02組を取り巻く問題点

ページ名:02組

02組を取り巻く問題点



忘れ去られた「選ばれし子どもたち」




【概要】

アポカリモンとの戦いから3年後の2002年、デジモンカイザーがデジタルワールド侵攻を開始。
再び迫る闇の勢力に対抗するため、新たに本宮大輔、井ノ上京、火田伊織が選ばれし子どもとなった。
高石タケル、八神ヒカリ、そして改心したデジモンカイザー=一乗寺賢が加わり、全てを裏で操っていたベリアルヴァンデモンを撃破した。

本wikiでは『2002年の選ばれし子どもたち』(大輔・京・伊織)の三名に一乗寺賢を加えた4名を、便宜上『02組』と呼称する。
※タケル、ヒカリについては02本編において02組と行動を共にしていたが、tri.での活動単位に則って特に断りのない限り『1999年の選ばれし子どもたち』として分類し、便宜上『無印組』と呼称する。



【デジモンアドベンチャーtri.における02組】

 

 
→詳細は不明。
 
 
⇒6章にてようやく、生命維持装置に繋がれた状態で発見される。
その後現実世界へ転送され、病院へ搬送されて退院したとされている。
⇒ブイモン、ワームモン、アルマジモン、ホークモンの消息は不明。
 

 
 

【今作に与えた影響】

 

  • 劇中の02組に関する情報・並びに描写が極端なまでに少ない。
  • 1999年の選ばれし子どもたちが02組について意識を向けるシーンが異常なまでに少ない。
  • 同じマンションに居住、同じ中学校に通学(大輔、賢はともかく京はお台場中学校に進学、光子郎と同じパソコン部に入部したことが過去作で確定している)など、行動範囲が密接であるにも関わらず失踪に気づかない。
  • 新たな選ばれし子どもとそのパートナーを紹介しない。
  • 感染デジモンという差し迫った脅威について、情報を共有しない。
  • 8人と8体では手に負えないほどの状況に追い込まれても援護を要請することすら思いつかない。
  • リブートによりデジモンたちが初期化することになっても同様。

など、02組に対する太一たちの行動はあまりに不可解。

 

まるで最初から居なかったかのように振る舞う太一たちの描写は支離滅裂極まりない。

その結果、本来主人公格として描かれるべき『選ばれし子どもたち』の行動に大きな矛盾を生じさせ、『デジモンアドベンチャーtri.』という物語の整合性自体を根本から破壊してしまった。

 

 

※『選ばれし子どもたち』の行動の矛盾
→インペリアルドラモンを倒しておきながら、「仲間(メイクーモン)と戦うことはできない!」
→一乗寺賢の留守やメールの未返信のみで調査を打ち切り
→感染やリブートについて情報を共有しない
など枚挙に暇がない。詳細は後述。
 
 

【問題点】


◎断片的な描写が僅かに見られるだけに留まり、現在彼らがどのような状況下にあるのか全く情報がない。


・1章冒頭のシーン
02本編当時の服装の大輔・京・伊織・賢が何者かに倒されるフラッシュバックのようなシーンが挿入された。
→子どもたちはシルエット。デジヴァイスは基本の色のまま吹き飛んでいった。
→京のみデジヴァイスではなく愛用のメガネが映るが、フレームが折れ、レンズは割れるなどの激しい損傷を受けていた。
→このシーンで倒れたのはあくまで02組の子どもたちであり、タケル・ヒカリは居合わせなかった模様。
→また、02組のパートナーデジモンであるブイモン、ホークモン、アルマジモン、ワームモンについても消息不明であり、倒れたパートナーの子どもたちの周囲には彼らの姿は無かった。
→仮にデジモン達がいたとするならD-3は基本色の為、進化していたとしてもエクスブイモン等成熟期止まりである。
 
 
・姫川のディスプレイに表示された情報
1章にて姫川のディスプレイに国内の選ばれし子どもの一部の位置情報が表示される。
→京のみ位置情報のマーカー無し。伊織のマーカーのみ二か所に確認(おそらく作画ミス)
→大輔、伊織、賢、伊織については「UNKNOWN」と表示され、所在が不明。
→『賢のマーカーにノイズが混じる』ような描写あり。
 
 
・デジモンカイザーに似た男
2章~3章にて、感染デジモンが引き起こす事件の陰で暗躍。
ゴーグル、ロングコートの意匠は、かつて一乗寺賢が身に着けていたデジモンカイザーの衣装に酷似。
→2章終盤でインペリアルドラモンと共に選ばれし子どもたちに襲い掛かる。
 
が、3章終盤にてその正体がゲンナイに似た『謎の男』と判明。
→一乗寺賢はまったくの無関係。
 
 
・蒸発した一乗寺家の人間
3章冒頭でタケルとヒカリが一乗寺邸を訪れるも誰もおらず、また他の02組と一切連絡がつかないことが判明。
 
 
・ヤマトの追求
3章序盤にヤマトが一人姫川と西島に02組の行方について尋ねる。
→「こちらが把握している」との姫川の説明にヤマトが納得。
→実際は姫川も把握できていない。
 
 
・姫川の持参したD-3
3章で姫川が黒いD-3を選ばれし子どもたちに届ける。
言及こそされていないが一乗寺賢の物と思われる。
→しかし表面に「EVOLUTION」とアルファベットで印字されており、現実世界で作られた物である可能性が高い。
→差し替えられた進化バンクでは、タケルとヒカリのD-3にもアルファベットで同様に印字されていた。
→彼女が席を置く組織が「独自に解析を進めていた」とされている。
→なぜ姫川がD-3を所持していたのか、そして太一たちがその件について疑問を感じなかったのか、一切説明のないまま完結した。
 
 
・リブート
3章にて
ホメオスタシスがリブートを実行。
デジタルワールドで消息不明となった02組がどうなったのかは不明。
→また、彼らのパートナーデジモンたちはワームモン以外デジメンタルの下に再び封印されてしまった可能性すら考えられる。
 
 
 

【失踪の理由】

 

「本宮大輔、一乗寺賢、井ノ上京、火田伊織、4人はずっと行方不明だった。」

「その事実は伏せるように命じられ、徹底的に情報を管理されていた。」

「イグドラシルの計画に気づいて排除されたんだ。」

「俺に命令したのは姫川管理官。イグドラシルと手を組んでいた。」

「過去の戦いで、姫ちゃんのデジモンが犠牲になってしまった。」

「リブートによってパートナーデジモンを復活させること、それが彼女の目的だった。」

「彼女は手段を選ばず、リブートにかけて失われた絆を取り戻そうとした。」

 

以上、6章の大輔たちの失踪に関する西島大吾のセリフからの抜粋。

西島の話の内容は、02組はイグドラシルによって捕らえられ、姫川はイグドラシルに加担していた為に02組が失踪した理由を知っており、国立情報処理局の者たちに彼らの情報を公開しないよう便宜を図ったというものだった。

しかし黒幕とされるにも拘らず、イグドラシル自体は劇中にて名前と目的が判明するだけで直接登場せず、02組を捕らえた実行犯が明確にされることなく全6章が終了してしまっている。

その為現状では「イグドラシルの計画に気づいて排除されたんだ。」という西島の説明が、イグドラシル側についていた姫川、又はイグドラシル本人による嘘である可能性があることは否めない。

だがイグドラシル自体本編では前述の通りの為、本編でイグドラシルの意思であるとされている内容がどこまで本当であるのかは明かされず、姫川もイグドラシル(及び謎の男)から何をどこまで教えられていたのか、という説明も最後までなかった。

なので西島が語った"02組が失踪していた理由"が姫川又はイグドラシルによる嘘である、と断定することも不可能である。

少なくとも、ホークモンとアルマジモンが完全体以降に単体で進化することが不可能な為、タケルとヒカリを除く02組4人だけでは著しく戦力を損なうにも拘らず、何故この4人だけが無印組に知らせることのないまま先立って行動したのかは一切明かされないまま終わった。

 

【tri.メモリアルブックによると】

2018年8月発売のtri.メモリアルブックによると・・・

・「太一達はスタートの段階では紋章の力を預けてしまっているので力が無い。敵はまず力のある02の子達を狙った。本当はもう少し02の子達も書きたかったがそうするには尺も足りないし視点がぶれてしまうので今回は最初だけタッチする形にした」

→紋章の力を預けていると言うが、第1章の時点で特に説明もないままウォーグレイモン・メタルガルルモンへ進化し、オメガモンの登場へと至っている。

→02第39話においてゲンナイに託されたチンロンモンのデジコアの光を浴びたことにより、紋章の力がなくとも完全体以降への進化が可能になった。後の展開でこの力は失ったが、第46話にてアグモンのみブラックウォーグレイモンと戦う為再びチンロンモンから力を授りウォーグレイモンへ進化している。

→戦いの後にアグモンに戻ったが、第47話でもウォーグレイモンの姿になっていることや、第48話で川田のり子の見張り役が空と太一になった際、ヤマトが「いざという時俺ではどうにもならない、アグモンがいる太一の方が適役」と発言している。なのでその後もアグモンだけは究極体まで進化する力は失われていないと考えることはできる。

→しかし、「スタートの段階では紋章の力を預けてしまっている」という前提のもとこれらの描写を根拠にすると、単独で究極体進化が可能な太一が狙われなかったのはおかしいことになり、またアルファモン出現時にすぐウォーグレイモンに進化させなかった理由もわからなくなる。

→また、ウォーグレイモンの方が説明できたとしても、メタルガルルモンの方に関しては進化できた理由は不明のままである。

→そして何より、tri.作中で紋章についての言及や、力を取り戻したことがわかるような描写はない。第1章のオメガモン進化前には何かを決意したような描写はあるにはあるが、過去作では上記のチンロンモンのコア等様々なアプローチを要したのが、気持ちでどうにかなる問題なのだろうか?

→ディア逆ではあっさりとウォーグレイモン・メタルガルルモン・オメガモンが登場している。ただし、角銅氏の公式ブログ『錆びた館分館』内のページにおいて『ディアボロモンの逆襲』は監督である今村氏と事前の打ち合わせを少しだけ行うことができたとされているが、「少し」と述べていることからしても完全監修できているというわけではないと思われる。なのでディア逆での設定描写はあくまでも劇場版だけの、いわば「お祭り設定」であり、シリーズ全体の考証の参考にするには厳しいものがあると言える。

→tri.はどうなのかと言うと、ここで「紋章の力」とはっきり言ってしまった以上、「シリーズの設定を引き継いでいる」ということになり、ディア逆のように「この作品だけの設定」という逃げ道すら自分で潰してしまっている。

→伊織と京はタケルとヒカリがいなければパートナーを完全体に進化させられないのに、「敵はまず力のある02の子達を狙った」として伊織と京が襲撃されたこともおかしい。

→以上のことからここで語られた内容はtri.完結後に後付けで考えられた可能性が非常に高く、単なるリップサービスであると見受けられる。

 

・「02の子達は太一達と関係性があるから全員出さなきゃおかしいというところからのスタートだった。第6章まであると決まった時点でもうちょっと彼らの存在を色濃く出そうと話をしていた時期もあった。だが主人公達の掘り下げをしていけなきゃいけないし他にも描かなきゃいけないことが沢山ある。02のキャラクターまで描くのは欲張りすぎなんじゃないかという話になった。02の子達は今後きっと作られるであろう02の新作にゆだねるつもりで最小限の辻褄合わせだけにして今作で掘り下げるのは断念した」

→「他にも描かなきゃいけないことが沢山ある」と言うが、やっていたことと言えば進化バンクの垂れ流しメイクーモンを殺す殺さないで仲間内で結論の出ない押し問答ワンパターンなギャグ描写の繰り返しである。

→今後きっと作られるであろう02の新作にゆだねるつもり、という丸投げとしか思えない発言。劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)は果たして「02の続編」として扱われるのだろうか…

→何故太一達8人は02組と連絡をとらなかったのか、何故失踪に触れないのか、一乗寺賢の家族の失踪、インペリアルドラモンの謎、パートナーデジモンの不在、等々謎や問題は山積みで残ったままであり、「最小限の辻褄合わせ」はされていない

 

・「本当のことを言うと02の子達ももっと描いてみたかった。あくまでも「デジモンアドベンチャー」の続編ですから、「02」には重きを置かず最低限問題無いように整えてあとは本編の邪魔をしないようにするという形になった」

→あくまでも無印のメンバーが主役である以上02に重きを置かないという判断は理解はできる。ならばいっそのこと海外旅行に行っているなどということにして、「本編の邪魔をしないようにする」などやりようはあったはずである。

→実際はデジモンカイザーと同じ姿をした謎の男の件やインペリアルドラモンの件も含め、中途半端に話に絡められており、同時に様々な問題も生んでいる。ただの客寄せパンダに使われたと取られても仕方ない。

→また、上記の通り「最低限問題無いように整え」られてはいない

 

【評価すべき点】

 

・無し

 
 
 
 
 
 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し

にわかが頑張って無理やりSS書いてみた感じ

返信
2019-01-19 05:54:13

名無し
>> 返信元

なお公式本が20年ぶりの誤植をやらかした模様

返信
2019-01-01 19:02:25

名無し

任天堂とバンナム、東宝と東映で比べるなら分かるが、いつまでもポケモンを引き合いに出すのはただのポケガイジだぞ

返信
2019-01-01 16:57:57

名無し

ある意味、某種死や糞戯王アークソーVを超える糞度だわ。
同じ、長期にわたるブランドであるにも関わらず、ポケモンとは天と地、恐竜と蟻位の差がある

某sackyさんには、ボロ雑巾レベルでぶっ叩いて欲しい

返信
2019-01-01 14:47:54

名無し

言い訳が苦しすぎだろ

返信
2018-12-26 23:44:34

名無し

早い話が、『とりまこんな感じでスタート! 設定の練り込みの甘さは続編スタッフにパス!』
…無責任極まりないなコレ。

返信
2018-12-17 17:29:54

名無し

太一たちの物語って言われてもみんなポンコツ化して黒幕の正体も知らないままほとんどの敵に負けたり逃げ続けられてメイクーモンを助ける有効な手も打てないし物語の中でも全然影響力ないよな…

結局肝心の黒幕のイグドラシルはホメオスタシスがシャットダウンしてるし、子供たちはひどい作品の主役されて泥塗られただけに見える…

返信
2018-12-10 18:59:51

名無し

何が「02のキャラまで描くのは欲張り過ぎる」「そうするには尺も足りないし視点がぶれてしまうので今回は最初だけタッチする形にした」「あくまでデジアドの続編」だよ。だったら外伝作やスピンオフ作品を展開して補えよ。それもなしに「今後作られるであろう02の新作にゆだねる」とか手抜き以外の何物でもない。

返信
2018-12-10 16:44:31

名無し

インタビューでは「今回は太一たちの物語のため02組はいずれ出るであろう02の続編に任せた」という風なことを言っていたが、続編計画が不明瞭で、メディアミックスによる補完もろくにされていない状態では、ある意味「手抜き」「丸投げ」と言われても文句が言えない無謀な賭けと言わざるを得ない

返信
2018-10-03 12:20:35

おりほたす

当初は何者かによって太一達の記憶が意図的に操作されている伏線ではないかと穿った見方をしましたが実も蓋なく単なるスタッフの怠慢というオチでしたね。

返信
2018-08-24 18:42:34

名無し
>> 返信元

それなら正しくSackyって人の言っていた通りになるね。

返信
2018-08-24 00:48:57

名無し

と言うか中枢部がデジモン嫌いとしか思えない
でなければあんなデジモンが人類の敵みたいな描写してろくに解決もせず放置なんてしないだろう

返信
2018-08-14 08:42:23

名無し
>> 返信元

そして無印ファンをもキレさせた

返信
2018-08-14 06:32:31

名無し

分かる事は一つ。
制作陣は02組好きな人間に喧嘩を売っているというのは分かった。

返信
2018-08-13 23:32:33

名無し

無印組は彼らと絶交でもしてたのか?

返信
2018-07-22 19:48:06

名無し
>> 返信元

ホントだよ……顔すら出さなかったなんて
最初の書き込みすら裏切られるとか恨むなんてレベルじゃないよもう

返信
2018-07-22 09:52:04

名無し

こんな扱いするなら最初から要素引っ張るなよ
悪意しか感じない

返信
2018-06-22 18:57:04

名無し

無印すらまともに見ずに作ってるんだから02組の活躍を期待すること自体が間違いだったんや…

返信
2018-05-28 23:07:07

名無し
>> 返信元

顔出なかったね・・・

返信
2018-05-22 23:35:02

名無し

助け出された大輔達がインペリアルドラモンパラディンモードでアルファモン倒すのかなとか1章当初は思ってたよ
まさかあそこまで扱い酷いとは思わなかったよ

返信
2018-05-15 13:41:02