Swampers

ページ名:Swampers

スワンパーズ / Swampers (勢力)


地域


特徴

  大陸の中央よりやや南西部の湿地帯に住む人々の総称。周囲の勢力とは独立し、独自の文化を形成している。
 ここに住む人々はSharkの都市を中心としており、そこではHoundsと呼ばれる派閥が都市を管理し、複数存在する派閥のトップとなっている。
 リーダーはBig Grimである。


  湿地帯は気候も生物もそれなりに危険な地域であり、農業が厳しいため、普通の人々が住むには適していない。
 周囲の大きな勢力からも敬遠されてきた地域であった。
 故に無法者が最後に逃げ着く場所と言われており、ここには常に犯罪者達の派閥が複数存在し、抗争を繰り返している。


  現在の主な派閥は都市を取り仕切るHoundsと、BlackshiftersGrayflayersStone Rats
 Twinbladesなどである。


関連する建物




設定

  • Big HashとBig Grim

  スワンパーズの前の長であったBig Hashは寄せ集めの大きな一味(Stalker Clan)のリーダーだった。
 無法者達をそれなりにうまく纏め上げていたリーダーだったが、この座をGrimはずっと狙っていた。


  Grimはまず数週間の間忍耐強く待ち伏せをしたのち、Big Hashの右腕である男を襲い、暗殺した。
 この男はBig Hashの傘下のBlackshiftersのリーダーであった。
 Grimの目論見どおり、このことでBlackshiftersは激怒し、Big Hashとの関係が悪化することとなった。
 Grimは報復という大義名分を得たBlackshiftersと手を組み、Big Hashを攻めて一味を一掃していった。
 それでもBig Hashは手強かったため、Grimは胴に傷を負わずして彼を倒すことは出来なかった。


 Big Hashは冷酷ではあったものの規律や仲間を重んじていた、一方Grimは目的のためには人も手段も選ばない非情な人間だった。
 このGrimのやり方に反感を持つ者も少なからずいたようで、Big Hashのやり方を支持する人間も未だにいる。
 Grimという名はこれまでの彼女の卑怯かつ非情なやり方に由来する。







・他勢力との関係

友好(100) なし
敵対(-100) なし

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:ZmRmNzZkZ

スワンパーとハウンズは設定上では同盟関係のようで、ハウンズという名のスワンパーも存在する。しかし、いざ戦闘が発生すると(大抵ストーンラットのせいでハウンズが襲撃=犯罪を起こすため)、衛兵勢力であるスワンパーはハウンズと敵対する。また、スワンプには檻が存在しないため、衛兵勢力とは言え、スワンパーに賞金首を渡して友好度を稼ぐ事は出来ない。

返信
2021-06-15 14:47:18