∩操られたティーダ★ミ (DK)

ページ名:操られたティーダ

∩操られたティーダ★ミ

Illust1:せわいお さん
Illust2:もみじまんじゅう さん
素敵なイラストありがとうございます!

profile
キャラクター ドンキーコング
カラー 第1回、第1回幻想杯:茶(デフォルト)  第3回、ヨシオ杯:黒 CPUレベル Lv.9
立ち絵 幻想杯:下スマ
肩書き 第1回幻想杯:唯一ヨシオくんに負けた男(ゴリラ)/自滅猿、第1回ヨシオ杯:ヨシオくんと五分
●出場記録 ◯成績
第1回大会 ベスト8 (2回戦敗退)
第3回大会

予選:1勝4敗(残スト2) Gブロック5位敗退

ベスト40

第1回幻想杯

ベスト19

16位(1回戦敗退敗退→最弱決定戦:勝利)

第1回ヨシオ杯 ワースト4位(準決勝勝利→3位決定戦勝利)
第9回大会 (乱入による不正規の出場)

P(ピー)「ティーダは、果たしてヨシオくんに勝つことはできるのか」

第1回大会から登場のドンキー最古参。その名前ゆえか、自滅などの醜態を晒しても視聴者からは「操られてるから仕方ない」と許され(諦められ?)ることが多い。第3回では黒カラーであったが、デフォルトカラーが本来の姿らしく幻想杯では第1回同様デフォルトカラーで参加したものの、ヨシオ杯では再び黒カラーと安定しない。

第1回では2回戦から登場し、記念すべき初戦で灼熱のレイアと対決。惑星ゼーベスのステージギミックの兼ね合いもあり途中まではリードするものの地力で劣り敗北。

第3回大会はGブロックからの出場。初戦で幼き弟のソーセージを破り、これがCPUトナメシリーズにおけるドンキー勢の初勝利となった。この時の動きは非常によく、視聴者からも「古参勢はみんな強い(ヨシオ除く)」と褒められていた。
……が、その後はあのヨシオくんにも敗れるなど4連敗で予選敗退。以降長きに渡り大会に呼ばれていなかった。

第1回出場組で第6回大会に出場できなかったのはティーダと♀幻のギルティースMkⅡのみ。第1回の選手はそのキャラを代表するほど人気になったり、そうでなくとも2番手3番手あるいはネタ枠として強い個性を発揮しているが、この2名は最古参にも関わらずとにかく影が薄い。♀はハートフルアフォックスや姐御キャラとして話題に上ることはあるものの、ティーダの場合はヨシオくんに敗北したこと以外特に目立ったネタもないことからより際立っている。但し、ある事情で再び注目が集まりつつある(後述)。

「影が薄い奴らを集める」というコンセプトをもとに開催された幻想杯で久々に出場を果たす。逆シードとなり初戦で揺るぎなきたまたまと対決。久々の大会出場ながらいい動きを見せていたのだが、ピーチ城上空のギミックであるバンパーにひたすらバーストの邪魔をされる不運に見舞われ、落とせるところで落とせなかったこと、そしてやらかしてしまった自滅が響き敗退してしまった。

幻想杯でも行われる最弱決定戦。ドンキー勢ではキング・オブ・妖魔が最有力と思われていたが、ティーダが参戦となった。意外にもいい操られ方動きで的確にバーストしていき見事1位となった。

そして最弱の選手が集められたヨシオ杯では有力とされていたDr.神様やエロ過ぎるマスターが「そこまで弱くはない」ということで外れ、タイマンで唯一ヨシオくんに敗れ幻想杯にて最弱決定戦に参加したことが決め手となり参戦。相手はあのコテツに2ストック残しで敗れた◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡だが、この不名誉な大会から早々に抜けられるのか、注目が集まった。

序盤はそこそこ良い動きを見せてリードしたが、やがてマキシムトマトを取り損なったり、無意味なパンチキャンセルを繰り返すなど致命的なミスが増加し、最終的にアイテムを利用される形で敗北、2回戦へ負け上がってしまうことに。

準決勝の相手はかつて敗れたヨシオくんを相手にリベンジマッチを挑むことになった。
苦手意識があったのか動きが悪く、またもマキシムトマトを取り損ねたこともあり中盤まで押されてしまっていた。
しかし試合後半で今度はヨシオくんがトマトを取り損ね、ようやく回復に成功しジャイアントパンチも決めたことで逆転。
一方ヨシオくんは逆転されてから動きが悪くなり、最後にはジャンピング自殺まで披露。結果2ストック残しの圧勝となる。

3位決定戦の相手は奇跡的に勝利を果たした鳴りやまぬヨシオ。今回ばかりはかなり良い動きを披露し勝利。団子3兄弟の製造に成功した。

幻想杯・ヨシオ杯勢となってしまったためか第9回大会は出られなかったが、最弱決定戦にてアルベルトの代わりにまさかの出場となった。実際はアルベルトのレベル選択ミスであるが。しかも結果はビリ
どんな形であろうと、ヨシオ杯経験者で本戦に再出場したのは主催者を除けばティーダのみである。


第10回大会時点においてタイマンでヨシオくんに敗れた唯一の選手である。
ヨシオくんの地位があらゆる意味で盤石となった現在、彼のこの経歴もまた逆方向に評価されてしまっている。
一方で紅きポイゾネサスくんに勝利したソーセージに勝利した経歴があることから、ソーセージチェーン(用語集参照)理論に於いてヨシオくんが最強選手であることを証明するたたき台として名前が挙がることも。尤も、ヨシオ杯で勝利したことにより自ら破綻させてしまったが…)

最古参勢の例に漏れずキャラ名ジェネレータにて出力された名称をそのまま使用している。やたらと記号が付いた名前が出力されたが、星がおちゃめだからという理由でティーダが採用された。
名前の頭文字「∩」は集合における積(AND)の意味である「且つ」を表す。CPUトナメではこういった頭や末尾についている記号は基本的に読まれない。

◯全試合記録

 


twitter→ https://twitter.com/puppet_tida

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MzljM2Q1O

たぶん殺意のヨシオに操られてたんだろうなぁ
原種を勝たせてあげるために

返信
2020-01-26 02:00:15

名無し ID:MmNhMTA4O

ヨシオくんに負けたティーダっていったい何だったんだ・・・
やはり第1回勢は傑物揃い・・・

返信
2020-01-24 20:09:43

名無し ID:NjU1NmIyO

ヨシオくんの弱さが神域に達した今
むしろ評価が上がりつつある選手

返信
2020-01-22 03:59:25

名無し ID:OWQ5NzQzN

実は妖精よりヤバイゴリラ

返信
2020-01-18 23:33:03

名無し ID:YmQzMWZlN

操られてるからしょうがない

返信
2020-01-18 20:25:13

名無し ID:YWM5Yjc5Y
>> 返信元

本当に何で負けたんだろうなあ……
ドンキー勢とかヨシオ族にガン有利とれるはずなのに

返信
2020-01-18 20:23:56

名無し ID:YjUwNjRiO

あ の ヨ シ オ く ん に 唯 一 負 け た キ ャ ラ

返信
2020-01-18 20:20:55

名無し ID:OTkwYTY0M

初の49人目の選手になれる可能性が…?
黒メインにすればアルベルトと差別化できるし…?

返信
2019-12-31 20:03:52

名無し ID:NzM2YzgxZ

ティーダは操り手によって個性があるという見方ができるから多少はね

返信
2019-12-31 19:11:58

名無し ID:MDkyNTkyM

今更だがティーダの「本来は茶カラーだけど黒カラーにもなることができる」という特性はCPUトナメ的にチート能力なのでは?
この能力があれば色被りで出れないということが無くなるからほぼ全ての大会に出場できる。
(vs神様のときだけ黒カラーにすればいい)
……問題はティーダのためにそこまでするかなんだけど

返信
2019-12-31 18:39:54

名無し ID:N2U1OGMxY

ソーセージ戦はかなり動き良いししかもハンマーダブルアタックが、面白くて!

返信
2019-10-25 23:29:45