設定に深く関わる資料まとめ

ページ名:資料集

 

設定に深く関わる資料まとめ

本項目ではデジモンアドベンチャーシリーズに関わる設定について理解を深めるための資料を掲載します。

 

  • ヒカリに乗り移った安定を望む者(ホメオスタシス)が語った内容について

・ホメオスタシスの動向


サーバー大陸にある『ゲートのある部屋』(後にヴァンデモンが手中に収める)にて世界が『闇』に覆われた時に備え準備を進めていた。

4年前の1995年、1個のデジタマが誤って次元の隙間を通り抜けてしまった。
やがて孵ったデジタマはグレイモン(=コロモン)へと進化し、パロットモンと交戦。
その際、後の『1999年の選ばれし子どもたち』のデータをスキャニング。それを元にデジヴァイスと紋章を作った。
→デジヴァイスは進化させるための道具ではなく、正確には子供たちの特性に合わせて進化先を定めるための物としている。(紋章も同様)


『1999年の選ばれし子どもたち』が選ばれた理由は、
→八神兄妹…迷い込んだデジタマを孵化させ、ボタモン⇒コロモン⇒アグモン⇒グレイモンへと進化させた。

→その他のメンバー…スキャニングしたデータを検討した結果、八神兄妹と共通する要素を持っていたため。

※その要素が何かはホメオスタシスにも分からなかったらしい。

・4年前の段階で持っていたそれぞれの素晴らしい個性(=紋章)が関係しているのかは不明。


ホメオスタシス側の一連の活動はダークマスターズの知るところとなり、ピエモン自らが配下を引き連れ研究所を強襲。『ゲンナイ』を除くエージェントを悉く攻撃される。
→ピエモンがデジタマに接続されていた紋章とタグを強奪(タグは後に海底コンビニへ隠され、紋章は各地に封印される)

『ゲンナイ』が反撃。ピエモンに暗黒の物質を埋め込まれるもメカノリモンのコントロールを奪取し、デジタマとデジヴァイスを持ってファイル島へ逃走。
※その際の追撃でヒカリのデジヴァイスとテイルモンのデジタマが落下。以降1人で過ごすことに。
→そしてファイル島で孵化したパートナーデジモンたちは子どもたちを待ち続けていた。

※余談だがこの際も、ヒカリはホメオスタシスのことをまったく覚えていなかった。

デジモンアドベンチャー45話「究極体激突!ウォーグレイモンVSメタルガルルモン」より

 

  • チンロンモンが四聖獣について語った内容について

・永い戦いの末、四聖獣はダークマスターズに一体ずつ封印された。そうして強奪されたデータがスパイラルマウンテンとなった。
→太一らがデジタルワールドに初めて足を踏み入れたのとほぼ同じ時期。

・ダークマスターズがすべて倒され、スパイラルマウンテンが消えても封印は解けず。
→四聖獣の復活よりも、破壊されたデジタルワールドの修復にリソースが割かれたため。
→このため、アポカリモンが倒された後にホメオスタシスは『1999年の選ばれし子どもたち』を再びデジタルワールドへ召喚。紋章の力により『デジタルワールドを守護する力(四聖獣)』を解き放った。
※27話では『四聖獣』とは名指しせず、「デジタルワールドの封印」と呼んでいた。
→時期的には『ぼくらのウォーゲーム!』の後。
→『紋章』の力で四聖獣を解放するために『1999年の選ばれし子どもたち』として太一らが選出されたことが語られる。
※この際紋章の力を使ったため、完全体以降への進化ができにくくなってしまった。(あくまで紋章は象徴であり、進化の力の源は子供達の心であるため進化がまったくできないというわけではない)
 

デジモンアドベンチャー02 37話「巨大究極体チンロンモン」、デジモンアドベンチャー02 27話「無敵合体パイルドラモン」より

 

  • ヤマトが宇宙飛行士になった理由について。『02』空白の25年間について。

>『02』空白の25年間について

>物語の最後で舞台が25年後に飛び、視聴者を驚かせた『02』。

>その間、世界はどうなっていたのだろうか?設定によると、人類すべてがパートナーデジモンを持つに至るにまでには、苦難の連続だったという。なかでもデジモンの進化をさまたげる外敵の存在があり、戦いの舞台は地球上にとどまらず、宇宙にまで及ぶという。ヤマトはその調査のため宇宙飛行士になったらしい。

株式会社集英社2003年発行『TVアニメ&劇場版アニメ デジモン公式超図鑑』p.195、関弘美氏、角銅博之氏、貝澤幸男氏の合同インタビューページより

>ヤマト 宇宙に存在する「敵」を調べるために宇宙飛行士に。

株式会社新紀元社2010年発行『デジモンシリーズメモリアルブック』p.174より

>前作から引き続きシリーズディレクターを務めた角銅は、『デジモンアドベンチャー』と『02』を、「人間の進化の物語」だと語る。最初の敵はデジタル世界内部から。そして次なる敵は外から。その「次」は、宇宙からの敵=「人類の進化を阻む存在」を想定していたという。

>角銅:1年目はデジタルワールドに内在する敵だったので、2年目は人間世界からデジタルワールドに干渉する敵。基本的には同じ「力」が動かしているという構想をしていたんです。3年目があれば、宇宙からの敵を登場させるつもりでした。『02』の最終回でヤマトが宇宙飛行士になってるのは、その名残なんです。

株式会社新紀元社2010年発行『デジモンシリーズメモリアルブック』p.374~381、関弘美氏、角銅博之氏、貝澤幸男氏の合同インタビューページより

 

  • 日本の選ばれし子供達一覧

・八神太一(5章現在、行方不明)⇒帰還
・石田ヤマト
・泉光子郎
・太刀川ミミ
・武ノ内空
・城戸丈
・高石岳
・八神光
・本宮大輔(5章現在、行方不明)⇒全治二か月の重傷でデジタルワールドにて発見される。
・一乗寺賢(5章現在、行方不明)⇒全治二か月の重傷でデジタルワールドにて発見される。
・井ノ上京(5章現在、行方不明)⇒全治二か月の重傷でデジタルワールドにて発見される。
・火田伊織(5章現在、行方不明)⇒全治二か月の重傷でデジタルワールドにて発見される。
・望月芽心
・川田範子(6章現在、描写無し)
・吉沢孝(6章現在、描写無し)
・倉田けいこ(6章現在、描写無し)
他数名が現状について詳細不明

 

  • 各年ごとの「選ばれし子ども」の総数

 

『選ばれし子どもたち』と呼ばれる「デジモンとパートナー同士の関係にある人物」は、1年ごとに総数が2倍となる。

 

角銅氏の構想(資料本・ドラマCD・twitter発言等)より。

氏の構想によれば、1995年の光ヶ丘爆弾テロ事件の翌年から、世界中に選ばれし子ども(=パートナーデジモンを持つ人間)が現れたとされている。

以下に、その年の選ばれし子どもの総数を記載する。

 

1996年2(うち1名は八神ヒカリ)
1997年4
1998年8
1999年16
2000年32
2001年64
2002年128
2003年256
2004年518
2005年1,024
2006年2,048
2007年4,096
2008年8,192
2009年16,384
2010年32,768
2011年65,536
2012年131,072
2013年262,144
2014年524,288
2015年1,048,576
2016年2,097,152
2017年4,194,304
2018年8,388,608
2019年16,777,216
2020年33,554,432
2021年67,108,864
2022年134,217,728
2023年268,435,456
2024年536,870,912
2025年1,073,741,824
2026年2,147,483,648
2027年4,294,967,296
 
  • 選ばれし子どもが死んだらパートナーデジモンはどうなるのか、について。及川悠紀夫が死後ピピモンはどうなったのか、について。

2018年1月27日(tri.5章上映と6章上映の間)。

ゲーム、デジモンストーリーサイバースルゥースハッカーズメモリーについてのニコ生に出演した角銅氏は、以下の旨の発言をした。

 

アドベンチャー・アドベンチャー02の世界では、選ばれし子ども(=パートナーデジモンを持つ人間)が死亡したら、パートナーデジモンは死亡・消滅する。

及川悠紀夫が死亡し蝶になりデジタルワールドの守護霊になった後、その直後、ピピモンも死亡し、及川悠紀夫と一緒に蝶になりデジタルワールドの守護霊になった。

とのこと。

 

2001年3月に02最終回が放送されて以降、「及川悠紀夫の死後ピピモンはどうなったのか」は16年以上デジモンファンの間で大量に考察されてきた。ピピモンのその後を描いた二次創作小説・漫画も大量に作られてきた。

資料本等でも言及されたことは一切無かった。デジモンファンの間でデジモンのメディアミックス全体における「謎」の一つとして扱われてきた。

02最終回放送から16年以上経ち遂に角銅氏が謎を明かした。アニメについてではなくゲームについてのネット放送でこのような形で謎が解けるとは・・・。

 

tri.にて、西島大吾と姫川マキという2人の選ばれし子どもが死亡した。姫川マキについてはメモリアルブックで「>そのまま量子に分解されて消えていくだろうと思います。ただ、そこを描いても残酷なだけなので描きませんでした。」と発言された。

もしも劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)にて、ピピモンや、西島大吾のパートナー(ベアモン→ローダーレオモン→バイフーモン)や、姫川マキのパートナー(バクモン→メガドラモン)が、生きているキャラクターとして登場した場合、過去作製作陣の設定と矛盾したストーリーということになる。さてどうなるか…。

 

また、tri.6章の後の世界では四聖獣の一角バイフーモン(に進化するデジモン)が死亡したということなのだが、デジタルワールドを守護する力の一部を失った後のデジタルワールドの調和安定は保たれているのだろうか…。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し

>もしも劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)にて、ピピモンや、西島大吾のパートナー(ベアモン→ローダーレオモン→バイフーモン)や、姫川マキのパートナー(バクモン→メガドラモン)が、生きているキャラクターとして登場した場合、過去作製作陣の設定と矛盾したストーリーということになる。さてどうなるか…。

角銅氏の言ってたTV版と矛盾するプロットってこれのことなのかな?

返信
2018-11-20 23:29:59

名無し

>この際紋章の力を使ったため、完全体以降への進化ができにくくなってしまった。(あくまで紋章は象徴であり、進化の力の源は子供達の心であるため進化がまったくできないというわけではない)

なぜ、紋章の力が必要だったのか?
紋章の力でいろんなことができすぎないか?
心の中にある紋章を使って太一たちの健康に影響はなかったのか?
紋章を解き放った後どうしてアグモンは進化できたのか?
俺ら、何か騙されていたのか?

返信
2018-10-08 09:16:19

名無し

「四聖獣から強奪されたデータがスパイラルマウンテンとなった」とはどのセリフからの設定ですか?

返信
2018-06-14 19:11:14

管理人
>> 返信元

修正いたしました。ありがとうございます。

返信
2018-05-30 06:55:44

名無し

→ピエモンがデジタマに接続されていた紋章を強奪(後に海底コンビニへ隠される)

細かいことですが海底コンビニに隠されたのは紋章ではなくタグです、修正お願いします

返信
2018-05-30 03:36:16

名無し

考証をする担当者は居なかったのか。

返信
2018-05-10 20:14:57