キャラクター - カリスタ

ページ名:紅雨のカリスタ

カリスタ

ステータス
名前 カリスタ
種族 人間(デザインド・ソルジャー)
性別
身長 171cm
職業 剣士
説明

暗めの赤色のボサボサの髪と携えた大剣、顔についた大きな傷が特徴のデザインド・ソルジャーの一人。

セフィス・クリスフォトムの部下にあたり、自らを幼少期に拾いデザインド・ソルジャーとして育ててくれたセフィスに心酔している。

サバサバとした姉御肌で同期のソルジャーや一般兵を仕切る役に就くことが多く、ストイックで頼れる性格をしているが自らが英雄と呼び慕っているセフィスに対しては著しくデレる。

その境遇からスパードとは同期だと思われるが、今のスパードを見た際に何やら驚いたような表情をしていた。

彼女に話しかけるとラスティマックスなどについて昔話をしてくれる。セフィスだけでなくこの二人も彼女の憧れであったようだ。

また、セフィスと深い関わりのあるベグリュンドとの掛け合いも多く、ベニキ曰く「あのクソガキがここまで大きくなったか」「相変わらずの戦い方と性格だな」との事。おそらく彼も彼女の幼少期について知っている。

戦闘スタイルは背負った大剣一本による近接戦闘であり、一太刀の元に複数の敵を切り裂く圧倒的な力を持つ。

精鋭部隊たるデザインド・ソルジャーの中でも平均以上の力を持つが、セフィスからすれば「まだまだ」であるとの事らしい。

その強さから「紅雨」という二つ名を貰っているが、彼女本人は自らが憧れる英雄の域に指先すら触れていない自分がこのような名で呼ばれるのは不満なようだ。

“英雄”クリア後にはグリント・ラボラトリーに出現する。最初は敬愛するセフィスと離れていて不機嫌そうだが段々とラナリア嬢に絆されている。キマシタワー

話しかけ、同行を願うとパーティに加入する。現在受けているクエストの内容によっては断られるので注意。

同じくソルジャーのスパードと似たような性能だが、強力な突進技や範囲攻撃を多く持ち、よりパワーに振ったような性能を持つ。

スパードなどと組ませると特殊会話が多く発生する。