第2章「決意」

ページ名:決意

 

デジモンアドベンチャーtri. 第2章「決意」

 

公開日…2016年3月12日

上映時間…88分

興行収入…1億6千5百万円(※一章は2億3千万円)

 

概要

高校生(中学生)となった選ばれし子どもたちが新たな脅威『感染デジモン』と戦い、その謎に迫る全6章の劇場公開作品第二作目。

新たに加わった選ばれし子ども『望月芽心』とそのパートナー『メイクーモン』と出会った太一たちの前に、インペリアルドラモンを操る『デジモンカイザーに酷似した謎の男』が姿を現す。

 

 

問題点

  • 内容の薄さ

上記概要欄でほぼ網羅出来てしまうほどにストーリーが進まない。

→ 他に特筆すべき描写についても上手く活用できているとは言い難い。

「芽心とメイクーモンが無印組と交流する」

→溶け込むまでには至らなかった

「メイクーモンが感染と歪みの原因」

→この事実を知ったところで具体的な対策は取らず

「姫川と西島が旧知の仲」

→後の姫川の行動を西島は止められず


  • 温泉パート

大江戸温泉とのコラボレーション。

総じてあまり意味は無く、あまりに冗長すぎる。

→時間にして前半の20分すべて。それだけの時間をかけても芽心とメイクーモンはあまり溶け込むことができなかった。

→新しい仲間との親睦会、という名目で出掛けたにも関わらず、02組は声がかからず。親睦会の体を成していない。

→劇中でもタケルが、親睦会は建前で実際は太一とヤマトの関係修復が目的と発言。

→提灯を見たメイクーモンが暴走しかける描写などもあるが、5章現在特に説明はない。

→足湯や食堂ではデジモンが堂々としていたり、逆に多数の入浴客から隠す展開となったりと状況が安定しない。

→芽心と子ども達が、デジモンやかつての冒険について深く話をするわけでもなく、好意的に見ても単に友人として親睦を深めているだけに終わっている。

 

選ばれし子ども達と温泉

ガブモンが毛皮を脱いで入浴した以外には温泉ならではの描写が乏しい。

→太一の裸を凝視するなど、芽心をどう描きたいのか分からないシーンも。

※ちなみに芽心は帰宅後に入浴する。どうせ入浴描写を入れるならコラボしたほうに入るべきだったと思われる。

女性が男子風呂と男子風呂の更衣室に入るのはれっきとした違法行為である。だが彼女達は温泉経営者側から一切お咎めを受けていない。

→男性視聴者へのサービスシーン・お色気シーンとしても中途半端で不十分。小学生がメインターゲットだった無印と02やクロスウォーズまでのテレビシリーズと違い、tri.は当時子どもだった年齢層をメインターゲットにしており、制作陣もそういった年齢層がターゲットのアニメを沢山作っている人物で集まっているというのに、勿体無い。

第2章パンフレットによると、シナリオを書く段階ではプールに行く予定だったとのこと。

→上記の通り、あまり意味のないコラボレーションのために現場に余計な負担がかかってしまった。


  • 文化祭

ミミの項目も参照。

ミミが我を押し通した結果、周囲との亀裂に悩む。

模擬店の衣装について他の生徒と意見が衝突。
→「その時は黙ってても後で文句ばっかり言ってさ。だいっきらい」と発言するものの、実際に他の生徒から不満が出た際には話し合う事もなく怒り、芽心や空に八つ当たりする始末。物の見事にブーメランとなる。
→「やりたいことをやる。周りの意見は気にしない」と押し切る。基本的にコミュニケーションを取ろうともしない。

→彼女自身がかつての冒険(無印25話など)を通して他人を思いやることを学んできただけに、非常に残念。

 

不自然な活動描写

文化祭とはいうものの、企画立案から開催当日まで時間が経過した描写がほとんどない。

→02組の消息不明に気づかない期間が長すぎるなど。

具体的に学生として活動しているのはミミと芽心のみ。他は特に何もしていない。


  • インペリアルドラモン戦

インペリアルドラモンを躊躇なく攻撃する無印組

歴代でも極めて特異性の高いインペリアルドラモンを、仲間と疑うこともなく全力で攻撃する。

そして、撃破に成功したら満面の笑みで歓声を上げる

→今作では全編を通して「仲間同士では戦えない」「仲間を倒すことは絶対にできない」と強調している。

その一方で仲間である可能性が高いインペリアルドラモンを攻撃しており、物語を通して行動と言動が一致していない。



インペリアルドラモンの攻撃

→相手は成熟期以下3体であり、普通に戦っても瞬殺できる戦力差。

→手加減をしていたのかは不明。

インペリアルドラモンの戦闘能力については第2章パンフレットにて宇木氏もキービジュアルについて「上からヴァイクモンが押さえつけている構図はどうなんだろうって最後まで悩んでいました」「僕の中ではインペリアルドラモンのほうが強いんだろうなって思いがあったので…」と発言している。


  • デジモンカイザー関連

メイクーモンを大した抵抗もされずに拉致する。

一乗寺賢であることを匂わす数々の描写が見受けられた。

→しかし後にまったく関係の無い別人と判明。また、カイザーの似姿をとっていた理由・必然性もまた不明。

→詳細は本人の項目並びに伏線の項目も参照。


  • 過去に乗り越えたはずのことでつまずく「選ばれし子どもたち」

八神太一

別項を参照

戦うことへの迷いを払拭しきれていない。

「なぜオメガモンの合体は解けた?」とヤマトに問われ、答える事なく立ち去ってしまう。

→インペリアルドラモン戦では歪みが物理的に閉鎖され見ているだけとなり、太一の葛藤については先送りにされた。(その後有耶無耶に)

城戸丈

別項を参照

・冒険を通して自分で決めたはずの『医者になる』という夢を世間体に挿げ替える。
・「選ばれし子どもなんて言うけどさ、本当は僕たちが選んでるんだよ」と言ったその本人が『なぜ選ばれたか』で悩む。
→結局「選ばれたことには理由がない」と納得し、戦いと将来の両立については先送りにして悩みを振り切った。

太刀川ミミ

別項を参照

性格面についての描写に問題があると言わざるを得ない。

→自己中であることを前面に押し出した結果無印当時から退行しているようにすら見える。


  • 進化バンクについて

tri.初の完全体、そして究極体の進化バンクが流れた。

しかしワープ進化を採用しなかったためテンポが悪く、また個々の仕上がり自体も非常に残念なもの。

 

リリモン

無印の蕾から飛び立つ様を踏襲。8体の完全体の進化バンクの中では形式が異質。全体的に見て最もマシな部類だが、やはり最終的なポーズや他と共通した背景の地味さに難がある。

ロゼモン

ロゼモン自体があまり動かず、よく分からないリングを潜るだけというメリハリのないもの。

イッカクモン

1章で成熟期7体が戦う中イッカクモンの出番は無かったため2章で出番がお披露目。

決めポーズが異常にダサい。2章パンフレットによるとスタッフは拘りを持ってこの決めポーズを作ったとのこと。

ズドモン

プロセス自体はロゼモンと同じ。特筆すべき差別化された要素はない。

→ヴァイクモン

プロセス自体はロゼモンと同じ。特筆すべき差別化された要素はない。


  • 謎のメール

真なる力を求めるには 暗黒を知り、超えて行け

→詳細は伏線の項目を参照。

差出人は6章現在となっても未だ不明。

→このメール自体は単なる電子メールであり、無印における究極進化の鍵となった遺跡の予言とも関連はない模様。

本作における究極進化にもなんら影響していない。


  • レオモン

→変態と化す。

→当然のように死ぬ。理由や必要性については特にない。

→現実世界で死亡したデジモン(無印におけるウィザーモンなど)は、はじまりの町で生まれ変わることができない。

※ 『謎の男』の発言から、現実世界で死亡したデジモンもリブートによって復活することが判明。
レオモンも生き返るとすれば、この2章における彼の死の描写は無駄となる。

 

その他細かい問題点

  • 登場キャラクター関連

空気と化す選ばれし子ども達

→太一を始め、日常パートでも特に率先して何かするわけでもなく、戦闘においてはミミと丈しか関わらない。
悪い意味で「ただ居るだけ」

→辛うじてインペリアルドラモン戦のモニタリングに成功した光子郎は存在意義がある。しかしメイクーモンやインペリアルドラモンについてデジモンアナライザーで調べることすらしない。

オーガモン

→感染デジモンとして出現。レオモンによってデジタルワールドへ連れ戻されたきり6章現在でも安否不明。

→知り合いだから倒せない、とインペリアルドラモンとは真逆の対応。

→意思疎通はできず、うめき声のみ。担当声優も兼役。

※第2章上映前の約1ヶ月前に発売されたゲーム、デジモンワールドネクストオーダーでは、江川央生氏(無印のオーガモンの声優)がタイタモン(オーガモンが進化した究極体)役で登場した。tri.第2章でも江川央生氏を呼ぶことは声優さんのスケジュール的には十分可能だったと思われる。江川央生氏を呼ぶべきだったのではないかと疑問に思わざるを得ない。


  • 作画・演出関連

止め絵が多い。

温泉パート、ダンスシーンやインペリアルドラモン戦など全編に渡って蔓延。

 

戦闘シーンについて

主に1章と同じく、キツすぎるエフェクトなどの問題から、何をしているのか分かりにくい戦闘シーンとなっている。

→「アークティックブリザード」(絶対零度の冷気で空気ごと敵を凍らせハンマーで砕く技)と叫ぶも氷要素無しの打撃技を繰り出すヴァイクモンなど、描写が間違っているのかセリフが間違っているのか分からないものも。

→同様にハンマースパークとハンマーブーメランの混同も見られる。

これらは1章で見られた「技名を叫ばない」という欠点を解消したものではあるものの、その考証はあまりに粗略であり「これなら技名は叫ばないほうがマシ」という残念な結果となった。

 

作画崩壊

→キャラクターの描き込み不足が一章に比べ増加している。モブ(学生や姫川の部下など)は特にその傾向が顕著。

→丈を見つめるゴマモンの顔や屋上からみた校舎など形や構図が破綻しているシーンが多い。

→オープニングにて、鏡に映った芽心の服にミスがある等単なる映像作品としても難がある。

 

トゲモンの進化バンク

88分の間に全く同じ進化バンクが2度流れる。

ただでさえ第1章で1回流れているので、第1章と第2章でトゲモンの進化バンクは合計3回流れた。

→今作は約25分×50話前後のテレビアニメとは異なり、約90分×全6章の、映画が中心の有料視聴(映画・有料配信・OVA)という放送形式。尺の無駄遣いが許されず高い作画が求められている。同じ映像を何度も流す必要性が感じられない。

特に劇場で観た視聴者の多くは、トゲモンの進化バンクが2回流れた所で強い不満感を感じたのではないだろうか。

 

「なぜオメガモンの合体は解けた?」について

1章のオメガモンとアルファモンの戦いで、ガルルキャノン発射と同時にオメガモンの合体は解けウォーグレイモンとメタルガルルモンに分離していた。

太一は「心に迷いがあったせいだ」とヤマトに指摘された。

→1章のオメガモンの合体が解けウォーグレイモンとメタルガルルモンに分離するシーンはほんの一瞬で、しかも分離後の2体は画面上で小さく描かれている。

合体が解けたこと自体が明確に描かれておらず「そういえば戦闘中に退化したけど…」というレベル。

→しかし合体が解けた段階ではむしろ太一は、咄嗟にアルファモンを攻撃する覚悟を決めている。

太一が迷ったのはガルルキャノンを発射する瞬間であり、実際に発射までにはかなりのタイムラグが生じていた。

 

したがってオメガモンへの合体がなぜ解けた?というヤマトの問いは的外れと言える。

 

 

その他

  • キモカワコンテスト

→劇中文化祭でのイベント。賞品に釣られてパートナーデジモンたちが参加するが、優勝したのはメイクーモン。
公式側はメイクーモンをキモカワイイと認識していると推定される


  • 食べ物について

クレープや水あめなど、食べ物を地面に落とすシーンが多く、人によっては不快に感じる。


  • エンディングについて

曲は評価が高い。半面ビジュアル面は浴衣姿の男性陣の一枚絵という、無い方がマシな手抜き仕様。


  • 劇場限定版Blu-rayの発売延期について

第2章の劇場限定版Blu-rayは劇場で販売する予定だった。

→しかし急遽発売延期になり、第3章公開時の劇場で販売することになった。

※劇場・有料配信で公開された2章の映像は、約1ヶ月前の先行上映会での映像から、インペリアルドラモンの作画や女性人間キャラの作画が若干修正されていたらしい。

そのため、作画を修正したバージョンでのディスク製造が間に合わなかったと推測される。

※エンディングの映像など、他にも作画を修正すべき部分はあったのではないかと疑問に感じる。

 

評価すべき点

  • オープニング曲「Butter-Fly~tri.Version~」
  • 挿入歌「brave heart~tri.Version~」
  • エンディング曲「Seven~tri.Version~」

→OPとEDは故・和田光司氏による名曲。前者は特に重要でもないセリフが歌声に被り、後者は前述のとおり背景にまったく注力されていない点が惜しまれる。

→「Seven ~tri.Version~」は、2009年に発売されたCDに収録された曲「Seven~10th Memorial Version~」での和田光司氏の歌声に2016年でのAiM氏と宮崎歩氏の歌声を追加して作られた、非常に特殊な形式な曲。

→原曲版Sevenは無印で主要メンバーが7人+7体だった頃に作られたからSeven(7)という曲名なのだが、tri第2章はヒカルとテイルモンもおり芽心とメイクーモンもおり詳細不明な02組もおり全て合わせると13人+13体であり、7という数字と全く合っていないため、曲のチョイスが不適切だと言う声がある。

→第1章公開の時点で、後に「tri.Version」の「keep on」と「アシタハアタシノカゼガフク」と「いつもいつでも」と「僕らのデジタルワールド」がEDとして作られるのでは、との予想の声が多かったため、Sevenが選ばれたのは予想の斜めのチョイスであった。「tri.Version」の02のOP曲と挿入歌も作られるのでは、との予想(≒願望)の声も多かったがこちらは残念ながら第6章を終えても一切叶わなかった。

劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)ではどうなるか…。


  • 第2章のキービジュアル

ロゼモン、ヴァイクモン、インペリアルドラモンDM、ミミ、丈が映ったキービジュアル。


  • 非常にフットワークのいいトゲモン

 

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NjAzNGVjM
>> 返信元

>そのあたりは楽しんでいただけるのではないでしょうか
と発言しておいて結果的に温泉パートで多くの視聴者に不満を感じさせ「楽しんでいただける物」を作ることができなかった。製作陣の意図した「視聴者に伝えたいこと」をアニメ内で視聴者に伝えることができなかった。やはり問題だと思う。
>2005年らしい風景 >『当時のお台場周辺を見せる』
生まれた時も2005年も今も地方民の自分には「このアニメのこのシーンは当時の都会の風景です。見てて懐かしいでしょ?楽しいでしょ?」と言われても全く懐かしくも楽しくもない。
Febriの情報提供してくれたことは感謝。でも「問題点が多い」ことは変わらないと思う。

返信
2019-09-23 10:19:50

名無し ID:NDJmYmI5M

温泉パートのところ「総じてあまり意味は無く、あまりに冗長すぎる。」とあるけど、時代考証的な意味があってあまり意味はなくと書くのが適切ではないと思うのだが。
Febri 2016 vol.32 鈴木貴昭氏のインタビューに「2005年らしい風景ということで、できたばかりの大江戸温泉物語が登場します。第1章、第2章『当時のお台場周辺を見せる』というのがテーマとしてあるので、そのあたりは楽しんでいただけるのではないでしょうか。」と書いてあるのだけれど…

返信
2019-09-22 22:24:35

名無し ID:ZGNmZmYyM

02で大輔たちに操られていないデジモン達を完全にデリートすることができるだろうかと見守ってくれていた太一先輩たち返せよ

返信
2018-11-07 08:03:53

名無し ID:ZGNmZmYyM

過去に乗り越えたはずのことで躓く子供たちを見たときにえぇ‥って最初は思ったけど、案外過去に乗り越えたことはずのことでも数年たつと案外できなくなっていたりするものだしそういう意味では人間味があるなと思っていましたが
乗り越え方がみんななんか違うだろおぉ!

返信
2018-11-07 07:59:37

おりほたす ID:ZjQ3ZGFmO

この章ではレオモンと光士郎の会話で、「感染が先だった」という台詞があるにも関わらず、後に芽子とメイクーモンは1999年9月からずっと現実世界にいたように描写されてましたね。

返信
2018-08-26 14:04:52

名無し ID:ZTNmNzdmM

同一固体のレオモンが2回死んだことはないのに受け狙いで殺されてほんと酷い

返信
2018-08-02 14:05:23

名無し ID:ZmM4YzZjO

2章時点では
・安易に殺されるレオモン
・偽カイザーを見た時のタケルの辛辣な態度
・丈の苦悩に大して具体性の無い説教をするヒカリ
・やたら弱いインペリアルドラモン
と不満点は多かったけど「あのカイザーは何者なのか」「インペリアルドラモンが敵として出てきたけど02組はどうなったのか」とこれからの展開にわくわくしてたんだけどなぁ…

返信
2018-05-15 20:45:05

名無し ID:OGJhM2RlY

同じ悩みを繰り返すのは子供の時と成長した現在の対比を描く演出として用いられてるのは見ればわかると思うが・・・まあ効果的かどうかは別問題

返信
2018-04-24 14:38:57

名無し ID:Y2NjZjUxM
>> 返信元

それ、しかも超不自然にね。
着地後の静止画で胸だけ動くとか気持ち悪すぎたわ。

返信
2018-04-19 00:14:08

名無し ID:ZjkxZjA3M

大江戸温泉の大浴場は、入ってすぐの脱衣場にタオルを渡す係員が最低2名常勤しているので、女子が男湯に入ったら即効で止められます。あんなに簡単に突破されるのは『係員が仕事してない』と云ってるも同然なので、大江戸温泉は怒っていい

返信
2018-04-03 22:05:30

名無し ID:ZGU0MWFjY
>> 返信元

揺れりゃなんでも良いと思ったら大間違いだぞ。
大きく体動かした時に揺れた!…かな?!くらいがいい。そういう美学が分からないのかねぇ…

返信
2018-02-26 16:22:56

名無し ID:ZmJlMmIzM

無理やりロゼモンの乳を揺らしてて違和感あったし演出に引いた

返信
2018-02-25 21:24:36

名無し ID:OTgxYTUyY

丈とゴマの屋上の争いのシーンでゴマモンが「放っておけって云ったじゃないかぁ!」と丈をなじりますが、丈は一度たりともそんな台詞を吐いておりません。良ければ記述をお願いいたします

返信
2018-02-15 22:56:49

管理人 ID:YWNlNjJjM
>> 返信元

追記しました。ありがとうございました。

返信
2017-12-26 22:39:22

名無し ID:ODZlNWQxY

ハンマーブーメランをハンマースパークと言っていたことも追加お願いします

返信
2017-12-22 10:38:42