幻想杯特設ページ

ページ名:幻想杯特設ページ

星の如き輝く者達の影に彼らはいる。

彼らは日の目を見る日を待ちわびていた。

そして

その時は来た。

【幻想杯】

5/31より開催!!

第4~第7回への出場が叶わなかった、

第3回以降出番のなかった選手達が下剋上のチャンスを得た。

もう日陰者とは言わせない。

もう不人気とは言わせない。

さぁ、闘いを始めよう――。

ただしコージ、テメーは駄目だ

 

ルール

CPUレベル:9(一部8)

ストック制:残機4

アイテム:ミドル

ステージ:完全ランダム

優勝者は主催者と試合を行い勝てば第8回の出場が決定。

主催者が勝った場合、どちらも出場出来ない。

(つまり主催者は第8回に出場できない)

P(ピー)曰く

「優勝かつコージに勝った選手以外は第8回の出場権は無い」とのこと。

 

優勝予想

1位
コージによって全員が幻想になる

2位
♀幻のギルティースMkⅡ

3位
魔炎師ヤミノツルギ†

詳細

優勝者がコージに敗れるという予想がブッチギリ。続けてギルの姉御。
無敵の転校生との僅差でヤミノツルギが3位となった。

最弱予想

1位
奇跡のヨシオ

2位
∩操られたティーダ★ミ

3位
キング・オブ・妖魔

詳細

まぁそうなるだろうなと感じる弱キャラ三国志状態。自滅のイメージの強い選手も投票された。

 

出場選手達

・マリオ勢

㌦ポッター…(腹痛による棄権)

腹痛により第6回を辞退した選手。その短い名前は編集が楽だとP(ピー)からも好評(?)。

 

∮シュバルツ∮…(腹痛による棄権)

同じく腹痛により第6回を辞退。リア・リエの大昇進により今後の出場が危ぶまれていた。ここで存在感をアピール出来るか。

 

・ルイージ勢

巨大天使マックス…(第3回 Hブロック4位敗退)

第3回に出場も戦績は振るわず、第6回での玄酔楼の登場により今後の出場が絶望的。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Hブロック第一試合】
巨大天使マックスとは何だったのか。それはこの試合を見れば意外な強者であったのが分かるだろう。必見。

 

地上最強のチェマ…(第3回 Eブロック4位敗退)

隠れすぎた名勝負師。地味な印象から人気が出ずにいたが、今大会で名誉挽回を狙う。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Eブロック第二試合】
第三回では惜しくも4位で終わってしまったチェマ。だがその名は意外な人物の弱点だった‥?必見。

 

・ドンキーコング勢

∩操られたティーダ★ミ…(第1回2回戦敗退(シード)、第3回 Gブロック5位敗退)

あのヨシオくんにタイマンで唯一敗れた選手。最古参ドンキー勢としての意地を見せたいが…。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Gブロック第三試合】
ドンキー勢最弱ともっぱらの噂だが、第六回でバーンナックとの激闘を制したDr.神様のように、彼もまたカービィ勢を見事に下している。必見。

 

キング・オブ・妖魔…(第3回 Hブロック6位敗退)

ナザレンコのアフォックスで1勝掴んだのみであり、実質全敗している選手。下目使いのペット。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Hブロック第二試合】
名前の語呂の良さくらいしか印象にないが、上記の通り絶大な人気を誇るキャラに土をつけている。必見。

 

 

・リンク勢

無敵の転校生…(第2回2回戦敗退(シード)、第3回 Cブロック4位敗退)

例の黒光に負けていたことで決勝トナメ進出が敵わず、かつ黒光が自滅の連続でさっさと敗退するというシリーズ史上類を見ない不幸っぷりを見せつけた悲劇の選手。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Cブロック第八試合】
コンボマスターチルドレンの使者様㌧と色が被ってしまい、実力があるにもかかわらず今後の出場が危ぶまれている選手であるが、かつて優勝候補筆頭と呼ばれた選手を下したことがある。必見。

 

例の黒光…(第3回 決勝トナメ1回戦敗退)

上記の通りとんでもないことをやらかした選手。上位選手の門番と称される脇役を破っているため決して実力が低いわけではないが…。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Cブロック第十二試合】
第三回決勝トーナメントで見事な醜態を晒してしまった彼だが、当時絶好調と言われた選手との同キャラ戦を容易く制している。必見。

 

 

・ネス勢

ÅライムライトÅ…(腹痛による棄権)

腹痛事件第一被害者との噂もある。今大会で実力を発揮できるか。

 

★グレイトアマゾン★…(腹痛による棄権)

同じく腹痛により辞退した選手。歩く天下無敵を超えることは出来るか。

 

 

・カービィ勢

永遠のエース…(第3回 Bブロック4位敗退)

カービィ勢の不人気枠。人気面でバーンナックを超えるため、Dr.神様を4タテした実力をフルに出してほしいところ。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Bブロック第十一試合】
上記で言われている通り、当時ブロック暫定1位であり、第六回では屈指の人気を誇るカービィ勢でも敵わなかった相手への4タテ。必見。

 

 

・フォックス勢

♀幻のギルティースMkⅡ…(第1回1回戦敗退(最弱決定戦2位)、第3回 決勝トナメ2回戦敗退)

フォックス勢の最古参で実力も高いが天才のせいで影が薄い。数少ないまともなフォックス勢としてアピール出来るか。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Aブロック第十試合】
天才に次ぐ実力者と言われる彼女は、その声に違わずCPUトナメで1,2を争う人気キャラとの戦いで見事な勝利を収めている。必見。

 

王者の申し子アルバロ…(第3回 Eブロック5位敗退)

フォックス勢最弱との声もある。真面目に戦っても芸人に走っても中途半端とされている。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Eブロック第十二試合】
申し子とはなんなのか。それに答えられる人は誰も居ないのかも知れないが、CPUトナメでは強キャラである相手に、変則アフォックスを決めながら勝利している。必見。

 

 

・サムス勢

揺るぎなきたまたま…(第3回 Cブロック5位敗退)

名前のインパクトはあるがハンマーは避けられるわ2回ホームランされるわと脇役にボコボコにされたサムス。雪辱を果たせるのか。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Cブロック第十試合】
なぜ揺るがないのか。病気か。そんなことを言われてしまう選手であるが、全サムスで唯一上スマバーストを決め、P(ピー)でさえ初めて見たレベルと言われる。必見。

 

 

・ヨシオ族

奇跡のヨシオ…(第3回 Eブロック6位敗退)

期待させて負けるのがうまいと称される。全敗のヨシオ族の中では比較的マシな戦闘力を持つが今度こそ奇跡を起こせるか。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Eブロック第七試合】
P(ピー)に「奇跡的に弱い」とまで言われてしまったヨシオ族。特にこの試合は奇跡と称される名勝負。必見。

 

 

・キャプテンファルコン勢

[世界第1位]ゲン…(第3回 Dブロック4位敗退

コージすら超えるあまりの影の薄さからいない者としてすら扱われていた。一体何の第1位なのか。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Dブロック第六試合】
レースで世界第1位だろうがスマブラは弱い。そんな印象すら持たれてしまっている選手であるが、テクさ全開の対戦相手に、それを圧倒的に上回るテクニックで見事勝利を収めている。必見。

 

・ピカチュウ勢

暴力委員長…(第3回 Dブロック6位敗退)

ピカチュウでありながら予選全敗するという、プレイヤースキル最弱の選手。てぽドンとの関係性を疑われている。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Dブロック第三試合】
最弱ピカですっかり定着してしまっている選手であるが、実は全ピカで唯一のしっぽバーストを決め、人類でも初めてと称される。必見。

 

魔炎師ヤミノツルギ†…(腹痛による棄権)

腹痛組の一人だが、その中二病くさい名前から人気が高い。人食い軍曹を超えられるのだろうか。

 

 

・ヨッシー勢

嵐のインテリ…(第2回1回戦敗退(最弱決定戦1位)、第3回 Fブロック4位敗退)

名勝負を繰り広げたものの第7回のチーム決め生放送にてアンケート0.5%というあまりの人気の無さが露呈。今大会で雪辱を果たしたい。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Fブロック第十四試合】
過去例を見ない人気の無さであるが、上記の通り P(ピー)も納得の「平成の名勝負」を繰り広げている。必見。

 

主催者

幻想の兄コージ…(第3回 決勝トナメ2回戦敗退)

予選を全勝する実力を持ちながら全く人気が出ず、P(ピー)からも「幻想でいてほしい」と言われた。「幻想」という個性と人気(?)を得て、幻想杯を開催する。

表舞台から姿を消してなお彼をCPUトナメシリーズ最強と主張しつづける熱狂的信者(幻想)が存在するなど、圧倒的カリスマを持つが、その真の実力は謎につつまれている。

本大会の主催者を務め、最後に残る強者を待ち続ける。彼を倒し、第8回の出場を勝ち取る選手は現れるのだろうか。

好プレー、好試合【第三回】64スマブラCPUトナメ実況【Gブロック第十試合】
幻想ゆえ、この試合が再生されることはもうないのかもしれないが、変則的かつ超テクニックでの翻弄を得意とする相手に、全一と言われるほどの反応速度と、的確な攻撃で低%バーストを何度も決めている。必見。

 

 

トナメ表(生放送キャプチャ 低画質)

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する