ドーン協定【インラグ】

ページ名:ドーン協定

ドーン協定について


ドーン協定と聞くと、FG300やST59などの、ゲーム初心者時代からお世話になっている船を造った企業だと

思われる方がいるかもしれませんが、

それは間違いです まず企業でもありません

すみませんが、この話は合っているかは、分かりません

詳しくはこちらへ

 

ドーン協定とは、ドーン協定を結んだ勢力の艦船及び武器設計、または開発等に関するコア技術の所有権を実効的に保護するための協定です

仲裁委員会、アントニアス財団、パンケアディベロップメントなどの主導により協定されました

この銀河には数多くの勢力があり、その大部分は「ドーン協定」を締結しています

 

しかし、

未締結の勢力も決して少なくありません

そのような、勢力の中には、実力がある古参勢力と略奪協定を結び、他の勢力の艦隊や基地を襲撃する権利を得て、

資源を奪います

そのような勢力を、皆さんがよく知っている

 

「私掠団」

 

と言うことです

 

艦船設計図保護規定


  • 1条:ドーン協定締結勢力が設計し、又は発明した艦船設計図及び武器技術は、市場で発売されているか、いなかにかかわらず、他の締結勢力の管轄範囲内においても、当該勢力の管轄範内と同様の保護及び本協定で認められる保護が与えられる。
  • 2条:いかなる状況においても、締結勢力は自身の設計し、又は発明した艦船設計図及び武器技術に対し自主的な価格設定権及び取引権を有し、いかなる取引においても一次販売者とみなされる。
  • 3条:一次販売者が署名し、承認した許可書を所有する場合を除き、購入者はいかなる形式によっても艦船設計図又は武器技術を転売し、又は譲渡してはならない。
  • 4条:締結勢力が管理する取引場所においては、他の締結勢力が一次販売者として定めた価格に違反する価格で艦船設計図又は武器設計図技術を販売してはならない

 

標準設計図技術許諾規定


標準モデル艦船、正式名称「ドーン協定共同標準艦船」は、通常求められる多くのユースケースに対応でき、宇宙での生存における基本的需要を満たすことができる。仲裁委員会など主要勢力による協議の結果、これらの軍事用技術をすべての「ドーン協定」締結勢力に開放する規定を策定した。

...

...........

は???何言っているんだ??ってなる方(自分)がいるかもしれませんので、

簡単にまとめると

標準モデル艦は、皆が求めている多くの活用事例に対応でき、宇宙での生存における需要を満たしているよ。

仲裁委員会などの代表が話し合って、標準モデル艦をドーン協定に締結した勢力は使っていいよ

と言うことですね(多分)

 

  • 1条:技術分野が「一般」であり、正式名称が「ドーン協定共同標準艦船」の艦船設計図と武器技術の利用期限をすべての締結勢力に開放する。
  • 2条:すべての締結勢力は「ドーン協定共同標準艦船」の艦船設計図を使用して艦船を製造する場合、保有数の追加が認められる。
  • 3条:すべての締結勢力は被許諾者として、協定の代表者である仲裁委員会から「ドーン協定共同標準艦船」の一部艦船設計図を無償許諾される。

 

2条のおかげで、CVTの保有数が15隻なんだが…まあ、お世話になっているのでOK!

3条のは、チュートリアルで貰える箱ですね...FGにはお世話になりました!

 

スターゲート保護規定


  • 1条:本協定を締結する勢力は、ラグランジュシステム中のスターゲート及びその所有者に対していかなる形式の武力も使用せず、並びにいかなる方法によっても他の勢力がスターゲート及びその所有者に対して武力を使用することを助力せず、推奨せず、及び誘導しない。
  • 2条:スターゲートを起動した勢力を、そのスターゲートの所有者とみなし、当該勢力がスターゲートの帰属権を有するものとする。スターゲートの帰属権はいかなる形式によっても譲渡してはならない。本協定を締結する勢力は、帰属権の所有を明らかにし、かつこれを認めなければならない。
  • 3条:スターゲートのラグランジュシステムへの接続をもって、その所有者がその使用権を本協定を締結する勢力と共有することに同意したものとみなす。スターゲートの使用権は、いかなる形式によっても譲渡又は借用してはならない。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する