キャラクター - ミケランディ三世

ページ名:ミケランディ三世

ミケランディ三世

ステータス
名前 ミケランディ三世
種族 人間
性別
身長 173センチ
職業 ミケランディ公
説明

 ノア地方の三国時代の人物で最後のミケランディ公。増税公一揆を引き起こしミケランディを滅亡へと誘った暗君とされるが増税の背景には貴族たちの権力闘争などが関係しており当人は質素で勤勉な性格であった。第二次ノバーナ川の戦いの際ミケ城に篭ったミケランディ三世は自ら槍を持ち戦うことを決意したが連日の激務に蝕まれていた彼の体はその望みに応えることはなかった。捕らえられ捕虜となったミケランディ三世は与えられた食事を一切口にせずわずかな水だけを飲んだ。看守が哀れんで理由を聞くと彼は一言「他のものにやれ」とだけ言った。この日、彼はギロチンにかけられることとなり処刑台に登ったが「すまない」とだけ言ってあとは何も言わなかったために国民は怒り狂い罵倒を浴びせた。彼はそれには何も言わずにただ目を瞑って首を跳ねられてその生涯を終えた。