ジャック・オ・ランタンの噂話

ページ名:ジャックオランタンの噂話

 

ーー週刊 鉄人の胃袋

古来よりノア王国ではカボチャは民を助けてくれるありがたい作物として利用されてきた事は皆さんご存知だろう。

厳しい冬をノア王国が乗り越えてこられたのは、ひとえにカボチャのおかげといってもいい。

 

なにせ収穫してから保存したほうがおいしくなるし、栄養豊富ときているんだからカボチャは神に与えられた神聖な食べ物だと思われているくらいだ。

食べれば血行が良くなり体を温め、実はパイにもパンにもスープにも。種は炒って高カロリーな保存食にできる。

 

そしてノア王国の民のユニークな所は、残ったくり抜かれたカボチャまでも有効活用しようと家族の霊が取りつき、秋に1度の大規模なお祭りが行われる事だ。

こうしてノア王国ではカボチャへの感謝が先祖から受け継がれてきているのである。

ノア王国とカボチャは切っても切り離せない関係にあるのだ。

 

それにしても、死してなおカボチャに取り憑くとは、いやはや凄まじいカボチャ愛である。