キャラクター - 静鱗

ページ名:静鱗

静鱗

ステータス
名前

静鱗

種族 人間?
性別
身長 200㎝以上?
職業 蒼の戦士長、兵法家、詩人
説明

青龍族の国・の国王青龍瑠龍の弟で戦士長。本名は瑠穏。

生まれつき会話が難しかったため静鱗とあだ名され闘争心が強いことと他人と関わることができない焦燥から武芸と勉学に打ち込み11歳で雑兵に紛れて戦に参加した。成人すると非公式に参加した過去の戦の功績が認められ戦士長に任ぜられ六尺六寸を超える巨体と豊富な兵法や武芸、地理の知識を使って活躍したが指揮は難しく単独で戦った。しかし25歳の時、飢えを凌ぐため人肉すら喰う苛烈な戦いとあまり人と関わらない奇妙な性格は兄の青龍瑠龍に恐怖と不信を抱かせ暗殺された。

前述のように豊富な知識を持っていたことから兵法や詩に明るく特に祝融山脈星山での戦いを通じて著した兵法書「山戦記」は理論的・文学的な観点からみても名作。