職業 - 腕利き陰力陰陽戦士

ページ名:腕利き陰力陰陽戦士

腕利き陰力陰陽戦士

見習い陰陽戦士のレベルを15上げ、陽のお守りより陰のお守りを2割ほど多く使っている事で転職可能。

とうとう妖魔払いスキルを入手した。これによりジャポン内での移動が格段に安全になった。

恒例のステータスの変化だが少し攻撃的に伸びたとしか言えない。

陰力の威力が上がり、陽力の効果が下がった。そして陰力を使う時に魔力を消費しなくなった。

追加されたスキルにより無駄な戦闘を減らせるようになったので擬似的にHPが増えたとも言える。

なお腕利きでは他人に妖魔払いを掛けることができない。対人戦が向いている。

ステータス
HP MP POW SPD ST MEN LU
B C A

B

B B C
特殊能力
能力名 効果
取得条件
陽のお守り・腕利き

陰陽術によって作られる陽力の一枚の加護を自分に張る。張っている間魔物からのダメージを物理魔法関係なくまあまあ減らす。

そして周りにいる人間のHPをまあまあ回復し続ける。

一度生み出すと現実時間30分ほど効果が続く。腕利きでは三枚までしか維持できない。

最初から入手済み
陰のお守り・腕利き・陰力陰陽戦士

陰陽術によって作られる陰力の一枚の加護を自分に貼る。張っている間人間からのダメージを物理魔法関係なくかなり減らす。

そして周りにいる人間へかなりダメージを与え続ける。MPを消費しない。

一度生み出すと現実時間30分ほど効果が続く。腕利きでは三枚までしか維持できない。

最初から入手済み
敵はここにあり・腕利き

人間の敵に微弱な陰力を与え続け、妖魔の敵に微弱な陽力を与え続けヘイトを集める。

さらに操作に磨きがかかり、ヘイトをかなり集められるようになった。

陰力と陽力を同時に使うことはできない。

最初から入手済み
妖魔払い・腕利き

陰陽力を霧のように被り、敵を近づけさせない。

陰力の場合、同レベル以下の人間は自分を避ける。

陽力の場合、同レベル以下の魔物は自分を避ける。

Lv.15で取得

 

特殊能力を追加するときは一番下のセルを右クリック→行→行を下に挿入
2段にしたらめんどくなってしまったすまぬ多かったら能力名を右クリック→行→行を削除