ノアの歴史

ページ名:ノアの歴史

ノア王国の歴史

 

序章.先史時代

ノア人の起源については、学者によって主張が異なる。最有力の説は、セントラル大陸南部のテス山脈あたりに居住していたゴベダ人が、なんらかの理由で移住したのが始まりというもので、根拠として、ゴベダ人の信仰する神々の主な神の一つである雷神テ・サルンの名がノア西部テサローン地方に残っていること、現代ノア人の身体的特徴の一つである耳垂が他の人種よりも短いことが一致する、などが挙げられている。だが、これらはいずれも決定的な証拠にはなり得ず、研究が続けられている。

 

1章.三国時代

三国時代

DT.2〜6年頃、セントラル大陸とその周辺地域は戦国時代の混乱にあったが、ノア地方もその例外ではなく、北部の有力豪族ミケ家が治めるミケランディ公国、東部のクルアーン家が治めるクリテディア王国、西部の聖バジナ神*を信奉する聖テサローン王国がにらみ合う三国時代が続いていた。このうち、聖テサローン王国はゴベダ人文化を色濃く受け継いでいると考えられており、他の二国との対立も顕著であった。このことから、ノア人の拠りどころをゴベダ人や聖バジナ神、テサローン王家に求める宗教集団、学者などが存在し、しばしば王国政府や右派と対立し、問題に発展している。

*先述のゴベダ人の信仰する神のひとつ、雷神テ・サルンを起源に持つと考えられている。

第二次ノバーナ川の戦い

DT.9年11月、ミケランディ公ミケ三世が行った増税に対する市民の反発から、増税公一揆と呼ばれる激しい抗議運動が起こった。15代クリテディア王クルアーン一世はこれに乗じて、ミケランディ市民の支持を得る一揆首領サンディ・ノバーナと軍事的協約を結んだ。12月、クリテディア王国は、増税公一揆の加勢を口実に、両国の勢力範囲の中間にあたるノバーナ川中流でミケランディ軍と交戦し、ノバーナとの協約によって有利に戦いを進め、DT.10年元日にクルアーン一世がミケランディ城に入城して勝利を宣言し、国名をクリテディアから伝説上の国家と同名の「ノア王国」と改め、自分が正当なノア地方の支配者であると内外に示した。

ケミスティズム

このころ、トスターの森のあるノア地方北部の神秘を重んじる文化と、海に面し貿易によって栄える東部の理性を重んじる文化の融合が起こり、ケミスティズムという科学と宗教の両面を合致させて真理を導き出そうとする思想が生まれた。この思想は現在もノア文化の根幹となっている。

緩衝地同盟

ノアと対立状態にあったヤノサト王国は、ミケランディの滅亡によって緩衝地帯を失い、危機感を強め、ヤノサト住民が、ノア王国軍に誤って捕縛、殺害された事件もあり、一時両国の関係は悪化した。クルアーン一世は外務卿パミコルケンを使者としてヤノサトに送り、旧ミケランディ東部のトスター地方の領土権の放棄を引き換えに、ヤノサト王国のノア王国における援軍派遣の許可と相互内政不干渉を求めた。新興の北海帝国を警戒していたヤノサトの全権トサル王子は、北と南の両方に敵を作ることを恐れ、DT.11年1月、要求を全面的に認めた緩衝地同盟を結んだ。

テサランタの戦い

ヤノサトとの関係を改善したクルアーン一世は、パミコルケンらが編纂した人間国家宣言(DT11.1.30)で政教分離を唱え、聖テサローン王国を批難した。彼は邪教の根絶を理由に、DT.11年5月、テサランタ村で聖テサローン軍との戦闘を開始し、これに勝利した。これから一月後に聖テサローン王国は全ての領土を失って、名実ともに滅亡し、三国時代は終わった。

 

2章.宰相時代

十聖徒事件

統一後、聖テサローン王国残党の集団十聖徒同盟は、実権掌握を計画するノバーナから密かに支援を受けて、DT.11年8月の第一回統一祭でクルアーン一世を暗殺した。ノバーナは王の親衛隊を指揮して十聖徒同盟を征伐し、指導者ガメシュを晒し首にした。この一連の出来事を十聖徒事件という。

宰相ノバーナ

十聖徒事件によって存在感を強めたノバーナは、若年を口実に皇太子クリルに国政のほとんどの権利を譲渡させて、宰相に就任した。これは実質的な王位の禅譲であり、王朝の一時断絶とする説もある。彼は宰相就任後のDT12年2月、国内に残る旧国の残党の脅威を理由として、友好関係にあったエリモザキ公国にクリルを移し、エリモザキ王女と結婚させた。さらに神聖党の獄と呼ばれる粛清を行なって、パミコルケンなどの統一の功労者を含む反対派を多数処刑した。

ノア=マレネオ海戦

ノバーナはDT13年、住民の虐殺行為が行われていることを口実としてマレネオ国に宣戦布告し、海上で両国間の戦闘が開始された。これをノア=マレネオ海戦という。兵力で勝るノアはアニヒレートに基地を置いて有利に軍を進めたが、被虐殺者の虐殺行為を正当とする意見がノア住民の間で広がったため、マレネオ攻略から撤退した。この海戦は形式上、ノアの敗北に終わったが、ノア王国は世界に自らの軍事力を示すことに成功し、のちに大国の地位を得る契機となった。またノバーナはこれを機に外交権・軍事権を完全に掌握し、独裁的体制は一層強化された。このようにノバーナは独裁や粛清、対外戦争などを行い、国を疲弊させたが、ノア王国の統一と発展をたすけた一面もあるため、その評価は分かれている。

 

 

3章.第二王朝の開始

ノバーナの失脚

DT.24年、世界評議会連合第一回評議総会でエリモザキ王・マレネオ代表者が合同し、ノバーナを大義なき戦争の計画者であると糾弾した。主国会で彼は弁明を行ったものの、交通の要衝を抱えるエリモザキとの関係重視やノア王国の膨張への恐れなどから、いずれの国も取り合わなかった。そうして批判が集まり、立場を危うくしたノバーナは、北海帝国が民衆を扇動したことを発端とする反対運動も活発化し、ノバーナは退任を余儀なくされた。

クルアーン二世の治世

クリルは国に戻りクルアーン二世として即位したが、ノバーナは「影の宰相」として権力を握り続けたため、クルアーン二世はDT.25年1月、ノバーナを捕らえ、処刑した。彼はノバーナの対外積極政策によって疲弊した経済や産業の再建を謳い、主要都市と旧聖テサローン王国の街を繋ぐ四つ角街道の建設、有能な下級貴族や平民の登用(この時旧聖テサローン王国の人材も多数登用された)、裁判の公正な基準を定めたクリル法典の作成などの政策を行なった。

四つ角文化

ノバーナ政権下では戦争などで国民生活も疲弊し、文化的な成果も乏しかったが、実権が王家のクルアーン二世に戻って内政重視に転換すると、旧テサローン王国やマレネオ、ヤノサト王国、エリモザキなどの周辺国の文化を取り込んだ、多様な性格の文化が花開いた。この文化は、王国の東西を横断し終着都市のアニヒレートは世界的港湾都市である四つ角街道から、四つ角文化と呼ばれている。

 

4章.クルアーン三世の大洋政治

ジャコウ・カザトスの乱

DT51年、第一次ベーコック独立戦争で土地を失った地主や、大寒波で耕作が困難となった農民らの一部が、流浪の末、ベーコック独立戦争や大寒波の影響をあまり受けなかったノア王国に流入すると、同年に世界評議会連合で正式に採択された冒険者・ギルド制度の制定当初の混乱に乗じて、反乱を起こし、ケルアンディを一時占拠した。クルアーン二世は病で指揮を取れる状態でなかったため、甥のエイナールを臨時職の護民官に任じ、鎮圧の指揮に当たらせた。反乱軍の勢力は王国の北部の全域を飲み込むほどであったが、王国軍は間者を使った情報戦術で団結力の乏しい反乱軍を撹乱し、半年で反乱を治めた。これをジャコウ・カザトスの乱という。乱後、エイナールは摂政となり、DT54年にクルアーン二世が没すると、クルアーン三世として即位した。

クルアーン三世の大洋政治

クルアーン三世は、トミール〜パミール間蒸気機関車路線の開通(71年)、王立医療所の設置(68年)、鉄鋼生産の推進などの政策で雇用を創出し、国民の信頼を得た。

こうして国力を増強する傍ら、クルアーン三世はサリー島に攻め入る機会を窺い、側室のイザベラを家臣の娘と偽って、セロ朝のジロールと非公式に婚約させた。イザベラは男児ウェストヴィレッジを産んだが、ジロールが突如没し、正室の子で嫡男のフランジの即位が優位となると、DT71年、クルアーン三世は反発し、将軍ケイオスの指揮する十万の軍勢をサリー島に送った(マーヴリッツ後継者戦争)。ノア軍は各州を降伏させつつ侵攻してDT74年にケイオスはリール川でセロ朝の主力軍に勝利し、フランジを打捕し勝利した。クルアーン三世はセロ朝を廃してノア=セロ朝を開きヴィストヴィレッジを即位させた。(フアィブセンチネルの歴史参照)