トレーニング02

ページ名:トレーニング02

トレーニング02

2021年07月28日のアップデート v1.18.13.0 以前の古い内容です。



2.Attitudes & Instruments
航空機の姿勢と計器

このページの最後に過去の記事【トレーニングを開始すると墜落することの対処方法】を載せています。
今後のアップデートで同じようなことが発生した場合の対応に使えるかもしれませんので。



この動画では教官の言葉など表示と音声を日本語に入れ替えています。
表示と音声を日本語に入れ替える方法は「表示と音声を日本語化」を御覧ください。

女性教官音声:CeVIOプロジェクト「 さとうささら」






2. ATTITUDES & INSTRUMENTS
The fundamentals of flight management
2. 航空機の姿勢と計器
フライトマネジメントの基礎




TRAINING
Attitude + Power = Performance.
In this training session, you will explore the core fundamentals of flying:
トレーニング
航空機の姿勢+パワー = パフォーマンス。
このトレーニングセッションでは、飛行の中心となる基礎を学びます。

・Learn the main attitudes of flight
飛行の主な姿勢を学びます。

・Change pitch attitude to control speed
ピッチで機首の上下姿勢を変えてスピードをコントロールします。

・Adjust the power to control the rate of climb/descent
上昇/下降の速度を制御するためにパワーを調整します。

・Read indicators of aircraft performance on the instrument panel
計器パネルで航空機の性能を示す指標を読み取ります。

Flight Duration  07min
飛行時間 07分




In this training you will learn about the following.
1 - AIRSPEED INDICATOR
2 - ATTITUDE INDICATOR
3 - ALTIMETER
4 - TURN & SLIP INDICATOR
5 - HEADING INDICATOR
6 - VARIOMETER
7 - TACHOMETER
この研修では、以下のことを学びます。
1 - エアースピード(対気速度)インジケーター
2 - アティチュード(姿勢)インジケーター
3 - アルチメーター(高度計)
4 - 旋回&スリップ(横滑り)インジケーター
5 - ヘディング(機首方位)インジケーター
6 - バリオメーター(昇降計)
7 - タコメーター(エンジン回転数計)


ワンポイントチップス
When switching to a descent attitude, remember to reduce power first to avoid overspeeding your engine.
下降姿勢に切り替えるときは、エンジンをオーバースピードにしないように、まずパワーを落とすことを忘れないでください。

Don't worry, your Trainning Instructor is there to help throughout the flight.
ご心配なく、あなたのトレーニングインストラクターがフライト中ずっとサポートしてくれます。

Use the Instrument Camera to take a closer look at your instruments.
計器カメラを使って、計器を詳しく見てみましょう。

To fly with a cruise attitude, align your cockpit just below the horizon.
巡航姿勢で飛行するには、水平線のすぐ下にコックピットを合わせます。

A normal turn is up to 30° of bank.
通常の旋回はバンク角(機体の傾き角度)30°までです。

The angular difference between an airplane's axis and the natural horizon.
航空機の軸と自然の地平線との角度差がバンク角です。

Training missions teach new techniques, but you will need to practice on your own in order to perfect them.
トレーニングミッションでは新しいテクニックを教えてくれますが、それを完璧にするためには自分で練習する必要があります。

Stall speed is slowest speed a plane can fly to maintain level flight.
ストール(失速)スピードは、航空機が水平飛行を維持するために飛行できる最も遅いスピードです。






THE INSTRUCTOR IS CURRENTLY FLYING THE AIRCRAFT.
現在航空機はインストラクターが操縦しています。

Today we're talking about Attitude of flight -- how your plane is oriented, relative to the horizon.
今日は飛行の姿勢についてお話しします - 航空機が水平線に対してどのように向き、角度を変えているかです。

If you look outside, you can see the cockpit is just about 4 inches below the horizon line...
外を見ると、ダッシュボードの上のラインが地平線から4インチほど下になっているのがわかると思います...

We're flying straight, with a decent rate of speed...
現在正常な速度でまっすぐ飛んでいます...

【CONTROL REFERENCE LIST】
・A QUICK REFERENCE GUIDE OF BASIC CONTROLS IS AVAILABLE FROM THE IN-FLIGHT OPTIONS MENU, OR BY PRESSING [CTRL+C]

【制御参照先リスト】
・基本的なコントロールの簡単な参照ガイドは、フライト中でもオプションメニューから、または [CTRL+C] を押すことで表示されます。


This is the Cruise Attitude. Let's see how it reads on your instruments.
これがクルーズ(巡航)の姿勢です。計器で確認してみましょう。

【UNDERSTANDING CRUISE ATTITUDE】
・TO FOCUS ON INSTRUMENTS, PRESS CTRL+1

【クルーズ(巡航)中の飛行姿勢の理解】
計器に焦点を合わせるには、「Ctrl+1」を押してください。




Take a look at the Attitude Indicator.
アティチュード(姿勢)インジケーターの表示を見てみましょう。

As the name implies, it shows your current Attitude. The white line is the horizon, with the sky above and the ground below.
その名の通り、現在の自分の姿勢を表しています。白い線は地平線で、上は空、下は地面です。

That orange element in the middle, aligned with thehorizon, that's your plane.
真ん中のオレンジ色の表示が 地平線に沿って配置されています。それが機体を表しています。

Just like we saw outside, our current attitude reads pretty much straight and level.
外から見たらよく分かるのですが、今の機体の姿勢はかなり真っ直ぐで水平です。




「CTRL+3」を押すとこの画面になります。
「CTRL+1~9」までを押して、どんな画面になるのか後で試しておいてください。
ちなみに「CTRL+2」は自分の席から右を見た画面になります。


Okay, now let's see how much power the engine's generating. Check your Tachometer.
さて、エンジンがどれくらいのパワーを出しているか見てみましょう。タコメーター(エンジン回転数計)を確認してください。

Looks like we’re pushing around 2300 revolutions per minute.
1分間に2,300回転くらいになっていることがわかります。

Combined, attitude and engine RPMs translate to air craft performance.
姿勢とエンジン回転数が組み合わされて、航空機の性能が発揮されます。




「CTRL+1」を押してこの画面に戻しましょう。

Which leads us to your Airspeed indicator...
この計器が対気速度インジケーターです...




Now, last but not least, check your Altimeter...
さて、最後になりましたが、高度計で現在の高度を確認してください...

To figure out your altitude, you always want to read the small needle first. That's how many thousands of feet up you are. Then on to the big needle for the handreds.
自分の高度を把握するためには、常に短い針を先に読みます。それは何千フィート上にいるかを表します。その後、百の位を示す長い針を読みます。

With our current attitude and power output, we're holding a speed of 90 knots and a stable altitude of 6000 feet.
現在の姿勢と出力では、90ノットの速度と6,000フィートの安定した高度を維持しています。

But that's about to change. Take the stick when you're ready.
それでは、変化させてみましょう。準備ができたらヨーク(操縦桿)を持ってください。

UNDERSTANDING CRUISE ATTITUDE
・RETURN TO NORMAL VIEW WITH [A2]

クルーズ(巡航)・アティチュード(姿勢)の理解
「A2」(ヨークの左親指の上下スイッチの下)で通常表示に戻ります。

PRESS [A2] TO RESET THE CAMERA
「A2」(ヨークの左親指の上下スイッチの下)を押してカメラをリセットしてください。




Pull back slightly on the Yoke to raise the nose just above the horizon line... about 2 inches.
ヨークを少し引いて水平線の真上、だいたい2インチくらいまでノーズを上げてください。

Make sure you don't pitch-up too much, or the angle will be too steep to create lift -- and without enough lift, we'll stall.
ピッチを上げすぎないようにしてください。角度が急になりすぎて揚力が得られなくなります。十分な揚力がないと、失速します。




Alright. Go full Throttle and start climbing.
良いですよ。フルスロットルにして上昇を始めてください。

【UNDERSTANDING CLIMB ATTITUDE】
・AIM AIRCRAFT NOSE ABOVE HORIZON
・INCREASE THROTTLE TO FULL [JOYSTICK L-AXIS Z]

【上昇姿勢を理解する】
・水平線の上に機首を上げてください。
・スロットルをいっぱい(フルスロットル)に上げてください。「ジョイスティックL-AXIS Z」

この時にすでにスロットルがフルになっていた場合は、一旦少しだけスロットルを下げてからフルにしてください。




Welcome to the Climb Attitude.
上昇姿勢になりました。

See how it shows up on your Attitude Indicator and Tachometer?
姿勢計とタコメーター(エンジン回転計)にどのように表示されるかを見てみましょう。

According to your Altimeter, we're gaining Altitude.
高度計を見ると高度が上がって行っていることがわかります。

But we're losing airspeed, even at full throttle. Proving you can't avoid basic physics while making a climb.
しかし、フルスロットルでも対気速度が落ちてきています。上昇中も基本的な物理学を避けられないことを証明していますね。

Okay, efore we go on, let's get back to a Cruise Atitude.
さて、次に行く前にクルーズ(巡航)の姿勢に戻しましょう。




Ease up on the Yoke and aim your nose just below the horizon. Then Throttle back down to 2300 RPMs.
ヨークをもとに戻して、ダッシュボードの上端が水平線のすぐ下になるよう機首を下げてください。そして2,300回転になるようスロットルを操作します。

・AIM AIRCRAFT NOSE JUST BELOW HORIZON
・ADJUST THROTTLE TO 2300 RPM

・地平線のすぐ下に機首を向けてください。
・スロットルを2300 RPMに調整してください。

YOU'VE LEFT THE TRAINING AIRSPACE, YOU NEED TO GO BACK.
訓練の飛行空域を離れています。戻ってください。

この表示がでたら訓練空域から出てしまっていますので引き返しましょう。
私も何をして良いのかわからずもたもたしていてよくこの表示を出してしまいました。

ALTITUDE TOO LOW, PULL UP AND GO FULL THROTTLE TO GET BACK TO A HIGHER ALTITUDE.
高度が低すぎます。フルスロットルにして機首を上げてください。高度を上げましょう。

フルスロットルにしても回転数が2300RPMまで上がらない場合は機首を下げて速度を上げる必要があります。
でも高度が低くなりすぎるとこの表示が出てしまいますので、高度には十分注意してください。




Nice job. We're now set up with the same attitude and power we had at the top of our lesson.
いい感じです。これでレッスンの最初と同じような姿勢とパワーにセッティングできました。

Next up is the Descent Attitude.
次は降下の姿勢です。

Start by erducing your RPMs to 1800...
エンジンの回転数を1,800に落とすことから始めましょう。

Then drop the plane's nose a bit further below the horizon.
そして機首を水平線より少し下に降ろしてください。




【UNDERSTANDING DESCENT ATTITUDE】
・AIM AIRCRAFT NOSE FARTHER BELOW HORIZON
・REDUCE THROTTLE TO 1800 RPM

【降下姿勢の理解】
・地平線の下に機首を下げてください。
・スロットルを1800回転まで下げてください。

As expected, with a nose-down attitude, our altitude is decreasing while our speed is picking up.
予想通り、ノーズダウン(機首下げ)の姿勢では、速度が上がって高度が下がって行きます。

Why don't you get us back to a Cruise Attitude and we'll hit the last part of our lesson.
クルーズ(巡航)の姿勢に戻してください。レッスンの最後を行いましょう。




・AIM AIRCRAFT NOSE JUST BELOW HORIZON
・INCREASE THROTTLE TO 2300 RPM

・地平線のすぐ下まで機首を下げてください。
・スロットルを上げてエンジン回転数を 2,300 RPMに上げてください。

There we go... Now that we know how to Cruise, Climb and Descend, let's talk about the Turn Attitude.
さあ、次に行きますよ... 巡航、上昇、降下の仕方が分かったところで、旋回姿勢について話をしましょう。

Gently pull the yoke left or right to start rolling the plane.
ヨークを左または右にゆっくりと回すと、機体がロール(回転)し始めます。




【UNDERSTAND TURN ATTITUDE】
・MOVE YOKE LEFT OR RIGHT TO ROLL THE AIRCRAFT

【ターン(旋回)姿勢を理解する】
・ヨークを左または右に回して機体を回転させます。

If you take a look outside, you can see how our attitude's changed. But you can also check your instruments for the details.
外を見ると、機体の姿勢がどのように変わったかがわかります。詳細については計器を確認しましょう。

As a general rule, you always want to keep your turns under 30 degrees.
原則として、ターン(旋回)時のロール(回転)角度は常に30度以下にします。

At the top of your Attitude Indecator, there's series of notches representing 10 degrees each. Use 'em to control your roll!
姿勢インジケーターの上部には、それぞれ10度を表す一連のノッチがあります。 ロールを制御するためにそれらを活用しましょう。

Notice, the more you turn, the more you need to pull back on the yoke to maintain altitude. When you're rolling out, you'll need do the opposite: roll and push at the same time.
注意点としては、曲がれば曲がるほど、高度を維持するためにヨークを引く(機首を上げる)必要があります。ロールアウトする(旋回を止めて水平飛行に戻る)ときは、逆にロールとヨークプッシュ(機首を下げる)を同時に行う必要があります。

The more you know about the main attitudes of flight, the closer you get to that 'Pilot State of Mind.' So keep practicing -- and whenever you're done, pass me the controls.
フライトの主な姿勢を知れば知るほど、その「パイロットの心の状態」に近づくことができます。ですから、練習を続けてください。終了したいときはいつでも、私にコントロールを渡してください。




・TO DELEGATE AIRCRAFT COTROLS, PRESS [CTRL + ALT + X]
航空機の操縦を任せるには、「CTRL + ALT + X」を押してください。
トレーニングが終了します。

Thanks. I've got control now. Well done.
了解しました。それではここからは私が操縦します。お疲れさまでした。






Understanding Cruise Attitude
・Use the Instrument Camera
・Take control of the aircraft

クルーズの姿勢を理解する
・計器カメラを使用する
・航空機のコントロールを行う

Understanding Climb Attitude
・Aim aircraft nose above horizon
・Increase throttle to full
・Aim aircraft nose just below horizon
・Adjust throttle to 2300 RPM

上昇姿勢を理解する
・機首を水平線より上に向ける
・スロットルを全開にする
・機首を水平線のすぐ下に向ける
・スロットルを2300回転に調整(水平飛行に戻る)

Understanding Descent Attitude
・Aim aircraft nose farther below horizon
・Reduce throttle to 1800 RPM
・Aim aircraft nose just below horizon
・Increase throttle to 2300 RPM

降下姿勢を理解する
・機首を水平線よりも下に向ける
・スロットルを1800回転まで下げる
・機首を水平線の直下に向ける
・スロットルを2300回転まで上げる(水平飛行に戻る)

Understanding Turn Attitude
・Move yoke left or right to roll the aircraft
・Give the controls back to your instructor

ターン(旋回)姿勢を理解する
・ヨークを左または右に回して機体を回転させて旋回する
・インストラクターにコントロールを返す

Complete Basic Attitudes & Instruments Training
航空機の姿勢と計器トレーニング完了しました




【過去記事】


【トレーニングを開始すると墜落することの対処方法】
v1.14.5.0 で、トレーニング02を開始すると、教官の操縦でそのまま墜落してしまいます。
日本語化は関係ありません。
日本語を入れずに英語のままでも墜落します。

トレーニング01では墜落せず教官が操縦してくれるので、それぞれのFLTファイルを見比べて
書き換えては試験飛行を繰り返し、やっと対処方法を見つけました。

「あなたの場所 \Official\Steam\asobo-flight-tutorials-basicinstruments\
  Missions\Asobo\Tutorials\BasicInstruments\T02_BasicInstruments.FLT」ファイルをテキストエディタで開く

以下のように書き換えてください
waypoint.0=, , , CUST0, U, N34ー 52' 49.7", W111ー 44' 31.2", +006100.00, , , , , , , , , 90 
Waypoint.1=, , , CUST1, U, N34ー 51' 41.3", W111ー 50' 13.5", +006100.00, , , , , , , , , 90
  ↓ 書き換え(うしろのパラメータを削除のみ) ↓
waypoint.0=, , , CUST0, U, N34ー 52' 49.7", W111ー 44' 31.2", +006100.00,
Waypoint.1=, , , CUST1, U, N34ー 51' 41.3", W111ー 50' 13.5", +006100.00,

このように後ろのパラメータを削除するだけで直るようです。
トレーニング01でも同じように後ろのパラメータはありませんので、他に影響することは無いと思います。