ステータスとスキル

ページ名:ステータスとスキル

 

 


 

ステータスについて

PC・NPCを問わず、キャラクターを左クリックすると現在の状況や能力について簡潔な情報を見ることができる。
ボタンをクリックすると拡張項目が表示される。
それぞれの項目にマウスオーバーすると詳細情報が確認できる。

手配状況

キャラクターの名前の上に表示される。
逃亡奴隷かどうか、あるいは懸賞金額など、主に手配されている状況について表示される。
マウスオーバーすると奴隷扱いされなくなるまでの期間、懸賞金をかけている国家と期間、収監されているなら残り刑期などが表示される。

その他の状況

ヒットポイントの上に表示される。
逃亡奴隷として発見されている、天候の影響を受けている、飢餓状態にある、気絶しているなど様々な状況が表示される。

現在の状況

  • 状況
    • 身体的状況。通常は「平常」だが、収監されているときは檻の開錠レベルが表示されるなどする。
  • 目標
    • 現在行っている行動。NPCならパトロール、門の警備など。
  • 動きにくさ
    • 許容重量を超えて重い荷物を持つことによる悪影響の度合い。
    • これが高まると移動速度の低下、飢餓速度の上昇、攻撃・防御速度の低下、武術・回避スキルの低下といった様々なペナルティがある。
  • 使用中のスキル
    • 現在の目標(行動)に使用されているスキル。画像の場合は移動しているので運動能力が表示されている。
    • プラスマイナスの補正がかかっている場合、マウスオーバーするとその要因が表示される。

戦闘スキル

戦闘に関わるスキル値が表示される。手持ちの武器が近接武器、クロスボウ、素手のいずれかによって表示されるスキルは異なる。個々のスキルの詳細はスキルの説明へ。

防御態勢ボタンをONにすると、その間一切攻撃しなくなる代わりに近接防御または回避が20ポイント上昇し、ブロック率が大きく向上する。

拡張項目

ボタンをクリックすると表示される項目。

  • 運動XP、筋力XP、打たれ強さXP
    • 各スキルの成長効率。
  • KOポイント
    • 頭部、胸部、下腹部のいずれかのHPがこの値を下回ると、昏睡状態になる。
  • 走る速度
    • 装備や負傷状況などの補正をかけたあとの最大移動速度。
  • 飢餓速度
    • 種族固有の飢餓速度を元に、動きにくさや現在の行動などの補正をかけたあとの飢餓速度。

 


 

ヒットポイントについて

キャラクターのHPは以下のような部位に分かれている。左は人間系種族、右はスケルトンのものである。スケルトンには空腹ゲージが存在しない。

生死にかかわる影響

  • 致命部位(血液または油・頭部・胸部・下腹部)
    • 1つでも最大HPの数値以下のマイナス(例えば最大HPが125の場合は -125以下)になると死亡する。
      • 人間の場合、血液の最大値は固定値でなく、筋力の値により変動するので注意。
    • 攻撃によりHPが0を下回ると一時的に意識を失う。意識不明の時間は打たれ強さ・総ダメージ量などに影響を受ける。
    • HPがKOポイントを下回ると、昏睡状態となる。一度昏睡状態になると、致命部位全てが0以上に回復するまで目覚めない。
      • KOポイントは画面左下のステータス欄を展開するか、ステータス画面で打たれ強さの上にカーソルを乗せることで確認できる。
  • 空腹
    • 0になると死亡する。
    • 100を下回ると気絶の危険性がある。空腹ゲージの上にカーソルを乗せると気絶する値が確認できる。

取り返しのつかない影響

  • 左腕・右腕・左脚・右脚は、 「四肢の切断」設定が「希少」または「頻繁」の場合、攻撃により最大HPの数値以下のマイナスになると切断され永久に失われる。
    • 「頻繁」の場合、傷の悪化や酸性雨による継続ダメージであっても切断される。

スケルトンの注意点

スケルトンの場合、死や四肢の欠損に至るマイナス値は、部位の最大HPの消耗の影響を受けるので注意。
たとえば頭部の最大HPが150にまで消耗している場合、-150に達した時点で死亡する。

ダメージとその回復

攻撃によるダメージ

  • 攻撃を受けると頭部、胸部、下腹部、左腕、右腕、左脚、右脚のいずれかにヒットし、HPが減少する。
  • ダメージには打撃ダメージと斬撃ダメージがあり、ゲージの赤い部分が斬撃ダメージ、灰色の部分が打撃ダメージである。
  • 斬撃ダメージは放置すると傷が悪化していく。ゲージの端にある「<」のマークが悪化速度を示しており、「<」や「!」と言ったマークが多いほど悪化が早くなる。応急処置キットを使って治療することで傷の悪化を止めることができる。ゲージの白い部分が治療済みの斬撃ダメージである。
  • 治療した段階では悪化しなくなっただけであり、回復したというわけではないので注意。
  • 攻撃がいずれかの部位にヒットすると、同時に血液にダメージを受ける。
    • 武器ごとに出血のしやすさが設定されており、刀のような鋭い武器ほど出血しやすい。
    • ゲージの端に「<」が表示されると継続的に出血する。そのまま攻撃を受けなければ徐々に止まるが、連続して攻撃を受けるとマークが増え、出血は激しくなる。特に四肢を失った際は大量に出血する。
    • 出血は応急処置キットによる治療で止めることができる。

ダメージの回復

  • 時間経過により回復する。回復速度は種族と打たれ強さによる。
  • キャンプベッドやベッドに寝ることにより回復を早めることができる。意識のない重傷者は担いで運ぶことでベッドに寝かせられる。

ロボット部位(スケルトンの各部位および義肢)の場合

  • 応急処置キットの代わりに、スケルトン応急処置キットを使って修理する。治療した斬撃ダメージは即座に回復する。
  • 通常のベッドの代わりに、スケルトン修理ベッドに寝ることにより回復を早めることができる。
  • ダメージを受けるごとにパーツが摩耗し、部位HPの最大値が少しずつ低下する。元の最大値に戻すにはスケルトン修理ベッドで寝る必要がある。

ダメージによる影響

各部位のHPが減ると、以下の影響が出る。

  • 頭部
    • クロスボウ・高精度射撃・知覚などクロスボウ関連スキルが低下する。
  • 胸部・下腹部
    • 筋力・器用さが低下する。
  • 左腕
    • 筋力・器用さが低下する。0を下回ると誰かを担ぐことが出来なくなり、両手武器が使用不能になる。
      • 健康な左腕で誰かを担いでいる状態なら両手武器の使用は可能。
  • 右腕
    • 筋力・器用さが低下する。0を下回るとあらゆる武器が使用不能になる。
  • 左脚・右脚
    • 運動能力・回避が低下する。
    • 打撃ダメージ・および未治療の斬撃ダメージによりKOポイントを下回ると立っていることが出来なくなる。その状態でも右腕が動かせるなら攻撃は可能。
  • 空腹
    • 200以下になると筋力・器用さ・運動能力が低下する。

添木

腕や脚の部位HPが50を下回っている場合、添木キットを使って添木を当てることができる。

添木をすると白いバーが伸び、その分だけ機能が回復する。回復量は添木キットの品質と医療スキルによる。マイナスの値が大きすぎると白いバーが見えない(0以上まで伸びない)こともある。

添木が使えない場合

  • スケルトンには添木が使えない。
  • 酸による継続ダメージのみでHPが減った場合、添木が使えない。

手足が切断された場合

万が一四肢を失った場合義肢によって補うことはできるが、全ての義肢で水泳に-補正がかかり、ダメージの回復にスケルトン修理キットが必要となる。また、義肢を装着するとホーリーネーションからスケルトン扱いされて敵視される

空腹

空腹ゲージは時間経過により減少する。種族、行動、動きにくさにより空腹速度は変化する。
食べ物を食べることで回復できる。回復は一瞬ではなく時間経過とともに行われる。詳しくはTIPSを参照。


能力 (スキル)


ここでは各スキルについて基本的な効果と補足、鍛え方の解説を行う。詳細な仕様や鍛えるためのテクニックについてはキャラ育成を参照。
スキル画面の各項目にマウスオーバーすることでもスキルの効果や鍛える方法を確認できる。

筋力

  • 重い荷物をペナルティなしで持ち歩けるようになる。
  • 武器攻撃の打撃ダメージを上げる。
  • 武術のダメージを上げる。
  • 人間とシェクの場合、血液量が上がる。
  • 重い武器をペナルティなしで扱えるようになる。
    • 通常は武器重量(kg)の2倍の筋力値があればペナルティを受けない。例外として刀系は重量と同値、鈍器のうち十手系は打撃値の40倍が必要。

基本的な鍛え方

  • 重い荷物を持って動きにくさを上げ、歩く。
    • 現在の筋力成長率(筋力XPと表記される)はステータス欄の「動きにくさ」にマウスオーバーするか、拡張ボタンを押すと表示される。
    • 通常は25%が上限だが、何かを担いでいると上限が50%になる(あくまで上限が上がるだけであり、50%にするにはより重い荷物を持つ必要がある)。
    • 筋力成長は、歩く距離ではなく歩いた時間で決まる。
  • 武器を振る
    • 扱いきれない重さの武器を振った方が成長するが、軽い武器を振ったときでもごくわずかだが成長する。
  • 素手で攻撃する
    • 動きにくさを上げて殴った方が成長するが、負荷無しでもごくわずかだが成長する。

打たれ強さ

  • 受けるダメージを軽減する。
  • 傷の悪化速度を抑える。
  • 気絶時間を短縮する。
  • 昏睡しづらくなる。
  • 武術ダメージが上がる。

基本的な鍛え方

  • 殴られることで上がる。鎧なしで受けた方が上がるが、鎧を着ていた方が多くの回数を受けられるため結果的には効率がいい。
  • 死んだふりから立ち上がると大幅に上がる。
  • 通常の打たれ強さの成長効率は3xだが、片腕がもげていると5x、両腕がもげていると6xになる。

器用さ

攻撃や防御の動作を早め、隙を少なくする。
武器攻撃の斬撃ダメージを上げる。
クロスボウ・砲台のリロード速度を上げる。

  • 刀など、ダメージの斬撃割合が高い武器で攻撃することで成長する。
  • 素手で攻撃することで成長する。
  • クロスボウを使用して戦闘することで成長する。

知覚

クロスボウや砲台の精度、射程、移動目標の射撃精度を高める。

  • クロスボウや砲台を使用して戦闘することで成長する。

近接攻撃

武器を使った戦闘において、攻撃の頻度や相手の防御を破る確率が高まる。
攻撃の動作が早くなり、隙が少なくなる。

  • 敵を武器で攻撃することで成長する。防御・回避されても成長するが、ヒットしたときの方がより成長する。
  • 自分より強い敵と戦うときは成長がより大きくなり、弱い敵と戦うときは小さくなる。

近接防御

武器を使った戦闘において、防御に成功する確率が高まる。
防御の動作が早くなり、隙が少なくなる。

  • 武器戦闘で敵の攻撃を受けることで成長する。防御に成功しても成長するが、失敗したときの方がより成長する。
  • 自分より強い敵と戦うときは成長がより大きくなり、弱い敵と戦うときは小さくなる。

武器スキル(刀、サーベル、鉈武器、重武器、鈍器、長柄武器)

各種の武器ダメージを上げる。

  • 各種の武器で攻撃することで成長する。

回避

素手の戦闘において、回避に成功する確率が高まる。
武器を使った戦闘においても、よろめいたときのような防御ができないタイミングで代わりに回避を行う。

  • 素手での戦闘で攻撃を受けることで成長する。
  • 武器を使った戦闘中にも、攻撃を受けるタイミングによっては成長することがある。

武術

素手の戦闘において、攻撃の頻度や相手の防御を破る確率が高まる。
素手で攻撃したときのダメージが上がる。

  • 素手で金属鎧を殴ったり剣で防御されたりすると手足にダメージを受けるのだが、武術スキルが高くなると軽減できる。
  • 武術スキルが低いうちは弱く隙の大きい攻撃しか出せないが、高まるにつれて強力な技を出せるようになっていく。
    • 技を出せるかどうかは、装備による補正後または補正前のどちらか高い方を参照する。
  • 素手で戦闘することにより成長する。
  • 自分より強い敵と戦うときは成長がより大きくなり、弱い敵と戦うときは小さくなる。

砲台

砲台のリロード速度と精度を高める。

  • 砲台を使用して戦闘することで成長する。

クロスボウ

クロスボウのリロード速度と精度を高める。

  • クロスボウを使用して戦闘することで成長する。

高精度射撃

砲台やクロスボウの矢が味方に当たるのを回避する。

  • 矢を味方に誤射することで成長する。LV100に到達する前に誤射回避率は100%になるが、ケガや装備、環境によるマイナス補正が存在するため、それ以上上げる意味はある。
  • クロスボウにプラスマイナスの補正がある状況だと、同時に補正を受ける。

隠密

隠密モードで敵に発見されにくくなる。
スキルが低いうちは忍び歩きになりゆっくりとしか歩けないが、スキルを上げると忍者走りになり通常の走りの速度に近づいていく。

  • 周囲に誰かがいる状態で隠密し、動き回ることで成長する。周囲に敵(マウスオーバーするとカーソルが赤になる相手)が多い程上がりやすい。
  • 全裸だと+20%の補正がかかる。

ピッキング

鍵のかかった扉・箱・檻・枷の開錠率が上がる。
スキルに比べて鍵のレベルが高すぎる場合、ピッキングを試みること自体ができない。

  • 鍵開けを試みることで成長する。失敗しても上がるが、成長すると大きく上がる。
  • 自分が閉じ込められている檻を空けようとするときはスキルに10のマイナス。
  • どれだけスキルが高くても、成功率は90%が上限。

窃盗

箱や相手のインベントリから盗むときの成功率が上がる。
盗品の売却成功確率が上がる。

  • 窃盗をすることで成長する。

暗殺

暗殺を試みた時の成功率が上がる。成功時の気絶時間が伸びる。

  • 暗殺を試みることで成長する。成功するよりも失敗した方が大きく成長する。
    • 敵がこちらに気づいている状態では暗殺は必ず失敗し、かつ経験値は入らない。

運動能力

足が速くなる。

  • 身軽(最大荷重を超えない)な状態で移動することで成長する。
  • 足装備の下駄は運動能力を上げることができる。

水泳

泳ぎが早くなる。

  • 泳ぐことで成長する。

医療

治療が早くなり、治療キットの消耗も少なくなる。医薬品の製造が早くなる。添木を使った時の効果が高まる。

  • 治療、医薬品の製造で成長する。

エンジニア

建築、修理の速度が速くなる。銅合金の製造が早くなる。

  • 建築、修理、銅合金の製造で成長する。

ロボット工学

修理が早くなり、修理キットの消耗も少なくなる。
ロボット関連の製造速度が早くなる。製造する義肢の品質が上がる。

  • 修理、ロボット関連の製造で成長する。

科学

資源探査時の範囲が広がる。
研究速度が早まる。
電子部品、ハシシ製造が早まる。

  • 研究台で研究を行う、電子部品やハシシ製造を行う、遺跡などにある研究台を使用することで成長する。

鍛冶(武器)

武器の製造速度と品質が上がる。

  • 武器を製作することで成長する。
  • 成長効率はどの台で何を作成しても同じ。

鍛冶(防具)

防具の製造速度と品質が上がる。
なめし皮、装甲板、鎖帷子シートの製造速度が上がる。

  • 防具、なめし皮、装甲板、鎖帷子シートを製作することで成長する。
  • 成長効率はどの台で何を作成しても同じ。

クロスボウ鍛冶

クロスボウの製造速度と品質が上がる。
ボルト(矢)とクロスボウ部品の製造速度が上がる。

  • クロスボウ、ボルト、クロスボウ部品を製作することで成長する。
  • 成長効率はどの台で何を作成しても同じ。

労働

採掘、加工などの一般的な作業が早くなる。

  • 採掘や加工などの作業を行うことで成長する。

農業

農作物の収穫速度と成功率が上がる。
サイロでの粉ひき作業が早まる。

  • 農作物の収穫、サイロでの作業で成長する。

料理

料理、醸造が早くなる。

  • 料理、醸造をすることで成長する。

状況による補正

それぞれのスキルにプラス・マイナスの補正がかかる状況について大まかな説明する。
正確な補正は使用中のスキルの欄を確認。

負傷

頭は射撃系スキル、胴体と手は筋力と器用さ、足は運動系スキルといった具合に、部位ごとに悪影響が出る。
生産系スキルはわずかな負傷でもスキルが下がることがあるので注意。

動きにくさ

天候

夜間は射撃系スキル、生産系スキルが下がる。
砂漠で発生する砂嵐は射撃系、近接攻撃、武術といった攻撃に関わるスキルが下がる。
詳細は天候と地形へ。

重装備

傾向として、頑丈な部類の防具ほど各種スキルへのマイナス補正を持つ。特に隠密・暗殺・クロスボウ・武術・回避といったスキルへのマイナス補正が大きい。
詳細は装備の説明欄に載っている。

義肢

水泳スキルが下がる。
低品質なものは筋力・器用さ・運動能力が下がるが、高品質なものは逆に上がる。

飢餓

多くのスキルが下がる。

体格について

一部のスキルは成長することでキャラクターの外見に影響を与える。スキル一覧の各項目にマウスオーバーしたとき、経験値バーの下に灰色で書かれている。

 


 

このページの累積ビュー数: 140762

今日: 85

昨日: 100

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:Y2E1ZDNlN

ティンフィストのステ(筋力90、他100)コピーしたスケにダスコ着せて数字見てみたらダメージ198だった
概算で名刀フォーリンならステALL100で220(斬116+打104)くらいは行くはずだからいける
ただ武術はモーションに倍率があって最強のメガ・キック(飛びまわし蹴り)なら1.8倍になる
これには義手+特攻まで積まないと届かないかも

返信
2022-05-18 21:43:00

名無し ID:Y2I4OTc5M
>> 返信元

バンテージ、袖なしコート、義肢、フォーサンで200後半までは行った(特効相手じゃなく)
ステ90くらいだったと思うからカンストすれば300見えるかもね
まぁ義肢のティンフィストの方が強いのだが・・・

返信
2022-05-18 21:07:18

名無し ID:ZWQ0NTU4Z
>> 返信元

ものすごい限定されるけど、関連ステを100まであげて特攻付き武器(リヴァ、ビーク、ゴリロ特攻のフォーリングサンやロボ特攻のパラクロ)持たせれば対象相手ならそれに近い威力が出せる……筈

返信
2022-05-18 17:11:06

名無し ID:NjRlOGViY

ティンフィスト並みの攻撃力出したいんだけど、武器有りだと無理?

返信
2022-05-18 00:18:36

名無し ID:ZTc0ZTRkY
>> 返信元

ナイスです!ありがとう~

返信
2022-02-23 22:25:15

名無し ID:MDcyOTY5N

ステータスの表示項目について整理し、各スキルについて基本的な情報をまとめました。それに伴いキャラ育成の項目から重複情報を削除しました。

返信
2022-02-15 00:12:27

名無し ID:ZDE5OTJmZ
>> 返信元

スペック的な影響力は同じでも最終的なダメージでは筋力のほうが影響度が高いってやつ
軽減率が斬打では斬のが大きい

返信
2021-08-05 07:11:58

名無し ID:OWJhMzE3Z

器用さの斬撃ダメージに対する影響力は打撃ダメージにおける筋力と同じだけあるはずだが?

返信
2021-08-04 01:29:48

名無し ID:NDBhNGNmO
>> 返信元

器用さの意味は筋力よりは割合低いが切断属性の火力上昇と母数が高ければダメージで割合減っても保ちやすいということ
筋力さがって90で振れる武器がダメージで筋力86とかになってしまってフリが遅くなるのと同じ

返信
2021-08-03 22:28:30

名無し ID:YTdlMzYyM
>> 返信元

情報間違ってたらごめんね、俺もまだ色々調べてる途中だから

結論から言うと、器用さは高ければ高いほど良いみたい
一応武器の振り速度には限界があって、器用さ60から0.8くらい、器用さ80から1.1になって、速度そのものは1.2が限界なんだけど
こちらがダメージを受けて体力が減ったときのステータス減少値が、器用さは筋力よりも圧倒的に大きいみたいなのよ
だから、器用さが高ければ高いほど、ピンチになってもすごい速度で戦えるっぽい

逆に器用さが必要値のギリギリだと、かすり傷受けただけで攻撃速度が下がる、らしい

返信
2021-08-03 20:33:57

名無し ID:OWUzMGRmY
>> 返信元

普通のポールアームの方がヘビーポールアームより打撃は上だよ
あと長柄は両手武器なので左腕がやられると使えなくなるのが地味にデメリット
被弾しにくい右手だけで使える片手武器に比べると継戦能力という点ではちと劣る

あと長柄だけではないけど(具体的にはサーベルも)、DPSは高いけど一撃あたりの威力は軽いのでダウンを奪うのは早くても昏睡や死亡までもってくのが大変てのもあるかな。その分戦闘が長引きやすい。

返信
2020-11-26 16:53:33

名無し ID:ZDJjNDI4O

つまり長柄で間合いが広い方で装甲貫通してそこそこ打撃もあって(屋外なら)ノーペナで攻撃にプラスがあるヘビーポールアームが最強武器ってわけか

返信
2020-11-26 15:51:13

名無し ID:MzUzODQ5Z

武器ごとにモーションの速さそのものに違いはあるよ。刀とサーベルは攻防ともにはやく、重武器や鈍器は比較的遅い。
なので実はタンク役に重十手や十手は実は罠だったりするのよ。スペック上は防御があがる十手系はタンク向きに思えるけど、防御速度は鈍器ゆえに遅いので集団に囲まれると防御が間に合わないことがある。その点はサーベルの方が防御補正は低くてもタンク向きだね。器用さペナない侍鎧とサーベルを組み合わせるとめっちゃタフになる
一方で攻撃面でモーションの恩恵が強いのは杖。ダメージ係数最低で一見弱そうだけど打撃武器なので軽減されにくい上に長柄なので攻撃速度が速く攻撃補正も優秀なので地味に強いよ

返信
2020-08-23 01:03:39

名無し ID:ODlkMTg4Z

器用さにシェクモテか・・・。武器を振る速度、防御に移行する速度も難しいね。同じスキル量でペナルティ0状態でも鉈武器のほうが重武器より速く振れてる気がするし・・・。kenshiの戦闘は奥深いなあ

返信
2020-08-23 00:42:25

名無し ID:ZWJlZDRlY

ただ、攻撃速度の上昇は言い換えれば他でペナルティを受けてても高い器用度があればそれを補えるってことでもある。一番いい例がエサタで、彼女の筋力はシェクモテメイトウの必要筋力に足りてないのは有名な話だけれどいざ戦ってみると結構な頻度でシェクモテの一撃がとんでくる。これは筋力不測のペナを器用度の速度上昇で補ってるともいえるわけで、必要筋力がめちゃくちゃ高い武器を持たせるときには器用度もある程度あげておけばそれなりに戦えることにはなるよ

返信
2020-08-22 06:24:54

名無し ID:ODA4ZTQyM
>> 返信元

器用さは同能力の少数ではではわかりやすいが集団戦だと少し発揮しにくい
一番反映されるのは近接の有無なので強者を囲んだ際はそうなる
しかし、なんだかんだ囲めば70代のスキル3人で近接100相手でも倒せるので数は強い
ちなみに最近だとエリートドローンが器用さガン下がりで弱体化している

返信
2020-08-22 05:20:33

名無し ID:Mjc0ZjQ2N

器用さはブロック速度も上がるから一体多が多いプレイヤー的には重要スキル…
と思いたいけど近接スキルの劣るキャラで器用さガン下がってる審問官とかを囲んでも割とあっさりこちらが切り捨てられたりして器用さ無くても強ぇな?ってなる
あとはまぁ斬撃ダメージにも影響するけど斬撃は鎧での減衰が激しいからなぁ

返信
2020-08-22 00:26:25

名無し ID:ODliOTM4O

なるほど、武術の打撃ダメージだと思ってたよ・・・。にしてもそう考えると器用さはかなり微妙なステータスだね。攻撃速度になるという触れ込みだけど、50と70程度の差に4割の攻撃回数の差は無いわけだし。

返信
2020-08-21 23:52:51

名無し ID:MzUwZmVjN
>> 返信元

普通に打撃ダメージに影響するって書いてあるゾ

返信
2020-08-21 20:46:45

名無し ID:ODliOTM4O

筋力って打撃武器にも影響あったのか・・・。上の説明欄に書かれてなかったから武術威力と武器を振る速度にしか影響無いと思ってた

返信
2020-08-21 20:43:26