勇者ヨシオ (PU)

ページ名:勇者ヨシオ

勇者ヨシオ

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1BAーN無ック さん
Illust2:チト さん
Illust3:イモガエル さん
Illust4:あるふぁ さん
Illust5:あるふぁ さん
Illust6:あるふぁ さん
素敵なイラストありがとうございます!

Profile

キャラクター プリン
カラー 第6回~: CPUレベル Lv.9
立ち絵 第8回~:ボム兵取得+ジャンプ
掛け声 第10回:
肩書き 第8回:レベル1 第10回、第14回:ボムボムプリン
●出場記録 ◯成績
第6回大会 7位タイ (WINNERS側2回戦敗退→LOSERS側6回戦敗退)
第7回大会

ベスト15 (1回戦敗退)

チーム:チャオズ (勇者ヨシオ & 紫煙のドドン)

第8回大会

予選:0勝5敗 (残スト0) Dブロック6位敗退

46位 (最弱決定戦:勝利)

第10回大会

予選:1勝4敗 (残スト3) Aブロック6位敗退

最弱決定戦:41位タイ (1回戦敗退→2回戦勝利)

第14回大会

一次予選:1勝4敗(得失点-6) Gブロック6位敗退

ベスト45

P(ピー)「下スマ決まって狙ってプリプォリィ!」

第6回から登場。「勇者ヨシ◯コ」みたいな名前の青プリン。

一度も勝てなかった奇跡のヨシオと同カラーかつ、デビュー戦では見せ場はあったものの敗北したために最初はヨシオ族の中では善戦する方という程度の印象だった。しかしその後は勝利に勝利を重ねていき、一時は殺意のヨシオと双璧を成す有力選手と呼ばれていた。


一撃に重きを置く殺意とは対照的に、勇者は連続攻撃による手数でダメージを稼ぐ立ち回りが特徴。

運に振り回される場面も多く、相手もろとも爆発に巻き込まれて寸前で勝利する幸運な一面があれば、モンスターボールの引きが弱く肝心なところでトサキントを繰り出すなど運に見放される一面もある。

詳細は下記の勇者ヨシオの立ち回りに記載。


第6回+-第6回のタブを閉じる

2回戦 vs絶望のリア・リエ+-2回戦のタブを閉じる

第6回2回戦から出場、初戦の相手は絶望のリア・リエ

ヨシオ族にしては意外と動きは悪くなく中盤まで試合は拮抗していたものの、相手にハンマーを取られてからは差をつけられ、そのまま敗北。

やはりいつものヨシオ族かと、早くも諦めムードが漂う結果に。

ルーザーズ1回戦 vsヨシオくん+-ルーザーズ1回戦の見出しを閉じる

ルーザーズに回った初戦では初のプリンミラー、大先輩ヨシオくん戯れ一進一退の攻防を繰り広げる。

追い詰められたものの最後はリフティングのごとくはたくと空上でお手玉し、ヨシオくんを一度も着地させず13%から166%でバーストまで持っていく逆転勝利を収めた。

試合が始まる前は「消化試合」、「不毛な争い」など言われていたが、終わってみれば中々の名勝負となった。

ルーザーズ2回戦 vsバルザードたん+-ルーザーズ2回戦の見出しを閉じる

ルーザーズ第2回戦は歩く天下無敵を破ったバルザードたん

序盤から猛攻を受けバースト寸前だったが、マキシムトマトを取りどうにか持ちこたえて先に1ストックを奪う。しかしその後バルザードたんから2ストック奪われ劣勢に立たされてしまうが、ダメージの溜まったバルザードたんを上スマでバースト。殺意のような動きを見せ始める。

さらにホームランバットで一撃必殺、かいしんのいちげきで撃墜した。その後バルザードたんの繰り出したイワークでバーストしてしまうが、最後はアイテムを手にした隙を狙って下スマでバースト。

「下スマ決まって狙ってプリプリ」なる特技を覚えた。

ルーザーズ3回戦 vs綺麗なゲイ+-ルーザーズ3回戦のタブを閉じる

ルーザーズ3回戦は綺麗なゲイ。相性は絶望的、かつて殺意も手も足も出なかったネス相手に試合前から勇者ヨシオの敗北、ヨシオ族の全滅を悟る視聴者も多かった。

だが勇者故か勝利の女神に愛され、爆発物ややくものを駆使して綺麗なゲイのストックを削っていくが、勇者も爆発に巻き込まれてバーストしてしまっている。どうやら某パルテナ様みたいなサディストな勝利の女神だったらしい

ついにはネス相手に1-1まで追い込み、ダメージが貯まった状態で再び両者は爆発に巻き込まれてしまいゲイは上空でバースト確定となるも勇者ヨシオは横へと吹っ飛び、先にバーストしてしまうかと思われた。

しかし勇者ヨシオはどうにか持ちこたえ、ゲイは綺麗なお星様となってバースト。ヨシオ族の対ネス初の白星を掴みとったのだ。

ルーザーズ4回戦 vs昼間の召喚士+-ルーザーズ4回戦のタブを閉じる

続く第4回戦の相手は第5回で殺意のヨシオを破り、第6回でも殺意を敗退に追い込んだ昼間の召喚士。勇者ヨシオにとっては殺意の敵討ちとなる試合である。

ヨシオ族対策は万全と言わんばかりの昼間の召喚士の立ち回りに苦戦するも、空中はたくを二度繰り出し、着地直後に横スマッシュを繰り出す華麗なコンボでバースト。昼間の召喚士相手にリードを取る。

最終的にはストック数が1-1に並び、お互い後がない状況に。勇者ヨシオははたくを連発しダメージを稼ぐものの、以前はたくで舐めプをした挙句に負けた同族がいたため不安を煽る。不安は的中し勇者ヨシオもバースト寸前のダメージを負うも、最後は空中前A裏当てで昼間の召喚士をバースト。殺意のヨシオの仇討を無事成し遂げた。

ルーザーズ5回戦 vs悪魔の下目使い+-ルーザーズ5回戦のタブを閉じる

次戦の相手は悪魔の下目使いとなる。下目使いは第4回で殺意のヨシオとタッグを組んだ縁があり、勇者ヨシオは再び殺意の後を追いかける展開となる。

やたら爆発物に縁のあるヨシオ族だが、この試合は特に爆発物が現れ、カプセルはほぼ爆発するわしなくてもモーションセンサー爆弾が出るわ爆破オチだわとパルプンテかメダパニにかかったかのようなカオスな試合となり、最終的にはニャース先生の怒涛の小判ラッシュからのメガンテで悪魔を討伐した。

P(ピー)「持ってるっていうか……ずるい……」

ルーザーズ6回戦 vs灼熱のレイア+-ルーザーズ6回戦のタブを閉じる

そして、ルーザーズ6回戦の相手はヨシオ族最大のライバル、灼熱のレイアとなった。

序盤からレイアの立ち回りに苦戦。ガード中に爆発物に巻き込まれてルーラシールドブレイクしてバースト、モンスターボールからはラッキーやトサキントなど運にも見放され、敢え無く敗退してしまった。

ヨシオ族最大の壁であるレイアと一族の呪われた宿命である「肝心なところで運がない」の板挟みの前には勇者でさえ敵わなかったのであった…。

最終的な成績は7位タイとなり、これは初参戦の選手の中では優勝者の玄酔楼に次ぐ好成績(ちなみにもう一人の7位も同じく初参戦の卍黒きムッコロズ)であり。新たなヨシオ族のスターとして大会を大いに盛り上げた。

しかし、この先勇者ヨシオは一転、苦難の道のりを歩むことになる……。

第7回+-第7回のタブを閉じる

第7回では自爆芸人の紫煙のドドンとチームを組むこととなった。

やくものパラダイスのカオスな試合に期待されていたが1回戦で早くも実現。相方のドドンがドドンやアフォックスを連発したことで窮地に立たされ、しかも相手は玄酔楼煙草マスターの子の優勝者コンビとあってもはや逆転の余地はなく、灼熱昇龍などやりたい放題されて敗北を喫した。

負けはしたが爆発という個性は強く発揮できたか。

第8回+-第8回のタブを閉じる

Dブロック第1試合の VSDr.神様+-Dブロック第1試合のタブを閉じる

第8回にも参戦が決定。強豪煙草マスターの子をはじめ、天空の虫使いアントンDr.神様といった曲者たちに立ち向かう。特に煙草マスターの子と神様は殺意を倒した経験があるため、勇者ヨシオにとっては殺意を超える大いなる試練となった。

そして初戦はMr.ジャイアントキリングことDr.神様。いきなり最重量級かつステージはハイラル城というバースト手段の限られるプリンには厳しい選出となったが、開始早々華麗なコンボからの緑甲羅を見事なタイミングでぶち当てて1ストックを奪う。
しかし、その後は耐久力のある神様をバーストしきれず、攻めあぐねていくうちに逆転されてしまう。得意の爆発に頼ろうとするも最悪のタイミングで爆発し自身もバースト。最後は空中後Aからの竜巻へのホールインワンを決められてしまい敗北。

余談だが、神様に負けた選手はその後覚醒するジンクスがあるため、勇者も覚醒するのでは予想した人もいたとか。

Dブロック第2試合 VS天空の虫使いアントン+Dブロック第2試合のタブを閉じる-

2戦目は天空の虫使いアントン。早々にジャンプ切れのタイミングで攻撃を受け1ストックを奪われるも、その後は冷静に後ろ投げを決めるなど食らいついていく。
しかし、自身が仕掛けたモーションを逆に利用されてしまい、残り1ストックと追い詰められていく。最後はホームランバットで大逆転を狙うも実らず、空中後Aを受けて敗北。予選進出が危うい状況となってしまった。

Dブロック第3試合 VS煙草マスターの子+-Dブロック第3試合のタブを閉じる

3戦目は第3回優勝者、煙草マスターの子。特に今大会絶好調の相手にP(ピー)も相手が悪いと評していた。
圧倒的な攻撃力の前に早々にストックを削られていくが、勇者も少ない隙を見逃さずにタルぶち当てや横スマッシュを決めていき、相手の自滅もあったとはいえ、互いに1ストックまでもつれ込む接戦となる。しかし、最後はダメージが溜まったところに箱が爆発しバーストし敗北。とうとう後がなくなってしまった。

Dブロック第4試合 VSドルコリン♪+-Dブロック第4試合のタブを閉じる

4戦目は同じく第6回でブレイクしたドルコリン♪。もう負けられない勇者だったが、相手の猛攻の前に成すすべもなくストックを溶かしてしまう。
逆転をかけてモーションを設置するもまたもや逆に利用されるほか、トマトで回復中にバーストされてしまい、劣勢に立たされてしまう。負けじと最後まで食らいつくも、最後は抱かれてバースト。予選敗退が決まってしまった。

Dブロック第5試合 VS疑惑の恋人アルベルト+-Dブロック第5試合のタブを閉じる

予選最終戦はドンキー勢の新星、疑惑の恋人アルベルト。予選全敗は避けたい勇者であったが、明らかに他のドンキー勢とは違う動きを見せるアルベルトに苦戦。
自身も箱ぶち当てやUSNPで反撃するも、最後の最後で箱が爆発してバースト。ヨシオくん屈強なる妖精に続いて予選全敗となってしまい、7連敗を喫したことでCPUトナメシリーズの連敗記録を塗り替えるという不名誉な結果となり、グランドファイナルにおけるP(ピー)からのアナウンスにより最弱決定戦への出場が確定した。

最弱決定戦 VSヨシオくんVS屈強なる妖精+-最弱決定戦のタブを閉じる

そして迎えた最弱決定戦。仮にも第6回の上位進出者としての実績のある勇者にとっては、最弱は何としても避けねばならなかったが、開始早々に%が溜まった所に妖精にバーストされてしまう。しかし、その後はすぐさま原種をバーストさせてスコアを0に戻す。そこから妖精との競り合いになるが、ボム兵選手が2回も乱入し、妖精と原種を2回(ついでに自分も1回)もバーストするという最高のアシストを受け、一気に優勢に立つ。終了間際に緑コウラで妖精をバーストしたことで、見事1位を掴み取った。これは最終決定戦常連のヨシオ族としては初の快挙(?)である。

最終スコアは±0と、ややコメントに困るものではあるが、持ち前の爆発は勿論、粘り強さと的確にバーストさせる等、中々の立ち回りを見せていた。

とはいえ、結果だけ見れば「相手が悉く重量級」「第6回でプラスに作用した爆発が毎回裏目に出る」という逆風もあったとはいえ、第6回とは違って振るわず悔しい結果となってしまった。
それでも、決して動きは悪くなかったので次の大会に出場することがあれば、リベンジに期待したい。(神様のジンクスもあるし)

第9回は原種と殺意に枠を取られ、参戦ならず。

第10回+-第10回のタブを閉じる

第8回の不振や、ヨシオ杯で奇跡のヨシオがネタ的な意味で大活躍したこともあり、出場枠を奇跡、新人と争う羽目に。
1度はアンケを制すものの新人枠と拮抗したため2度目のアンケートが開始。ギリギリ新人の票数を上回り参戦した。

そして殺意と同じブロックとなり、遂に両者が相まみえることとなった。
その他にもヨシオ族の宿敵であるレイア、殺意を破った㌦ポッター、同期、風船族、最弱決定戦経験者と何かと共通点の多いちょこにゃと中々因縁深い組み合わせとなった。

初戦の相手は㌦ポッターでステージはヨッシーアイランドとなった。途中までは爆発物も登場し、互角の戦いを繰り広げていたが相手に回復を取られてから一気に差を広げられ、最後はおじぎ上スマにより58%でバーストしてしまった。

2戦目の相手は第6回で敗北した灼熱のレイア。ハンマーと回復を取りリードする。互いに1ストックまでもつれ込むが、それでも相手には叶わずリベンジ失敗となってしまった。

そして3戦目でついにヨシオ族最強の殺意のヨシオと激突。ステージはセクターZとなった。得意の空中技で果敢に挑むも殺意の猛攻の前に苦戦。そこに追い打ちをかけるようにボム兵選手やカプセル等の爆発物が次から次へと出現し、敗北してしまった。
特性が大いに発揮されたとも言えるが、勝ちに結びつかないどころか完全に足枷になってしまい、ついにP(ピー)からも「呪われている」と評されてしまった。

4戦目の相手は3億ドルの吐き気。序盤に回復を取ったものの、モーションセンサー爆弾で自爆してしまう。
動きそのものは悪くなかったが、調子を取り戻した吐き気に一方的に押されてしまい2ストック差で敗北。
最弱決定戦行き第2号となり、同時にAブロック最下位も確定。勇者の苦境は続く。続くったら続く……

最終戦ちょこにゃとハイラル城で戦う。
プレッシャーから開放されたのか、あるいは殺意の加護があったのか、今まで以上にいい動きを見せちょこにゃを圧倒。
巧みなビームソード捌きと空中攻撃でバーストさせていき、自身も竜巻に入ってしまうが3ストック残しで快勝
順位に変化はないものの土壇場で予選全敗を回避し、第6回のレイア戦から続いていた個人戦連敗から遂に脱出した。
余談だが、この試合では爆発物が一切出現しなかった

最弱決定戦初戦では、予選で戦った㌦ポッターに早くもリベンジを挑むことに。ステージはホームのヤマブキシティ。
試合開始早々にハンマーで倒されてしまうが、レイガンを使って反撃。空中上を決めて3ストック同士に追い上げる。
しかし相手の下スマとファイアボールでどんどんダメージを受け、スターミーからの上スマで差を広げられてしまう。
諦めずダメージを与えていくが、相手はトマトで回復。横スマは耐えたが上スマでバーストし、残り1ストックに。
追い込まれた勇者は焦ったのか、バースト圏内ではたくを繰り返し、㌦ポッターに200%超えまで粘られてしまう。
最後は何とか2ストック目を奪うが、タルを投げ付けられ地味にバースト。再び2ストック差で敗北し2回戦へ進む羽目に。
ちなみに爆発はというと、マルマインが㌦ポッターをだいばくはつに巻き込んだ程度で控えめであった。

最弱決定戦2回戦の相手はヨシオくん。第6回の快進撃のきっかけとなった相手と再戦をすることに。
しかしその試合は追い詰められてからの逆転勝利だったこと、試合に関してP(ピー)が意味深な発言をしていたこと、
(予選最後に快勝したとはいえ)大会を通して勇者が不調気味だったことから「まさか……」と不安がよぎる視聴者。
そして試合に選ばれたステージはよりにもよっていにしえの王国。妙に短い動画時間の中で一体何が起きたのか。
試合内容だが、序盤はヨシオくんに押されたものの空中上で反撃し、空中NAで先にストックを奪うことに成功する。
その後パックンで星になりかけるも生還。中央穴のリフトを落としてみると、釣られたヨシオくんが歩きながらバースト
復活したヨシオくんに上スマで反撃されるが、それでも2300。そして今度はリフトの上でガードして落下するヨシオくん
あまりの展開にP(ピー)や視聴者が困惑する中、ヨシオくんはおもむろに中央穴へと急降下していき……
蓋を開けてみればヨシオくんが勝手に事故りまくり、爆発を起こす間もなく3ストック差で圧勝してしまったというオチ。
……この勝利でヨシオ族では最初にBトーナメントを脱出。第6回勢及び予選Aブロックの選手は全員勝ち抜けとなった。

第14回+-第14回のタブを閉じる

その後はしばらく出番がなかったが、何とかアンケートを制し第14回に参加決定。
今回はハイラル城やセクターZ以外のステージはボム兵が出現しないように設定されているが、これがどこまで影響するか。

Gブロックから出場し、初戦はあの戦芸人ナザレンコとコンゴジャングルで戦うことに。
アフォックスキャンセルを受けたが序盤から果敢に攻め、ナザレンコが持ち上げたタルをはたいたところ見事に爆発
この爆発でナザレンコがバーストするも勇者は生き残り、その後も空中上を耐えて攻撃を加えていくが回復されてしまう。
そして空中上で星にされ3300。仕切り直しとなるも、うたうでナザレンコを眠らせてから上強→下スマのコンボを決める
更に空中攻撃やはたくを駆使してリードを広げていくが、ファイアフラワーを使われ大きなダメージを負ってしまう。
横スマをはたくで相殺して粘るも、タルを取ろうとして余計なジャンプをしてしまいリフレクターでジャンプ狩りされる。
2ストック目を落としたが、無敵中に下からファイアフォックスで突っ込んできたナザレンコに空中上をぶち当て2200
その後は劣勢になるもビームソードを入手。空中攻撃でダメージ差を取り返すが高所で空中上を受け星にされてしまう。
復活後も空中上をメインに攻め立てるナザレンコに押され続け、何とか1ストック同士に持ち込むも空中上でバースト。
比較的真面目に戦っていたナザレンコに善戦したが、3ストック目を先に奪われた後は不利状況を覆せず敗北してしまった。

2戦目の相手は切れた脇役。ステージはピーチ城上空が選ばれる。
序盤から互角の殴り合いとなるがマキシムトマトを取り回復。スクリューアタックの隙を突き空中上で先制に成功する。
先制後はチャージショットをかわし、空中攻撃やはたくを駆使してどんどん脇役にダメージを与えリードを広げていく。
勇者もダメージ100%超えになるも脇役の攻撃を耐え続け、はりせんを投げた後再び空中上。なんと2ストック差をつける
その後バンパーのお陰で182%まで粘ったが上スマで遂にバースト。復活後もモーションや上スマ、イワークで押していく。
ところが今度は脇役にトマトを取られてしまい、空中攻撃やスクリューアタックでダメージを稼がれバースト圏内に。
横強スターロッドは星形弾で逆に助かり上強はバンパーで耐えるも、ダメージ165%の状態でチャージショットを受ける。
これで2ストック同士に並んだ上、脇役の上スマがフルヒットして一気にダメージを負ってしまい逆転で残り1ストック。
はたくを何度か潰されつつも追い上げを狙うが、スターを取られソバットが直撃。何とかこれを耐え空中NAで反撃する。
この攻撃で脇役のジャンプを狩って1ストック同士に持ち込み、カプセルでの自爆は免れチャージショットをはたくで潰す
ソバットで敗北と思いきやこれもバンパーで耐え、スクリューアタックの隙に上スマを合わせギリギリバーストさせた
序盤上手くリードし、バンパーが有効に働いたことでヨシオ族とは思えない粘りを見せ、最後は「勇者」らしい逆転勝利。
同族の殺意やとろシオに続く形で見事試合を制し、勇者はヨシオ族で初めてサムス勢に勝利するという快挙を達成した
そしてこの勝利で第14回ではヨシオ族の予選全敗がなくなり、大規模大会予選で初めてヨシオ族が全員勝利を果たした

3戦目の相手はかつて第10回で敗れた3億ドルの吐き気。この勢いのままリベンジを達成したいところ。
ステージはコンゴジャングル。ファルコンパンチを受けつつも互角の試合を繰り広げるが、下スマからオバヘでバースト。
復活後は空中攻撃やはたくで反撃。タルを投げた隙に下から空中上を当てるも粘られ、吐き気から3連下スマを受ける。
そしてメテオで落とされ、転がり続けていたタルに激突タルの中のスターも取られダイブで2ストック目も失ってしまう
その後も吐き気に押されていたが、ファルコンパンチの隙に空中上を当て撃墜。しかし下スマを返され結局3100の状況
うたいつつはたくをメインに攻めるがモーションセンサー爆弾で自爆復帰後にジャンプを狩られるもタル大砲で生還
ミドリのこうらもかわすが下スマを受け、まさかの飛び上がり自殺リベンジどころか3ストック差で大敗してしまった

4戦目の相手は第12回準優勝者の突起物!ポンチコ。ステージはヨッシーアイランドが選ばれる。
はたくをメインに攻めていくが突起物の攻撃に押されてしまい、何とか166%まで耐えていたが空中下を受け先制を許す。
カプセルの爆発を活かせなかったことで劣勢が続き、突起物を倒しきれない内に上強からかみなりの直撃を受けてしまう。
2ストック差になるも空中前で撃墜。そして空中攻撃でダメージを稼ぎ、モーションを投げ当てて2ストック目を奪った。
ところがその場でうたっていたせいでそのまま自爆してしまい結局2100。それでもはたくや空中攻撃で追い上げを狙う。
突起物がリザードンに突っ込んだお陰で1ストック同士になるも、最後は下強で敗北。厳しい状況に追い込まれてしまう。

5戦目の相手は現時点で勇者と同じく1勝止まりとなっている[自称]妹。ステージはコンゴジャングル。
序盤からはたくや空中攻撃を使って一方的に90%までダメージを与え、妹の反撃でジャンプを潰されつつも何とか復帰。
ところがそのまま追い上げを受け100%超え同士となり、タルを持ち上げた隙に空中NAで倒された上トマトも取られる
一気に劣勢になってしまいスマッシュやばたあしで大ダメージを負ったが、空中NAでジャンプを狩り3ストック同士に。
しかしすぐ取り返され2300。まるまる1ストック差になるも、妹が仕掛けたモーションを利用しホームランバットも入手。
そしてはたくからのバット投げで今度こそストックを並べたが、無敵中の妹にはたくで突っこみ投げられた箱が直撃
1200と再びまるまる1ストック差。バット片手に追い上げを狙うもホームランを潰され、妹にスターを取られてしまう。
逃げようとする勇者だったが空中上からメテオを喰らい、最後は高所で上スマが直撃。2ストック差で敗北してしまった
序盤はよかったものの、状況をひっくり返されてから一向に差を詰めることができず、1勝4敗の6位で予選敗退が決定
それでもその貴重な1勝でヨシオ族初の対サムス勢勝利を果たしたことは確か。「勇者」として次は更に上を目指したい。


勇者ヨシオの立ち回り+-勇者ヨシオの立ち回りのタブを閉じる

立ち回りは殺意と比べるとやや詰めが甘かったり、空回りする点が目立つものの、一撃に重みを置く殺意に対して勇者ヨシオはコンボを重視している傾向がある。

ヨシオくん戦や昼間の召喚士戦でははたくと空中攻撃を組み合わせたお手玉コンボでダメージを稼いでいる。

加えて、運があるのかないのかよく分からない爆発ネタが持ち味で、ほぼ全試合で爆発が起きている。正に呪いである。

また、的確に相手の隙を狙ってホームランバットでかっ飛ばしたり、ファイアフラワーからの下スマッシュ等アイテムを使いこなして戦う場面も。

しかもなんとこの勇者ヨシオ、呪文が使える。

ラリホー…相手を眠らせる(でも、すぐ起きる)

メガンテ/イオナズン…敵もろとも爆発する

バギクロス…竜巻で相手を上へ吹き飛ばす(ハイラルのステージギミック)

メラ/ベギラマ…ファイアーフラワーを投げる/ファイアーフラワーで炙る

パルプンテ(存在自体が)何か起こるか分からない

ホイミ/ベホマ…トマト/ハートのうつわで回復する

ルーラ…空を飛んで移動する(シールドブレイク)

しかしヨシオ族共通の弱点であるバースト難と軽さに最も悩まされている。
前述の詰めの甘さや空回りも相まって、途中までは互角に戦うも最終的に主導権を握られて敗北してしまうことが多い。
事実、第6回でレイアに敗北してから第10回でちょこにゃに勝利するまで、悪夢の11連敗を喫してしまった。


第6回では最後のヨシオ族として一族の希望を背負って戦う勇者の姿を視聴者が「無垢なる殺意が鳴り止まぬ奇跡の勇者ヨシオくん」と呼んだことも。ψ聖騎士㌍ヨシオちゃんェ…

実力こそあるものの、評価としては殺意に次ぐヨシオ族No.2とされていたが、第8回の不振と自分よりも良い成績をあげたとろけるヨシオが現れたことで、その地位も危ぶまれて……というかほぼ明け渡している状態であった。

しかし第10回ではとろけるヨシオとヨシオくんが予選全敗する中で意地の一勝を挙げ、最弱決定戦も一足先に勝ち抜け。
結果的にはヨシオ族中2位の戦績となり、何とかヨシオ族No.2としての面目を保ったと言えるだろうか。

余談ではあるが、第3回SPトナメにて勇者勢の筋肉の申し子(笑)が参戦。
彼もホームランを決めるわ、毎回爆発が起きるわと何かと共通点が多い。やはり勇者は爆発の呪いを背負う定めなのだろうか

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 結果
絶望のリア・リエ 第6回(2回戦) プププランド
ヨシオくん 第6回(LOSERS側1回戦) プププランド
バルザードたん 第6回(LOSERS側2回戦) プププランド
綺麗なゲイ 第6回(LOSERS側3回戦) ハイラル城
昼間の召喚士 第6回(LOSERS側4回戦) コンゴジャングル
悪魔の下目使い 第6回(LOSERS側5回戦) ハイラル城
灼熱のレイア 第6回(LOSERS側6回戦) ピーチ城上空

酒と煙草
玄酔楼
煙草マスターの子

第7回(1回戦) ヤマブキシティ
Dr.神様 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
天空の虫使いアントン 第2試合 コンゴジャングル
煙草マスターの子 第3試合 コンゴジャングル
ドルコリン♪ 第4試合 コンゴジャングル
疑惑の恋人アルベルト 第5試合 プププランド

ヨシオくん

屈強なる妖精

第8回(最弱決定戦) プププランド 1位
㌦ポッター 第10回(予選) 第1試合 ヨッシーアイランド
灼熱のレイア 第2試合 コンゴジャングル
殺意のヨシオ 第3試合 セクターZ
3億ドルの吐き気 第4試合 ヨッシーアイランド
ちょこにゃ 第5試合 ハイラル城
㌦ポッター 第10回(最弱決定戦1回戦) ヤマブキシティ
ヨシオくん 第10回(最弱決定戦2回戦) いにしえの王国
戦芸人ナザレンコ 第14回(一次予選) 第1試合 コンゴジャングル
切れた脇役 第2試合 ピーチ城上空
3億ドルの吐き気 第3試合 コンゴジャングル
突起物!ポンチコ 第4試合 ヨッシーアイランド
[自称]妹 第5試合 コンゴジャングル
  通算 全26試合
(勝敗除外1試合)
8勝17敗

 


twitter→ https://twitter.com/BraveYoshio

※あくまで個人が運営しているなりきりアカウントです。公式設定ではありません。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MWFhZmMxN

とりあえず、最弱決定戦行きにならなくて安心した

やっぱり、ヨシオ族の宿命なのか先にリードを取られると厳しいな……
しかも殺意と違って手数で稼ぐタイプだから尚更だし

返信
2021-06-10 21:34:24

名無し ID:NTgzMmQ0Z

いうて勇者は吐き気戦以外はそこまで酷い印象ないし大丈夫じゃない?

返信
2021-06-05 16:51:22

名無し ID:NDZiMjJkM
>> 返信元

免除というか勇者以上に酷いのが何人かいるし(勇者の選手ページだから個人名は出さないが)、普通に回避できると思う
脇役戦はもちろんだが負け試合も今までほどは悪くなかったと思うし(吐き気戦は災害みたいなもんだからノーカン)

返信
2021-06-05 14:46:07

名無し ID:MGU3M2JmN

ちょこにゃ(最後に戦うタバス子はvsKI無敗)と院長(最後にサムスと戦う)で2人は全敗選手出るだろうからその中での争いでいい

仮に1勝から誰か出すにしても同族で対サムス初勝利を挙げた勇者は免除でいい

返信
2021-06-05 14:32:16

名無し ID:MWI2NmI3Y

ミス
最弱決定戦に出るような勢いがあるキャラ

返信
2021-06-05 14:27:32

名無し ID:MWI2NmI3Y

なくはないよなあっていう確率よね
まあ今までと比べたら確率は低そうではあるが

最弱決定戦に出るような院長、神様、ちょこにゃだけど仮にあと1人
現時点の中で今大会いいとこ少なかったなあっていう選手上げようとすると割とばらける気はする

返信
2021-06-05 14:26:58

名無し ID:NTFiZjlhO
>> 返信元

今回の勝利がサムスに勝利っていうプリン勢にとっては快挙だし、呼ばれることはほぼ無い……と思う

返信
2021-06-05 14:13:23

名無し ID:YjgzMGUyY

正直、参戦してくれたのは嬉しかったけど、正直第8回のように全敗するんじゃないかとか、勝てても第10回のように相手が勝手に負けた感じになるのかと不安の方が大きかった

結果的に1勝で終わってしまったけど、今まで勝てなかった重量級のサムス、しかもエース格の脇役に実力で勝てたのは本当に嬉しかった

浮き沈みが激しいし(風船族だけに)、殺意のような過激さも、とろけるのような老獪さも、原種のようなエンターテイナーっぷりも無いかもしれない

それでも、青プリンの枠はお前しかいない
これからも応援してるぞ

……最弱決定戦呼ばれたりしないよね? 大丈夫だよね?

返信
2021-06-05 13:52:57

名無し ID:NTgzMmQ0Z
>> 返信元

リア・リエがモーションでダメージを負ったのは勇者の加護のおかげだと思ってる
あれがなかったら多分最後の空上で死んでなかった

返信
2021-06-05 07:49:49

名無し ID:OWY2YzNmO

敗退したがサムス勢初勝利はでかいぞ

返信
2021-06-04 19:19:26

名無し ID:MzM2NmU5N

敗退したがまだ仕事は終わっていないぞ
ヨシオくんに力を貸して二時予選まで導いてくれ
化け物を打ち倒すには勇者、お前の加護が必要なんだ

返信
2021-06-04 19:12:56

名無し ID:YTc4MDQyN

ぶっちゃけ相手に強力なアイテムが来てたし、動きも相手の方が上手だった感じ
ただ、それでも2スト削ったのは偉いし、何なら対サムス勝利しただけ立派よ

返信
2021-06-04 19:10:17

名無し ID:MDJiNjNjZ

まぁ通過は正直絶望的だったから仕方ないけど、負けちゃったかぁ
脇役に勝って唯一の記録を樹立できたのはよかったよ

返信
2021-06-04 19:09:17

名無し ID:NjQ2MmNhO

あの頃のお前はどこに言ってしまったんだ…

返信
2021-06-04 19:08:04

名無し ID:ZTFiYzA2N

敗退確定してないとはいえ、かなり厳しい戦いなのは確か。
予選落ちするにしても、勝って終わってくれ...

返信
2021-06-04 18:41:28

名無し ID:YTVkZjhmN

勇者はヨシオ族にしては珍しくアイランドのような縦長のステージが苦手で、逆に横長のピーチ城上空とハイラルが(比較的)得意なのかな

難しいことは考えずに、とにかく目の前の勝利を目指して頑張って欲しい

返信
2021-06-01 13:18:50

名無し ID:MDllMGFkN

今大会の勇者は負け試合も1ストまで粘ったり逆に気持ちいいくらいボコボコにされたりで第8,10回みたいなつまらない負け試合がないから推せる

返信
2021-05-31 12:13:56

名無し ID:YTQyODhjN
>> 返信元

一発で吹き飛んではないしギリギリの展開にもなっていない

セレブリティーヨシオと入れ替わった説

返信
2021-05-27 19:43:33

名無し ID:ZDQ4NjdkY
>> 返信元

せめて奇跡かセレブと入れ替えろw

返信
2021-05-27 19:43:04

名無し ID:MzYxZTJiN

今日微熱のヨシオと入れ替わってなかった?

返信
2021-05-27 19:42:27