用語集 さ行

ページ名:さ行

用語集 - さ行

 

・神聖文字【サトル】

神聖ヤーノ教団の神聖文字である。様々な物にこの名前が付けられる。

 

・自爆戦法

対地ミサイル【激弩】を敵に近づいた状態でぶっぱして自分もろとも相手に大ダメージを与える戦法。ヒーラーや対地ミサイル【激弩】を複数個持っていけばほぼ無限に大ダメージを与え続けることができる。

この戦法を知らずに接近戦をしていて爆発に巻き込まれるプレイヤーも多い。

 

・週末

世界の終わりを毎日予言している人 終末の予言者→週末の予言者(笑)

リアル世界にも生息が確認されている

 

・シャークトレード

明らかに釣り合っていない取引のこと

鮫トレとも言われる

このゲームにおいてはおんちゃんとの売買でよく見られる

 

・勝率10割

勝つまでやり続ければ勝率10割

ヒユキの賭博街でよく聞かれる破産への道

 

・勝利者0人

誰も勝たなかった状況。

剣の舞で皆殺しにした後のサムライなどが毒や隠の宝玉で死んだ時などに起こりやすい。

戦いとは金ばかりかかってかくも虚しいものである。

 

・自傷サムライ

サムライのプレイスタイルの一つ。武士道と剣の舞を保険とし自分のHPをわざと減らして死線で戦う型。

非常に高い火力が見込めるがいくら武士道があっても連続攻撃で簡単に落ちてしまう。仲間との役割分担をしっかり行おう。

 

・ジョージが竿役だと抜けない

剣コロ屈指の聖人ジョージが竿役のR18同人誌を見た剣コロ本スレ民の言葉。

ジョージはこんなことをしない。ジョージがこんなことするわけないだろ。ジョ抜無、竿ジョNGなどの派生もある。

 

・ショタコン猫

名も無き白猫のことである。ドリームチーム・トーナメントにおいて特定のキャラと一緒にチームを組むとめちゃくちゃアウトな台詞を連発する。

 

・神経ガチャ

ハンターの能力「神経〆」で高難易度ダンジョンのモンスターを狩る事。神経〆が効くまで特攻し続ける様子からガチャに喩えられた。神経〆を当ててもそこから1ダメージ与えないといけないため、強すぎるモンスターは結局狩れない。初心者ハンターの死亡数が極端に多いのはこれを行なっているためである。

・スカイダイバー

「ダイバー」とも。運営が新エリア「天空城」を実装した際、天空城から帰る方法を用意しなかっため、空からの飛び降りが多発した。

現在は天空城が廃止されたためダイバーの姿も消えた。

 

・スコットすこの会
尻尾の為に生き尻尾の為に死ぬスコットの眷属

悪い虫がつかないようにスコットをいつも見守っている(こいつらが一番の害虫とは言ってはいけない)

会の内部では会員No.1はすこ太郎、No.2はすこ次郎…と順々に呼ばれる

 

・スーパーマリオネット

ジャポンの廃れたゲームセンターでプレイできるゲーム

悪霊が取り憑いた日本人形を操りジャポンを征服するという内容で、市民を倒すほど怨霊ポイントが溜まりポイントを消費することで新しい呪文を入手、自身の改造ができる

また登場する敵もほどほどに強くコツコツ攻略するのがなかなか楽しいゲーム

 

・砂場

運営が新システムを導入する際にテストを行う場所。

珍奇なバグが頻繁に発生する場所として有名。

・セミ

コーシェンにてどんなにシリアスな場面でも大音量で鳴き続ける存在

彼らも寿命短い中で子孫を残すために必死なのだ

 

・瀬戸内P

剣コロ開発の最初期段階でプロデューサーを務めた人物。

あまりに無能だったため就任から3日で解任された。

 

・そうですか…ではさよなら

正体を表すまでのサトール王の口癖

何を報告してもこの発言で退出を求められる

本スレでは厨房丸出しのレスに対する返答として使われる SDSとも

 

・そんな服装

エノークの新しいスキンのゴスロリメイド服のこと。

運営は何を血迷ったのか男であるエノークにゴスロリメイド服を着せやがったのだ。これにはあの大天使も困惑し、天然キャラで有名なミアからもドン引きされた。しかも仲間として出世したと同時にゴスロリスキン解放イベントが実装されたせいで初心者の間ではエノーク=女装する変態という誤解すら生まれてしまった。

 

・そんなぁ

名無しの一般NPCを攻撃すると返ってくる言葉。

カジノで大負けした時などに使おう。