クエスト - 「方舟」

ページ名:愛を知らず揺れる揺り籠

「方舟」

受注場所 グリント・ラボラトリー
受注人物 アレス・ガラ
受注条件 arsenalをクリア
種別 メインクエスト
説明

一体クロノセリアはどれほど纏まった精力を持って動いてるんだ?

もしかしたら残党なんてレベルじゃないのかもしれない…

……クロノセリアの墜落跡地を調べに行く。着いてきてくれ。

あの国は、神の方舟なんかじゃなかったって言うのに。

報酬 56800G

詳細情報

元騎士団長から受けられるクエスト二個目。

堕ちた飛空挺へと足を運ぶクエスト。事前に足を運びダンジョンの構造を頭に入れておくと効率的に進む。

敵は常時出現するマシンモンスター及びソルテミスが出現。飛行帝国の復活を予期させる。

着実に進んだ先の広間でムービーが入り、ザァグF2型が多数出現する。

 

「やっと来やがった。ここらで退場してもらうぜ、元騎士団長」

 

全四体出現し、一体一体しっかり手強いが、HPは低めの為袋叩きにされる前にまとめて吹き飛ばすか頭数を着実に減らすこと。

これを全て撃退すると再びムービーが入り……

 

「相変わらずのお手前で安心したよ、アレス」

 

「……プディス」

 

奥から拍手と共に、将軍プディスが現れる。

 

「……また、我らが祖国の為に戦うつもりはないのか?アレス」

 

「俺は……俺は帝国を、クロノセリアをもう信じない!」

 

「……残念だ」

 

アレスはプディスに銃を向け、プディスは自らの大剣を地面へと突き刺す。一触即発の空気の中、プディスは突き刺した大剣をそのまま回し、隠し持った信号弾を天井に向けて放つ。

アレスが驚く間も無くその天井が崩れ、黒い機体色をしたロボのようなものが落ちてくる。

 

「やっちまっていいんだなァ!?」

 

前回のクエストに出現した「Unknown」によく似た外見だが、形状や武装は異なる。そり返った双剣を持っているのが特徴。

前回と異なりしっかり名前が「ウァラク」と表示される。

そして、ウァラクの出現と同時にプディスは何処かへと消え、ウァラクとの戦闘が始まる。

前回の敵と真逆に接近戦主体、技名が表示される攻撃を多用する。

だが、ほとんどの技は表示される技名とは別物の性能をしている為注意。

戦闘開始直後から使用する「パワーバッシュ」はここまでクリアしているならお馴染みの序盤技だが、普通にこの段階で通用するどころか普通に二割ほど体力を持っていく凶悪技になっている。

他にもソニックウェーブなどの剣士系の基礎技をよく使用するが、全て性能は別物と言っていい。表示される技名に惑わされないこと。

体力が減ると碁盤斬り絶技一閃斬総剣などと言った大技を解禁してくるが、これもまた別物のような性能になっており後隙や技の弱点などが大幅に削減されており極悪な性能になっている。

その分、遠距離攻撃はソニックウェーブに依存している為、安定して距離を取ればあまり怖い攻撃はない。……突然急速に接近して斬りかかって来るのには注意。マジで気がついたら距離を詰められている。

騎士団長と上手く協力しよう。

 

撃破すると派手に爆炎を撒き散らしながら派手にこけ、主人公たちがやってきた廊下に転がり落ちていき爆散する。完全に死んでるよねこれ

ウァラクとの戦闘を制すると既に他は飛空挺から消えており、ここでクエストは終了となる。

……この部屋を調べると、何やら不穏な文章が見つかる。この先の伏線だろうか。

このクエストをこなしグリント・ラボラトリーに帰還するとラナリア嬢に勝手な行動を怒られる。

 

「もう!私を通してから動いてよね!」

 

可愛い。が、彼女に怒られてからはアレスもラナリアを通してから行動するようになる……