キャラクター - マリア・ロゼ

ページ名:おかーさん

マリア・ロゼ

ステータス
名前 マリア・ロゼ
種族 人間
性別
身長 167cm
職業 不明
説明

ドラキュラとなる前のヴェルヴォルトが愛した女性。誰にでも優しく接し、愛する姿から慈愛の女神とも呼ばれる。ヴェルヴォルトとは音楽を通じて出会い、二人は結構早い段階で婚約し娘も産まれた。

娘には自分と同じように誰にでも優しく、他者の幸せを尊重するような子になってほしいと願っている。

かなりの美女らしく、女たらしの零音にナンパされ続けた。最初は拒絶していたが彼の音楽の才能に惹かれていき、ヴェルヴォルトとの婚約記念日に演奏会を開いてほしいと頼んだが叶うことはなかった。

最期はヴェルヴォルトが気に入らなかった人間の策略で魔女狩りに遭い死亡。彼女の死はヴェルヴォルトに深いショックを与え、人間に対する復讐を決意するきっかけとなってしまった。

これが魔王オマエラスの策略であることは誰も知らない…

 

死後は五戒の一つを破っていたことにより地獄行きになりかけたのだが生前の行動や彼女の愛娘が世界平和のために行動していたことから奈落にも浄土にも行けない魂となっていた。

ヴェルヴォルトが彼女の罪を請け負ったことで地獄行きを免れた彼女はヴェルヴォルトが奈落から帰ってくるのを静かに待つのだった…

サブクエスト「相性」の報酬で仲間にできて、浄土エリアのみとは言え一緒に行動できるようになった。

+また、このクエストでは……-とんでもないシーン

彼女の家にクエストで要求されていたお目当てのプロ剣士チップスを持っていった時の彼女の格好が衝撃的だったのである。

パンティとブラジャーという下着一枚の姿であった。彼女曰く「主人公達がまさかここまで早くプロ剣士チップスを持ってくるとは思わなかった」という。このラッキースケベに喜ぶファン、罪悪感を感じるファンなど反応は様々であった。