埋込_エレグ_考察

ページ名:埋込_エレグ_考察

※この下にストーリーやニケに関する考察を書く事ができます※

性能以外の考察を編集する

指揮官への愛称は「指揮官氏」

blablaプロフィールは「BOOM!」

 

電子機器の研究開発を担当する部隊「エレクトリックショック」のリーダー。
電子製品の動力源に関する専門家であり、特にコンバーターは最高傑作との事。

「○○氏」「ですぞ」「ふひひっ」など独特な喋り方が特徴。
趣味はレトロゲームの名作FPS「BOOM」ディスプレイがついている機械にインストールすること。
通り魔の如く自販機から電卓、電光掲示板など様々な機器にインストールしている。

日誌の文頭には必ず「BOOM」関係の事を記入する。

前髪が長すぎて目が見えない、いわゆるメカクレ属性で瞳の色は紫色。
イベント「BOOMS DAY」のスチルで披露する横顔は必見。

 

BOOMの元ネタは1993年にMS-DOSで発売されたゲーム「DOOM」であろう。FPS(ファーストパーソンシューティング)というジャンルの元祖と言える金字塔であり、FPSという呼称が一般化するまでは一人称シューティングを「DOOM系」「DOOMクローン」と呼んでいたほど。ハマりすぎて仕事や学業に支障をきたすということで、規則でDOOMが禁止された企業や大学も少なくない。
その影響力から現在でもコアなファンが多く、「あらゆるデバイスにとりあえずDOOMを移植する」というミームが実際に存在する。関数電卓やプリンター、電子ピアノ、果ては様々なゲーム内でDOOMをプレイできるようにした末、DOOM内でDOOMをプレイするというわけのわからないことにまでなっている。

なお、シナリオ中でエレグは「たったの28メガ」と言っているが、初代DOOMはフロッピーディスク4枚組でせいぜい数MBの容量である。一方で「8ビットの電子音」とも言われているが、MS-DOSのOSは16bit…
BOOMの開発経緯はなかなか複雑なようだ。

 

独特な口調はロジカル語法・論者口調などと呼ばれ、某ポケモンバトルで役割論理なる戦術を主張した人物の特徴的な喋り方……ではなく、それをネタに発展した「いかにもオタクっぽい喋り方」のネットミームである。

原典が気になるのであれば「ロジカル語法」で検索してみよう。

 

シェアボタン: このページをSNSに投稿するのに便利です。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧