し ID:YTQ2NWQ1N

終始良い動きしててマジでエルバン下すかと思ったが甘くはなかったか。
二次まできてこれは大健闘だ。お疲れ様👏

返信
2021-07-23 19:18:49

名無し ID:M2M0ZGI3M

エルバンファンの俺が言うのも変な話だが今日の試合はステージが上空セクターハイラル辺りだったらバルたん勝ってたと思う
それくらい今回のバルたんのガン攻めは素晴らしかった、次の大会も楽しみにしてる

返信
2021-07-23 19:10:40

名無し ID:OTAwODE2Z

肝心のトップには全然勝てないのがな…緑として優秀だが全体としては普通か

返信
2021-07-23 19:07:56

名無し ID:MmY2MTY2Y

うーむ、エルバンを下して決勝に進んで欲しかったが……
前二試合と違ってバチバチのいい勝負だったし良かった 緑ピカの枠は個人的には確定だ

返信
2021-07-23 19:07:09

名無し ID:ZThhNjJhY

バルザードたんが勝ちますように…!!!!

返信
2021-07-23 18:13:58