エリア - 天羽街

ページ名:天羽街

天羽街

天羽街

恩国の凰山のやや南、土皇街の西にある商売の盛んな街。

恩の建国者である黄帝が統一を進める途中、鳳凰と賭けをして、黄帝の射った20本の矢のうち、たった一つでも鳳凰に当てることができるか競った。しかし太陽の化身である鳳凰は体を光らせて黄帝の目を眩まし、最後に射った矢が鳳の体から抜けた羽に当たって、街の塔に刺さった。この羽は腐らず光り続け、街は常に昼のように明るかったので、これを利用してますます街は栄えた。

恩の成立に従って新しく建設された土皇街と違って自然と人が集まって造られた街であり、自由な経済が行われていて、一日中店は開かれ、街は拡張を続けている。

そのため、街を回るには複雑な道を行かねばならず、慎重に動かなければ問答無用で迷子である。

危険度

—関連キャラクター

  •