進化バンク

ページ名:バンク
 

進化バンク



シリーズ屈指の低クオリティバンクの数々




【進化バンクの概要】

日常パートと戦闘パートの境目であり、また新たな形態への進化をドラマチックに演出する。
過去デジモンアニメシリーズにおいて、進化バンクは重要な役目を担っていた。
デジモンの最新最先端作品として、デジモンアドベンチャーtri.の進化バンクは既存のそれと同等、あるいはそれ以上を求められていた。

しかし、本作の進化バンクは残念ながらその期待に応えるものではなかった。

 

 


【デジモンアドベンチャーtri.の進化バンク】

その仕上がりについてはご自身の目で確かめていただきたいが、ここではtri.の進化バンクについて可能な限り具体的にその問題点について、順を追って列挙したい。


1,非常に簡素な描写
→デジモンファンにはお馴染みのBraveHeartのイントロが tri.versionバックに流れ、デジヴァイスが映る。しかしモニターの中に様々な言語で『進化』と表示されるだけで、作中に散見される“止め絵”も同然。


2,分かりにくい導入
光に包まれたデジヴァイスから一転。
金色のリングが幾つも浮かび、球体状らしき謎の空間に突入する。
→金色のリングは、複数連結されたトンネルの繋ぎ目のようなものであり、白いパイプを観客の視点が抜けて球状の空間に突入している、らしい。
→謎の空間も奥行きを感じさせる要素は無い。ただ地味な灰色の壁が広がっているだけ。
※この点は後に2章で背景オブジェクトの追加という形でテコ入れがされているが、画面が煩雑になっただけに終わっている。
 

3.六角形のプレートが飛来。
パートナーデジモンをサッカーボールの要領で組み合わさって包み込む。
→成長期から成熟期への進化バンクが3DCG。セル画ではない。
→決して重厚とは言えないビニール人形のような質感は、本作のデジモンの生々しい肉体描写とも相反している。
 
4.デジモンを包み込んだ球体が白く変化。
→陰影や質感その他が皆無の完全な白い丸。デジモンテイマーズの進化シーンに類似した演出だが、背景や球体に紋章の色やイメージカラーを付けるといったキャラクター毎に差別化を図るということもない。
 
5.球体が六角形のプレートとなって散らばり、中からデジタルデータらしい見た目の成熟期が姿を現わす。
→体表にびっしりと0.1.「2」が書かれ、忙しなく明滅。
→別にこの辺は問題点に挙がっていないが、やや地味な印象。
 
6.緑色のよく分からないリングをくぐり、表面にテクスチャが出現していく。
→この点については流石にまずいと思ったらしく、2章からは金色のホーリーリングっぽい物をくぐる形に修正。
さらに0と1のエフェクトが吹き上がるようになった。
 

7.重量感・躍動感皆無の動きを見せた後、名乗りを上げ決めポーズを取る。
→この段階で既に挿入歌は歌い出しに入っており、名乗りの音声が歌詞に紛れてしまう。
→ポーズ中はユラユラと揺れ、締まりのない印象ばかり与える。
→アニメーションディレクターが「今までにないポーズで賛否両論あると思う」と発言するほどの奇抜な決めポーズが目立つ。
特にイッカクモンやリリモンの仕上がりは酷いの一言。
→セル画で表現される完全体以降は基本的に作画の情報量こそ細かいが、『デッサンの狂ったエンジェウーモン』『顔が半分隠れたセラフィモン』を始め散々な仕上がりな物も目立つ。
ロゼモンの背景の薔薇やヴァイクモンの背景の鎖、セラフィモンの背景の剣など、どこからどこまでがデジモンなのか一目で見にくい画面構成も気になる。


【疑問点】

・なぜ3DCGで成長期-成熟期の進化バンクが作られたのか。
→セル画と比較してモデリングさえしてしまえば後は動かすだけであり、仕上がりから見ても非常に軽微な労力で作られたことが分かる。
→『2』は感染を意味していることが後に判明。感染を除去したリブート後は0と1のみに戻っている。
→7体分の進化バンクを感染前後で描き分けるにあたって、セル画ではほぼ倍の手間が掛かるのに対し3DCGならば表面のテクスチャを変更するだけで対応できる。
以上のことから、3DCGの起用は制作側の怠慢と考えられるが、理由は不明。
 
ただし、勘違いしないで欲しい。歴代作品(それこそ無印の主役級のメタルグレイモンやウォーグレイモン等)でもCGを駆使した進化バンクは数多くあり、その大半は好評であることからCGそのものが原因とは言い難い。
今回の場合はCGの質感の悪さに加えて、成長期~成熟期のデジモンのデザインが動物的であった事から安っぽさが際立つ事が問題と思われる。

・なぜワープ進化をしないのか
ウォーグレイモン・メタルガルルモンのように、テンポよく且つ別格の特別感を演出していたワープ進化が、今作においてはまったく使われない。

→ワープ進化を使うタイミングが無いというわけでは無い。
逆に全ての章でパートナーデジモンたちが律儀に成長期-成長期-完全体-究極体へと進化バンクを次々に繋げて進化している。
ワープ進化のバンク一本を流せばよりテンポ良く、かつ印象的に進化できると思うと残念でならない。
→理由としては不明だが、すでに究極体のバンクを作っている以上「手が回らないから」という理由は考え難い。

→5章公開現在、ワープ進化について制作側がコメントしたことは無い。

一方で、一段階ずつ進化バンクを挿入する点についてはコメントがパンフレットに掲載されていた。

「進化、超進化、究極進化と、一つずつ進化シーンを入れるのは、元永監督のこだわりと聞きました。」

※第4章パンフレット浪川大輔氏のインタビューコメントより

元永監督の項目も参照。

 
※ワープ進化は、「変形玩具でアグモン・ガブモンの進化形態を全て揃えたい」という狙いから考案された演出。
渡辺けんじ氏やボルケーノ太田氏などがTwitterやニコ生で、
・メタルグレイモンは変形玩具の都合で黄色い体色になった
・ウォーグレイモンについても、ブレイブシールドは変形の際の余剰パーツ流用のために必要なのでデザインの終盤で追加された、と公言している。
 
本作の進化バンクの冗長な扱い方によって、ワープ進化という形式は玩具販促の面だけではなく演出・テンポ面にとっても重要な要素であったことを、デジモンファン達は再確認することになった。

 
 
・同じ進化バンクの飽和。
25分×50話(1200分超)の尺があるテレビアニメと異なり、90分前後×全6章(約540分)という尺が非常に限られている中で同じ進化バンクを何度も流す。
 
有料視聴(映画・有料ネット配信・OVA)という本来なら尺の無駄遣いが許されない形式ながら、同じバンクを何度も流す必要性があらゆる意味で感じられない。
※特に第2章では88分の間にパルモン→トゲモンの進化バンクが2回流れた、など。

 

【総評】


単純に歴代作品と比較しても、それぞれキャラクター毎に差別化されている部分も少なく、演出やテンポの悪さが目立つ。

そして同じ映像を何度も流す。

結論として、尺稼ぎ及び迫力不足な進化バンクという印象が強い。

 

【その他】

・偶然の一致か、今作の進化バンクはこれまでの進化シーンの要素に似通った点を多く含んでいる。
→無印のベース音
→ディアボロモンの逆襲におけるオメガモンが球状のエリアに突入しながら進化するシーン
→フロンティア同様の六角形の物体
→テイマーズの『皮膚の下のデジタルデータ』
→セイバーズのように上へと迫り上がるデジモン
など。
似通っているだけであり、真偽はともかくまったく活かされていない点が惜しまれる。


・5章の同時進化
まずメタルグレイモンが単独でウォーグレイモンへ進化。
それに続く形で
ホーリーエンジェモン
リリモン
ガルダモン
アトラーカブテリモン
ワーガルルモン
ズドモン
が同時に進化。その上、全員が完全に同じタイミングで「◯◯モン進化ァ!!!」と叫ぶため、まったく聞き取れない。
また進化後の名乗りも多少ずらしてはいるものの音声の重複が酷い。
→初公開となるワーガルルモン、メタルガルルモンの進化バンクもひとまとめにされ、まともに見ることすら出来ない有様。
→同じ進化バンクを何度もフルで流すべきではない、という批判が公式に届いたのか、同時進化自体は一応の改善と言える。
 
 
 
 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し
>> 返信元

ちょっとなんのゲームの話ししてるのか分からない…

返信
2019-01-04 21:10:54

名無し

言ってることはなんとなくわかるけど02の時には既に子供心にインペリアルドラモンの順進化のテンポの悪さ感じてた(あれはモードチェンジもあるが)しそれを何体分もやるtriを観たら改めてワープ進化は必要な演出だったとしか思わなかったわ
こだわりとか言って尺削っといて「やりたいこともっとあったけど尺が足りなかった」とか意味不明だし、結局6分割とかやってる始末

返信
2019-01-04 17:26:11

名無し

個人的には、原作ゲームとの乖離点だったワープ進化に対して一つの答えとして嫌いじゃない。

返信
2019-01-02 12:58:39

名無し
>> 返信元

それで尺無駄に使ってテンポ悪くするんじゃ元も子もないと思うけど

返信
2019-01-02 12:44:49

名無し

無印リアル世代組だけどワープ進化の廃止は個人的に良かった。ワープ進化だと、子供心に成熟期~完全体と同一線上にないように感じたし、当時は完全体までの進化が軽く見えた。何で完全体までいけてそこからいけないのかって疑問もあったし。

あと、今回の演出は完全体と究極体の比較もしやすかった。アトラーカブテリモンとヘラクルカブテリモンは特に良かった。パワーアップ感がわかったから。テンポの問題はあるけど、本来のゲームの設定だとこっちが正規だろうし。

返信
2019-01-02 12:17:37

名無し
>> 返信元

ワープ進化がどうかしましたか?
これ公式じゃありませんよね?

返信
2018-05-05 14:54:10

名無し

ワープ進化
https://m.youtube.com/watch?v=CcXWv-YH6xI

返信
2018-05-05 14:20:33

名無し

進化バンクの感染前後変更の手間と言っても、今はセル画にもデジタルテスクチャ貼って簡単で差分も作れるし、ホントあの素人が頑張って作りました!レベルのしょぼい3D進化シーンは理解出来ない。
15年前のぼくウォのオリジナル進化シーンの方がシンプルなのにデジタル世界感あって監督のセンスの差と凄さが分かる。

返信
2018-04-19 02:23:08

名無し

無印と02とtriで進化版く見比べてみたけどやっぱ進化しきってから歌いだしの方が良いや
他にもポーズやらいろいろ言いたいことはあるけど、とりあえず上の点が一番気になる

返信
2018-04-15 17:58:57

名無し

ウォーグレイモンのドラモンキラーの爪が動いてたの見てほんとここのスタッフはデジモン知らないんだなって思った

返信
2018-01-30 16:35:23

名無し
>> 返信元

自分も何言ってるかは聞こえたし修正。ついでにワーガル足した。
…あれも初公開だった…はず。なんだあのポーズ

返信
2017-12-08 09:25:58

名無し

5章の同時進化、改めて見たけどロゼモン以外聞き取れないとかだと難聴疑った方が良いかもな
どのみち迫力不足だけどさ

返信
2017-12-08 00:43:20

名無し

背景だけでも、もう少し頑張って欲しかったな
アドベンチャーの完全体止まり組は一つ一つネタや演出が込んでただけに勿体なく感じる

個人的にCGなのは一向に構わんし、墓穴掘りたく無いなら消した方が良いと思う。
それ言いはじめるとCGによる格好いい演出の無印やらパイルドラモンだのライズグレイモンだのはなんだったということになるだけでなく、「神秘的な雰囲気のある無印」って文章とも矛盾する
単にCGの出来や見せ方が悪い、で良いかと

返信
2017-12-04 19:26:30