クエスト ー メインクエスト

ページ名:メインクエスト1

1,ノア王国編

Chapter0

伝説の始まり

受注場所 スタートのチュートリアルが終わった直後
説明

何処と無く気味の悪い風が吹くある日のこと。

裏山へ日課の薬草採取に出かけた主人公と父親は、山の中腹当たりで普段とは違う光景を目の当たりにしてしてしまう。

いつとは穏やかだったはずのモンスター達が突然凶暴化し、得体の知れない魔物と共に襲いかかって来たのだった。

急いで下山しようとするも闇の使い魔オーガサワラに行く手を阻まれ、ジワジワと追い詰められてしまう。逃げ場もなく絶体絶命のピンチに。

 

だがその瞬間、主人公が付けていた指輪が激しく光り輝いた。そして刹那、指輪の光に共鳴するかのように一人の少女が現れた。

成り行きでレレカと名乗るその少女と協力し、怪物を退治することになるが……?

クリア条件 第一のボス【オーガサワラ】を倒す
報酬

なし

補足

チュートリアル的な最初のクエスト。

ここでのみパーティ入りする主人公の父親は割と強いぞ。

クリア後

父親の捨て身の攻撃の末、何とか怪物を撃退した主人公達。二人の手元には、形状のよく似た不思議な指輪が二つ残された。

これらの関連性に興味を示したレレカだったが、父親が死んだ後では話題にもできず、また危険な場所長居する訳にもいかないのでひとまず村に戻ることとなる。

だが、この時既に彼らの運命は決定されていた──

使命宣告

受注場所 主人公の自宅
説明

父親の死を悲しむ暇もなく、モンスター達の凶暴化現象は主人公の村トミールにも被害を与えて始めていた。

レレカに励まされた主人公は、指輪の謎を知るために、そして今後の道標を考えるために、森の奥にあるストゥーレの大樹に住むという博識な長老に話を聞きにいく。

クリア条件 ストゥーレの大樹に着く
報酬

オンジェイル大陸の地図

クリア後

「最悪の魔王『オマエラス』が復活した」

魔王オマエラスの侵略により、世界は惨憺たる破滅を迎えるだろうという予言をした長老。近所のモンスターが凶暴化した現象も、元を辿ればこの魔王の目覚めが原因だという。

だが主人公達の指輪を目にした長老は古文書を引っ張り出し、過去にこのオマエラスを封印したという『八英雄』の存在を明かした。

聖なる指輪に選ばれし者、国家を超えて集いし時、不穏な闇を打ち払う

長老は指輪の所有者こそが世界の危機を救う存在なのだと訴え、主人公達にこの世界の命運を託す。

旅立ち

受注場所 主人公の自宅
説明

急に世界の使命を託された主人公達。

でもレレカは案外乗り気のようだ。

帰宅し、母親に旅に出ることを告げよう。

クリア条件 母親と話す
報酬

1000G

初期装備一式

レレカが仲間に加わる。

補足

母親との会話では、最初行くべき場所(四つ角街道)の情報がそれとなく提示される。

そこに気がつければ迷わずに済むぞ。

クリア後

チュートリアルはこれで終了

さぁ、広い世界へ旅立とう。

Chapter1

登場! エラス教団!

受注場所 四つ角街道 広場
説明

四つ角街道に着いた一行は、広場で黒ずくめのフードを被った集団の姿を目にした。

どうやら町民相手に何やら演説をするようだ。

壇上ではイシュワルダという不気味な男が弁舌を振るい始める。

クリア条件 イシュワルダの演説を聞く。
報酬 エラス教のメダル
クリア後

迫り来る天災に備えて武器を取れ、我らと共に立ち上がれ

そう雄弁に語るイシュワルダの前で町民たちは次第に熱くなり、目を輝かせてその呼び掛けに呼応し始めた。

その様子を眺めるレレカは、エラス教と名乗る彼らに不穏の眼を向けるが──

不穏な野望

受注場所 四つ角街道 衣服店
説明

町民から「最近黒ずくめのコートがバカ売れしている店がある」との情報を頼りに向かった衣服店。そこはエラス教団の支部だった。

客の様子や店員の言動を疑わしく思ったレレカに引っ張られ、主人公達は店の奥に足を踏み入れる。

クリア条件 エラス教信者を全員倒す
報酬

蒸気機関車のチケット

クリア後

件の異変は全てエラス教団の仕業であった。

彼らの目的は洗脳した住民や凶暴化させたモンスターを利用してノア王国の秩序を見出し、侵略の足がかりを進めると共に、負の感情を集めてオマエラスの力を増強させることだったのだ。

倒した教団幹部の手帳に書かれた内容によれば、次の演説の地は王都パミール

教祖イシュワルダの野望を阻止すべく、一行は王都へ向かうこととなる。

 

なおこの一件で主人公達は四つ角街道のエラス教信者から目をつけられてしまう。見かけるなり襲ってくることがあるので注意。

刺客現る

受注場所 蒸気機関車
説明

蒸気機関車に乗り王都へ向かう途中。初めての列車ということで、レレカはどこか楽しげである。

だが景色や会話を楽しむ最中、突如車窓をぶち破って現れた敵の刺客に襲撃されて──

クリア条件 魔病患者ワイラの全滅
報酬 怪しいアンプル
補足 当たり外れの差に定評のある蒸気機関車の勤務員だが、一応皆プライドがあるためか、このクエストでは魔物退治に協力してくれるぞ。
クリア後

ワイラ達を撃破した一行だったが、それは何処からか主人公達を抹殺しようと刺客が次第に送り込まれているということを示していた。

迫り来る危機への決意を胸に、一行は帝都へと向かう。

……襲われてもなお、レレカは案外旅行気分が抜けていなかったけれど。

帝都パミール

受注場所 帝都パミール 
説明

いよいよ帝都に辿り着いた一行。

街の観光もそこそこに、住民からは「変な集会があちこちで開かれている」、「目の色を変えて街を飛び出す人々が多発している」との情報を得る。

実際エラス教団らしき不審な人物が散見されるパミールの街。一行はその本部を突き止めるべく探索することに。

クリア条件 3箇所で行われているエラス教団の集会を中断させる。
報酬 なし
補足

このクエストはサン駅に着いた段階では発生しない。

その辺の住民に3回程度話しかけ、上記のような会話をした後に開始される。会話は大事。


集会の壇上では、エラス教団幹部が例の演説をおっ始めている。

それを妨害し、信者やリーダー格の幹部を倒せばOK。

クリア後

やはり演説が洗脳手段だったようだ。幹部をノックアウトした途端、それまで真剣に聞き入っていた聴衆は我に返る。

最後の演説会を妨害し幹部に問い詰めると、教祖イシュワルダはパミールの丘で何やらよからぬ事を企んでいるようで……?

丘を越えて

受注場所 パミールの丘 国立公園入口
説明

パミールの丘は既にエラス教徒達の溜まり場となっていた。

穏やかな国立公園の敷地も無惨に踏み荒らされており、ただ者ではない雰囲気をひしひしと感じる中、不気味な男が丘の奥地に向かっていったとの話を聞くが──

クリア条件 天底の教会にたどり着く
報酬 なし
補足

様々な性格の信者がいるが、こちらの顔を見るなり突っかかってくる過激派も割といるので注意。

また中には別宗教の天魔の殉教者が紛れ込んでおり、主人公達そっちのけで乱闘騒ぎをしている姿が偶に見受けられる。


教会の場所は分かりづらい。たくさん話しかけてヒントを集めつつ探索しよう。

クリア後

何とか教会の入口に着くと、地下からは怪しげな瘴気が漂ってきた。

エラス教団の野望を打ち砕くべく、主人公達は教団本部へと乗り込む。

打倒! エラス教団!

受注場所 天底の教会 入口
説明

教会の地下祭壇へ足を踏み入れると、底には不穏なオーラを纏った異形の像相手に祈りを捧げ続けるイシュワルダの姿が。

主人公達の存在に気付いた彼は主人公達の指輪を見るや否や、血相を変える。

魔王様に授けるこの力! 恐るべきその一部をとくと見せましょうぞ!

猛々しく叫んだ彼は信者からかき集めた瘴気を取り込み襲いかかる。

クリア条件 イシュワルダの撃破
報酬 オマエラス軍の証
クリア後

激しい戦いの末にイシュワルダは撃破され、教団は壊滅。洗脳されていた信者達も正気を取り戻して普通の生活へと戻って行った。

これで一件落着。そう思って地上に出た時、主人公の指輪から光の線が放出され、とある一方行を指し示す。

地図によると、どうやらこの光線はストゥーレの大樹を指し示しているようだが……?

魔拳習得

受注場所 ストゥーレの大樹
説明

光に導かれ、主人公達はストゥーレの大樹へと帰ってきた。

クリア条件 ストゥーレの大樹を調べる
クリア報酬 主人公が「魔拳 レッド・ストレート」を獲得
補足 天底の教会付近に立っている風の案内人に話かけると、「丘を荒らしていた連中を追っ払ってくれたお礼」と称してストゥーレの大樹まで連れて行ってくれる。移動時間が短縮されるのでオススメ。
クリア後

指輪と大樹がリンクして、謎の魔拳の術式に目覚めた主人公。

やって来た長老の話によれば、それは過去の八英雄が取得していた伝説の魔拳の型で、指輪に選ばれし者しか扱えない技なのだという。

オマエラス討伐には、この伝説の魔拳ワザが必要のかもね?

新たに有力な情報を得た主人公達は、改めて本格的に残りの指輪の所有者を探す旅に出ることとなる。

新たな世界へ

受注場所

王都パミール 図書館

説明

宗教騒ぎも収束し、ひとまず平和が訪れたノア王国。指輪の所有者を探して宛もなく放浪する一行は王都パミールに戻った。

指輪は世界中に散らばっている可能性が高い

との長老の言葉を聞き、図書館で外国の情報を仕入れることに。

その最中、新聞に目を通していたレレカはいきなりヤノサト王国に興味を示す。

ヤノサト王国ってこの辺じゃ一番大きな国なんでしょ? だったらさ、そこに指輪の持ち主が2〜3人くらいいるかもしれないじゃん! ね、行こうよ行こうよ!

やたら元気よくせがんでくるレレカ。その提案に承諾すると、嬉しそうにはしゃいで駆けて行く。

 

やった〜! ヤノサト王国っ! 年に一度のお祭りなんて楽しそうだし、行ってみたかったんだよね〜!

…………。

……残された新聞の一面には、近々ヤノサト王国で開催される大規模な『ヤノサト祭』の記事がデカデカと載っているのだった。

クリア条件

アニヒレート海軍基地 定期船案内所に到着する。

報酬 ヤノサト王国のパンフレット
補足

ヤノサト王国に行くかをレレカに Yes or No の2択で問われるが、断り続けても最終的には押し切られる。その際は諦めよう。

クリア後

そんなこんなで港に到着した一行は、早速ヤノサト王国へと向かうことに。

傍らのレレカはもはや祭りで遊ぶ気満々だったが、何はともあれ船は出航。主人公達は新たな世界へ足を踏み入れることになる。

 

ヤノサト王国編1】→

詳細情報

後で詳細決まり次第追加