ステータスとスキル

ページ名:ステータスとスキル

 


能力 (スキル)

ステータス

 


ステータスについて

生物の対象を左クリックすると攻撃力、防御力、筋力、耐久力、熟練度などの情報を見ることができる
更にマウスオーバーするとバフやデバフなどの情報がポップアップするので確認しよう

 

攻撃力(Attack)

  • 攻撃の命中率の目安
  • 敵の防御力をこちらの攻撃力が上回っていると攻撃が命中しやすくなる。逆もまた然り
  • 器用さよりも影響の度合いは低いが、攻撃の戦闘速度に少し影響する。

防御力(Defense)

  • 敵の攻撃をブロックする確率の目安
  • BLOCK(防御態勢)ボタンをONにすると、その間一切攻撃しなくなる代わりに防御力が20ポイント上昇し、ブロック率が大きく向上する
  • 器用さよりも影響の度合いは低いが、防御の戦闘速度に少し影響する。

筋力(Strength)

  • 所持重量に影響する
  • 格闘(体術)の威力・打撃ダメージに影響する
  • 血液量が増える
  • 武器を扱うのに十分な筋力(武器重量の2倍か打撃能力の40倍の大きい方)がなければ、戦闘速度が遅くなる
  • 重量級の武器を使うか、極端に重い荷物を持って歩き続ける事で上昇する
  • 一部の高性能な重武器は義手を使用しないとペナルティを打ち消せない

器用さ(Dexterity)

  • 戦闘速度(攻撃などのモーションの速さ)に影響する
  • 刀などの軽量な斬撃武器を使うと上がりやすい
  • クロスボウと砲台でも上がるが、夜間は命中率が下がるため、照明などで工夫が必要

打たれ強さ(Toughness)

  • 基本ダメージ耐性や負傷の回復力、KOポイントに影響する
  • 死なない程度に殴られていれば自然と上がる
  • 敵の目の前で死んだふりから立ち上がったり、生きたまま喰われると大きく上昇する。その後も生きていればだが

回避(Dodge)

  • 武術で戦っている場合は防御力の代わりに参照される値で、防御ではなく回避を行う
  • 武器で戦っている場合は防御ができないタイミングで代わりに回避を行う
  • 具体的には、防御に失敗してのけぞっている時にさらに攻撃された場合、回避の判定が行われる
  • 数的に不利な戦闘での連続ダメージの危険性を減らしてくれる
  • 回避の発動条件的に、武器を持っているキャラでは成長機会が少なく、防御力の半分以下の数値になりがち

知覚(Perception)

  • 射撃武器の命中率に影響する
  • Precision同様、夜間や暗い場所では著しく低下する

精度(Precision)

  • 高いほど射撃武器で第三者が敵との間の射線上にいるとき、誤射する確率が減る
  • 夜間や暗い場所では著しく低下する
  • クロスボウスキルにマイナスの補正がある装備をしている場合、これも低下する。

武術(Martial Arts)

  • 徒手空拳、つまり素手による戦闘力に影響する
  • スキルが上がっていくと攻撃モーションの種類が増えてくる。(掌底打ち→下段蹴り→飛び蹴り→二段打ち→カウンターと言った風に)
  • 高くなると金属防具を装備している敵を素手で殴っても反射ダメージを受けにくくなる

 

  • 武器は種類ごとに熟練度があり、防具には3段階の重さがある
  • 加重状態では戦闘力が落ちるので、序盤は軽装を主体にし限界重量をなるべく超えないようにする


 


ヒットポイントについて

キャラクターのHPは以下のような部位に分かれている。左は人間系種族、右はスケルトンのものである。スケルトンには空腹ゲージが存在しない。

生死にかかわる影響

  • 致命部位(血液または油・頭部・胸部・下腹部)
    • 1つでも最大HPの数値以下のマイナス(例えば最大HPが125の場合は -125以下)になると死亡する。
      • 人間の場合、血液の最大値は固定値でなく、筋力の値により変動するので注意。
    • 攻撃によりHPが0を下回ると一時的に意識を失う。意識不明の時間は打たれ強さ・総ダメージ量などに影響を受ける。
    • HPがKOポイントを下回ると、昏睡状態となる。一度昏睡状態になると、致命部位全てが0以上に回復するまで目覚めない。
      • KOポイントは画面左下のステータス欄を展開するか、ステータス画面で打たれ強さの上にカーソルを乗せることで確認できる。
  • 空腹
    • 0になると死亡する。
    • 100を下回ると気絶の危険性がある。空腹ゲージの上にカーソルを乗せると気絶する値が確認できる。

取り返しのつかない影響

  • 左腕・右腕・左脚・右脚は、 「四肢の切断」設定が「希少」または「頻繁」の場合、攻撃により最大HPの数値以下のマイナスになると切断され永久に失われる。
    • 「頻繁」の場合、傷の悪化や酸性雨による継続ダメージであっても切断される。

スケルトンの注意点

スケルトンの場合、死や四肢の欠損に至るマイナス値は、部位の最大HPの消耗の影響を受けるので注意。
たとえば頭部の最大HPが150にまで消耗している場合、-150に達した時点で死亡する。

ダメージとその回復

攻撃によるダメージ

  • 攻撃を受けると頭部、胸部、下腹部、左腕、右腕、左脚、右脚のいずれかにヒットし、HPが減少する。
  • ダメージには打撃ダメージと斬撃ダメージがあり、ゲージの赤い部分が斬撃ダメージ、灰色の部分が打撃ダメージである。
  • 斬撃ダメージは放置すると傷が悪化していく。ゲージの端にある「<」のマークが悪化速度を示しており、「<」や「!」と言ったマークが多いほど悪化が早くなる。応急処置キットを使って治療することで傷の悪化を止めることができる。ゲージの白い部分が治療済みの斬撃ダメージである。
  • 治療した段階では悪化しなくなっただけであり、回復したというわけではないので注意。
  • 攻撃がいずれかの部位にヒットすると、同時に血液にダメージを受ける。
    • 武器ごとに出血のしやすさが設定されており、刀のような鋭い武器ほど出血しやすい。
    • ゲージの端に「<」が表示されると継続的に出血する。そのまま攻撃を受けなければ徐々に止まるが、連続して攻撃を受けるとマークが増え、出血は激しくなる。特に四肢を失った際は大量に出血する。
    • 出血は応急処置キットによる治療で止めることができる。

ダメージの回復

  • 時間経過により回復する。回復速度は種族と打たれ強さによる。
  • キャンプベッドやベッドに寝ることにより回復を早めることができる。意識のない重傷者は担いで運ぶことでベッドに寝かせられる。

ロボット部位(スケルトンの各部位および義肢)の場合

  • 応急処置キットの代わりに、スケルトン応急処置キットを使って修理する。治療した斬撃ダメージは即座に回復する。
  • 通常のベッドの代わりに、スケルトン修理ベッドに寝ることにより回復を早めることができる。
  • ダメージを受けるごとにパーツが摩耗し、部位HPの最大値が少しずつ低下する。元の最大値に戻すにはスケルトン修理ベッドで寝る必要がある。

ダメージによる影響

各部位のHPが減ると、以下の影響が出る。

  • 頭部
    • クロスボウ・高精度射撃・知覚などクロスボウ関連スキルが低下する。
  • 胸部・下腹部
    • 筋力・器用さが低下する。
  • 左腕
    • 筋力・器用さが低下する。0を下回ると誰かを担ぐことが出来なくなり、両手武器が使用不能になる。
      • 健康な左腕で誰かを担いでいる状態なら両手武器の使用は可能。
  • 右腕
    • 筋力・器用さが低下する。0を下回るとあらゆる武器が使用不能になる。
  • 左脚・右脚
    • 運動能力・回避が低下する。
    • 打撃ダメージ・および未治療の斬撃ダメージによりKOポイントを下回ると立っていることが出来なくなる。その状態でも右腕が動かせるなら攻撃は可能。
  • 空腹
    • 200以下になると筋力・器用さ・運動能力が低下する。

添木

腕や脚の部位HPが50を下回っている場合、添木キットを使って添木を当てることができる。

添木をすると白いバーが伸び、その分だけ機能が回復する。回復量は添木キットの品質と医療スキルによる。マイナスの値が大きすぎると白いバーが見えない(0以上まで伸びない)こともある。

添木が使えない場合

  • スケルトンには添木が使えない。
  • 酸による継続ダメージのみでHPが減った場合、添木が使えない。

手足が切断された場合

万が一四肢を失った場合義肢によって補うことはできるが、全ての義肢で水泳に-補正がかかり、ダメージの回復にスケルトン修理キットが必要となる。また、義肢を装着するとホーリーネーションからスケルトン扱いされて敵視される

空腹

空腹ゲージは時間経過により減少する。種族、行動、動きにくさにより空腹速度は変化する。
食べ物を食べることで回復できる。回復は一瞬ではなく時間経過とともに行われる。詳しくはTIPSを参照。


体格について

一部のスキルは成長することでキャラクターの外見に影響を与える。(経験値バーの下に灰色で書かれている)

 


 

このページの累積ビュー数: 65146

今日: 116

昨日: 132

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:MjVkYjdmN

ヒットポイントについて重要事項を頭の方に持ってきました。

返信
2020-07-13 21:20:47

名無し ID:MzUzMjIwN

知っている限りのことについて、ヒットポイント関連を書き直してみました。アドバイスありがとうございました。
情報が多すぎるとか、かえってわかりづらくなってはいないでしょうか?

返信
2020-07-09 17:00:40

名無し ID:YzA5ODE3O
>> 返信元

足の骨折について検証してみたんですが、複雑みたいですね
十手の攻撃のみで足にダメージ蓄積させた場合、確かにKOラインまでの回復を境に「不自由(この足は体を支えられない)」状態を脱して立てるようになりました。
ただ斬撃ダメージだとKOライン以下まで減っても応急処置の途中で立ち上がれるようになるみたいなんですよね…蓄積したダメージで斬撃と打撃で違いがあるってのは初めて知りました

返信
2020-07-07 19:43:16

名無し ID:MjgyOWU3Z
>> 返信元

四肢切断の時は赤の量で出血量が決まるようだけど、それ以外は普通に武器の出血率で決まると思うんだがなぁ。昔はそうだったのかも

返信
2020-07-07 02:06:21

名無し ID:MjgyOWU3Z

失血によるダウンや、脚の骨折はKOポイントと関係していると思う。ベッドサンドバッグ作っていたときにそんな感じがした

返信
2020-07-07 01:59:28

名無し ID:ZTUwNDIzO

うーん、フォグマンにかじられて試してみましたが
腕はマイナスになるまでペナルティなし、マイナスになった時点で使用不可、筋力と器用さにペナルティ、治療しても0以上に回復するまでは使用不可
足は治療によりケガの状態が!!!を脱したら、部位HPがマイナスであってもちぎれていない限りとりあえず立てる
でいいのかな?

返信
2020-07-06 23:10:00

名無し ID:YzQ2MDI2Y

それから、「各部位は骨折することがある。骨折は様々なペナルティがある」について
ここで言う骨折というのは部位HPがマイナスになり使用不能になった状態と考えていいんでしょうか。始めたばかりのころは切断とは違う骨折というステータス異常があるのかと思ってましたが、ありませんよね?

返信
2020-07-06 20:09:46

名無し ID:YzQ2MDI2Y

「ダメージについて」いくつか修正しようと思うんですが、その前に間違ってたら指摘お願いします。
「血液は各部位の出血のデバフ("〈"で表記)の累計により徐々に減少する」について
血液が徐々に減少するのは血液欄に<<<<<のように出血状態が表示されている場合であって、その他の部位の<や<!などは切り傷の悪化速度であり血液とは直接影響しませんよね?

返信
2020-07-06 20:09:32

名無し ID:YWIxMDI5N
>> 返信元

ありがとうございます。人間の減少ステータスと違ってMAX表示で40ポイントと思っていて(スケルトン救急キットでしか治療しておりませんでした)、スケルトン用ベットに寝かせましたら各部位オール200に回復しました。
意識してみた時点で100以下のHP部位が数カ所ありせっかくスキルとか育成したのに貧弱で辛いけど愛着あるキャラだったので助かりました。
本当にありがとうございます。

返信
2020-05-19 20:56:38

BDCショップの店員 ID:MjI3NzY2M
>> 返信元

……お客様、スケルトンも精密機械でございますので、たまにはオーバーホールが必要になるのでございます
スケルトン修理キットはその場で耐久力を回復できるスグレモノでございますが、あくまで簡易修理用のものですので本格的な修理にはスケルトン修理ベッドが必要となります。スケルトン修理キットは当店のような義肢店ではほぼ置いてあります(スケルトンでなくテックハンター経営の義肢ショップはなかったかもしれません)。スケルトン勢力の町以外だと生身の方々用に比べると高価な使用料となりますが、戦闘で摩耗した最大HPを元の数値まで回復してくれるので料金に見合った性能をお約束します。

返信
2020-05-19 19:40:30

名無し ID:ZTY5MGU0M
>> 返信元

種族スケルトンの欄をご確認下さい

返信
2020-05-19 14:27:01

名無し ID:YWIxMDI5N
>> 返信元

ありがとうございます。
スケルトンなのですが格闘特化で育てていたのですが、頭部HPが40と比較乱戦になるとほぼ即死してしまいましてこれまではセーブロード繰り返してなんとか生き残っていたのですがスケルトン頭部の入れ替えも可能でしょうか。

返信
2020-05-19 14:19:19

名無し ID:NmQ4NjY5N
>> 返信元

ダメージ係数減らす方に弄ると割と重要になったりしますね>血液量
あとはMODで出血係数高めの武器とかも(カミソリとか)相手にした時の継戦能力かわってきます

返信
2020-05-19 05:28:37

名無し ID:MzM1NDJiZ
>> 返信元

ああ忘れてた、筋力を上げると血液量が上がるよ。

あんまし意味ない気もするが、ないよりはあったほうが良いでしょう

返信
2020-05-19 03:24:05

名無し ID:MzM1NDJiZ
>> 返信元

生身のまま部位耐久をトレーニング等で上げてムキムキになるとかは不可能でっす

返信
2020-05-19 00:26:31

BDCショップの店員 ID:ODIxYjExY
>> 返信元

普通にプレイして部位HPをあげるには手足欠損させてより部位HPが高い義肢に交換するサイバー化が一般的ですね
部位HP重視で義肢をつけるならKLRシリーズがおすすめとなります。KLRシリーズはアームの方に筋力と器用度にバランスよくバフがのる仕様となっておりますので、普通の育成の延長線上でよろしいかと存じます。もっとも筋力を最大まで鍛えていた場合フラグメントアクス以外のメイトウを全てペナルティなしで振り回せますので重武器や鈍器といった普段使いづらい重量級の装備がよろしいかもしれませんね。
どうぞ義肢をお求めの際はブラックデザートシティの当義肢ショップをご利用くださいませ

返信
2020-05-18 23:06:12

名無し ID:NzBjNDQzZ

部位HPを上げる事って可能でしょうか、
また、その場合どのように育成すれば良いのでしょうか。

返信
2020-05-18 20:30:47

名無し ID:YWQwMjRlZ

医療とロボット工学は100以上になったことがありますね(ちなみにこの二つは治療キットや修理キットのほうで発揮できるスキル上限決まってるので100以上はあまり意味なし)
計算上は窃盗も100超えるらしいですが、こっちは見たことないです
後は義肢や装備の補正によって筋力や器用度の最終値が100を超える場合はあります。ちなみに能力の成長は義肢含めた装備補正前の数値で判定されますので、例えば素の筋力90でndustrial Lifter Armの熟練(筋力+20%)つけて最終値108になってても筋力はちゃんと上昇します(上限は勿論100までです)

返信
2020-05-08 17:10:30

サイバー・ビィィプ ID:MjY4NDliN

ステータスって100以上になることってある?

返信
2020-05-08 16:17:27

名無し ID:ZmRmMDBhZ

荒らされてる?
申し訳ないが、直し方はわからんけど

返信
2020-03-31 15:22:36