ボロボロの日記

ページ名:ボロボロの日記

 

〇月◆日 ✖曜日
同じ内容の夢を見る
まだ忘れられないのか
気分転換をしてもダメだ
根強く残ってやがる
さてどうしたものか
また同じ結末を繰り返すのか
身勝手な神が下した罰は
どうも俺を許さないらしい

〇月✖日 ▼曜日
この場所に居たくない
脱走でもしてやろうか
忘れられないのは記憶だけじゃねぇ
魔法の使い方は覚えている
何が剣士だクソッタレ
俺には魔法があるじゃないか

〇月★日 ◆曜日
いよいよ作戦決行だ
俺が居なくても代わりは居るからな
俺よりちょっと上のヤツが犠牲になるだろう
人間の醜い所をかき集めたココは
もう必要無い
剣をまともに持てない俺には
アイツらを倒せる確証が無い
さてどうする

〇月▼日 ★曜日

行き当たりばったりだったが成功した
魔法を駆使して逃げ出せた
少しイヤな事を思い出してイラついた
狂暴な魔物の巣に突っ込んじまったバカを演じて
わざと死んだように見せかけた
この魔物はニオイで獲物を探す
俺はコイツと同じ種族を見たことがある
ざまぁ見やがれ
騎士なら勝ってみせろよ
プライドだけは一人前な騎士さんよ

★月〇日 Θ曜日
あれから間が空いた
未だにあんな所にいた頃を思い出す
あぁクソッタレめ
別人になるのは難しかったが
特に思い入れも無い
せめて自分だけは忘れないように
名前だけは変えずにいるか
顔の皮も剥いだ
髪の毛は血で真っ赤に染めた
体系も以前とは変わった
だが
声とか遺伝子とかは変わらない
別の誰かになりたかったが
また同じ境遇になるのなら
このままでいいか

$月Ж日 Ω曜日
頭が痛い
いっつもこんな感じだ
イヤな事を思い出す時に限ってこうだ
生まれつきのハンデというヤツか
変な輩に絡まれるし
テメェらが生きてんのは
俺が頑張ったからだろ!
って
言ってやりたい
まぁ
信じてくれねーだろうがよ

月※日  曜日
帰りたくなかったが
俺の名前が出ていたことを知った
誰がやった?
確かに告発の証拠は集めたが
バラすのは面倒だったからやめた
王国に帰ってビックリしたぜ
ほとんど死んだってよ
騎士団のヤツらも
バカな親も
生き残ったのは弟だけ
ざまぁみやがれ

月 日   曜日
弟に会ったが
すっげぇ強くなってやがった
毒親だったから親の情は知らないらしい

騎士になれないお前は家族の恥だって言われたらしい
実の兄も魔物に襲われて死んだってよ
今日から俺が兄貴だ
弟には情があるからな
寂しかっただろ

HJ月$4日 SニミE曜日
今日はいつにも増して頭が痛かった
急に飛び出して心配かけたか?
ボロボロの天使がいたから拾った
黒い羽根の女の子だ
可憐って感じだな
あー頭が痛い

✖月◆日  ★曜日
ひっさしぶりにコイツを見つけた
頭痛とかは治った…とは言えない
とりあえず
彼女がいれば全部忘れられる
過去のトラウマも
ボロボロのメンタルも
傷だらけの身体も
前世のことも
ゼーンブ
忘れられる
あぁまた頭痛だ
やめろ
痛い

苦しい

嫌だ

助けてく

彼女だ
彼女が 来てくれた
もう 大丈夫だ

 

ボロボロの日記