第1回大会 個人記録

ページ名:第1回大会個人記録

※最弱決定戦は集計対象としておりません。

総撃墜数

順位 選手名 総撃墜数 試合平均 試合数
1 (LU) 灼熱のレイア 17 2.8 6
2 (YO) ∫アルティライトねこ 9 1.8 5
3 (LI) 紅きポイゾネサスくん 8 2.7 3
4 (PI) ξ黒きBlack Joker 4 1.3 3
5 (MA) 絶望のリア・リエ 3 1.5 2
  (NE) ☆爆走戦士エルバン 3 1.5 2
  (SA) ㍍アルザーク 3 1.5 2
8 (FA) Φデスエンペラー 2 2.0 1
9 (DK) ∩操られたティーダ★ミ 1 1.0 1
  (FO) ♀幻のギルティースMkⅡ 1 1.0 1
  (KI) 世界のrekuiemu 1 1.0 1
  (PU) ヨシオくん 1 1.0 1

単純な撃墜数の合計では、上位4名はトーナメントの順位通りとなった。
試合平均を見ると、紅きポイゾネサスくんが優勝者の灼熱のレイアに迫る成績を残している。

 

撃墜率

総撃墜数÷出場試合の持ちストック数合計
順位 選手名 撃墜率 総撃墜数 総持ちストック数
1 (LU) 灼熱のレイア 0.81 17 21
2 (LI) 紅きポイゾネサスくん 0.80 8 10
3 (FA) Φデスエンペラー 0.67 2 3
4 (MA) 絶望のリア・リエ 0.50 3 6
  (NE) ☆爆走戦士エルバン 0.50 3 6
  (SA) ㍍アルザーク 0.50 3 6
  (YO) ∫アルティライトねこ 0.50 9 18
8 (PI) ξ黒きBlack Joker 0.40 4 10
9 (DK) ∩操られたティーダ★ミ 0.33 1 3
  (FO) ♀幻のギルティースMkⅡ 0.33 1 3
  (KI) 世界のrekuiemu 0.33 1 3
  (PU) ヨシオくん 0.33 1 3

 第1回大会は準決勝までは3ストック勝負、三位決定戦と決勝の3本は4ストック勝負という変則ルールであったため、総持ちストック数に対する総撃墜数の割合を撃墜率として集計した。
 優勝者の灼熱のレイアは撃墜率でもトップを誇っている。次いでトーナメント3位の紅きポイゾネサスくん。

トーナメント準優勝の∫アルティライトねこは4位タイという結果。14試合のみの集計であるにせよ、彼はやはり強運の恩恵を受けていると言えそうだ。

 

自滅数

順位 選手名 自滅数 試合平均 試合数
1 (LI) 紅きポイゾネサスくん 4 1.3 3
  (YO) ∫アルティライトねこ 4 0.8 5
3 (LU) 灼熱のレイア 3 0.5 6
4 (MA) 絶望のリア・リエ 2 1.0 2
  (PI) ξ黒きBlack Joker 2 0.7 3
6 (FO) ♀幻のギルティースMkⅡ 1 1.0 1
  (NE) ☆爆走戦士エルバン 1 0.5 2
  (SA) ㍍アルザーク 1 0.5 2
9 (DK) ∩操られたティーダ★ミ 0 0.0 1
  (FA) Φデスエンペラー 0 0.0 1
  (KI) 世界のrekuiemu 0 0.0 1
  (PU) ヨシオくん 0 0.0 1

 自滅数では紅きポイゾネサスくんと∫アルティライトねこが同数トップ。灼熱のレイアも3回と数ではやや多めだが、全出場選手中最多の6試合を戦っていることを考慮すると優秀な成績といえるだろう。

 

自滅率

総自滅数÷出場試合の持ちストック数合計
順位 選手名 自滅率 総自滅数 総持ちストック数
1 (LI) 紅きポイゾネサスくん 0.40 4 10
2 (FO) ♀幻のギルティースMkⅡ 0.33 1 3
  (MA) 絶望のリア・リエ 0.33 2 6
4 (YO) ∫アルティライトねこ 0.22 4 18
5 (PI) ξ黒きBlack Joker 0.20 2 10
6 (NE) ☆爆走戦士エルバン 0.17 1 6
  (SA) ㍍アルザーク 0.17 1 6
8 (LU) 灼熱のレイア 0.14 3 21
9 (DK) ∩操られたティーダ★ミ 0.00 0 3
  (FA) Φデスエンペラー 0.00 0 3
  (KI) 世界のrekuiemu 0.00 0 3
  (PU) ヨシオくん 0.00 0 3

自滅についても総持ちストック数に対する割合で比較したところ、紅きポイゾネサスくんが堂々のトップ。
撃墜率といい、「自滅さえしなければ最強」はやはり本当か。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する