CPU対戦考察 (SP)

ページ名:CPU対戦考察SP

CPU対戦における考察あれこれです。

・64CPUとの違い

※追加時は50音順にお願いします

一覧を開く+一覧を閉じる-

・アイテムへの反応

今作はアイテムがあってもたまに無視することがある。強力なアイテムでも取らなかったりする。ちなみに何故かとりたいとりたいは健在している。

 

・アピールをしなくなった

今作のCPUはアピールをしない。ちなみにオンラインでも専用部屋及びフレンド戦でしかアピールが出来ない。

 

・最大を取るようになった

相手がシールドブレイクを起こしたり眠ったりした場合、スマッシュ攻撃をフルホールドして最大を取るようになった。但し相手のレバガチャも早いため、解除寸前の場合は安く済ませることがある。

 

・射撃系アイテムの祝砲(無駄撃ち)をしなくなった

但しその弊害かファイアフラワーは途切れ途切れでしか発射せず、かえって弱体化している。改良された模様?要検証。

 

・小ジャンプを使用するようになった

DXからの仕様。64版では一切使用しなかった。

 

・地続きステージを認識できるようになった

DXからの仕様。横のバーストラインを認識できるため、歩いて自滅ということはなくなった。ただし完全ではなく、空中攻撃の勢いに任せて自滅してしまうことがある。小粋な狂喜最も分かりやすい
また、ころがり受け身でバーストラインを超えて自滅してしまった選手もいる。

 

・超反応で回避・シールド・ジャスガをするようになった

DXからの仕様。CPUの特性を活かして人間には真似できないレベルの超反応で回避やガードをする。forでは超反応ガードからの反撃のみが取り柄とも言えるほどまでに依存していたが、本作では回避・ジャスガのシステムが変わっていることや、積極的に攻撃するようになったため超反応行動への依存度は低くなった。

 

・特殊な技を使うようになった

最も分かりやすいのはプリンのねむる。64版では一切使用せず、以降の作品でも殆ど使用することはなかったが、SPでは遠慮なく当ててくる。
他にシュルクのモナドアーツといったキャラ専用の能力もバリバリ使いこなしてくる。

 

・復帰阻止を積極的にするようになった

今作は崖から出てもガンガン攻撃を当ててくる(一部キャラはしないこともある)。それに伴い、復帰を諦めずに何度もするようになった。また、復帰時に崖を狙うように復帰する。ネスなどが分かりやすい。スネーク等ごく一部のキャラは、自爆を駆使して復帰することも。
X・forでも全く阻止をしなかった訳ではないが、それらと比べても明らかに技術が高度になっており、油断するとメテオを頻繁に決めてくる。
しかし積極的な復帰阻止を狙うあまり、一部の相手の復帰技に巻き込まれ返り討ちにあってしまうことも。

 

・復帰台で待機するようになった

相手が無敵だったり、ハンマーを持っていたりすると復帰台で待機するように。これによりハンマーで2ストック奪うのはほぼ不可能。

 

・間合い管理をするようになった

自キャラのリーチを把握し、それに応じた立ち回りをするようになった。団地妻vs担々麺が分かりやすいか。

 


・CPU対戦におけるステージ

スマブラSPには103+DLCのステージが収録されている。この数は、シリーズ全体から出ていないステージを探す方が難しいぐらいである

※追加時はステージスイッチ順にお願いします
※ページの趣旨に反するため、DX以下は実際に戦っていないステージの追加をしないで下さい

オリジナルステージ一覧+オリジナルステージ一覧-

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおいて基本中の基本となるステージ。

・戦場

浮島にすり抜け床3つというシンプルな構成のステージ。一応終点と並ぶ基本ステージと認識されているが、他ステージと比べて足場の密度が非常に濃いという特性があり、一般的にリーチが長いキャラが有利とされるが、CPU的に特筆すべき点はない。
本作から全ステージ「戦場化」ができるようになったが、現在のルールでは使用していない。

・大戦場

第1回最弱決定戦にて使用。forWiiUの目玉となる8人乱闘用に作られたステージ。
CPUがアグレッシブになったことも相まって、広さ関係なしにカオスである。

・終点

ランダムステージ候補の一つ。DX時代よりガチタイマンの基本ステージとして使用され続けている。過去作では崖がねずみ返しのようになっており、CPU・人間関係なく復帰ミスし易かったがfor以降は改善。本作でも特筆すべき点はない。
forから全ステージを「終点化」できるようになったが、現在のルールでは使用していない。

64ステージ一覧+実家のような安心感-

ここでは64版との相違点を中心に記載する。共通の特徴として、敢えてテクスチャが荒いまま、すなわち当時の雰囲気を残したまま移植されている。

・ピーチ城上空

左右に動く床と床が出ていない時に限り、下の床も崖がつかむことが可能に。これにより事故が大幅に減ると思われる。しかし、バンパーは64の頃から変わっていない。当たると1.0%蓄積され、見た目も64のものである。アイテムとして出てくるバンパーとは全く違うものとなっている。ちなみに、壁と天井でも受け身が取れるようになっているため、三角コーナーでより助かりやすくなった。

・スーパーしあわせのツリー(ヨッシーアイランドから名前が変更)

64の頃と名前以外、ほぼ変わっていない。雲は認識できるようになっているが、空中で消えると上手く対処できずに自滅することがある。
そして第3回の準決勝は、雲を認識し利用しようとする挙動がとことん裏目に出てしまい、盛大な事故試合に……

・プププランド

お馴染みのステージ。通称は「実家」。変更点は特にないが、デデデが戦っている場合、背景でデデデが飛ばなくなるようになっている。
構造は戦場に似ているが、こちらの方がずっと足場の間隔が広い。

・コンゴジャングル

ステージが明るくなり、暗めのキャラでも割と見やすくなった。樽から出てくるファイター自身にも当たり判定が追加された。相変わらず壁判定がないためもしかしたらソンソンするかもしれない。
……とか言っていたら、第3回の初戦で本当にソンソンが起きてしまった

・ハイラル城

あまり変わっていないステージ。竜巻の出現している時間が短くなっているくらい。

(・セクターZ)

SPでは収録されていない。似ているステージ、惑星コーネリアは収録されているが、ずっと狭くなっている。

・ヤマブキシティ

64以来に久々に収録されたステージ。特に変化はないがシェルターから出てくるポケモンは64からドットが変わっていないのでちょっと面白い。しかしポケモン全体の声優が変わっているため、残念ながらヴェッピィとは鳴かない。

(・惑星ゼーベス)

SPでは収録されていない。似ているブリンスタは収録されている。ちなみに酸の威力は大幅に下がっている。
ステージ・アイテムが「64風」に調整された第3回SPトナメでは、ステージの1つとしてブリンスタが採用された。

・いにしえの王国

64から久々収録の元祖クソステージ。今作はCPUが画面端と天秤リフトを認識できるため自滅しなくなったのと、これを超えたクソステージがあるため、比較的クソステ感がない。相変わらずPOWは認識できない模様。

DXステージ一覧+リメイクの恩恵-

当時の雰囲気を残した64ステージと違い、大幅にグラフィックが向上している。

・ジャングルガーデン

「DXまでだったらすぐ死んでたんですけど…死んだじゃん!!
画面下部には濁流が流れており、落ちてもワンチャン復帰ができるが、時折クラップトラップが泳いでおり、当たると強烈なメテオで即死する

・神殿

リンクの冒険をイメージした、巨大ステージの元祖。記念すべき第1回大会1回戦第1試合のステージでもある。
特にこれといったギミックはないが、他ステージと比較してバーストラインが狭いという特徴があるため、広さに反して意外とバーストしやすい。

・ヨッシーストーリー

全体構造は戦場に似ているが、足場両端に傾斜があることや、定期的に足場の雲が崖の外を周回しているのが特徴。
時折プロペラヘイホーがたべもの(回復アイテム)を持って飛んでいる。その性質上、DX時代ではガチ勢同士の対戦ステージとして使われることがあったが、SPでは滅多に使用されない。

・惑星コーネリア

先述の「セクターZ」に似ているが、ずっと狭く、アーウィン(ウルフェン)もより攻撃的になっている。グレートフォックスの主砲に乗れるようになったが、発射前のエネルギーチャージで即死級の吹っ飛ばしを受ける。
セクターZに似ているからか、ステージ・アイテムが「64風」に調整された第3回SPトナメでも採用されている。

・オネット

MOTHERモチーフの地続きステージ。第2回大会決勝の場。ずっと乗っていると畳まれて暫く使えなくなる足場や、定期的にファイターをひき逃げする車が特徴

・ブリンスタ深部

いにしえの王国を超えるクソステの一つであり、時からクソステとして名高い。巨大生物「クレイド」がステージ全体を転がしてくる。一応これでも足場に崖つかまりができなかったDXよりはマシ…とされているが、進化したAIでも到底対応できるものではなかった。

・ビッグブルー

いにしえの王国を超えるクソステの一つ。P(ピー)もクソステと認識しており、第2回最弱決定戦では意図的にお祭り騒ぎとしてこのステージが選抜された。
コース「BIG BLUE」を超高速で走るF-ZEROマシンを足場として戦う。足場を踏み外そうものならすぐに画面外へ放り投げられてしまうが、ジャンプをし続ければ生き残れないこともない。
余談だが、ステージギミックをオフにすると、コースを走るF-ZEROマシンが一切無くなるため、かえって危険なステージと化す

Xステージ一覧+ギミックの強化-

この頃から、ギミックの主張が激しいステージが増加する傾向にある。

・エイトクロスサーキット

旧「マリオサーキット」。マリオカートDSに登場する「エイトクロスサーキット」の立体交差部分がモチーフになっている。地続きのシンプルなステージだが、定期的にヘイホーカートが通過する。背景のオーロラビジョンにカートの位置が記されているだけでなく、警告表示も出る為回避は容易。

・とある星

ピクミンをモチーフにしたステージ。一見ギミックの少ないステージに見えるが、チャッピーに乗ると食われて即死したり、時折雨が降り濁流が流れるなど、意外にもギミックが豊富である…が、現状そのギミックがほぼ活かされていない。

・頂上

アイスクライマーをモチーフにしたステージ。乗り続けると倒れる足場やつらら、滑る床に食べると小回復する野菜など、ギミックが非常に多い。時間経過で氷山が崩れ落ち、海へ着水する。時折巨大な魚が丸呑みしてくることがあるが、レバガチャ次第で脱出可能。

・テンガンざん やりのはしら

上下構造が特徴のステージ。暫くするとディアルガパルキアクレセリアのいずれかがランダムで出現し、足場の破壊や時の咆哮、画面反転にサイコウェーブなど様々な変化をもたらす。

・マリオブラザーズ

FCソフト「マリオブラザーズ」を忠実に再現した神クソステージ。普通に戦うと非常に吹っ飛ばし辛いが、登場するカメさんやカニさんを投げつけることによって早期撃墜することが可能。
また、SPから普通に歩くと左右をループできるという原作再現要素が追加され、第1回大会ではぽこたんが延々と引きずり回す珍現象が見られた。

・エレクトロプランクトン

いにしえの王国を超えるクソステの一つ。ステージ全てがすり抜け床で構成されており、しかも攻撃やプランクトン(背景キャラ)が触れると足場が傾くという特徴があるため、復帰が非常に難しい。復帰力の差が響き、エマダイトがほぼ何もしないままティスティィに勝利した。

forステージ一覧+カオスの極み-

X以上にギミックの強いステージが多く、まともな試合にならないことが多々ある

・3Dランド

いにしえの王国を超えるクソステの一つ。forで激増した強制スクロールステージの一つでもある。スーパーマリオ3Dランドの世界観を忠実に再現しているが、終始ギミックに踊らされる傾向にあり、便利なヨシオは大半がギミックが原因でバーストしている。

・ペーパーマリオ

一見普通のステージに見えるが、時間経過で船上、そしてクッパ城と構造が大きく変化するステージ。クッパ城エリアは足場が非常に狭く、事故率が非常に高い。クッパの門に噛まれることもある。

・初期化爆弾の森

最初は中央部分に大穴があるだけのシンプルなステージ。一定時間経過すると、ナチュレ様が背景に現れて初期化爆弾を投下し、まったく別のステージに変化する。
足場が不安定になる一方で、コの時形状の足場が邪魔になって助かることもあるが、CPUトナメでは崖メテオによるスキマスイッチが発生した

・子犬がいるリビング

P(ピー)「猫ちゃんかわいいな゛あ゛!
いにしえの王国を超えるクソステの一つ。地続きステージであり、背景には5種類の子犬か子猫がランダムで1匹登場する(特にステージへ干渉はしてこない)。
時間経過で大量の積み木が降ってきて、当たると当然ダメージを受ける。時折金塊やハンバーガーが降ってくることもあり、潰されると強い吹っ飛ばしを受ける

・すれちがい伝説

3DS標準搭載の「すれちがい伝説」に登場する最終ステージが元ネタ。2つの足場と、鎖で繋がれた檻(中にはSwitch本体からランダムで選出されたMiiが入っている)が特徴のステージ。浮島型ではないため、崖メテオが発生し易い。
時折「すべてのやみのおう(緑色の怪物)」が現れ、突進でファイターを邪魔したり、魔法でファイターに様々なバフ効果をもたらしたり、足場を破壊したりするなどその行動は多彩。

・マリオギャラクシー

広い地続きですり抜け床が2つあるだけのシンプルなステージ。最大の特徴は、ステージ全体が球状に弧を描いていること。重力にも影響しており、ジャンプすると斜めに飛び、大半の飛び道具は曲線を描いて飛ぶ。

・マリオサーキット

Xステージの「エイトクロスサーキット」とは別物。マリオカート8のマリオサーキット上のあちこちに着地するツアー型ステージ。背景のコースにもしっかりと判定があり、吹っ飛ばされても路面に跳ね返されて助かることがある。こちらもヘイホーカートが周回しているが、そこまでギミックとして主張はしていない。

・エンジェランド

8人対戦用の巨大ステージ。AIの性質上、画面端で戦うことが多いため、広いこと自体はそこまで問題にはならなかった。
最大の特徴は、ピットのスマッシュアピールでパルテナ勢による各ファイターのウンチクを聞けることだが(天界漫才)、本シリーズでお目にかかれることはないだろう。

・再会の花園

P(ピー)「カニがぁ~!!
ピクミン3をモチーフにしたステージ。橋や植木鉢を破壊することができるが、暫くするとピクミンが修復してくれる。時折原生生物「カニタマ」が登場し、当たると強烈な吹っ飛ばしを食らう。

・村と街

街へ行こうよ どうぶつの森をモチーフにしたステージ。背景が村と街に変化することに伴い足場が変化することと、時折風船で食べ物が飛んでくること以外に特徴がないシンプルなステージ。
ギミックオフにすると背景切り替わり時以外に足場が動かなくなり、食べ物も飛んでこなくなるためガチ勢の対戦ステージとして重宝されている。

・特設リング

地続きにボクシングのリンク、破壊できる照明のすり抜け床があるステージ。リンクのロープを踏むと大ジャンプができるだけでなく、全ての行動がキャンセルされる。照明を破壊すると落下し、巻き込まれれば当然ダメージを受ける。
背景のスクリーンにファイターの通り名やアップカメラ・得点などが表示され、終点・戦場化でも非常に盛り上がる構成になっている。
また、ステージのロゴがランダムでパンチアウト仕様・スマブラ仕様に変わるという特徴があり、版権かつオリジナルの要素を持ち合わせた唯一のステージである。

・ダックハント

FCソフト「ダックハント」を忠実に再現したステージ。飛んでいる鴨を攻撃すれば実際に落とすことも出来、アイテムを落とす他、特に意味はないが得点も入る。鴨を逃すと犬のウザい笑い顔が見られるのも健在

・パイロットウイングス

ウーフーアイランド上空を飛行機で遊覧するステージ。最初は赤い福翼機の上で、一定時間経過で黄色い単翼機に乗り換え戦う。ステージが傾く以外は特にこれといったギミックはないが、ファイターの復帰能力によっては非常に厳しいステージとなる。

SPステージ一覧+未知の世界観へ-

デフォルトのステージは非常に少なく、大半がDLCステージで占められる。

・始まりの塔

ブレスオブザワイルドをモチーフにしたステージ。巨大な勇導石があるだけのシンプルなステージであり、通常は上方向に非常に吹っ飛ばしづらいが、破壊することもできる。一定時間経過で勇導石は復活する。

・タチウオパーキング

スプラトゥーンをモチーフにした、5階層の足場を全て斜面のすり抜け床で接続している変わったステージ。下り坂のみ、移動だけで床をすり抜けることができるという特徴がある。
音楽によってステージ演出が変わったり、制限時間で音楽が変化したり、ジャッジくんによる有利不利判定があったり、インクリングで足場を塗ることができる(特に影響はなし)など、直接的がギミック以外で演出が豊富なステージである。


・CPU対戦におけるアイテム

※追加時はアイテムスイッチ順にお願いします

一覧を開く+一覧を閉じる-

・アシストフィギュア

スマブラXより登場したアイテム。乱暴な言い方をすれば、モンスターボールのポケモンじゃないバージョン
但し投擲アイテムとして投げることができず、取得後地面にいればその場で、空中なら着地後にカプセルを開き、強力なヘルパーキャラを召喚する。
過去作では画面上に1体しか登場できなかったが、SPでは2体まで登場することができる。またタイム制に限り、アシストフィギュアを撃墜すると得点が付くようになった。

撃墜すると得点が付くようになった代償か、タイマンでは過剰なまでに強力なアシストが多く、第1回大会ではP(ピー)も「アシストで終わるのはやめて」と実況してしまう程であった。また、アシストの中には「ナイトメア」「デビル」といったデメリットしかないものもあり、実況をする上で混乱をもたらす要素が非常に多いため、第2回大会では削除された

・スマッシュボーム

SPより登場したアイテム。最後の切りふだを発動できる「スマッシュボール」の偽物。
破壊すると切りふだが発動できる状態になる…筈もなく、瞬時に大爆発を起こして36%もの大ダメージと、50%程度でもバーストする強烈な吹っ飛ばしを食らう
スマッシュボールとの見分け方は、所謂スマブラマークの線の太さが違うため容易に見分けが付く…かと思いきや、たちの悪いことに、地面に転がるタイプのスマッシュボールもSPから同時に登場したため、状況によっては非常に判別しづらく、プレイヤーでも間違えて攻撃してしまうことがある。
空中タイプのボームもファイターに寄ってくるという性質があり(ボールは逆)、復帰攻撃で誤爆する事例が多々発生する。

偽物アイテムという性質上、本シリーズにおける屈指の珍プレイ製造機。AIが本物と偽物を判断できず攻撃してしまうため、自爆する例が非常に多く、また破壊していない選手もしばしば爆発に巻き込まれバーストしてしまう。乱数の都合かボームばかりが大量に登場することもあり、珍プレイ製造に拍車をかけている。

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NjE3NzRjM

今大会、強いムーブも64の芸人達に引けを取らないようなアホムーブも沢山見られて面白かった

返信
2020-04-02 13:04:21

retasu ID:OGY1NTkzY

丸一か月ぐらい放置していましたが、編集用wikiにチマチマ書いていた対戦考察を移植しました

返信
2020-02-29 21:58:13