堕ちる純白 (LI)

ページ名:堕ちる純白

堕ちる純白

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1:稲瀬かな さん
Illust2:777 さん

Profile
キャラクター リンク
カラー 第8回: CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:空下
掛け声 第8回決勝トナメ~第9回:上B時、第10回:受け身時
肩書き

第8回・第10回、第14回:試されるセンザイ能力 第8回:堕ちない純白→堕ちた純白 

第10回:落ちない純白 第12回:センザイ能力、最近は落ちる

●出場記録 ◯成績
第8回大会

予選:3勝2敗(残スト3) Cブロック3位通過

決勝トナメ:準優勝 (WINNERS側優勝→グランドファイナル敗北)

第9回大会

優勝

チーム:ソードマスターズ(堕ちる純白 & 紅きポイゾネサスくん & 煙草マスターの子)

第10回大会

予選:3勝2敗 (残スト5) Dブロック2位通過

決勝トナメ:13位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側3回戦敗退)

第11回大会

ベスト8 (2回戦敗退)

チーム:新時代 (堕ちる純白 & ÅライムライトÅ)

第12回大会 ベスト8 (準々決勝敗退)
第13回大会

4位(準決勝敗退→3位決定戦敗北)

チーム:厨二病 (例の黒光 & 堕ちる純白)

第14回大会 一次予選:

*「果敢にアタックして大会のトップに立ってほしい 純白なら優勝もアリエール」
(前wikiコメント欄より)

第8回から登場、洗剤のキャッチコピーみたいな名前のリンク勢。


第8回

ネス勢が3人集まった予選Cブロックからの出場、初戦ではサムス勢最古参㍍アルザークと対決。

第8回予選試されるセンザイ能力-

復帰力の低さやソンソンが災いして苦戦するも、持ち前の火力やアイテムを巧みに利用して何とかこれを制する。
その後はネス3連戦という厳しい試練が待ち受け、ステージ相性もあって幾度も苦戦を強いられるが有の無限モルダーをギリギリの所で制し、予選突破に望みを繋ぐ。

続く悲しみのパターソン戦で白星を得たことにより、予選突破が確定した。またこれを以てCブロックの決勝トーナメント進出者が全て確定することになった。

第8回本戦+堕ちない純白-

トーナメントの初戦はΦデスエンペラー。爆発物だらけの試合となり、最後はΦデスエンペラーがモーションに自爆特攻しすんでのところで勝利。2回戦に駒を進める。

2回戦の相手は同族のナンバーワン候補、煙草マスターの子。プププランドなだけに堕ちてしまうか心配されたが丁寧な試合運びで(相手の自滅もあったが)勝利する。

準々決勝の相手は自身、4人目となる最古参、絶望のリア・リエ。相手の的確な復帰狩りに苦戦を強いられるが、積極的な投げで勝利して行く。

準決勝の相手は強敵15人目の天才。レイガン復帰阻止や爆弾逆利用で1ストックリードされてしまう。しかし、相手が伝家の宝刀アフォックスを決め一気に五分に。その差を安定した立ち回りでものとし最後は下突きでバースト。WINNERS側決勝にコマを進める。

WINNERS決勝の相手はÅライムライトÅとなり、予選のリベンジマッチに。一度負けた相手にもかかわらずコンゴジャングルでの自滅しない立ち回りで2ストック残しの快勝を収め、決勝トナメを無敗でWINNERS側からグランドファイナル進出を決めた。

グランドファイナル+堕ちた純白-

グランドファイナルの相手はかつて決勝トナメ1回戦で自身がLOSERSへ葬ったΦデスエンペラー

純白有利で始まったGF、初戦のステージは安心と信頼のプププランドが選ばれる。中盤、相手の謎過ぎる自滅(プププ版ソンソン?)とマキシムトマトにより、純白が1ストリードしていく。しかし、モーションとマキシムトマトでイーブンに返されると相手の横スマで復帰圏外に。さらにダメ押しのレイガンにも当たり最早、復帰不可能。一本取られる事に。

観客席の15人目の天才が一瞬映り、続く第2戦はコンゴジャングル、嫌な予感がする中、なんと相手が3ソンソンしたことにより2スト残しで余裕の勝利を収める。

勝利すれば優勝となる次の一戦はハイラル城が選ばれる。相手のあかのこうらで早々に1ストック落とし、その後も相手の猛攻にしてやられ、最後は竜巻でバースト。ここでセット差はイーブンに。

観客席の15人目の天才とちょこにゃが映し出される。そしてステージは2週目に入るプププランドが選ばれる。そして遂に、遂に堕ちる純白が堕ちた。これが響き、ストック差がどうにも縮まらず、最後のストックでまた堕ちた。

絶対に負けられない次の試合、ケが映し出されコンゴジャングルで戦う事に。一度ついた汚れは取ることが難しく、またもや自滅をしてしまう。直後にΦデスエンペラーもソンソンし、GFとは思えない泥仕合を繰り広げることに。結果ソンソンの始祖がソンソンをしたことでストックが尽き純白が勝利。勝負は最終戦までもつれ込む。

泣いても笑っても最後の試合、選ばれたのはハイラル城。先ほどとは打って変わりハイレベルな乱打戦が繰り広げられる。アイテムを巧みに使い、1ストック同士になるが100%以上のリードを保つ。優勝まで後一撃という所で相手に粘られ、しかもファイアフラワーで互角の%になってしまう。焦ったか、純白は既に投げているブーメランをもう一度投げようとしてしまい隙を晒してしまう。Φデスエンペラーはその一瞬の隙を見逃さずリンクの復帰力に刺さる横スマをぶち込む事に成功。純白は戻れるか分からない窮地に立たされる。純白は復帰を試みるがここで今大会何度もお世話になったさっき投げたブーメランが仇となる。ブーメランはカプセルに当たり、そのカプセルからはGF1試合目の最後が蘇るレイガン。狙撃は命中、純白は復帰の可能性が完全に潰れる。ハイラル城に響き渡る銃声とシェアアア。純白のストックが尽き、響き渡るGAME SET。

死のブロックを乗り越えた新人は、同じく死のブロックを乗り越えた最古参に敗れ、準優勝と言う結果で幕を閉じた。

ちなみに純白の決勝トーナメント以降各選手につけられた試合開始時の掛け声は奇しくもシェアアアであった。


第9回+ソードマスターズ-

第9回では偉大なリンク勢の先輩である紅きポイゾネサスくん煙草マスターの子とソードマスターズを結成。

第1試合(煙草マスターの子→紅きポイゾネサスくん→堕ちる純白

先輩たちの活躍により1位で決勝進出確定という有利な状況で試合に挑むことになる。敵である疑惑の恋人アルベルト玄酔楼をブーメランコスパや横スマスターロッドなどでガンガンバーストさせていく。その動きを見たP氏が「今リンクで一番強い(のかな)」と言及するほどだった。そしてタイムアップ寸前に玄酔楼に投げられ復帰不可能となるがバーストする前にギリギリでタイムアップ。これが響き1位で勝利。玄酔楼以来の2大会連続決勝進出を決めた。

 

決勝戦(煙草マスターの子→堕ちる純白→紅きポイゾネサスくん)

一番手の煙草マスターの子の活躍により、1位を取ればほぼ勝ち確という所で灼熱のレイア天空の虫使いアントンと戦う。この試合は思うように撃墜を稼げず、自身は復帰距離がない弱点を突かれて苦しい戦いとなる。しかしタイムアップ寸前でレイアを撃墜したことにより、何とかアントンと撃墜数・被撃墜数で並ぶ。Pの裁定により、完全同着で両者2位となり2ポイントを獲得し、何とか自チームが有利な状況で最終戦に繋げることができた。

最終戦のポイゾネも2位、こき使いチームの召喚士が1位を取り、両チームの総合獲得ポイントが同点で並んだことによりサドンデス(代表戦)が開催される。ポイゾネと召喚士のサドンデスは1vs1のタイム制1分のルールで行われることになったが、このルール内で決着は着かずゲーム内サドンデスに持ち込まれることに。STARTの合図と共にポイゾネの回転切りが召喚士を捉えてバースト。サドンデスはポイゾネが制し、これによりソードマスターズが優勝となった。

今大会の結果により、純白は初優勝を収める。前大会に続き連続で入賞という記録は、☆爆走戦士エルバン、玄酔楼に続いて史上3人目の快挙となった。


第10回の出場枠争いでも票数を集め、無事参戦が確定。

第10回予選+第10回予選-

初戦エロ過ぎるマスター戦ではハートのうつわを取られたにもかかわらず余裕の勝利を収めた。
また今回も惑星ゼーベスの酸を利用し堕ちなかった。

2戦目バルザードたん戦も余裕かと思われたが、なんとGF以来の自滅をしてしまう。
また、相手に復帰力の無さを突かれバースト。まさかの敗北となってしまった。
ちなみにこの試合、第8回優勝者と実況されるハプニングやコントローラーが堕ちるハプニングが起こった。

3戦目天使の聴牌戦でもまた自滅をしてしまう。その後は聴牌にストック先行されつつも取り返すという展開が続いていたが、最後はお互いダメージが溜まった状態で横スマをくらい敗北した。

後がない4戦目はハイラル城で疑惑の恋人アルベルトと戦う。
ひたすら堅実に立ち回り、モーションセンサー爆弾を強引に起爆させる、ハートのうつわを釣りに使う頭脳プレーも披露。
竜巻に巻きこまれたりしたものの2ストック残しで見事勝利。この試合で第8回勢では初めて10勝目に到達した。
また、この時点ではギリギリ予選通過が確定していなかったが、その後の試合の結果予選通過が確定した

予選最終戦の相手は同じダークホースとして大会を賑わした玄酔楼。ステージは再びハイラル城となった。
小技中心の玄酔楼の立ち回りに押されてしまうが、竜巻のモノマネを挟みつつ純白も堕ちない立ち回りで追い上げる。
デューレンファング式っぽいことになりつつも1100に持ち込むが、玄酔楼にトマトを取られ、自身の回復も妨害される。
それでも反撃しビームソードを拾うが玄酔楼の空中前Aを受け、カス当てだったもののビームソードを落としてしまう。
しかし落としたビームソードが玄酔楼に当たり、吹っ飛んだ玄酔楼がモーションに接触し思わぬ形で勝利した。
この勝利によって3勝2敗の勝ち越しとなり、2位通過が決定。3大会連続の表彰台、あわよくば優勝を狙えるか。

第10回決勝トーナメント+第10回決勝トーナメント-

決勝トナメの初戦は∫アルティライトねことの準優勝者対決に。ステージはコンゴジャングルが選ばれた。
ねこの豪運の恩恵を受け、ハンマーで先制。相手のタルを絡めたコンボとボム兵でストックが並ぶが即座に反撃し3200。
2つ目のハンマーはねこに取られたが、最初の一発以外を避けることに成功。しかし投げの隙を突かれて2ストック同士に。
この時点でほぼ五分五分の展開になるも、横スマ裏当てでジャンプを狩り残り1ストックに追い込むことに成功する。
直後に3つ目のハンマーが出現したものの、レイガンとブーメランでねこを妨害し入手に成功。2ストック差で勝利した。

次の試合は15人目の天才とリベンジを受けて立つことに……なるはずだったが他選手に乱入され当該試合は延期となった。
純白に代わり乱入した選手については無敵の転校生が有力とのことだが、断定はされていない。

翌日、今度こそ15人目の天才とハイラル城で戦うことになった。
序盤から激しい戦いとなるが、段差下の横スマで先制。天才にも段差下の上スマで取り返されるがダメージでリード。
そこから天才の追い上げを受け、ブラスターでボム兵に釘付けにされそうになるも、強引に回転斬りを決め2200に。
そしてビームソードで二刀流となるが、レイガンで二丁拳銃となった天才に押され残り1ストックに追い込まれてしまう。
逆転を狙うべく箱を投げてみると、なんとモンスターボールが3つ出現。真ん中のボールを選び、はちを召喚する。
はちで天才を牽制しつつハンマーを取り、ハンマーで天才をバーストさせ1ストック同士に持ち込むことに成功する。
その後ボム兵で差を詰めようとするが自爆してしまい敗北。リベンジを達成され初めてLOSERS側に堕ちることに。

LOSERS側2回戦の相手は第10回唯一の新人にして期待の青ドンキー動物園のウシ。ステージはプププランドとなった。
序盤から押していき、爆弾を交えた前投げを披露。ウシを追い込んでいくが、後ろ投げで先制され回復もされてしまう。
その後もレイガン射撃を受けたり、回復アイテムを逐一取られたりとアイテムをうまく使われウシのペースで試合が進む。
それでも堕ちることはなく、冷静に戦い続け1ストック同士に持ち込み、遂に純白自身もハートのうつわで回復に成功。
ダメージ逆転に成功した後はウシを追い詰めていき、最後はウシが事故を起こしてしまい勝利した。

LOSERS側3回戦では殺意のヨシオとヨッシーアイランドで戦う。
序盤はリーチ・判定の差で一方的に押して先制するが、モーションセンサー爆弾に自ら突っ込んでしまい3300に。
更に殺意にビームソードを取られたことでリーチが逆転し、今度は純白が一方的に攻撃を受けてしまう。
ステージ右から粘り強く復帰するものの、空中前Aのジャンプ狩りで落下。序盤とは逆に1ストック差を付けられることに。
更に復活後も空中攻撃やはたくで押されてスターも取られ、再びジャンプ狩りを受け残り1ストックに追い込まれる。
横スマで殺意をバーストさせ1ストック差に持ち込むが、ハンマーを取られて星になり2ストック差で敗北してしまった。
純白の敗退によって予選Dブロックの選手及び第8回TOP3の選手が全滅。3大会連続の表彰台入りは果たせなかった。


第11回+第11回ー

第11回では、第8回で新たな可能性を広げたもの同士であるÅライムライトÅと「新時代」を結成。

1回戦の相手は「自分殺し」に決まり、「ヤマブキシティ&レイガン」と純白としてはやや不安な環境が選ばれる。
しかしライムライトとお互いを介錯しあい、爆弾も活用。直接・間接的に相手チームを撃墜しスコアを伸ばしていく。
最後は味方殺し共々マルマインでバーストしたものの、敵味方が事故で落下する中最後まで堕ちずに戦い続けて勝利。

2回戦の相手は「I AM ALCOHOL」。ステージはプププランド、アイテムはホームランバットが選ばれた。
序盤にファルコンパンチを受けるが、爆弾で自滅扱いにすることに成功。爆発カプセルを上に投げ時間差攻撃も行った。
その後も奮戦し、ポイントを横取りされたりホームランバットを不発にされつつも玄酔楼を箱投げで撃墜する。
しかし最後、下突きで落下してタイムアップと同時にバースト。最後の最後で「堕ちた純白」となり敗退してしまった。


第12回+第12回-

レベル8勢限定大会の第12回にも当然出場。
初めてシード選手となり、ヨッシーアイランドを舞台に最果てのスケベ心と同期対決を繰り広げる。
序盤はスケベ心に押されたものの、あっという間に取り返し急降下下突き。スケベ心は復帰ミスでバーストし先制する。
しかし仕掛けたモーションで自爆してしまい3300。その後はリードしたものの回転斬りで飛び出して堕ちてしまった
それでも高所の下スマで2ストック同士に持ち込み、レイガンはうまく使えなかったもののハンマーの入手に成功。
スケベ心を残り1ストックに追い込んだが、純白もハンマーを振り回しながら堕ちてまさかの1100になってしまう
……が、最終ストックではスケベ心を圧倒。箱投げもスターロッドで妨害し、最後は再び下突きを決めて勝利した。
優勝候補の一角&初シードのプレッシャーか、純白らしからぬ不安定ぶりを見せてしまったが無事勝利することができた。

その後の試合の結果純白が最後のリンク勢となり、プレッシャーのかかる展開が続く。
そして3回戦の相手は、Φデスエンペラーと同カラーのファルコン勢犬のような黒猫。ステージは奇しくもハイラル城に。
序盤から飛ばしていく黒猫に対し、爆弾を喰らわせ投げに繋げるといったテクニックを見せ対応。回転斬りで先制する。
黒猫の反撃で3ストック同士となった後も飛び道具や剣を駆使して攻め、お互いに一歩も引かず激戦を繰り広げる。
やがて回転斬りとオバヘが相打ちになり、惜しくも純白のみバーストしてしまったが、ハンマーで取り返し2200。
その後はステージ右で戦い、ブーメランからの回転斬りで黒猫を追い出しつつ回復を阻止。そのまま差を広げていく。
回転斬りで二度も場外と逆方向に吹っ飛ばしてしまうが、戻りブーメランから下スマに繋ぎ遂に3ストック目を奪った。
最後は黒猫の下スマの隙に箱を投げ当て、バンパーからのブーメラン、更にハンマーを直撃させ2ストック差で勝利した。

準々決勝は[自称]妹との同期対決。ステージはピーチ城上空となった。
ヒップドロップの直撃を避けつつ妹を押していき、上強で先制。しかし妹にも移動床で後ろ投げを決められバーストする。
3ストック同士で並ぶが妹に次々とコンボを決め、頃合いを見て後ろ投げ。移動床のタイミングも手伝い2ストック目を奪う。
スターを取った妹に反撃を受けるも、180%超えのダメージになってもなお粘り、妹を残り1ストックにまで追い込んだ。
その後バンパーを駆使して210%超えまで粘ったが、上スマで三角コーナーに叩きつけられ遂にバースト。2100の状況に。
これでもまだ1ストック差がついていたが、純白は復活早々に下突きで自滅し、一気に1ストック同士に並んでしまう
更に妹のばたあしアタックをモロに受けて瞬く間にダメージを逆転され、直後上スマも決まり復帰できずにバースト
途中まではリードしていたが、大事な場面での自滅が響いて逆転を許し1ストック差で敗退。リンク勢は全滅となった。


第13回+第13回-

第13回にも参加。馬が合わなそうな同族の先輩、例の黒光と「厨二病」を結成し、純白は大将を務める。

初戦の相手は男女の友情アリ派に決まりリンク勢ばかりの試合となるが、なんと先鋒の黒光が2ストック差で敗北。
後がない状況で最古参の♀幻のギルティ―スMkⅡと戦うことになり、ステージはホームのハイラル城に。
試合序盤、うっかりアフォックスしかけたギルティースに横スマを当てて阻止する騎士道精神を見せる。堕とさない純白
そこから徐々に差を広げ、ギルティースが竜巻に入ったところにブーメランを投げ、再び竜巻に巻き込ませて追い詰める
やがて下突きで先制するがギルティースの反撃を受け、モーションセンサー爆弾を拾ったところに空中上を受け星にされる。
3ストック同士に並んだ後ギルティースをバースト圏内に追い込むが、ブラスターの連射で固められ竜巻に入ってしまう。
更にステージ左で空中回転斬りを出した瞬間にリフレクターを受けなすすべなく場外へ落下。先に2ストック目を奪われる。
復活後もブラスターを連射され、中断してジャンプしたところに上突きするが、倒しきれずその後もバーストに苦戦。
それでも空中回転斬りで2ストック同士に持ち込むも、ギルティースにラーイライを繰り出されダメージ差が広がっていく。
ダメージ139%に追い詰められたが、ギルティースのモーションセンサー爆弾を利用し3ストック目を先に奪うことに成功。
その後またもステージ左で戦い、下スマは耐えるもはりせんハンカチ落としからの空中上のコンボを決められバースト。
1ストック同士となった後はほぼ互角の戦いになり、先に100%超えのダメージを与えるが前投げを耐えられ復帰される。
最後は相殺やシールドでなかなか決着がつかなかったが、ギルティースの隙に上強を決め勝利。勝負は3本目にもつれ込む。

3本目の相手は自分と同じレベル8リンクの神剣バスタード♂。ステージはヨッシーアイランドが選ばれる。
序盤は相手の隙に的確に技を当ててリード。後ろ投げでバスタードを左へ飛ばし、雲に乗れなかったバスタードが落下。
首尾よく先制した後も差を詰めさせることなく試合を進め、ステージ右端でタルを投げバスタードの2ストック目も奪う。
その後も順調にダメージを稼いでいたが、お互いの空中攻撃が相打ちになった結果復帰できずに落下し遂にバースト。
復活後は復帰していたバスタードを下突きで強襲。バスタードは雲に乗ったもののジャンプし損ねて残り1ストック。
そのままバスタードを追い込むも下スマで反撃され、今度はこちらが雲に乗れずに落下。2ストック目を落とすことに。
しかし純白はバンパーでバスタードを場外へ弾き飛ばしてブーメランを投げ、回転斬り中のバスタードに見事直撃させる
復帰妨害を受けたバスタードは何もできず落下。安定感抜群の立ち回りで2ストック差勝利となり、2勝1敗で2回戦へ進出。

2回戦の相手は詳しすぎた虫使いチーム。今度は黒光が1本目を制し、自身は天空の虫使いアントンと戦う。
試合は再びハイラル城で行われたが、序盤からアントンの攻撃に押されてしまい、ヒップドロップでダメージ120%に。
それでもモンスターボールからリザードンを繰り出し、竜巻と合わせて一気にダメージ差を取り返し先制することに成功。
しかしアントンのうしろげりを受け、復帰できず3300。その後はお互い事故りそうになりつつも互角の戦いを繰り広げる。
両者共に100%超えになった後スターを取られ、無敵を凌ぎきって回転斬りを仕掛けるが当たりどころが悪く耐えられる。
そして再びうしろげりを喰らいバースト。直前にモンスターボールも投げられたが、出現したのはニャース先生知ってた
復活した純白は無敵のまま下突きを決め2200。再び互角の戦いとなるが、アントンの動きを読めずヒップドロップが直撃。
更にアントンに2つ目のスターも取られるも攻撃をうまくかわし、ヒップドロップに合わせた下突きで1ストック同士に。
ところが箱の中身のレイガンを取られ、レイガンの狙撃と空中攻撃で追い詰められた後に場外へ追い出されてしまう。
復帰しようとする純白だったが、アントンにレイガンで撃たれ続けてステージに戻れず落下。1ストック差で敗北した。
第8回GFのような負け方で勝負は3本目にもつれ込んだが、そこでも黒光が勝利。今度は黒光に救われる形で準決勝に進出。

準決勝の相手は副旋律チーム。黒光が敗北し、不利な状況で切れた脇役と戦うことに。ステージはまたまたハイラル城。
スクリューアタックを受けつつも五分に戦っていたが、脇役にレイガンを取られソバットや狙撃でダメージ差を広げられる。
レイガン投げからは復帰するも、前投げを耐えられずバースト。こちらのレイガンにはチャージショットで反撃される。
その後レイガンで脇役を竜巻に入れ3ストック同士になるが、脇役にはちを繰り出され連携で3200の状況になってしまう。
しかしステージ右で脇役に怒涛の反撃を加えビームソードも入手。チャージショットをかわし下突きでストックを並べる。
互角の戦いになるもスクリューアタックでダメージを稼がれ、後ろ投げから復帰された後モーションを投げ当てられる。
……が、直前に取り出していた爆弾が落ちてモーションに接触。両方の爆弾が爆発し脇役が先に3ストック目を落とす。
メテオの連発から竜巻に押し込まれ3ストック同士になるが、脇役がそのまま何度も竜巻に入りダメージ差が広がる。
脇役にはバースト圏内の状態で粘られたものの、最後は竜巻でバースト。1勝1敗で勝負は3本目にもつれ込むことに。

3本目の相手は∮シュバルツ∮。再びレベル8勢対決となり、選ばれたステージはヨッシーアイランド。
五分に近い状況から差を広げるが、つかみをかわされた隙に逆に後ろ投げされ、雲に乗れずに落下してしまいバースト。
復活後はシュバルツを爆弾でうまく牽制し、回転斬りで3300。仕切り直し後はシュバルツと激しい空中戦を繰り広げる。
その後モーションを仕掛けるが2人でそれを喰らってしまい、シュバルツはバーストするも純白は雲に落下したため生還。
しかし雲からジャンプし損ね結局2200。アカのこうらやファイアフラワーで堕ちることはなかったがダメージを稼がれる。
後ろ蹴りからは雲を利用し復帰したものの、着地前にモーションを投げ当てられてジャンプを狩られ残り1ストック。
シュバルツもそのモーションを踏んでいたが、復帰された上に回避やシールドで粘られスターの入手まで許してしまう。
ドリル連発からの後ろ蹴りで大ダメージを受け、再びジャンプを狩られまさかの2ストック差で敗北。3位決定戦に回る。

3位決定戦の相手はアニャ犬・スカイウォーカーチーム。黒光が勝利した後、自身は犬のような黒猫とプププランドで戦う。
序盤はやや押されつつも上下の突きをメインに戦い、スターロッドを使って優位に立つも横スマを受け先制される。
復活直後に回転斬りで取り返し3300。ここから再び押されてしまい、崖を背に後ろ投げされて戻れずに落下。
これで残り2ストックとなってしまい、逆転すべく黒猫にダメージを与えていくが下突きや回転斬りは耐えて復帰される。
そして黒猫にニャース先生を繰り出されてこちらもダメージを受け、黒猫の浦安で遂に残り1ストックになってしまう。
しかし上突きで黒猫を倒し1ストック差に持ち込むと、復活した黒猫を圧倒。箱を持ち上げた黒猫を掴み前投げする。
これは復帰されたものの、回転斬りで遂に1ストック同士。更にレイガンも駆使してダメージで逆転することに成功。
ところが黒猫が台上のアカのこうらを起動させてしまい、黒猫共々翻弄された挙句モンスターボールを投げ当てられる。
純白は復帰できずバースト。惜しくも1ストック差で敗北した上、黒光も3本目を落としたため結果は4位となった。

また第13回大会を通してすべての試合で3本目にもつれ込む大接戦を演じることとなった。
表彰台こそ逃したものの、相方の黒光共々大会を大いに盛り上げてくれた事は間違いないだろう。


第14回+第14回-

次の大規模大会である第14回の開催が決まり、純白も再びアンケートを制して参戦。Eブロックから参加する。

初戦の相手は元祖コンボ使いカービィバーンナック。ステージはハイラル城に。
序盤は互角に戦っていたが、ステージ左でリザードンに追い出された上に炎での復帰阻止もされてしまい先制を許す。
復活後も攻撃を受けるも、上スマから下突きに繋げバーンナックを撃墜。しっかり最大を取って3ストック同士に並ぶ。
そしてステージ右で読み合うと思いきや中断しスターロッドを入手。ブーメランから横スマスターロッドをぶち当てる。
その後ファイナルカッターで竜巻に入れられそうになるが純白はそれを看破。逆に空中前で奇襲しジャンプ狩りを行う
これで2ストック目を奪い、復活したバーンナックにカプセルを投げ当てられるも中身のボム兵はしっかりシールド
結果バーンナックだけ爆発に巻き込まれ2ストック差となり、ストーンも耐えて復帰。その後再びステージ右での戦いに。
バーンナックの上スマはカス当てになったものの慣性がついてしまい、復帰できず落下し1ストック差に追い上げられる。
それでも回転斬りの連発で押していき、最後はファイナルカッターの上から下突きでトドメ。2ストック差で盤石の勝利。

2戦目の相手は第11回のチームメイトにして第8回で二度戦ったÅライムライトÅ。ステージは再びハイラル城に。
ブーメランを活用して攻めるがライムライトに反撃され、ステージ右で差を広げられた後に後ろ投げを受け先制を許す。
復活後はライムライトを竜巻に入れ、上下の突きから回転斬り。ライムライトの復帰に横スマを合わせ3ストック同士に。
ストックを並べた後は一時無限ループになったが、ライムライトにボム兵を投げつけられ自分だけバーストしてしまう。
その後は回転斬りや下突きを狙うも決まらず、逆にステージ左で前投げされ一気に残り1ストックに追い込まれてしまった
ライムライトを再び竜巻に放り込み2ストック目を奪うが、回転斬りにPKファイヤーを合わせられそのまま押されていく。
純白もこうらをかわし切り返すも、OPがかかって粘られ頭でバースト。弱点の復帰力の低さを突かれ2ストック差で敗北。


“堕ちる”純白と如何にも空下で自滅しそうな名前であるが、何と第8回大会ではWINNERS決勝まで一度たりとも自滅しなかった。リンク勢の中でも非常に安定した立ち回りをしており、その堅実さから「堕ちない純白」とも評されている。が、GFでの自滅により「堕ちた純白」となった。

第9回大会でも「堕ちない純白」は健在。特に1回戦ではタイムアップの時間を利用するといった新しいタイプの「堕ちない純白」を披露し、その堅実さをより広めることとなる。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
㍍アルザーク 第8回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
☆爆走戦士エルバン 第2試合 プププランド
ÅライムライトÅ 第3試合 プププランド
有の無限モルダー 第4試合 ハイラル城
悲しみのパターソン 第5試合 プププランド
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメ1回戦) ハイラル城
煙草マスターの子 第8回(決勝トナメ2回戦) プププランド
絶望のリア・リエ 第8回(決勝トナメWNNERS側準々決勝) コンゴジャングル
15人目の天才 第8回(決勝トナメWINNERS側準決勝) プププランド
ÅライムライトÅ 第8回(決勝トナメWINNERS側決勝) コンゴジャングル
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメグランドファイナル) プププランド×2
コンゴジャングル×2
ハイラル城×2

(❶→②→❷)
(❷→①→❶)
チーム3強
15人目の天才
玄酔楼
☆爆走戦士エルバン
第9回(1回戦) プププランド 自身:1位(3pt)
チーム:1位(8pt)
真っ黒デス
疑惑の恋人アルベルト
卍黒きムッコロズ
Φデスエンペラー
因縁の三人
灼熱のレイア
殺意のヨシオ
絶望のリア・リエ
第9回(決勝) プププランド 自身:2位(2pt)
チーム:1位(7pt)
こき使い
悪魔の下目使い
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士
エロ過ぎるマスター 第10回(予選) 第1試合 惑星ゼーベス
バルザードたん 第2試合 ヨッシーアイランド
天使の聴牌 第3試合 コンゴジャングル
疑惑の恋人アルベルト 第4試合 ハイラル城
玄酔楼 第5試合 ハイラル城
∫アルティライトねこ 第10回(決勝トナメWINNERS側1回戦) コンゴジャングル
15人目の天才 第10回(決勝トナメWINNERS側2回戦) ハイラル城
動物園のウシ 第10回(決勝トナメLOSERS側2回戦) プププランド
殺意のヨシオ 第10回(決勝トナメLOSERS側3回戦) ヨッシーアイランド
自分殺し
例の黒光
20人目の味方殺し
第11回(1回戦) ヤマブキシティ
I AM ALCOHOL
玄酔楼
3億ドルの吐き気
第11回(2回戦) プププランド ✖️
最果てのスケベ心 第12回(2回戦) ヨッシーアイランド
犬のような黒猫 第12回(3回戦) ハイラル城
[自称]妹 第12回(準々決勝) ピーチ城上空
男女の友情アリ派
神剣バスタード♂
♀幻のギルティ―スMkⅡ
第13回(1回戦2本目) ハイラル城
男女の友情アリ派
神剣バスタード♂
♀幻のギルティ―スMkⅡ
第13回(1回戦3本目) ヨッシーアイランド
(チーム2-1〇)
詳しすぎた虫使い
詳しすぎた湖
天空の虫使いアントン
第13回(2回戦2本目) ハイラル城
(チーム2-1〇)
副旋律
∮シュバルツ∮
切れた脇役
第13回(準決勝2本目) ハイラル城
副旋律
∮シュバルツ∮

切れた脇役
第13回(準決勝3本目) ヨッシーアイランド
(チーム1-2✖)
アニャ犬・スカイウォーカー
◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡
犬のような黒猫
第13回(3位決定戦2本目) プププランド
(チーム1-2✖)
バーンナック 第14回(一次予選) 第1試合 ハイラル城
ÅライムライトÅ 第2試合 ハイラル城
エロ過ぎるマスター 第3試合    
若き日のロハス 第4試合    
灼熱のレイア 第5試合    
  通算 全35試合
(勝敗除外2試合)
20勝13敗

 


twitter→ https://twitter.com/F64li

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:ZGI4M2I0O

ここで落としてしまったからには、ロハスには負けられないな。
ブロック通過という意味でも、レベル8最強格という意味でも。

返信
2021-05-02 20:31:04

名無し ID:MmNmNjQ5O

こっちが平均点60のとこ90の動きしたら向こうは100点の動きされてたあの感じ
本当面白かった
これがあるから視聴やめれない

返信
2021-05-02 19:46:03

名無し ID:Zjc5YWU1N

しっかり復帰狩りしたり竜巻に押し込んだりといい動きしてたけどあの投げ一発が勝負を決めたな

返信
2021-05-02 19:36:13

名無し ID:YTA3ZDg0N

リンクは投げ技に弱いって弱点をつかれたな

ハイラルは広いからリンクでもバ難になるんだな

返信
2021-05-02 19:32:11

名無し ID:MmNmNjQ5O

正直今回に関してはライムライトがうますぎたなw
リンクの復帰力のなさこここまでつく選手他になかなかいなかったし

返信
2021-05-02 19:29:06

名無し ID:N2E5YzA4O

案外レイア戦まで2-2になって最終局面でレイアと予選突破かけて戦うなんて展開もあるのかな
当然全員に勝って欲しいとは思ってるけど、一つ言えるのは…エロマスに負けたらヤバい

返信
2021-05-02 19:29:01

名無し ID:YmE3OWIyM

レベル8リンクって安定感は9より上な反面、ここぞって時の爆発力が弱い気がする
ボロ負けする事はないけど圧勝する事も少ないっていうか

返信
2021-05-02 19:26:55

名無し ID:MzdlOGUwZ

レイアロハスは安牌とも言えないし、エロマスの嫌がらせの照準が向いてこないとも限らない
というかヨシオ族にすら負けたことあるアイランドがエロマス戦で来る・・・ということになったら相当怖いね

返信
2021-05-02 19:25:13

名無し ID:OWI3Y2IyY

ライムライトの奇行に流されて冷静さを欠いたか...?

返信
2021-05-02 19:14:18

名無し ID:N2E5YzA4O

広いステージでもステージ端で戦う展開になれば苦しいか
自分のペースにして復帰力のなさを突かせないようにしないと意外なところで負けることがありそう

返信
2021-05-02 19:13:13

名無し ID:ZmRmYzA1N

ハイラルはポイゾネがプププ以外で唯一負けてるステージでもあるし、やはり復帰の問題がネックか
あとは上突きがあまりにバースト技にならなくて横に飛ばす必要があるのもまず味

返信
2021-05-02 19:13:12

名無し ID:YjlhNDc0Y

ハイラルリンクは勿論強いけど復帰力の無さが浮き彫りになるな
今回の試合もそうだけど対ドンキーでハイラル来たら以外に苦戦しそう

返信
2021-05-02 19:09:06

名無し ID:MzNlMjc5Y

いい仕上がりだ
この調子なら全勝突破といきたい所だがやはり最大の壁はライムラか
出来ればまたハイラル引いて盤石に勝ちに行きたい所だ

返信
2021-04-20 19:27:17

名無し ID:NmQ4MGJjO

ストック差以上に恐ろしい事やってる感がヤバい最効率で狩りにきてる8回の勝ち上がりを彷彿させる機械っぷり

返信
2021-04-20 19:16:56

名無し ID:ZTcxNDU2Y

安定感が段違いだな
序盤リード取られかけてどうなるかと思ったけど無用な心配だった

返信
2021-04-20 19:06:11

名無し ID:NDllM2VkZ

らしさがでる試合だったな

返信
2021-04-20 19:05:25

名無し ID:NjA5MjI0O

↓追加するとPさんはレベル8の動きの違いから1人は入れたいな的な事は言ってたからリンク全体で純白黒光と㌧大学生の2シフト制でいいんじゃないかと思うタバマスと通り魔が来たら知らん

返信
2021-02-24 20:41:44

名無し ID:NjA5MjI0O

白リンクに関しては誰かが絶対的にいるわけでもなくやる度に交代すれば良いんじゃないかなぁとは思うけどね
誰も幻想に行くスペックじゃないし…

返信
2021-02-24 20:39:39

名無し ID:NmNmZWFmY

純白の直近の大会の成績
11回ベスト8 1勝1敗
12回ベスト8 2勝1敗
13回4位 チーム2勝2敗 自身3勝3敗なんだよね

どの大会でもいいから後1回勝ってれば、大規模のアンケなんとかなりそうだったけど、微妙な成績になっちゃったから㌧にアンケ勝てるかどうか分からない
自分は好きだから純白入れるだろうけど、どうなるんだろう…

返信
2021-02-24 20:36:38

名無し ID:ZGVmNGFmO

何気なく戦績見返してたんだが、今回勝てていればメダルコンプリートの仲間入りだったのか…

まぁそれについては勝てなかった純白も悪いから黒光のせいとも言えないけど

返信
2021-02-24 19:36:47