試合コメント過去ログ(第14回~裏16回)

ページ名:試合コメント過去ログ(第14回以降)

◯月◯日の試合 ◯回戦 ◯◯ vs ◯◯の行は太字、見出し3にしています

見出し(文字サイズ)の変更は↑にある「書式」(スマホなら「標準」)と書かれたプルダウンメニューより行えます

区切りの罫線は↑にある「A三/A三」のようなボタンで引くことができます

今後編集していただける方がいましたら自由に調整してもらってかまいません。よろしくお願いします。

試合コメント過去ログ

トップページのお知らせに載せられている、日々の試合の予告の過去ログです。

第9回までの過去ログはこちら

第10回~プレ乱闘大会の過去ログはこちら

第17回~の過去ログはこちら


・裏・第16回大会


準決勝~最弱決定戦+準決勝~最弱決定戦-

7/20 19:00

試合コメント1:

 全員最弱 

 裏・第16回64スマブラCPUトナメ 

 最 弱 決 定 戦 

 屈強なる妖精(DK) ナウいコテツ(YO) 
 セレブリティーヨシオ(PU) △デロイ△(LI) 

 7.20 19:00 

試合コメント2:

クソステ杯最弱 屈強なる妖精

第6回最弱 ナウいコテツ

第12回最弱 セレブリティーヨシオ

世代対抗戦最弱 △デロイ△

裏・第16回最弱決定戦 7/20 19:00より

今宵、最弱の中の最弱が決まる。


7/19 19:00 揺るぎなきたまたま(SA​​​​​)VS 魔のパンツ(FA)

試合コメント:

史上最大人数の大会、第16回大会に乗り遅れた18のはみ出し者。
実力・人気で劣っていた彼等は戦場に立つことすら許されなかった。

だが、そんな彼等に一縷の望みが訪れた。

裏・第16回大会

それは福音であった。改めて彼等にチャンスが訪れたのだ。

表大会同様、互いの希望をかけて戦い合う戦士達。
そして、他の希望の残骸を踏みつけて最後の戦場に立った2人の戦士。

どんな時も揺るがない実力、揺るぎなきたまたま
今度こそは華麗に決めたい、魔のパンツ

今宵、彼等の叛逆の物語は終わりを告げる。
そして優勝の栄光が照らしてくれる、

これから行く、更なる栄光への道をも!

7/19 19:00
裏・第16回大会 決勝戦

全世界に、目にもの見せてやれ!


7/18 19:00 魔炎師ヤミノツルギ†(PI​​​​​)VS 嵐のインテリ(YO)

試合コメント:中規模大会における3位決定戦。
最後に勝つのと負けるのとで評価も待遇も大きく異なる!

挑むのは、ほぼ横並びの赤ピカチュウ争いに身を投じているヤミノツルギと、幻想を回避すべく真っ当に戦い続けているインテリ。クソステを搔い潜った前者とプププを一貫して選び続けた後者、この試合でその違いがどう出るか!?

これが彼等にとって裏・第16回大会最後の戦い!
最後に笑うのはどちらになるのか!?


7/17 20:00 嵐のインテリ(YO)VS 魔のパンツ(FA)

試合コメント:緑ヨッシーとしては一番の正統派、低支持率に悩まされながらも踏ん張ってここまで来た嵐のインテリ。ここからが正念場、残り2試合を持ち前のふんばりで勝利を手にするか?
そして、こちらも低人気に屈することなく前2試合を競り勝った魔のパンツ。彼にとって最大の課題は、大事な試合で勝ち切れるかという事。これまでの自分を縛る鎖を千切り、残り2試合も勝利するか?

低人気の壁を打ち破って人気を手にするために、この戦いは負けられない!
​​両者の命運を賭けた準決勝、決勝に望みを繋げるのは!?


7/17 19:00 揺るぎなきたまたま(SA)VS 魔炎師ヤミノツルギ†(PI)

試合コメント:第16回大会で置いてけぼりを食らった18人の選手達。
しかし流石はベスト4、ここまで残った4人はいずれもしっかりとした立ち回りの上でここまで来た。

ただひたすら地道に戦う正統派サムス、揺るぎなきたまたま。
持ち前の銃使いでサムス勢への下克上を果たした魔炎師ヤミノツルギ†。

残された試合も僅か、決勝に駒を進めるのは?
クソステなんかじゃ止まらない熱い試合が始まる!


3回戦+3回戦-

7/16 20:00 魔のパンツ(FA)VS 無敵の転校生(LI)

試合コメント:一方、こちらもレギュラー獲得の為に負けられない戦いが続く。

未だにインパクトのある勝ちに欠けているパンツ。デューレンファングが第16回大会で優勝してしまった以上、ただの優勝では到底追いつけない。求めるものは圧倒的な実力を見せつける勝利、果てしなく険しい道のりが始まる!転校生も先の試合は△デロイ△の珍試合ぶりに注目を奪われている中、ここで負けようものなら今大会の印象が無になりかねない!

果てしなく遠いレギュラーへの道。
お互い、1勝なんかじゃ終われない!!


7/16 19:00 永遠のエース(KI)VS 嵐のインテリ(YO)

試合コメント:エースとインテリ、共に二回行われた幻想杯の両方に迷い込んだ者達。それぞれ第3回勢と第2回勢と共に古参ながらも同族との人気争いに敗れ、更に新参の台頭によって幻想に囚われ続けた。抜け出すには半端な勝利では到底足りない、この裏・第16回大会においては優勝はほぼ絶対条件、それも実力を強く感じさせなければ意味が無い!

長らく居続けた幻想という名の無間地獄。
抜け出すためのデスマッチが幕を開ける!


7/15 20:00 エロい姉(SA)VS 魔炎師ヤミノツルギ†(PI)

試合コメント:持ち前のエロさ(?)でスケベを返り討ちにしたエロい姉。次の相手はヤミノツルギ、姉は同色同レベルの院長には勝利している。第2回幻想杯で発揮されたクソステ耐性を存分に発揮出来るのか、あるいは良ステでも同様の立ち回りを行えるか!
そして、中二病なだけあって恐らく思春期だと思われるヤミノツルギ、次の相手は若い子には刺激が強い(かもしれない)エロい姉!そんな誘惑にも負けずに自分を貫き不利カードを覆すことは出来るのか!?

エロか中二病か、思春期の男子大盛り上がりの対決が始まる!!


7/15 19:00 揺るぎなきたまたま(SA)VS 悲しみのパターソン(FO)

試合コメント:

クソステ、ぶち壊しアイテムが跋扈する裏・第16回大会。
そんな中で次に戦うのはこの2人!

地味だが確実に勝利を掴む堅実ウーマン(?)、揺るぎなきたまたま。荒れた試合が続く今大会でもその安定した立ち回りで勝利を着実に手にするのか!そして、第8回以来となる勝利を手にした悲しみのパターソン。今度の相手はバカではなく堅実な試合運びをしてくる選手。実力を見せるのにはうってつけの相手だが、そんな彼にクソステやアイテムが襲い掛かる可能性もある!自滅や爆死で悲しみの敗退とはならないように気を付けたいが……!?

地味なる正統派VS不憫なる正統派(?)の対決!
勝つのはどっちだ!?


1・2回戦+1・2回戦-

7/14 20:00 無敵の転校生(LI)VS △デロイ△(LI)

試合コメント:逆シードを終えて始まった2回戦、最後の選手は不憫なリンク達!

激しすぎる白リンクのレギュラー争いに挑めずすっかり白リンク3番手と成り果てた転校生、第1回幻想杯以来となる個人戦で後輩2人に負けない戦いを見せられるのか!?
そして、こっちはもっと不憫だ△デロイ△!個人戦0勝5敗、リンク勢にあるまじき悲惨な戦績の彼だが、タッグ大会の第15回では積極的に撃墜を取るなど覚醒の兆しが見えた。今度はクソステ、ぶち壊しアイテムの蔓延る個人戦大会、どんな手でもいい、個人戦初勝利を手にできるか!?

数々の強豪を生んできたリンク勢。
彼等もそれに恥じない活躍を見せられるのか!?


7/14 19:00 王者の申し子アルバロ(FO)VS 魔のパンツ(FA)

試合コメント:タバスコを破りクソステ杯3位の戦績を出すも依然レギュラーの座は遠いアルバロ。加えて、今大会は五分の三がクソステ!アルバロは再びクソステの厄介になってしまうのか、それとも良ステにありつけるのか!?
一方、デューレンファングの優勝で一番立場が危うくなった選手もここに来た!未だに人気薄の状況から抜け出せない魔のパンツ、立ちはだかる高いハードルを越えることは出来るのか!?

レギュラーへの道のりは険しく、壁はいくつも立ちはだかる。
でも、諦める理由にはならない!勝って進み続けるのだ!!


7/13 20:00 極道の片割れ(PI)VS 嵐のインテリ(YO)

試合コメント:

コメントが極道化する盤外能力に定評のある極道の片割れ。対するは不人気を通り越し無人気、伝説の支持率0.5%嵐のインテリ

お互い同色が躍進し、参戦出来なかった辛い立場の緑の二人。人気を得るには勝ち続け優勝するしかない。だがクソステ混じりの裏16回、まともな試合運びすら困難な混沌の戦場では戦うことすらままならねぇ! それでも勝たねばどこで勝つ! 俺たちゃ試合も滅多に出来ねぇんだ!

蜘蛛の糸の如く細い一筋の奇跡を信じ、『明日』を夢見て極道とインテリが激突する! 

『今日』を生き延びることが出来るのは、果たしてどちらだ!?


7/13 19:00 ∩操られたティーダ★ミ(DK)VS 永遠のエース(KI)

試合コメント:

なんで裏16回にティーダがいんだよ
本戦はどうなってんだ本戦は!

禁じられた連続アンケートをしたにもかかわらず両方落選。その後ニコニコではおとわっかブーム、参戦出来ていれば間違いなく流行に残れていたはず。それも今となっては完全下火、今出てきたところで既に手遅れ。そんな"持ってなさ"こそが幻想たる所以か。祈り子の夢もとい幻想のティーダドンキー。

そんなティーダの相手は同じく幻想の代名詞、永遠のエース。逆シードの第1回戦にてパジャマの革命家をすごく地味に倒し上がってきた。

この試合を落とせば「俺、消えっから!」と言わんばかりに出番は遠ざかるだろう。しかし相手は黄ばんだヨシオとも称されるあのエース。かつて幼き弟のソーセージを下したあの強ささえ蘇れば、勝機は十分にあるだろう。

果たしてこの戦い、ティーダのパンチが気持ちよすぎる試合となるのか!? なれればきっと、素敵だね


7/12 20:00 魔炎師ヤミノツルギ†(PI)VS セレブリティーヨシオ(PU)

試合コメント:依然苦しい立場にある赤ピカチュウ、そんな中でもとりわけ苦しい状況にいる魔炎師ヤミノツルギ†。再評価の続いた第16回大会の流れに続いて勝てるところは見せておきたい。加えて相手は最弱経験者、こんな所で負けてはいられない!
そして、ほぼ2年ぶりの試合となるセレブリティーヨシオ。デビュー戦で被4タテ、最弱決定戦で流れるように最弱を取ってから全く音沙汰の無かった彼だが、試合数としては未だに個人戦1試合、実力は未だに謎な部分が多い!ヨシオ族全体の躍進が進む中、一足先にどん底からの脱出を果たした奈落に続くことは出来るのか!?


7/12 19:00 最果てのスケベ心(LU)VS エロい姉(SA)

試合コメント:あーあ、出会っちまったか。

レベル9ルイージと比べて苦しい立場にいるレベル8ルイージのスケベ心と、久々の大型大会では無念の予選敗退となったエロい姉が禁断の邂逅!迫りくるスケベ心にエロい姉は食われてしまうのか!?

ここまでクソステしか出ていない今大会、このカードはまともな試合になってくれるのか?
というか、アレな対戦カード過ぎてセンシティブ扱いされてしまわないのか!?


7/11 20:00 悲しみのパターソン(FO)VS ナウいコテツ(YO)

試合コメント:

続いての対決はすっかり同色枠争いに乗り遅れた2人の対決!

個人戦1勝6敗、勝率はあのヨシオくんよりも低いという悲しみを背負う悲しみのパターソン。直近の試合で心を折られたのか悲しみの復帰放棄をやらかすなどメンタル面が非常に不安視される中、第6回最弱のバカ相手にちゃんと勝利を掴むのか、あるいはバカにも敗れて一族最弱の地位を確固たるものにするのか!?
一方のコテツも最弱仲間の母がその座を返上して一人取り残された状況!バカだが攻めっ気のある彼だが、ヨシオ杯以来となる個人戦でその攻めっ気が正しく発揮されるのか!?

荒れた試合から始まった裏・第16回大会。
両者共に不安要素しかないこの試合、まともな試合になってくれるのか!?


7/11 19:00 無垢なるヨシオ(PU)VS 揺るぎなきたまたま(SA)

試合コメント:

試合コメント:開幕2戦からアレな展開となった裏・第16回大会。
次なる選手は安定した実力と引き換えに圧倒的な地味さを誇る、つい最近自身の大技の「下スマ地獄ルーピングマッシャン」がP(ピー)に妖精以上に嫌われNGワードと化すという憂き目を見た揺るぎなきたまたま。安定に定評のあるたまたまは現れたヨシオ族に確実に勝利を手にするか。
そんなたまたまに挑むのは、的確に立ち回って塩ゴリラの妖精を2スト残しで解体してみせた無垢なるヨシオ。だが、次の相手は不利カードのサムス勢、加えて一族の中でも安定感のあるたまたま。殺意ですら敵わなかった相手、だが今大会はクソステに全アイテム解禁と戦況を大きく変えやすいルール。薄い勝ち筋を掴むことは出来るか!?

逆シードを終えて裏・第16回大会は本格始動!
今度こそ表に負けない激戦を見せてくれ!!


7/10 20:00 パジャマの革命家(LU)VS 永遠のエース(KI)

試合コメント:きみはゆくえふめいになっていたえいえんのエースじゃないか!

カービィ勢で唯一ハブられた悲しみのANS! 当然のように逆シードを引いて相手となるのはパジャマの革命家!

被4タテ経験のあるパジャマにとって4タテ経験者のエースは天敵となりえるのか。しかしルイージ特有の爆発力は決して侮れない。油断したが最期、黄ばんだヨシオと化すのは想像に難くないだろう。 

直近でレベル8ルイージが最弱になった? バーロー、エースは直接クソビリじゃい!

果たして永遠のエースに勝ち目は、救いはあるのか!?


7/10 19:00 無垢なるヨシオ(PU)VS 屈強なる妖精(DK)

試合コメント:最近Pに許されたらしい屈強なる妖精。しかしこの試合で再び嫌われる可能性は多いにある!

そんな妖精の相手は無垢なるヨシオ。これといった戦果もないごく普通のヨシオ族だが、そんなヨシオ族相手でもこの塩試合製造機は悲惨な試合を生んでしまうのか! 頼む無垢なる、ヨシオ族の波に乗ってこの塩ゴリラを成敗してくれ!

第16回に参加出来なかった日陰者達の集う裏第16回、初戦がこんなカードで大丈夫なのかぁぁぁ!?


7/10~ 裏・第16回大会

試合コメント1:

史上初の96人制大会となった第16回大会は大盛況の末終結した。

新たな王者の誕生、意外な選手の大躍進、一方強豪選手の早期敗退など飽きを感じさせない大会であった。

しかしその96人の枠からあぶれた者たちが存在する。

そんな者たちのために開催されたのが裏・第16回大会。

96人の枠からあぶれた18人の選手がいまここに集結する。

あれそういもう1人あぶれた選手がいたような…

 

試合コメント2:

 

史上最大の参加人数となった第16回大会。

その裏で行われる、もう一つの第16回大会。

涙を吞んだ18の戦士による、叛逆の物語。

──── 裏・第16回大会 開幕 ────

???「幻想の兄の事、時々でいいから……思い出してください」


・第16回大会


A・Bブロック準決勝~最弱決定戦+A・Bブロック準決勝~最弱決定戦-

7/7 19:00

試合コメント:

グランドファイナル。王座は激戦の末、Σデューレンファングが勝ち取った。

彼は96人の中の頂点を取ったのだ。

そして七夕の今宵、今度は96人の中の底辺を決める戦いが始まる。

7/7 19:00

第16回64スマブラCPUトナメ:最弱決定戦

野生の衝撃(PI)

笑えない女(SA)

詳しすぎた湖(LU)

★グレイトアマゾン★(NE)

さぁ最後の余興を楽しもう。


7/6 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS Σデューレンファング(FA)

試合コメント:

選手総勢96名、過去最大規模の今大会にもついに終演の時が訪れる…
Aブロック、Bブロック、共に激戦が繰り広げられた

戦いに敗れ消えゆく者、勝ち上がり喜びに打ちひしがれる者
時が経つにつれその数は減り、気が付けばそこには94の屍

そしてその上に立つ、2人の猛者

圧倒的な力をもってして勝ち上がり、今まさに二度目の不敗の王者に輝こうとする者

紅きポイゾネサスくん

予測不能にして大胆不敵。その不可思議たる『』で観客を魅了し虜にした者

Σデューレンファング

誰しも譲れぬものがある。両者とてそれは同じ
そしてそれは、目のにある

94の屍の先にある、たった1つの玉座

ただ1人、選ばれし者のみに託される栄光

その震わせる握りこぶしの震えは恐怖か、武者震いか

玉座へのあと一歩の足掛かりとなる95番目の屍

その屍の先の栄光を掴む者

残された2つの一方通行

栄光の道を往くのは、誰だ

今、究極の頂上決戦が幕を開ける――

第16回64スマブラCPUトナメ
GRAND FINAL

新たなる伝説の創造、その瞬間を見逃すな!!


7/5 19:00 塩対応(SA)VS 綺麗なゲイNE

試合コメント:

グランドファイナルの前座である3位決定戦、しかしこの戦いに挑む彼等にとってはメダルをかけた最後の戦い!

前評判を覆し続けここまで勝ち進んだ塩対応、これまで大型大会のメダルに縁の無かったサムス勢の新たな光としての期待にどう応えるのか!?そして一族No.2として戦い続けた綺麗なゲイ、輝きをその手に掴み、一族最強の座を奪いにかかることは出来るのか!?

前座などと言わせやしない! 今夜は眠らせないぜ!
今夜7時、熱狂のナイトパーティーが始まる!!


7/4 19:00 綺麗なゲイ(NE)VS Σデューレンファング(FA)

試合コメント:

クライマックスは目前! Bブロック決勝の舞台に立つのはこれまた意外な奴ら!

あらゆる猛者のケツを舐めまわし突き上げ、食い物にしてきた綺麗なゲイ! 実力今や不明、数多の敵を、視聴者を翻弄し続ける男Σデューレンファング!
第6回、天才戦で魅せた多大なインパクトでその名を轟かせたデューレンファング。そのネタ性で地位を築き上げてきた。だがそれでは飽き足らない。ネタの頂点に立ったのならば、力の頂点にも立たねばならぬ! ゲイのケツを逆に喰らうか!?

第14回では予選ブロック再開という辛酸を舐めたゲイ。しかしどん底に落ちたのならば、あとは昇るだけ! 今こそネス勢のNo.2…否、No.1へと昇りつめる時! その頭で数々の敵を絶頂へと導いたテクニックは、翻弄する牙をも蝕むか!?

真夏の夜の一戦、熱き決闘を制しGFへ進むのは魅惑のテクニシャンか、あるいはデバフの奇術師か!?


7/3 19:00 塩対応(SA)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

試合コメント:

Aブロックの戦いが遂に終わりを告げる。
残されたのは、共に1回戦から5連勝を果たした選手。

前評判を覆し、徹底的に相手の行動を咎め続けた者。
決して恐れずに、優勝に向けて攻め続けた者。

元一族最弱の逆襲が王者をも破るのか、
王者が絶対的な力を見せつけるのか。

今、幕を開けるAブロック最後の戦い。
決戦の地へ赴くのはどちらか。


7/2 20:00 Σデューレンファング(FA)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

試合コメント:かつて天才を追い込んだ実力はやはり本物だったのか!?
デビュー戦以降ネタキャラ街道を突き進んでいたデューレンファング、遂にガチ路線にも本格的に参入を果たす!ファルコン勢の新たなエースとして更に鍛え抜かれた浦安やパンチが繰り出される!
そこに立ちはだかるのは、フォックス勢きっての正統派のギルティース。大会に出られない日々が続いた、勝ちきれない日々も続いた。長い雌伏の時は終わりだ、勝利をひたむきに目指す最古参が残り僅かの優勝への道を歩む!

苦難の運命に反旗を翻せ。
ベスト4を決める最後の戦いが始まる。


7/2 19:00 満たされないヒーロー(MA)VS 綺麗なゲイ(NE)

試合コメント:満たされるまで残り3勝、残された選手はいずれも強豪。
今度のヒーローの相手も全種族制覇を果たしたネス勢No.2の綺麗なゲイ。
只ならぬ相手だが、その分勝った時の満たされ具合も格別!
一方のゲイにとっても連勝を続けているヒーローは魅力的な相手!
急成長のヒーローを食らう為に勝負の誘いを申し出た!

彼等は己を満たす為に勝ち進んでいく者。
ベスト4へ向けての食らい合いが始まる!


7/1 20:00 ÅライムライトÅ(NE)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

試合コメント:

輝きを求めて、今度こそ。三度目の正直を果たす時。
王者は、決して立ち止まらない。どんな挑戦者も打ち破るのみ。

激動の新時代の中で輝く光明止まらない鬼神
勝つのは、新世代の逆襲か、王者の意地か!?


7/1 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 塩対応(SA)

試合コメント:CPUトナメ8周年の日、残された8人の戦士。
輝きを求めて最後の戦いが始まろうとしている。
実力も運も乗っている最古参ヨッシー、∫アルティライトねこ。
逆襲を続ける元最弱レベル8サムス、塩対応。
ベスト8という両者共に大型大会で初めて辿り着いた境地。

優勝というまだ見ぬ景色を求めて二人は戦い、
そして必ずどちらかの夢は潰える────


A・Bブロック4回戦+A・Bブロック4回戦-

6/30 20:00 ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)VS 愛の㌘ブラッド(FO)

試合コメント:4回戦、ベスト8争いのラストは新旧フォックス対決!

ギルティースとブラッド、同じフォックス勢にしてそのプレースタイルは正反対!堅実に、ただ勝ちを目指しに行くギルティース、初戦の壁を越えて進む彼女は何処までたどり着けるのか。魅せを尊び、観客を沸かす戦いを行うブラッド、前試合でも見せたスーパープレーは今回も炸裂するか!?

史上初の96人大会となった第16回大会もいよいよ終盤に突入!
最後のベスト8として名乗りを挙げるのは!?


6/30 19:00 学校に潜む母(YO)VS Σデューレンファング(FA)

試合コメント:これまで潜み続けたのはこの日の為なのか。
学校に潜む母、初登場から5年経った今大会で個人戦初勝利を挙げてから人が変わったかのように名勝負を繰り広げる様になった。これまでの遅れを取り戻すべく、更なる上へと躍進するか!?
対するはファルコン勢の、第6回勢の最後の希望になってしまったデューレンファング!
これまでファルコン勢のネタ枠の一角として存在感を示し続けてきた彼が、今度は実力も証明せんと絶好調の立ち回りを見せる!実力もネタも両取りして紫ファルコンの座を我が物にしていくのか!?

意外なる伏兵、しかしこれまでの戦いで実力は証明されている!
激熱の試合がここに始まる!!


6/29 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS 20人目の味方殺し(PI)

試合コメント:エルバンを差し置いてネス勢初の全種族制覇を果たした綺麗なゲイ。どんな強豪だって構わないで食ってしまうセクシーボーイを前に無差別キラーピカチュウ、味方殺しが立ちはだかる!第11回最弱決定戦から第3回勢とばかり戦う様はまさに味方殺し!?同期だろうと、否、同期だからこそ燃え上がる彼はゲイを逆に食うか!?

絶好調な第3回勢も残り僅か、壮絶な蹴落とし合いのスタート!
生き残るのは誰になるのか!?


6/29 19:00 満たされないヒーロー(MA)VS 暴力委員長(PI)

試合コメント:理想は常に高く、現実は満たされないことばかり。
大成できないヒーローの悔しさは今、強豪を破るエネルギーに化けた。
最後に残された一族のヒーロー、華々しい活躍をここに見せる時だ。

元最弱候補の逆襲、それは彼においても例外ではなかった。
CPUトナメ最後の詰みカードを破壊したピカチュウ、暴力委員長。
今こそ、己にまとわりつく汚名を全て破壊する時だ。

枠組みを、先入観を、全てを壊せ。
ただありのままの己を示すのだ。


6/28 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS 3億ドルの吐き気(FA)

試合コメント:時間にして8年弱、試合数にして1100以上。
CPUトナメの歴史の中で(悪い意味で)燦然と輝く1つの記録。

最短試合時間、1分06秒46。
拳とハンマーと自滅が織りなした不滅の記録。
彼等にとっては忘れがたき苦い記憶。

あの時から4年と10ヶ月、彼等は進化を続けた。
「自滅しなければ最強」のポイゾネは本当に最強の座を手にした。
吐き気は頂点に君臨出来ずとも常に上位に食い込み続けた。

今度は、今度こそ、名勝負を。
最強の座を巡る争いが始まる!!


6/28 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS 使者様㌧(LI)

試合コメント:もしも彼が腹痛を起こしてなければ、もしも彼がレベル8としてデビューしてなければ。
レベル8の時代は来ずに㌧が取って代わられる事も無かったかもしれない。

第6回を腹痛でリタイアした後、レベル8の開祖として時代を変えた者。
第6・7回で実績を残した後、更なる新世代の波にのまれた者。

偶然か必然か、彼等は出会った。
勝つのはレベル8の開祖か、悲運のレベル9か!?


6/27 20:00 塩対応(SA)VS 迅雷ワンダ(MA)

試合コメント:デビュー戦のやる気の無さは何だったのか、今大会3連勝でサムス勢の希望を背負った塩対応。しかし、彼女はそんな期待をも気に留めずに戦いに赴く。何故なら彼女は他人の声に流されずに戦う「塩対応」だからだ。
そして、個人戦二冠や相性不利対面を潜り抜けたワンダ。この優勝へのまたとないチャンスをものに出来るか期待がかかる。これに勝てばベスト8、元祖マリオエースの復活は秒読み段階に入っている!!

他人の声など意にも介さぬクールレディと疾風迅雷のクールファイター。
だが、両者の戦いはクールではなくホットな戦いとなるだろう!!


6/27 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 世界のrekuiemu(KI)

試合コメント:3回戦を終えて、残された16の勇士達。
王者から伏兵まで、様々な選手が優勝を目指して更なる激戦が始まる!

強運を力に変える招きねこ、∫アルティライトねこ。今大会もその運と実力は絶好調!既に3連勝と最古参ヨッシーとしての実力を見せつけていく彼の豪運パワーは優勝まで届くのか!?
そして、そんなねこに第3回で大敗を喫したrekuiemu。だが、あの時から数々の戦いを経て強くなった。今の自身はカービィ勢の希望を背負う一族の総大将、華のアイテムマスターが強運を打ち崩しに行く!

3連勝で勢いづく一族の最古参にしてエースの2人。
4回戦はこの2人によって熱いスタートとなる!!
午後7時の熱狂を見逃すな!!


Bブロック3回戦+Bブロック3回戦-

6/26 19:00 奈落のヨシオ(PU)VS 愛の㌘ブラッド(FO)

試合コメント:

ヨシオ族最後の希望は一族初のルイージ勢撃破を成し遂げた奈落に託された。次の相手はフォックス勢、そして勝った先もフォックス勢。偉大なる赤リボンの先輩である殺意しか勝てていない難関を前にボロ負けと名勝負を繰り返す新たなる一族の異端児はどう挑む?
一方のブラッドは有力な同族が早々に落ちる中でフォックス勢の希望を背負いつつある。先輩達の積み上げてきたフォックスの戦術と芸、それらを受け継ぐブラッドの真価が試される!

3回戦最終試合、新進気鋭の第12回勢。
一族の想いと力を受け継ぎ、ベスト16に駆け上がるのは!?


6/25 20:00 犬のような黒猫(FA)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

試合コメント:デスエンがデスエンしていくのを尻目に初代王者を破った黒猫、次の相手は再び最古参勢。一族きっての正統派であるギルティースを相手に自滅はあまり期待できない。ならば地力で立ち向かうしかないが、持ち前の身体能力で最古参をどう破るか?
そして、遂に大会初戦の呪いに打ち勝ったギルティース。残された正統派フォックスとして更に勝ち星を増やせるか。最古参の意地を見せる為にも情けない所は見せられない!!

正統派と正統派、ならばこの試合も正統派な名試合!?
激熱試合候補、絶対に見逃すな!!


6/25 19:00 Σデューレンファング(FA)VS 動物園のウシ(DK)

試合コメント:お騒がせファルコン、デューレンファング。真っ当に戦えば強豪相手にも対等に渡り合える実力の持ち主だが、行く先々で変な事ばかりが起こる上に本人も必要以上に大技を狙うなどその謎のキャラ性はファンを掴んで離さない。次の対戦相手は自身を含む3人のファルコン勢を相手に勝利経験のある動物園のウシ。熱いリベンジマッチとなるか、それともやはりよくわからない試合となるのか。

そして、大会に出るたび日々進化してゆくドンキー界の突然変異、動物園のウシ。これまでの大会では必ず貯金1をマークするという安定した戦績を叩き出している。そして今度は更なる限界への挑戦、貯金1の壁を越える為にかつて自分が破った相手にもう一度挑む。ハンマーで1ストを奪った第10回、今度はハンマー無しで挑む!

戦場を混沌に変える狼とどんな痛みにも耐えて勝利を掴む猛牛。
激熱になる(かもしれない)戦いが始まる!!


6/24 20:00 学校に潜む母(YO)VS ㍍アルザーク(SA)

試合コメント:潜み続けて早5年、母は遂に念願の個人戦勝利を果たした!
ある意味ではようやく母が始まった訳でもあるが、次の試合も勝利してクソ雑魚キャラを返上出来るのか!?
一方、潜み続けたのはお前だけではないといぶし銀の中堅代表として現れたのは㍍アルザーク。
ある程度安定した戦績を出すサムス勢、しかしそれは裏を返せばメダルといった実績に恵まれないことを指す。そんなサムス勢の壁を超える為に、最古参サムスの意地を見せたい!!

陰で潜み続けた彼女達、この大会はそんな空気を変えることが出来る!
自身の運命を変えるのはどっちだ……?


6/24 19:00 早すぎた少女チェントゥリオーネ(MA)VS 20人目の味方殺し(PI)

試合コメント:これまでの自分は時期が早すぎた、今こそが自身の旬だと言わんばかりに2連勝で勢いづくチェントゥリオーネ。これまで陰に隠れがちだった自身を含む二軍マリオ勢の躍進で、マリオ界は今まさに熱い展開となっている!マリオ勢に弱者無しというところを次の試合でも見せられるか!?
一方の味方殺しもタバスコを破り意地を見せる!躍進する後輩、そしてまさかの同期による全敗カード打破を見せられた今、こちらもこんなところでは終われない!全てを殺すデンジャラスピカチュウが王座へと迫る!

マリオとピカチュウ、躍進の目覚ましい2種族。
珍妙な名前を持つ第三回勢2人の激戦が始まる!


6/23 20:00 堕ちる純白(LI)VS 綺麗なゲイ(NE)

試合コメント:再びネス勢に挑む事となった純白、次の相手はよりにもよって綺麗なゲイ!どんな強豪だろうと構わず食ってきたモンスターボーイを前に純白を守り通すことは出来るのか!?
一方のゲイも歯ごたえのある強豪を前にリビドーを抑えきれない!自慢の頭♂を突っ込むか、逆に相手の剣♂を突っ込まれてしまうのか!?

純白がその純白な身を守り通すのか、ゲイが純白を堕としてしまうのか!?
色々とアウトな予感しかしない勝負、決戦♂は今夜8時!


6/23 19:00 暴力委員長(PI)VS 切れた脇役(SA)

試合コメント:いつの間にやらピカチュウ勢の希望を同期の味方殺しと共に背負っている暴力委員長。マッチング運などもあって2試合連続2ストック残しと一見好調に見えるが、次の相手は一転して全敗種族カード!特に今回の脇役は味方殺しを相手に4タテをかました選手!勝てば緑ピカチュウの枠争いに食い込めるが、相応の試練が立ちはだかる!
一方の脇役も4タテを達成した先輩や調子を上げている後輩の姿を見せられて黙っていられるような選手ではない!枠争いが激化するであろうサムス勢、そんな中で主役は誰にも渡す気は無い事を示せるか!?


6/22 19:00 満たされないヒーロー(MA)VS 例の黒光(LI)

試合コメント:ヨッシー2連戦を切り抜けたヒーローに例のヴィランの魔の手が迫る!
ヒーローにとって黒光はかつて自身が敗れた中将を下した選手。
そして、これまで様々な悪行をしてきたヒール。
ヒーローとしてはうってつけの相手だが、退治することは出来るか!?

一方、エルバンを破った中将を下しご満悦の黒光。
勝てばトナメを更に引っ搔き回す存在となるが、期待通りに動いてくれないのが黒光!
一人で勝手にFall Guys(自滅)して試合を台無しにしかねない奴なのだ!
そんなCPUトナメ界きっての天邪鬼は今度はどう動く!?

Bブロック3回戦は奇しくも正義VS悪のマッチ!
ヒーローが満たされるのか、悪が微笑むのか!?


Aブロック3回戦+Aブロック3回戦-

6/21 20:00 とろけるヨシオ(PU)VS 3億ドルの吐き気(FA)

試合コメント:決して油断出来ない「食えないプリン」、とろけるヨシオ。
今大会も既にリンク勢を1人返り討ちにし、その地位を盤石なものにしている。
次の相手はかつて自身が敗れた3億ドルの吐き気、ファルコン勢は唯一勝利している殺意ですら細い勝ち筋を拾ってようやく勝利できる程の不利対面。だが、自分も不利対面はこれまでにも覆した事がある。「食えないプリン」の面目躍如なるか!?
吐き気も殺意に負けた経験のある関係上、とろけるは絶対に油断できない相手。
今度も得意の足技でキッチリと勝利を収めるか!?

とろけるが吐き気を相手に白星を吐かせるか、吐き気が蹴散らすか?
ヨシオ族の運命を握るAブロック3回戦最終試合が始まる!!


6/21 19:00 殺意のヨシオ(PU)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

試合コメント:この日はAブロックのヨシオ族の運命を握る大事な一日!
2回戦ではギリギリを制した殺意、次の相手は第10回で敗れた紅きポイゾネサスくん!
これまで幾度となく激戦を繰り広げたヨシオ族の突然変異、次こそリベンジなるか!?

一方のポイゾネは、個人戦大会王者最後の砦としてここに立っている!
一度負けたら即敗退、そんなルールの壁に阻まれた強者達。
そんな彼等に今一度見せてやる、大会無敗の王者の実力を!!

ヨシオ族最強 VS 最強の王者
今宵、戦場が紅に染まる!!


6/20 19:00 ㌦ポッター(MA)VS 使者様㌧(LI)

試合コメント:赤マリオ勢と黄マリオ勢の躍進、かつてないほどの変革がマリオ勢に起こっている。㌦ポッターもその1人として株を上げてきている中で次に戦う相手は個人戦勝率75%を誇る使者様㌧!三強相手に勝利したこの傑物を相手に持ち前の課金術は通じるか?勝てれば評価も大きく上がるこの試合、グリフィンドール入りを果たすために一世一代の勝負に挑む!

三強を倒しレーティングも1600に到達、越すべき背中ももうすぐそこまで来ている。時代の流れに乗れずに隠れた強豪として燻り続けた時間、溜まり続けた鬱憤を今ここで晴らす時だ。もはや枠争いの次元を超えた白リンクレギュラー争い、後輩が手にしている座をここで奪い返せるか!?

進み続けるCPUトナメのインフレ、㌦ポッターが更なる㌦高を続けていくか、㌧が限界を更に超えていくのか!?激ヤバなAブロック三回戦第六試合、レディ・トゥ・ファイト!!

 


6/19 20:00 キング・オブ・妖魔(DK)VS ÅライムライトÅ(NE)

試合コメント:レベル9ドンキー、レベル8ネス、共に最後の1人。

同族対決を制した妖魔に現れたのは、レベル8の偉大なる開拓者。
ネス勢を破ったドンキーは現在ウシのみ。そのウシも3回戦に残っている関係上、勝たなければ彼は越えられない。悪魔のペットとして過ごし続けた鬱憤をこの大会で発散させるか!?
第8回ルーザーズ決勝のリベンジという熱い対戦カードから出されるクソみたいなデスエンを制したÅライムライトÅ。次はドンキー勢と有利対面と思いきや、そこは自滅を誘発させるという怖い噂が立つ妖魔。前試合のデスエンや昨日のモルダーの姿は今日の自身の姿であるかもしれない、自滅を抑えてキッチリ勝利するか!?

意外と読めない(?)この対戦カード。
今夜8時、自滅は起こってしまうのか!?


6/19 19:00 迅雷ワンダ(MA)VS 一番繊細な部長(LU)

試合コメント:王者ユウナくんとの勝負を制したワンダ。次の相手は部長、堅実な戦いをこなす中間管理職を相手に生半可な攻めは通用しない。種族相性も相まってこの対決はかなりの鬼門、故にこの試合は再びマリオ勢のエースに返り咲くチャンスでもある!得意の猛攻は種族の壁をもぶち破るか!?

一方の部長は3回戦に唯一残ったルイージ勢としてここに立っている。
種族エースの陰に隠れながらも着実に実績を積み続けた日々。
そして今、彼はルイージ勢最後の希望を背負うことになった。
今ならばなれるはずだ、自分こそがルイージ勢のエースに!!

好調の続く第3回勢同士の対決。
勝つのは疾風迅雷の猛攻か、冷静沈着な試合運びか!?


6/18 19:00 世界のrekuiemu(KI)VS 戦芸人ナザレンコ(FO)

試合コメント:こいつら、また戦うんだ!(二度目)

相手の珍行動によってコマを進めたrekuiemu、珍行動と実力を見せ付けコマを進めたナザレンコ、今までの対決も熱く面白くあったが今回はどんな面白い結末があるのか、アイテムマスターとコメディアンキング(無勝)との奇妙な対決が始まる!!


6/18 20:00 塩対応(SA)VS 有の無限モルダー(NE)

試合コメント:詰みダイヤが崩れる今大会、塩対応は有利カードを落とさずここまできた。そして今度は自分が不利カードとなった。しかし今回は一発勝負のシングルトナメ、第6回の先人たちのように勝つこともふかのうではないはずだ(第12回?知りませんね) 対するモルダーもスタミナ切れという弱点を克服しつつある今のうちに勝ち星を稼ぎたいところ、塩試合な結末で終わるわけにはいかない!可能性を見せつける対決が午後8時に始まる!!


6/17 19:00 天使の聴牌(SA)VS ∫アルティライトねこ(YO)

試合コメント:第16回大会もいよいよ3回戦!96人いた選手も1/3の32人にまで絞られた!
ここから上位へ向けての争いは更に過熱してゆく!!

そんな3回戦の開幕戦は元チームメイト対決!
先読みチャージショットで相手を追い詰める聴牌と、豪運で多大な爆発力を生むねこの「にゃんぺーこー」コンビが個人戦でぶつかり合うこととなった!

この対決は展開次第で堅実な戦いにも派手な戦いにもなるカード。
彼等はこの勝負に何を見ているのか?
そして、勝利のロンを相手に叩きつけるのは!?


Bブロック2回戦+Bブロック2回戦-

6/16 20:00 殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)VS 愛の㌘ブラッド(FO)

試合コメント:2回戦もいよいよラスト!お待たせしましたとばかりに96人のトリを務めるのは、魅せに生きる若手芸人の愛の㌘ブラッド!今日も名プレーや珍プレーを生み出すのか!?
そして、そんな彼を迎え撃つのは密かに株を上げつつあるレベル8ファルコンのエーレヒト!芸人の力など必要ないとばかりに殺し屋を微笑ませるスーパープレーを見せて勝利するか!?

これにて全選手96名が遂に出場!
3回戦に向けて勝利を手にするのは!?


6/16 19:00 鳴りやまぬヨシオ(PU)VS 奈落のヨシオ(PU)

試合コメント:鳴りやまぬと奈落、両者共にデビューからクソザコの烙印を押された者。だが、今の彼等をただのクソザコと断ずるのは早計である。
鳴りやまぬはクソステ杯最弱決定戦で本戦出場選手としては初となる3人同時バーストを決めて1位に輝き、奈落は間に2度目の被4タテを挟みつつも第15回での準優勝や本戦のヨシオ族としては初のルイージ勢撃破とその名を上げている!

誰もが覚醒の可能性を秘めているCPUトナメ。
この対決も両者の覚醒によって激戦となるか、それとも……?


6/15 19:00 昼間の召喚士(MA)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

試合コメント:いぶし銀と正統派、勝利の為に試合に真摯に取り組む2人が出会った。

ちょこにゃを相手に安定した立ち回りを見せた召喚士、ユウナくんが打ち立てた個人戦大会二冠の壁はあまりにも厚い。だからこそ、自分が今出来るのは実績を積むことのみ。正統派のギルティースは地力が試される相手、ここを勝って実力を示せるか。
対するギルティース、これまでの大会では初戦で勝てていない。同じくトナメ初戦を勝てないと言われたデスエンはそれを克服した、自身もその弱点を乗り越えて正統派フォックスの地位を確立するか。

CPUトナメでも一際真面目な2人が揃ったこの試合。
この試合はやはり正統派の名試合となるか、それとも何かの間違いで迷試合と化すのか!?


6/14 20:00 犬のような黒猫(FA)VS 灼熱のレイア(LU)

試合コメント:個人戦5勝4敗、デスエンとは違って安定した戦績を出している忠犬ならぬ中堅ファルコンの黒猫。だが次の相手は灼熱のレイア、彼を破ったファルコン勢はデスエンのみという強敵だ。しかし、これは先輩達に並び立つチャンスでもある。上位勢の領域へ華麗に跳躍するか。
一方のレイア、残されたルイージ勢は自身と部長のみ。プレッシャーは着実に強まってくる。だが自身は王者、そのくらいの試練は何度も乗り越えた。初めての大会で頂点を争い合った者の名は奇しくも"ねこ"、壁を越えるにあたってこれ程誂え向きな奴もそういない!

肉体派ファルコンの強烈な猫パンチ、初代王者の灼熱の拳。
この試合で叩きつけられるのはどっちだ!?


6/14 19:00 動物園のウシ(DK)VS 三輪車乗りポルス(FO)

試合コメント:今大会、残されたドンキー勢はどちらも青色。ウシと妖魔によるサバイバルが始まろうとしている!妖魔はB級の漢を破り3回戦に駒を進めた、ウシもそれに続けるか?
対するは、初登場の第6回以来のタイマンとなるモノマネ芸人、三輪車乗りポルス!かつてのナザレンコを相手に色んな意味で圧倒した選手だが、あれらの試合から実に4年もの歳月が流れた今、実力は未知数と言っても過言ではない。そんな底の見えない芸人は対フォックス3戦2勝の猛牛を破るか!?


6/13 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS Σデューレンファング(FA)

試合コメント:

遂に登場した「化け物」こと絶望のリア・リエ!第六回大会から1桁順位に何度も食いこんできたエース格、今大会はマリオ勢の躍進が見えつつあるがこの追い風を身に纏い先へ進むことは出来るのか!そして対するは∑デューレンファング、向こうが化け物ならこちらは「怪人」とでも言うべきだろうか。B技の多用が目立つファルコンだが予想だにしない行動やハプニングを起こし数々の迷勝負を生んできた奇特な選手だ!
数々の絶望を乗り越えしマリオと捉えきれない謎を秘めたファルコン、概ね違う意味で予想外の試合を作ってきた二人の勝敗はいかに!?


6/13 19:00 暗黒のアメリーナ(SA)VS ㍍アルザーク(SA)

試合コメント:

二回戦に上がったのは第12勢のダークネスサムス、暗黒のアメリーナ。過去の試合ではソバットやチャージショットをしっかり狙っていたアグレッシブな注目株だが、それを待ち受けるは㍍アルザーク。いぶし銀なファイトスタイルで堅実に着実に勝利を掴む最古参、地力で上回れなければチャンスは回ってこない選手だ!
三回戦へ駒を進めるのは一体どちらなのか、新旧サムスここに交わる!


6/12 19:00 学校に潜む母(YO)VS ◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)

試合コメント:

学校に潜みすぎて戦い方を忘れたのか、個人戦で一度も勝っていない学校に潜む母

対するはクソステ杯覇者、ANAKINSUKAIWOOKAA

実はヨッシーに一度も勝っていないアナキン、母と戦う事で対ヨッシーを磨きたい所
それとも母が波乱を起こすのか

学校に母が潜んでいるというスクールの暗黒面をフォースの暗黒面はどう見る?

I am your mother VS I am your father


6/6 20:00 20人目の味方殺し(PI)VS 煙草マスターの子(LI)

第16回大会前半戦ラストを飾るのは第3回勢の豪傑二人!
波乱万丈な選手人生を歩んできた第3回・第9回王者の煙草マスターの子、味方殺しとの戦いはいにしえに斃れた第10回、そのいにしえを乗り越えたクソステ杯(乱闘)に引き続き三回目!様々な経験を経て、あの頃から心身共に強くなった。復活した王者として更なる躍進が期待されている!
そして、味方殺しも負けられない理由がある!今やピカチュウ勢はキングの地位を手にしたBJに加えて、初登場で頂点を獲りかけたポンチコに燃える萌えアイドルのバルザードたんもいる。ピカチュウ界は正に戦国時代、勝たねばすぐに崖っぷちなのだ!

復活の王者VS全てを殺す暴れん坊!
大会の節目を担うに相応しい対決が始まる!!


6/6 19:00 鳩もどき(KI)VS 早すぎた少女チェントゥリオーネ(MA)

試合数が少なく、未だに全貌が明らかになっていないファルコン勢、鳩もどき。この謎の生物は同カラーの先輩であるドルコリン♪のような強さを見せて第12回以来の勝利を手にするか。幻想のアイツも強さはあるので最低限勝ちはしたいが……
そして、下目を相手に勝利を果たし食らいつくチェントゥリオーネ。㌦ポッター共々原色マリオの底力を見せているが、次の相手はファルコン勢。鳩もどきと同カラーのドルコリン♪に敗れた第6回から強くなった事を見せる為に勝ちたいところ。

鳩ではない何かとどう見ても少女には見えない少女。
謎が謎を呼ぶ二人だが、この試合は激戦となるか?


6/5 19:00 綺麗なゲイ(NE)VS おこめ(KI)

第12回以来のシングルタイマン大会出場のおこめカービィ、同色がどちらも別ベクトルで強烈な個性を放っている中いまいち印象の薄い彼はこの大会で爪痕を残すことはできるのか!?

対するは綺麗なゲイ、対カービィ5勝1敗の彼であるが第14回では思わぬ不調を見せ同じ軽量級のとろけるヨシオに2スト差で敗北を喫する事態に。油断していると足元を掬われかねないが、果たして……!

今日の試合はゲイの夜明けか、新世代の逆襲か。READY TO FIGHT!!


6/4 20:00 堕ちる純白(LI)VS 歩く天下無敵(NE)

白リンク筆頭、堕ちる純白。96人大会にも華麗に参戦!
相手はネス勢の古豪、世代対抗戦でやったような自滅を起こしては勝てない相手。
弾みをつける為にも、堕ちずに戦うことは出来るか!
そして、ヨシオ仮面を破り2回戦に挑む天下無敵。
だが、ただ1勝だけで帰る訳にはいかない。第14回では屈辱の予選ブロック最下位、それを乗り越えて歩む為にも純白戦は己の運命を占う大事な試合!強豪を打ち破り、王座への道を再び歩むことは出来るのか!?

強豪達がしのぎを削りあった、リンク対ネスというカード。
これから来るであろう激戦を終え、最後に立っているのは……!?


6/4 19:00 神剣バスタード♂(LI)VS 切れた脇役(SA)

レベル8リンクとして順当に活躍し続けているバスタード。
しかし、ポイゾネの存在故に大型大会には出られない、いわゆる「脇役」の存在として中規模大会をまたにかけていた。だがこの大会は96人大会、遂にバスタードにもチャンスが与えられた!CPUトナメ史上最大の下剋上を果たすために勝ち続けることは出来るか!?
そして、「脇役」と言えば彼女の事を避けては語れない。幻のレイガンコンボで場を沸かせたサムス勢、切れた脇役もここにいる!現在のサムスは古参、新人共に程よく勝ち負けを繰り返している群雄割拠の状況。ここで彼女は「脇役」という枠組みを破りサムス勢の、CPUトナメの主役となるか!?

主役の座を目指す二人、しかし勝ち上がれるのはただ一人!
情け無用の決戦、レディ・トゥ・ファイト!!


6/3 20:00 ダーク内藤(DK)VS 暴力委員長(PI)

黒ドンキーのエースを担うレベル8のアルベルトと、個性を失いつつあるついでに名前ネタでにわかに注目を集めている最古参のティーダ、そしてその間に挟まれている内藤。狭間に立つことで彼は何を見ているのか、世代対抗戦に続いて再びの緑ピカチュウとのタイマンでどんな答えを示すのか。
対するは、ピカチュウもどきの暴力委員長。第14回で燃えるアイドルだということを示したバルザードたん、第8回で予選通過を果たした極道の片割れの活躍の裏でひっそりとしてたが、これまでの最弱候補の選手がそうしてきたみたいに委員長も汚名返上なるか。

同族達の活躍を陰で見てきた2人。
この試合ではそんな彼等のこれまでの経験が発揮されるか。


6/3 19:00 リカエリス´中将´(FO)VS 例の黒光(LI)

エルバン相手に大金星を掴んだリカエリス´中将´。
しかし、その背後に漁夫の利を狙うダーティーリンク、黒光が迫る!
堅実に相手に攻撃を決める中将の戦法は、黒光に通じるか。
黒光は中将を下せば、エルバンを破った相手に勝利するという状況を生み出せる。
黒光の悪意は新進気鋭のルーキーを飲み込んでしまうのか!?


6/2 19:00 モケーレムベンベ(YO)VS 満たされないヒーロー(MA)

なんでトナメにUMAがいんだよ
名前はどうなってんだ名前は
お前ら禁じられたキャラを
平気で出してんじゃねえか
分かってんのか!?
「幻想」が生まれたのは
コージが予選に甘えたせいだろうが
回復取んのかよ!?
満たされねえ!

ワンダのコンボ気持ちよすぎだろ!


Aブロック2回戦+Aブロック2回戦-

6/11 20:00 3億ドルの吐き気(FA)VS [世界第1位]ゲン(FA)

試合コメント:3億ドル級の実績を持つファルコン勢のエース、3億ドルの吐き気。アルベルトとの熾烈な殴り合いを制した強豪に、ゲンは挑む。[世界第1位]を目指す彼にとって、久々の大型大会であった第14回での二次予選全敗は屈辱以外の何物でもなかった。[世界第1位]を目指すならば、まずは同族に負けない戦いを見せなければ始まらない!!

プライドをかけたミラーマッチ、吐き気が実力の差を見せるのか、それともゲンが下剋上と共に[世界第1位]への一歩を踏み出すのか!?


6/11 19:00 とろけるヨシオ(PU)VS 壊れた大学生(LI)

試合コメント:第14回一次予選Bブロック。
彼の起こした行動は、第14回一次予選を混沌に変えた。
食えないプリン、とろけるヨシオ。今度も戦場を驚愕させるのか。

悪意に満ちた実力者の黒光、カルト的な人気を手にした△デロイ△。
大学生は、そんな二人に挟まれながら戦ってきた。
彼等に人気で勝つには、生半可な試合運びでは足りない。
観客をアッと言わせることは出来るのか。

この試合も驚愕の展開が待ち受けているのか。
その答えは、今夜7時に分かる。


6/10 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS ケ(YO)

試合コメント:

今度も今度こそ

「「越える」」。

READY TO FIGHT,

ONCE AGAIN!!

 


6/9 20:00 殺意のヨシオ(PU)VS バルザードたん(PI)

試合コメント:P-1三位の最強ヨシオ、遂に参上!
第14回での原種やとろけるの予選通過に加えてサムス勢を攻略した勇者、そして今大会で奈落が遂にルイージ勢を相手に白星を上げる等、ヨシオ族の躍進が着実に来ている!
自身に追いつかんとする同族が増えていく中で、情けない所は見せられない!
ヨシオ族最強はここにあることを見せるのだ!!

そして、バルザードたんにとってもこの対決は負けられない。
自身の躍進と共に進むピカチュウ勢の躍進、アイドルとしての成長。
加えて、殺意は初登場から強豪を相手にしのぎを削り続けた豪傑。
闘志はどの選手よりも燃え上がっていることだろう。
ならば、アイドルとしてこの試合を激アツのステージに変えるべく、闘志を燃やすまで!!

一見可愛いポケモン対決、しかし闘志は可愛いなどとは言わせない!
激アツステージ、午後八時開演!!


6/9 19:00 15人目の天才(FO)VS 使者様㌧(LI)

試合コメント:今日は6月9日、海外勢発狂デー!
そんな日に現れたのは"三強"最後の1人、15人目の天才!
トナメの妙か自分以外の三強は二人共脱落済み、後は自分一人を残すのみ。
ならば見せてやろう、三強最後の砦として、最強のエンターテイナーとして。
誰も寄せ付けない戦いを全オーディエンスに見せつけてやるのだ!!

一方の㌧は、次に勝てばレーティング1600到達の大一番。
相手は純白を相手に1勝2敗、加えてレベル9白リンクには3ストック残しの圧勝。
ハイレベルな白リンクのレギュラーを目指すにあたって乗り越えなければならない壁。
己の殻を破り、リンクのエースになることは出来るのか!?

最強と、最強を目指す者。運命はどちらに微笑む!?


6/8 20:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS ㌦ポッター(MA)

ジョーカーだけどエース、そして今はキング。
ξ黒きBlack Jokerが第15回大会、P-1を経て再び大型大会に参上!
息をつかせない猛攻で課金をねじ伏せてポッターを沈めるか!?

そして、別のブロックで奮闘するチェントゥリオーネをよそにこちらも強豪のドルコリン♪を退けたポッター。次の相手は第14回王者、そして勝っても次に待ち構えるのは天才or㌧というボスラッシュ状態!だが、これを突破すれば第8回以来の栄華の道、グリフィンドール入りも見えてくる!持ち前の課金術は王座を穿つか!?

格闘と魔法のぶつかり合い、勝つのはどちらか一方。
勝鬨を上げるのは果たして!?


6/8 19:00 Φデスエンペラー(FA)VS ÅライムライトÅ(NE)

トナメ初戦の呪いを無事に跳ね除けたΦデスエンペラー。
しかし笑いの呪縛はまだ続く、今度の彼は勝利の王か不憫の王か!?
対するは、そんなデスエンに第8回で対戦経験のあるÅライムライトÅ。
"三強"エルバンも脱落し、残りのネス勢は彼を含めて僅か3人。
残ったネス勢のエースとして、レベル8の時代を築いた者として、
第8回王者のデスエンにリベンジを果たせるか!?

全てを乗り越えた不死鳥VS時代を変えた煌めき
激戦待ったなしのアツい対決が始まる!!


6/7 19:00 キング・オブ・妖魔(DK)VS B級の漢(DK)

96人いた選手もあっという間に半分、第16回大会も折り返しに突入した。
これからも脱落者は増えてゆく、最後の一人になるまで。

後半戦は妖魔と漢によるレベル違いのドンキーミラーマッチとなった。
レベル8ドンキーの台頭によってすっかり立場を奪われてしまったレベル9ドンキー。今大会最後のレベル9ドンキーとして妖魔は今大会初のレベル9ドンキー勝利を手にするか。
しかし、同族対決で負けられないのは漢も同じ。世代対抗戦を経て着実に成長を遂げている新参ドンキーはレベル8の方が優れていることをここで証明するか!?

プライドをかけたレベル違いのミラーマッチ。
勝利を挙げるのはどちらになるのか!?


6/1 20:00 一番繊細な部長(LU)VS バーンナック(KI)

繊細な立ち回りで着実に勝ちを積み上げる部長。
そこに現れたのは、熱い闘いを繰り広げるカービィ勢一番人気のバーンナック!

これまでの大会で安定した戦績をマークし続け、第14回では自身初の大型大会ベスト8と着実に強豪の座を築き上げている部長。次の試合も盤石な試合運びを見せるか。一方のバーンナックは自身が第8回で敗れた相手に再び挑むことになったが、こちらも第14回でレイアを破る等、実績もしっかり積んできた。リベンジマッチに燃える彼の激アツコンボは今大会でも火を吹くか!?

繊細と熱血、互いに正反対なファイトスタイルの両者。
戦いの上手さを見せて勝ち上がるのはどちらになるのか!?


6/1 19:00 迅雷ワンダ(MA)VS 週末のユウナくん(MA)

元祖強マリオのワンダと、現最強マリオのユウナくん。
意外にも両者共にミラーマッチはこれが初めてとなる。
青マリオと茶マリオの大躍進の中で動かざるを得なくなったワンダ。
この一戦は黄マリオの躍進の起爆剤となるか!?
全てにおいて高水準を叩き出す新時代の星、ユウナくん。
マリオ勢の新エースとして格の違いを見せるか!?

意地と誇りをかけたミラーマッチ、勝ち上がるのは!?


5/31 19:00 有の無限モルダー(NE)VS 幼き弟のソーセージ(KI)

スタミナ不足は克服したのか、1回戦では逆転勝ちを決めたモルダー。
だがグランドファイナルまではあと5戦、体力管理はしっかりしておきたい。
特に謎の自滅が多発してる今、疲れからか不幸にも事故を起こしてしまわぬよう気を付けたい。
そして、実に4年半ぶりの個人戦となったソーセージ。
ちょこにゃが不甲斐ない所を見せている中、ソーセージはどう出るか。
勝てれば久しぶりの大型大会も視野に入るが、負ければ新人参入もある。
こちらも不甲斐ない所は見せられないが、果たして!?


5/30 20:00 空色十字軍(YO)VS 塩対応(SA)

レベル8大量参戦の第12回で登場した十字軍と塩対応。
必然的に先輩達との枠争いをすることになる彼等だが、
現状はレギュラーの座はまだまだ遠い状況。
注目を浴びたくば勝利、とりわけ鮮烈なものが大事になる。
塩対応とも言われる程に堅実に1回戦を勝った塩対応。
そもそも個人戦勝利は実質ゼロの十字軍。
底から這い上がるために、勝つのだどっちだ!


5/30 19:00 玄酔楼(LU)VS 戦芸人ナザレンコ(FO)

こいつら、また戦うんだ!

ルイージの頂点に君臨していた玄酔楼、芸人の頂点に君臨していたナザレンコ。
だが第8回で出会って以降、彼等は少しずつ変わり始めた。
玄酔楼は強さの中に少しひょうきんな所も見せるようになり、
ナザレンコはアフォックスの裏で実力も上げるようになってきた。
今回で四度目となる師匠対決、交わりつつある両者。
今度の試合は激熱試合か、爆笑試合か!?


5/29 20:00 ★グレイトアマゾン★(NE)VS 世界のrekuiemu(KI)

世界のrekuiemuに対するは、ある意味で世界を牛耳っているamazon。
そんな冗談はさておき、現時点での勝利が全てコンゴジャングルの★グレイトアマゾン★。ホームグラウンドでの活躍も期待されているが、上を目指すのであればやはり他のステージでの勝利も欲しい所。rekuiemuは第1回からカービィの代表として戦い続けた古豪、箔付けにはもってこいの相手だ!
しかし、rekuiemuもそう簡単に負けてはくれない選手。持ち前のアイテム戦術が密林育ちの野生児を撃墜すべく襲い掛かる!野生の勘がアイテム捌きをかわすか、古豪が打ち払うか!?


5/29 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 通り魔(LI)

幸運ヨッシーに迫る緑の影。通り魔に奇襲されるという不幸を被ったねこ。
不利カードである対リンク勢、第1回のポイゾネ戦以来となる勝利を今度は実力を発揮して勝ち取ることは出来るのか。
対する通り魔は現状リンク勢としてはキャラが薄い状態。
1回戦のリンク勢は全員勝利した、彼だけ1回も勝てないでは終われない。
通り魔の恐怖をこの試合で観客たちに見せつけるか!?


5/28 19:00 紅のLancelot(LU)VS 天使の聴牌(SA)

ルイージで唯一シード権を手にしたLancelot。
散々だったデビュー戦以来となる個人戦、乱闘で確かに見せた輝きを発揮出来るか。
1回戦を技ありメテオで決めた聴牌、個人戦の腕は確かな様子。
ピンクサムスのエースは自分だと次の試合でもテクニックを見せて示せるか。

円卓の騎士に舞い降りた天使。
2回戦の始まりを告げるファンファーレが今鳴り響く!!


Bブロック1回戦+Bブロック1回戦-

5/27 20:00 殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)VS エロ過ぎるマスター(DK)

レイアと共に第15回大会を制したエーレヒトの前に立ちふさがったのは、レイアの予選通過を二度も助けたエロマス!1回戦の最終試合は、期せずしてレイアの相棒(?)対決となった!
当のレイアが神様相手に完勝した中で後に続くのはどちらなのか。
殺し屋譲りの戦闘技術がこの96人大会で開花するか、
それともレイアは渡さんとばかりにエロマスが本気を見せるか!?

2回戦に向けての最終試合、最後まで見逃すな!!


5/27 19:00 奈落のヨシオ(PU)VS 詳しすぎた湖(LU)

デビュー戦という名の奈落の底から這い上がろうとするヨシオ族、奈落のヨシオ。タッグ大会である第15回で準優勝を果たすなど実力は見せつつあるが、肝心の個人戦戦績は0勝4敗。加えてヨシオ族全敗カードの対ルイージ、奈落の底から脱する時は来るのか!?
そして、レベル8ルイージとして初めてヨシオ族と戦う湖。全勝カードどころか勝った後ももう一度ヨシオ族が控えていたりと、むしろ勝たねばならない試合。世代対抗戦で見せた知識の活用をここでも活かせるか!?

奈落VS湖、負けて水底に沈むのはどちらになるのか!?


5/26 19:00 ちょこにゃ(KI)VS 昼間の召喚士(MA)

再びのレベル1からの出戻りを経験したちょこにゃ。
個人戦7連敗中、レーティングはあのヨシオくんに次ぐブービー。
このまま可愛いだけのアイドルには戻りたくないが、果たして!?

ユウナくん旋風の中で割を食ってしまった召喚士。
だが、あの乱入騒ぎでどさくさに紛れて王者を破ったのは決して無視できない。
若い世代には負けられないことを持ち前のアイテム捌きで示せるか!?


5/25 20:00 灼熱のレイア(LU)VS Dr.神様(DK)

初めての優勝から七年、様々な試練を越えて再び手にした王座。
そうだ、頂点に立って見える景色はこれほどまでに美しい。
今度は一人で。96の頂点に立つため、初代王者は今日も挑む!!

第14回ではいいところも無くクソビリ二冠に輝いた神様。
今までの奇跡はもう起こらないものなのか。
だが、我々はそれでも奇跡を諦められない。
その奇跡ともいえる勝利に我々は何処までも夢を見た。
今始まる大舞台、覚醒の刻はいつか?

二冠王VSクソビリ二冠王、レジェンドが今宵出会う────


5/25 19:00 暴力院長(PI)VS 動物園のウシ(DK)

たった一人で世代を背負った者達。

だが、彼等にとっては世代など関係ない。

彼等にとって戦いとは、己を示す為にあるものだ。

この戦いは、第十四回勢と第十回勢の対決ではない。

一匹のネズミ一頭のウシが、どちらが強いかを決める戦いだ。


5/24 20:00 Σデューレンファング(FA)VS 巨大天使マックス(LU)

本人の知らぬ間に罪状が増える男、デューレンファング。
史上初の96人大会に暴れん坊ファルコンは何をやらかすのか!?
白ルイージの二番手になって久しい巨大天使マックス。
96人大会だからこそ得られた貴重な出番。
この一戦だけで終わらすには余りにも勿体無い!!

名勝負を生み続けたルイージVSファルコン。
だが、今回はデューレンファングのせいで何が起こるか分からない!
注目の一戦は今夜8時から!!


5/24 19:00 暗黒のアメリーナ(SA)VS ¶YOODA¶(YO)

実は個人戦3勝1敗の有望株、暗黒のアメリーナ。
乱闘もこなせる事もプレ乱闘大会で実証済み。
後は個人戦で実績を積めば、新エースの座も見えてくる!

そこに立ちはだかるはJEDAI・MASTAAのヨッシー、YOODA。
自滅だらけでろくに未来を見れていないという状態が続くが、今度こそFOOSUの未来予知を用いて的確に立ち回ることが出来るのか。そして相手の名前も暗黒とあれば黙っていない、SISUの戦士(?)を相手に勝つことは出来るのか!?
そして、ANAKINと出会う未来は見えているのか

この試合は期せずして光と闇の対決となった。
勝つのはRAITOSAIDOか、DAAKUSAIDOか!?


5/23 19:00 雅なりし報い(KI)VS ◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)

スーパールーキーと呼ばれたカービィ、雅なりし報い。
古豪rekuiemuとの地位争いはいよいよ避けられないものとなった。
華のある戦いをこなす先輩に対して雅はどう見せ場を作る?

クソステ杯で優勝を飾った今、一番勢いのある選手と言っても過言ではないANAKIN。
フォースの覚醒はすぐそこまで来ている。個人戦で苦しい立場の続くチェマに代わり緑ルイージ旋風を巻き起こすか!?
そして、YOODAに会うことは出来るのか?

新進気鋭のルーキー VS 晩成のJEDAIの騎士
派手に暴れていくのか、地の利を得て堅実に仕留めるか。
期待のBブロック第九試合、レディ・トゥ・ファイト!!


5/17 20:00 奇跡のヨシオ(PU)VS 20人目の味方殺し(PI)

起こらないから奇跡、そう言われ続けてきた。
ならば、奇跡がウシに勝ったのは何故なのか。
確かな成長か、ただの奇跡か。
ならば、あの勝ちは奇跡ではなく本物であることを示す。
3スト残しの敗北の雪辱を果たす事でだ!

クソステ杯を経て本格的な復帰となった。
相手はかつて自身が完膚なきまでに潰した者。
だが、彼は手加減などしない。
溜まりに溜まったその殺意をもって、大会を血の海に変えてゆく!

再戦は前と同じに終わるか、それとも……
運命の青の一戦が始まる!


5/17 19:00 早すぎた少女チェントゥリオーネ(MA)VS 悪魔の下目使い(KI)

12種族×4カラー、計48枠のレギュラーを巡って日々争いが行われるCPUトナメ。その中で危機に陥っていた枠が一つ。チェントゥリオーネ、㌦ポッター共に成績不振が続く赤マリオはここで実績を残せなければ大型大会での新人枠にすると名指しされてしまった!第5回以来勝利の無いチェントゥリオーネ、没個性のままでいいのか?幻想を回避する為にも絶対に勝たなければならない!

しかし、相手は悪魔の下目使い。並み居る強豪を食ってきた正真正銘の悪魔!
生き残りを賭けた反撃は無慈悲にも打ち砕かれてしまうのか!?
選手生命を賭けた赤の一戦が始まる!


5/16 19:00 綺麗なゲイ(NE)VS 笑えない女(SA)

綺麗なゲイ、再び頂点♂を目指すべく挑む初戦の相手は女。
彼はゲイ、ストライクゾーンは同じ男。だが、彼は"綺麗な"ゲイ。
淑女相手にも紳士的に戦ってこその存在だ。
そして、初戦から強豪かつゲイの綺麗なゲイで色んな意味で笑えない女。
だが、彼女もプレ乱闘大会優勝、ウシに勝利と着実に地位を上げている。
初戦敗退という笑えない展開を阻止して笑うことは出来るか。

いいオトコVSクールビューティーは戦場が色めき立つ……?
セクシーっぽい試合が始まる。


5/15 20:00 ヨシオ仮面(PU)VS 歩く天下無敵(NE)

強いリボン無しヨシオとして鮮烈なデビューを果たしたヨシオ仮面。
ヨシオ族の新たな顔としての活躍も期待されていた。

だが、原種の壁はあまりにも厚かった。
第14回では念願の勝ちを手にするにとどまらず一次予選通過、ひいては三強撃破と大躍進。
今大会も二冠王を相手に善戦かつ最後は前例のない頓死で退場と、
自らの強さとキャラを最大限に発揮してみせた。

ならば、自分が見せられるのは何だ?
自分が見せるべきはただの勝利じゃない。
己が実力を見せる勝ち戦を見せなければならないのだ!

対するは歩く天下無敵、第14回では屈辱の予選ブロック最下位。
元よりネスは激戦区、勝てなければ待っているのは幻想という名のベンチ。
足を止めてる暇など無い、勝ち進むしか道は無いのだ!


5/15 19:00 邪心マグヌス(NE)VS 神剣バスタード♂(LI)

本戦出場は第6回以来実に約4年3ヶ月ぶりの邪心マグヌス。
新時代の光に追いやられた旧時代の闇は久々の本戦で逆襲となるか。
対するは大会に貪欲な新時代の剣、神剣バスタード♂。
偉大なる先輩の陰で腐らずに挑み続ける神剣は天を衝くか。

新時代に追い越された旧世代 VS 旧世代を追い続ける新時代
いつの時代も名勝負を生み続けたネス対リンク。
この試合も名勝負となるか。


5/14 20:00 暴力委員長(PI)VS 野生の衝撃(PI)

野生のピカチュウVSピカチュウもどき。
今夜8時は動物番組でピックアップされそうな対決となった。

これまでの勝利はヨシオ杯での鳴りやまぬ戦とプレ乱闘大会の最弱決定戦のみの暴力委員長。
同じ暴力仲間の院長が世代対抗戦でクソザコの地位を脱した今、ピカチュウもどきという汚名を返上してピカチュウ勢である事をアピールしていかないと置いて行かれたままになってしまう!
一方、置いて行かれたのは衝撃も同じ。第12回以来クソステ杯まで出番はもらえず、同期のポンチコとはずいぶんと差がついたが、ここから取り返すことは出来るか!?


5/14 19:00 リカエリス´中将´(FO)VS ☆爆走戦士エルバン(NE)

空上ループを始めとした堅実なプレーをこなす軍人、リカエリス´中将´。しかし、そんな彼に課せられたのは"三強"エルバンの討伐という不可能ミッション。だがここで勝てば更なる躍進、もとい昇進も望める。新進気鋭の軍人による一世一代の対"三強"戦が幕を開ける!
そして、同じ"三強"の玄酔楼が何だかんだで勝ち上がったのを見たエルバン、こちらも頂点に向けての意気込みは抜群。グランドファイナルまでは6戦、頂点に向けての爆走が立ちはだかる壁を全てぶち壊しに行く!

新世代エリートと最強の少年、白熱の戦いが巻き起こる!


5/13 19:00 満たされないヒーロー(MA)VS 天空の虫使いアントン(YO)

ユウナくんやシュバルツの台頭の中で殻を破れないでいるレベル8マリオ、満たされないヒーロー。
はちが出せずに満たされない個性派ヨッシー、天空の虫使いアントン。

振るわないまま燻るままの2人に96人の頂点を決める大会というチャンス。
負けたら終了の厳しい戦い、だが勝つたびに自身の評価は上がっていく!
満たされるものを探して彼等は戦う。本気出して戦うのなら、負ける気しないはず!
そしてはちも出る気がしない


Aブロック1回戦+Aブロック1回戦-

5/22 20:00 疑惑の恋人アルベルト(DK)VS 3億ドルの吐き気(FA)

Aブロック1回戦のトリを務めるのは、元祖レベル8ドンキーのアルベルトと、同じく浦安の元祖である吐き気!妖精なんていない、いいね?
レベル8ドンキーの可能性を切り開いた男とファルコン勢の人気を支え続けた男。
セクシーさ溢れる拳と派手に輝く足技がぶつかり合うこの試合。
アルベルトが種族間の不利を覆すか、吐き気が派手にスタートダッシュを決めるか!?


5/22 19:00 壊れた大学生(LI)VS [自称]妹(YO)

堅実な戦いをすると思いきや、ある時は回転切りをぶんぶん振り回すなど、立ち回りが色々と壊れている大学生。そこに突如攻撃的になるメンヘラドラゴンの妹がぶつかり、試合は危険な領域に突入する……!?
大学生がその剣で妹を壊すのか、逆に妹が攻めに攻めまくって大学生を壊すのか!?
場合によってはR指定!?危険な試合が今夜7時にスタートだ!!​​​​​


5/21 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS コンソメ顔(SA)

「自滅しなければ最強」紅きポイゾネサスくん。
しかし、この大会は一度負ければそれで終わりのルール。
下手な自滅はそれだけで脱落の原因になってしまう!
エルバンも初戦であっけなく落ちた今、彼がそうならないとは言えない状態だ。

そして、そんな強豪を相手にする事になったレベル8サムス、コンソメ顔。
サムス勢は現在エースの座を巡っての群雄割拠とも言える状態!
この試合の勝利は新レギュラーに上り詰めるにあたって、
とても有利な材料となるだろう!

紅VSコンソメ、燃え上がる色合いの戦いが始まる!!


5/20 20:00 ∮シュバルツ∮(MA)VS バルザードたん(PI)

第13回とクソステ杯、2つの銀メダルを手にした音楽家、シュバルツ。
目指すのは、三度目の正直となる金メダルだ。
第14回で闘志を燃やし続けた萌え系アイドル、バルザードたん。
今大会でも観客を萌えさせ、戦場を燃やす事は出来るのか。

彼等が奏でるのは可愛らしいポップ・ミュージックか、荘厳なクラシック音楽か。
CPUトナメのミュージックステーション、今夜8時開演!


5/20 19:00 使者様㌧(LI)VS 赤字覚悟の贈り物(DK)

使者様㌧と贈り物、出番の少ない2人。
違うのは、㌧は既に隠れた強豪としての地位を手にしており、
贈り物は未だに経験試合数が2試合であるが故に実力も未知数である事だ。

人気を得るためには出番が必要、そしてそれは勝たねば手に入らない!
人気を巡っての潰し合いがここでも始まる!


5/19 20:00 ㌦ポッター(MA)VS ドルコリン♪(FA)

低迷が続き、幻想という名のアズカバンが再びちらつく㌦ポッター。
金の力だけではやはり限界が来てしまうのか……?
そんな彼は一発逆転のギャンブルに強豪アイドルを選んだ!
人気を集めるアイドルを相手に金でものを言わせるか!?

自身のアイドルステージに来訪したのは、ドルオタならぬ㌦ポッター。
金を力に変えて戦う小金の錬金術師が相手だ。
だが、金に溺れていてはアイドルは務まらない。
熱烈なハグと握手で仕事を完遂するか!?


5/19 19:00 年齢を感じさせない迫力(KI)VS Φデスエンペラー(FA)

第15回大会で誕生した0勝タッグ、衝撃の準優勝!
注目を集めたレベル8赤カービィ、迫力は個人戦でも勝利を手にするのか!?
対するはトナメ初戦が振るわないことで知られるΦデスエンペラー。
だが、昨年の大晦日でトナメ初戦初勝利を遂に挙げた彼。
己を縛るジンクスは破った、後は優勝まで突き進むまで!

個人戦初勝利に向けての迫力にデスエンはソンソンしてしまうのか?
それとも王者の意地を見せるか、デスエン!


5/18 19:00 卍黒きムッコロズ(SA)VS B級の漢(DK)

1回戦も後半戦に突入!現れたのは豪腕サムス、卍黒きムッコロズ!
第14回、世代対抗戦共に締まりのない最後となったが、今度は名勝負を生むか?
そして、こちらは可能性の原石である第12回勢、B級の漢!
デスエンがアレだったとはいえ世代対抗戦で決勝Vを決めた注目株の参戦だ!

豪腕とドンキー勢、パワーに関しては申し分無し!
全力全開の試合、レディ・トゥ・ファイト!


5/12 20:00 紫煙のドドン(FO)VS 一番繊細な部長(LU)

久々の出番となったクソステ杯ではやりたい放題して帰ったドドン。青フォックスの芸人担当は自分だとばかりの暴走だったが、今大会も派手にやらかすのか!?
そして、そんな奴を相手にすることとなった部長は胃がストレスでマッハ!職場が爆発というシャレにならない事態を回避すべく、中間管理職の戦いが始まった!

芸人が暴れるか、社会人が収めるか!?
部長の会社の運命や如何に!!


5/12 19:00 週末のユウナくん(MA)VS ヨシオくん(PU)

個人大会二冠王 VS 個人大会四冠王(?)

新時代"最強" VS 元祖"最弱"

正反対の二人、邂逅の時


5/11 19:00 有の無限モルダー(NE)VS 地上最強のチェマ(LU)

スタミナ不足に苦しむネス勢、モルダー。
相手は対ネス2勝のチェマ、地上戦に長けた傑物。
少ないスタミナで一気に勝負を決めるか、それとも克服するか。
上を目指すためにも勝利を果たして成長を果たしたい所である。

一方、ANAKINの覚醒により緑ルイージの枠争いに新たなる展開。
チェマもクソステ杯優勝に負けない実績を作りたい所。
対ネス2勝も両方クソステ下によるもの。
しっかり実力勝ちでアピールしておきたい!

今後の為にも初戦は勝ちたい両者。
負けたら終わり、情け無用のバトルが始まる!


5/10 20:00 塩対応(SA)VS 人喰い軍曹(PI)

やる気ゼロのデビューからクソステ杯で僅かに株を上げた塩対応。
最弱決定戦出場から復活の事例はCPUトナメでは何度もある。
その流れに続きたい所だが、やる気は見せてくれるのか?

そして、三人横並びの赤ピカチュウから一歩抜け出したい人喰い軍曹。
全敗カードを覆すジャイアントキリングで強さをアピール出来るか!?
塩の食い過ぎで塩分過多にならないことを祈るばかりだ


5/10 19:00 玄酔楼(LU)VS 桜島警察署(NE)

目の前に立ちはだかるのは、CPUトナメのレジェンド。
偉大なる大先輩を相手に何度も死闘を繰り広げた歴戦の強者。
彼を取り締まるのは、並大抵の実力では困難を極める。
だが、それで諦めていては警察は、選手は務まらない。
目指すのは、歴戦の先輩達の雄姿だ。

その赤い帽子を見れば、あの記憶が鮮明に蘇る。
勝利の為ならばどこまでも突き進むあの少年との闘いを。
あの日の戦いから暫く彼等とは勝てないままでいた。
ならば取り戻すまで、最強の座を。


5/9 20:00 世界のrekuiemu(KI)VS 若き日のロハス(FO)

第15回大会で晴れてメダリストとなったrekuiemu。
これに続いて個人戦も活躍したい所にいきなりの試練!
対戦相手はこれまで自身が二度敗れた若き日のロハス。
ロハスにとっても少し低調気味の現状を打破すべく躍起になっているであろう状況。
こちらも全力で行かねば敵わないであろう相手だ!

三度目の正直である勝利を果たして弾みをつけるか。
現状を変える為にもう一度最古参を下すか。
負けられない戦いが幕を開ける!


5/9 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 勇者ヨシオ(PU)

歴代屈指のレベルとなった第14回大会、その中でも上位勢に引けを取らないパフォーマンスを見せた最古参ヨッシー。彼に出くわしたのは、幸運か不運か。
同胞たちは予選を勝ち上がったり、選りすぐりの強豪から銅メダルをもぎ取ったりした。第6回で名を馳せたあの時の自分は、既に彼等に追い抜かされていた。だからこそ、ヨシオ族の勇者として置いていかれはしない。たとえ眼前の壁がどれほど強大なものだったとしても。

豪運ヨッシーVS爆発系勇者。
彼等の明日はどっちだ。


5/8 20:00 天使の聴牌(SA)VS 突起物!ポンチコ(PI)

  • 試合コメント1

これまでの大型大会は48人大会が常だった。
12種族4カラー、それがこれまでの大会の限界だった。
64スマブラCPUトナメ本戦出場者116名に対してのこの枠の数。
そのせいで隠れた名選手が日の目を浴びず燻るままならば────

 

その限界を、今ここで破ってはみないか。

掟破りの96人大会

第16回大会 開幕ッ!

  • 試合コメント2

史上初の96人大会となった第16回大会。
初戦を飾るのは、クソステ杯で最弱決定戦に出場したばかりの聴牌!
見せ場も碌に無いままノーテンという遅れを取り返すべく再び戦場に立った!

対するは、地味に第14回以来11ヶ月ぶりの参戦となるポンチコ!
第12回ではスーパールーキーの1人に数えられた身、偉大なる大先輩の活躍に続けるか!?

そして、今大会はシングルイリミトーナメント方式。
敗者に次は無い。無慈悲なるイクサが始まる!!


・クロスオーバー杯・クソステ杯


クソステ杯(2回戦~最弱)+クソステ杯(2回戦~最弱)-

4/25 19:00 天使の聴牌(SA)VS 屈強なる妖精(DK)VS 鳴りやまぬヨシオ(PU)VS 永遠のエース(KI)

クソステの魔の手はまだ終わらない。
今大会、残された4人の選手に課されるのはクソステでの最弱決定戦という罰ゲーム!

弱キャラの予想外の反撃とクソステの事故という痛烈なダブロン直撃を貰った聴牌。
屈強さのかけらもない、どうしようもない弱キャラぶりを見せた妖精。
酸や爆発で復活早々派手に鳴りやんだ鳴りやまぬヨシオ。
POW撃墜で一瞬輝いたものの結局ここに呼ばれたエース。

クソステに嫌われれば待っているのはクソビリコース。
クソステの魔の手に肩を叩かれるのは誰になるのか!?


4/24 19:00

ゼーベス、ヤマブキ、いにしえ。
この世のクソステはいずれも一筋縄ではいかない。
時に大会で名を馳せた者が、ステージの特異さに
翻弄されながら成す術無く敗れていく。

故に人々はクソステと呼び、時に忌み嫌う。

だが、履き違えてはいけない。
どんな形であれ、勝った者が"正義"なのだ。
如何なる要素を味方につけて勝つ者、
それこそが"強者"だ。

クソステという不格好な楽器で凱歌を奏し、
クソステという地の利を得て勝利の道を切り開く。

ここに、クソステ王が決まる。

クソステ杯 決勝

∮シュバルツ∮(MA)
VS
◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)

全てを、支配しろ。


4/23 19:00 王者の申し子アルバロ(FO)VS 煙草マスターの子(LI)

アルバロと煙草マスターの子、どちらもクソステ杯では安定した活躍を見せていた。ほんの少しの運が足りず決勝を目前に敗れることとなった。だが、ここまでの戦いでその実力はクソステにおいても光ると証明された。

今度の戦いはメダルのかかった3位決定戦。
ロハスを追い越して緑フォックス初のメダリストとなるか、金銀銅メダルが全て揃うのか。
運命の戦いが始まる


4/22 19:00 ◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)VS 煙草マスターの子(LI)

第6回の最弱決定戦やヨシオ杯での最弱ルイージという評価からじわじわと株を上げつつあるANAKIN、その特徴的過ぎる名前も人気の要因か。準決勝で戦う相手は煙草マスターの子、それも完璧に仕上がっているであろう状態。だが、ここで勝てばレギュラー入りも夢ではない。クソステという辺境の地でFOOSUの覚醒なるか?
クソステ下でも完璧に仕上げてきた煙草マスターの子、間違いなく今大会の主役の一人と言える。以前は苦しめられていたクソステを克服して第3回、第9回に続き3タイトル目を勝ち取れるか!?

クソステ杯もいよいよ大詰め、だがクソステはまだまだ気を抜けない!
事故の誘惑に負けずに決勝の舞台に上がるのは!?


4/21 19:00 ∮シュバルツ∮(MA)VS 王者の申し子アルバロ(FO)

クソステ杯準決勝、振り返ってみれば実力者が比較的順当に集まったと言えよう。
幻想から始まり第13回で頂点を掴みかけたシュバルツ、その安定度はかの化け物にも引けを取らない。今大会で優勝を果たし、スタメンの座を奪うことは出来るか。
そして、長いこと幻想に燻っていたアルバロもアフォックスを絡めつつ実力を見せるという模範的(?)フォックスとしての試合をこなしている。長らくレベル8のロハスのものになっていた緑フォックスのレギュラーの地位を取り返せるか。

地位を手に入れるために対峙する二人。
クソステはどんな展開をもたらすか。


4/20 19:00 煙草マスターの子(LI)VS 野生の衝撃(PI)

何も身に着けてない、正に野生と言えるその姿。
煙草マスターの子は対峙する相手のその姿に「あの日の戦い」を思い起こされる。己の復活をその戦いで示した、復活を信じ応援するファンの期待に応えた、それでもあの日の敗戦は悔しいものだった。
復活した今の自分は挑戦者を迎え撃つ立場、更なる高みを目指すために彼は今日も戦う。

本当の強者は誰も知らない。
数々の新人が既に頭角を現し未だに可能性に満ち溢れている第十二回勢、彼もまたその可能性を持ち合わせた獣。戦った試合は未だに2戦、実力を推し量るには早すぎる。戦うにつれて真の実力が徐々に明らかとなる……
彼は名も無き同族達の想いを背負い、己の生き様をこの戦場に、王者に叩きつけに行く。


4/19 19:00 犬のような黒猫(FA)VS ◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)

現代、P(ピー)のカセットで…

 

SUTAA
WOOZU

エピソード15
アニャ犬の再会

 

彼等にとって運命の再会だった。
第13回で3位に輝いたチーム
「アニャ犬・スカイウォーカー」の
2人がここに出会った。

だがかつての相方である黒猫は
あくまでも勝負は勝負と
持ち前の身体能力で勝ちに来た。

復活の機運が高まっているANAKINは
プレ乱闘大会での屈辱を晴らすべく
その勝負を受けるが、同時に彼等には
クソステの魔の手が迫っていたのであった…


4/18 19:00 パジャマの革命家(LU)VS 王者の申し子アルバロ(FO)

ルイージ初の被4タテ、最速アフォックス。
アイデンティティはそんなものだけでいいのか。
せっかくの大会、クソステだろうが何だろうが勝って良い印象をつけることが大事ではないか。躍進前とはいえそれぞれシュバルツとチェマに勝利した、先に躍進を果たした彼等に続く為にも勝たねばならない。

王者VS革命家、王者が遅れて進撃するのか、革命家が反逆の狼煙を上げるのか!?


4/17 19:00 ∮シュバルツ∮(MA)VS 学校に潜む母(YO)

クソステ杯2回戦、ここからはタイマンとなる。
生き残ることこそが重要だった1回戦とは異なり、地力も要求される。

第13回で名を上げたシュバルツ、地力に関しての心配は無いと言ってもよい。しかしここはクソステ杯、いくら地力も要求されるとはいえ、ステージに翻弄されてはせっかくの実力も発揮できない。加えて対戦相手は3ストック残しという強烈な初勝利を4年以上越しに果たした母がいる。元より調子の良し悪しが大きく変わるヨッシー勢、先の勝利がまぐれでない事を証明すべく躍起になっている母相手にシュバルツはどう戦う?

幻想から実力者となった者、全敗から実力者になろうとする者。
這い上がるためには、勝ち続けるのみだ。


クソステ杯(1回戦)+クソステ杯(1回戦)-

4/16 19:00 天空の虫使いアントン(YO)VS 野生の衝撃(PI)VS 早すぎた少女チェントゥリオーネ(MA)

1回戦最終戦にして"はち"試合目、アントンが参戦。戦績面自体は少し燻り気味の彼だが、クソステ下においてはどの様な立ち回りを見せるのか。はちは……どうせ出ないし……
対するは、デビュー大会の第12回で1回戦負けして以来の参戦となるレベル8ピカチュウ、野生の衝撃。その名に反して大会では全く衝撃を与えられなかった、ぶっちゃけ同期の同族の方がよっぽど衝撃的だった彼。逆襲の時は今、真の実力をここで見せる時!
そして、半分幻想に片足突っ込んでいる癖に幻想杯の参戦経験の無いチェントゥリオーネ。㌦ポッターが不調気味の中、戦力不足が深刻化している赤マリオの救世主となれるのか?

1回戦最終戦、最後の枠を掴むのは誰だ。


4/15 19:00 20人目の味方殺し(PI)VS 煙草マスターの子(LI)VS 綺麗なゲイ(NE)

3人乱闘形式の一回戦、その中でも特に異彩を放つ対戦カードが一つ。
第5回優勝者、第3回&第9回優勝者、第13回優勝者という乱闘屈指の死のグループとなった!

第11回以来ほぼ2年ぶりの参戦となる20人目の味方殺し、体が軽い分ゼーベスの酸が怖いが、鎬を削るライバルだったBJは自身の居ぬ間に大型大会優勝を勝ち取った。ならば、自身も後に続くまで!
第14回大会では準優勝となり大復活を遂げた煙草マスターの子、いにしえという第10回の苦い思い出を前にクソステにも負けないという事を証明して正真正銘、完全復活を告げられるか!?
同じく第14回大会では自身初となる屈辱の予選敗退となった綺麗なゲイ、加えてヤマブキは同族のモルダーが復帰事故で苦しんだ場所。ステージ運は如何ほどのものか、ヤマブキ相手でも得意のガン攻め♂は発揮されるのか?

第三回勢の強豪三人、激熱にならないはずもない……とは言い切れない。
何故ならここはクソステ杯、荒れる展開など日常茶飯事。
だがそれは、同時に誰が勝ってもおかしくないという事だ。
一秒たりとも見逃せない戦いが今始まる。


4/14 19:00 Σデューレンファング(FA)VS ◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡(LU)VS 赤字覚悟の贈り物(DK)

ここはクソステ杯、試合が荒れる事など日常茶飯事。
そこにファルコン勢随一のお祭り男が合わされば戦場は一気に予測不能!?
しかし立ちはだかるのはANAKIN、FOOSUの力で未来を予見して戦えるか注目が集まる!
そして、まだ1戦しか行っていない未知数のレベル8ゴリラ、赤字覚悟の贈り物はアルベルト、ウシ、B級の漢に続いて自身の価値を証明できるか!?

謎と未来予知(?)と実力未知数。
何が起こっても、誰が勝ってもおかしくないこの一戦。
しかとその目に焼き付けろ。


4/13 19:00 犬のような黒猫(FA)VS 紫煙のドドン(FO)VS 永遠のエース(KI)

そろそろクソステにも慣れてきたか!?1回戦もここから後半戦だ!

安定した肉体派ファルコンの黒猫が有力候補だが、第10回大会以来出番に恵まれずほぼ2年半もの間燻っていた不発弾のドドンも遂に今大会で爆発してゆく!?そして、幻想杯を除くと初登場の第3回大会以来実に約4年9ヶ月ぶりの参戦となる永遠のエース!幻想から遂に戻ってこれたが、この大会で己の戦った証を刻むことは出来るのか!?​​​​​​


4/12 19:00 鳴りやまぬヨシオ(PU)VS 王者の申し子アルバロ(FO)VS 使者様㌧(LI)

一体3年もの間何をしていたのか!?
とっくに鳴りやんだと思われていた鳴りやまぬヨシオが遂に復活!

相手は最速アフォックス記録保持者のアルバロ、出番に恵まれない不憫な実力者の㌧!
一見無理ゲーにも見えるがここはクソステ杯、アフォックスと㌧死が重なり鳴りやまぬが勝利することもアルバロ!?
最弱筆頭が復活の咆哮を上げるのか、それとも復活早々鳴りやんでしまうのか!?


4/11 19:00 屈強なる妖精(DK)VS パジャマの革命家(LU)VS 有の無限モルダー(NE)

母、衝撃の3ストック残しでの初勝利。
クソステ乱闘はそれほどまでに魔物があふれているのか。

そして、その流れに乗じて革命を起こさんとする者達が再び現れる。
名誉の全てをウシに奪われた塩漬けゴリラ、屈強なる妖精。
新時代の開祖に完膚なきまでに潰されたルイージ、パジャマの革命家。
スタミナ不足という弱点を一身に背負うネス、有の無限モルダー。

可能性は無限大、クソステの下では何でも起こり得る。
ここで屈強さを見せて革命を起こすのは誰になるのか!?


4/10 19:00 ヨシオくん(PU)VS 天使の聴牌(SA)VS 学校に潜む母(YO)

第10回以来実に2年半ぶりの参戦となった聴牌。
クソステ耐性が高いことや相手の力量を考えるとここは手堅く勝ちたいところだが、今のヨシオくんはただのクソザコではない。第9回でも乱闘の強さの片鱗は見せている、覚醒を果たした今のヨシオくんならばどうなるか!?
そして初登場からもうすぐ5年、未だに勝ちゼロの母がここに来て参戦!かねてよりヨシオくんよりも弱いのではないかという疑惑が付き纏っていたが、その疑念を払拭出来るのか、あるいはここで身をもって証明してしまうのか!?

クソステによる荒れが怖い三人麻雀。
アガるのは誰か、そしてチョンボをやらかす者は現れるのか!?


4/9 19:00 塩対応(SA​​​​) VS ∮シュバルツ∮(MA)VS 幼き弟のソーセージ(KI)

  • 試合コメント1

ゼーベス、ヤマブキ、いにしえ、
この世の全てのクソステを手に入れた男、
64スマブラ王 P(ピー)。

彼の(選手の)死に際に放った一言は、
人々をクソステへと駆り立てた!

「キ〇タマで死ぬぅ!!」

選手達は優勝を追い続ける。
世は正に大キ〇タマ時代!!

  • 試合コメント2

史上初のクソステのみの大会、その名もクソステ杯。
参加したメンバーはすっかりご無沙汰な奴らが揃った!

開幕戦を務めるのはこの三人!

期待を裏切る無気力サムス、塩対応。
ライバルは化け物、急成長の音楽家、∮シュバルツ∮。
アイドルの代わりに台頭なるか、猥褻物、幼き弟のソーセージ。

この戦いはただの三重奏(トリオ)に非ず。
一筋縄ではいかないクソステも交えた四重奏(カルテット)。
最後にこの戦いを制するのは……?


クロスオーバー杯+クロスオーバー杯-

3/26~3/28

【先鋒戦】64
ドルコリン♪ VS ♀幻のギルティ―スMkⅡ
強豪アイドルと不憫な最古参はどの様な戦いを見せるか

【次鋒戦】DX
下着のような人間 VS ゆるふわヒップホッパー
2連敗と2連勝、その差が出るのか

【中堅戦】SP
狙われた挨拶状 VS ⇒魔月翼神
2連勝でノリに乗っている者同士の対決はどうなるか

【副将戦】海外
Blind Samurai VS Yoshio Blood
運命のリベンジマッチ

【大将戦】一触即死
死の抱き枕 VS 清らかなヤンキー
これまでここぞというときに勝った抱き枕は決勝でもチームを勝利に導くか
ヤンキーは最後の最後に勝つことが出来るのか

クロスオーバー杯 決勝
事案発生 VS 工業高校

想いを一つに、いざ頂点へ。


3/23~3/25 魔のダンスで悪いBabyフルパワー VS 自滅メンバー

この試合のメンバーで唯一2連勝を果たしたアーチャン、この勢いのままにあの接戦のリベンジを果たすか。逆に唯一の2連敗となったイナゴは今度こそ初勝利となるか。その他にもチーム【魔のダンスで悪いBabyフルパワー】には強いけど影の薄い奴、強いけど不憫な奴、注意力散漫な奴が1勝している。自身の勝ち越しとチームへの貢献、両方こなせるか!?
一方、全員が1勝1敗とフラットな戦績となったチーム【自滅メンバー】。全員ポテンシャルは証明されており、明確な弱キャラが存在しないチームだが、ネックとなる自滅を抑えて最後まで戦い抜けるか!?

奇しくもここまでの6戦は全て右サイドが勝利している。
このジンクスはいつまで続くのか?
チーム【自滅メンバー】がジンクスのままに勝利を果たすか、
チーム【魔のダンスで悪いBabyフルパワー】がそれを壊すのか!?

優勝争いとは関係の無い3位決定戦、しかしこの試合は貴重なメダルをかけた大事な戦い。
大事な五番勝負が開戦する!!


3/20~3/22 自滅メンバー VS 工業高校

準決勝第二試合、この試合の結果で決勝及び3位決定戦のカードが決まる。

チーム【自滅メンバー】とチーム【工業高校】、自分達の共通点がチーム名となった者達と自分達の雰囲気をチーム名に纏めた者達。個々の実力か、チームの責任感か、彼等は一回戦では最終戦を待たずに勝利を確定させた。しかし、その一方で消化試合となった一触即死はどちらも落としている。チームの勝利のカギを握るのは実力揃いの副将戦までの4戦か、それとも……

勝てば決勝、負けられない戦い。
弾みをつける為に、一勝でも多く勝ちに行け。


3/17~3/19 魔のダンスで悪いBabyフルパワー VS 事案発生

一回戦が終わり、準決勝に舞台は移る。
大会も後半戦、メダルをかけた戦いが始まる。

チーム【魔のダンスで悪いBabyフルパワー】とチーム【事案発生】、長ったらしい名前にストレートに際どい名前とただならぬメンバーの揃った対決だが、どちらのチームも一回戦では一触即死までもつれ込む接戦の末に勝利を果たした。この試合も、最後まで勝敗の読めない戦いとなるのか。
そして、一回戦の勝利で得たこの二回分の出番は自身の魅力をアピールできる貴重な機会でもある。個人でも、チームでも、目指すべきものは「勝利」の二文字のみ。負けられない戦いが、始まる。


3/14~3/16 ジャパンハンドラーズ VS 工業高校

ジャパンというには世界を名に冠している選手が2人いたり、ハンドという名前から来たと思いきやその意味は「犬の調教師」とどこかちぐはぐなチーム名となった【ジャパンハンドラーズ】。メンバーの実績も陛下以外パッとしないが、そんな印象を覆す試合は出来るのか。
対するは、ヒップホッパーやヒールレスラーにヤンキーとガラの悪い奴らが揃ったチーム【工業高校】。チームの雰囲気は一体感が強いが、試合でもその一体感は発揮されるか!?

一回戦もラスト、選手のレベルが低いなどと言わせない熱い戦いとなるか!


3/11~3/13 ヤク味入りきつねうどん VS 自滅メンバー

続いてのチームはある意味危険?パセリをはじめとしたハーブを突っ込んだきつねうどんを食べてとろけてしまった、チーム名の連携が強い【ヤク味入りきつねうどん】。海外版第2回大会覇者を擁するこのチームはどこまで戦えるか?
そして、自滅をやらかしたメンバーが集った……にしてはそこまででもない(ペペロンチーノはステージギミックによるものであり、てぽドンに至っては自滅していない)チーム【自滅メンバー】。何気にポテンシャルは高めな奴らが揃ったが、自滅で台無しにはしたくない所だ。

試合カードも同族対決など見所盛り沢山、盛り上がる三日間が始まる!


3/8~3/10 はやぶさのつるぎ VS 事案発生

いきなり大激戦から始まったクロスオーバー杯。
続いての試合も個性豊かなメンバーが勢揃い!

"はやぶさ"も"つるぎ"もそれぞれ一人しか該当しないチーム、それもそのはず、そのチーム名は別のチームにつける予定だったものというハチャメチャな命名経緯を持つチーム【はやぶさのつるぎ】!他のメンバーも溺れてたり、何か神々しい神だったり、イヌなキツネだったりとその闇鍋ぶりは他にも負けていない!
そして、本来【はやぶさのつるぎ】になるはずだったチームは抱きに来るアイドルや枕、下着のような奴に狙われているという危険なメンバーが勢揃いのチーム【事案発生】!

割とどうでもいい因縁のチーム対決。
勝利の鍵を握っているのは……?


3/5~3/7 フードコート VS 魔のダンスで悪いBabyフルパワー

64、DX、SP、海外、即死。

五つの世界が、ここに交ざり合う!

クロスオーバー杯、開幕!

初戦を飾るのは、
プリン、たまねぎ、担々麵と食べ物な奴らが集まった

チーム【フードコート】

対するは、
継ぎ接ぎネームとある意味"らしい"名前となった個性派集団

チーム【魔のダンスで悪いBabyフルパワー】

 

チームとして集められた、生まれる世界も何もかもが違う五人。

だが、目指す場所は同じ。

One for All, All for One!!

作品の垣根を越えた宴が始まる!!


・第15回大会・P-1 SMASH GP


P-1 SMASH GP+P-1 SMASH GP-

12/31 16:00 ~ 23:00 P-1 SMASH GP

12月31日、大晦日。
ここに主催者直々に選ばれし8人の選手が集まった。

1匹はドンキーという弱キャラの中でありながら数々の難敵を打ち破りしダークモース。

1人は新たなる王者。7年ごしの悲願であった王への階段を上り詰めたジョーカー。

1人は最強のネタ枠。王者にもなったことのある彼、今年はいろんな意味で大会を盛り上げてくれた立役者。

1人は謎。彼の独特の魅力に引き寄せられ、虜になった人も多い。

1人は突然変異。デビュー時の衝撃、そして今でも根強い人気を誇る殺意の塊。

1人はスーパールーキー。彼の活躍はマリオ勢に新しい風を吹かせた。

1人は主人公。悲願の二冠達成。必殺技である灼熱昇竜は彼の代名詞。

1人は芸人。体を張った芸で徐々にその地位を不動のものにした。

史上初めて行われる大晦日のトナメ

P-1 SMASH GP
2021/12/31 16:00 ~ 23:00

さぁ、今年最後のれとふを始めよう


準決勝・3決・決勝+準決勝・3決・決勝-

12/30 19:00 エーレイア(殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)× 灼熱のレイア(LU))VS 梅干し(年齢を感じさせない迫力(KI)× 奈落のヨシオ(PU))

二冠に向けて邁進する初代王者。
殺し屋よりも高い殺意をもって戦う男。
共同戦線を組んだ彼等はその強力な攻撃をもって、
相手をねじ伏せて決勝に殴り込みをかけにきた。

これまで勝ちすら無かった新参の赤玉二人。
だが、今大会での彼等の勢いは全力で優勝へ突き進む火の玉だ。
互いにピンチを退け、チャンスに変えてここまで来た。
彼等は今、CPUトナメ最大の下剋上を成しに行く。

 

縁の神が結びし15組と前回覇者1組。
そこから勝ち上がった2組のタッグ。
今ここに、第15回大会最後の戦いが始まる。

次回

64スマブラCPUトナメ
第15回大会 決勝戦

エーレイア VS 梅干し

最強の二人、ここに君臨す


12/29 19:00 迅雷rekuiemu(迅雷ワンダ(MA)× 世界のrekuiemu(KI))VS 無神経(△デロイ△(LI)× ナウいコテツ(YO))

第15回大会も遂に3位決定戦。
何とこの試合は全員にとって初のメダルがかかる重大な試合となった!

安定した実力と人気を持ちながらも今までメダルに恵まれなかった「迅雷rekuiemu」タッグ。
ここで勝って念願のメダルを手にする事は出来るのか!?

一方、予想外の活躍を見せる「無神経」タッグ。
彼等がここまで活躍するのを誰が予想していたのか!
特に△デロイ△はここまでの3試合で20撃墜という大活躍!
脱クソザコに向けて彼等の逆襲が始まろうとしている!!

勝てば銅メダル、確かな輝きがそこにある!!
強者の証を、その手で掴みとれ!!


12/28 19:00 梅干し(年齢を感じさせない迫力(KI)× 奈落のヨシオ(PU))VS 無神経(△デロイ△(LI)× ナウいコテツ(YO))

何だこの対戦カードは……
準決勝に進出した者達の姿か? これが……
一方のタッグは新人同士とはいえこの大会が始まる前は1勝すらできなかった若輩
もう一方もその世代で一二を争う程のクソザコ同士のタッグ
勝てる要素は薄かった筈だ

違う
どんな選手であれ試合であれ、勝った者達こそが強者である筈だ
そこに前評判など関係無い
この試合で必ず生まれるメダル獲得タッグ
それは新しい時代を創るかもしれないのだ


12/27 19:00 迅雷rekuiemu(迅雷ワンダ(MA)× 世界のrekuiemu(KI​​​​​))VS エーレイア(殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)× 灼熱のレイア(LU))

迫るクライマックス、準決勝。
この舞台にたどり着いた4組のタッグは上位予想をされていたものもいれば、そうでないものもいるという個性豊かな顔ぶれとなった!

新人に遅れは取らないとばかりにrekuiemuが暴れる「迅雷rekuiemu」タッグ。彼等は安定したダメージ稼ぎを武器に世代対抗戦以外では初となる入賞を目指す!
だが、対する「エーレイア」タッグはレイアの灼熱昇龍やエーレヒトのパンチといった強烈な一発に期待のかかるタッグ!フレンドリーファイアが課題となるが、爆発力は残りの4組の中でも随一!

期待のかかる準決勝、金メダルに王手をかけるのはどっちだ!?


2回戦+2回戦-

12/26 19:00 無神経(△デロイ△(LI)× ナウいコテツ(YO​​​​​))VS バスコリン♪(神剣バスタード♂(LI)× ドルコリン♪(FA))

初登場から実に3年と11ヶ月弱にして遂に初勝利を収めた△デロイ△。
しかし、その念願の勝利は自身のクソザコというキャラ性の弱体化に繋がってしまった!
もう彼は自分の力で地位を掴まねばならない。クソザコだからと慰めてくれるものはもういない。ここで負けてしまえば何もかも中途半端というレッテルを貼られたままで終わってしまう!
コテツも先の試合で自身の強みである攻めっ気を出した手前、まだ終わる訳には行かない!

一方の相手は強キャラタッグと言える「バスコリン♪」タッグ。
彼等にとっては「無神経」タッグというクソザコ同士のタッグには負けたくないが、先の試合では安定して優勢を保っていたタッグ、油断をしている場合ではない!確実に勝利を掴めるか!?

クソザコを脱しようとした△デロイ△とコテツの明日はどっちなのか!?
答えはこの試合で分かる!!


12/25 19:00 梅干し(年齢を感じさせない迫力(KI)× 奈落のヨシオ(PU​​​​​))VS リカたん中将(バルザードたん(PI)× リカエリス'中将'(FO))

2021年も早いものでクリスマス。
そんなクリスマスを盛り上げるのはクリスマスカラーとでも言うべき赤と緑のタッグだ!

紙耐久という風船族の宿命に抗い勝利を収めた「梅干し」タッグと、いにしえに振り回されながらも勝利を収めた「リカたん中将」。新進気鋭の第12回勢が3人もいる期待が膨らむ対戦カード、彼等は観客のハートを掴むことが出来るのか!?クリスマスはれとふで決まりだ!!


12/24 19:00 闇討ち(ダーク内藤(DK)× 通り魔(LI​​​​​))VS エーレイア(殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)× 灼熱のレイア(LU))

2回戦第2試合は連携の強い良タッグ同士の対決!
しかし、一口に連携が強いとは言っても、そのスタイルは別物だ!

主に攻めを担う通り魔に受けを担いつつ隠れて仕事をする内藤と「闇討ち」タッグは役割分担がとれており、逆に「エーレイア」タッグはコンボ連携を得意武器とする攻め重視のスタイル!

同じ良タッグでも戦法次第で強みは大きく変わる!
得意の戦法で準決勝に進むのはどっちだ!?


12/23 19:00 迅雷rekuiemu(迅雷ワンダ(MA)× 世界のrekuiemu(KI​​​​​))VS 武闘派(地上最強のチェマ(LU)× バーンナック(KI))

タッグ戦で実力を発揮しているカービィ勢。
2回戦の開幕戦はカービィ勢を従えたタッグ同士の対決となった!

アイテムで魅せるrekuiemuとコンボで魅せるバーンナック。
味方につくのは速攻と一撃のワンダと地上を制するチェマ。
激アツ待ったなしの正統派タッグ対決、勝つのは!?


1回戦+1回戦-

12/22 19:00 奇跡ノツルギ(奇跡のヨシオ(PU)× 魔炎師ヤミノツルギ†(PI​​​​​))VS バスコリン♪(神剣バスタード♂(LI)× ドルコリン♪(FA))

片や世代対抗戦でウシにまさかの勝利を果たした奇跡、片や世代対抗戦での院長の躍進により立場が危うくなりつつあるヤミノツルギ。奇跡は更なる実力のアピールポイントとして、ヤミノツルギは名誉挽回のチャンスとして、この第15回大会に「奇跡ノツルギ」として参戦!
しかし、そこに立ちはだかるのは実力者達!第12回勢で最も大会に出場しているバスタードと、第14回大会で再び勢いを増したドルコリン♪による出番に飢えた強キャラタッグ「バスコリン♪」が気合十分だ!

1回戦最終試合、激熱試合なるか!?
今夜も目が離せないれとふが始まる!!


12/21 19:00 無神経(△デロイ△(LI)× ナウいコテツ(YO​​​​​))VS 無垢なる昼間(無垢なるヨシオ(PU)× 昼間の召喚士(MA))

召喚士「第6回勢弱キャラ三銃士を連れてきたよ」
バーンナック・バルザードたん「第6回勢弱キャラ三銃士?」

召喚士「ヨシオ族随一の影の薄さ、無垢なるヨシオ」
無垢「足を引っ張らないように頑張ります、よろしくお願いします」

召喚士「負け試合がことごとく酷いバカ、ナウいコテツ」
コテツ「最後の出番から1000日経ってたってマジ?」

召喚士「5戦全敗のリンク勢の突然変異……誰だっけ」
誰?「△デロイ△です」


12/20 19:00 リカたん中将(バルザードたん(PI)× リカエリス'中将'(FO​​​​​))VS 紅のBlack Knight(紅のLancelot(LU)× ξ黒きBlack Joker(PI))

萌え系アイドルと真面目系軍人という異色タッグ、組んだことでどのような化学反応となるのか、「リカたん中将」!名前の語感が完全にリカちゃん人形
一方、世代対抗戦での全休を経て第14回王者は伝説を目指す新参ルイージ勢を従えてタッグ戦に殴り込みをかけてきたぞ、「紅のBlack Knight」!紅なのかBlackなのかどっちだよ

第14回ではバルザードたんに軍配が上がった新旧ピカチュウ対決。
お互い第12回勢を味方につけたタッグ戦はどうなるのか!?


12/19 19:00 梅干し(年齢を感じさせない迫力(KI)× 奈落のヨシオ(PU​​​​​))VS 絶望顔(絶望のリア・リエ(MA)× コンソメ顔(SA))

第4回の「殺意の悪魔」に次ぐ赤玉タッグ、あのタッグから変わったところはレベルが9から8になった所、現在0勝止まりの迫力と奈落の第12回勢タッグ「梅干し」が初勝利を目指して参戦!
しかし、立ちはだかるのは最古参マリオのリアリエと新進気鋭の原色サムスのコンソメ顔のタッグ、その名も「絶望顔」!

梅干しパワーで相手を絶望の表情というよりは酸っぱい顔にさせるのか、もしくは実力を以て絶望させられてしまうのか!?午後7時の決戦を見逃すな!!


12/18 19:00 十字軍もどき(空色十字軍(YO​​​​)× 鳩もどき(FA​​​​​))VS エーレイア(殺し屋を微笑ませたエーレヒト(FA)× 灼熱のレイア(LU))

第12回で参戦した新人ファルコン勢である鳩もどきとエーレヒト。
彼等が組んだ相手は正反対な性質のキャラだった!

鳩もどきが組んだ相手は、人気を掴めていない第12回勢のヨッシー、空色十字軍。
組んだことで「十字軍もどき」という、十字軍でないならお前らは誰だよと言われかねない状態となってしまったが、兎にも角にも勝たねば人気は掴めない!

一方のエーレヒトは、何とミスターCPUトナメと言っても決して過言ではないレジェンド選手、灼熱のレイアの協力を取り付けることに成功!しかし、タッグ戦のレイアは味方だろうと構わず暴れるじゃじゃ馬。上手く立ち回りレイアを微笑ますことは出来るのか!?

新参3人に伝説の1人、この試合はどう動く!?
注目の午後7時、レディ・トゥ・ファイト!!


12/17 19:00 妹の黒光(例の黒光(LI​​​​)× [自称]妹(YO​​​​​))VS 闇討ち(ダーク内藤(DK)× 通り魔(LI))

妹の黒光って何だよ、妹のどこが黒光ってるんだよ。
そんな疑問をよそに危険な名前のタッグを結成した妹と黒光もまた、自滅癖持ちの危険な奴らだ!
そして、対する相手も影の薄いダーク内藤の力を借りて相手を暗殺しに行こうとする通り魔という「闇討ち」タッグ、言うまでもなく危険度は高い!

危険だらけの1回戦第3試合!
順当に実力者が勝つのか、それとも自滅と暗殺が合わさり下剋上となるのか!?


12/16 19:00 未確認パンツ(魔のパンツ(FA​​​​)× モケーレムベンベ(YO​​​​​))VS 武闘派(地上最強のチェマ(LU)× バーンナック(KI))

第15回大会に突如現れた未確認物体、それはパンツだった────

第11回大会ではヨシオくんと組んだ魔のパンツは、今度は未知数な部分の多い第12回勢の中でもクソザコ疑惑が強いUMAのモケーレムベンベと組むことになってしまった。しかも、相手は第11回大会優勝タッグ「武闘派」。
大ピンチの「未確認パンツ」だが、実力未知数ということは優勝タッグを破れる実力がある可能性だってある。予想を破って一気に名を上げることは出来るか!?
一方の「武闘派」は優勝タッグとして1回戦で躓く訳にはいかない。正統派同士のタッグとして人気を勝ち得た以上、無様に負けられないのだ!

勝つのは優勝タッグか、未知数タッグか!?
よそ見なんて出来ない一戦が始まる!!


12/15 19:00 迅雷rekuiemu(迅雷ワンダ(MA​​​​)× 世界のrekuiemu(KI​​​​​))VS エロい転校生(エロい姉(SA)× 無敵の転校生(LI))

帰って来たぞ、タッグ大会!
速攻コンボとアイテムコンボ、魅せる戦いに定評のあるワンダとrekuiemuのタッグ「迅雷rekuiemu」の前には、エロい姉によってエロくされてしまった転校生の姿が!メス堕ちかな?
だが、こんな状態でも姉と転校生は堅実に戦える選手。相手の魅せるプレーとは対照的に着実に勝利を狙いに行く!

今大会は「武闘派」を除き出場選手は完全ランダム!
新たなる名タッグは果たしてどれだ!?


12/12 22:00 第15回大会出場選手・トナメ組み合わせ決め生放送

第11回大会にてランダム選出で選ばれて結成されたチーム「武闘派」。
彼等の優勝は、ランダム選出の新たな可能性を切り開く結果となった!

参加タッグは「武闘派」を除き全てがランダム選出。
今大会では思いもよらぬ名タッグが多数誕生する!?

この生放送で生まれるであろう新たな伝説、絶対に見逃すな!!


・第5回一触即死


準決勝~最弱決定戦+準決勝~最弱決定戦-

10/20 19:00 叫び続ける娼婦(FA)VS エターナル♂更衣室(MA)VS 使えない人間(LU)VS ♂maikeru♂(MA)

これを忘れてないか最弱決定戦!今大会では1回も攻撃を当ててない選手が選ばれた!
セクターの右端でボム兵選手に撃墜された叫び続ける娼婦!
suko-ruさんの術中にまんまとはまったエターナル♂更衣室!
バンパーで勝手に死んでった使えない人間!
すりすりしてただけ、普通に撃墜された♂maikeru♂!

こいつら4人の中で最弱が決まる...第5回一触即死、フィナーレ開幕!


10/19 19:00 †KONDOUISAMI†(DK)VS 止められないsuko-ruさん(LI)

持ち前のパワーで相手を一撃で葬り去った†KONDOUISAMI†。

今までの一触即死の大会で表彰台に登り続け、1,3回では優勝を成し遂げた一触即死の帝王。今回も彼が優勝するのか。

手数を踏んで相手を確実に撃墜した止められないsuko-ruさん。

第1回では3位だったものの2,4回では最弱となってしまった爆弾魔。しかし今大会では優勝目前まで勝ち進んだ。

そしてこの決勝という場面で、最強最弱が相まみえた。

勝つのは...

最強と呼ばれるパワーか、爆弾を扱うテクニック

2021/10/19 19:00

†KONDOUISAMI†(DK)VS 止められないsuko-ruさん(LI)

最終決戦、開戦


10/18 19:00 雑魚1%(KI)VS 貧乏性な妖怪(YO)

メダルのラストチャンス、3位決定戦。
どちらが勝っても初メダルという快挙となる!

雑魚1%が遂に雑魚の名を返上するのか、貧乏性な妖怪が新人の意地を見せるのか。

決勝の前座なんて言わせない戦いで、有終の美を飾るのだ!!


10/17 20:00 †KONDOUISAMI†(DK)VS 貧乏性な妖怪(YO)

遂に因縁のリベンジを果たした一触即死最強の侍、ISAMI。
しかし、そこに更なる新世代の刺客が立ちはだかる。

生き汚いとまで言われる一触即死界有数の生存力を持ち合わせた今大会最後の新人、貧乏性な妖怪。
特に、彼はISAMIと同じドンキー勢の腫れたおしりのジャイアントパンチを耐えて勝ち上がった実績を持つ。
彼ならばISAMIを止めることが出来るのか!?

侍VS妖怪、決勝の舞台に立つのは!?


10/17 19:00 雑魚1%(KI)VS 止められないsuko-ruさん(LI)

最弱経験者同士の対決となった、異様な準決勝。
彼等の内どちらかはてぽドン以来となる最弱経験者の優勝に王手をかけることになる。
だが、そのチャンスを得ることが出来るのはどちらか一人だけ。

ここを勝たなければ始まらない!!


準々決勝+準々決勝-

10/16 20:00 殺戮の†PEYONJUN†伯爵‡(PI)VS 貧乏性な妖怪(YO)

その殺意むき出しの名前からはあまり想像できない堅実な戦いで勝ち上がる殺戮の†PEYONJUN†伯爵‡!対するは一触即死勢とは思えない生存力の高さを見せた貧乏性な妖怪!

どちらも一触即死勢としては比較的珍しい堅実なタイプの選手。
彼らが織りなすステージはどんな幕引きを迎える!?


10/16 19:00 てぽドン(PI)VS †KONDOUISAMI†(DK)

目の前の敵がどんな奴なのかはよく知っている。

アイツは────

この大会における絶対的な強者だ。
自分がかつて敗れた相手だ。

だが、それでも自分は先へ進んで行く。だから、その為にも、

一撃でお前を仕留めてやろう


10/15 20:00 止められないsuko-ruさん(LI)VS Ψ聖騎士㌍ヨシオちゃん(PU)

爆弾でボンバーマンをしているsuko-ruさん!しかし2回戦では起き上がり攻撃で華麗に勝利を決めた!一方こちらも爆発する 勇者 ヨシオちゃん!こちらもうたうからのコンボで見事に勝利を決めた!お互いに爆発に縁がある者同士、ドッカンはちゃめちゃバトルとなるのか!?


10/15 19:00 雑魚1%(KI)VS バロンムッコロス二等兵(SA)

2回戦では気がついたら相手が自滅して勝っていた雑魚1%。対して理論的に相手を的確に撃墜したバロンムッコロス二等兵。運で勝ち上がってきた者と実力で勝ち上がっできた者、勝つのはどちらだ!?


2回戦+2回戦-

10/14 20:00 足が速いイヌ(FO)VS 貧乏性な妖怪(YO)

どう見ても歩くのは遅い足が速いイヌ、彼は一回戦を炙りでの押し出し四十萬で勝ち上がった。
色と名前からして薄幸そうな貧乏性な妖怪、彼はジャイアントパンチを耐え抜いて勝ちをもぎ取った。

お互い個性的な強みを見せた選手。新人最強を目指すため、ここで立ち止まるわけにはいかない!!
2回戦最後の戦い、ベスト8に残るのは誰だ!?


10/14 19:00 死の抱き枕(FA)VS 殺戮の†PEYONJUN†伯爵‡(PI)

今大会に残された新人4人。その4人がこの2回戦と準々決勝で潰し合うこととなった!
互いに冠する名は死と殺戮。しかし、その実態は抱き枕VS韓流スター(?)という異色の対決!
彼等は1戦目を自力バーストで勝ち上がった期待の選手、物騒ネームに負けない強気の立ち回りを見せることが出来るか!?


10/13 20:00 †KONDOUISAMI†(DK)VS にょ(YO)

一触即死の帝王、†KONDOUISAMI†を待ち受けるのはこちらも実力者のにょ。第3回では†にょ†(にょきにょきおちん○ん、にょNDOUISAMI、ダガーにょダガー)としてチームを組み、みごとに優勝を成し遂げた仲であるが、ここは1対1での戦いだ

どちらが勝とうが恨みっこナシだ


10/13 19:00 全能神SEFIROSU(仮)†(NE)VS てぽドン(PI)

事故らせるのも事故るのも思いのまま?!なお事故る確率が高い模様 全能神SEFIROSU(仮)†!対するは、いろんなやつを、時には自分を発射してしまうてぽドン!展開が読めないヤツらだが、どのような戦いを見せてくれるのか?


10/12 20:00 恥じるヨシオどん(PU)VS Ψ聖騎士㌍ヨシオちゃん(PU)

一触即死タイマンでは初となるミラーマッチ。
そんな今試合は歴代のヨシオ族対決の中でも異色と言える対決となった!

恥じらうまま攻撃せずに勝ち上がったヨシオどん、
歴代最短試合時間で勝ちながらもやはりピンボールの如く吹っ飛んだヨシオちゃん。

お互い幸運を掴みルイージ勢への貴重な白星を手にしたヨシオ族。
どんVSちゃん、一触即死ヨシオ族のどんちゃん騒ぎの行方は!?


10/12 19:00 微熱のヨシオ(PU)VS 止められないsuko-ruさん(LI)

ワクチンを打ったのが幸いしたのか、微熱が続く中で上スマを決めて勝利した微熱のヨシオ。対する相手はそこまで考えてたかは不明だが爆弾による足止めを駆使した頭脳プレーを見せたsuko-ruさん!

レベル1選手というキャラの中、片や名前ネタ、片や行動ネタで人気を集めている2人。
微熱なんかで終わらない激熱試合は生まれるか!?


10/11 20:00 ちょこにゃ(KI)VS バロンムッコロス二等兵(SA)

本選から左遷されたちょこにゃ。彼女を待ち受けるのは、第1・3回準決勝の屈指の実力者バロンムッコロス二等兵。
ここで結果を残したいアイドルと、過去二度負けた帝王にリベンジすべく勝ち上がらなきゃいけない兵士。
想いをつなげられるのはどちらだ


10/11 19:00 片翼のチンポコメロン∋男爵(FA)VS 雑魚1%(KI)

1回戦が終わり2回戦の始まりだ!その初戦を飾るのはこいつらだ!
エタ更式で勝った名前の出オチ全一、片翼のチンポコメロン∋男爵!

対するは...?

ついに初勝利を収めたなかなか技を振らない雑魚1%!

波乱万丈な一触即死、一瞬たりとも見逃すな!


1回戦+1回戦-

10/10 20:00 腫れたおしり(DK)VS 貧乏性な妖怪(YO)

一触即死で猛威を振るい続けているISAMIドンキーの後継が遂に登場!
しかし、その名は腫れたおしり!ゴリラなのに猿のような特徴の名前だが、その実力は!?
おしりすりすりして自滅しないことを願うばかりだ

一方の対戦相手はもっと素性が分からない選手!
その存在は一体何なのか、貧乏性な妖怪!少なくとも人間ではない
ここでその謎のベールが暴かれる!!

一回戦最終試合はどの様な形で幕を閉じるのか!?
1秒たりとも見逃せない戦いが始まる!!


10/10 19:00 足が速いイヌ(FO)VS 幻の暇人(LU)

新人デビュー祭りの一回戦も今日でラスト!

キツネなのにイヌとはこれ如何に!?現れたフォックスハウンド(?)、足が速いイヌ!
使えない人間とはまた違う方向で一般人なルイージ勢、幻の暇人!

新人同士の対決、一触即死のニュースターとして勝ち進むのはどっちだ!?


10/9 20:00 バーサーカー哺乳類(NE)VS 殺戮の†PEYONJUN†伯爵‡(PI)

原始人感がある名前のバーサーカー哺乳類!今まで結果を残せていないが今大会ではどうだ!?そしてついに出てきた!新参者の中でもトップクラスで名前がやばいやつ、殺戮の†PEYONJUN†伯爵‡!北から来たやつは勝利を収めたが南から来たやつはどうなのか?


10/9 19:00 死の抱き枕(FA)VS 薬物依存のフルパワー(SA)

新人対決!どこかの皇帝が抱いてそうな名前 A級戦犯 の死の抱き枕!かたや薬物依存と完全にOUTな名前の薬物依存のフルパワー!お互いに名前がヤバいやつ対決だが勝負を制するはどちらだ!?


10/8 20:00 にょ(YO)VS ♂maikeru♂(MA)

最古参であり一触即死皆勤賞、第3回ではISAMIともに優勝したにょ。対するは同じく最古参であからさまに弱そうな名前の♂maikeru♂ 弱ソン 。第1回の最弱決定戦ではお互いに戦った仲だがタイマンではどうなのか!?


10/8 19:00 暴走した警視総監(FO)VS †KONDOUISAMI†(DK)

ついに出てきた一触即死の帝王、†KONDOUISAMI†。

今まで出てきた即死大会すべてで表彰台に上がり、1・3回では優勝した文字どおりの最強。

対するは今大会初登場の新人、暴走した警視総監。

なんと初代警視総監である川路利良は近藤勇と同い年である。

ここで出会ってしまったのは果たして偶然なのか。いやそんなことはどうでもいい。

目の前の敵を倒せばいいだけだ


10/7 20:00 てぽドン(PI)VS 冥界のデスハンド様(MA)

ついに登場!北の国から来た第2回優勝者てぽドン!対するは新参勢の中でもかなりヤバいネーミングの冥界のデスハンド様。召喚士何やってんの 最弱から優勝に返り咲いたてぽドンにデスハンド様はどう立ち向かうのか!?てぽドンはまたしても上に発射していくのか!?お互いに危険な名前な選手同士がぶつかり合う!


10/7 19:00 全能神SEFIROSU(仮)†(NE)VS 切れたナイフ(PI)

全能神なのに(仮)!謎に弱そうな名前の全能神SEFIROSU(仮)†。対するは某芸能人を彷彿とさせる名前の切れたナイフ。第3回のタッグ戦ではSEFIROSUのチームが勝っているがタイマンではどうなのか!?


10/6 20:00 Ψ聖騎士㌍ヨシオちゃん(PU)VS ennjeru(LU)

こちらのルイージVSヨシオは一触即死最古参同士のカード!
場数を踏んできたこの2人は先の試合と違う戦いを見せるのか?

ピンボールの如く吹っ飛ぶ様が人気を集めているヨシオちゃん、先に勝ち進んだ微熱に負けない戦いを見せたい!
そして、せっかく第4回の優勝者になったのに全然人気の出ないennjeru、今度こそインパクトを視聴者に叩きつけられるか!?


10/6 19:00 使えない人間(LU)VS 恥じるヨシオどん(PU)

先に挑むのはそのシンプルかつ強烈な名前から特定層の支持を集めている使えない人間と、鹿児島から突如現れた新種のヨシオ族の恥じるヨシオどん!
使えない人間は昇龍を使えるのか、ヨシオどんが意地を見せるのか?

今日の一触即死はルイージVSヨシオ2連戦!
本戦、一触即死共にタイマンでのヨシオ族の勝利が無いカード、今度こそ勝つことが出来るか?


10/5 20:00 止められないsuko-ruさん(LI)VS エターナル♂更衣室(MA)

爆弾が止められないと噂の止められないsuko-ruさんVS色々とツメが甘いエターナル♂更衣室

第十回大会以降、エターナル♂更衣室式略してエタ更式が本戦でも流行しそして今回は開幕戦でエタ更式が披露された!
この流行を前にエタ更本人はどう思うか?!
suko-ruさんも第2回以来散々な戦績となっている!爆弾ばかり投げても勝てないぞ!
今こそ第1回3位の輝きをもう一度取り戻せ!


10/5 19:00 微熱のヨシオ(PU)VS #可憐(KI)

このご時世微熱はヤバいぞ微熱のヨシオ!対するはこのご時世でもハッシュタグ可憐で検索するイマドキカービィ#可憐!
どちらもある意味では流行りの要素を取り入れている青風船族だが、この対決はどうなるのか!?
勝負は一瞬、ましてや軽い風船族なら尚更。
流行も試合も一瞬たりとも見逃すな!!


10/4 20:00 叫び続ける娼婦(FA)VS バロンムッコロス二等兵(SA)

今度こそ叫べるか、叫び続ける娼婦。その際どい名前の割にはあまり目立てていないこの状況。今こそ叫ぶのだ、自分こそが一触即死最強の女(?)だと。

今度こそISAMIに土をつけられるか、バロンムッコロス二等兵。ISAMIに挑むためには少なくとも準決勝までの3戦を乗り越える必要がある。第4回ではISAMIに挑むことすら出来なかった、あの屈辱はもうたくさんだ。


10/4 19:00 ちょこにゃ(KI)VS 清らかなヤンキー(NE)

  • 試合コメント1

可愛いだけに逆戻りした結果、一触即死にも出戻りした?!

対戦相手は清らかだがヤンキー!アイドルとヤンキー!ひと昔前の恋愛小説かな?

  • 試合コメント2

不甲斐ない戦績の続くちょこにゃ、心機一転のためか一触即死にまさかの復活!同じカービィの雑魚1%は着実に成長を見せている、数々のステージを経験したベテランとしてこちらも負けられない!

対するは新たなるレベル1ネス、清らかなヤンキー!アイドルとヤンキーというドラマチックな対戦カードとなったが、清らかでもヤンキー、その自慢のバットでボコボコにしてしまうのか!?

一触即死は突然に。今日のドラマの結末は!?


10/3 20:00 雑魚1%(KI)VS グレイザーさん(LI)

これまで攻撃もろくに振らず何もしていなかった雑魚1%。
しかし、心機一転、悪魔の力を宿す赤カラーに転身!
雑魚の逆襲が遂に始まるのか!?
なお、今試合は原色カラーのままな模様

対するは今大会の新人として初登場となるレベル1リンク、グレイザーさん!
爆弾ばかり投げていたsuko-ruさんとの関係も気になるが、
一触即死らしからぬ普通な名前の彼はどんな戦いを見せる!?

雑魚VS新人、予測なんて出来ない戦いが幕を開ける!!


10/3 19:00 Ψ起動戦死☆彡(FO)VS 片翼のチンポコメロン∋男爵(FA)

約1年ぶりの一触即死。今回から再びちょこにゃが一触即死に参戦!再左遷 さらに新たに選手が13人追加され、計32人と一触即死史上最大規模の大会だ!そんな大会の初戦を飾るのはこいつらだ!

いかにもアフォックスしそうな名前なのにアフォックスしない Ψ起動戦死☆彡

対するは...

名前の出オチ全一、語呂の良さに定評がある 片翼のチンポコメロン∋男爵

お互いに一触即死最古参、勝つのは狐か!?ハヤブサか!?
(なお片翼しかない模様)


・世代対抗戦


準決勝~最弱決定戦+準決勝~最弱決定戦-

9/28 19:00 最弱決定戦

幻想勢 VS 第六回勢 VS 第三回勢 VS 第二回勢

試合コメント:今回もやるよ、最弱決定戦!

そして、今度の最弱決定戦は一味違う!出場選手は相変わらずのランダム選出!
出てくるのが強豪か弱キャラかで運命は大きく変わってくる!
選手からしてみれば突然最弱の責任を背負わされるかもしれない最悪の戦い、
罰ゲームを受けてしまうのは誰になるのか!?

予測不能の世代対抗戦、最後の最後まで見逃すな!!
デスエンの方が最弱に相応しいというのは禁句


9/25〜9/27

伝説を背負いし始まりの12人 VS 新たな伝説を創らんとする27人

最強の証、レベル9 VS 無限の可能性、レベル8

勝つのは、絶対的な王者達か、新たなる勇者達か。

世代対抗戦決勝戦
第一回勢 VS 第十二回勢

ここに、最強の世代が決まる


9/22〜9/24 第八回勢 VS 第十回勢

第8回にて行われたレベル8世代の侵攻。
その中で1人、惨憺たる戦績で終わった者がいた。

その者の名は、屈強なる妖精。

これまで散々な戦績であったドンキーに新風を吹かしてくれると期待していた視聴者やP(ピー)の期待をことごとく裏切り、続く第10回で現れた後任、動物園のウシに完全に取って代わられることとなった。

 

────屈強なる妖精とは、何だったのか?

 

その答えには各人各様、色々なものがあるだろう。
だが、これだけは1つ確かなことがある。

妖精がクソ雑魚でなければ、たった一人の第十回勢として単身で世代対抗戦に挑むウシは生まれてなかった。
ある意味では第八回勢がウシを生んだともいえるのだ。

そして、そんなウシと第八回勢が3位決定戦でぶつかり合う。
運命的ともいえるこの戦いに、この場には決して出られることの無い妖精は何を思うのか……

今は、この言葉の宣言と共にこの戦いが熱く盛り上がることを願おう……

𝑹𝒆𝒂𝒅𝒚 𝒕𝒐 𝑭𝒊𝒈𝒉𝒕……


9/19〜9/21 第一回勢 VS 第八回勢

直球vs変化球

立ちはだかるなら全て正面から突破してやる!!シンプルイズベスト パワーイズジャスティスな第一回勢

奇天烈なプレーで相手を飲み込め 瞬間沸騰から絶対零度まで闇ネームの個性全開な第八回勢

個性はあれどプレーは正反対レベル9の本丸とレベル8の大本営の対戦が始まる…!!

数多の優勝者の影に涙を飲んだ準優勝者たち

古参の人気の影に隠れひたすら磨いたであろうその個性

優勝者?ネームバリューなんてのはただの飾りだ

燻った炎を業火にするいい燃料だ

優勝の前に倒れた強敵トモ彼らを見送ったのは多くの八コントン

優勝者が幾らでようとも過去を乗り越えなければ最強には程遠い

変幻自在?慣れなかったあの時とは違う

既に見切った、あとは正面から打ち破るだけだ

全力全開

勝つのは98オレ達だ!!


9/16〜9/18 第十回勢 VS 第十二回勢

「動物園の」「ウシ」思えば彼が始まりだった…

一瞬を縫ったコメントが産んだ奇跡の存在、レベル8でまさかの大会唯一の初出場選手、その後の活躍、どれを取ってもトナメにもたらした衝撃は非常に大きい。

ある意味で12回勢の走りと言えるウシとそれを受けてなんでもアリな12回勢が激突する。

多くのムリを覆してた来たウシとこれからムリを吹き飛ばさんとする12回勢

試合をする前まで話される多くの不安

「ドンキーで五連戦って大丈夫か?」、「名前も知らないような奴が沢山いて勝てるのか?」

しかし、彼らはその予想を越えた働きを見せて古参相手に堂々と戦い、初戦を突破した…最早誰も彼らの未来を予想する事など不可能だろう。

たった1匹vs最多27の新鋭

最大限の「今」を感じ取れ!!


0・1回戦+0・1回戦-

9/13〜9/15 第一回勢 VS 第十四回勢

  • 試合コメント1

第一回勢。

それは、それぞれの種族の最古参という肩書きを背負ったCPUトナメ始まりの12人。
個人戦大会王者5名を擁し、獲得メダルは驚異の23枚。
他の世代と比べても高い実力に、7年もの戦いで培ってきた個性。
構成人数は12人と少な目ながら、この世代は強さ、弱さ、キャラ性、ネタ性、それら全てを兼ね備えたオールマイティーな勢力なのである!

しかし、今大会では最後のレベル9世代となった。このまま旧世代はレベル8という新世代に飲まれてしまうのか……
否! 彼等は7年もの間このシリーズを支え続けてきた大ベテラン!
最古参は永久に不滅であることを見せつけるのだ!

そして、そんな最強世代にたった1人で立ち向かう最新参がここにいる。

第十四回勢こと、暴力院長。
初めての舞台は最古参の選手に可愛がられるという屈辱の結果に終わった。
最終的に予選全敗、本来ならば同じく「暴力」の名を冠する先輩と同じく幻想の陰に消えていく……はずだった。

だが、れとふの神は彼を決して見捨てていなかった。
世代対抗戦、突如として得られた大量の出番。
結果として彼は今までの汚名を全て返上する勢いで幻想の陰を振りほどいてみせた。

そして、次の対決はかつての自身が歯が立たなかったあの最古参達。
ここに、彼の最大の逆襲が始まる。

 

最古参VS最新参。
最後のレベル9世代と、それらに因縁を持つ1人。
引導を渡すのは……?

  • 試合コメント2

この大会が始まる前、「最強の世代はどの世代か」と聞かれたら誰もがこう答えるだろう
第一回勢だ
その輝かしくも重々しい勲章の数々は、時に「いつものメンツ」とすら言われ、閉塞感すら生み出していた

それを打ち破れるか
第十四回勢
この大会が始まる前、「最弱の世代はどの世代か」と聞かれたら誰もが答えたであろう世代
第十四回勢は幻想勢に勝利し、最弱の世代という印象を覆した
第一回勢が最強の世代という印象はどうなるか?

最も古い世代と最も新しい世代の戦いが。いま、始まる


9/10〜9/12 第十二回勢 VS 第二回勢

世代別最多となる27人を率いて現れるのは第十二回勢。

多人数世代と言われる第三回勢が個性のデパートならば彼らを言い表す言葉「個性のダークマター」が相応しいだろう。個人戦5試合を経験した選手は僅かに7名、2試合以下が15名と何があるか分からない謎の塊であり。その名前も1癖2癖がある者も多いのもどんな個性があるか謎を深めるのである。

対する第二回勢は僅かに10人と半分以下の人数であり、二つ名をベースにした個が深い世代である。1人1人が確かなキャラをと実力を持ち合わせた選手団である。(他の世代に比べて)飾り気の無い名前や堅実なプレーをする選手が多く古参らしいいぶし銀な少人数世代とも言えよう。

さて、こんな正反対な世代同士の対決といえるが彼らには大きな共通点が存在するのである。

世代の数字が二とかトナメの選手であるとかそう言う事でない。

十二回勢は当時は絶対とされた歴戦の人気選手と同カラーの選手たちを新たに参入させ競わせたこれまでのトナメの常識を覆した世代であり、二回勢はcpuに名前を付けて競わせるこれまでの常識を打ち破る、cpuトナメのシリーズ化を決めた世代である。

既成概念を壊しに壊して不可能を可能にしてきた天才たちが今週末激突する。

勝つのは未知の可能性にあふれる最多世代かそれとも少数をひたすら磨き挙げた世代か…

常識を打ち破った先に産まれる可能性を目撃せよ!!


9/7〜9/9 第十回勢 VS 第三回勢

第10回大会に突如現れたダークホース、動物園のウシ。
ゴリラなのにウシでダークホースとはこれ如何に

彼は唯一の第十回勢として5戦全てを戦い抜く事になった。
果てしなく険しい戦いとなるが、粘り強さこそが彼の最大の武器。
弱キャラなどと呼ばせない戦いを見せたい所だ!

そして、そんな彼が立ち向かう相手は第三回勢。
煙まみれの王者をはじめ、歴戦の強豪、嫌がらせの化身、派手に暴れる芸人、名前オチのネタキャラ、屈指の弱者、etc…
このハジケっぷりは正に「個性の闇鍋」!
賑やかを通り越したカオス集団なのだ!

先の試合で嫌という程に痛感したであろうランダム選出の恐怖。
鍵を握るのは第三回勢の出場選手のくじ運。
この勝負を制するのは個性のデパートか、それとも一貫した粘りの個人か!?

???「あれ、俺の出番は?」


9/4〜9/6 第八回勢 VS 第六回勢

零回戦の興奮が冷めやまない中、世代対抗戦は一回戦へと突入する

第八回勢

一目見れば分かる強烈な名前と名前通りの個性的でフリーダムなプレーで

大会を混沌に落とし、レベル8を定着させた記憶に残るクセ者集団

第六回勢

名前のカッコ良さを基本として、生きたキャラクターとしての個性を反映したプレーで

多くの名勝負を作り出した正統派軍団

 

どちらもかつては新参者として色々な期待と共にトナメに波乱なドラマを創り上げできた

大会の後は古参勢の復活と新規の参入に振り回される選手たち、

白きダークホースとして駆け上がった世代を代表する選手。

何かと共通する点が多く、未だにその魅力を出し切れてない隠れた実力者も多いだろう。

登場から数年経過し、新人の勢いと数多くの場数を踏んだベテランの力

この両方を合わせられるのはこの2世代の特権だ。

今回の試合には古参もいなければ、新参もいない。

話題の中心はお前たちだ

最高の試合を見せてやれ!!


9/1〜9/3 幻想勢 VS 第十四回勢

誰もが思う事だろう

数多くの選手が世代ごとに分かれたら

どの世代が最強か…?

多くの者が夢見た最強のドリームチーム同士の対決が

遂に実現!!一生に一度のお祭りを見逃すな!!

開幕の火蓋を切るのは…

を機に運命に翻弄されながらも戦い続け、

遂に5を手に入れた元祖レベル8

幻想勢

あの幻に消えた6回、あったはずの活躍を今ここに示せるか?

それに対するのは…

何しに来たのか分からないで終われない

14回勢

院長たった1人だが数の不利など飾りであると見せつけろ

少数人数のため、戦うメンバーは固定であるが裏を返せば、選手1人1人の個性が発揮できる最大のチャンスだ

夢の舞台がスタートするぞ!、

READY  TO  FIGHT  !! 


・第14回大会(本戦・最弱)


L側準決勝~最弱決定戦+L側準決勝~最弱決定戦-

8/27 ちょこにゃ(KI)VS Dr.神様(DK)VS 暴力院長(PI)

14回は終わった?まだあるぜ?

最後の大一番戦うのはこいつらだ!!

原点に戻ってしまうのか

究極のドジっ子 ちょこにゃ

最弱二冠にリーチ

不発のジャイキリ Dr.神様

このまま何も残せず消えたくはない

優しさの塊 暴力院長

14回を締めくくるのはキミ達だ

美しくも残酷で泣いても笑ってもこれが最後だ

一泡吹かせて帰ろうぜ!!


  • 試合コメント1

第3回大会に彗星のごとく現れた1人の王者。
スランプ等様々な苦難もあったが、彼は全盛期の力をも超える
実力を見せてこの舞台に帰ってきた。

第1回大会からエースとして戦い続けた1人の戦士。
高い潜在能力の片鱗を見せながらも今まで燻り続けていたが、
遂にその実力を開花させ、この舞台に上り詰めた。

実力、調子共に申し分ない2人。
ここに、第14回大会の最後の決戦が始まる!

 

グランドファイナル、それは全てのCPUトナメファンが
固唾を飲んで見守る最後の舞台。

彼等は待っている、

王の帰還を!
新たなる王の誕生を!

第14回64スマブラCPUトナメ
GRAND FINAL

煙草マスターの子(LI)
VS
ξ黒きBlack Joker(PI)

2021.8.26 21:50
世界中が、お前を待っている。

  • 試合コメント2

最終決戦の舞台に駆け昇った一匹の雄を見て
煙の勇者は心を震わせた

歴代最多の17試合、かつての戦友や最弱を競った乱入者、そして宿命の好敵手に叩きのめされた。
その身体は傷つき、王者たちとの3連戦により体力も限界のはず。
しかし、その瞳は『これこそがベストコンディション』と訴えるが如く、勇者を捉えていた。

 

長く険しい道を登りきり、最後の舞台で待つ男を見て
黒い稲妻は血を滾らせた

かつて王者の面汚しと嘲笑された若者は、

絶対的な自信と実力を取り戻した。

前人未到の10連勝、今大会での敗北はわずか1回のみ。
絶対強者として待ち受けていた姿に、小さな挑戦者は嗤った。


史上初の大規模大会2冠。最弱決定戦出場からの大復活優勝

ピカチュウ族初の大規模大会の栄冠。歴代優勝者6人を撃破しての初優勝


色々なモノを背負ってると思ってたが、もうそんなのどうでもいい

((ただ、己のすべてを賭けて

この誇り高い漢に勝ちたいだけ!))

第十四回 64スマブラCPUトナメ 
GRANDFINAL

煙草マスターの子 

VS 

ξ黒きBlack Joker

総試合数199 参加人数48名+乱入者1名
4ヶ月半の激闘が、今宵幕を閉じる

READY TO FIGHT!!


8/25 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

  • 試合コメント1

五度目の対決となるこのカード

片や難敵達を退け爆走最高速のエルバン

片や不利な相手を薙ぎ倒してきた波にのっているブラックジョーカー

復活の狼煙を上げた緑の若き王者に挑むのはどちらか!?

  • 試合コメント2

 2014年の夏、2名の雄が激突した。

敗者は研鑽を重ね、CPUトナメの最多勝選手となった。しかし、今でも人生初の敗北を忘れた日はない。

勝者は高い実力を持ちながら、メダルを獲ることなく燻り続けた。そして、デビュー戦で下したあいつに叩き落とされた。

2021年夏、個人戦通算2勝2敗で迎えた宿命の同期

 頂点のその先へ駆け抜けるか 王を撃ち抜く切り札となるか

今宵、48人の頂点を煙の勇者と争う ファイナリストが決定する


8/24 19:00 Φデスエンペラー(FA)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

残りの相手は全員ファルコンキラー
特にヤツは今大会だけで自分以外の同族を全て狩った
だが、こちらも体は既に温まっている
もう一度、あの時の伝説を見せてやる

残りの相手は全員個人戦大会王者
特に今のアイツは第8回の時の快進撃を思い起こさせる
だが、こちらも対ファルコンは今大会で何度も攻略した
後はもうお前1人だけだ

 

LOSERS準決勝、この場に立っているのは早々にLOSERSに落ちるもここまで這い上がってみせた2人の最古参。
この試合の結果をもって、今大会の表彰台の顔ぶれが全て決まる。

いざ行かん、表彰台のその先へ────


W側決勝・L側準々決勝+W側決勝・L側準々決勝-

8/23 19:00 ドルコリン♪(FA)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

未知の領域にたどり着いたアイドルとエース。優勝するためには3つの強敵を打ち倒さねばならない。

1つ、覚醒し、あらゆる猛者をなぎ倒し這い上がってきた死の皇帝

2つ、爆走させたらもう止まらない。あの頂点にまたゆかんとする地上最強のガキ

3つ、完全復活を果たし、2度目の栄光に手をかけた若き勇者

でも、その挑戦権を得られるの1人だけ。

お前にはここでくたばってもらおう


8/22 19:00 灼熱のレイア(LU)VS Φデスエンペラー(FA)

負けたら終わりの舞台で、彼と対峙するのは3回目
今までと同じであれば、雌雄は既に決したようなもの

しかしお前は覚醒した
ポイゾネを倒し、師匠すら圧倒してみせた
自分が予選敗退した時、栄冠を手にした不死鳥
今目の前に立っているのは第8回優勝者のそれで間違いない
その実力、決して侮りはしない
挑戦者として、お前に立ちはだかろう

ある時は逆転2スト敗北を喫した
ある時はソンソンを開発し敗退してしまった
加えて相手は対ファルコン無敗
だからこそ、止まるわけにはいかない
宿敵たるお前を倒し、第8回の快進撃をもう一度
お前に2度敗退させられた雪辱、今こそ果たす時


8/21 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 煙草マスターの子(LI)

試合が終わって残るのは爆走の跡か、煙草の煙か

彼らは何度も戦い

彼らは先にある優勝を掴み取って来た

彼らは言うだろう、この戦いの後に

「「必ず這い上がって来い、GF-ソコ-で待ってるぞ」」


L側1・2回戦+L側1・2回戦-

8/20 19:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS 一番繊細な部長(LU)

変わらぬ速攻、変わらぬ中間管理職。
思えば、ここへ辿り着くまでに様々な出来事があった。

第1回で初めて戦った時から一族最強として君臨してきた。
どんな乱調に見舞われても、どんな新エースが来ようとも、
その獰猛な戦いは決してやめずに突き進み、
気付けば一族初となるレーティング1600の大台に到達した。

第3回で初めて出場した時は、まだスター達の陰に燻っていた。
それでも、自身が出来る事を少しずつ成し遂げていき、
そして今日では時に大胆ないぶし銀としての地位を確立した、
立派な人気選手として成長するまでに至った。

 

大型大会ベスト8。
彼等にとっては初めて辿り着いた未知の領域。
一歩踏み出せば、多大な重圧が五感の全てを覆い尽くしてゆく。

でも前へ、それでも前へ。
栄光の舞台はまだ先────


8/19 19:00 Φデスエンペラー(FA)VS 玄酔楼(LU)

ルーザーズで勝ったあの時は、優勝まで上り詰めた。もう一度、上り詰めてやる

師弟対決が待っているんだ。ここは負けられないのう


8/18 19:00 一番繊細な部長(LU)VS 15人目の天才(FO)

2回戦っていずれも負けた相手
三強の壁とは何故こうも厚いものなのだろうか
初めて戦った時は圧倒され
予選でもリードを覆すことができなかった
互いに負けたら終わり
プレッシャーで胃が痛むけれど、中堅の殻を破る機会はきっと今しかない
何故なら、自分とて勝つためにここに立っているのだから

2回戦っていずれも勝った相手
しかし彼は強くなった
初めて戦った時こそ余裕だったが
予選では遊び抜きでもあと少しというところまで追い詰められた
互いに負けたら終わり
スリル満点のこのステージで、強者を相手に魅せつつ完璧な勝利を収める
真のエンターテイナーとはそういうものだ

Aブロックにて共に4勝を挙げた猛者二人
駒を進められるのは、一人だけ


8/17 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

負ければ終わりのルーザーズトーナメント

出し惜しみは無しだ

浦安を           速攻を

たたきつけてやれ


8/16 19:00 玄酔楼(LU)VS 週末のユウナくん(MA)

今度の試合は記念すべき個人戦1000試合目の試合!
時代の節目ともいえるこの試合を飾るのは、CPUトナメに衝撃を与えた2人の王者!

第6回にて突如現れたルイージ最強の老師、玄酔楼。
龍を極めたその拳は第6回勢として時代を変え、
その強さは老いて益々三強として健在である。

第12回にて現れたマリオ勢の超新星、週末のユウナくん。
隙の無いその戦術で数々の強豪を相手に対等に立ち回り、
レベル8最強の座を盤石なものとしている

お互いにとって対戦相手の種族は初対決となるこの試合。
だが、彼等は頂点を勝ち得た者達。
間違いなく記念試合に相応しい勝負となるだろう!

 

7年にも及ぶCPUトナメの豊潤な歴史。
そして、選手達の情熱のドラマはこれからも続いていく。

今こそ、新たな時代へ一歩を。


8/15 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS Φデスエンペラー(FA)

  • 試合コメント1

あの時、快進撃を止められた
あの時の快進撃を
自滅も厭わぬ猛攻を
もう一度

あの時の快進撃を
栄冠を勝ち取った拳と脚を
もう一度

  • 試合コメント2

歴代王者の集う決勝トナメ。
猛者達は頂点を目指して互いに蹴落としあい、
蹴落とされた者達はルーザーズという場で
再び這い上がる為にまた蹴落としあう。

故に、猛者が集まるルーザーズは絶対的な地獄と化す。

GFに這い上がるのに必要なのは最大で5勝。
その間一度たりとも敗れることは許されない。

第10回で何者も寄せ付けずに栄光を勝ち取った者。
第8回で全ての試練を越えて頂点に這い上がった者。

今、生き残りをかけた死のゲームが始まる


W側1回戦・準決勝+W側1回戦・準決勝-

8/14 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 灼熱のレイア(LU)

  • 試合コメント1


宿敵BJを倒し、目指すは煙草マスターの子へのリベンジ。こんな所で躓いてられない
ついに相対した天才を倒し、目指すは煙草マスターの子へのリベンジ。こんな所で躓いてられない

眼前の敵がであろうと倒す
ただ、それだけだ

  • 試合コメント2

思えば、あの時はピーチ城で勝てた
あんたをピーチ城で再び倒し、ピカチュウに続いてピーチ城も打倒する

思えば、屈辱の二敗だった
天才を倒した時のように、運に助けられ泥にまみれても勝ってみせる

Are you Ready ?準備はいいか?

READY to FIGHT出来てるよ


8/13   19:00 ドルコリン♪(FA)VS 煙草マスターの子(LI)

  • 試合コメント1

幻想入り

8回で共にDブロック大活躍した時は誰もがその活躍が続く物だと思われていた…しかし、この2名を出迎えたのはそんな優しい希望ではなく底が見えない絶望だった。。

上位候補・優勝候補にも挙げられたこの2名がまさかの敗退、結果ワースト8と多くの予想も期待も大きく裏切る事態となった。その時にかけられたよぎった言葉はこの言葉である。

しかし、文字通り選手生命をかけて挑んだ14回。彼らは完全復活、いや今まで以上に強くなって勝ち進んで来た。

さぁ、その言葉が"幻想"である事を証明してみせろ!!

勝利を抱き寄せ、敗北を切り裂け

今大会最高クラスの勢いで嵐が巻き起こる!!

  • 試合コメント2

対ファルコン無敗
その戦績を背に、煙草マスターの子が行く

対ファルコン全敗
その戦績を破った経験を背に、ドルコリン♪が行く

正の戦績を続ける者
負の戦績を終わらせた者
どちらが強いかは、歴史が証明してくれる

おねショタとショタおねどっちが正義なのかも証明してくれる


8/12   19:00 15人目の天才(FO)VS 灼熱のレイア(LU)

  • 試合コメント1


ついに出会ったこの二人
邪魔をするものは何もない
気がねする事は何も無い
あるのはどちらが強いか確かめたい
その想いだけ

  • 試合コメント2

第一回大会で優勝してから
第二回ベスト八
第三回三位
第六回五位
第八回予選敗退
第十回三位
そのどれも会う事は無かった
ようやく、出会った


第二回大会で優勝してから
第三回ベスト八
第六回準優勝
第八回五位
第十回五位
そのどれも会う事は無かった
ようやく、出会った

交わらなかった二人の道が、今交差する


8/11 19:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS ☆爆走戦士エルバン(NE)

爆走戦士エルバン
彼はネスではない、エルバンという存在だ
そう言われてきた
そう言われるような活躍をしてきた
だが、しかし
ピーチ城が滅茶苦茶苦手だったり、ピカチュウが苦手だったり
時折ネスである事に囚われる
相手はピカチュウ族最強、エースでジョーカー
優勝まで爆走するためには、真にネスである事から解き放たれなければならない
相性不利、ステージ不利、ネスという概念
全てをぶっちぎる戦士の爆走が
今始まる

バルザードたんはエルバンに負けた
「ネス界のエース」?「ネス界のジョーカー」?
否、エルバンは「地上最強のガキ」
ネスという器では計り知れない男
「エース」「ジョーカー」自分はそう呼ばれている

ネスという枠の外にいるこの男を倒し、自らも枠の外へと飛び出す
黒く輝く切り札に優勝の栄光を浴びせて更に輝かせるのだ


8/10 19:00 煙草マスターの子(LI)VS 週末のユウナくん(MA)

12種族48人の選手が初めて揃った第3回大会。
その日、レベル9の頂点に立つ選手が初めて生まれた。
大乱調を乗り越えたかつての王者は、
大復活を遂げて再び王者への道を歩み始めた!

レベル8限定大会として多数の新人が出場した第12回大会。
その日、レベル8の頂点に立つ選手が初めて生まれた。
更なる強豪にも対等に渡り合う新時代の王者は、
レベル8という新時代の代表としてここに立った!

今こそ、ここでハッキリと示そう。
自分こそが王者に相応しいと。


8/9 19:00 ドルコリン♪(FA)VS Φデスエンペラー(FA)

二つの試練を越えてきた12の精鋭達。
今、史上最大の大会である第14回大会の決勝トナメが始まる!

そして、その開幕戦は一次予選Fブロック以来の再戦となるカード!
ドルコリン♪にとっては未だに全敗のミラーマッチ、
デスエンにとっては未だに全敗のトナメ初戦、
両者共にこの試合は乗り越えがたい試練!

しかし、だからこそここで勝てば優勝争いに弾みがつく!
己を縛るジンクスを破り、勢いを増すのはどちらになるのか!?

 

、準備は出来たか?

𝐑𝐄𝐀𝐃𝐘 𝐓𝐎 𝐅𝐈𝐆𝐇𝐓!!


8/3 22:00 決勝トーナメント組み合わせ決め生放送

 

12の精鋭

8の王者

真の王者は、只一人

 


・第14回大会(2次予選)


5巡目(第13~15試合)+5巡目(第13~15試合)-

7/23 20:00 15人目の天才(FO) VS 戦芸人ナザレンコ(FO)

二次予選最終試合
既に順位は決まっている
だからこそ、真剣にぶつかり合おう

持てるネタスキルを全て出して、観客を湧かそう


7/23 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE) VS バルザードたん(PI)

残りひとつの通過枠
爆走(ハシ)れ、通過に向かって
萌(燃)やせ、通過のために

☆爆走戦士エルバン VS バルザードたん
勝った方が通過 負けた方が敗退


7/22 20:00 ドルコリン♪(FA)VS 絶望のリア・リエ(MA)

10回Fグループ…1勝4敗と3勝2敗試合ひとつひとつ僅かなかけ違いだったが、それが重なりその後の二人の評価はおおきく変わってきたこの2名。

一時は引退説すらももあった。だが、14回は止まらぬ勢いで既に7勝を挙げている。背水の陣で活躍する彼女の姿を何処かで見た事がある、そう我々は知っている…一度は交代の危機から土壇場で覚醒した化け物を…

低迷を乗り越えたアイドル最上位への波に乗ろうとする化け物 殻を破れるのはただ一人、繊細な胃はどこまで持つか

ここに終結せん


7/22 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS ÅライムライトÅ(NE)

Wブロック最後の予選通過枠を狙うライムライト、最後に立ちふさがるのは既に敗退が決まったかつてのチームメイト。この試合は結果次第でウィナーズ通過、ルーザーズ通過、予選敗退、その全てがあり得る超重要な試合、言うなれば【決勝トナメ0回戦】と言っても過言では無い!

栄光を掴む為には1ストック、1撃墜でも多く稼ぐ必要があるが、相手のねこは今大会でゲイを破ったりと好調子の続く難敵!向こうは逆に勝利をかます事で二次予選でも勝ち越しで終えようと気合いは十分!
お互いコンディションは絶好調、激戦がここに始まる!

最後の1枠をかけて争うのは、
今大会に残された2人のレベル8。

今、そのどちらか一方が最後のレベル8として勝ち上がり、
もう一方の命運は虚しくも断たれる────


7/21 20:00 玄酔楼(LU)VS 地上最強のチェマ(LU)

自分は敗退確定している。向こうはここで勝てば通過
老人の為に道を譲れと、ほとんどの人は思うだろう
譲れないね
予選敗退の泥、幻想という沼
老体には厳しいだろうがあんたにも経験してもらうぜ
こっちは既に両方経験済みなんだからな

遠慮することはない、本気でかかってくるがいい
こちらも容赦などしない
数多の戦いで鍛え上げたこの拳を
今、この場でぶつけ合おう
一族最強の力、存分に味わうがいい


7/21 19:00 煙草マスターの子(LI)VS 3億ドルの吐き気(FA)

一方は一次予選、二次予選ともに4勝、さらにここで勝てば全勝。

開幕前の不安も好敵手とともに薙ぎ払い、

難なく決勝への切符を掴んだ煙草マスターの子

一方は一次予選4勝、二次予選3勝。

安定感のある立ち回りで相手方を圧倒し、

強者揃いの二次予選から二番目に抜け出した3億ドルの吐き気

勝てばブロック内1位が確定するこの試合、お互いにとって最後の壁は

一次二次ともに快勝を見せ続けた、いわば似た者同士。

頂点を決する闘いが、今始まる。


7/20 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS 灼熱のレイア(LU)

データのみを読み取れば、これは第三者の敗退を決めるだけの、単なる決勝進出者と予選敗退者の戦いである。されどこの二人ともなれば、意味合いが変わってくるだろう。

カービィ勢の希望として奮闘するも、最終戦を残して散る事が決まった下目使い。
お前は知っているはずだ。慢心せし王に鉄槌を下す役割は、他でもない自身が担っていることを。
そう、目の前にいる昇り龍のことだ。
さあ今こそ第3回のリベンジを果たす時だ。
脇役を道連れにするという悪魔的所業を行いながら。

決勝進出へ一番乗りを挙げたのも束の間、脇役に出鼻を挫かれる形で大敗を喫したレイア。
お前は知っているはずだ。栄光を手にした直後地獄に突き落とされた、この屈辱を。
そう、目の前にいる悪魔との一戦を。
戦いの中で生じた汚点は、戦いの中で禊ぐしかあるまい。
たとえ同族を敗退に追いやることになろうとも。

1/64の細き道 希望を紡ぎし中間管理職
赤き戦士たちのプライドをかけたこの一戦で、必ずどちらかが絶たれる――


7/20 19:00 週末のユウナくん(MA)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

新旧「くん」対決ここに始まる!
突破には勝つしかない週末のユウナくん。だがそこに立ちはだかるは『最古にして最強の「くん」』
紅きポイゾネサスくん!
自分とは正反対の「くん」を倒し、『最新にして最強の「くん」』となれるか
ライムライトがねこに負けた時を考え、得失を稼ぎたいがそれを許してくれるほど鬼神の攻めと自滅癖は甘くない
ならば他の選手の事なんて考えるな
自分の精一杯をぶつけるしかない

週末のユウナくん VS 紅きポイゾネサスくん
強い「くん」は紅か週末か
その答えを試合結果で見せてみろ


7/18 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS 堕ちる純白(LI)

忘れはしない、あの時の光景。

最後の舞台まで堕ちずに戦い続けた初めての表舞台。
だからこそ、あそこで敗れた悔しさは何よりも深かった。

立ちはだかる全ての障害を乗り越えて辿り着いた舞台。
そこで戦ったからこそ、あいつが強いということは誰よりも知っている。

ここでその因縁にケリをつけるために、
ここで逆境を跳ね除け栄光を掴む為に、

ハッキリつけてやる


7/18 19:00 とろけるヨシオ(PU)VS ヨシオくん(PU)

CPUトナメ最弱の種族、ヨシオ族。
いつの時代も、最弱の彼等は蹂躙され続けてきた。
だが、そんな運命に歯向かう殺意が芽生え、
いかなる逆境にも屈しない勇者が立ち、
張りつめた状況を冷静にとろけさせる者も現れ、
そして、始祖が遂に目醒めた。

二次予選で全滅となってしまったが、
それでも、これまでとは比べ物にならない程、
彼等は今大会に爪痕を残して見せた。

所詮はただの消化試合?何とでも言うがいい。
僕らはいつの時も全力で戦っている。
プライドをかけたこの戦い、誰にも邪魔はさせない。

今こそ、始祖の力を君に見せてやる
もう一度、貴方を越えて見せる

ヨシオ族の最後の戦いが、始まる


7/17 20:00 一番繊細な部長(LU)VS 切れた脇役(SA)

か細く残った決勝トーナメントへの切符を賭けて。
男は自ら繋いできた彼女の望みをその手で絶たねばならない。
女は二度にわたり自分にチャンスをくれた彼を蹴落とさねばならない。
立ちはだかるは元チームメイト。かつての頼れる仲間が、乗り越えるべき最後の壁となる。
「相手にとって不足なし。ここへ来られなかったに誇れる戦いを」 男と女は誓い合う。
たとえ進むべき道が荊に満ちていても。たとえ掴んだ勝利が結果に繋がらなくとも。
彼らに歩みを止める道理はない。

あなたというチームメイトに出会えてよかった
ありがとう 共に得た栄誉の証は今でも自分の宝物だ

2021年7月17日。運命の日に、どちらかの夢は絶たれる。
或いは両方、幻想へ消えゆくのかもしれない。
いずれにせよ、いち早く決着をつけるべきだ。

何故なら、僕にとって貴女は
何故なら、私にとって貴方は

――もう邪魔なのだから


7/17 19:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS [世界第1位]ゲン(FA)

片や進出決定。片や敗退決定。
熾烈な席取りゲームが本格化する五巡目の幕開けは、既に命運の分かれた二人の戦いとなった。
決勝進出を確かなものとしたピカチュウのエース、ξ黒きBlack Joker。
対するゲンは苦手とするファルコン勢だが、ここで勝てば見事1位通過となる!
二次予選敗退、それもブロック内最下位が確定してしまった[世界第1位]ゲン。
一次予選と合わせて現在2勝7敗と大幅に負け越しており、相性有利のこのカードまで落として全敗となればいよいよ次回以降の出番が危うくなる! どうせなら勝って終わりたい!

これは、栄光へ更なる一歩を踏み出す為の戦いである
これは、幻想を脱した者としての矜持の為の戦いである


4巡目(第10~12試合)+4巡目(第10~12試合)-

7/16 20:00 15人目の天才(FO)VS 玄酔楼(LU)

また会ったな、最強。

誰が相手だろうと関係ない。
敵も、味方も、観客も、全てを惑わし頂点へとたどり着いた先。
そこで出会った最強を前に感じたこの高揚感、忘れず今も残っているよ。

誰が相手でも負けるつもりはない。
並みいる強敵を打ち破り、踏みしめた決勝の地で最強と拳を交わした時。
始めての敗北を経験し更に磨かれたこの技、消える事無く残っているぞ。

本気の力で挑み、勝つ事こそが真のエンターテイナーだ。
全ての力を使い、勝つ事こそが竜を極めし老師の礼儀だ。


さあ、始めよう。


7/16 19:00 バルザードたん(PI)VS 煙草マスターの子(LI)

絶好調のアイドルと、絶好調の王者が対決!
バルたんはこの試合に勝利し、最終戦で相対する地上最強のガキとの戦いに弾みを付けたい!
一方のタバスコも、勝てば2位以上が確定するとても大事な試合となっている!

二試合目に待ち受ける激熱試合の前座になってしまうのか? 否、それは違う!
一次予選をノリノリで駆け抜けた二人の勝負に、会場のボルテージは最高潮だ!!!


7/15 20:00 ドルコリン♪(FA)VS 悪魔の下目使い(KI)

悪魔が見下す先は敗退の地獄か、退者の姿

悪魔の下目使い負けると敗退確定勝てば脇役が敗退確定。


7/15 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 週末のユウナくん(MA)

ユウナくん、絶体絶命
敗北すれば敗退決定、立ちふさがるは今大会絶好調アルティライトねこ
強豪(ヨシオくん含む)ひしめく第一回勢の中でもねこは運を持っているという意味で一番怖い相手
同じく第一回勢のBJ戦を落としてしまったユウナくんはどう立ち向かうか
古豪VSスーパールーキーだけを通過させるわけにはいかない


7/14 20:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS Φデスエンペラー(FA)

お互い実力者同士で1勝止まりの厳しい状況。
それなのに、ネタ試合の予感しか起こらない!?
ネタに走る者ネタに巻き込まれる者
戦歴がネタまみれの強豪2人の対決、何も起こらないはずもなく……!?

お互いここで負けると予選敗退が一気に近づく重要な試合、
特にデスエンは予選敗退がかかっており絶対に勝たなければならない試合。
実力に見合う激戦となるか、それともやっぱりネタ試合になってしまうのか!?


7/14 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS とろけるヨシオ(PU)

まさかの敗北を喫した「最強」に、更なる最弱種族刺客が迫る!

一次予選の無双ぶりから一転、二次予選ではヨシオくんにまさかの敗北を喫したエルバン。ここで負ければ3位以下確定、更にその後の試合の結果次第では予選敗退が決まってしまう!三強の称号を背負っているものとして、ヨシオ族に連敗は絶対に避けたい!
一方のとろけるもここで2ストック以上残して勝たないと敗退が決まる!おまけに負けてしまえば自身のみならずヨシオくんまでも敗退する!ヨシオ族の命運はこの手に託された、ヨシオくんが見せた希望を胸に大物食いを成し遂げるか!?

互いの運命を分けるYブロック第十一試合。
待ち受ける光景は最強伝説の崩壊か、ヨシオ族の夢の終わりか!?


7/13 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS 一番繊細な部長(LU)

絶望胃痛に挟まれた部長の運命は如何に。
リア・リエは第十回のリベンジに加え、ここで勝利すれば通過への大きな一歩となる大事な試合!
対する部長も負けてしまうと3位以下が確定、更に過去のチームメイトである脇役の敗退も決まってしまう!

崖っぷちの部長が絶望に飲み込まれてしまうのか。
それとも繊細な立ち回りで様々なプレッシャーを跳ね除けるのか

勝負の結末は、今夜20:00に。


7/13 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

第八回の激熱試合が、輝きを増して再び出会う。
新時代の光明としてBJの対ネス無敗を打ち崩したライムライト。
ネスキラーとして、エースとして、更に牙を磨き続けたBJ。

の真っ向勝負に、瞬きは厳禁だ!


7/12 20:00 地上最強のチェマ(LU)VS 堕ちる純白(LI)

前評判通り高いレベルで殴り合った結果泥沼の様相を呈しているZブロック

幻想から這い上がり、地上を踏みしめ進む男

初登場から堕ちない戦いを続けてレギュラーを勝ち得た男

地上なら最強 VS 堕ちなければ最強

より堅実に勝負を進められるのは…?


7/12 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS ヨシオくん(PU)

殺意がその高い実力に加え運も味方につけよくわからない展開の末倒した男
とろけるが実力を発揮してなおステージ運が敵に回り敗北した男
3億ドルの吐き気
勝てば3位以上確定
まさかまさかエルバンに土を付け運も実力もこれ以上ない高波が来ている男
ヨシオくん
負ければ3位以下確定
YブロックはYoshioブロックか、それとも…


7/11 20:00 灼熱のレイア(LU)VS 切れた脇役(SA)

一次予選でエロマスが勝った事で通過したレイア。3勝し既に3位以上が確定している

一次予選でナザレンコが勝った事で通過した脇役。3敗し通過出来る可能性は1/64

始まる前から「終わっている」のか?

そうじゃないだろ?


7/11 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS [世界第1位]ゲン(FA)

[世界第1位]ゲンが挑むは、[レート第1位]ポイゾネサス。
勝てば通過の可能性が高まるポイゾネ。現最強として勝利を掴む。
負けると敗退が確定してしまうゲン。挑戦者として戦いを挑む。

復活した古豪として、ここで終わる訳にはいかないのだ。
細い細い蜘蛛の糸を手繰り寄せ、今まさに知らしめるしかない。

王の喉元に届きうる世界第1位の拳を。

頂点にたどり着いた男頂点を目指す男死闘が、始まる。


3巡目(第7~9試合)+3巡目(第7~9試合)-

7/10 20:00 玄酔楼(LU)VS Φデスエンペラー(FA)

やはり三強と言うべきか、2連勝で安定した立ち回りを見せる玄酔楼。弟子は一次予選の鬱憤を晴らすが如く最速の予選通過を果たした。ならば、師匠としてこちらも勝たねばというもの。

一方のデスエンは予選の帝王と呼ばれたのが噓のように苦戦を強いられていた。このまま負け続けるわけにはいかない。ここで勝てば三強全員に勝利経験を持つことになる。逆襲の時は今しかない!

片や2連勝、片や2連敗。明暗が大きく分かれるか、それとも!?


7/10 19:00 煙草マスターの子(LI)VS とろけるヨシオ(PU)

エルバンがまさかの1勝止まりの状況の中、ここで勝てば一気に優位に立てる煙草マスターの子。だが、やはり波乱も予想されるYブロック、そう易々と通過を果たせるものではない!
特に、次の相手は一次予選でリンク、ネスを屠り名実共に食えないプリンと化したとろけるヨシオ!油断すれば、食われるのはこちらになりかねない!大型大会優勝者の意地を見せる時だ!
そして、偉大なる始祖が奇跡の大勝利を果たした今、燻っていられなくなったとろける、食えないプリンの真髄をここに見せられるか!?

タバスコが一気に通過に王手をかけるか、それとも逆に食われてブロックが混沌の渦に巻き込まれるのか!?
1試合とも見逃せないYブロック、レディ・トゥ・ファイト!!


7/10 18:00 週末のユウナくん(MA)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

召喚士が召喚されて現場は大混乱!?遂に自分自身を召喚してみせたのか!?

改めて、正真正銘のWブロック第9試合!
レベル違いの先輩の戦いを目の当たりにしたユウナくん、対BJ戦の鍵を掴めたか?1日ずれ込んだ事でまごうことなき週末に戦うことになったが、それがどの様な影響を与えるのか!?
一方のBJにとっては突如現れた召喚士にリベンジを果たされるという格好つかない状況。この屈辱、ここで晴らさずしていつ晴らす?今こそ、怒りの猛攻を仕掛ける時だ!

再戦は18時から!絶対に見逃すな!


7/9 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS 一番繊細な部長(LU)

予選9試合目にして早くも予選通過・敗退者が現れるXブロック。
運命はこの試合を戦う2人に託された!

勝てばレイアの通過を阻止かつ脇役を敗退に追い込むという悪魔的な所業になる下目。赤い悪魔は部長のみならずレイアと脇役までも地獄に突き落とすのか!?
2連敗という追い込まれた状況の上、レイアと脇役の命運を背負ってしまい、胃に確実にプレッシャーが来ているであろう部長。だが、残りの試合カードはいずれもルイージ有利。第10回でも見せた逆転3連勝でこのピンチをしのげるか!?

今夜8時に決まる最初の予選通過・敗退者。
今、賽は投げられた。


7/9 19:00 昼間の召喚士(MA)VS ξ黒きBlack Joker(PI) ※レベルミスの為エキシビション扱い

マリオ勢としても第12回勢としても段違いの強さを持つユウナくんが週末に参戦。並み居る強者を倒してきた実力でピカチュウ勢のエースであるBJをも倒すのか注目が集まる。

対するBJも同じく1勝1敗、あの鬼神ポイゾネに完勝した強さをここでも見せられるかが焦点となる。

お互い勝てば予選突破に大きく前進、負けると非常に厳しくなる為絶対に負けることは許されない。どちらが勝つか?

週末 vs 速攻 19時を待て。


7/8 20:00 15人目の天才(FO)VS 地上最強のチェマ(LU)

自滅芸と自滅匂わせ芸を身につけ色んな意味で手をつけられない天才VS堅実オブ堅実のチェマ!

テイル&レッグを主体に文字通り地に足つけない戦い方が主体の天才、地上最強のチェマを地上につけない立ち回りはお得意か?玄酔楼へのリベンジのためにもここは落とせない
チェマはナザレンコ戦では名前とは裏腹に浮いた/浮かされた立ち回りをしていたが天才のテイル&レッグループ対策はつかめたのか
地に足つけてない天才VS地に足つけたら最強のチェマ
天才は次の為に何かを得るか、チェマは既に何かを掴んでいるか

READY to FIGHT


7/8 19:00 バルザードたん(PI)VS 3億ドルの吐き気(FA)

今大会絶好調の2人、ここに激突!
ファルコンピカチュウは人でもCPUでもピカチュウ不利だが一次予選1位突破した勢い、二次予選でも2連勝した勢いを活かせるか燃え燃えピカチュウバルザードたん!
対して吐き気はエルバンに三度完膚なき敗北を喫したのを引き摺らず相性通り戦える事ができるか

エルバンが2敗の混沌としたYブロック、バルザードたんが3連勝してイチ抜けに近づけるか、吐き気が待ったをかけるか

READY to FIGHT


7/7 20:00 ドルコリン♪(FA)VS 灼熱のレイア(LU)

  • 試合コメント1

お互い2勝している武闘派アイドルと、初代優勝者。桃色を纏いし二人がついに激突!

一次予選から怒涛の勢いで進撃を続けるドルコリン♪。目の前の王者とは、かつてちょこにゃとのアイドルグループ結成時に戦った事がある。その時は勝ち星を得たものの、部長以外のルイージとの個人戦はこれが初めて。
愛しのライバルによく似た風貌の彼は、彼女の目にどう映る? やはり抱きたくなってしまうのか!?

一方レイアは個人戦において対ファルコン無敗を誇るが、目の前のアイドルに熱望を一夜にして終わらされた苦い過去を持つ。
勝利すれば次の試合の結果次第で決勝トーナメント進出が確定する事と、一次予選では2連勝から3連敗して窮地に追い込まれた事を踏まえると、ここは是非とも勝って、過去の清算をしておきたい! どうやらドルコリン♪はイケメンに弱いとの噂だが、初代優勝者として、そして一人の男として、彼女とついでにエロマスにイケてる所を見せられるか!?

  • 試合コメント2

一次予選から絶好調の続くアイドル、ドルコリン♪に対ファルコン無敗を誇る初代王者、灼熱のレイアが立ちはだかる!お互い2連勝の状況、ここで勝てば予選通過に大きく近づく!

ドルコリン♪が得意とするものは、爆裂ハグに加えて相手をかっ飛ばす握手。この破壊力抜群な技をもって彼女はCPUトナメを生き抜いてきた。だが、レイアも灼熱昇龍の使い手、握手会ならぬ拳のぶつかり合いなら負けちゃいない!CPUトナメの始まりの時から戦い続けてきた最古参の炎の拳が炸裂する!

CPUトナメ有数の熱さを誇る握手会にファンのボルテージは最高潮!
チケットは用意できたか!?さあ、激熱ステージの開演だ!!


7/7 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

初代準優勝者と3位、三度目の激突!

思えば、彼等の「豪運」と「自滅しなければ最強」という個性は初めて戦ったあの頃から生まれていた。
彼等はその後も最古参として戦い、「豪運」のねこはその豪運をそのままに実力を更に上げ、「自滅しなければ最強」のポイゾネは本当に最強の座を得てみせた。

この試合は、そんな彼等のこれまでの経験の総まとめでもある。
一度目はポイゾネの自滅が響きねこが勝った。
二度目はねこの自滅によりポイゾネが勝った。

三度目は……?


7/6 20:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS 堕ちる純白(LI)

共に1勝同士の2人、されどその戦いぶりは正反対!

天才と共に場を沸かすプレーに明け暮れるナザレンコ、今度はどの様な戦いぶりを見せる?この流れのままに堕ちない剣士をも手玉に取って行くのか!?
一方、天才に勝ったものの試合内容はかなりいいようにされていた純白、これ以上相手の好き勝手にさせたくはない!相手の芸を徹底的に叩きのめす時だ!

戦芸人の化かしは穢れ無き剣士に通じるのか!?
午後8時、この矛盾対決が幕を開ける!!


7/6 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS ヨシオくん(PU)

ヨシオ族に、希望はあるのか。

2連敗となった原種ヨシオに待ち構えていたのは、最強の一角に君臨する同期だった。
これまで真逆の時を歩んできた2人は今、初めて個人戦で出会うことになった。
正反対の彼等が紡ぐ戦いに、観客の期待は最高潮!

立ち止まるな、走り続けろ。
可能性を繋げ、世界を変えろ。

結末は、蹂躙か、それとも革命か!?
答えはP(ピー)のみぞ知る……


7/5 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS 切れた脇役(SA)

  • 試合コメント1

絶望が、ここにある

2連敗。既に崖っぷち。そんな絶望の淵に絶望の化身が襲いかかる
彼の名前はリア・リエ、レイアに負けて彼の絶望の炎が燃えていない訳がない
「いい動き」では駄目だ。「脇役」では駄目だ
第14回大会、サムスはバ難に悩まされて消えた只の被害者か?
このまま終わっていいわけない
絶望を、超えろ

  • 試合コメント2

新たなが絡みつく。
絶望のリア・リエは、最古参ながら没個性で印象が薄かった。
一時期は交代も囁かれた中、第六回で如何なる絶望にも屈することなく勝ち進んだ先に居たのが、切れた脇役。
ここでリベンジを果たし、今度こそ絶望を与えようか。

切れた脇役は、良い動きをしても勝ちきれない現状が続いていた。
このまま終わっていいのか? このまま敗退していいのか? このままリベンジされていいのか?
CPUトナメの門番を卒業し、今ここで知らしめるしかない。

もう昔のような脇役ではないぞ。マリオ勢を引っ張るエースとして戦いを挑む。
もう昔のような脇役ではないと。様々な逆境を乗り越えて主役へと返り咲く。

Xブロック第七試合、最後に歓声を浴びるのは……。


7/5 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS [世界第1位]ゲン(FA)

  • 試合コメント1

【レベル8第1位】ライムライトVS[世界第1位]ゲン!

ポイゾネには負けたもののユウナくんに勝った身としてはここで2勝目をあげたい。

一方ゲンも負けられない。敗退が間近に迫っているのだ。このまま敗退すれば名前負けに逆戻り。

2次予選3巡目最初の試合、勝つのはどちらだ!

  • 試合コメント2

ゲン、絶対絶命の大ピンチ
一次予選を命からがら抜け出したものの、二次予選ではそれ以上の地獄が待っていた。
二連敗スタート、更に次の相手は自身が苦手とするネス勢。

二次予選を1勝1敗で迎えているライムライト、この調子を崩すことなく戦い抜けたい。
何よりもここで勝利し、チームピカピカとの二連戦に備えたいからだ。

全選手にとって大事な三戦目が、今始まる。


2巡目(第4~6試合)+2巡目(第4~6試合)-

7/4 20:00 15人目の天才(FO)VS Φデスエンペラー(FA)

  • 試合コメント1

第三回以来だな

かつて自分が負けるほどに予選の帝王そのものだった
最終戦でギリギリ自力突破したがしかし二敗した事実は変わらない
二次予選でも二敗してもらおうかな

絶体絶命!敗北スタート!しかも撃墜ゼロ!
単なる勝利だけではダメだ!撃墜数を稼がなければ!
アフォックスによる撃墜数調整だけはさせてはならない!
四撃墜を果たし予選の帝王、ここにありと再び示す!

  • 試合コメント2

人知を超えたエンターテイナー vs 最凶の皇帝
あの頃と比べて、お前は強くなった。
恐らく第三回で自分を打ち破った時よりも。
ただし、それはこちらも同じことだ。

お前に勝ったから、予選の帝王の歴史は始まった。
だが、もう負けたら終わりの試合にも慣れている。
お互い、後がない状況だからこそ。

魅せてやる。全てを超える本当の才を。
叩き込んでやる。死へと誘うこの拳を。


7/4 19:00 バルザードたん(PI)VS とろけるヨシオ(PU)

  • 試合コメント1

思えば遠くまで来たものだ

第十回、Bトナメ。
負けて下へ下へと争う場所へと堕ちていった
もう二度と堕ちたくない
トーナメントは勝って上に昇るものだ


そう思うだろう?
あんたも

  • 試合コメント2

ここは一次予選でも、最弱決定戦トナメでもない。
数々の激闘を勝ち抜いてきた二人がこの舞台で遂に邂逅する。
緑の帽子
緑のリボン

高みを目指して混ざり合った結末は…


7/3 20:00 ドルコリン♪(FA)VS 一番繊細な部長(LU)

部長、ドルコリン♪と三度目の試合!
第八回も第十回も抱きだけは徹底的に避けて戦ってきた。
それは社会的地位が危ないからなのか、普通に抱かれたくないからなのか。
真相は定かではないにせよ、この二人の戦いは大技祭りの大味対決!

別の意味でソーシャルディスタンスを取りたい部長は、ドルコリン♪の抱きを拒否できるか!?


7/3 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS  ξ黒きBlack Joker(PI)

  • 試合コメント1

第4回のξ黒きBlackきゃっと∫ 、第9回のピカピカ。タッグやチームで組んだ最古参の2人が、今回遂に初対決!

両者共に実力のブレが激しい選手として知られているが、片や一族初のブロック予選1位、片や最強の鬼神へのリベンジ達成とノリに乗っている!

ここで勝てば激戦区のWブロックで単独2勝となり、更に勢いづけることの出来る試合、より輝けるのはどちらになるのか!?

  • 試合コメント2

ξ黒きBlackきゃっと∫対決、スタート!
第一回から安定して出場しながらも未だ交じり合わなかった両者。
しかし、遂に今大会で相まみえることになった!
種族エースとして長らく活躍する二人が織りなす戦いはどうなるか?
昨日の友は今日の敵。第四回で準優勝したタッグが今、激突する!


7/2 20:00 玄酔楼(LU)VS 堕ちる純白(LI)

第六回のダークホース vs 第八回のダークホース

初戦を勝利で飾った玄酔楼は今、リベンジに燃えている
それは自身だけでなく、一次予選で敗北したレイアのためにも。
師匠としての意地、そして挑戦者として純白に戦いを挑む!

天才を相手に終始冷静に戦い、勝利した純白は考える。
3強との連戦。そして相対するは過去に激戦の末勝利した相手
再び地に堕とすためにも、玄酔楼を迎え撃つ!

Zブロック第五試合に、白き影が重なった。


7/2 19:00 煙草マスターの子(LI)VS ヨシオくん(PU)

タバスコもヨシオくんも互いの同族相手に過去3戦した経験がある。
一方は全勝だがすべて1ストック差の接戦。
もう一方は全敗に加えすべて2ストック以上の献上。

ではこの戦いは試合前から結果が分かっているのか? 否、それは違う
ヨシオくんは今大会で様々な不可能を可能にしてきた男。
とろけるが黒光に勝利したことにも後押しされ、決して0ではない戦いなのだ。

しかし、煙草マスターの子もここで負けていられない。
第三回優勝者として、もう一度あの栄光へと輝くためにも。
長らく続いた低迷から燻っていた力を、この試合で見せるべき時なのだ。


復活した王者に、覚醒した原種が挑む。


7/1 20:00 悪魔の下目使い(KI)vs 切れた脇役(SA)

第二回で経験した天国と地獄
完膚なきまでに叩きのめされ、4タテを経験した悪魔
しかし、カービィ勢のエースとして成長した彼はもうあの頃とは違う。
悪魔の下目使いは今、最高に燃え滾ってい

完膚なきまでに叩きのめして、4タテを決めた脇役
サムス勢のエースとして長くに渡り活躍する彼女は、また一つ殻を破りたい。
切れた脇役は今、最高に昂って

リベンジマッチ・最後の希望対決・連敗阻止
様々な因縁渦巻くXブロック第四試合、スタート。


7/1 19:00 週末のユウナくん(MA)VS [世界第1位]ゲン(FA)

初戦を落としている二人の対決!
ここで負けてしまうと激戦必至のWブロックで早々に敗退の危険性がある。
第十二回を優勝した勢いが未だ止まらないユウナくんか。
第十三回で復活した流れで勝っていきたいゲンか。
絶対に勝ちたいこの状況で……勝利の女神はどちらに微笑むのか?

全ては、今日の19時に分かる。


6/30 20:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS 地上最強のチェマ(LU)

やっぱり芸人か!?

二次予選が始まって早々にアフォックスをかましたナザレンコ、この死のブロックにおいても予選を搔き回していくつもりなのか!?芸人劇場はまだまだ続く!誰も彼の一挙手一投足に目が離せない!
そして、チェマにとっては相手が本気を出せば玄酔楼にもタメをはれる選手、これほどやりにくい相手も存在しない!相手のペースに飲まれないよう、とにかく地に足をつけた戦いで臨めるか!?

この勝負は自分を貫いた者が勝つ試合。
意志のぶつかり合いはどちらに軍配が上がる!?


6/30 19:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 3億ドルの吐き気(FA)

何度でも相手になってやろう
だが、君は思い知ることになる
同じ八王子でも圧倒的な差がある事を
最強に挑むということの意味を

何度も優勝への道を阻まれてきた
その度に悔しい思いをして来た
もうその辛さは十分味わった
今こそ、雪辱を果たす時だ


6/29 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS 灼熱のレイア(LU)

赤ツナギの義兄弟、4度目の邂逅

この日をどれだけ待ち焦がれたことだろうか。
3度戦って負け越し、チームを組めばフレンドリーファイアを食らい、団体戦では力及ばず他ならぬ彼に託した、度重なる屈辱。

この日をどれだけ待ち焦がれたことだろうか。
種族全体でそれまで負けたことのなかったマリオ勢に初めて土をつけられ、初代王者でありながら予選敗退となった、あの時の屈辱。

それを晴らす機会が、ついにやってきた。

奇しくも前回と同様、予選ブロックの互いにとって2試合目。
双方白星スタートと、状況も一致している。
白黒はっきり付けるにはこれ以上ない舞台だ。

お前の龍が放つ灼熱ごと、化け物がみをってやろう
お前の振り撒く絶望ごと、昇り龍がき尽くしてやろう

因縁交差するXブロック。
その最たる縁とも言えるブラザーズが、今宵激突する!


6/29 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS 紅きポイゾネサスくん(LI)

24名全員が二次予選初陣を終え、ここからは二巡目へと移る。
その先陣を切るのはレベル8最強の一角ÅライムライトÅと、現最強王者紅きポイゾネサスくんの両名!

先の試合では冒頭に自滅してしまったものの、熾烈な追い上げを見せ辛くも勝利を収めたライムライト。
現在唯一の全勝と絶好調な彼だが、向こうも第10回において自身を破り、無敗のまま栄冠を手にした正真正銘の強者。
ここでリベンジを果たし、レベル8のエースとしての意地を見せられるか!?

一方のポイゾネも一戦目冒頭で自滅、しかもBJに6年越しのリベンジを果たされ、開幕以来続いてきたコンゴジャングル無敗伝説も打ち止めと衝撃的な敗北を喫してしまった。
しかし仮にも現最強王者、ここでさらにリベンジを許し、「連敗したことがない」という記録まで破られては鬼神の名が廃るというもの!

光明が鬼神を穿つか、鬼神が光明に影を落とすか
最強の名を冠する両者のプライドをかけた戦いが、今宵幕を開ける!


1巡目(第1~3試合)+1巡目(第1~3試合)-

6/28 20:00 15人目の天才(FO)VS 堕ちる純白(LI)

私たちはこの戦いを見たことがある。白の衣装に身を包んだ二人を!
第八回では新人の勢いに押された天才が敗北。
第十回では古豪の強さに押された純白が敗北。

(間に転校生を挟みつつ)1勝1敗のシーソーゲーム。
だからここで知らしめよう。勝ち越すのは、そしてこのZブロックから抜け出すのは私だと!

二次予選に進出した24名が遂に揃い踏み!さあ、ここから決勝トーナメントへ勝ち上がるのは誰だ!?


6/28 19:00 バルザードたん(PI)VS ヨシオくん(PU)

これは幻か…?

萌え萌えピカチュウ、2代目委員長。そう言われていたバルザードたん、まさかの1位突破

最弱の代名詞、クソザコ代表、ヨシオ(種族名)。そう言われていた原種ヨシオくん、まさかまさかの自力突破

これは幻か?

違う、これは現実だ

この戦いでそれを示そう


6/27 20:00 ドルコリン♪(FA)VS 切れた脇役(SA)

マジキレ寸前?!

キッレキレの動きを見せ一位通過したアイドル、対するはナザレンコとのコンビ芸により通過というマジギレまった無しの脇役
イケメンに弱いのかミラー全敗のドルコリン、イケメン女子にも弱いのか?
この屈辱のまま終わっていい筈もない脇役、二次予選で挽回なるか?
エクストリームキャットファイトの始まりだ


6/27 19:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS [世界第1位]ゲン(FA)

【運全一】VS[世界第1位]!

種族最後の生き残りVS種族全生き残りの戦いとなったこの試合
一位で通過したねこに対して2勝通過したゲンファルコンはどう攻めるか
運の良さと高い実力を見せてきたねこ、二次予選開催までの間に運が落ちていないか
逆にラスト二戦どうも動きが悪かったゲン、二次予選開催までの間に調整できたか

幸運の女神はどちらにほほえむ?


6/26 20:00 地上最強のチェマ(LU)VS Φデスエンペラー(FA)

名前負けと呼ばれた者、ネタ枠とされた者。
彼等はそんな立場からそれまでの印象を覆す大活躍を見せた。

かすかな蜘蛛の糸を辿り、緑ルイージのレギュラーに返り咲いた第11回王者、地上最強のチェマ
絶望のルーザーズを駆け上がり、大逆転優勝を果たした第8回王者、Φデスエンペラー

ようやく掴んだ栄光。
それに恥じない戦いを見せる時。


6/26 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS とろけるヨシオ(PU)

  • 試合コメント1

開幕!Yoshioブロック!

一次予選通過の快挙を成し遂げたとろけるヨシオ、食えないプリンは吐かす事ができるか?吐くほど食えないってそれ腐ってない?
一方危なげなく通過した吐き気、とろけるヨシオを浦安のボールにする事ができるか?

  • 試合コメント2

今大会も安定の実力を見せる3億ドルの吐き気。
殺意に敗れた経験はあれど、対PU自体は勝ち越している!
落ち着いて戦えば勝てる相手かもしれないが果たして……?

対するとろけるは遂に名実ともに食えないプリンとなった!
そう、LI.NE相手に連勝した今のとろけるは決して美味しく頂かれる存在ではない。
ここで勝利して予選通過争いに名乗りを上げたいのだ。

二次予選Y(oshio)ブロック第二試合
異色の組み合わせが今夜実現する。


6/25 20:00 灼熱のレイア(LU)VS 一番繊細な部長(LU)

  • 試合コメント1

2連勝からの3連敗。あわや予選敗退という所まで追い込まれた初代王者、灼熱のレイア。自分が今この場に立っている意味とは何か?それは二次予選でその肩書きに恥じない勝利を掴む為だ。これ以上不甲斐ない所は見せられない。それが、実力差がもろに出るミラーマッチなら尚のことだ。

4勝1敗という優秀な成績を叩き出した部長。しかし、ブロックの妙か自身は3位通過。加えて、自分より勝利数の少ない他の同族は全員自分より高い2位通過。こんな不条理があっていいものか。今こそ、出来る仕事人がどういうものかを思い知らせる時だ。

緊迫のミラーマッチ。
己のプライドをかけた戦いが始まる……

  • 試合コメント2

繊細な中間管理職の胃が試される!
4勝したのにもかかわらず3位通過という胃痛
眼前の敵が大先輩という胃痛
しかも大先輩は2勝通過でナイーブになってる事が容易に想像できる
だが…しかし…
「繊細さ」を捨て「部長」という中間管理職の座をかなぐり捨て
そうしなければ「一番」になれない
いい加減なる時じゃないか?
「一番の社長」(ユウショウシャ)に


6/25 19:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

  • 試合コメント1

自滅しなければ最強
鬼神の伝説は第1回から始まったとも言える。

準決勝でのまさかの自滅で敗北を喫し、3位決定戦に回った彼は、前の自滅が噓のような圧倒的な実力を見せて表彰台に立った。そして時は流れ、今の彼は更に力を増して最強の座をほしいままにしている。連勝記録が途切れようが彼の勢いは止まらない……

しかし、そんな鬼神に立ち向かう影が一つ
3位決定戦で鬼神の伝説のかませにされたといってもいい彼は、一族の元祖かつ最強の座を長らく背負ってきた。
あれから6年、リベンジの機会は整った。
今こそ、ジョーカーの逆襲の時……

  • 試合コメント2

6年だ
6年も待たされた
紅き鬼神よ、お前は確実にあの時よりも強くなっているだろう
だからこそ、倒しがいがある
あの時の試合時間より早く
お前を倒してやる


6/24 20:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS 玄酔楼(LU)

  • 試合コメント1

過去イチでヤバいこのブロックでは1勝・1敗そして撃墜数の1つでも命取り
だがそこではエロマス被害者の会師匠編が始まっていた!
ナザレンコは弟子ロハスがエロマスの呪いを受け敗退という被害
玄酔楼は弟子レイアがエロマスのお陰で進出という風評被害
弟子の呪いは師である自分への呪いも同然

師の活躍で呪いを解除せねばなるまい!

  • 試合コメント2

歴代最凶の死のブロックとなったZブロック。
その開幕戦を務めるのはお互い弟子を持つ2人の師匠。

この対決は過去に2戦行われ、お互い1勝1敗。
しかし、玄酔楼にとってはどちらの試合も相手にやりたい放題された試合。
今ここで、完膚なきまでの勝利をもって「三強」の恐ろしさを知らしめるのだ。

そして、遂に1位通過を果たしたナザレンコ、二次予選での彼はどの様な戦いぶりを見せるのか!?
開幕アフォックス等で茶番劇にならないことを願うばかりである


6/24 19:00 煙草マスターの子(LI)VS ☆爆走戦士エルバン(NE)

  • 試合コメント1

あの時の衝撃を幻とは言わせない
第3回大会、トーナメントで並み居る強豪を打ち倒し得た栄光
そして挫折。第十回でまさかの全敗敗退
あの時の栄冠はタバコの煙が見せた幻だったのか?
いいや!違うね!
あんたを倒して再び栄光の座へと駆け上がってやる!勝負だ!

かかってこい!相手になってやる!!
敗北。しかも2連敗。
第6回、第8回、第10回。ずっと順位では上に居続けた
実力はどうだ?ずっと直接対決の期を待っていたんだ

この際はっきりさせようじゃないか
どっちが真に強いかを!

  • 試合コメント2

2017年9月8日。その日、48の選手の頂点に君臨する者が現れた。
肺に異常をきたしていた彼は、ほぼ無名の状況からCPUトナメのスターの1人にまでのし上がった。

だが、彼に惜しくも敗れた者も、その爆走をやめることはしなかった。
その後の大会で次々と圧倒的な戦績を叩き出し、遂には個人、タッグ、チームの全てで優勝を果たすまでになった。
タッグ戦、乱闘で彼を破りはした、次は1対1(サシ)での勝負だ。
今こそ、あの時のリベンジを果たす時────

初めての大規模大会となった第3回決勝。
あの激闘が再びよみがえる────


6/23 20:00  絶望のリア・リエ(MA)VS 悪魔の下目使い(KI)

絶望の化身VS悪魔!
赤い悪魔がどうした?!紅き鬼神を倒した自分に怖いものなどありはしない!
青き絶望の化身がどうした?!青い嫌がらせの化身を倒した自分に怖いものなどありはしない!
さあ始めようじゃないか
悪魔をも恐れさせる絶望
絶望をもたらす悪魔的所行を

お前に見せてやる


6/23 19:00  ÅライムライトÅ(NE)VS 週末のユウナくん(MA)

皆さんお待ちかね!(某ガンダムの予告風に)
第14回二次予選がついに始まります!
その初戦はなんと!レベル8勢の開祖ライムライトVSレベル8大会で最強になった週末のユウナくん!
同期最強格兼レベル8最強格である純白を下したライムライト!
そのライムライトの前にレベル8大会で優勝し、デスエン・雅・殺意を下したユウナくんが立ちはだかります!
真のレベル8最強はどちらかと言わんばかりにぶつかります!
次回、第14回64スマブラCPUトナメ「激闘!レベル8最強決定戦」にぃ
レディィィィ、トゥ、ファイトォォォ!


6/10 21:00 第14回大会二次予選ブロック決め生放送

一次予選の全試合が終わり興奮冷めやらぬ今大会!
そう!今大会はもう一回予選がある!一次予選の3位までの選手を集めてもう一度予選を行うのだ!
全員通過したファルコン・ルイージは分散するのか?!むしろ固まってしまうのか?!
1人しか通過していないサムス・ヨッシー・カービィはどうなるのか?!
1位通過した事が有利になるのか不利になるのか?!はたまた3位通過した事が不利になるのか有利になるのか?!
どんな組み合わせになるかはわからない
しかし波乱・波乱・大波乱の第14回大会一次予選を通過した猛者達だ、どんな組み合わせでも
トナメ史上に残る死のブロックが、産まれる
 

あれ?何か忘れているような…あれ?何か忘れているような…

 

6/10 19:00 若き日のロハス(FO)VS 堕ちる純白(LI)(延長戦)

この嫌がらせを忘れたのか!
エロ過ぎるマスターに負けてしまい、エロ過ぎる呪いを受けてしまった両者!
その呪いはなんと再試合!延長戦!とうとうPにも視聴者にも嫌がらせしてきやがった!
だがしかしこれはチャンス!どちらが「上」かはっきり示してやる!

二次予選ブロック決めの前座の余興だなんて言わせない!ここで観客を燃え尽きさせてやるぜ!!
ホントのホントの一次予選最終戦!1秒たりとも見逃すな!!

エロマスの呪いのせいで塩試合に!だなんて事になりませんように


・第14回大会(1次予選)


5巡目(第13~15試合)+5巡目(第13~15試合)-

6/9 20:00 エロい姉(SA)VS 暴力院長(PI)

幻想杯とかいう謎の大会を制し、天使の聴牌を押しのけ奇跡の復活を果たしたエロい姉。しかし鬼神と化け物と同席してしまったが運の尽き。見事にわからされてしまい敗退決定。だがもっと不幸なやつがここにいる!

最古参から三度の洗礼を受け、謎ヨッシーにも敗北。名前のよく似た委員長以上に悲惨な戦績となった院長。予選は敗退、ヨシオくんが自力で通過してしまい『ヨシオくんの通過』を握ることすら出来ず、このまま全敗となれば委員長とキャラがだだ被り。幻想となるまでもなく消えてしまう!?

自身のアイデンティティを確立するには姉に勝利し、ピカチュウ勢対サムス初白星を獲得するしかない! しかしエロい姉もこのままでは終われない! せっかく掴んだチャンス、次に繋ぐため勝って終わりたい!

両者選手生命がかかった一戦。一次予選最後のドベ争いで泣くハメになるのはどちらだ!


6/9 19:00 突起物!ポンチコ(PI) VS戦芸人ナザレンコ (FO)

負ければ敗退してしまう期待の新人ポンチコに、笑いの魔の手が忍び寄る!

まさかの通過確定を果たしたナザレンコ。二次予選への切符を手にした今、ナザレンコ(のアフォックス)を止めるものはもういない! いやいる! 切れた脇役だ! この戦い、ナザレンコが勝てば脇役が通過しサムス勢全滅の危機を脱する! しかし元から苦しい組み合わせな上に希望を託すのはよりにもよってこの芸人。脇役にとってナザレンコはノアの箱舟が泥船か。

いいやどちらでもない。なぜならヤツは破天荒な『金色の船《ゴールドシップ》』

突起物に衝突して沈没する前に勝手に沈みやがる! ナザレンコがアフォックスした時、脇役は120億の悲鳴を上げる!?

ポンチコか脇役か! 一次予選最後の通過者を決めるはずだった注目の一戦! 夢の予選の終演はもうすぐだ!


6/8 20:00 雅なりし報い(KI)VS Dr.神様(DK)

医療関係者繋がりで院長と並んで全敗濃厚のDr神様、デスエンに負けユウナくんに負け殺意に負けジャイアントキリングという特性にも疑問符が生じてしまっている!せめて残った最後のスーパールーキー雅を倒しジャイアントキリングは健在という事を見せつけなければいけない!あるいは原種ヨシオくんが最弱に行かないならばとクソビリ二冠目というある意味での大記録を樹立する気か神様?!
そして雅なりし報いもある意味危ない!鳴り物入りでユウナくんと共に参戦したのにユウナくんは二位通過、対して自分は敗退確定!このまま今大会の神様に負けようものなら次の大会ではrekuiemuに出番を取られかねない!

B級の漢(新人)への交代が迫りかねない神様(古参) VS rekuiemu(古参)に再び台頭されかねない雅(新人)

の意思に報い


6/8 19:00 エロ過ぎるマスター(DK) VS 若き日のロハス (FO)

  • 試合コメント1

エロマスによるエロマスの為のエロマスガチャの時間だよ!
よりにもよって強豪・灼熱のレイアと堕ちる純白が、彼の手によって命運を握られてしまった。
その相手は、師匠は芸人か天才か・若き日のロハス。
vsDKでは地味に苦戦を強いられる事になるが、それはステージ相性によって大きく変わるだろう。
まさか被4タテを受けるなんてSSRガチャは無いだろうが、相手はなんと言ってもミスター嫌がらせ・エロマス。
負け方次第で、謎の順位変動が起きてしまう。混沌の渦に飲まれたくないなら勝つしかない!

いつか、あなたは知るかもしれない。エロマスが回転(NB・上B)しているときの顔の絶望の意味を。

  • 試合コメント2

空前絶後の!超絶怒濤のスマブラー!
嫌がらせを愛し嫌がらせに愛された男!

対戦者の敗退・第三者の敗退・遅延行為!(あとPさんが昨日体調不良で動画上げられなかったのも多分こいつのせい)
すぅべてに関わった男ぉ!
そう!彼こそはぁぁぁぁああああ!
エェェッ!ロ!過ぎぃぃぃぃぃぃぃる!マァスターァァァァァァァァァァァ!
ディー!ケー!
ドンキー!コンッ!

なんとエロマス、今回はレイア純白ロハスそして自分自身の通過を握るという4P嫌がらせがしやすい状況!!
エロマスは誰に嫌がらせをしかけるのか?!

  1. ロハスに負ける。レイアに嫌がらせができる
  2. ロハスを2ストック撃墜し、かつ自分は1度しか撃墜されない。純白ロハスの延長戦となりPさんに嫌がらせできる
  3. ロハスを2ストック撃墜し、かつ自分は1度も撃墜されない。ロハスへの嫌がらせ
  4. ロハスを4タテする。ロハス純白へ嫌がらせして自分を通過させる

4パターンも嫌がらせルートがあるぞエロマス!
同じく嫌がらせが得意とされてきた黒光が今大会は真面目に戦った!
お前はどうだエロマス?!レイア・ナック戦では真面目に戦って負けた!純白戦では真面目に戦って勝った!ライムラ戦では戦意喪失していたのかやる気の無い戦いに見えていたが最終戦何をする気だエロマス?!


6/6 20:00 卍黒きムッコロズ(SA)VS [世界第1位]ゲン(FA)

4タテさえすれば通過という蜘蛛の糸よりも細い希望だけが残されているムッコロズ。当然一瞬たりとも隙を晒す事は許されないし、豪運のねこなどよりも運に愛される必要もある。ありったけをぶつけていかないと予選通過は夢のまた夢!
一方、余程の大敗を喫さない限りは予選通過が確定するゲン。しかし、自分以外のファルコン勢は全員勝ち越しで予選を通過してみせた。[世界第1位]を目指す為にも、自分だけ負け越しでは終われない。折角の出番を無為に終わらす訳にはいかない!

混迷を極めるDブロック最終戦、最後に笑うのは殺戮マシーンか、世界の頂点を目指す男か、それとも最古参の姉御か!?


6/6 19:00 歩く天下無敵(NE)VS 動物園のウシ(DK)

残念ながら三強相手の勝ち星を生かすことが出来なかった天下無敵。しかし、このまま1勝止まりは準優勝者として避けたい!次の相手はドンキー勢、全勝カードまで落としてしまえば次の出番も危うくなってしまう!ここで踏ん張ることは出来るか!?
一方のウシも残念ながら予選敗退となってしまったが、まだ予選勝ち越しのチャンスは残っている。ドンキー全敗の対ネスだが、アルベルトはネス最強のエルバン相手にあわや勝利という所まで食らいついた。同族が残した対ネスの希望をここで無駄にする訳にはいかない。か細い希望を繋げて勝利を挙げることは出来るか!?

敗退した者達のプライドをかけたCブロック最終戦。
ただの消化試合などと言わせない激戦を見せてくれ!


6/5 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS 例の黒光(LI)

お互い、勝てば予選通過、負けたら予選敗退。
Bブロック最終戦は、あまりにもシンプルな対決となった。

カービィ勢最後の希望となった下目、相手は第10回で自身に辛酸を舐めさせた黒光。希望を背負った手前、ここで宿敵にリベンジを果たさなくてはいけない。悪魔の反逆をこんな所で終わらす訳にはいかないのだ。
一方の黒光にとって下目は自身が一度破った相手。他の誰でもない自分自身の手によって相手を叩き落す、嫌がらせを得意とする彼にとってこれほどお誂えな場も無い。悪意に満ちた剣捌きは相手の希望を刈りに行く!

戦わなければ生き残れない。
最後に生き残った者こそが勝者となる!


6/5 19:00 煙草マスターの子(LI)VS ちょこにゃ(KI)

長かった一次予選も残り8試合!各ブロック最後の戦いが始まる!
Aブロック最後の戦いは、1位通過を目指すタバスコが己の限界に挑む試合だ!

1位通過を果たすためには4タテというあまりにも厳しい条件が最低条件!
4タテを達成したリンクは未だにいない。ここで奇跡を起こすために己の限界を超えることが出来るのか!?

相手はこのまま全敗のままでは終われないちょこにゃ!
他のアイドル仲間は2人とも予選1位通過と絶好調だった。
自分だけかわいいだけのままでは終われない!

ドジっ娘アイドルが意地を見せるか、タバスコが奇跡を起こすのか!?
決して消化試合では終わらせないブロック最終戦が始まる!


6/4 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS ヨシオくん(PU)

リア・リエ全勝へ向けて猛進! しかしその行く手を阻むのはまさかの男! 普段であれば全勝は確定したも当然。何せ相手はCPUトナメ史上最弱と言われ、クソビリに4度も輝いたヨシオくん。しかし今大会のヤツは一味違う! 決して油断出来ぬダークホースと化したのだ!

芽生えた殺意を胸に秘め、2勝を叩き出し奇跡の大活躍にファンの歓声は鳴りやまぬ! 無垢なる瞳が見つめるはただひとつ。永遠に叶わないと思われた予選の通過。今まさに目の前、数歩先にそれはある! 元祖はとろけるに続けるか!?

「無謀だ」「ねーよ」「勝てるわけがない」「便利なサンドバッグ」

そうキミを笑う者は今、この世界のどこにもいやしない! 微熱を帯びる会場、セレブな貴族だって固唾を飲む! 
キミが勇者となる瞬間を、世界中が待っている! 今こそ弱キャラという仮面をぶち破り、奈落の底から這いあがれ!

覚悟を超えた先に希望はある! 絶望を切り裂く聖騎士となりて、その手に未来をつかみ取れ!


6/4 19:00 勇者ヨシオ(PU)VS [自称]妹(YO)

まだかろうじて通過の目を残す勇者。しかし既に敗退の確定した妹が地獄へと手招きをしている!

他のヨシオ族に一歩遅れ未だ1勝。かつてはヨシオ族最後の希望と言われた勇者ヨシオ、このままでは終われない!

3ストック以上残した上で4撃墜しなければ予選敗退。それでも勝ちたい、勝たねばならない!

意地の一戦、ここに開幕!


6/3 20:00 週末のユウナくん(MA)VS 殺意のヨシオ(PU)

マリオ勢に突如現れた新鋭。
彼は隙を見せない高度な立ち回りをもってマリオ初の優勝を果たした。
今、幾度となく同族の化け物を退けたヤツに思い知らせる時。
王者という称号がどれほどの重みを持つかを示すのだ。

ヨシオ族最強の名を背負い続けてきた突然変異体。
彼はどんな強敵との試合でも必ず善戦してゆく。
だからこそ、自身が大敗を喫することになった
茶色の戦士には苦い記憶がある。
今、その全てを振り払い勝利を手にする時だ。

Fブロック最後の予選通過者を決める戦い。
死闘が、始まる!


6/3 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS バーンナック(KI)

1位通過を果たしたライムライト、ブロック全勝まであと一歩!今大会が始まる前は実績が少し燻っている印象のあった彼だが、ここで全勝を成し遂げた先輩に続いて、新時代の光明の完全復活をアピールしたい所だ!

だが、易々と全勝制覇を許すほどバーンナックは甘くない。
特に第10回ではデスエンの全勝を阻止したり、今大会ではレイアに勝利と着実に大物食いの実績を積んでいる彼は、勝てば予選通過という大チャンスにいる。レベル8のかませ犬に終わった永遠の誰かさんとは違うことをここで示す時だ!

混沌の続くEブロックも、この試合で遂に脱落者が決まる。
注目の決戦が幕を開ける!


6/2 20:00 地上最強のチェマ(LU)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

1ストさえ削れば予選通過が確定するチェマ。だが、己が背負っている名は地上最強、手抜きなど許されるはずもない。その名とファンの思いにかけて、目指すものは完全勝利のみ!
一方、ギルティースには3ストック落とせばその時点で脱落という厳しい展開が待ち受けていた。だが、ここでいい所を見せておかなければ、待っているのは幻想の陰。待ち望まれた正統派として、無様な敗北など許されないのだ!

正統派として生きてきた者同士の対決は、どちらに軍配が上がるのか!?


6/2 19:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS バルザードたん(PI)

ジョーカーだけどエース。
自身が背負い続けてきたピカチュウ最強の称号。
後輩達が頭角を現した今だからこそ、思い知らせなければならない。
真のエースがどういうものかを────

ただの萌えピカチュウとして燻ってきた日々。
そんな日々にも別れを告げる時が来た。
今、自身の長年の努力の精算がなされる。
ピカチュウの新世代を担う時が来た────

始まるCブロック1位決定戦。
エースはただ一人でいい。


6/1 20:00 迅雷ワンダ(MA)VS ∫アルティライトねこ(YO)

ここで勝たないと予選敗退が決まるワンダ。加えて、相手は自身が第10回で一度敗れたねこ。前回は苦手タイプのイワークを引かれて敗北を喫したが、予選通過の芽を残す為にも次こそは得意の速攻を決めたい!
そして、勝ち越し確定で予選通過濃厚と思いきや転校の可能性を残しているねこは、この試合に勝って安心したい所。自分以外のヨッシー勢は全員負け越し確定、加えてケ以外予選敗退の状況。今こそ、ヨッシーの最古参としていい所を見せたい!

ワンダが速攻でねこを狩りに行くが、ねこの豪運はそれを許さない!
予選通過の運命を分けるBブロック第十四試合が始まる!


6/1 16:50 ㍍アルザーク(SA)VS ㌦ポッター(MA)

既に予選敗退の決まった2人。ここで勝っても負けてもこの試合が今大会最後の出番ということは変わらない。しかし、だからこそ最後くらいは勝って帰りたい!

やはり地味さが拭えないいぶし銀、㍍アルザーク。
ここで最後に自身の実力をアピール出来るか!?

スリザリンの影がちらつく㌦ポッター。
ここで勝って幻想という名のスリザリンを回避できるか!?

最後に勝って終われるのは、果たしてどっちだ!?


5/31 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS ケ(YO)

予選1位通過こそ逃したものの、予選通過まであと一歩の所まで来たポイゾネ。

ここで勝つか負けるかで、予選通過の可能性が大きく変わるケ。

最強として勝ち続ける運命を背負った鬼神と、

全てを惑わし続ける謎のドラゴン。

今、第10回の頂上決戦がよみがえる──


5/31 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS 切れた脇役(SA)

予選通過の席があと一つとなってしまったGブロック。ここで脇役が勝てばAブロックに続いて予選通過者がすべて決まる!

予選通過の大チャンスを得た脇役、相手は自身が一度敗れた同期の吐き気。現状、予選通過に一番近いサムスとして種族の誇りを見せられるか!?
そして、予選通過を確定させた吐き気には1位通過の可能性をまだ残している!そのためにまずはこの試合に勝たなければいけないが、伝家の宝刀「浦安」は炸裂するか!?

Gブロックの運命をかけた試合、予選通過争いにピリオドが打たれるか!?


5/30 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS ドルコリン♪(FA)

どうにか予選通過のチャンスを残せたデスエン、だが負けられない戦いは続く。予選の帝王と呼ばれた男として、負け越しでは終われない!相手はミラー全敗のドルコリン♪、イケメンには弱いと噂のある彼女を攻略するためにイケてる所を見せられるか!?
1位通過を確定させたドルコリン♪、全勝のかかる彼女に待ち構えていたのは同キャラミラーという試練。しかし、デスエンとは初めての対戦となる。全勝がかかっている大事な試合、例えデスエンがイケメンであろうと手加減せずに勝利をもぎ取りたいが……!?

皇帝の意地か、全勝の夢か!?
激戦不可避のミラーマッチ、オンステージ!!


5/30 19:00 灼熱のレイア(LU)VS 堕ちる純白(LI)

2連勝からの2連敗で足踏みを食らったレイア。相手は対ルイージ無敗の純白、ここで負けるとエロマス(場合によってはバーンナックにも)に運命を託すことになってしまう。だが、彼は己の運命を他人に握らせるような選手ではない!師匠は最終戦もキッチリ勝利を収めて二次予選の切符を手にした。自分だけ遅れをとるわけにはいかないのだ。

一方の純白はもっとヤバい状況に追い込まれていた!既に一次予選負け越しが決まっている状況、そしてこの試合で負けてしまえばブロック最下位という惨事になってしまう!下手をすると今後の大型大会の出場権すら失いかねない大事な試合、堕ちずに踏ん張ることは出来るのか!?


5/29 20:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 疑惑の恋人アルベルト(DK)

自身初の予選全勝がかかるエルバン。自分以外の三強は既に予選全勝を果たしている。だからこそ、この場でその偉業を果たしてその強さを知らしめなければならない。落ちてしまった同族にも、一族最強が何なのかを見せつけてやるのだ。
そんな無理ゲーに挑むのは、正統派揃いのDブロックで必死に食らいついているアルベルト。エルバンはウシでも敵わなかった強敵中の強敵。しかし、今大会は波乱が波乱を呼んでいる大会。加えて、ヨシオ族がネス勢を破り予選通過を決めたのを目撃した今、諦める訳には行かなくなった!ドンキー勢期待の星と呼ばれた男として、何が何でも食らいつきに行く!

果たされるのは「最強」による予選制覇か、予選を揺るがす革命か。
Dブロック注目の試合が幕を開ける───


5/29 19:00 玄酔楼(LU)VS 天空の虫使いアントン(YO)

勝てば予選通過、負ければ予選敗退。これほどまでに単純な立場も無い。予選通過の岐路に立たされた玄酔楼、三強としても、八王子としても、一人の選手としてもここで終わるわけにはいかない。今こそ、第6回の輝きを取り戻す時だ。
そして、こちらも負けると予選敗退が決まるアントン。三強相手に勝利しなければならないという試練が立ちふさがったが、彼は同じ三強の天才に勝利経験を持つ。元よりヨッシーは上振れも激しい種族、ここで限界を突破して大金星を勝ち取るか!?そして、はちは出るのか!?

お互い、本当の意味で負けられない戦い。
デスマッチがここに始まる!


5/28 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS とろけるヨシオ(PU)

絶体絶命の綺麗なゲイ。予選通過の為には8パターンの内のたった1パターンを手繰り寄せていくしかない。八王子として選ばれた身として、最下位で終わることなどあってはならない!
一方のとろけるは勝てば予選通過という大チャンス。相手は強豪、綺麗なゲイ。かつてないほどの難敵だが、勇者はかつてゲイを破った。とろけるも同じように僅かな勝ち筋を手繰り寄せて逆にゲイを食っていくか!?

何でも食っていく♂ゲイVS食えないプリン。
全員の予選通過の運命を分けたBブロック5巡目が始まる!


5/28 19:00 15人目の天才(FO)VS 一番繊細な部長(LU)

一次予選もクライマックスが近づく5巡目。その最初の試合は、既に予選通過争いの終わったAブロックのそれぞれのプライドをかけた1位決定戦だった。

三強の1人として戦い続けてきた天才。
次々と起こる番狂わせによる波乱の巻き起こる今大会。
だからこそ、ここで思い知らせる必要がある。
自身のその強さは不変であるということを。

その名の通り堅実に勝利を掴む部長。
その繊細さはここまで勝ってきた4戦が全て1ストック残しであることからも分かる。
最後に立ちはだかるのは、自身が一度敗れた相手。
出来る仕事人がどういうものかを、このリベンジマッチで示す時だ。

変幻自在の天才VS戒驕戒躁の部長。
Aブロックの頂上決戦が始まる。


4巡目(第10~12試合)+4巡目(第10~12試合)-

5/27 20:00 エロい姉(SA)VS 絶望のリア・リエ(MA)

ほぼ4年ぶりの本戦となった姉だが、現状ヨシオくんにしか勝てていない!この後にサムスが得意とするピカチュウが控えているとはいえ、ここで見せ場を作れないと再び幻想に消える可能性すらある!そんな大事な試合に戦うことになったのは、鬼神を喰らった正真正銘の化け物、絶望のリア・リエ!予選の山場を越えた彼が目指すものは、自身初の予選4勝と第8回以来となる予選1位!化け物の進撃は何処まで続くのか!?

テクニックの光る姉が化け物を狩るのか、化け物が鬼神に代わってブロックの覇権を握るか!?
4巡目最終戦、レディ・トゥ・ファイト!!


5/27 19:00 突起物!ポンチコ(PI)VS 勇者ヨシオ(PU)

負けると予選敗退が決まるポンチコ。挙げている実績で言えば間違いなくレベル8最強ピカチュウである彼だが、好調の続くレベル9の先輩達に続くためにも、ここで終わるわけにはいかない!レベル8ピカチュウの底力を見せる時だ!
勇者も負けられないのは同じ。自分以外のヨシオ族は既に2勝を挙げて予選通過の可能性を残している。ここで負けても予選敗退は確定しないが、それは負けていい理由にはならない!勇者の名を冠する彼に諦めるという選択肢は無い!

突起物(意味深)VSニュートラルお○んちん、立派なものはどっちだ!?
迫るGブロックのクライマックス、レディ・トゥ・ファイト!!


5/26 20:00 雅なりし報い(KI)VS 週末のユウナくん(MA)

第12回で注目を集めた期待のスーパールーキー達。予選4巡目という大事な局面の中で再び彼等は戦い合うことになった!
まさかの被4タテで一気に追い詰められた雅だが、下目やバーンナックといったカービィ勢の先輩達は予選争いにしっかり食らいついている!ここで自分だけ遅れをとるわけにはいかない!今こそ、優勝者にリベンジを果たす時!
一方、負けられないのはユウナくんも同じ。レベル8選手の頂点に立つ第12回王者の彼にはレベル8最強としてのプライドがある。リベンジを許すような王者など王者ではないのだ!

予選通過の運命を大きく左右するスーパールーキー達の再戦。
次に勝つのはどっちだ!?


5/26 19:00 エロ過ぎるマスター(DK)VS ÅライムライトÅ(NE)

過去のドンキー対ネスのカードは全てネスの勝利に終わっている。今回もいつも通りライムライトの勝利で終わると当初は思われていたが……
なんと、今大会のエロマスは全試合真面目、加えて堕ちない純白を汚すというとんでもない番狂わせまで起こして見せた!既に予選争いが混迷を極めているEブロック、ここでエロマスが自身初の予選2勝目を挙げようものならEブロックが地獄と化す!
ライムライト、この恐怖のわいせつモンスターの侵攻を凌いで全勝への道を進むか?
それとも、再び番狂わせが起こるのか!?


5/25 20:00 卍黒きムッコロズ(SA)VS 地上最強のチェマ(LU)

エルバンが予選1位を確定させ、残る予選通過の枠は2つとなった。その残り少ない席を狙って残りの5人の争いは加熱を見せる!

1勝2敗同士で並ぶムッコロズとチェマ、予選通過争いの中で苦しい立場にいる彼等にとってこの試合は勝たなければいけない試合!サムスの中でも一際高い殺意のある戦いを見せたマシーン、地の底から這い上がりその名の通りの評価を取り戻した闘士。これまでの活躍で得たファンの期待を背負う彼等に「逃げ」の二文字は存在しない!

殺戮マシーンVS地上の闘士、激戦不可避の戦いが始まる!


5/25 19:00 歩く天下無敵(NE)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

追い詰められた第2回準優勝者、天下無敵。加えて、次の相手は自身も一度敗れた「ネスキラー」ξ黒きBlack Joker!強大な壁が立ちふさがる大ピンチだが、かつて掴みかけた天下を目指す為にもこのぐらいの障害ではへこたれる訳にはいかない!その名前の通り、彼は天下への険しい道を歩み続けなければならないのだ!
BJも勝ちを譲る気はない!有望な後輩達が次々と現れている中で自分だけがくすぶっていいはずがない!今こそ、ジョーカーにしてエースの最古参に相応しい過激な攻めを見せる時だ!


5/24 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS 迅雷ワンダ(MA)

この試合で負けると予選敗退となる下目と、この試合で勝てば予選通過となるワンダ。Bブロック第十二試合は正反対の立場の者同士が激突することになった!

どうにか3連敗を回避した下目、しかし依然として負けられない戦いは続く!第8回で見せた悪魔の反逆をもう一度成し遂げるか!?一方、ワンダにとって対カービィ戦は初。同じ風船族のとろけるには敗北を喫したが、カービィ勢エースの下目はどうなるか!?

全てを見下す悪魔の逆転劇はまだ続くか?
それとも、轟く雷鳴の如き強烈な一撃が二次予選への道を照らすか?
予選通過をかけた注目の一戦が始まる!


5/24 19:00 煙草マスターの子(LI)VS ㍍アルザーク(SA)

この試合は、Aブロックの運命を分ける重大な試合。何故なら、この試合で煙草マスターの子が勝つとその時点でAブロックの予選通過者が完全に確定してしまうからだ!そうなればアルザークも敗退確定、すなわち彼女はこの試合では絶対に負けられない!そして、大きなチャンスを得た煙草マスターの子、対サムス初勝利を挙げて自身の完全復活を知らしめるか!?

Aブロック全員の命運を左右する第十二試合。
5巡目を待たずして予選通過争いが終結してしまうのか!?


5/23 20:00 暴力院長(PI)VS ケ(YO)

強い赤ピカチュウを期待されて誕生した今大会唯一の新人、暴力院長。しかし、現実はヨシオくんにすら敗れて予選3連敗。このまま期待を裏切り続けて、委員長と同じ「ピカチュウもどき」に堕ちない為にももう負けることは出来ない!この絶望的状況から奇跡の大逆転なるか!?
そして、負けられないのはようやく1勝を挙げたケも同じ!依然逆境に立たされている状況だが、今までのケは後がなくなってきた時に実力を発揮してきた!今回も謎の底力が発揮されるのか!?

逆転通過を望む2人、しかし、彼等は戦い合わなければならない運命。
非情なデスマッチが始まる……!


5/23 19:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS 切れた脇役(SA)

2勝同士で並ぶナザレンコと脇役、予選において勝ち越しと負け越しの境目となる3勝と2勝とでは雲泥の差がある!
先日、弟子のロハスが強豪相手に0%アフォックスを決めつつ勝利と芸人の理想的な勝ちを見せた中、こちらも師匠としていい所を見せておきたい!勝つにしろ負けるにしろ、地味なだけではいられない!
脇役にとっても最後に吐き気が控えている以上、ここからが正念場!相手はとにかく目立つ芸人のナザレンコと主役のごとき存在感を放つ相手だが、だからこそ彼女は負けるわけにはいかない。この試合の主役は誰なのかを思い知らせる時だ!

勝てば3勝と予選通過に大きく前進出来る大事な試合、この試合の主役はどっちだ!?


5/22 20:00 Dr.神様(DK)VS ドルコリン♪(FA)

第10回の快進撃はどこに行ったのか、未だに0勝の神様。このままではいいとこ無しで大会を終えてしまう!ウシやアルベルトはおろか、エロマスすら本気で勝ちを稼いでいる状況、予選敗退が決まっていようが1勝は成し遂げたい!
一方のドルコリン♪は、第10回の予選敗退から一転して今大会では予選3連勝の予選通過一番乗りを果たす大復活を成し遂げた!この試合に勝てば予選1位通過確定の大チャンス、予選のセンターポジションを飾れるか!?

予選通過には影響しない消化試合だが、それでも彼等は勝ちたい試合!
さあ、熱いステージを見せてくれ!!


5/22 19:00 若き日のロハス(FO)VS 堕ちる純白(LI)

混迷を極めるEブロック、誰の予選敗退も4巡目では決まらない泥沼。

ロハスは最終戦がエロマスの関係上、ここが予選3勝の正念場だが、相手はレベル8最強格。この試練をどう乗り越える?
純白はエロマスを落としてしまったのが響き、これ以上負けると予選敗退濃厚となってしまう大ピンチ!白リンクは競争の激しい種族、これ以上の醜態は出番の喪失にも繋がる!

相対するのは、共に1勝2敗で並ぶレベル8の強豪。ここで負けると予選通過がかなり厳しくなってしまうが、ここで踏ん張ることは出来るか!?


5/21 20:00 [世界第1位]ゲン (FA) VS 疑惑の恋人アルベルト

エルバンの1位通過が確定してしまい[世界第1位]の座が遠のいたゲン、落ち込んでる場合ではない!通過確定のためにこの試合は勝たなければ!負ければまだ敗退確定しないとはいえ一気に通過が厳しくなる![名前負け]と言われた過去に戻らないために勝って[ブロック第2位]通過に近づきたい所だ!
アルベルトも負けられない!ここで負けても敗退確定にはならないがアルベルトの最後に残った対戦相手は「あの」爆走戦士エルバンなのだ!ここで負ければ事実上の敗退確定と言ってすらいい!「強いドンキー」は自分から始まったのだ!エロマスにいいようにはさせない!このブロックを通過し二次予選でもドンキー旋風を巻き起こしこのルールではドンキーは戦えない、そんな風潮を吹き飛ばすのだ!!


5/21 19:00 動物園のウシ (DK) VS 天空の虫使いアントン

ステージが変わるとこうも変わるのか。第十回の快進撃が嘘のようにいまいちパッとせず全滅すら見える今回のドンキー勢!一番印象に残っているのがエロマスという今回のドンキー勢!ブロック敗退間近のこの試合では常時粘り強さを発揮して欲しい動物園のウシ!ムシを食えウシ!
ウシ肉を食えるか虫使い!虫にウシ肉を食わせられるか虫使い!と言うかそもそも出せるのか虫を!?昨日の試合は二試合とも虫が出てたぞ!いいかげん虫を出そう!虫使い!!
たぶん
 どうせ
  虫がでない


5/20 20:00 例の黒光 (LI) VS とろけるヨシオ (PU)

一方こちら未だ混沌の中にあるBブロック。自身が勝てば通過確定、負けても4巡目では敗退が確定しない黒光VS勝っても通過が確定しないが負けると敗退確定になるとろけるヨシオの戦いだ
嫌がらせが得意な黒光はこの戦いをどう見るか、自身が負けるとゲイか下目のどちらかが敗退確定してしまうがその2人に嫌がらせを仕掛けに行くのか、それとも自身が勝った上で更にワンダが勝てばそれで予選通過メンバーが確定してしまうためそれ以降は緊張感のない戦いを見せる事になるがまさか視聴者への嫌がらせを狙うのか。
とろけるヨシオは負けられない。殺意は白いリンクを倒したのだ、弱さの象徴だった原種があの紅き鬼神相手にワンチャン見える動きを見せてくれたのだ、ならば自分も見せなくてはいけない、青い嫌がらせリンクを倒す所を。
この一戦は単に黒光ととろけるの戦いではない。他の選手の運命をも決定づける一戦になるのだ


5/20 19:00 ちょこにゃ(KI) VS 一番繊細な部長 (LU)

この戦いは混沌とした今大会予選において最初に明暗がついてしまった戦いだ
ドジっ子アピールをして気がつけば3連敗、気がつけば既に予選敗退が確定してしまったちょこにゃちゃん。せめて何か爪痕を残さないと第六回のように可愛いだけのアイドルとして今大会を終えてしまう!いやむしろちょこにゃちゃんとしてはそちらが本望なのか?!路線変更に路線変更を重ねるアイドルの行く末は一体…
一方こちらは逆に既に通過確定している一番繊細な部長。敗退確定のアイドルを繊細な部長はどう見るか。アイドルとのスキャンダルは繊細な胃が破壊されてしまうのでお断りしたい所だが…
出世街道を走る部長VS再び地下アイドル(最弱決定戦)に戻りかねないちょこにゃ
勝敗が予選通過結果に関わらないからこそ、見逃せない戦いだ


5/19 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS ヨシオくん(PU)

──レーティング1位VS最下位。そのレーティング差、456。

この試合は「最強」と「最弱」が交わる予選の一大イベントとなるはずだった。

だが、奴は弾けた。「最弱」が遂に覚醒を果たしたのだ。

 

彼等が最後に戦い合ったのは、第3回の予選ブロック。

あの時から4年弱の月日が流れ、その間彼等は戦いを続けて更なる進化を遂げた。

 

あらゆる敵をなぎ倒し、頂点に君臨した鬼神

長い敗北の末、遂に勝利の道を歩み始めた一族の始祖

この試合は、そんな彼等のこれまでの総決算でもある。

 

予測不能の最古参対決。

結末は虐殺劇か、大激戦か、それとも……!?


5/19 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS [自称]妹(YO)

2勝と1勝でほぼ横並びになったGブロック、その分残りの試合は常に負けられない戦いが続くこととなる!ドルコリン♪が予選通過一番乗りとなった今、吐き気はファルコンのエースとして彼女に続きたい所!今回も伝家の宝刀、浦安が猛威を振るうか!?
一方、1勝2敗の状態で自身が4戦全敗となっているファルコンと当たることになった妹。吐き気にも第8回で敗れており、総じてかなり厳しい試合となったが、ここを越えないことには上は目指せない!数々の強豪を追い込んだメンヘラパワー、爆発なるか!?

Gブロック4巡目、更なる激戦の火蓋が切られた!


5/18 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS 殺意のヨシオ(PU)

デスエン、絶体絶命!?この試合で負けるとその時点で予選敗退が決まる瀬戸際に立たされた中、次の相手はファルコンに勝利経験を持つ殺意のヨシオ!予選の帝王としても、八王子として選ばれた身としても、4戦目で予選敗退は絶対に避けたい!そして、予選通過の為に後1勝が欲しい殺意、残りの試合はシングル大会優勝者との試合、加えて次のデスエンは相性不利カード、この試練をどう乗り越える!?

この試合でデスエンと神様のどちらかが敗退確定となる運命の第十試合。
命運が尽きてしまうのはどちらになるのか!?


5/18 19:00 灼熱のレイア(LU)VS バーンナック(KI)

ここで勝利すると予選通過目前まで近づく灼熱のレイア。一足先に予選通過を決めた部長に続けるか?対するバーンナックも1勝2敗で追い込まれている以上、ここで勝てないと予選通過は厳しくなってしまう!下手をすると今大会のカービィ勢が全員予選最終戦を待たずに全滅する恐れもある状況、ここで意地を見せなければならない!

ぶつかり合う灼熱の拳と魂(ボ)の拳、予選通過への望みをつなぐのはどっちだ!?


5/17 20:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

一方、こっちの三強は止まらない!予選3連勝、レーティング1700を達成し、向かうところ敵なしのエルバン、地味に第3回以来となるブロック1位通過を果たせるか!?ギルティースにとってはかなり厳しいカードとなるが、意外にもエルバンは対フォックス負け越し。チャンスを掴んで最古参フォックスとして自身の存在を知らしめるか!?

ここに始まる最古参対決、勝つのはどっちだ!?


5/17 19:00 玄酔楼(LU)VS バルザードたん(PI)

追い詰められた玄酔楼!ゲイが予選1勝3敗と追い込まれた今、八王子といえども安心できない状況となった!しかし、彼は第6回から最強の一角として戦い続けてきた歴戦の強者、ここで負けるのは自身のプライドが許さない!一方のバルザードたんは予選3連勝と絶好調!ここで勝てば文句無しの予選通過、ブロック1位も見える大チャンス。第10回では惜しくも勝利とはならなかった玄酔楼を相手にリベンジを果たして緑ピカチュウ一番人気の座を我が物に出来るか!?

追い詰められた最強VS下剋上アイドル、今度の試合の行方は!?


5/16 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS ∫アルティライトねこ(YO)

綺麗なゲイ大ピンチか!? 相手は名前こそ『ネコ』だが、その実力と豪運は確かなもの。『タチ』となってゲイを蹂躙する可能性は十分にある。

ここを勝てないと予選敗退の可能性が高まってしまうゲイ。高まるのはネス族と当たる未来を信じる鼓動だけで十分だ、自慢の頭で分からせるしかない! そしてねこもまだまだ油断できない状況。ピンチはチャンス。自慢のラックで勝ち抜き駆け上がれ! そしてお尻も守るのだ!! 

ファンも選手も大興奮! ねこのフンフンでステージが軋む! こいつは激しい夜になりそうだ!


5/16 19:00 15人目の天才(FO)VS ㌦ポッター(MA)

予選通過の是非がいよいよ明確になってくる4周目が始まる!

予選通過に赤信号の灯るポッターの前に立ちふさがるのは第2回王者の天才。部長とタバスコに負けている以上、天才に負けてしまえば通過はほぼ絶望的。これまでに稼いできた通貨をぶち込んで、天才を打ち破るしか通過の目はない! しかし天才もまた強者。課金による爆発力のポッターに対し、経験と積み重ねで身に着けた天才の実力が上回るのか!

今大会で復調としたと思われるタバスコによってAブロックの運命は決定づけられると言っても過言ではない。その荒波に耐えるにはこの戦い、どちらも負けられない!


3巡目(第7~9試合)+3巡目(第7~9試合)-

5/15 20:00 エロい姉(SA)VS ケ(YO)

ヨシオくんの躍進で一気に予選通過が危ぶまれることになった姉とケ。姉としてはこの試合で勝ちを稼ぎたいところだが、相手は聴牌や女を破っているケ!油断しているとあっと言う間に彼のペースに飲まれることとなる!そして、大型大会準優勝者らしからぬ2連敗スタートとなったケ。予選通過の為にはもう負けてられない状況だが、勝利を挙げることは出来るのか!?というか、彼はそういうことをちゃんと考えているのか!?

Hブロックは大波乱だが、それでも勝たなければ始まらない!
予選3巡目最終戦、レディ・トゥ・ファイト!!


5/15 19:00 突起物!ポンチコ(PI)VS 切れた脇役(SA)

今大会のピカチュウ勢は片や3連勝のバルたん、片や3連敗の院長と明暗が分かれる形となった。そんな中、1勝1敗の状況で一族全敗カードの対サムスに挑むことになったポンチコ。脇役は同カラーの先輩を4タテで葬った強者、かつてないほどの試練を前にスーパールーキーはどう挑む!?
そして、脇役は種族で有利な状況にいるが、だからこそこの試合は落とせない。ヨシオ族の勇者に敗れてしまった以上、このCPUトナメに「絶対」というものなど存在しないのだから。

今大会は様々な波乱が起こっているが、ここでも全敗カードが覆されるのか!?


5/14 20:00 雅なりし報い(KI)VS ドルコリン♪(FA)

注目の集まる予選Fブロック第九試合。何故なら、この試合でドルコリン♪が勝てば彼女の予選通過が確定するからだ。予選2連勝でセンターポジションへ猛進していくアイドル、更なるステージに進むための大一番で派手なパフォーマンスを成功させるか!?
そして、派手な戦いなら雅も負けていない!デビュー戦で見せた4タテなど様々な魅せる戦いをこなし、直近の試合では同じファルコンのデスエンにも勝利したスーパールーキーが魅せ合戦に挑む!今大会、苦しい立場にいるカービィ勢の新エースとなれるかファンから注目が集まっているが、雅はこの試合で新エースとなれる器であることを証明できるか!?

華麗なるスーパールーキーVS派手に抱くアイドルの大一番!
勝利の女神がチュウするのは誰だ!?


5/14 19:00 エロ過ぎるマスター(DK)VS 堕ちる純白(LI)

純白の勝ち……で終わりそうな予選Eブロック第九試合。実際、純白は第10回でエロマスに勝利経験がある。

だが、この試合で純白が勝てばライムライトの予選通過が確定する状況、嫌がらせをするにはもってこいの場面!時折キレのある戦いを見せることのあるエロマスだが、この試合で覚醒なるか!?対する純白はここはきっちりと勝利を挙げたい所。他のライバルが勝数を稼いでいる中で自分だけ落とす訳にはいかない!

この試合では嫌がらせモンスターが過去最大級の嫌がらせを行うのか、それとも堕ちない剣士がキッチリと叩き潰すのか!?十中八九後者だろうけど


5/13 20:00 卍黒きムッコロズ(SA)VS 疑惑の恋人アルベルト(DK)

未だに勝ちどころか自力撃墜がゼロと厳しい状況のムッコロズ。このままムッコロセズでは終われないが、ここで初勝利なるか!?そして、未だに合計2勝しか出来ていないドンキー勢。このままいくと一次予選で全滅の危機だが、ドンキー勢初の予選通過者であるアルベルトはこの状況を打破する事が出来るのか!?

お互い厳しい状況の予選3巡目、それでも予選通過の為に負けることは出来ない!
戦わなければ生き残れないのだ!


5/13 19:00 歩く天下無敵(NE)VS 天空の虫使いアントン(YO)

ピカチュウ勢が猛威を振るっている予選Cブロック、その中で予選通過を目指すのならばここで立ち止まる事は出来ない。せっかくの三強からの勝ちを無駄にはしたくない天下無敵、次の相手は自身が一度破った相手、ここでも勝ちをものにして予選通過に前進したい!そして、ピカチュウ2連敗で目の前ではちも出されてかなり厳しい状況のアントン、兎にも角にも1勝が欲しいが、リベンジを果たして望みを繋げることが出来るか!?

第10回以来のリベンジマッチ、それは確実に両者の命運を左右する試合!
絶対に負けられない予選Cブロック第九試合が始まる!


5/12 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS とろけるヨシオ(PU)

予選2連敗の下目、ここで負けてしまうと予選通過は絶望的となる!他のカービィ勢も苦しい立場の中で今まで引っ張ってきた(永遠ではない)エースとしてここで終わる訳にはいかない!
だが、勝たなければいけないのはとろけるも同じ。残りの試合に強豪のゲイと黒光が控えている以上、予選通過を目指すならばここは絶対に勝ちたい!

予選通過の席をかけて蹴落としあう2人、地獄のような試合が始まる!


5/12 19:00 煙草マスターの子(LI)VS 一番繊細な部長(LU)

予選2連勝ですっかり復調となった煙草マスターの子、次の相手はかつて自身が第5回で敗れた部長。ここでリベンジを果たせば復活の証明にもなる重要な試合、第10、13回で遠ざかってしまった強豪の座に再び就く為にも、足踏みする訳にはいかない!
一方、部長も他のルイージ勢が3巡目で敗北している中、ルイージ勢のプライドも背負って戦う大事な試合!プレッシャーのかかる状況だが、そこは中間管理職、いかなる環境でも仕事をこなしてきた彼は簡単に勝ちを手放すことなどしない!

Aブロック2連勝同士の対決、勝てば予選通過に大きく近づく大事な試合の行方は!?
そして、この試合で部長が勝利すると予選敗退第一号となってしまうちょこにゃの運命は!?


5/11 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS 絶望のリア・リエ(MA)

現在、予選2連勝中の最古参2人。ここに予選Hブロック最強決定戦が始まる!

現在、個人戦12連勝中のポイゾネが目指すもの、それは第10回同様のブロック全勝!絶好調の鬼神はとどまるところを知らない!対するリアリエは遂にマリオ勢初のレーティング1600を達成し、化け物として磨きがかかった状態。しかし、次のポイゾネとは何と164ものレーティング差がある!あまりにも強大な壁、しかし彼はいくつもの絶望を越えた男、今の彼にサレンダーという選択肢は存在しない!

鬼神VS化け物、怪獣映画さながらのビッグネーム対決。
今、決戦の時!!


5/11 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS 勇者ヨシオ(PU)

今大会、一部の八王子含む強豪達が予選敗退の危機に合う程に荒れている中、やはり1勝1敗で油断の出来ない状況にいる吐き気が出陣!次の相手は本来ならば大幅に有利がついて、既に自身が1勝しているヨシオ族の勇者ヨシオだが、そのヨシオ族は今大会既に10戦行い6勝、勇者自身も一族初の対サムス勝利と明らかに絶好調の状態!加えて吐き気は殺意に敗れた経験があり、全く油断できない試合となっている!

波乱の続く第14回大会、吐き気はこの波乱をしのげるか!?
勇者は他の同族に続けるか!?


5/10 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS 週末のユウナくん(MA)

一口に王者と言ってもそのスタイルには色々ある。圧倒的な立ち回りで翻弄する者、己の強さを徹底的に活かす者、自滅を厭わず過激に攻め続ける者……

ここにいる2人の王者も、そのスタイルは大きく違う。1人は如何なる逆境に立たされてもその全てを越えた者、もう1人は隙を全く見せない戦いで勝ち続ける者。お互い戦績は1勝1敗、予選の進退、己の矜持、その全てにおいて負けられない戦いが始まる!

この試合は王者としての格が問われる戦い、その称号に相応しい勝利を挙げるのは!?


5/10 19:00 灼熱のレイア(LU)VS ÅライムライトÅ(NE)

CPUトナメ選手第一号 VS レベル8選手第一号

時代を支え続けた炎(ほむら) VS 新時代を切り開く光(ひかり)

お互い戦績は2勝0敗、勝てば3巡目で予選通過も見える大事な試合。
予選Eブロックの天王山ここに開戦!


5/9 20:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 地上最強のチェマ(LU)

地上最強、それはCPUトナメの選手ならば誰でも一度は夢見る称号。エルバンはシングル、タッグ、乱闘と全ルールにおいて圧倒的な存在感を見せつけ、三強の一角「地上最強のガキ」という地位をほしいままにしてきた。
一方、「地上最強」という名を背負ったチェマは初めての大会では期待に応えることが出来ず名前負けという評価のまま幻想の陰に隠れた。しかし、彼は鍛錬を積み、その名に負けないほどの名勝負師となって帰って来た。

地上最強の名をほしいままにしてきた戦士と、地上最強の名を背負う戦士。
今こそ、地上最強とは何かを見せつけてやる時だ!


5/9 19:00 玄酔楼(LU)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

ここまで1勝1敗の玄酔楼、次の2戦はピカチュウの連戦!対ピカチュウは4戦全勝と隙の無い彼、二次予選に向けて盤石な勝利を挙げたい所。そして、玄酔楼とは第6回で対戦経験のあるBJ。前回は竜巻昇龍の前に屈した彼だが、後輩が予選3連勝と絶好調の今、ピカチュウのジョーカー兼エースとしてここでくすぶる訳にはいかない!持ち前の速攻で相手の対ピカチュウ無敗を崩せるか!?

絶対的な三強と最古参ピカチュウ、激アツ待ったなしの対決の行方は!?


5/8 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS 迅雷ワンダ(MA)

次の対決は第3回勢同士の対決、それぞれイロモノな名前と正統派な名前を授かり、そして両者共に予選で強い実力を見せた強者!両者共に予選勝率は6割オーバー、そして今まで出場した予選ブロックは全て通過と実力は折り紙付き。彼等の不調を疑う者などどこにもいない!

第13回で躍進し八王子に選出されたゲイと依然その実力は健在である速攻ファイターのワンダ、この試合も激戦必至!午後8時からのこの試合を見逃すなど勿体無い!!


5/8 19:00 15人目の天才(FO)VS ㍍アルザーク(SA)

現在、1勝1敗で並んでいる天才とアルザーク、この後に2勝同士で並んでいる煙草マスターの子と部長の試合が控えている以上、予選通過の為にはこの試合は勝ちたい所!
三強としてここで躓くわけにはいかない天才と、第10回のリベンジの機会を得たアルザーク、変幻自在VSいぶし銀の戦いはどの様な展開となるか!

予選通過のチャンスを大きく左右する予選Aブロック中盤戦!
チャンスを掴むのはどっちだ!?


5/7 19:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS [自称]妹(YO)

今大会、アフォックスを行わずにあの手この手で視聴者を沸かせる戦いを繰り広げているナザレンコ。流石にベテランだけあって多芸な彼だが、今度の試合はどの様な芸を披露するか?そして、アフォックスはいつ解禁するのか!?
一方、開幕2連敗で追い込まれている妹、そろそろ勝っておかないと非常に不味い!他のヨッシー勢もねこ以外2連敗スタートと厳しい状況、この追い込まれた状況でメンヘラ妹の爆発力は発揮されるか!?

2勝0敗VS0勝2敗、3連勝と3連敗が同時に生まれるのかそれとも……!?


5/7 20:00 暴力院長(PI)VS ヨシオくん(PU)

当初は新人の院長にとって癒しと考えられていたこの試合。ところが、ヨシオくんの大躍進によってそうも言ってられない事態となってしまった!ここまでの2連敗はいずれも強豪相手によるものだったが、いくら絶好調とはいえヨシオくんに負けるようならば、委員長と同じピカチュウもどきという誹りは免れない!
その一方で今までが噓のように善戦を繰り広げているヨシオくんにとってピカチュウは比較的勝ちやすい相手、自身初の予選2勝を挙げる絶好のチャンス!この試合も己の中に確かに眠っている「殺意」を発現させて勝ちを掴めるか!?

新人の選手生命と元祖最弱の予選の進退をかけた注目の試合、その結末は!?


5/6 20:00 Dr.神様(DK)VS 殺意のヨシオ(PU)

2人の王者との対決はいいとこ無しで終わった神様。次の相手はヨシオ族最強の殺意、圧倒的有利カードは絶対に落とせない!一方、ヨシオ族全員が1勝を挙げるという大型大会初の快挙を成し遂げて勢いのついているヨシオ族。この流れのまま殺意は原種のみが成し遂げている対ドンキー初勝利を神様へのリベンジという形で達成するか!?

ドンキーとプリンという64スマブラCPUトナメ2弱種族でここまで戦ってきたベテラン同士の対決はどの様な展開となるか!?


5/6 19:00 若き日のロハス(FO)VS バーンナック(KI)

2連敗でピンチに陥ったロハス、ここからは全勝する気概を見せないと予選敗退が見えてしまう!レベル8の強豪として、これ以上試合を落とすわけにはいかない!一方のバーンナックも残りの試合はいずれも強豪相手の試合という、予選通過には後2勝欲しい彼にとっては厳しい状況!だが、自身初の予選通過の為にもここで殻を破らなければいけない!

負ければあっと言う間に追い込まれるブロック予選、勝つのはどっちだ!?


5/5 20:00 [世界第1位]ゲン(FA)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

第1回幻想杯に出場するほどに出番の恵まれなかった時期から一転、大型大会に参戦することになったゲンとギルティース。だが、紫ファルコンと青フォックスはどちらも対抗馬の存在が大きい種族。ここでちゃんとした結果を出せなければ再び幻想の陰に消えてしまう可能性もある。今度こそ世界第1位となる為に、二度と幻にはならない為に、彼らは拳を交える!

意外にも彼等はそれぞれの種族の対決は初めてとなるが、これが試合にどう影響するのか!?
運命を分ける予選3戦目、レディ・トゥ・ファイト!


5/5 19:00 動物園のウシ(DK)VS バルザードたん(PI)

2連勝でまさかのリードを取ったピカチュウ勢の癒し、バルザードたん。このまま自身初の予選通過を果たしたい所だが、そこに立ちはだかるのはCPUトナメでも有数の打たれ強さを持つウシ!第10回で同じドンキーのアルベルトに負けた身としては偉大なる先輩を持久戦で破ったウシは難敵以外の何物でもないが、逆にかわいいだけのアイドルではなく強いアイドルである事を証明する絶好の機会でもある!一方のウシも唯一の第10回勢として、ドンキー勢期待の星として、色んなものを背負っている以上、無様に負けることは出来ない!

癒しピカチュウVSタンク全一ドンキー、この試合は激アツなるか!?


5/4 20:00 例の黒光(LI)VS ∫アルティライトねこ(YO)

自滅フェイントという新たな芸を見せた黒光。まだ一次予選は3戦ある上に予選通過でもしようものなら更に5戦保障。まだまだ暴れ足りないであろう問題児リンクは何処まで暴れるか!?
一方、Bブロックで一歩リードしているねこ、現状ヨッシー勢は彼しか勝てていないが、最古参ヨッシーとして意地を見せることが出来るか!?

曲者揃いのBブロック3巡目、彼等の戦いぶりは一瞬たりとも見逃せない!


5/4 19:00 ちょこにゃ(KI)VS ㌦ポッター(MA)

一次予選3巡目、ここから予選の進退を分ける試合が増えてくる!

お互い予選2連敗スタートとなったちょこにゃと㌦ポッターが、このタイミングで直接対決!これが意味するのは0勝3敗の選手が必ず生まれてしまうということ。負けたらかなり厳しい状況になる非常に重要な戦い、特にちょこにゃは3巡目での予選敗退の可能性がある選手、意地でも勝利を挙げなければならない!

絶対に負けられない3巡目開幕戦、レディ・トゥ・ファイト!!


2巡目(第4~6試合)+2巡目(第4~6試合)-

5/3 20:00 絶望のリア・リエ(MA)VS ケ(YO)

一次予選2巡目ラストは第8回以来の再戦カード!

圧倒的な有利カードも不利カードも無いリア・リエにとってはどのカードも油断できない状況。リベンジを許さずに2勝目を挙げることが出来るか?そして、まさかのヨシオくんに敗れるという珍事を起こしたケ。ますます戦績がおかしなことになった彼だが、この試合でリベンジは果たせるか!?

ヨシオくんの勝利でますます読めないHブロックにはどの様な展開が待ち受けているのか!?
2巡目ラストを勝利で飾るのは!?


5/3 19:00 勇者ヨシオ(PU)VS 切れた脇役(SA)

これまでの大型大会の予選ではヨシオ族4人の内半分が全敗という結果となっていた。しかし、今大会は既に勇者以外のヨシオ族が1勝を挙げている。既にヨシオ族全員の全敗回避にリーチがかかっているのだ!

後一人残された勇者だが、Gブロックは不利カードだらけの魔境。中でもサムス勢は未だにヨシオ族全敗カード。だが、殺意や原種はあと一歩の所まで追い詰めた。今ここで一族初勝利を挙げて正真正銘の勇者となりたい!
そして、脇役にとっても対ヨシオ戦は絶対に落としたくない所。予選通過に向けて切れた動きを見せていきたい!

ブロック予選4大会目にしてヨシオ族の全員勝利が達成されるのか?
もしくは脇役が意地の勝利を挙げるのか!?


5/2 20:00 週末のユウナくん(MA)VS ドルコリン♪(FA)

この試合が行われる2021年5月2日は日曜日。9戦目にして初の週末の試合を迎えるユウナくん!次の相手は自身初のファルコン勢!Fブロックにはファルコンが2人いる関係上、この試合からが正念場となる!初の週末の試合での彼の実力や如何に!

一方のドルコリン♪にとっても、この試合は勝てば予選通過に大きく前進出来る重要な試合。第10回での悔しい結果を超えられる活躍を見せたい!週末の名を冠する男に得意の爆裂ハグが炸裂するか!?

予選2連勝をかけたFブロック第六試合、レディ・トゥ・ファイト!!


5/2 19:00 ÅライムライトÅ(NE)VS 堕ちる純白(LI)

CPUトナメ初のレベル8選手として新時代を切り開いたライムライト、レベル8最強の一角に君臨するリンクの純白。
彼等は第8回では予選、ウィナーズ決勝でしのぎを削り合い、レベル8の新しい風を巻き起こした。
第11回では「新時代」タッグを組んで両者初となるタッグ大会に挑んだ。

そして、第14回。一昨日の敵は昨日の仲間、そして今日の最高のライバル。
これまでのこのカードの戦績は互いに1勝1敗、新時代を創り上げた2人の三度目の勝負の結末は!?


5/1 20:00 地上最強のチェマ(LU)VS 疑惑の恋人アルベルト(DK)

初戦を落としたチェマだが、その実力を疑うものはいない。正統派揃いのDブロックは混戦が予想されるブロック、ここで確実に1勝をものにしたい所!一方、猛者揃いのDブロックで苦戦が予想される中で無事に1勝したアルベルト。残り4戦中3戦がガン不利カードという厳しい状況だが、何処まで踏ん張れるか!?

レイア対エロマス、玄酔楼対ウシに続いて今大会3戦目のルイージ対ドンキー。
順当にチェマが1勝をもぎ取るか、アルベルトがまさかの下剋上を果たすか!?


5/1 19:00 ξ黒きBlack Joker(PI)VS 天空の虫使いアントン(YO)

これまでのピカチュウ対ヨッシーはヨッシー有利の結果となっているが、そんな中でヨッシーに勝利経験を持つBJ。アントンをはじめとしたヨッシー勢は爆発力が高いので耐久に乏しい中での立ち回りが重要になってくる!初戦を落としてしまった中で、ピカチュウエースの実力を改めて見せられるか!

一方、アントンは事故で折角の有利カードを落とすという手痛いスタートになった。残りのカードが対して有利とはいえない関係上、ここで勝っておかないと後が厳しい!ここで勝って自身初の予選通過に望みを繋げられるか!?

お互い爆発力には恵まれている2人、この試合の行方は!?


4/30 20:00 迅雷ワンダ(MA)VS とろけるヨシオ(PU)

ワンダ、実は今回が対ヨシオ…もっと言えば対風船族がが初めて、対するとろけるはデビュー戦でポッターを倒し、召喚士とも戦ったことがある
比較的ヨシオ族が相手できるマリオにとってこの経験の差は大きな懸念点だろうか

しかし、初戦で黒光を抑えたワンダ
その煌々とした輝きは宙に浮いたところで風船を逃がさない鋭さを感じる…天地満遍なく迅雷は轟くことを証明してくれるのか!

対するとろけるは先の第10回で唯一勝てた相手の活躍を目の当たりにしているはずだ…殺意先輩も勝っている今、ここでヨシオ族がくすぶっていい理由などない!
大先輩の勝利を皮切りに今こそヨシオ族の逆襲の始まりだ!


4/30 19:00 ㍍アルザーク(SA)VS 一番繊細な部長(LU)

またもや始まるいぶし銀対決、
このカードは今回で3回目!
過去の2戦ではいずれもアルザークがプププで勝っている…

大きな実績は残せてはいないアルザークだが流石の最古参、
細かな技術はまさしく匠!
同じく繊細さに定評のある部長に負けては淑女の名が廃る…!
やはり今回も負けられない!

対する部長は個人戦の大会でアルザークが大きな障壁となっている現状…昇進を狙うにはこれしきのタスクで根を上げるわけにはいかない!

互いの得意分野が激突する名物ベテランカード!
通なお客さん、録画をお忘れなく!


4/29 20:00 エロい姉(SA)VS ヨシオくん(PU)

Hブロックに起こった未だかつてないほどの異常事態。まさかの勝利を果たし、注目を大きく集めているヨシオくんの第二戦が始まる!

比較的有利カードの多い姉だが、その筆頭であるヨシオくんを落としていては今後の展開が危ぶまれる!そして、未だにヨシオ族が全敗となっているサムス勢との対決となったヨシオくんだが、初戦の動きは非常にいいこともあり、期待が高まっている!何より、ここで殺意でも成し遂げられなかった対サムス勝利を飾れば夢の予選通過も見えてくる!

今度のヨシオくんは赤リボンの闘志を発現させるのか!?
それともいつものクソザコ原種となるのか!?


4/29 19:00 突起物!ポンチコ(PI)VS [自称]妹(YO)

初戦では3ストック献上と見事に大型大会の洗礼を受けてしまったポンチコ、運悪く自傷で初戦を落としてしまった妹。立ち上がりが遅くなってしまったレベル8ルーキー2人だが、まだ試合は4戦ある。今後に向けて少しでも早く勝ちを掴みたいところ!

第12回の準優勝と3位の勝負となったGブロック第五試合、激戦となるか!?


4/28 20:00 雅なりし報い(KI)VS 殺意のヨシオ(PU)

今大会のカービィ勢は未だに雅しか勝てていない苦しい状況、そんな中で4タテデビューを果たした新エース候補の雅がカービィ勢の希望となるべくヨシオ族の突然変異体に勝負を挑む!そして、原種ヨシオがまさかの勝利を果たし、その闘志に火がついているであろう殺意。カービィ勢はヨシオ族が比較的勝利を挙げられているカード、予選通過の為には絶対に勝っておきたい試合!

ぽよっぽよの風船族と侮るなかれ。彼等は互いの種族を相手に2勝している関係上、この試合は激戦になる事が予想されている。カービィ勢期待の星VSヨシオ族最強の対決の行方や如何に!


4/28 19:00 エロ過ぎるマスター(DK)VS バーンナック(KI)

初戦ではレイアをあと一歩の所まで追い詰めるというまさかの活躍を見せたエロマス。何気に好調子の続く彼だが、自身が比較的有利に戦える風船族を相手にどんな嫌がらせ行為を働くのか!?そして、次なる標的にされたバーンナックだが、いくら強者揃いのブロックといえどもエロマスには絶対に負けたくない!己の誇りと予選通過の希望をかけて勝負に出る!

Eブロック第五試合、コンボカービィに嫌がらせがなされてしまうのか!?
注目の試合は今夜7時から!!


4/27 20:00 卍黒きムッコロズ(SA)VS ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)

打って変わってこちらは初戦を落としてしまった者達の勝負。ここで負けると予選通過がかなり厳しくなってしまう。
エルバンに完膚無きまでに叩きのめされたムッコロズだが、諦めるにはまだ早い。サムス勢エースに相応しい戦いを見せる時!そして、ギルティースは明確に有利がついていたはずのアルベルトに敗れているというムッコロズ以上に追い詰められた立場に立たされている。フォックスは対サムスでは有利がついているが、ここも落とそうものならかなり厳しい状況となってしまう!勝率もかなり苦しい状況、勝たないと本格的にマズい!

お互い負けたくない試合だが、先に1勝を果たすのはどっちなのか!?


4/27 19:00 歩く天下無敵(NE)VS バルザードたん(PI)

玄酔楼に勝利したことで予選通過に一歩前進した天下無敵。しかし、Cブロックはネスが不利をつけられているピカチュウ勢が2人いるブロック、まだまだ油断はできない。特に、バルザードたんは自身が第6回で敗れた相手。この試合でリベンジを果たしつつ1位通過に向けて前進したい!
一方のバルザードたんは種族上不利がついているアントン相手に勝利し、予選ブロックを有利に進めている状況。着実に機運が高まっている状況、第6回で天下無敵相手に勝ち取った白星はまぐれでないことを示したい!

両者共に初戦を制した者達。この試合も抑えて予選通過に前進するのはどっちだ!


4/26 20:00 悪魔の下目使い(KI)VS ∫アルティライトねこ(YO)

惜しくもゲイの牙城を崩せなかった下目。続いてのヨッシー勢には過去に2勝している以上、ここで勝ちを稼いでおかないと苦しいことになるのは間違いない。そして、一巡目ではヨッシー勢唯一の勝利となったねこ。だが、その試合もハイラルで自滅があったりとどうにも不安が残る結果に。Bブロックは曲者の揃っているブロックだが、豪運ヨッシーの運命や如何に!

それぞれ負けたくはないこの試合、コスパが猛威を振るうのか、あるいは豪運が味方をするのか!?


4/26 19:00 煙草マスターの子(LI)VS ㌦ポッター(MA)

初戦を無事に制し、復調に向けて望みがかかる煙草マスターの子。しかし、まだ予選は始まったばかり。これ以後の試合もしっかり安定した戦いをこなせてこそ王者だ。一方の㌦ポッターは、初戦で逆転負けという苦しい状態。このまま負けが込むとアズカバン送りが見えてきてしまう!起死回生の大魔法を発動出来るか!?

王者の復活か、錬金術師の意地か。
Aブロック第五試合、レディ・トゥ・ファイト!!


4/25 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS 暴力院長(PI)

予想外の展開に激震が走るHブロック。そんな中で新人の院長はCPUトナメ現最強のポイゾネと対決することになった!初戦は惜しくも及ばなかった院長、これ以降の試合は苦しいキャラ相性の対決ばかりとなってしまうが、ポイゾネは過去に自滅を連発していた選手。ここで金星を挙げて予選通過に望みを繋げたい!一方のポイゾネも現最強としてそう簡単に勝ちを譲る気はない!今回も予選全勝を果たせるか!?

混迷を極めつつあるHブロック二巡目、レディ・トゥ・ファイト!!


4/25 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS 戦芸人ナザレンコ(FO)

彼等が出会った第3回予選、その頃の吐き気はまだ頭角を現しておらず、ナザレンコはこの頃からアフォックスを連発して注目を集めていた。あれから3年半、現在の吐き気はファルコン勢を引っ張るエース、ナザレンコはアフォックスもこなす実力者兼芸人としての地位を確立した。

初戦を3ストック残しで勝利して快調な滑り出しとなった吐き気と、初戦を何故か真面目に制したナザレンコ。
3年半経って行われる再戦はどの様な展開となるか!?


4/24 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS Dr.神様(DK)

地味に個人戦5連敗中のデスエン。八王子に選出された身としてこれ以上の負けは避けたいところだが、今度の相手はジャイアントキリングで知られている神様!意外にもドンキー勢は初となるデスエンだが、ジャイアントキリングをされてしまうのか!?コンゴでのソンソンにも気を付けたいところだが……?
そして、今回は第8回王者と当たる神様。前回のユウナくんは付け入る隙が無く手ひどくやられてしまったが、デスエンはその運の悪さやソンソンと付け入る隙はある。他のドンキー勢が比較的好調な戦いを見せている中、得意のジャイアントキリング発動なるか!?

凶運の皇帝VSジャイアントキリング、気になる勝負の行方は!?


4/24 19:00 灼熱のレイア(LU)VS 若き日のロハス(FO)

エロマスの予想外の奮戦にあうも何とか初戦を制したレイア。しかし、ここからはレベル8の強豪との対決が続く。ブロック通過に向けて3勝は欲しいところだが、この後にルイージ勢が不利としているネス、リンクが控えている関係上ここは落としたくない!
一方のロハスも初戦を落としている関係上、ここで負けるとかなり追い込まれた状況となってしまう!まだ予選二巡目ではあるが、この試合を取れるか取れないかで命運も大きく変わるのだ!

互いに相手種族とは1敗している勝負、予選通過に向けて前進出来るのは!?


4/23 20:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS [世界第1位]ゲン(FA)    

初戦からクライマックスと言わんばかりに圧倒的な実力を見せつけるエルバン。今回もコンディションは絶好調の状態だが、今後の試合も勝ちを量産していくか?そして、そんな最強のガキに挑むのは、初戦を派手な名勝負の末に勝利してその実力の片鱗を見せたゲン!久しぶりの大型大会で実力は健在だということを見せたい彼だが、三強を相手に何処まで戦えるか!?

最強のネスVS世界の頂点を目指す者、激アツ間違い無しの対決が始まる!


4/23 19:00 玄酔楼(LU)VS 動物園のウシ(DK)

初戦は惜しくも負けがついてしまった玄酔楼、三強という看板を背負っている以上、ここからの試合はすべて勝っておきたい。しかし、そこに立ちふさがるのは初戦を得意の粘りで勝利したウシ。その粘り強さは強豪といえども攻略は決して楽ではない代物、予選通過を阻むプレッシャーとしての存在感は絶大!

鍛え抜かれた龍の拳が猛牛を屠るか、それとも同じドンキーのエロマスがレイアを追い詰めたように大金星を成し遂げて高級和牛としての地位を更に上げていくのか!?
Cブロック第四試合、相手を狩るのはどっちだ!?


4/22 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS 例の黒光(LI)

第13回で一皮剥けた♂ゲイ、今度の試合は勝てば4人目の全12種族制覇となる大事な試合!これまでの対リンク戦績は0勝2敗、ここで三度目の正直なるか?全12種族を食った大物のゲイとなるか!?
もっとも、黒光もそう易々と食われるような奴ではない。曲者としての実力はしっかりと持ち合わせている彼、嫌がらせをするにはもってこいの場面で暴れられるか注目が集まる!

依然油断ならない状況が続くBブロック、レディ・トゥ・ファイト!!


4/22 19:00 15人目の天才(FO)VS ちょこにゃ(KI)

予想通りの激戦やまさかの試合展開が集まった予選一巡目。ここからは予選二巡目、競争は更に激化していく!対戦するのは、お互い自滅が響いて初戦を落としてしまった天才とちょこにゃ。予選通過には最低2勝が必要であり、ここでの連敗は非常に不味い!一刻も早く1勝を掴みたいところだが……!?

エンターテイナーとアイドル、どちらも場を沸かす事に長けている者同士だが、この試合は盛り上がった試合になるか!?


1巡目(第1~3試合)+1巡目(第1~3試合)-

4/21 20:00 ヨシオくん(PU)VS ケ(YO)

予選ブロック一巡目、最後の入場を飾るのは我らが「クソビリ四冠」ヨシオくんと「謎ヨッシー」ケ!
第10回では0勝9敗というある意味突き抜けた戦績で誰にも文句を言わせず最弱の座を手にしたヨシオくんだが、今回も負け上がって行くのか!?対するケも第10回で準優勝に輝いてなお謎が尽きない状態、この試合でまさかが起きてしまうのか!?

遂に出揃った48の選手達!一巡目最後の試合はどうなるのか!?


4/21 19:00 [自称]妹(YO)VS 切れた脇役(SA)

ヨッシー勢の中でも一際危険な爆発力を持つ[自称]妹と、幻のレイガンコンボや三度に及ぶ4タテ達成とその名前の通り切れた動きは非常に強い切れた脇役、Gブロック三試合目は爆発力が期待できる対決となった!
第12回では3位、第13回では最弱と実力の乱高下が激しい妹は今回の予選ではどう暴れるのか?第13回では準優勝となったものの肝心の自身の戦績は1勝3敗とくすぶり続けている脇役はここで実力を爆発させるか?

この試合は如何に本調子を出せるかの戦い、スタートダッシュを切れるのはどっちだ!?


4/20 20:00 殺意のヨシオ(PU)VS ドルコリン♪(FA)

遂に来たぞ、ヨシオ族最強!これまで幾度となく無理ゲーを攻略してみせた殺意がリングに姿を現した!初戦もファルコン勢という難敵となったが、彼はファルコン勢に唯一勝利経験を持つヨシオ族。どんな相手でもワンチャンあると言われ続けた彼の進撃を期待しない者などいない!
そして、抱きに来るファルコン勢のアイドル、ドルコリン♪も大型大会というステージに立った!第10回では強敵に阻まれて予選敗退という悔しい結果となったが、今大会こそセンターポジションを目指すべく戦う!

この試合で見られるのは、最強のヨシオ族の伝説か、アイドルの復活か!?
注目のステージは午後8時!!


4/20 19:00 バーンナック(KI)VS 堕ちる純白(LI)

コンボに命をかけるカービィ、バーンナックが今回も参戦!これまでの二度のブロック予選はいずれも2勝3敗での敗退というあと一歩及ばない戦績。レベル8の強豪が集うレベルの高いEブロックだが、三度目の正直なるか!?
そして、実力派揃いの白リンクからは今回も純白が参戦!レベル8筆頭格の彼は期待の声も大きいが、初戦で幸先のいいスタートを切ってその声に応えられるか!?

コンボカービィVS堕ちないリンク、激戦待ったなしの試合が始まる!


4/19 20:00 ♀幻のギルティースMkⅡ(FO)VS 疑惑の恋人アルベルト(DK)

正統派の揃ったDブロックの三試合目は正統派フォックスのギルティースと同じく正統派ドンキーのアルベルト!
かねてより正統派フォックスとして根強い人気を持っていたギルティース、中規模大会への出場を経て大型大会に復帰となったが、肝心の勝利は第3回以来、3年半以上も挙げられていない!せっかくの大型大会、ここで勝てないようでは幻想行きも見えてしまう!
一方、すっかり正統派ドンキーとして三度目のブロック予選に挑むことになったアルベルト。ドンキー勢最強の座は現在ウシが持っている状況、一度はドンキー勢期待の星として注目を集めた身、ここでウシに負けない活躍を見せたい!

ここに始まる正統派同士の対決、激戦となるか!?


4/19 19:00 バルザードたん(PI)VS 天空の虫使いアントン(YO)

ピカチュウきっての萌えキャラ、バルザードたんも第10回に続き大型大会に続投!前回は惜しくも予選敗退となったものの一部金星も挙げており、緑ピカチュウの中でも実力は比較的高め。何より意外性を秘めているので、ブロック予選も期待がかかる!
そして、はちが出ない歴もそろそろ4年に差し掛かろうとしているアントンも参戦!着実に個人戦の実力も上げつつある彼だが、予選通過へ向けて四度目の正直なるか!?

予選突破に向けて、1勝は貴重な価値を持つ。
初突破へのスタートダッシュを切れるのはどっちだ!?


4/18 20:00 ∫アルティライトねこ(YO)VS とろけるヨシオ(PU)

ヨッシー勢の先陣を切るのは元祖豪運の最古参ヨッシー、∫アルティライトねこ!記号杯では1勝こそ出来たものの、妖魔にまさかの事故を起こし敗退と少し不安が残る状態。この試合で豪運ヨッシーは健在だということを見せたい!
そして、今回も緑ヨシオ代表として参戦したとろけるヨシオ。第10回では予選全敗のブービーという悔しい結果となってしまったが、緑ヨシオの復権の為に何とか勝ちたい所!

互いに不安の残る状態だが、この試合で勝利してスタートダッシュを決めるのは!?


4/18 19:00 ㌦ポッター(MA)VS 一番繊細な部長(LU)

金の力で戦う錬金術師、㌦ポッターと会社の部長ならばお金の管理も気を遣っているであろう一番繊細な部長、Aブロック一巡目の最後の試合が始まる!いぶし銀とも称される堅実な試合を得意とする部長は崩しがたい難敵ではあるが、アイテムを用いた爆発力を㌦ポッターは持ち合わせている。他のマリオ勢が一巡目を勝利で飾った今、ここで負けたくはない!

Aブロック第三試合、賭けに勝つのはどっちだ!?


4/17 20:00 暴力院長(PI)VS 絶望のリア・リエ(MA)

遂に登場する超新星の暴力院長、一体どんな試合を診せてくれるのか?似た名前の選手のような散々な結果となってしまうのか、それとも一躍スーパースターになるのか! その全貌は今日夜20:00から!
対するはシュバルツの意外な躍進で一転したピンチな立場となった絶望のリア・リエ。マリオ勢が連勝してる中絶対に負ける事は出来ない。己を強さをまた見せつける時!

期待のニューカーマ―VS歴戦の最古参、勝つのはどっちだ!!!!!!


4/17 19:00 戦芸人ナザレンコ(FO)VS 勇者ヨシオ(PU)

1年ぶりの登場となる戦芸人ナザレンコ、今回は一体どんなスーパーアフォプレーを見せてくれるのか!?予選突破すれば更に5試合保障となる今大会、予選突破しない手はない!
対するはギリギリで今大会の枠を勝ち取った勇者ヨシオ、幸か不幸か今大会は爆発物が制限された!第6回以来の大爆発を目指す!大会を賑わせたもの同士の対決!さあ、1年ぶりの雄姿を魅せてくれ!


4/16 20:00 Dr.神様(DK)VS 週末のユウナくん(MA)

  • 試合コメント1

週末に強くなると噂のスーパールーキー週末のユウナくんが週末(はなきん)に久々登場!迎え撃つはミスタージャイアントキリングDr.神様!神様の拳で異界送りにされてしまうかユウナくん!?逆にユウナくんは神様を異界送りならぬ神界送りできるか?!

操られたティーダ「この戦いが始まる前から…俺…消えてっから!」

  • 試合コメント2

何かと色々なスター選手達に縁のある神様。初戦の相手は今、最もアツい第12回王者のユウナくん!第10回では大躍進を遂げた神様、更に選手のレベルが上がった第14回ではジャイアントキリングを見せられるか!?
一方、何かと金曜日に縁のあるユウナくんにとっては初めてのブロック予選。既に同じくスーパールーキーと称された雅は初戦を勝利して幸先のいいスタートを切っている状態、レベル8王者の彼もそこに続いていきたい!

ジャイアントキリングの神とレベル8王者、意外と読めない対決の行方は!?


4/16 19:00 若き日のロハス(FO)VS ÅライムライトÅ(NE)

強種族として知られているフォックスとネス、その種族に生まれたレベル8の新星。ロハスとライムライト、両者共に三強の一角を破り予選ブロック1位通過を経験している若手の強豪同士が今ぶつかり合う!
ロハス、ライムライト、純白という強豪レベル8選手が集まったEブロック、当然ながら彼等の勝負の結果次第でブロックの運命が大きく左右される!

レベル8の可能性を切り開いた選手達、この試合は激戦間違いなし!


4/15 20:00 [世界第1位]ゲン(FA)VS 地上最強のチェマ(LU)

第1回幻想杯、いわゆる名前負けの選手という評価だったゲンとチェマ。しかし、彼等は変わった。復活した第10、11回で目覚ましい活躍を見せたチェマ、第13回で予想を超えた健闘を見せたゲン。
そして、機運が高まった彼等は第14回の初戦で運命的な再戦となった。

幻想杯の時は名前だけのネタ試合という前評判であったが、今回は違う。
今の彼等はその名前の通り勝利を渇望されて選ばれた選手達。
その名に相応しい激戦を今ここに!


4/15 19:00 動物園のウシ(DK)VS ξ黒きBlack Joker(PI)

来たぞ、ウシ!第10回で衝撃デビューを果たしたドンキー勢の新星が今回も参戦!相手は速攻に秀でたピカチュウ勢のジョーカーにしてエース、ξ黒きBlack Joker!第10回では数少ない最古参の脱落者という悔しい結果となったBJはそのリベンジに燃え上がっているだろう。果たして、BJの本気の猛攻を前にウシは粘ることが出来るか!?

CPUトナメ有数の矛×盾対決、軍配が上がるのは!?


4/14 20:00 例の黒光(LI)VS 迅雷ワンダ(MA)

Bブロック二試合目は第10回で復活を遂げた選手同士の対決!
すっかり青リンクの問題児として定着した黒光。これまで予選を搔き回し続けた彼は今大会の初戦でどの様な暴れっぷりを見せるのか注目が集まる!そして、第10回では更なる速攻を披露してその実力を改めて知らしめたワンダは、強豪の集うリンク勢を相手に得意の速攻を決めることが出来るか!?

自滅と速攻が嚙み合ってアッサリ終わるのか、CPUトナメ屈指のヒールが予選を再び荒らしまわるのか!?注目の対決は午後8時から!


4/14 19:00 ちょこにゃ(KI)VS ㍍アルザーク(SA)

八王子の初戦が終わり、ここからは更にバラエティに富んだ試合が始まる!
続いての試合は努力を重ねて原色カービィの人気を勝ち取ったアイドルのちょこにゃと地味ながらサムスらしい堅実な試合を得意とするアルザークの対決!魅せてナンボのアイドルと堅実さが売りの淑女、互いの戦闘スタイルは大きく違うものとなっているが、この試合ではどの様な化学反応が起こるのか!?

魅せプレイが始まるか、堅実に勝負を決めるか、この試合も注目だ!


4/13 20:00 紅きポイゾネサスくん(LI)VS  エロい姉(SA)

第10回を無敗で制した現最強、満を持して参上!
久々の個人戦となったポイゾネ、その鬼神の如き猛攻は今回も発揮されるか注目が集まる!
そして、第3回以来となる本戦となったエロい姉。初戦からいきなり王者との対決となってしまったが、実はサムス勢の対リンク戦績はほぼ五分!第2回幻想杯でにわかに株を大きく上げた姉は久々の本戦で何処まで戦えるか!?

ポイゾネ、現最強としての初戦。
姉、久々の表舞台での初戦。
注目度1000%のこの試合、絶対見逃すな!!


4/13 19:00 3億ドルの吐き気(FA)VS 突起物!ポンチコ(PI)

P(ピー)よって選出された各予選ブロックのリーダーを務めることになる8強、通称「八王子」。当然ながら選ばれる選手もスター揃い。大会優勝者がひしめき合う布陣となった。だが、吐き気だけはまだタイトルを持っていない。ファルコンのエースとして呼ばれたからこそ、今大会で優勝の座を手に入れる時なのだ。
一方、優勝の座が欲しいのは第12回準優勝者のポンチコも同じ。惜しくも優勝に届かなかった彼は今度こそてっぺんを獲りに行く!

ネタネーム同士の対決となったが、断じてこれはネタ試合ではない。
両者とも優勝の座を目指す立派な戦士なのだ!


4/12 20:00 Φデスエンペラー(FA)VS 雅なりし報い(KI)

打って変わってFブロック初戦は最古参と第12回の期待の星という熱い対決に!
いくら運が悪いとはいえ、デスエンは予選勝率8割の猛者!予選の帝王を前に今をときめくスーパールーキーはどう挑む!?鳴り物入りで大型大会に参戦した身、この試合で実力を証明したい!

この試合、皇帝の矜持が守られるのか、優雅に下剋上が果たされるのか!?


4/12 19:00 灼熱のレイア(LU)VS エロ過ぎるマスター(DK)

実力者同士の対決が続いていた状況で、次の試合はレイアvsエロマス。余りにも実力差の激しいカード、試合に脱力感が漂う!
だが、エロマスもルイージに勝利経験を持つ唯一のドンキー、まさかのワンチャンがあるのか!?レイアにとっては今後の試合が強豪揃いの状況、この試合は絶対に落とせないが……

彼等が出会ったのは何と第3回以来!
CPUトナメの中でも一番どうでもいいリベンジマッチが幕を開ける!


4/11 20:00 ☆爆走戦士エルバン(NE)VS 卍黒きムッコロズ(SA)

Dブロック一戦目を務めるのは、記号杯で更なる殻を破った者達。

記号杯で遂に念願の個人戦大会初優勝を遂げたエルバン。名前の通り白星の化身となった彼は今大会も頂点に向けて爆走を始めていく!
一方、記号杯3位に輝いたムッコロズ。記号杯でチャージショットの腕を上げるなど更なる鍛錬を積み、サムス勢最強としての座を更に固めた状況、この試合での勝利は自身の成長の証明となる!

ネス最強VSサムス最強、Dブロック一戦目とは思えない激アツカード!
この勝負を制するのは!?


4/11 19:00 玄酔楼(LU)VS 歩く天下無敵(NE)

三強、それは第6回に提唱された最強の3人の総称。
彼等に匹敵する実力を見せた者が現れつつある今でも彼等の実力と存在感は未だに大きい。
三強としてCブロックを支配するのは、「龍を極めし老師」玄酔楼。
今大会も、彼の昇り龍が火を吹く。

立ち向かうは、第10回で躍進を遂げたネス勢の古豪、歩く天下無敵。
初戦から難敵に当たる事となったが、天下を目指す彼にとって三強は避けて通れない存在。
壁を越えない限り、天下を掴むことは叶わないのだ。

天下に君臨する者と、天下を目指し進む者。
Cブロック一戦目から早くも激戦の予感……!


4/10 20:00 綺麗なゲイ(NE)VS 悪魔の下目使い(KI)

下を見ろ

迫り来るかめ頭を

上を見ろ

落ちてくる岩を

その下目使いゆえに下から攻めてきたゲイをストーンで下した下目使い!再び下目を使い勝利するか!?

ゲイも13回で優勝し一皮剥け♂た!ちょこにゃ戦のようにストーンの発生前に頭で潰し勝利するか!?

全てを見下す悪魔 VS 上昇志向♂のゲイ

矛盾の答えは、この戦いにある


4/10 19:00 15人目の天才(FO)VS 煙草マスターの子(LI)

トナメ史上最大規模の第14回大会

これまでに無い強者だらけの大会がついに開幕を告げる

その開幕戦に選ばれたのは…

第二回優勝者 15人目の天才

 

第三回優勝者 煙草マスターの子

古の優勝者たちが第六回大会ぶりに激突する

これまで背負ってきた期待ムソウと不安ジメツは数知れず

彼らは揺らぎ何度も我々を惑わしてきた

しかし、彼らに理解者は必要ない 求めるは己である証明のみ

トナメ屈指の魔物カードで開幕の狼煙が上がる!!

覚悟は出来たか?

READY TO FIGHT!!


4/7 第14回大会オープニング

時は来た。
今回で4大会目となるブロック予選式大型大会。
更に、今回はCPUトナメ史上初の二段階予選。

そんな史上最大の大会を盛り上げるのは、新しくなったオープニング。
かつての大会の優勝者や、優勝に届かなかったものの激戦を繰り広げた者、
最古参から新たなる挑戦者まで色とりどりの48名の選手達の入場を華々しく飾ってくれることだろう。

この場に集められた、48の精鋭達。
今、CPUトナメ史上最大の闘いが幕を開ける────

最強の座は、誰の手に───

2021.4.10 開戦

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NzcwMzViM

黒光のfall guysで不覚にも吹き出した

返信
2022-06-23 21:09:01

名無し ID:ZWUwZDFjN

過去ログに荒らしの形跡あり灼熱の礫を修正した

返信
2022-06-15 08:48:13

名無し ID:NTgzNjQ1Z
>> 返信元

ありがとうございます。思い込みしてました。

返信
2022-06-10 19:53:58

名無し ID:NjFkYjk0M
>> 返信元

あるよ AとBで別れとるからな

返信
2022-06-09 20:51:26

名無し ID:Y2ZmOGQ0Z

6/7以降のがない?

返信
2022-06-09 20:50:22

名無し ID:N2RkZGM3Z
>> 返信元

本当だスゲーありがとう。

返信
2021-09-04 01:44:45

名無し ID:MGFhM2NhN
>> 返信元

二次予選生放送コメントの最後の行をクリックするのだ

返信
2021-09-04 00:21:06

名無し ID:N2RkZGM3Z

あれれ、一次予選の延長戦のコメントは?

返信
2021-09-04 00:07:20

名無し ID:ZTYwNWI2Z

20日が2回投稿されてて21日が無いです
自分は機器の都合で編集できないので誰かお願いします(人任せ軍曹)

返信
2021-07-22 04:02:37

名無し ID:NDdkOTFhO
>> 返信元

乙です

返信
2021-06-11 12:17:29

名無し ID:N2Q4YTFhN

編集の際にメモリ不足の現象が起こったため、第14回以降を分けました。
そして、誠に勝手ながら今日の試合コメントにささやかなギミックを仕込んでみました。(最後の文をよく見ると……?)

返信
2021-06-10 22:09:15