クエスト - 夜想曲

ページ名:ノクターン

夜想曲

受注場所 黄泉比良坂
受注人物 アリア
受注条件

あの世解放済み

前のクエストをクリア

モアになっている

種別 サブクエスト(夜限定)(大規模)
説明

白い光に包まれた2人はあの世の入り口『黄泉比良坂』に到着する

2人はあの世を巡り、何を見るのか

アリアが言った 『前世からの繋がり』とは?

そしてモアに迫る影は一体…

報酬

500000G

確定3レベルアップ

詳細情報

クリア条件は全ての条件を達成することであり その条件は以下のとおりである

 

  • 三途の川で奪衣婆と懸衣翁を倒す
  • 黄泉闘技場で10連勝
  • 奈落街の観光 (奈落資料館に行く)
  • 転生庁でアリアと会話

である

これをこなしていくごとにアリアからいろいろな話が聞ける

そして最後は再開湖に行くのだが…

この先ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ目の奪衣婆と懸衣翁を倒すとアリアから「もうこの2人に会うのも何十回目」ということが聞ける

 

二つ目の黄泉闘技場を10連勝すると「最初に貴女と来たときはこんな場所なかったのに」などといった話が聞ける

一体何代前からこの関係なのだろうか

 

三つ目の奈落資料館では奈落の歴史とまじえて 自分たちがいつからこうなったのかを聞くことができる しかし理由はまたあとで だそう

ネタバレ+-ネタバレ

 

実は2人がこうなったのは600年前かららしく

その長い歴史のなかでこの関係のことをモアに喋ったのは今回が初めてらしい

何故今回が初めてなのか それは毎回モアの親の教育が厳しかったり 環境に問題があったりと 語ったところで何か進展があると思えなかったからだそう

 

 

四つ目の転生庁ではアリアは職員に知り合いがいるらしく

融通を利かせてもらい資料室へ

そしてそこでなぜ度重なる転生と変わらない関係が維持されているのかが語られる

+ネタバレ-ネタバレ

その昔、天界は神仏習合も済んでおらず、いまだ西洋天界では悪魔と天使との戦争が続いていた

 

当時モアは最初は高位の天使で アリアはその部下だった

彼女たちは天界(当時の西洋の浄土のこと 俗に言う天国)でも1、2を争うほどパートナーとしての仲がよく、悪魔退治の腕前もかなりのものだったという

 

しかしそんなある日 高位の悪魔との戦いでアリアが瀕死の重傷を負ってしまう

 

アリアはモアのサポートに徹しており、魔力が尽きかけたところを狙われたのだった

 

当然体力もないため回復魔法は使えない

なら、モアが回復すればいいのではないか?

しかしモアは戦闘タイプで、回復技は普通より習得が難しい

それにモアもアリアに回復を頼りきりだった お互いを信頼しきっていたからこその悲劇だった

 

もう助からないと悟ったアリアはモアに最期の遺言として「何百年経っても 何万年経っても一緒にいてください」と頼みこんだ

それを受け取ったモアは悪魔を渾身の力で倒し、アリアの亡骸とともに当時の天界総省に帰り、

自身の位にモノを言わせ、転生を司る神に頼み込んだ

三日三晩による説得のすえ、とうとう転生神は折れ

未来永劫2人がどの環境 生物になろうと 友好的な関係を築けるようにしてくれた 

このことは当時の転生神がしっかりと書物に記しており、当時の最高神たちもそれを快諾した というのがモアとアリアの関係のいきさつである

 

 

再開湖での会話

 

アリアは最後にモアを再開湖に連れて行った

ここでは 死んだ人物と会うことができる また、自分の前世を見ることもできる

 

アリアとモアはずっと自分たちの前世を遡っていく

和服を着ていたり ドレスだったり あるいは鎧を装着していたりと 様々な2人が映るなかで、湖に映る2人の立ち位置や関係 やる気に満ちた表情はいつの時代も変わらなかった