02組を取り巻く問題点 編集

オプション
<h1><span class="uk-text-bold">02組を取り巻く問題点</span></h1> <h3><br /> <br /> 忘れ去られた「選ばれし子どもたち」</h3> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <p>概要</p> </blockquote> <p>アポカリモンとの戦いから3年後の2002年、デジモンカイザーがデジタルワールド侵攻を開始。<br /> 再び迫る闇の勢力に対抗するため、新たに<span class="uk-text-bold">本宮大輔、井ノ上京、火田伊織</span>が選ばれし子どもとなった。<br /> <span class="uk-text-bold">高石タケル、八神ヒカリ、</span>そして改心したデジモンカイザー=<span class="uk-text-bold">一乗寺賢</span>が加わり、全てを裏で操っていたベリアルヴァンデモンを撃破した。<br /> <br /> 本wikiでは『2002年の選ばれし子どもたち』(大輔・京・伊織)の三名に一乗寺賢を加えた4名を、便宜上<span class="uk-text-bold">『02組』</span>と呼称する。<br /> ※タケル、ヒカリについては02本編において02組と行動を共にしていたが、tri.での活動単位に則って特に断りのない限り『1999年の選ばれし子どもたち』として分類し、便宜上『無印組』と呼称する。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <p>デジモンアドベンチャーtri.における02組</p> </blockquote> <p>&rarr;詳細は不明。</p> <div><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;6章にてようやく、生命維持装置に繋がれた状態で発見される。</span></span></div> <p>&nbsp;</p> <div>その後現実世界へ転送され、病院へ搬送されて退院したとされている。</div> <div><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;ブイモン、ワームモン、アルマジモン、ホークモンの消息は不明。</span></span></div> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <p class="inner msg-body undoreset">今作に与えた影響</p> </blockquote> <ul> <li>劇中の02組に関する情報・並びに描写が極端なまでに少ない。</li> <li>1999年の選ばれし子どもたちが02組について意識を向けるシーンが異常なまでに少ない。</li> <li><span class="uk-text-bold">同じマンションに居住、同じ中学校に通学(京はお台場中学校に進学、光子郎と同じパソコン部に入部したことが過去作で確定している)</span>など、行動範囲が密接であるにも関わらず失踪に気づかない。</li> <li>新たな選ばれし子どもとそのパートナーを紹介しない。</li> <li>感染デジモンという差し迫った脅威について、情報を共有しない。</li> <li class="inner msg-body undoreset">8人と8体では手に負えないほどの状況に追い込まれても援護を要請することすら思いつかない。</li> <li class="inner msg-body undoreset">リブートによりデジモンたちが初期化することになっても同様。</li> </ul> <p class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold">など、02組に対する太一たちの行動はあまりに不可解。</span></p> <p class="inner msg-body undoreset">まるで最初から居なかったかのように振る舞う太一たちの描写は支離滅裂極まりない。</p> <p class="inner msg-body undoreset">その結果、本来主人公格として描かれるべき『選ばれし子どもたち』の行動に大きな矛盾を生じさせ、『デジモンアドベンチャーtri.』という物語の整合性自体を根本から破壊してしまった。</p> <p>&nbsp;</p> <div class="inner msg-body undoreset">※『選ばれし子どもたち』の行動の矛盾</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;インペリアルドラモンを倒しておきながら、「仲間(メイクーモン)と戦うことはできない!」</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;一乗寺賢の留守やメールの未返信のみで調査を打ち切り</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;感染やリブートについて情報を共有しない</div> <div class="inner msg-body undoreset">など枚挙に暇がない。詳細は後述。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <blockquote> <div class="inner msg-body undoreset">問題点</div> </blockquote> <div class="inner msg-body undoreset">断片的な描写が僅かに見られるだけに留まり、<span class="uk-text-bold">現在彼らがどのような状況下にあるのか全く情報がない。</span></div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <ul> <li class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold">1章冒頭のシーン</span></li> </ul> <div class="inner msg-body undoreset">02本編当時の服装の<span class="uk-text-bold">大輔・京・伊織・賢が何者かに倒される</span>フラッシュバックのようなシーンが挿入された。<br /> &rarr;子どもたちはシルエット。D-3は基本の色のまま吹き飛んでいった。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;京のみD-3ではなく愛用のメガネが映るが、フレームが折れ、レンズは割れるなどの激しい損傷を受けていた。<br /> &rarr;このシーンで倒れたのはあくまで02組の子どもたちであり、タケル・ヒカリは居合わせなかった模様。</div> <div>&rarr;詳細は解り辛いが、大輔、京、伊織の三人の服装は02においてデジタルワールド滞在時のものとなっている為、デジタルワールド内で倒された可能性が高い。<br /> &rarr;また、02組のパートナーデジモンであるブイモン、ホークモン、アルマジモン、ワームモンについても消息不明であり、<span class="uk-text-bold">倒れたパートナーの子どもたちの周囲には彼らの姿は無かった。</span></div> <div class="inner msg-body undoreset"> <p>&rarr;仮にデジモン達がいたとするならD-3は基本色の為、進化していたとしてもエクスブイモン等成熟期止まりである。</p> <p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;第6章で明かされた内容により彼らを倒した相手はアルファモンと推定できるが、詳細は不明。<span class="tc_red">パートナーデジモンは依然として行方不明のまま全6章が終了。</span></span></span></p> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">姫川のディスプレイに表示された情報</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset">1章にて姫川のディスプレイに<span class="uk-text-bold">国内の選ばれし子どもの一部の位置情報が表示される。</span></div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;京のみ位置情報のマーカー無し。伊織のマーカーのみ二か所に確認(おそらく作画ミス)</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;大輔、伊織、賢、伊織については<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">「UNKNOWN」</span></span>と表示され、所在が不明。</div> <div class="inner msg-body undoreset"> <p>&rarr;『賢のマーカーにノイズが混じる』ような描写あり。</p> <p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;特にこれといった説明はなかった。</span></span></p> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">デジモンカイザーに似た男</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset">2章~3章にて、感染デジモンが引き起こす事件の陰で暗躍。</div> <div class="inner msg-body undoreset">ゴーグル、ロングコートの意匠は、かつて一乗寺賢が身に着けていたデジモンカイザーの衣装に酷似。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;2章終盤で<span class="uk-text-bold">インペリアルドラモン</span>と共に選ばれし子どもたちに襲い掛かる。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">が、3章終盤にてその正体がゲンナイに似た『謎の男』と判明。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;一乗寺賢はまったくの無関係。</span></span></div> <div class="inner msg-body undoreset"> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">蒸発した一乗寺家の人間</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset"> <p>3章冒頭でタケルとヒカリが一乗寺邸を訪れるも誰もおらず、また他の02組と一切連絡がつかないことが判明。</p> <p>&rarr;しかしそれ以降気にかけている様子は一切見受けられない。</p> <p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;一条寺家が不在だった理由は明かされないままだった。</span></span></p> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">ヤマトの追求</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset">3章序盤にヤマトが一人<span class="uk-text-bold">姫川と西島に02組の行方について尋ねる。</span></div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;「こちらが把握している」との姫川の説明にヤマトが納得。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><del>&rarr;実際は姫川も把握できていない。</del></div> <div class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;第6章にて姫川は把握していたが隠匿するよう指示していたことが判明。詳細は後述。</span></span> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">姫川の持参したD-3</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset">3章で姫川が黒いD-3を選ばれし子どもたちに届ける。</div> <div class="inner msg-body undoreset">言及こそされていないが一乗寺賢の物と思われる。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><del>&rarr;しかし表面に「EVOLUTION」とアルファベットで印字されており、現実世界で作られた物である可能性が高い。</del></div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;差し替えられた進化バンクでは、タケルとヒカリのD-3にもアルファベットで同様に印字されていた。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;彼女が席を置く組織が「独自に解析を進めていた」とされている。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;なぜ姫川がD-3を所持していたのか、そして太一たちがその件について疑問を感じなかったのか、一切説明のないまま完結した。</span></span></div> <div class="inner msg-body undoreset"> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold">リブート</span></li> </ul> </div> <div class="inner msg-body undoreset">3章にてホメオスタシスがリブートを実行。</div> <div class="inner msg-body undoreset">デジタルワールドで消息不明となった02組がどうなったのかは不明。</div> <div class="inner msg-body undoreset">&rarr;また、彼らのパートナーデジモンたちはワームモン以外デジメンタルの下に再び封印されてしまった可能性すら考えられる。</div> <div class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;第6章にて02組は</span></span><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">デジタルワールドで発見された為、リブートの影響を受けていてもおかしくなさそうだが、姿がシルエットしか映っていないので判別は不可能。</span></span></div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <div class="inner msg-body undoreset">&nbsp;</div> <blockquote> <div class="inner msg-body undoreset">失踪の理由</div> </blockquote> <p>第6章において『02組が収容された施設』に太一と共に辿り着いた際、西島の口から真相が語られた。</p> <p>&nbsp;</p> <p><em>「本宮大輔、一乗寺賢、井ノ上京、火田伊織、4人はずっと行方不明だった。」</em></p> <p><em>「その事実は伏せるように命じられ、徹底的に情報を管理されていた。」</em></p> <p><em>「イグドラシルの計画に気づいて排除されたんだ。」</em></p> <p><em>「俺に命令したのは姫川管理官。イグドラシルと手を組んでいた。」</em></p> <p><em>「過去の戦いで、姫ちゃんのデジモンが犠牲になってしまった。」</em></p> <p><em>「リブートによってパートナーデジモンを復活させること、それが彼女の目的だった。」</em></p> <p><em>「彼女は手段を選ばず、リブートにかけて失われた絆を取り戻そうとした。」</em></p> <p>&nbsp;</p> <p>要約すると、<span class="uk-text-bold">姫川はイグドラシルと手を組んでいたために</span><span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">『02組はイグドラシルの目論見に気づいた為に捕らえられていた』</span></span><span class="uk-text-bold">ことを知りながらも、己の目的を果たす為に情報を隠匿し、西島には直接かん口令を敷いていたという事になる。</span></p> <p>西島は、姫川とイグドラシルが結託していたことを第4章にて彼女のパソコンを確認した際に把握したと思われる。</p> <p>しかし黒幕とされるにも拘らず、<span class="uk-text-bold">イグドラシル自体は劇中にて名前と目的が判明するだけで<span class="tc_red">直接登場せず</span>、姫川も失踪してしまった</span>状態で全6章が終了してしまっている為、現状では西島が語った<span class="uk-text-bold">02組が失踪していた理由</span>の<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">真偽の程は定かではない。</span></span></p> <p>&rarr;少なくとも、<span class="uk-text-bold">02組を襲撃したデジモンが本当にアルファモンなのか</span>、そして<span class="uk-text-bold"><span class="tc_red">ホークモンとアルマジモンが完全体以降に単体で進化することが不可能</span>な為、タケルとヒカリを除く<span class="tc_red">02組4人だけでは著しく戦力を損なう</span>にも拘らず何故この4人だけが無印組に知らせることのないまま先立って行動したのか、といったことについては一切明かされないまま終わった。</span></p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <p>デジモンアドベンチャーtri.メモリアルブックによると</p> </blockquote> <p>2018年8月発売のデジモンアドベンチャーtri.メモリアルブックによるとこの様な説明がある。</p> <ul> <li><span class="uk-text-bold"><em>「太一たちは、スタートの段階では紋章の力を預けてしまっているので、力がないんです。そこで、敵はまず力のある「02」の子たちを狙ったんです。本当は、もう少し「02」の子たちも描きたかったのですが、そうするには尺もたりないし、視点がぶれてしまうので、今回は最初だけタッチする形にしました。」(元永氏の発言)</em></span></li> </ul> <p>&rarr;紋章の力を預けていると言うが、<span class="tc_red"><span class="uk-text-bold">第1章の時点で特に説明もないままウォーグレイモン・メタルガルルモンへ進化し、オメガモンの登場へと至っている。</span></span>太一達はスタートの段階で力を持っている。</p> <p>&rarr;02第39話においてゲンナイに託されたチンロンモンのデジコアの光を浴びたことにより、紋章の力がなくとも完全体以降への進化が可能になった。後の展開でこの力は失ったが、第46話にて<span class="uk-text-bold">アグモンのみブラックウォーグレイモンと戦う為再びチンロンモンから力を授りウォーグレイモンへ進化している。</span></p> <p>&rarr;戦いの後にアグモンに戻ったが、第47話でも<span class="uk-text-bold">ウォーグレイモンの姿になっている</span>ことや、第48話で川田範子の見張り役が空と太一になった際、<em>ヤマトが「いざという時俺ではどうにもならない、アグモンがいる太一の方が適役」と発言</em>している。なのでその後も<span class="uk-text-bold">アグモンだけは究極体まで進化する力は失われていない</span>と考えることはできる。</p> <p>&rarr;しかし、「スタートの段階では紋章の力を預けてしまっている」という前提のもとこれらの描写を根拠にすると、<span class="uk-text-bold">単独で究極体進化が可能な太一が狙われなかったのはおかしい</span>ことになり、またアルファモン出現時にすぐウォーグレイモンに進化させなかった理由もわからなくなる。</p> <p>&rarr;また、ウォーグレイモンの方が説明できたとしても、メタルガルルモンの方に関しては進化できた理由は不明のままである。</p> <p><span class="uk-text-bold">&rarr;そして何より、tri.作中で紋章についての言及や、力を取り戻したことがわかるような描写はない。</span>第1章のオメガモン進化前には何かを決意したような描写はあるにはあるが、過去作では上記のチンロンモンのコア等様々なアプローチを要したのが、気持ちでどうにかなる問題なのだろうか?</p> <p>&rarr;ディアボロモンの逆襲ではあっさりとウォーグレイモン・メタルガルルモン・オメガモンが登場している。ただし、角銅氏の公式ブログ『錆びた館分館』内のページにおいて「<em>事前に打ち合わせをすこしでも出来たのはアドベンチャーの最終回含めTVシリーズでも何本も担当していただいた今村監督による「ディアボロモンの逆襲」のみです。」</em>とされている。<em>「すこし」</em>と述べていることからしても完全監修できているというわけではないと思われる。映画を作るにあたって映画としての面白さや商業的な事情を優先し、角銅氏はある程度の設定の食い違いには妥協したと思われる。</p> <p>「錆びた館分館」にてウォーゲームとデジモンハリケーンは角銅氏と一切打ち合わせをせずに作られ、テレビ版の設定と明確に矛盾しており、ウォーゲームの設定・デジモンハリケーンの設定とテレビ版の設定を合わせてデジモンアドベンチャーシリーズ続編を作ることは不可能である、と発言されている。ウォーゲームとデジモンハリケーンはテレビ版の物語とはパラレルワールドとして扱われているのだろう。そのウォーゲームの明確な地続きの物語であるディアボロモンの逆襲も、順接的にパラレルワールドとして扱われているのだろう。</p> <p>なのでディア逆での設定描写、あっさりとウォーグレイモン・メタルガルルモン・オメガモンが登場した描写はあくまでも劇場版だけの、いわば「お祭り設定」、あるいは「パラレルワールドの設定」であり、シリーズ全体の考証の参考にはならないと言える。</p> <p>&rarr;tri.はどうなのかと言うと、<span class="uk-text-bold">ここで「紋章の力」とはっきり言ってしまった</span>以上、「<span class="uk-text-bold">テレビ</span><span class="uk-text-bold">シリーズの設定を引き継いでいる</span>」ということになり、ディア逆のように「この作品だけの設定」という逃げ道すら自分で潰してしまっている。</p> <p>&rarr;伊織と京はタケルとヒカリがいなければパートナーを完全体に進化させられないのに、「敵はまず力のある02の子達を狙った」として伊織と京が襲撃されたこともおかしい。</p> <p><span class="uk-text-bold"><span class="bc_gainsboro">&rarr;以上のことからここで語られた内容はtri.完結後に後付けで考えられた可能性が非常に高く、単なるリップサービスであると見受けられる。</span></span></p> <p><span class="uk-text-bold">後付けなら後付けで、<span class="tc_red">辻褄が合う後付けを考えてもらいたい。</span></span>tri.6章公開からメモリアルブック発売までに3ヶ月の期間があった。後付けでますます矛盾点や疑問点が増えてしまっている。</p> <hr /> <ul> <li><span class="uk-text-bold"><em>「「02」の子たちは太一たちと関係性があるから全員出さなきゃおかしい、というところからのスタートでした。第6章まであると決まった時点で、もうちょっと彼らの存在を色濃く出そうと話をしていた時期もあったんです。でも、主人公たちの掘り下げをしていけなきゃいけないし、ほかにも描かなきゃいけないことがたくさんある。「02」のキャラクターまで描くのは欲張りすぎなんじゃないかという話になりました。「02」の子たちに関しては、今後きっと作られるであろう「02」の新作にゆだねるつもりで、最小限の辻褄合わせだけにして、今作で掘り下げるのは断念しました。」(柿原氏の発言)</em></span></li> </ul> <p class="inner msg-body undoreset">&rarr;「他にも描かなきゃいけないことが沢山ある」と言うが、やっていたことと言えば<span class="uk-text-bold">進化バンクの垂れ流し</span>と<span class="uk-text-bold">メイクーモンを殺す殺さないで仲間内で結論の出ない押し問答<span>と</span></span><span class="uk-text-bold">ワンパターンなギャグ描写の繰り返し</span>である。</p> <p class="inner msg-body undoreset">&rarr;今後きっと作られるであろう02の新作にゆだねるつもり、という丸投げとしか思えない発言。劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)は果たして「02の続編」として扱われるのだろうか&hellip;</p> <p class="inner msg-body undoreset">&rarr;何故太一達8人が集合するたびに毎回02組を呼ばなかったのか、何故ずっと失踪に触れないのか、一乗寺賢の家族の失踪、インペリアルドラモンの謎、パートナーデジモンの不在、等々謎や問題は山積みで残ったままであり、<span class="uk-text-bold"><em>「最小限の辻褄合わせ」</em>はされていない</span>。</p> <hr /> <ul> <li class="inner msg-body undoreset"><span class="uk-text-bold"><em>「「02」の子たちがちらっと姿を見せましたが、「02」の子たちと太一たちとの交流も描いてみたかったですか?」&rarr;「本当のことを言うと、もっと描いてみたかったです。あくまでも「デジモンアドベンチャー」の続編ですから、「02」には重きを置かず、最低限、問題無いように整えて、あとは本編の邪魔をしないようにするという形になりました」(柿原氏の発言)</em></span></li> </ul> <p>&rarr;デジモンアドベンチャーの続編であり02には重きを置かないという発想がまず間違っている。デジモンアドベンチャーの続編を作る以上、02の4人と4体にもある程度の出番が無ければ続編として、物語として、成立しない。</p> <p>&rarr;コミカライズなどの展開で02組の出番を補うこともできたはず。</p> <p>&rarr;実際はデジモンカイザーと同じ姿をした謎の男の件やインペリアルドラモンの件も含め、中途半端に話に絡められており、同時に様々な問題も生んでいる。ただの客寄せパンダに使われたと取られても仕方ない。</p> <p>&rarr;また、上記の通り<span class="uk-text-bold"><em>「最低限、問題無いように整え」</em>られてはいない</span>。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <p>評価すべき点</p> </blockquote> <p>無し</p> <p>&nbsp;</p> <blockquote> <h3>「LAST EVOLUTION 絆」での02組について</h3> </blockquote> <p>2019年7月28日のデジフェス2019にて、「LAST EVOLUTION 絆」に、02の主要キャラクター、本宮大輔、一乗寺賢、井ノ上京、火田伊織、ブイモン、ワームモン、ホークモン、アルマジモン、が登場すること、中鶴デザインでの彼らの容姿や、キャスティングや、彼らのおおまかな進路が、発表された。</p> <p>本宮大輔 CV片山福十郎</p> <p>ブイモン CV野田順子</p> <p>一乗寺賢 CVランズベリー・アーサー</p> <p>ワームモン CV高橋直純</p> <p>井ノ上京 CV朝井彩加</p> <p>ホークモン CV遠近孝一</p> <p>火田伊織 CV山谷祥生</p> <p>アルマジモン CV浦和めぐみ</p> <p>&nbsp;</p> <p>tri.での無印組子ども達8人が新規声優になりパートナーデジモン8体が過去作から続投になったのと同じように、02組の子供たち4人は新規声優になりパートナー4体は過去作からの続投となった。過去作で伊織とアルマジモンの一人二役をしていた浦和めぐみ氏は、今作でアルマジモンのみを担当する。</p> <p>&nbsp;</p> <p>※「LAST EVOLUTON 絆」での今後の事前情報によって、02組の4人それぞれの個別ページを作る必要性が発生すると思われます。その時はどなたか記事作成をお願いします。</p> <p>&nbsp;</p> <p><a href="https://animeanime.jp/article/2020/03/24/52425.html">「デジモン」シリーズの核とは何か? 関弘美P&木下陽介Pが「ラスエボ」で最も大切にしたこと</a>にて、</p> <p><em>――お二人が今作にスーパーバイザー、プロデューサーとして関わるうえで、必ず押さえておきたかったポイントを聞かせてください。<br /> <br /> 関:ひとつは、『02』のキャラクターを登場させることです。今回は太一たち8人の子どもたちと共に、彼らのその後もぜひ描きたいと思いました。</em></p> <p>と語られている。やはりtri.での02のキャラの扱いには不満が沸いて当然である。</p>

ショートカットキー一覧

文字装飾

アクションショートカットキー使用例
太字にする Ctrl+B 太文字
斜体にする Ctrl+I 斜体
下線を引く Ctrl+U 下線

リンク

アクションショートカットキー使用例
リンクの挿入・編集 Ctrl+L リンク

リスト

アクションショートカットキー使用例
インデント追加 Tab
  • リスト
    • インデント
インデント解除 Shift+Tab リスト
  • インデント

編集補助

アクションショートカットキー
行ったアクションを取り消す Ctrl+Z
取り消したアクションをやり直す Ctrl+Y, Shift+Ctrl+Z
改行を追加する Shift+Enter
クリップボードに切り取る Ctrl+X
クリップボードにコピーする Ctrl+C
クリップボードから貼り付ける Ctrl+V
すべて選択する Ctrl+A

移動

アクションショートカットキー
行の先頭に移動する Home
文章の先頭に移動する Ctrl+Home
行の末尾に移動する End
文章の末尾に移動する Ctrl+End
ページを上にスクロールする PageUp
ページを下にスクロールする PageDown
任意のキーワードを検索する Ctrl+F