3億ドルの吐き気 (FA)

ページ名:3億ドルの吐き気

3億ドルの吐き気

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust:Ylit さん
素敵なイラストありがとうございます!

Profile
キャラクター キャプテンファルコン
カラー 第2回:紫  第3回〜: CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回:空上の後半
掛け声 第8回決勝トナメ:バースト時
肩書き 第3回:浦安 第6回、第10回、第14回:浦安の始祖 第8回:ミスター浦安
●出場記録 ◯成績
第2回大会 10位 (1回戦敗退→最弱決定戦:2位)
第3回大会

予選:3勝2敗 (残スト4) Hブロック2位通過

決勝トナメ:ベスト8 (準々決勝敗退)

第4回大会

3位 (準決勝敗退→3位決定戦勝利)

チーム:吐き☆そう☆戦士☆ゲロ☆バン (3億ドルの吐き気 & ☆爆走戦士エルバン)

第5回大会

ベスト8 (1回戦敗退)

チーム:3人の殺意 (3億ドルの吐き気 & 15人目の天才 & 殺意のヨシオ)

第6回大会 4位 (WINNERS側4回戦敗退→LOSERS側準決勝敗退)
第7回大会

ベスト15 (1回戦敗退)

チーム:吐くようだ (3億ドルの吐き気 & ¶YOODA¶)

第8回大会

予選:4勝1敗 (残スト6) Aブロック1位通過

決勝トナメ:5位タイ (WINNERS側準決勝敗退→LOSERS側準々決勝敗退)

第9回大会

ベスト6 (1回戦敗退)

チーム:3億ドルの世界の脇役 (3億ドルの吐き気 & 世界のrekuiemu & 切れた脇役)

第10回大会

予選:2勝3敗 (残スト3) Aブロック4位通過 (LOSERS側スタート)

決勝トナメ:9位タイ (LOSERS側4回戦敗退)

第11回大会

3位 (準決勝敗退→3位決定戦勝利)

チーム:I AM ALCOHOL (3億ドルの吐き気 & 玄酔楼)

第14回大会

一次予選:4勝1敗(得失点6) Gブロック2位通過

二次予選:3勝2敗(得失点3) Yブロック3位通過(LOSERS側スタート)

決勝トナメ:9位タイ(ベスト12・LOSERS側1回戦敗退)

P(ピー)「めっちゃ浦安出すやん!!」

第2回大会から登場し、以降は番外編を除いて皆勤のファルコン勢。愛称は「吐き気」。
名前全体から醸し出される強烈なインパクト、そして実体ではなく概念であることをしばしばP(ピー)にネタにされている。


第2回の戦績

初出場の第2回では初戦で昼間の召喚士に敗北し、最弱決定戦へ出場する。カオスを極めた第2回最弱決定戦だったが、吐き気だけ唯一まともに戦っていた。


第3回 “浦安誕生”+第3回 を閉じる-

第3回では予選を2位通過し決勝トーナメントへ進出、1回戦では紅きポイゾネサスくんと激突。最初の数十秒間は相手の流れだったものの、以降は吐き気が試合を掌握しファルコンパンチ→ハンマー→ファルコンパンチで瞬く間に3ストックを奪い去る。最終ストックとなったポイゾネサスくんだが吐き気の気に圧倒されたのか、復帰台からそのまま下突きで場外に落ちていき投了(?)という形で試合終了。試合時間が2分に満たないスピード決着となった。

奥義「浦安」

続く決勝トナメ2回戦では吐き気の代名詞ともなる奥義「浦安」が生み出される。
邪心マグヌス相手に苦戦を強いられていた試合中盤、場外に吹っ飛ばしたマグヌスがPKサンダーで復帰してきた後隙を狙って空中上A(オーバーヘッド)を当てたところ、マグヌスは吐き気の真後ろに思いっきり吹っ飛んでバーストした。その際言葉に詰まったP(ピー)がとっさに発した一言がきっかけ。

以降オーバーヘッドの終わり際をヒットさせ、強烈なベクトルで横に吹っ飛ばすことを「浦安」と呼ばれるようになった。

なお、浦安が定着したのは同じくマグヌス戦で炸裂した2度目のオーバーヘッド終わり際当てであり、PKサンダー体当たりで復帰してきたマグヌスの着地隙を狙って空中下Aのメテオで打ち上げ、ジャンプ動作のバク転からオーバーヘッドと美しい回転軌道を描き放った鋭い一撃でバーストさせた。爽快感のあるこのコンボはCPUトナメシリーズでも上位に来る名場面である。ちなみにこの試合は優勝候補のマグヌス相手に奇跡のハンマーを引き当て逆転勝利した。

 

快進撃の止まらない吐き気だったが準々決勝で☆爆走戦士エルバンに手も足も出ず完敗、最上位勢との壁を思い知らされる形となった。結果は第3回ベスト8とファルコン勢で最高成績を残し、吐き気自身もさらなる成長を窺わせ今大会を締めくくった。


第4回・第5回の戦績

第4回タッグトナメでは、第3回準々決勝で敗れたエルバンと共に戦い見事3位に輝いた。

引き続き第5回では殺意のヨシオ15人目の天才とチーム「3人の殺意」を結成するが、自身が煙草マスターの子に敗れ、チームも1回戦敗退に終わってしまう。

「浦安って吐き気だよね?」


第6回の戦績+第6回の戦績-

第6回でも引き続き参戦。多少のラッキーはあったものの順調に勝ち上がり、準々決勝では再びエルバンと合間見えることに。しかし浦安を狙うも決まらず、アイテム運もあってか1ストックしか削れずに敗北してしまった。

本来なら続けてルーザーズ5回戦第1試合に出場の予定だったが、前の試合での疲労を考慮して第2試合勇者ヨシオvs悪魔の下目使い戦が先に行われることとなった。連戦を配慮して試合の順番を入れ替えるというのは初(過去の大会では準決勝→3位決定戦の連戦の例あり、今大会でも玄酔楼がウィナーズ決勝→ルーザーズ決勝→グランドファイナルの連戦)かつ、第6回終了時点で唯一のこと。

その試合ではシリーズ通して初のファルコンミラーに。ドルコリン♪とファルコンパンチの応酬を見せるなど、非常に噛み合った戦いとなる。しかしコンゴジャングルのためドルコリン♪がソンソンを多発、優勢のまま勝利した。

ルーザーズ6回戦ではサムス勢期待のルーキー卍黒きムッコロズと対決。サムスの弱点であるバースト力の低さをビームソードやホームランバットで補う立ち回りに対し吐き気もそれに応戦、互いにホームランバットでかっ飛ばす互角の接戦にもつれ込む。最後は満を持して繰り出した浦安で勝利を収めた。なお、この試合で初めて浦安がフィニッシュブローとなった。

ルーザーズ側準々決勝では切れた脇役と対戦し、メテオや爆葬、ファルコンパンチなどを決め圧勝。ちなみにこれが同期対決の初勝利でもある。

そしてルーザーズ側準決勝では吐き気にとって最大の敵であるエルバンと三度目の激突となる。過去2回の試合でいずれも大敗を喫した吐き気だったが、この試合ではエルバンにすら執念で互角の激闘を繰り広げる。

超高速浦安が炸裂し続くストックも浦安でバーストするなど冴え渡っていた吐き気だったが、それでもなおエルバンの高火力に押され試合は徐々に相手の流れに。ソンソンの不運に見舞われリードを許したまま最終ストックとなった吐き気だったが、最後はエルバンが投げつけた箱をガードしたところを前投げされるという完璧な詰め方をされバースト。

第3回大会で手も足も出なかったあの頃から大幅な成長を遂げた吐き気を讃える声を背にし、惜しまれつつも今大会を去っていった。


第7回の戦績+第7回の戦績-

第7回では¶YOODA¶とチームを組み「吐くようだ」として参戦。1回戦でrekuiemuと脇役のコンビ「アイマス」と対決し、息の合った相手に対しリズムの合わない二人は苦戦を強いられる。試合の中で吐き気が何度も¶YOODA¶にチームアタックしていたためついにブチ切れたのか、崖際で¶YOODA¶に掴まれた際に場外に放り投げられそのまま戻ってこられずに吐き気がバースト。ほぼ同じタイミングで¶YOODA¶も似たような飛ばされ方をして敗退という、両者に因縁が芽生えそうな結末となってしまった。


第8回

第8回では予選で同ブロックに強豪が固まってしまわないように8人の代表選手が各ブロックに一人ずつ分けられ、吐き気はその一人として選出される。史上最大規模となった第8回はエース吐き気と新レベル8勢魔のパンツのファルコンミラーで幕を開ける。

第8回の戦績+第8回の戦績-

予選

タイマンルールの歴代開幕戦(第1回・第1幻想杯除く)の例に漏れず互角の熱い勝負を展開し、新人へのご挨拶と言わんばかりにファルコンパンチを決めて初戦を制する。

だが続く2戦目でξ黒きBlack Jokerと対峙、圧倒的なラッシュに全く抵抗もできず1ストックを0%のまま落としてしまい、その後も爆発やソンソンで調子が奮わず被3タテという惨敗を喫する。
続くヨシオ戦でも序盤リードを許されるという予想外の展開になるが、このままでは拙いと判断したのか奥義の浦安を決め、遅れを取り戻すかの如く3タテで圧勝

4戦目はちょこにゃと対戦、成長したちょこにゃの立ち回りやソンソンに悩まされ苦戦するが、この試合だけで4回も樽に入る幸運や最終的にちょこにゃが自滅をしたことによって辛くも勝利を収める。
しかし、他選手の残ストックがヨシオくんによってばら撒かれたことや、自身のソンソン連発が響いて僅差で残ストック不利になり、壊れた大学生と共に“勝てば1位、負ければ敗退”の危機的状況に陥る。

進退が決まる大学生戦、巧みなレイガン捌きやファルコンダイブを駆使してお互い一進一退の激戦を繰り広げ、途中スターロッドを持った大学生により圧倒されるもボム兵に当たったことにより1100まで縺れ込む。
最後は大学生がガードを解除したタイミングでファルコンパンチを叩き込み、リンク勢の復帰力に付け入る形でわずか56%でバーストさせて勝利、首位で予選突破が確定した
もしこの試合で敗北した場合、第8回大会初の8強勢予選敗退かつ転校で、ファルコン勢唯一の予選敗退という実に笑えない結果になっていた。

決勝トナメ

シードを獲得した吐き気の最初の相手は[自称]妹。赤甲羅で踏ん張りを消してからかかと落としでコスパバーストと、相手の弱点を的確につき最後はたまご投げの隙をつき、ファルコンパンチでバースト改めて視聴者に1位通過の恐ろしさを見せつけた。

準々決勝の相手は自身が第6回で敗退に追い込んだドルコリン♪との自身3度目のファルコンミラーとなった。両者浦安を駆使して戦う第6回を思い出すようなインファイトを行う。終盤、チョンチョロリンリンで100%まで稼ぎ、最後は後頭部にファルコンパンチをヒットさせバースト。これで3試合連続ファルコンパンチでバーストさせることに。

準決勝の相手は玄酔楼を倒した新時代の光明、ÅライムライトÅ。相手のOPが考えつくされた完璧な立ち回りに大苦戦。最後はボム兵が取得前に起動しバーストしてしまった。

LOSERSの相手は今大会3回目であり最後の同族、Φデスエンペラー。浦安を駆使したハイレベルな戦いはメテオを決められ劣勢になる。しかし、浦安を披露した後、吐き気ゾーンを展開し両者バースト圏内に。最後は裏拳で吹っ飛ばされた後ジャンプが無くバースト。ファルコン勢初優勝はデスエンペラーに託すことになった。


第9回の戦績

第9回では参加を希望されるも、コンセプトチームに入れず。それでも人気だったため、同じように「他のコンセプトチームに入れなかったものの、参加を多く希望された3人」として世界のrekuiemu切れた脇役3億ドルの世界の脇役チームを結成。チームのエース格として期待されるも、初戦はドルコリン♪の大量撃墜の余波と、要所要所で巧みに立ち回った殺意のヨシオを前に最下位となってしまう。その後チームも振るわず最終的に敗退となってしまった。


第10回

第10回にもノータイムで参戦が決まる。あのレイアや殺意、ちょこにゃ等のアイドル級選手が多く入るAブロックとなった。

第10回予選の戦績+体調不良-

吐き気の初戦、そして第10回予選Aブロック2戦目はvsちょこにゃとなった。
初代大会では第一試合ルイージ vs プリン→第二試合ファルコン vs ネスだったが、ここでネスがカービィに変わったことがどう出るか。

超人気有力選手と超人気有力選手のオープニングバトルは喝采をもって迎えられ、大喝采の中に終わりを迎えた。
吐き気とちょこにゃ、エース vs アイドルの戦いは、あの第一回大会一回戦第二試合の様になるだろう……とwikiでは予測されていた。

左右台スタートを基本として行われる立ち位置から、1P4Pなのでハイラル? ヤマブキ? と思えば、まさかの「いにしえの王国」。幻想杯以来のクソステージの登場に、却って歓声がわき上がった。

開幕から互いの足技の切れは鋭く、互角の戦いを見せる。やはりエース級はクソステージなどものともしない……かと思いきや、ステージ端の攻防で撃墜される。更に、ステージ中央のリフトで足が止まってしまい、自分をボールとして奈落へシュゥゥゥーーーーッッ!! 全然エキサイティングじゃない。

ラストストック、3ストック残っているちょこにゃを相手にするには即時撃墜する他ないのを理解したか、自らステージ端へ赴くと見事それを成した。…………が、そこで力尽きたかの様に膝をつき、自ら画面外へ全力ダッシュ! 試合に望むべく、普段からテンテン! の後にちゃんと吐いているが、今日は恐らく我慢の限界に達したのだと思われる。

吐き気の戦績としてはともかく、名に恥じぬエピソードの獲得に加え、名試合の後に大荒れ極まる迷試合になったことは
至高と混沌の入り交じる第一回大会が帰って来た」という嬉しいお知らせとなった。

次戦のvs㌦ポッターでもヤマブキシティで2度のアナニーとドガ―スで事故らされるなどステージに苦しめられるが、相手がマルマインで吹っ飛んだため辛くも勝利することとなった。余談だが、これにより全選手で最初の全ステージ経験者となった。

3戦目のvs灼熱のレイアでは序盤に見事なファルコンパンチを決め、レイアのモーション自滅もあり2ストックリードする。
しかし直後に自身もストックを落とし、更にレイアに回復され大苦戦。3ストック目以降を奪えず逆転負けしてしまった。

4戦目のvs勇者ヨシオはヨッシーアイランドで戦うことに。序盤に回復を取られて不利になるが、相手がモーションで自爆して先にストックを落とす。その後は冷静に試合を進めていき、2ストック差で勝利した。

5戦目のvs殺意のヨシオはピーチ城上空が舞台となる。
序盤からお互い一歩も引かず、激しい殴り合いとなる。ファイアフラワーでダメージを稼がれ先にバーストするも、オバヘを決めて3300。その後2回連続でスターを取り、無敵のままハンマーまで入手し大暴れする。
しかしハンマーを振り回して気分が悪くなったのか、殺意を星にした後自分も落下しまさかの2200となってしまう。
その後殺意が再びファイアフラワーを取り場外へ押し出されてしまうも、吐き気も三角コーナーを利用し殺意を早期撃墜。
1100に持ち込んだが、最後ははたくでうまく立ち回った殺意に押され空中上でバースト。予選負け越しとなってしまった。
しかし翌日の試合でレイアが勝利したことで4位通過が確定。何とか決勝トーナメントに滑り込むことができた。

第10回決勝トーナメントの戦績+快方・4位通過最後の生き残り-

LOSERS側初戦はvs一番繊細な部長。ステージは胃酸的な意味ではホームステージの惑星ゼーベスとなった。
部長のファイアフラワーで大ダメージを受け、酸に落ちて先にバーストした上にトマトを取られ大幅リードを許す。
その後もなかなか差を詰められず苦戦し、部長が残り3ストックの状態で残り1ストックに追い込まれてしまう。
しかし事前に仕掛けたモーションセンサー爆弾で部長もバーストし1200。その後もモーションを利用し1ストック同士に。
最後は逆に部長がモーションを仕掛けたが、吐き気はダイブで部長を吹っ飛ばしモーションを逆利用。逆転勝利を果たす。

調子を取り戻し始めた吐き気だったが、デスエンが案の定早々に敗退。あっという間に吐き気は最後のファルコン勢に。

LOSERS側2回戦はvs綺麗なゲイ。ステージはセクターZが選ばれる。
最初はお互い高%の状態になるが、ダイブを外してしまい頭でバースト。復活後にタルを投げるが自分でそれに突っ込む。
中からトマトが出現したが、ゲイとの読み合いで無駄に。結果的に回復阻止となり今度はダイブで撃墜することができた。
しかしゲイの攻撃でステージ右下へ追い詰められ、イワークの直撃とレイガンで合計177%ものダメージを受けてしまう。
が、何とかハートのうつわを取りダメージ全回復に成功。ゲイを場外へ追い出し、復帰に横スマを合わせて逆転する。
ゲイに再びレイガンで追い上げられるが、投げたタルを自らガードしアピール後にトマトを食べダメージ差を広げていく。
そしてゲイの投げたタルをうまくかわし、ゲイにタルを相殺させた隙に空中からファルコンパンチを狙うが惜しくも失敗。
その後はまたレイガンを受けつつもゲイをバーストさせ、残り1ストックとなったゲイに粘りつつダメージを与えていく。
自分もアーウィンに撃たれてストックを落としたが、それまでにゲイを131%まで追い詰め、タルを投げ当てて勝利した。

LOSERS側3回戦はvs世界のrekuiemu。第6回以降何かと縁がある選手が相手となった。ステージは惑星ゼーベス。
序盤はrekuiemuのスマッシュに押され、酸に落とされて先にバーストするが、rekuiemuも酸に落ちたことで3300に。
そして放送事故の後rekuiemuが再び酸でバーストしリード。差を広げていくがボム兵選手で2ストック同士になってしまう。
ダイブでrekuiemuを倒そうとするも撃墜できず、rekuiemuの追い上げを受けキ○タマルコンにもなったせいで1100。
しかしファイアフラワーでダメージを稼ぐことに成功し、2人一緒に酸に触れたがrekuiemuだけバーストし撃墜0で勝利。
第10回では吐き気を含むファルコン勢がカービィ勢に敗北する展開が続いていたが、この正念場で遂に勝つことができた。

LOSERS側4回戦はvs若き日のロハス。ステージはコンゴジャングルが選ばれた。
ロハスの予想外のアフォックスでリードするが、ステージ右端で横スマを受け、復帰距離が足りずに3ストック同士に。
ここからテクニックの応酬となり、吐き気がファルコンパンチを決めたと思いきや、ロハスもブラスター横スマを決める。
ロハスがハンカチ落としを交えたレイガン捌きを見せる一方で、吐き気も床下からファルコンパンチで奇襲して見せる。
しかしファルコンダイブの隙を突かれてまたも横スマを決められ、先に残り1ストックに追い込まれてしまう。
追い詰められた吐き気は遂に浦安を決めようとするが、ギリギリで復帰を許し、その後の横スマも耐えられてしまう。
ファルコンダイブで1ストック同士に持ち込むも、ボム兵選手の爆発に2人共巻き込まれ、%差で僅かに先にバースト。
惜しくも敗北しファルコン勢及び4位通過選手は全滅となったが、見事調子を取り戻し9位タイまで勝ち上がった。


第11回の戦績+第11回の戦績ー

第11回では玄酔楼と「I AM ALCOHOL」を結成し、悲願の優勝を目指す。

1回戦は「学校に潜む少女」タッグと戦うことになり、「ピーチ城上空&バンパー」という事故の怖い環境が選ばれた。
学校に潜む母の撃墜に手こずる場面もあったが、玄酔楼と互いを倒し合いつつ、相手をしっかりバーストさせていく。
結果的にその作戦は成功し、相手の撃墜数を稼がせることなく計6ポイント差という大差を付けて勝利した。

2回戦は「新時代」タッグとプププランドで戦うことになり、アイテムはホームランバットが選ばれる。
序盤は積極的にファルコンパンチを使い、相手2人を撃墜(但し純白は自滅扱い)。更にライムライトをホームランする。
後半も上スマから「ALCOHOL昇龍」を披露したり、ダッシュホームランバットで純白を撃墜するなど勢いは止まらない。
終盤はライムライトに後ろ投げを決められるが、PKサンダー体当たりはしっかりシールド。4ポイント差で勝利した。

準決勝の相手は、再びネス&リンクのタッグにして第7回で優勝を果たした最強格タッグ「多冠症」。
「セクターZ&モンスターボール」の環境で戦うことになり、早期撃墜すべくこの試合でもファルコンパンチを狙う吐き気。
しかし積極的なパンチを的確に対処されたこともあって撃墜数を稼げず、エルバンに差を付けられる形で敗退してしまった。

3位決定戦の相手は「ξ無敵ξ」タッグ。ステージは再びピーチ城上空が選ばれ、アイテムはスターロッドとなった。
主にBJを相手に戦っていたが、BJがシールドブレイクした際は親近感を感じたのか手を出さない優しさを見せた。
試合中盤は転校生に投げられた後BJに復帰阻止を受けるも、諦めずダイブを使いせり出してきた床にギリギリ乗って生還
その後のBJへのファルコンパンチはバンパーで耐えられたが、三角コーナーを利用して撃墜し、見事なメテオも決める。
そしてこの試合でも玄酔楼と互いを介錯。的確な立ち回りで玄酔楼と仲良く+1の戦績で勝利し、第4回以来の3位に輝いた。


第14回の戦績+第14回の戦績-

その後はしばらく出番がなかったものの、次の大規模大会である第14回に参戦決定。
今回はレート上位8名が各ブロックに振り分けられる形式になっており、吐き気はGブロックに入ることに。

初戦の相手は第12回準優勝者にして第8回で圧倒されたBJの同族、突起物!ポンチコ。ステージはプププランドが選ばれる。
序盤は突起物のかみなりでジャンプを狩られるが無事復帰。その後はほぼ互角に戦いつつモンスターボールを入手する。
突起物にかみなりを落とされつつもボールを投げ当て、追い出された突起物にラーイライがとびげりで追い打ちし先制。
その後は上スマ→上強のコンボを決め、急降下を交えた速攻で突起物を圧倒。一気にまるまる1ストック差をつけた。
そして突起物をメテオで床に叩きつけると、中央台から降りつつの浦安で華麗に撃墜。見事突起物の2ストック目を奪う。
復活後は後ろ蹴りで1ストック差になるが、果敢にファルコンパンチを狙いつつ突起物を押していきオバヘで星にする。
最後は突起物の追い上げを受けるも、かみなりを使った突起物に遂にファルコンパンチを直撃させ3ストック差で快勝
吐き気はこの勝利で「12キャラ全員に個人戦で勝利した3人目の選手」となり、幸先よくスタートを切ることができた。

2戦目の相手は戦芸人ナザレンコ。ピーチ城上空を舞台に第3回以来の再戦となった。
しかし序盤からブラスターを連射され、ダメージを稼がれてシールドブレイク。何度か緊急回避された後に後ろ投げされる。
復帰後は移動床に降り、ファルコンパンチを使うがナザレンコには歩いて回避され、再びブラスターの連射を受ける。
そして移動床の端でまたもシールドブレイクした結果そのまま落下してしまい、3400とまるまる1ストック差の状況に
復活後は一旦トマトで回復。ナザレンコを三角コーナーで落とそうとするも復帰され、モーションセンサー爆弾を仕掛ける。
ところがこのモーションもブラスターで処理されてしまい、ナザレンコにダメージ差を詰められお互いバースト圏内に。
三度目のブラスター連射は緊急回避で対応したが、空中上でバースト。復活直後に裏拳を決め再び2300の1ストック差。
その後はナザレンコに押され、アカのこうらで事故りかけるも復帰。オバヘを連発した後ホームランバットを入手する。
バット投げで2ストック同士に持ち込み、一度はバンパーで粘ったが空中上でバースト。残り1ストックに追い込まれた。
カビゴ之助との連携で追い上げようとするも、ブラスターで三度シールドブレイクされた挙句スターを取られてしまう。
逃げようとしたところに逐一ブラスターを撃たれ、無敵が切れた後も空中上を連続で受けた結果ダメージ110%超えに。
最後は2つ目のモーションを避けつつ戦うが横スマの直撃を受け、2ストック差で敗北しリベンジを許してしまった

3戦目の相手は勇者ヨシオ。第10回以来の再戦で、ステージはコンゴジャングルに。
序盤からファルコンパンチを当て、その後も互角の殴り合いを展開。下スマで浮かせてからオバヘを決めて先制する。
先制後は勇者の攻撃を耐えつつタルを投げ、蠢くタルをかわした勇者に3連続で下スマを当てダメージを稼いでいく
そしてメテオで勇者を落としてタルにぶつけ、タルの中身のスターも入手無敵状態でダイブを決め2ストック目も奪った
その後も下スマや空中攻撃で勇者を押していき、ファルコンパンチで決めようとするも空中上を喰らい遂にバースト。
しかし直後に下スマで取り返し3100。復活した勇者にやや押されたが、モーションセンサー爆弾での自爆でイーブンに。
ミドリのこうらをかわされるも下スマを当て、勇者が飛び上がり自殺。今度はリベンジを許さず3ストック差で快勝した。

4戦目の相手は[自称]妹。第8回以来の再戦で、またまたリベンジを挑まれることに。ステージはピーチ城上空。
序盤は相手のパワフルな攻撃に押され、イワークとの連携で追い出されるが復帰しモーションセンサー爆弾を仕掛ける。
妹にそれを踏ませることに成功するも、上スマが直撃し先制を許す。その後はダイブを使うがこれも耐えられてしまう。
しかし下スマで妹を三角コーナーに叩きつけ撃墜。ストックを並べた後は空中攻撃やダイブでダメージを与えていく。
ところがリザードンを繰り出され、今度は自分が三角コーナーにぶつけられた上に炎で復帰阻止を受け残り2ストック
それでも復活後に横スマを決め22002つ目のモーションも仕掛けて妹を追い出し、復帰中に接触させることに成功する
ふんばりでの抵抗も許さず残り1ストックに追い込むも、上スマでまたも三角コーナーで叩き落とされ1ストック同士
更に妹に回復されたことでダメージ差もなくなってしまうが、最後は妹が事故を起こして落下。1ストック差で勝利した。

その後の試合で突起物が勝利したことで吐き気の予選通過が確定。今回は危なげなく予選通過を決めることができた。

5戦目の相手は同期かつ元チームメイトで、第6回以来の再戦となった切れた脇役。ステージは当時と同じピーチ城上空。
序盤から怒涛の攻撃で差を広げ、ダイブを耐えられるも横スマで先制。先制後もしっかりファルコンパンチを当てた。
ところが反撃を受けソバットでバースト。ダメージ差は大きかったが、上スマや前投げで倒しきれず181%まで粘られる。
その後はバンパーに当てないよう疑似浦安で脇役を撃墜するも追い上げを受け、タルを避けたが後ろ投げされてしまう。
2ストック同士に並んだ上にモーションで自爆してしまい、脇役をメテオで落とそうとするが床が出ていた為失敗する。
そのまま脇役にダメージ差を詰められていき、下スマを使った隙にチャージショットが直撃遂に逆転を許してしまった
しかしカプセルを上に投げると脇役のスクリューアタックを回避。スクリュー後にカプセルが当たりジャンプ狩りに成功
1ストック同士になった後ほぼ五分の状況になるもビームソードを入手。決め手はかわされていたが空中攻撃を当てていく。
そして脇役が上スマを使った隙に横スマビームソードを直撃させて勝利。1次予選の結果は4勝1敗の勝ち越しとなった。

二次予選の戦績+奥義の封印-

二次予選ではYブロックで戦う

初戦の相手はとろけるヨシオ。ファルコンが強くなると噂のヨッシーアイランドを味方につけ、終始リード。疑似浦安は披露したものの浦安を温存したまま盤石に2ストック残しで勝利した。

2戦目の相手はこれまで何度も負けてきた因縁の相手☆爆走戦士エルバン
ステージはプププランドが選ばれてしまい、エルバンの圧倒的な力の前に敗北。
相手のモーション自滅があったものの、ファルコンパンチ等の大技を全て避けられて2ストック残されてしまう。
これまでも大敗を喫しているため完全に対策されてるようだが、いつぞやの皇帝のようにリベンジする日は来るだろうか。

3戦目の相手はバルザードたん。ハイラル城を味方につけ今大会ノリノリのバルザードたんにほぼ何もさせず3ストック残しで勝利。

4戦目の相手はヨシオくん。ピーチ城が選ばれ相手の事故もあってなんとか勝利。この勝利で予選突破第二号となった。

5戦目の相手は煙草マスターの子。再びピーチ城が選ばれる。1位をかけた直接対決となったのだが終盤はりせんに固執してしまいリーチの差で敗北。締まらないオチだが3位での通過となった。

決勝トーナメントの戦績+-決勝トナメの戦績

第十回に続いてLOSERS側通過となり、迎えた初戦は過去に大敗を喫したξ黒きBlack Joker。セクターZが選ばれた。
試合序盤から的確にダメージを与えていき、アーウィンの攻撃を避けつつ下Bに合わせたファルコンパンチで先制に成功。
ステージ右に移動し、スター状態で炙りアイテムを持ったBJに%を一気に稼がれる。その後上スマを喰らってバースト。
はちを召喚してリードを広げた吐き気だが、ある程度稼ぐもバーストには至らずに再びステージ右側の尾翼に移動。
その結果上Bの後隙に根本出川を当てられてしまい、復帰距離が届かないまま戻れずにコスパでバーストしてしまう。
さらに自分が投げた樽に自分で当たって40%溜まりつつ横スマでストックを並べた直後にマキシムトマトが出現。
邪魔されてしまい回復を阻止され、またしても根本出川で飛ばされたタイミングで再びBJが炙りアイテムを取得する。
相手の炙りを的確に避けながら伝家の宝刀「浦安」を決めるも、%を逆転したところでBJに回復を取られてしまう。
二人して炙りアイテムに固執していることもあり少しづつダメージを与え、どちらもバースト圏内の状態で尾翼へ。
相殺からのファルコンキックで撃墜するが、%を溜めれずにBJが出したリザードンの本体に当たってしまい1100。
互角の攻防を繰り広げ、投げられたカプセルが爆発する不運に見舞われながらも横スマ等ですぐに追いつく吐き気。
尾翼部分で壁コンを喰らいながらも逆転を狙うため樽を持ち上げ、ギリギリの所でBJの根本出川を回避する。
しかしこちらのファルコンパンチも冷静に見切られてしまい、最後はジャンプを消費した所に空上が当たって敗北。
エルバンやBJといった過去に敗北した相手へのリベンジは出来なかったが、今大会も安定して上位の成績を残した。


 

第3回ではベスト8、第4回では3位、第6回は4位となるなどのファルコン勢の単独一位の成績を持っている。また、試合数も非常に多く、第8回終了時点で5本の指に入る。このうち第3回・第6回・試合数の記録は、最弱決定戦出場経験者における最高記録である。名前オチの最弱進出者から、名実ともにスター選手の一角となった。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
昼間の召喚士 第2回(1回戦) プププランド

嵐のインテリ

Dr.神様

ヨシオくん

第2回(最弱決定戦) プププランド 2位
悪魔の下目使い 第3回(予選) 第1試合 プププランド
昼間の召喚士 第2試合
キング・オブ・妖魔 第3試合
戦芸人ナザレンコ 第4試合
巨大天使マックス 第5試合
紅きポイゾネサスくん 第3回(決勝トナメ1回戦) プププランド
邪心マグヌス 第3回(決勝トナメ2回戦) プププランド
☆爆走戦士エルバン 第3回(決勝トナメ準々決勝) プププランド
ゲイなンダ
綺麗なゲイ
迅雷ワンダ
第4回(1回戦) セクターZ
15人目の神様
15人目の天才
Dr.神様
第4回(準決勝) 惑星ゼーベス
灼熱のヨシオくん
灼熱のレイア
ヨシオくん
第4回(3位決定戦) ヨッシーアイランド

昼間の様子
煙草マスターの子
昼間の召喚士
Dr.神様

第5回(1回戦) プププランド ❷(チーム1-2✖)
世界のrekuiemu 第6回(2回戦) ハイラル城
†KONDOUISAMI† 第6回(3回戦) コンゴジャングル
☆爆走戦士エルバン 第6回(WINNERS側準々決勝) プププランド
ドルコリン♪ 第6回(LOSERS側5回戦) コンゴジャングル
卍黒きムッコロズ 第6回(LOSERS側6回戦) ハイラル城
切れた脇役 第6回(LOSERS側準々決勝) ピーチ城上空
☆爆走戦士エルバン 第6回(LOSERS側準決勝) コンゴジャングル

アイマス
世界のrekuiemu
切れた脇役

第7回(1回戦) ハイラル城
魔のパンツ 第8回(予選) 第1試合 コンゴジャングル
ξ黒きBlack Joker 第2試合 コンゴジャングル
ヨシオくん 第3試合 プププランド
ちょこにゃ 第4試合 コンゴジャングル
壊れた大学生 第5試合 プププランド
[自称]妹 第8回(決勝トナメ2回戦) プププランド
ドルコリン♪ 第8回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) プププランド
ÅライムライトÅ 第8回(決勝トナメWINNERS側準決勝) ハイラル城
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメLOSERS側準々決勝) ハイラル城
DCB64
ちょこにゃ
ドルコリン♪
バルザードたん
第9回(1回戦) プププランド

自身:3位(1pt)
チーム:2位タイ(5pt)

因縁の三人
灼熱のレイア
殺意のヨシオ
絶望のリア・リエ
ちょこにゃ 第10回(予選) 第1試合 いにしえの王国
㌦ポッター 第2試合 ヤマブキシティ
灼熱のレイア 第3試合 プププランド
勇者ヨシオ 第4試合 ヨッシーアイランド
殺意のヨシオ 第5試合 ピーチ城上空
一番繊細な部長 第10回(決勝トナメLOSERS側1回戦) 惑星ゼーベス
綺麗なゲイ 第10回(決勝トナメLOSERS側2回戦) セクターZ
世界のrekuiemu 第10回(決勝トナメLOSERS側3回戦) 惑星ゼーベス
若き日のロハス 第10回(決勝トナメLOSERS側4回戦) コンゴジャングル
学校に潜む少女
学校に潜む母
早すぎた少女チェントゥリオーネ
第11回(1回戦) ピーチ城上空
新時代
ÅライムライトÅ
堕ちる純白
第11回(2回戦) プププランド
多冠症
☆爆走戦士エルバン
紅きポイゾネサスくん
第11回(準決勝) セクターZ ✖️
ξ無敵ξ
ξ黒きBlack Joker
無敵の転校生
第11回(3位決定戦) ピーチ城上空
突起物!ポンチコ 第14回(一次予選) 第1試合 プププランド
戦芸人ナザレンコ 第2試合 ピーチ城上空
勇者ヨシオ 第3試合 コンゴジャングル
[自称]妹 第4試合 ピーチ城上空
切れた脇役 第5試合 ピーチ城上空
とろけるヨシオ 第14回(二次予選) 第1試合 ヨッシーアイランド
☆爆走戦士エルバン 第2試合 プププランド
バルザードたん 第3試合 ハイラル城
ヨシオくん 第4試合 ピーチ城上空
煙草マスターの子 第5試合 ピーチ城上空
ξ黒きBlack Joker 第14回(決勝トナメLOSERS側1回戦) セクターZ
  通算 全55試合
(勝敗除外2試合)
33勝21敗

 


twitter→ https://twitter.com/364CPU1

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NWZjN2Y1N

今大会ピーチ城引きまくってたな

返信
2021-08-18 17:25:54

名無し ID:ZWJjM2YxZ

吐き気っていいところで絶対に消えていくよなまあ絶対いいところまではいく安心感あるけど……

返信
2021-08-18 16:19:16

名無し ID:ZWFlYmQ5Z

惜しかったな 動きはよかった

返信
2021-08-18 15:02:27

名無し ID:OThkOTlhM

吐き気は良くも悪くも安定してこの辺りでいつも退場してしまうな

返信
2021-08-17 19:49:49

名無し ID:NDhiZDQ5Y

セクタートマトとかいう萎え要素をやらされててよく頑張ったフラワーを捌き切ったのも単純なフラワー弱体化ともいわせない技術でもあるし次はプププハイラルあたりで再戦この2戦の屈辱は返したいな

返信
2021-08-17 19:12:13

名無し ID:Y2U3OWM5N

フラワーの躱し方とか上手かったけど今回はBJが上手だったな
安定感は流石だけど次はもっと上にいきたい

返信
2021-08-17 19:09:31

名無し ID:Mzc3MDFhO

他のファルコン勢はセクターだとろくに横スマとかふらないのに対してメチャクチャイイ動きだと思ったんだが...今大会も入賞すらお預けか...

返信
2021-08-17 19:09:10

名無し ID:OTRlZTJlN

何気にだいぶきついとこ入ったな
エルバンはもちろんのこと、BJも過去に3タテされてるし

返信
2021-08-03 22:32:36

名無し ID:ZGNjMmFmN

このブロックだから助かったって感じがあったな
吐き気はトナメの方が動きいいからトナメ期待

返信
2021-07-24 03:06:22

名無し ID:ZTUwMDVkN

ダイブキック下スマ連発っていうファルコンのダメなところが全部出てたな
空中に足場があるステージじゃないとこの辺はきつそうだ

返信
2021-07-21 20:27:20

名無し ID:YWQ2MWZmM

リンクの弱点である復帰力を突くために横にふっ飛ばせる技をガンガン振ったが、
悉く避けられてしまったな

返信
2021-07-21 19:50:29

名無し ID:M2JhMGVkN

なぜはりせんにこだわったwww
トナメがんばれー

返信
2021-07-21 19:26:36

名無し ID:NjNiMzUzM

はりせんを持ったら持ったらで立ち回りが強くなる異常者

返信
2021-07-21 19:12:16

名無し ID:YzFhZGQ2Z

3億ドルのはりせん

返信
2021-07-21 19:10:33

名無し ID:MTZjNGZmZ

地味に危なかったな。通過おめでとう!

返信
2021-07-12 22:40:15

名無し ID:MmIwNDBhY

実は吐き気は負けたくない所には10回予選で散々な負け方をしたからなそう簡単に渡さんのも分かる
そう言う意味じゃタバスコも同類かもしれない

返信
2021-07-12 19:15:31

名無し ID:NGQ5YzUwY

タバスコとの最終戦が1位争いになる可能性は相当高そう

返信
2021-07-09 22:48:04

名無し ID:M2EyYjNiO

二次予選通過は濃厚かな

返信
2021-07-09 09:13:08

名無し ID:OTFjYzc2Y

吐き気はハイラルでもあんま動きがわるい感じがしない
流石の安定感

返信
2021-07-08 20:24:33

名無し ID:YTRiN2NmZ
>> 返信元

第五回まではデスエンのほうが高かったが、第六回で吐き気に逆転された
その後、第八回で再び逆転してデスエンのターンになり、第14回開始前まではデスエンのほうが高かったが、2次予選で再び吐き気が逆転した


大会終了後のレートだけを見るとデスエンのほうがトップの回数が多いかもしれん

返信
2021-07-08 20:03:45