屈強なる妖精 (DK)

ページ名:屈強なる妖精

屈強なる妖精

Illust:テッセー さん
おっほっほっほ〜 元気だ( ^ω^)

Profile
キャラクター ドンキーコング
カラー 第8回~: CPUレベル Lv.8
立ち絵 第8回~:箱(タル)持ち上げ
掛け声 世代対抗戦:
肩書き 第8回:ただの雑魚、第1回ヨシオ杯:最弱クソゴリラ/クソ雑魚ゴリラ
●出場記録 ◯成績
第8回大会

予選:0勝5敗(残スト0) Gブロック6位敗退

47位(最弱決定戦:2位)

第1回ヨシオ杯 ワースト7位(1回戦勝利→最強決定戦:2位)
世代対抗戦

4位 (準決勝敗退→3位決定戦敗北)

世代:第八回勢

P(ピー)「ヤバすぎる!どこが屈強なのか!?」

第8回から登場の妖精♂。キャラはドンキー。予選は死のブロックとも言われるGブロックから出場。

レベル8での参戦ということで今まで碌な結果を残せていない(チーム戦除く)ドンキー勢に新風が吹くかと期待されていたが……


第8回~ヨシオ杯の戦績 +塩漬けゴリラ誕生 -

初陣の若き日のロハス戦は序盤自滅をしたぐらいで特に波風立たず3タテされ、続く綺麗なゲイ戦ではゲイ♂と妖精♂ということでどのようなレスリング♂が繰り広げられるか期待されていたが、ゲイにボコボコにされた上に自分で投げたボム兵に上スマッシュを決めようとして自爆するなど余りにも酷い立ち回りを披露、この頃から早くも視聴者から虚弱・脆弱なる妖精など皮肉られP(ピー)にも「今までの最弱ドンキー説ありますねこれ……」と実況されてしまった。

3戦目となる世界のrekuiemu戦でもハイラル城+風船族という圧倒的有利な状況にも関わらず2ストック残しで敗北し、20人目の味方殺し戦では巧みな後ろ投げバーストを披露したものの、お互い事故や自滅を繰り返してただの茶番試合に終わった。この試合を以て4連敗となり、レベル8勢(ちょこにゃ除く)で真っ先に予選敗退してしまった

あまりの弱さから残す15人目の天才勝利予想アンケートでは過去最大の天才91%妖精9%を叩き出した
その予想を裏切らない形で天才に情けのアフォックス込みで2ストック残しで敗れ、全敗での敗退に終わった。これまでドンキー勢は大規模の大会(第3回、第6回)ではそれぞれ最低1勝はしていたが、第8回時点で1勝も出来ず敗退したのは妖精が初となり(他のドンキー勢は第8回でも最低1勝している)、最弱決定戦にも早々に出場が確定した

その最弱決定戦では重さと相性差を活かして優位に立ち回るも、勇者ヨシオのメガンテ(ボム兵)や緑甲羅に巻き込まれ、落下数の差で2位と中途半端な成績に終わってしまった。
結果的に塩漬けクソゴリラなどの不適切な呼び名で呼ばれるようになってしまった。ヨシオくんを見習ってほしい

第8回におけるストック献上数は同じく全敗したヨシオくん勇者ヨシオがそれぞれ10・9ストックであるのに対し妖精は11ストック第8回大会ワースト、第3回を合わせても鳴りやまぬヨシオの12ストックに次いで奇跡のヨシオと並ぶワースト2タイという驚異的な成績をマークした。ちなみにもし味方殺しと天才が自滅しなければ献上ストック13と単独トップを記録していた。

一方、自身と同じレベル8ルーキーの疑惑の恋人アルベルトは非常に良い動きをしておりドンキー勢の新風となりつつある。同じレベル8でありながら片や同族期待の星、片や同族最弱候補と真逆の立ち位置となっている。

その弱さから最弱の中の最弱を決めるヨシオ杯にて参戦が決定。唯一のレベル8の出場者となる。
相手はいきなりヨシオくんとなり、1回戦にして実質決勝戦と注目が集まった。自身は全くやる気のないムーブを見せた上に自滅をするなど、最弱クソゴリラの渾名に恥じない立ち回りを見せつけるが、それすら上回る圧倒的ヨシオくんの弱さを前に中途半端に2ストック残しで勝利してしまい、塩漬けゴリラという悪評を払拭することが出来なかった。

最強決定戦(笑)でも下スマが冴えていたぐらいで、2撃墜2落下で0点という特に面白みのない戦績で2位に終わった。


第14回に続いて開催された世代対抗戦ではP(ピー)に嫌われているのもあって不参加になるのではとも噂されていたが、結果的にどこぞの幻想の人とは違いれっきとした第8回勢の一員として参加する事になった。
もっとも、実際の出場選手は各世代との対戦ごとにランダムで5人選出するという形であるため、実際に参戦するかは運次第でもあったのだが……

世代対抗戦の戦績 +多分誰にも歓迎されてないであろう参戦 -

世代対抗戦では準決勝で登場。既に消化試合が確定している副将戦で、第一回勢の㍍アルザークとプププランドで対戦。
開始早々にパンチをMAXまで溜めていくが、左右台でガーキャン空中上を出した結果事故を起こし僅か20秒でバースト。
地力の差で%を溜められる展開が続いていくも、降ってきたスターを相手が取った際は冷静に技をガード。(こっち見んな)
左右台に仕掛けてあるモーションに気を付けながら粘る妖精だが、謎の弱攻撃を回避に挟んだだけでバースト技を振れない。
アルザークがモーションに当たったが爆風だったこともあり耐え、復帰阻止をする間もなく空中後を喰らって2ストック差。
しかしここで炙りアイテムを取得した相手に対し完璧な角度の空中前メテオを決めることに成功。P(ピー)にも褒められる。
だがこの一撃で逆転できるほど甘くはなく、相手の安定した%稼ぎでバースト圏内まで追い詰められた瞬間に樽が爆発。
残り1ストックに追い詰められ、MAXチャージを上強で相殺する好プレーを見せたが最後は再び撃たれた事で大敗した。

同大会でウシが同じく橙カラーのサムスであるコンソメ顔とプププランドで戦った際には曲がりなりにも残り1ストックの所まで奮闘していたのに対して、妖精は第8回とまるで変わらないクソ雑魚ゴリラぶりを改めて見せつけることとなった。
しかも、続く3位決定戦ではウシの単騎チームである第十回勢が相手の都合上、今大会での妖精の出番はここで終了してしまうのが確定してしまった。次の出番はいつになるのか、そもそも次の出番はあるのか。


評価・余談 +評価・余談 -

ご覧の通り強豪たちにボコボコにされ屈強さを全く発揮できていない……のだがヨシオ杯含め出場した全試合最低1回は150%以上耐えており、rekuiemu・天才戦に至っては200%以上も耐えるなど無駄な耐久性を発揮しており、そこが屈強たる所以なのかもしれない。ただのサンドバッグとか言わない。

第10回ではISAMI・妖魔・新人と枠を争うことになったが、アンケートの投票率は15.6%と当然最下位となってしまった。
このアンケートで新人が1位を取ったため、新たな青ドンキーかつ第10回唯一の新人として動物園のウシが参戦することに。
ウシは初戦こそいにしえで珍試合を繰り広げたが、2戦目ではかつて妖精がボロ負けしたロハス相手にまさかの勝利。
更に3戦目であのΣデューレンファング相手に名勝負を繰り広げた末勝利。勝利数をたった3試合で抜かれてしまう
4戦目では敗北したものの、予選最終戦でウシが中堅の壁である召喚士に勝利し、勝ち越しかつ予選突破を確定させた。
結果、ウシは予選だけでも妖精超えどころかドンキー勢としてもトップクラスの戦果を挙げることになった上に、
第10回の出場選手で唯一の新人という立場やインパクト抜群の名前、初戦の内容などからネタ方面でも愛される結果に。

余談だが、第8回予選最終戦で妖精がボコボコにされた天才に対しても神様が奇跡の勝利を挙げている。

また、第10回においてもドンキー勢はそれぞれ1勝以上挙げており、大規模大会で1勝も挙げられなかったドンキー勢というアイデンティティーは無事継続されてしまった。

そして初のレベル8オンリー大会となった第12回の選手決め生放送にて、P(ピー)直々に「妖精は出しません。嫌いなんで」(要約)と宣言されてしまった。この瞬間、妖精が本戦に再び出場する可能性は完全になくなったといえよう。
同じくレベル8同士で色かぶりが発生していた有の無限モルダー★グレイトアマゾン★はアマゾンの色変えによって対処したことと比較しても扱いの差は明白であり、また主催者にハッキリ嫌いと言われてしまうという何一つありがたくないオンリーワンの存在となったことを決定づけた。

第14回では遂に神様が予選全敗してしまい、大規模大会予選0勝を果たしたドンキー勢が妖精だけではなくなった。
一方ウシは転校に終わったとはいえまた3勝2敗ネス勢への初勝利も果たしたことでより地位を不動の物としている


大会開催真っただ中にも関わらずP(ピー)により名前を忘れられてしまったことから、例のあの人よろしく例の妖精と呼ばれることもある。
P(ピー)「名前すら忘れるレベルのあの選手とどこがどう違うのか

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
若き日のロハス 第8回(予選) 第1試合 ハイラル城
綺麗なゲイ 第2試合 プププランド
世界のrekuiemu 第3試合 ハイラル城
20人目の味方殺し 第4試合 コンゴジャングル
15人目の天才 第5試合 プププランド

勇者ヨシオ

ヨシオくん

第8回(最弱決定戦) プププランド 2位
ヨシオくん 第1回ヨシオ杯(1回戦) プププランド

◎ANAKINSUKAIWOOKAA☆彡

暴力委員長

ナウいコテツ

第1回ヨシオ杯(最強決定戦) プププランド 2位
第一回勢 ㍍アルザーク 第1回世代対抗戦(準決勝) プププランド ❸(チーム0-5✖)
(副将戦)
  通算   1勝6敗

 


 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NTFhODU0M

ウシがDK界の殺意なら
こいつはDK界の鳴りやまぬ

返信
2021-09-25 09:01:28

名無し ID:MTIzNzFiM

攻撃面は4ストック中に豪快な一振りがあるからな弱いけど試合に丁度いいスパイスになる

返信
2021-09-24 21:08:24

名無し ID:ZDgxYjczN

妖精の突き抜けた弱さは鳴りやまぬとはまた違った面白さが見えてきて地味に好きになってる

返信
2021-09-24 21:06:18

名無し ID:NGM0ZmFiM
>> 返信元

的確すぎて笑った

返信
2021-09-24 21:06:08

名無し ID:MjFjNjIxO

CPUトナメ界のクロちゃん

返信
2021-09-24 21:05:33

名無し ID:YzlmOTZlN

妖精は嫌われキャラになれただけガチアンチがついたりするより良かったと思う
それに応えてきっちり塩ゴリラやり切った
面白かったり最近見直されつつあるDK勢の中で逆に目立ってる

返信
2021-09-24 21:04:11

名無し ID:YmYzMWZjZ

ウシ 三位入賞 もはや見えてない背中..

返信
2021-09-24 21:03:23

名無し ID:Mjc1NDc2N

今回はある意味で求められていたムーブを完璧にこなしてくれたので褒めてあげたい
直後のウシがキレキレな動きを見せたのもこれ以上ないオチになってて完成度がすごい

返信
2021-09-24 11:33:02

名無し ID:ZTFhZDFmZ

ここまで嫌われてると唯一ファンアート描いてくれてる人が不憫でならない

返信
2021-09-24 09:51:42

名無し ID:Zjc5ZThlM
>> 返信元

64スマブラにはない
動画コメントニキ曰くうみねこのなく頃にっていうPCゲーにあるボイスとのこと

返信
2021-09-24 09:35:24

名無し ID:YmUxMjU0Y

て言うかコイツの声は何?
64スマブラにある?

返信
2021-09-24 05:56:31

名無し ID:MzhjZGZhN

こんな時でも名指しで嫌われてんのマジで草

返信
2021-09-23 20:17:06

名無し ID:OWUwYjcwN

お前のせいでウシが負けたぞ!(責任転嫁)

返信
2021-09-23 20:14:03

名無し ID:ZWZlZTI2Z

名指しで妖精だけ除け者にされるのホント笑う

返信
2021-09-23 20:07:52

名無し ID:YjU5Njg5M

自分が試合出てないときに主催ゴミと言われる悲しみで笑えない

返信
2021-09-23 20:06:36

名無し ID:ODc1OTRkN

そもそも回復は押されてる流れをぶち壊すための物 だから回ぶち自体は正しいのだが使う側や見る側が悪く捉えるのが問題なだけ
後ウシは耐久して回復を持ち味にしてる 弱いよりのキャラと奮戦が相まって印象は最大限に良い

返信
2021-09-23 19:39:53

名無し ID:NGYxMGM4Y
>> 返信元

エロマスはいやがらせってことで処理できるけど...
妖精はねぇなんか(うわ。って感じ

返信
2021-09-23 19:36:13

名無し ID:YjU5Njg5M
>> 返信元

回ぶちはある意味嫌がらせだからいつも通りの事だってエロマスが言ってた

返信
2021-09-23 19:35:54

名無し ID:OWM0ZjEzM

決着時点で多スト残されてる奴が回復取ってようと遅延にしかならんしな
1スト瀕死で追い詰められたり同スト%不利を覆したりしたらそれは紛れもない回ぶちだが

返信
2021-09-23 19:35:33

名無し ID:ZDJlYTFjM
>> 返信元

個人的には
ウシの場合は勝てるかもとか勝ちそうって気持ちになる
妖精はどうせ負けるのにとっても無駄やろとか遅延行為やめろやって気持ちになる
エロマスはどうせ負けるのにとっても無駄やろとか遅延行為やめろやって気持ちになる

エロマスも回復取った時の気持ちは妖精と似てるけどなんて言うか
エロマスはエンターテイメント感というかはお家ゲイというかそれを楽しみに見てるとこはある。

返信
2021-09-23 19:35:06