キャラクター - ローブの女

ページ名:だれ?

ローブの女

ステータス
名前 ???
種族 ???
性別 女性
身長 168cm
職業 魔界における重要人物
説明

魔界に住む謎の人物。各エリアの入り口及び出口に現れ、オンジェーイル大陸の歴史や様々な人物の過去について話してくれる。

正体は不明だが、図書館において主人公のことを『赤の指輪の英雄』と呼んでいる。同じ呼び方をしていたのはコイツのみ。ちなみに演技力のせいで別人にしか聞こえないが中の人も同じ。

魔界№2であるベーゼでもその正体は知らない。かつて魔界にいた大天使の付き人であるらしいが魔界の魔物も素性を知らない。

魔界にいるオマエラス軍の魔物を退治を条件に魔界の施設を自由に使えるようにしたり、魔界の魔物を魔物使い関連の職業で使えるようにしたりベーゼを言葉巧みに誘導し主人公の仲間になるようにしてくれるなんやかんやで優しい人。

魔界のエリア1では魔界のルールと魔界の魔物について話してくれる。

エリア2では神が起こした洪水と2人のノア、魔王と八英雄の因縁の始まりについて教えてくれる。

エリア3では物語の真相に近づく核戦争のループと神の関係性、悪魔を生む計画について教えてくれる。

エリア4では悪魔候補となった者の末路とパラレルワールドの関係性を教えてくれる。

エリア5では大天使が計画を白紙にした理由と悪魔の力の魅力とデメリットについて教えてくれる。

エリア6ではオマエラスと神が核戦争のループに関わっていることを教えてくれる。

図書館では大天使と共に登場するが、大天使がありったけ喋って彼女は何も話さず、去り際に『信じていますよ…赤の指輪の英雄がループを終わらせることを…』と言い、闇の中に去って行き二度と現れなくなる。

魔界図書館まで攻略するとver1のストーリーのトゥルーエンディングにおいてちょっとだけ再登場する。