キング・オブ・妖魔 (DK)

ページ名:キングオブ妖魔

キング・オブ・妖魔

Illust:飛岳 さん
素敵なイラストありがとうございます!

 

Profile
キャラクター ドンキーコング
カラー 第3回〜: CPUレベル Lv.9
肩書き 第1回幻想杯:ただのペット
●出場記録 ◯成績
第3回大会

予選:1勝4敗(残スト1) Hブロック6位敗退

ベスト44

第1回幻想杯 ベスト19 (1回戦敗退)

P(ピー)「妖魔当たるよね~!」

第3回大会から登場した青ドンキー。初戦で戦芸人ナザレンコとの「名前の響きが良い対決」をナザレンコのアフォックスのお陰で制したが、その後は特に見せ場らしい見せ場を作れず4連敗。ブロック最下位で予選敗退となった。

幻想杯1回戦の相手は相性最悪の暴力委員長と戦う。悲しいかな圧倒的相性差と実力差で敗北。早くもドンキー勢は全滅となった。

余談だが、悪魔の下目使いの二つ名のひとつに「ゴリラの飼育員」というものがある。これは妖魔vs下目使いの試合において、誰もいないところでスターロッドを振り回す妖魔を下目使いが後ろで何もせず(いわゆる「不動」)眺めていたことや、妖魔がパンチを溜めたりキャンセルしたりを繰り返している時に下目使いも緊急回避を繰り返し、妖魔が誘い出されたところで上スマを決めてバーストさせるなどして手玉に取っていたことから付けられたものである。そして時は流れ幻想杯1回戦のサムネイルにて下目使いがまさかの友情出演。無事(?)公式設定となった。

実力ははっきり言ってドンキー勢でも1、2を争う弱さ。第3回ではティーダはソーセージを実力で下しており、神様は殺意とタバスコ、エロマスも最後の最後に意地を見せ人喰い軍曹を倒している。
一方の妖魔はナザレンコのアフォックスのおかげで1勝取ったのみ。第6回では運に恵まれたISAMIやダーク内藤がそこそこ勝ち上がっている。妖魔はそのように運に恵まれてもいないため、負け数以上の弱さを感じさせる。

しかし、ライバルである青ドンキーの内、ISAMIは一触即死に専念、妖精は一生出さないと言われているため、もしかしたら次の大型大会で参加できるかもしれない。・・・と思いきや第10回の出場アンケートでは29.9%を獲得するも新人が35.1%と票数で負けてしまったため、第10回の出場もなくなってしまった。ウシに枠を取られたペットである


『キング・オブ・妖魔』は第3回出場者名前決めにて二つ名作成サイトでドンキー勢の名前を決める際に一発で出たもので数少ない無改変組の一人。出た瞬間にPが「キング・オブ・妖魔…いいね!」と言うほどその語感を気に入った様子だった。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
戦芸人ナザレンコ 第3回(予選) 第1試合 プププランド
昼間の召喚士 第2試合
3億ドルの吐き気 第3試合
巨大天使マックス 第4試合
悪魔の下目使い 第5試合
暴力委員長 第1回幻想杯(1回戦) プププランド
  通算   1勝5敗

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NzcyYWE4N

ご主人との絆の再確認記念に新ウィキ初コメ。
レベル9青ドンキーはプププコンゴピーチでしか試合経験ないし、ハイラルセクターアイランド辺りで戦う日がいつか来るといいな…w

返信
2020-01-08 16:41:48