絶望のリア・リエ (MA)

ページ名:絶望のリアリエ

絶望のリア・リエ

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1:イモガエル さん
    Illust2:ヴェッピィ さん    
素敵なイラストありがとうございます

Profile
キャラクター マリオ
カラー 第1回:赤(デフォルト)  第3回〜: CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回~:しゃがみ
掛け声 第8回決勝トナメ~:地上ジャンプ
肩書き

第8回:化け物 第10回:絶望の化け物

第1回記号杯:絶望のバケモノ 第14回:絶望からの希望

●出場記録 ◯成績
第1回大会 ベスト8 (2回戦敗退)
第3回大会

予選:3勝2敗(残スト4) Bブロック3位通過

決勝トナメ:ベスト24 (1回戦敗退)

第6回大会

代理出場

9位タイ (WINNERS側準々決勝敗退→LOSERS側5回戦敗退)

第7回大会

ベスト15 (1回戦敗退)

チーム:熱望ブラザーズ (灼熱のレイア & 絶望のリア・リエ)

第8回大会

予選:3勝2敗(残スト4) Bブロック1位通過

決勝トナメ:7位タイ (WINNERS側準々決勝敗退→LOSERS側4回戦敗退)

第9回大会

3位

チーム:因縁の三人 (絶望のリア・リエ & 殺意のヨシオ & 灼熱のレイア)

第10回大会

予選:3勝2敗(残スト5) Fブロック3位通過

決勝トナメ:7位タイ (WINNERS側1回戦敗退→LOSERS側5回戦敗退)

第1回記号杯 ベスト8 (準々決勝敗退)
第14回大会

一次予選:4勝1敗(得失点3) Hブロック1位通過

二次予選:2勝3敗(得失点-1)   Xブロック4位敗退

ベスト16

P(ピー)「化け物ォ!!」

第1回から参加している最古参マリオであり、マリオ勢のエース。

第1回大会では初戦で♀幻のギルティースMkⅡに勝利したが、続く2回戦で∫アルティライトねこといにしえの王国にて互いに「相手をバーストさせたあと後追い自殺する」など屈指のネタ試合を繰り広げた末に敗北。第6回大会終了時点でのマリオvsヨッシーはこれだけであった。

第3回大会では予選ブロックを3位で通過。決勝トナメで灼熱のレイアとの同期対決が実現。しかし劣勢に立たされた状況で絶望し、ボム兵を足元に投げ自決を選ぶという悪い方向で名前に忠実な行動に出た


第6回大会では第3回で奮わなかったこともありリストラ候補に上るが、代わって出場予定であった∮シュバルツ∮が腹痛で倒れたことにより久々に登場。

第6回の戦績+絶望のリストラを免れ、そして……-

ニューフェイスを立て続けに破り進出した3回戦で卍黒きムッコロズと激突。vsレイア戦以上の劣勢に立たされながらも諦めず、シリーズ史上最高クラスの大逆転を成し遂げ、空白の期間での成長を見せつけた。

しかしウィナーズベスト8で切れた脇役に敗戦。ルーザーズ側で、第3回で敗退させられたレイアとの再戦となった。激しい空中戦を有利に進めるも、続けざまにモンスターボールを取られるなどして逆転。1スト同士までもつれるも最後はイワークでバースト。

これで代理出場組、ひいてはマリオ勢は全滅となった。ベスト12(9位タイ)で終了、第3回大会(ベスト24、17位タイ)と比べて成長したところを見せつけた。

第3回大会まではやや没個性であったが、粘り強さを身に付けて第6回大会での好成績に繋げた。最後まで諦めず喰らいつくその姿が対戦相手に絶望を与えていくことだろう。


第7回

第7回大会にて、シングル以外の大会への初出場を果たす。
2度目のタッグマッチとなった今大会では、いつか越えなければならない宿敵レイアと手を組んで「熱望ブラザーズ」を結成。しかし1回戦でちょこリン♪の高いチームワークに翻弄されてしまい敗北を喫した。


過去最大規模、新たにLv8勢がエントリーする第8回大会にも参加。予選ブロックは、過去から立ちはだかり続けてきた壁、灼熱のレイア殺意のヨシオが居るブロックに組み込まれた。雪辱を果たしてのブロック通過なるか、期待が集まる。

第8回の戦績+絶望から希望を見い出した男-

初戦はヨッシー。意外にもマリオvsヨッシーのカードは第1回2回戦の対ねこ以来であり、当時はクソステ(いにしえの王国)ということもあって事実上初のガチ対戦となった。巧みな空上やセンサー爆弾を絡めた戦法に苦戦するものの、リードを保ったまま1ストック同士へもつれ込み、最後は相手が自滅したこともあって辛くも勝利した。

2試合目は2度も辛酸を舐めさせられてきた灼熱のレイアと因縁の対決。
バースト力に優れるルイージ勢に対して決め手に欠けるマリオ勢ながら、空前や上スマを巧みに使いお互いリードしつつされつつの互角の試合を展開。またもや1100までもつれ込み、%でリードを保ちながらレイアがバンパーに当たり復帰しようとした所をファイアボールを当て妨害、CPUトナメでは貴重なリベンジを成し遂げて連勝。決勝進出へ向けて駒を進める。

3試合目はとろけるヨシオと対決。
序盤押されるものの、ルイージにしか使えないと思われていた灼熱昇竜を披露し、ベストタイミングでカビゴンを召還してから完全に流れが反転。
トマトを取りまくり、最終的にはとろけるのラスト1ストックをあっという間にとろけさせ3連勝。
この際P(ピー)から化け物と称される。

4試合目で㌦ポッターに敗れ予選全勝とはいかなかったものの、残ストの関係で予選突破が確定に。
Bブロックでは初、全体としては6人目の予選突破を果たした。

5試合目でも殺意のヨシオに敗北したが、ブロック自体が極めて均衡した状態であったためシード権を獲得しての決勝進出となった。

シードを獲得し、2回戦からの出場になったリア・リエの相手は魔のパンツ。ハイラル城、そしてファルコン相手という、不利状況をびくともせずに盤石の勝利を収める。

次の相手は最後の新参、堕ちる純白が相手となった。相手の復帰力の無さを的確についてバーストしていくが相手の堅実な投げ選択に敗北してしまった。

LOSERSに回って最初の相手はξ黑きBlack jokerと最古参同士の潰しあいとなる。相手のガン攻めにコンボで返していき、そしてトマトを取ったところで流れが傾き、最後は何かが相打ち(ニュートラルA?)、2ストック残しでの勝利を収めた。

LOSERS側4回戦の相手は同じく今大会で覚醒した、Φデスエンペラー。ボム兵選手を味方につけ、五分五分まで持ってくが、バースト技の上スマを相手の驚異的な「ずらし」の崖あてで生き残られ、最後は相手の高砂横スマでバースト。化け物じみた快進撃は玄酔楼と同じ7位タイで終了することになった。


第9回の戦績+因縁の三人-

第9回大会にも出場。幾度も立ちはだかり続けてきた灼熱のレイア、そして殺意のヨシオとチーム「因縁の三人」を結成、初の3人乱闘へ臨む。

初戦は切れた脇役バルザードたんと対戦。非常に良い動きを見せるがやはりと言うべきかマリオ勢共通のバースト力不足に苦しみ、横強という渋い選択肢でバルザードたんを撃墜するが、空下からの復帰ミスやバルザードたんの空Nを受けてバーストし窮地に陥る。
しかし、持ち前の驚異的な粘りを見せ、バルザードたんを弱パン投げで払いのけた後に脇役を的確な上スマで撃墜、更にハートのうつわを取得後マリオトルネードの慣性を利用して脇役の横スマを回避、直後に台上のバルザードたんを前投げで撃墜するなど短時間で化け物じみたムーヴを披露、そのまま100%以上食らいつつも耐え続け、僅差ながら見事に1位を獲得、更にチームも1位となり決勝に進出した。

決勝では最初に登場し、相手は煙草マスターの子と悪魔の下目使いとなった。撃墜力の高い二人に得意の粘りを見せれず自身は3位となってしまった。その後もレイアは1位を取ったが、殺意が1位を取れず結果は3位に。しかし、自身初の入賞を獲得することは出来た。


第10回にも参戦。自身を含め強者ぞろいのFブロックに入ることとなり、誰が予選を抜けるのか予想が難しい状況に。

第10回予選の戦績+絶望のブロックにて再戦-

初戦の相手はあのドルコリン♪。中堅以下を寄せ付けない強さであるとも言われ、リア・リエの手腕が早速試される一戦に。
序盤はドルコリン♪の猛攻に押されるが、ステージの広さと復帰力に助けられ、画面をよく見てる横スマを決めて先攻、
リードを保つが今度は逆に回復とファルパンを決められ拮抗。その後も互角の試合を繰り広げるが、終わり際に爆発する新必殺技「絶望トルネード」披露後、的確な空中攻撃や投げで相手に一度もリードを許さず圧倒。
最後は回避を読んだ下スマでバーストさせ、初戦を2ストック残しで制する。
視聴者に改めて化け物であることを認識させた試合となった。

2戦目はブレイクを果たすきっかけとなったムッコロズとの再戦。ステージはコンゴジャングルとなり相手が見えづらい状態での戦いとなった。CPUだから関係ないとか言わない。有利に立ち回っていたがボム兵に1度、モーションに2度ぶつかってしまい劣勢に。しかし、そこから200%を超えるほどの粘りを見せ、またもや優勢に。最後は両者ストック1で100%を超えたところで投げをギリギリで回避し横強でバースト。最古参勝利リレーは2週目に突入した。

3戦目悪魔の下目使いとの、ブロック2勝・エース対決となった。
ステージは第1回で迷試合を繰り広げてしまったいにしえの王国となるが、レンガブロックの上で上スマを決める、画面端でバーストしないよう中よりの位置で戦うなどうまくステージに適応。
下目使いが投げつけたレイガンをファイアボールで防ぐ、投げつけられた箱を緊急回避でかわし相手だけ爆発に巻き込む
中央のリフトでキ○タマリオになる
などのテクニックを見せつけ差を広げていく。
最終的に相手がキ○タマービィになって2ストック差で勝利。3連勝となり、予選通過へ大きく前進した。
そして次の試合でドルコリン♪が勝利し、見事予選通過が確定することになった。

4戦目は苦手なリンク勢である例の黒光と対決。ステージは惑星ゼーベスとなった。
不安定なステージに加えてやたらとモーションセンサー爆弾が出現し、お互い酸を喰らうわ爆発するわと大荒れの試合に。
最初のストックで高ダメージ同士の状態で2人共酸に浸かり3300になると思いきや、直前に上に投げていたカプセルが吹っ飛んでいた黒光に当たり、図らずも黒光を助けることになってしまう。これにより先に自分だけストックを失う。
追い上げようとするも、黒光をバーストさせた直後に自身もストックを失う展開が続き、差を詰められず残り1ストックに。
その後1ストック同士になるが、最後は酸を喰らって吹っ飛んだところでリザードンの本体が直撃しバースト。
残念ながら予選全勝は果たせなかったが、それでも3位以上が確定した状態で最終戦に臨むことに。

その最終戦一番繊細な部長を相手にヤマブキシティで戦う。
2人でファイアフラワーを取った上にヒトカゲまで出現し炎まみれになった中で、部長の灼熱昇龍を受け先制されてしまう。
その後もモーションを利用されたり、崖登り回避にうまく合わせられたりして2ストック差の状態で残り1ストックに。
諦めずリフト上での上強で部長を倒して回復。逆転を狙っていくが、後一撃を加える前にエアスラで撃墜されてしまった。
予選結果はブロック3位。3連勝からの2連敗で第3回、第8回と同様3勝2敗での予選通過となった。

第10回決勝トーナメントの戦績+絶望の化け物-

決勝トナメの初戦では殺意のヨシオと戦うことに。今度こそはリベンジできるか期待がかかる。
ヨッシーアイランドを舞台に戦うことになったが、ボム兵での道連れに失敗し自爆してしまう。が、その後すぐ取り返す。
しかし殺意にスターを2回取られてリードを広げられた上、自身は雲を利用できずに復帰距離が足りないという状況が続く。
空中前や上スマで最後まで喰らいつくものの、逆転できず1ストック差で敗北。リベンジは果たせずLOSERS側に回る。

LOSERS側1回戦の相手はÅライムライトÅ。ステージはピーチ城上空だが、前日と同じネスVSマリオの対戦カードである。
その試合で迅雷ワンダが敗北した為リア・リエは最後のマリオ勢となっており、色々な意味で負けられない試合となる。
序盤は空中攻撃や下スマでリード。ライムライトの攻撃で箱が爆発し巻き込まれると思いきや、緊急回避で見事にかわす。
その後も相手の起き上がりに横スマを合わせ、空中ジャンプ後に空中前Aを合わせ、と的確な攻撃でストックを奪っていく。
そして残り2ストックの状態でライムライトを追い詰めると、ステージ端でライムライトに箱を投げつける。
ライムライトはこれをガードするも押し出されて落下し、そのまま事故を起こしてバースト。見事2ストック差で勝利する。

LOSERS側2回戦では、自分と同じ同族最後の生き残りとなった天使の聴牌とハイラル城で戦う。
上Bの隙にソバットを決められ先にバーストし、アカのこうらでハマった上にカビゴ乃助の攻撃を受け劣勢を強いられる。
119%と絶望的なダメージを負ってしまうが何とか上スマで聴牌を撃墜し、ハートのうつわを取り3300に持ち込む。
その後も再びこうらに苦しめられたり竜巻で先にストックを落としてしまうが、直後に聴牌も撃墜しほぼ五分の展開に。
最後は1100の状況から消えかかっていたハンマーをギリギリ取ることに成功し、聴牌を星にして勝利した。

LOSERS側3回戦の相手はこれまた最後のドンキー勢であるDr.神様。ステージはピーチ城上空となった。
試合序盤で神様が事故を起こしリード。その後は神様に2回トマトを取られてしまうが、粘りつつコンボを決めていく。
ダメージ175%の状態で空中NAを受け遂にバーストするが、そのまま神様も事故って3200となり1ストック差を維持。
そして神様にハンマーを取られるも、神様がジャンプしなかったため生還。しかしファイアフラワーと上強で撃墜される。
ストック2同士に並ばれたが、ドリルで神様を落として残り1ストックに追い込み、そのまま押し切って勝利した。

そしてLOSERS側4回戦では、予選で敗れた例の黒光にリベンジを挑むことになる。ステージはプププランド。
試合開始早々に黒光が自滅したためリードするが、黒光の猛攻を受けて3ストック同士となりハンマーを取られてしまう。
絶望かと思いきや、ハンマーをうまく避け一発のみに抑える。しかしリア・リエの投げたボム兵も黒光にかわされる。
ここから何故か互角に近い展開となり、トルネードの事故狙いは失敗したがトマトで回復。空中前Aで2ストック目を奪う。
そして2つ目のトマトも取り、巧みな空中攻撃で黒光を追い込むが、黒光の反撃でカプセルの爆発に巻き込まれてしまう。
相打ちになりかけるが何とか復帰。その後もしばらく粘り、回転斬りで倒されてしまうもののリザードンの召喚に成功。
復活後にリザードンとの連携で大ダメージを与えた後、空中NAで黒光を吹っ飛ばしつつファイアボールを散らす。
黒光は空中ジャンプ直後にファイアボールを受け、ステージに戻ろうとして崖下に衝突。復帰不能となり落下していった。
第8回の対レイアを彷彿とさせるファイアボールで勝負を決め、見事予選のリベンジを達成した。
またこの勝利によって、15人目の天才に続いて2人目の「12キャラ全員に個人戦で勝利した選手」となった。
そしてLOSERS側5回戦では、その15人目の天才を相手に初めての対3強に臨むことになる。

その15人目の天才との戦いはセクターZで行われることになった。
序盤は押されたものの、天才がボム兵を巻き込んで自爆してしまい五分に近い展開に。が、空中上で先制されてしまう。
その後天才の回復を一度は阻止。二度目は回復を許しつつも下スマを当て、天才の復帰ミスもあって3ストック同士に。
しかし上スマで反撃されると天才を撃墜できないまま差を広げられ、アーウィンの攻撃で残り1ストックに追い込まれる。
回避に合わせた下スマで2100に持ち込み一矢報いたが、ファイアフラワーで大ダメージを受け2ストック差で敗北。
マリオ勢及び予選Fブロックの選手は全滅となったが、絶望せずLOSERS側で奮戦し第8回と同じ7位タイで大会を終えた。
ちなみに最後にセクターZで試合をしたことにより1つの大会で全てのステージで試合するという珍記録を作った。


第11回、第12回を挟み第1回記号杯に参加が決定。ちなみに∮シュバルツ∮は幻想杯がふさわしいとして除外された。

記号杯の戦績+記号杯の戦績-

シード枠に選ばれ2回戦から登場。同期のギルティースを破ったリカエリス´中将´とヨッシーアイランドで戦う。
序盤はしっかりダメージを稼ぎアピールで釣りながらスマッシュ攻撃でリードするが、中将の反撃で共にバースト圏内。
そして中将の空中上で先制を許すも、即座に取り返し3300。しかしガメーコンボからダメージ差を広げられてしまう。
そのまま空中戦となった後、最上段での上スマを起点に反撃開始。攻撃を相打ちにされつつも中将を場外へ追い出す。
一度は雲に着地した中将は焦ったのか事故を起こして落下。逆転に成功したが、再び中将の空中上で倒され2ストック同士。
これでストックを並べられるも、冷静に守りを固めつつ中将を押していく。やがて中将が再び事故を起こし1ストック差に
ここから中将の追い上げを受けたが、トドメを刺される前に空中攻撃でうまく切り返し、またもお互いにバースト圏内。
最後は台上で下スマを決め、2ストック差で勝利。この試合で通算7人目となる個人戦20勝を達成した。

そして準々決勝の対戦相手は卍黒きムッコロズ。第10回と同じコンゴジャングルで二度目のリベンジを受けて立つことに。
序盤はやや押されるも、ムッコロズがタルに潰されたことでイーブンに。ボム兵を投げつけたが自分も巻き込まれ3300
仕切り直しとなり、足場の下から上Bで奇襲を仕掛けるも差を広げられ、起き上がりに合わせたチャージショットが直撃。
先に2ストック目を失い、ファイアボールを連発しつつ追い上げを狙うが、ムッコロズにも反撃を受け粘られてしまう。
更にムッコロズを倒しきれずにソバットを喰らいとうとう残り1ストック。すぐに下スマを返したがそれでも1ストック差。
リア・リエは復活したムッコロズをモーションに誘導し、チャージショットをかわしながら攻め差を縮めようとする。
しかし当然ムッコロズも黙っておらず、やがてお互いバースト圏内。おまけに背後からボム兵選手に突撃されてしまう。
ところが直後にムッコロズのメテオを喰らい命拾い。思わぬ形でバーストを免れたリア・リエは絶望せず立ち向かっていく。
空中NAでムッコロズを撃墜し、1ストック同士に持ち込みつつマキシムトマトで回復に成功。そのまま逆転を試みる。
激戦を繰り広げたが、一度はかわしたビームに捕まり前投げで敗退。遂に第6回以来の好敵手相手にリベンジを許すことに。


第14回の戦績+記録更新、思わぬ伏兵-

やがて次の大規模大会である第14回の開催が決定。
リア・リエも確定で参戦予定だったが、第13回で∮シュバルツ∮が予想外の活躍をしたため急遽アンケートが行われた。
そして僅差ながらアンケートを制し無事参戦決定。Hブロックから出場することになる。

初戦の相手は第14回唯一の新人暴力院長となり、ステージはコンゴジャングルが選ばれた。
ファイアボールや下Bを駆使しつつ戦い、院長にホームランを狙われるも後ろ蹴りで阻止。空中前A裏当てで先制する。
先制後も下スマや空中下を耐えて粘っていたが、左上での下スマは耐えられずバースト。復活後は院長との空中戦に。
そして緊急回避読みの横スマを置かれ、復帰したもののバースト圏内。前投げも耐えたが右上で上スマを受け星にされる。
先に残り2ストックになるもかみなり不発の隙に箱を投げ、ストックを並べると中身のモンスターボールを3つ全て入手
スターミーは役に立たなかったがカビゴ之助とラーイライの同時攻撃を決め、ファイアボールを散らしつつ攻めていく。
しかし崖際で下Bをして事故ってしまい残り1ストック。リードが台無しになってしまったが、空中前Aを決め院長を撃墜。
1ストック同士に並んだ後はアイテムを駆使しつつ戦い、最終的にお互いダメージ94%になるも下スマを決めて勝利した。

2戦目の相手は第8回で勝利している謎ヨッシー。ステージはセクターZが選ばれる。
ケにボム兵を投げつけられるが、ファイアボールで引火させ逆に自爆させることに成功し、ステージ右下に移動する。
右下にてドリルからの空中NAでジャンプを狩り先制。ケの後ろ投げを耐えてリードを広げるが横スマで3ストック同士。
それでも充分ダメージ差をつけており、バースト圏内になったケをステージ右下に追い詰めファイアボールをばら撒く。
そして転がり起きに下スマを合わせ撃墜。しかしバンパーに隠れたモーションでの自爆が響きヒップドロップでバースト。
これで2ストック同士に並ぶも、箱投げや下スマに加えてファイアボール+ラーイライで一気にダメージ差をつけた。
その後ボム兵に接近するが、動き出したボム兵選手を即座にシールド。ダッシュAで追い出したケに空中前Aで追撃する。
ケを残り1ストックに追い詰め、ファイアボール、空中攻撃、下スマ、上Bを駆使してケにどんどんダメージを与えていく。
しかし後一歩のところでケを倒せず、モンスターボールからミュウが出たこともあり1ストック同士に持ち込まれてしまう。
復活後はレイガンで更にダメージを与え、最後は再び転がり起きに合わせた下スマ。リベンジを許すことなく勝利した。
この勝利でレート1600超えを達成5強キャラ以外の選手でレート1600超えを果たしたのは2人目で、マリオ勢では初
(これは完全に余談だが、5強キャラ以外で最初にレート1600超えを達成した選手は今回の対戦相手のケであった)

3戦目の相手は最強格にして同期の鬼神、紅きポイゾネサスくんとの初対決となった。ステージはヨッシーアイランド。
ポイゾネの攻撃をよく見つつ技を差し込みややリード。空中NAからの復帰阻止は失敗したが下スマで吹っ飛ばし先制する。
先制後は下突きや回転斬りを耐えたが、ポイゾネに回復を阻止されて後ろ投げを受け、復帰できず3ストック同士に並ぶ。
その後は下突きからやや押されたが、横スマを見てからの空中前Aを起点に反撃開始。ドリルからの後ろ蹴りで取り返す。
そして空中NAでジャンプを狩り2ストック目を奪ったが、無敵中に上Bで突っこんでしまい回転斬りが直撃状況は2200
復活後はミドリのこうらやスターロッドを使いつつ空中攻撃でダメージを稼ぎ、ポイゾネをダメージ122%まで追い詰める。
ところがカビゴ之助ののしかかりが惜しくも当たらず、ブーメランや回転斬り、下突きで逆襲を受け先に残り1ストック。
それでも横スマを当て1ストック同士。事故りかけた状況からしっかり復帰するも、ポイゾネの猛攻で追い込まれ始める。
しかし下Bから攻撃を繋げ、下スマでダメージはほぼ五分。ビームソードを入手して鬼神化を阻止し空中前Aで吹っ飛ばす。
雲を経由して復帰したポイゾネにダッシュビームソードで突撃し、再度飛ばされたポイゾネは遂に復帰できず落下した。
的確な間合い管理で互角に渡り合い、好調を維持していたポイゾネに遂に土をつけた化け物が鬼神を喰った瞬間である

4戦目の相手は第10回で勝利した聴牌と同色同レベルのサムス勢エロい姉。ステージはピーチ城上空。
序盤は姉がチャージキャンセルから横スマを決めるが、こちらも弱パン投げを披露し両者のテクニックの応酬となった。
リア・リエはモーションセンサー爆弾で道連れを狙うも姉にシールドされ失敗自分だけバーストし先制を許してしまう
更に下スマをかわされて下スマを返されリードを広げられたが、姉がスクリューアタックから事故を起こし3ストック同士
空中攻撃で追い上げるも姉にレイガンを取られ、ソバットでバーストしたが箱投げですぐ取り返しその後も激戦が続く。
やがてお互いバースト圏内になるも、リア・リエはトマトで回復に成功。横強ビームソードで姉を撃墜しリードする。
しかし空中攻撃を受けた後にビームソードを奪われ横スマ三角コーナーに激突し一気に1ストック同士に並んでしまう
それでもカビゴ之助との連携で大きなダメージを与え、アカのこうらに翻弄されたがチャージショットをシールド防御
そして再び箱を投げ当て勝利。今までは予選3勝止まりだったが遂に4勝目を果たし、同時にブロック1位通過も確定した

5戦目の相手はこれまた同期のヨシオくん。ここまでくれば「全勝確定」と言えるだろう……以前のヨシオくんならば
ステージはハイラル城。第8回予選で「化け物」として花開いたステージで、最弱からの脱却を目指すダークホースに挑む
やはりヨシオくんは覚醒しており、序盤の展開は全くの互角。空中上で先制されかけたが、バーストを免れ空中前を返す。
これではまだ倒しきれない……と思いきやヨシオくんはうっかり飛び上がり自殺。何はともあれリア・リエが先制する。
先制後もヨシオくんの攻撃を耐え続けるも空中上で遂にバースト。ストックが並んだ後はファイアボールや上Bで攻める。
アカのこうらを起動されつつもダメージでリードしていたが、ヨシオくんを倒しきれずにファイアフラワーを取られる。
炙りで一気にダメージ差を詰められた上シールドブレイクするも、炙りを中断した隙に背後に回り込み下スマを決めた
しかし上スマのカスリ当てを受けた結果事故りかけ、ダッシュAでジャンプを狩られたことで2200の状況に並んでしまう
復活後も再び相手に炙られ、はたくや横スマを受けスターまで取られ、空中上→はたく→空中上で星にされてしまった
なんと先に残り1ストックに追い込まれてしまったリア・リエ。上スマを起点に反撃を始めるも自分のモーションに接触
劣勢が続く中で空中戦を繰り広げ、今度はリア・リエがスターを入手後ろ蹴りで撃墜し1ストック同士に持ち込んだ
この時点でダメージ78%。うたうの隙にドリルを差し込み空中前に繋げるが、ヨシオくんにもはたくやドリルを返される。
その後は箱投げを避けられダメージ122%まで追い詰められるも、ミドリのこうらをヨシオくんに投げ当てることに成功
ところがヨシオくんはギリギリこうらを耐えきり復帰ビームソードを持ち撃墜を狙うが決定打をかわされ続けてしまう
最後はお互いにビームソードを持っての差し合いとなったが、ドリルを避けられて空中上を受け最後のストックを失った
初の予選全勝まで後一歩だったものの、初の予選通過をかけたヨシオくんの全力に屈してしまった
それでも4勝1敗はリア・リエの予選戦績では最高記録。この敗北に絶望することなく2次予選以降も勝ち上がりたい。

二次予選の戦績+絡みつく因縁、降りかかる絶望-

二次予選では自身を含めた第10回Fブロックの選手が4人集まった因縁渦巻くXブロックからの出場となった。

初戦の相手は悪魔の下目使い。種族エース対決となるこのカードは第10回では両者共にキンタマの珍行動の末にリアリエが勝ったが……
ステージはピーチ城上空。序盤は押されるものの、マキシムトマトで全回復。代わりにホームランバットを持たれるも、ホームランはされずにダメージを稼ぎ、スターロッドを投げつけることで下目を撃墜し先制。しかし、その後前投げで外に出され、復帰しようとしたところをDAで阻止され、足場が引っ込んでいたこともあってバースト。3300に持ち込まれる。
2スト目は各種スマッシュ、ファイアボール、空中下等でダメージを稼ぐも、同時に下目にダメージを稼がれる展開に。そして、下目が上に投げたカプセルが落ちてきて爆発両者共に巻き込まれてバースト、2200の状況となった。
仕切り直しとなった矢先、下目が下の足場の坂でストーンを使って滑落して自滅。一気に有利な展開に。
このまま勝つべく下目を外に追い出し、復帰を下スマやバンパー設置で阻止しようとするも復帰されてしまい、逆に下スマを食らい復帰距離が足りずバースト。1ストック同士の状況に持ち込まれた。
その直後に出現したタルからは緑こうらが出現、これをリアリエは上に投げて下目に当てようとするも下目はこれを回避。逆にアピールで無防備の状態で緑こうらを投げつけられて追いつめられるも、次に下目が投げつけてきたのをファイアボールで反射して逆に撃墜。リベンジを許さず幸先のいいスタートを切った。

2戦目の相手は過去に三度戦った因縁の相手、灼熱のレイア。第8回同様に勝利を収めるか。
ステージはプププランド。序盤はお互いにダメージを稼ぐ展開となったが、ここで自身の投げた緑こうらがファイアボールで反射、一試合前の自身がやっていた技をレイアに返されてしまう。自分の使う技は読めるのかこれをシールドで防ぐも、そこからサイクロンの二段目を当てられて先制を許してしまうことに。
その後はスターや白目ポケモンドガースの助けを借りつつスターロッドの活用で何とか食らいつくも、火力差を覆すことは出来ず1ストック差の敗北、第8回のリベンジを果たされることになった。

3戦目の相手は第6回で覚醒ロードを阻まれた切れた脇役。ステージはコンゴジャングル。
回復を取られてリードを作られるも冷静な攻めを続けてすぐにパーセントを追いつき、一進一退の攻防を繰り広げる。
バースト技を的確に躱し、ビームソードやホームランバットといったバーストしやすいアイテムを取られるも技を振らせず、勝利。リベンジに成功した。

続く4戦目は、これまた過去に敗北した経験がある一番繊細な部長。ステージは兄弟対決らしいピーチ城上空に。
序盤から互角の戦いで%を並べていくが、部長が投げたカプセルが爆発する不運に見舞われ先制されてしまう。
更にドリルから昇竜で差を広げられてしまい、下スマで倒すも無理やりモーションを起動する部長の作戦で再び爆発
丸々1ストック差の状況でモンスターボールから出したカビゴンにより並ぶも、復帰後の後ろ蹴りで残り1ストック。
バンパー&下Bで一気に%を稼ぐことに成功するが、先ほどの部長を真似たモーション起動をガードされ大ピンチ
お互い100%を超える状況で後ろ蹴りを当て最終ストックで並び、空前を喰らうもギリギリの所で復帰に成功する
粘りを見せるリアリエだったが、緊急回避で左に移動した際に後ろ投げを喰らい敗北。連続のリベンジとはならなかった。

最後の5戦目は、今大会絶好調のドルコリン♪。相手がスターロッドを取ってから動きが姿も気持ち悪い姿に一変、ダッシュスターロッドやダッシュスターロッド投げといったスターロッド使いの前に敗北。二次予選を敗退してしまう。


現在の評価

先述通り第3回まではマリオ勢の中でやや没個性であり、一時期は∮シュバルツ∮に出番を譲る形でリストラの危機に瀕していたが、代理出場した第6回で、如何なる絶望にも屈しないその立ち回りに多くの視聴者が感銘を受けた。
その甲斐あってか第7回のマリオ勢出場アンケートでは1位を獲得する。更に過去選手の復活祭りとなった第10回大会が始まる前まで、すなわち第7回~第9回では、他の代理出場組を差し置いて唯一出場し続けていたなど、まさしく絶望からの起死回生を実現した選手であると言える。

かつては自身が置かれていた状況に絶望して自決を選んだ彼が、いつしか絶望から這い上がり、そして相手に絶望を与える存在となった、3億ドルの吐き気と並んで成長が目覚ましい選手である。


最古参勢の例に漏れずキャラ名ジェネレータにて出力された名前をそのまま使用している。
リア・リエの他に「孤高のブラッドⅣ」「ξティス」が出力されたがいずれもP(ピー)の琴線に触れず、「絶望のリア・リエ」が格好良いという理由で決められた。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
♀幻のギルティースMkⅡ 第1回(1回戦) プププランド
∫アルティライトねこ 第1回(2回戦) いにしえの王国
煙草マスターの子 第3回(予選) 第1試合 プププランド
永遠のエース 第2試合
早すぎた少女チェントゥリオーネ 第3試合
殺意のヨシオ 第4試合
Dr.神様 第5試合
灼熱のレイア 第3回(決勝トナメ1回戦) プププランド
バーンナック 第6回(1回戦) プププランド
勇者ヨシオ 第6回(2回戦) ピーチ城
卍黒きムッコロズ 第6回(3回戦) プププランド
切れた脇役 第6回(WINERS側準々決勝) ハイラル城
灼熱のレイア 第6回(LOSERS側5回戦) プププランド
ちょこリン♪
ちょこにゃ
ドルコリン♪
第7回(1回戦) コンゴジャングル ✖️
第8回(予選) 第1試合 プププランド
灼熱のレイア 第2試合 コンゴジャングル
とろけるヨシオ 第3試合 ハイラル城
㌦ポッター 第4試合 コンゴジャングル
殺意のヨシオ 第5試合 コンゴジャングル
魔のパンツ 第8回(決勝トナメ2回戦) ハイラル城
堕ちる純白 第8回(決勝トナメWINNERS側準々決勝) コンゴジャングル
ξ黒きBlack Joker 第8回(決勝トナメLOSERS側3回戦) プププランド
Φデスエンペラー 第8回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
3億ドルの世界の脇役
3億ドルの吐き気
世界のrekuiemu
切れた脇役
第9回(1回戦) プププランド 自身:1位(3pt)
チーム:1位
    (計8pt)
DCB64
ちょこにゃ
ドルコリン♪
バルザードたん
ソードマスターズ
紅きポイゾネサスくん
煙草マスターの子
堕ちる純白
第9回(決勝) プププランド 自身:3位(1pt)
チーム:3位
    (計5pt)
こき使い
悪魔の下目使い
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士
ドルコリン♪ 第10回(予選) 第1試合 ハイラル城
卍黒きムッコロズ 第2試合 コンゴジャングル
悪魔の下目使い 第3試合 いにしえの王国
例の黒光 第4試合 惑星ゼーベス
一番繊細な部長 第5試合 ヤマブキシティ
殺意のヨシオ 第10回(決勝トナメWINNERS側1回戦) ヨッシーアイランド
ÅライムライトÅ 第10回(決勝トナメLOSERS側1回戦) ピーチ城上空
天使の聴牌 第10回(決勝トナメLOSERS側2回戦) ハイラル城
Dr.神様 第10回(決勝トナメLOSERS側3回戦) ピーチ城上空
例の黒光 第10回(決勝トナメLOSERS側4回戦) プププランド
15人目の天才 第10回(決勝トナメLOSERS側5回戦) セクターZ
リカエリス´中将´ 第1回記号杯(2回戦) ヨッシーアイランド
卍黒きムッコロズ 第1回記号杯(準々決勝) コンゴジャングル
暴力院長 第14回(一次予選) 第1試合 コンゴジャングル
第2試合 セクターZ
紅きポイゾネサスくん 第3試合 ヨッシーアイランド
エロい姉 第4試合 ピーチ城上空
ヨシオくん 第5試合 ハイラル城
悪魔の下目使い 第14回(二次予選) 第1試合 ピーチ城上空
灼熱のレイア 第2試合 プププランド
切れた脇役 第3試合 ヨッシーアイランド
一番繊細な部長 第4試合 ピーチ城上空
ドルコリン♪ 第5試合 ピーチ城上空
  通算 全47試合
(勝敗除外2試合)
26勝20敗

 


twitter→ https://twitter.com/Lea_Lieh_M

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NDJiOTI0N
>> 返信元

なんですか、2スト差で負けてるとろけると勇者はフェアリーじゃないっていうんですか

返信
2021-06-09 22:15:41

名無し ID:MzJhOTlkN

ベスト8にはいそうだけどベスト4には残らなそうなキャラっぽいというかそのものだしなぁ
まだ今は強豪からみたら末席って感じのイメージ

返信
2021-06-09 21:17:14

名無し ID:OWYwYTk0M
>> 返信元

そんな姑息なことしないと絶望を与えられないのか…それだけ見るとかませポジに見えてしまうな

もちろんそんな戦績じゃないことはちゃんと理解してる

返信
2021-06-09 21:11:50

名無し ID:NWM0MDY0Z

あくタイプだからフェアリーのヨシオ族に弱い説を推してる

返信
2021-06-09 21:10:14

名無し ID:Nzg5ZmFjN

いつの日かヨシオ族に絶望を与えるため、今はあえてヨシオ族のカモになっている説

あると思います

返信
2021-06-09 21:08:10

名無し ID:Nzk2NDE0N
>> 返信元

一次予選通過出来た時点で二次で20タテ食らっても万々歳でしょ。何も考えて無さそうだし

返信
2021-06-05 10:22:40

名無し ID:MWJkNDZhN

トドメの空上受けた時にビームソード落としてるの絵になりすぎだわ
本戦でも頑張ってくれ~

返信
2021-06-05 10:12:10

名無し ID:YjIzMzI4Z

絶望を贈るのを後回しにしただけかも

返信
2021-06-05 09:18:13

名無し ID:ZWIzZWYzZ
>> 返信元

自身が一位通過でとろけるヨシオが2位か3位通過だから二次予選でマッチの可能性ありか?
とろけるにはリベンジを許したくないところだ

返信
2021-06-05 08:31:53

名無し ID:NTAxN2NhN

ヨシオ族を相手取るとどうしてもこっちがヒールになっちゃうからな
ある意味厄介な相手なのかもしれない

返信
2021-06-05 00:14:07

名無し ID:ZGJlMzA4Y

完全に雰囲気がアウェーだったし相当やりづらかっただろう
実際の勝負事でもこういう確変入ってる格下との対戦が一番難しいもんだ

とはいえ2次予選、なぜかヨシオ族がまだ2体も残ってるからしっかり対策しないと足元掬われかねないぞ…

返信
2021-06-04 21:43:23

名無し ID:NjhlOTgxN

どうも自分が応援するとよくないらしい
14回大会終わるまでCPUトナメから離れます
リア・リエが優勝したら教えてください

返信
2021-06-04 21:18:16

名無し ID:NjhlOTgxN

なんでやねん

返信
2021-06-04 21:04:34

名無し ID:YzU3ZjM0Y
>> 返信元

いや、まだ切ってなかったよ。ついでに8王子圏内にもまだいるよ

返信
2021-06-04 20:29:20

名無し ID:NmZhZGEyM

多分さ
レート1600切ったよねw
短い喜びだったか…

返信
2021-06-04 20:24:50

名無し ID:MmIzYjRiM

3スト目を炙りとスターで早く失ってしまったのが痛かったねぇ。
炙る位置が良かったし、ヨシオくんの技選択も結構的確だった。
落とす時は落とすし悲観することはない。決勝トナメも期待してるぞ。

返信
2021-06-04 20:20:19

名無し ID:ZmE1NGM0N

今日のヨシオくんの覚悟というか勝利への執念が強すぎた

返信
2021-06-04 20:19:17

名無し ID:YTRhYzcwM

星と爆発に嫌われた男
毎回スター取られてそのままボコられるか爆弾引っ掛けてその差で負けてるイメージだわ

返信
2021-06-04 20:19:14

名無し ID:ZTA3ZmMzY

殺意にカモられているとはいえヨシオ族に2勝4敗は深刻だな

返信
2021-06-04 20:18:29

名無し ID:MjA5NWZhY

今日のヨシオくんは強すぎた
とはいえ、二次予選でも安定した活躍には期待してるし、
次に切り替えていこう

返信
2021-06-04 20:16:57