ストーリー年表

ページ名:ストーリー年表
+-

20XX年 核戦争が起き世界はほぼ滅亡。大陸の形も変わる。

数万年後ーーーー

残った人類は少しずつ文明を取り戻したがそれと共に核戦争も人々の記憶から消えた。

以下がこの世界の年表である

DT歴 この年に起こったこと
DT.1 最初の国家ヤノサト王国が誕生
DT.2~6前後

セントラル大陸とその周辺の戦国時代

国家乱立による混乱

DT.9年

 

DT.11年

 

DT.12年

 

DT.13年

北海帝国成立

 

ノア王国によりノア地方統一

 

サリー島分裂、

 

ノア=マレネオ海戦勃発(マレネオ勝利、ノア王国権威強大化)

DT.14

万国法会議(世界評議会連合の前身)により国際法成立

DT.16

 

DT.20

北海帝国再統一

 

プニシスタ国の賢者カサワキ・クッコが世界評議会連合樹立提言

DT.24 国際法により国際平和組織世界評議会連合樹立
DT.25

大部分の国家が世界評議会連合に加盟したことが確認された

ノア王国で王政復古、クルアーン二世の治世

DT.27 ヤノサト王ドメシタン=テンキスト・サトールが自国建国を1年とする紀年法を評議総会で提案
DT.28 前年提案された紀年法の使用が可決。翌年以降の導入が決定。提案者ドメシタン=テンキスト・サトールの名から採りDT(ディーティー)歴と名付けられる
DT.29 連合全加盟国でDT歴導入
DT.33 ヤノサト王国の一部が壊滅。原因不明。何者かの襲撃か
DT.36 ニュヤックを首都としてベーコック共和王国がヤノサト王国から独立宣言
DT.39 北海帝国をはじめとして史上最大規模の寒波が発生。1年中降雪が続き大量の餓死者と難民が発生
DT.49 ヤノサト王国で冒険者制度、ギルド制度が定められる

DT.40〜60年代

 

 

DT.51

中洋化(中央集権化)の波、セントラル大陸中心に起こる

 

連合各国に広がりつつあった冒険者・ギルド制度が世界評議会にて正式に可決され全加盟国導入決定

DT.55 エリモザキ公エリモザキ2世が評議会本部で急死。死因不明。評議会での飲食は認められないため毒殺説は否定されている。
DT.64 ギルドの発展、巨大化に伴い評議会連合下部組織として世界ギルド協会が設立される

DT.67頃

 

 

DT67

 

 

DT.70

 

DT.75

冒険者、ギルドの活動が国を跨いで活発化。それに伴った犯罪の増加が問題視される。

諸連珊李戦争発生(諸連勝利、ヒーロ教団・ヤーノ教団間の不干渉条約締結)

 

ニュヤック制裁戦争(ベーコック+(北海)VSヤノサト等連合国、ベーコック勝利)

 

ベーコック、世界評議会連合加盟

ノア=セロ朝によるサリー島全域支配

DT.77 連合裁判所設立
DT.112 国際法の一部修正により企業・個人の国家間交流活発化
DT.112~120後半

上記の法改正により連合内の封権国家に自由化の波が押し寄せ各国で政体が変化

ベーコック共和王国が元ヤノサト王国から独立したばかりの東方のいくつかの弱小国を併合

DT.119 連合が世界商人協会を設立。7年前の法改正により影響力を失いつつあった商人らの手によるものか
DT.124 連合下部組織が多数設立される。連合設立100年を祝して百年間の歴史を綴った歴史書の出版
DT.129 通貨統一法が評議会で可決される。また、半官半民の世界商人協会が経済政策を担うことが決定
DT.137 ベーコックで革命(ドナルド革命)が起こり王バーマが処刑される
同年 連合分裂の危機、記録に乏しく原因不明(ジーグの反乱)
DT.143~140後半 内陸都市ミナレゾで大規模な干ばつが発生。干ばつは長期化しミナレゾは廃墟と化した
DT.143 ヲ・ジェ諸島連合のキアトル(現アストリ共和国)で初めての製鉄所が建設される

DT.145

黒い月曜日、始まる

DT.153            魔王の復活(現在)

各国の詳細な歴史

ラッシィーアの歴史

ベーコックの歴史

ジャポンの歴史

ノア王国の歴史

北海帝国の歴史

カンプチアの歴史

ファイブセンチネルの歴史