クエスト - 禁忌の戒封

ページ名:禁忌の戒封

禁忌の戒封

受注場所 堕天楼 最上階
受注人物 なし
受注条件 破戒天使の絶対儀式】クリア
種別 サブクエスト
説明

儀式の完了を目前にして、いよいよルシファルは本性を剥き出しにし始める。

パンドラ達の快進撃を止められずに退避して来た直属の部下アビジン達を用済みとばかりに儀式の生け贄へと捧げる暴挙に出た挙げ句に強奪した禁忌のカケラのエネルギーをも使用し儀式を完遂。

不気味なが暗雲立ち込める最中、稲妻と地響きが轟き、遂に破戒天魔 サリエルムが召喚された。

 

やがて駆けつけてきたパンドラ達に、自分が堕天使を越え、神をも操る真の神になったこと、そして天界のみならず全世界を手中に納め、自らが創造主として世界を導いていくことを宣告すると、邪神の力を完全に我が物にするための最終儀式として、パンドラ達との決闘を開始する──

報酬 契約の履行書

詳細情報

禁忌の解放】のパンドラ戦を彷彿とさせる、堕天楼の頂上でのボス戦。

ボスは冥星の堕天使 ルシファル。1つ1つの一撃が重く、またHPを回復する効果を持った特殊ワザを多様してくる強敵。詳細については項目参照。

 

 

 

 

 

 

 

パンドラ達に撃破され、邪神の力を得るための儀式が不完全となっあにも関わらず、ルシファルは執念深く祭壇へと向き直る。 

戦いの様子を観賞していた邪神は決闘の敗者となったルシファルを蔑むような視線で見下ろし、その力を授けようとはしなかった。

焦るルシファルは最終手段として闇のアイテム契約の履行書を発動。儀式召喚した魔物を強制的に使役できる履行書の効果で、邪神を無理やりコントロールしようと試みるのだが……?

 

 

 

 

 

←【SIXTH QEST