†KONDOUISAMI† (DK)

ページ名:KONDOUISAMI

†KONDOUISAMI†

全試合記録へ
コメント欄へ

Illust1:みそスーフ。 さん
Illust2:せわいお さん
素敵なイラストありがとうございます!

Profile
キャラクター ドンキーコング
カラー 第1回一触即死~:茶 (デフォルト) 第6回: CPUレベル (即死):Lv.1、(本戦):Lv.9
立ち絵 第4回一触即死:上B時
掛け声 第4回一触即死:スマッシュ時?
肩書き 第5回一触即死:一触即死最強の漢
●出場記録 ◯成績
第1回一触即死 優勝
第6回大会 17位タイ (WINNERS側3回戦敗退→LOSERS側3回戦敗退)
第2回一触即死 3位 (準決勝敗退→3位決定戦勝利)
第7回大会

ベスト8 (2回戦敗退)

チーム:新撰なゲイ (†KONDOUISAMI† & 綺麗なゲイ)

第3回一触即死

優勝

チーム:†にょ† (†KONDOUISAMI† & にょ)

第4回一触即死 3位 (決勝戦3位)
第5回一触即死 優勝

「忘れてはならぬものは 恩義」

第1回一触即死トーナメントから出場しているドンキーコング。愛称は「近藤」、「近藤勇」、「勇」など(ひらがなやカタカナ、ローマ字表記もある)。自滅やステージギミック、アイテムでバーストすることが多い一触即死で、派手な一撃で試合を自ら決めにいき勝ち進む姿から「一触即死の帝王」や「一触即死最強の漢」と呼ばれる。
ちょこにゃと並んでレベルを変更された経験を持つ珍しい選手。名前の前後の「†」は、ダガーや短剣符と呼ばれる記号。


第1回一触即死~第2回一触即死+第1回一触即死~第2回一触即死-

1回戦はシードとなり、初陣となった2回戦を最大溜めジャイアントパンチ一撃で終わらせる。この時点でLv9ドンキーより強いのではないかと期待され始める。続く準決勝もジャイアントパンチ最大溜めにより相手を一撃で葬り、決勝では全ての大会を通して初の2本連取を果たす。見事第1回一触即死トーナメントの優勝者となった。

名前のインパクトが強いだけの出落ちに終わらず、むしろLv9でもなかなかクリーンヒットできないジャイアントパンチを的確に当てる好プレーや、竜巻に相手を押し込む、いにしえの王国の落ちる台から上Bで復帰するなどと言ったいぶし銀のテクニックが光り、見事第6回大会への参加権を手にした(Lv9での参戦である)。

前回優勝者なので、当然第2回一触即死の出場権を得た。なおかつ唯一のシード選手となり、2回戦第1試合で片翼のチンポコメロン∋男爵と対戦。冷静にパンチを溜めると、相手と重なったタイミングで下Bを決めバースト。これぞ一触即死、という鮮やかな勝利を収めた。

続く準決勝では前回最弱のてぽドンと対決。勝つと思われていたがまさかの前投げでバースト。ジャイアントキリングが起こってしまった。その後3位決定戦では、前回大会決勝で戦ったバロンムッコロス二等兵と再び合間見えついに炸裂したマックスパンチでバースト。今大会は3位で幕を閉じた。


第3回一触即死~第4回一触即死+第3回一触即死~第4回一触即死-

第3回一触即死ではにょとチームを組む。初戦は「叫び続けるennjeru」と対戦。この試合は上Bを連発し、にょに当てつつも叫び続ける娼婦をバースト。ennjeruの投げで自身はやられてしまったが、にょがennjeruを後ろ投げでバーストさせたことにより勝利。

準決勝の相手は使えない全能神。前の試合でやられた投げを物にしSEFIROSUをバースト。直後ににょが使えない人間に地上ヒップドロップを決めバースト。最後に残されたファイヤーボールもしっかりガードし、両者0%で勝利。自身は二度目となる決勝進出を果たした。

決勝戦は3度目の激突となるバロンムッコロス二等兵率いるムッコロスヨシオちゃんとの対決に。ステージがセクターZであったためか、ヨシオちゃんのはたくでムッコロスもろとも飛ばされて、アーウィンに撃墜されてしまう。しかしにょがヨシオちゃんを倒したことにより優勝。一触即死の勝ち側2冠にして3連続表彰台となり、一触即死で開催された大会全てで表彰台に上るという結果を残した。

P(ピー)「やはり一触即死界の覇者ですね。強すぎる……」

第4回一触即死にももちろん参戦。今大会は最大2撃墜(決勝まで行けば3撃墜)可能だがどうなるか。

1回戦の相手は第2回準優勝の更衣室と2大会連続最弱決定戦行きの切れたナイフという、両極端な2選手となった。
試合はセクターZでスタート。ジャイアントパンチを溜め、背後からナイフに上Bを当てて撃墜。更衣室とのタイマンに。
下スマをかわされた後に上強を当てるも耐えられ、更衣室の上Bで吹っ飛ばされるが持ちこたえて後ろ蹴りで反撃する。
お互い着地して仕切り直しとなるが、今度は更衣室の上スマが直撃。あわや星になりかけるもこれをも耐えきって生還
油断していた更衣室に見事なジャイアントパンチを決め、自身初の2撃墜を達成。文字通りの必殺技で快勝を果たす。

準決勝は♂maikeru♂&ennjeruとのローマ字対決に。ステージはピーチ城上空が選ばれた。
序盤、maikeruにマリオトルネードからのバンパーコンボを喰らうが、重さと復帰を活かし見事生還する
その後タルを持ったennjeruにモーションを当てるが、身体のでかさが災いしennjeru共々タルに潰され右へ飛ばされる。
しかしこれも耐え、先ほど仕掛けたモーションをmaikeruが踏んでバースト。この時点で3度目の決勝進出を果たす。
マキシムトマトで態勢を整えた後ennjeruに下スマで追い出されるが、追撃のミドリのこうらが箱に防がれたお陰で復帰。
そしてまたもジャイアントパンチを決めてennjeruを撃墜。貫禄の2試合連続2撃墜で1位通過、文句なしの快勝となった。

決勝はennjeruに加え、第3回でのチームメイトにょ、そして微熱のヨシオとの4人乱闘。ステージはいにしえの王国に。
ステージ左でパンチを溜めた後は様子見していたが、ステージ右で微熱がennjeruに投げ飛ばされてバースト。
そのままステージ左での3人乱闘となり、空中上やカプセル投げでennjerを攻撃していたがファイア昇龍で反撃を受ける。
しかし天井に叩きつけられたお陰で生還。起き上がってすぐににょを掴み、天井を考慮したのか前投げを選択する。
ところがこれは耐えられてしまい、戻ってきたにょに箱を投げ当てようとするもかわされてファイアフラワーを取られる。
そしてファイアフラワーの炎でリフトへと押し出された上にそのまま復帰阻止を受け、中央穴へ落下してしまった。
結果は3位となったが、一触即死4大会全てで表彰台に上る快挙を達成。一触即死の帝王は健在であることを見せつけた。


第5回一触即死~+第5回一触即死~-

過去最大規模となる第5回にも当然参加。初戦の相手は名前にどこか共通点がある新人の暴走した警視総監となった。
ステージはコンゴジャングルが選ばれると、試合開始早々パンチをMAXまで溜めて相手との距離を詰めていく展開に。
一旦離れたタイミングで飛んできた相手のブラスターに対して一発目を冷静にガードするが、二発目は当たって5%溜まる。
しかし最後は近づいて来た相手に上Bの裏当てを決め勝利。一触即死最強の肩書きに恥じない立ち回りで二回戦に進出した。

つづく二回戦では第三回大会で共にタッグを組み優勝を果たしたにょと対戦。ステージはヤマブキシティが選ばれた。
右のエリアに移動してポケモンを召喚していくが、出てきたラッキーのタマゴを相手に投げつけられて吹っ飛ばされる。
台を乗り継いで冷静に復帰していくと、カプセルを避けながらハートの器を取得。回復しながら下Bを決めて勝利した。

準々決勝では即死に於いて唯一の敗北経験があるてぽドンとリベンジマッチとなり、ステージはセクターZが選ばれた。
パンチをMAXまで溜めつつ、尾翼部分まで追いつめられると前投げ。しかしステージが広いこともあり生き残っていく。
二段ジャンプを駆使してしっかりと尾翼を登ると、近づいてきた相手に対して二試合連続の下B撃墜を決めて勝利。
第一回王者vs第二回王者の豪華マッチに加え、過去に負けた相手へのリベンジに成功して準決勝に駒を進めていった。

準決勝では新人最高戦績が確定している貧乏性な妖怪と対戦。ステージも二回戦と同じくヤマブキシティが選ばれた。
パンチを溜めながら相手に右側へ押されると、出現したヒトカゲで少しのダメージを稼がれてしまう展開に。
お互いジャンプをすることなく地続きのけん制を始めるが、カプセルを無視してじわじわと左の崖端へと追いつめて……。
相手を押し出した瞬間に伝家の宝刀MAXパンチを叩き込んで勝利。これにより一触即死全ての大会で入賞が確定した。

ついに始まった決勝戦。相手は意外にも初対戦となる止められないsuko-ruさんで、第一回の王者vs三位の対決に。
ブーメランを出しながら接近してくる相手に対し、得意のパンチを溜めると台の上で重なり合う展開が続いていく。
得意のボムでダメージを稼がれたタイミングで土管上に出現していた箱が破壊され、中に入っていたのはなんとボム兵。
当たればどちらもバーストする危険性があるアイテムだが、ジャンプで高所へと逃げた所で相手がボムを投げつける。
その結果suko-ruさんは吹っ飛んでボム兵に直撃。決勝戦にてまさかの0撃墜となるが、第五回大会を優勝で締めくくった。
本戦の☆爆走戦士エルバンに並ぶ五大会連続入賞・三冠王に加え、全選手初となるタイマン二冠を達成した。


本戦での活躍(第6回・第7回)+本戦での活躍(第6回・第7回)-

第1回一触即死の活躍により、史上初のレベルコンバートで第6回大会に出場。
しかしその第6回大会ではドンキーの宿命と言うべきか、レベル9ドンキーの弱すぎるAIにより無事弱体化。紫煙のドドン戦では相手のアフォックスもあり、ギリギリのところで勝利する。しかし続く2回戦では3億ドルの吐き気に手も足も出ず惨敗、ルーザーズ側へ回るも初戦で昼間の召喚士に完敗し姿を消した。彼の敗北を持って第6回大会のドンキー勢は全滅となった。

チーム戦である第7回にて出場者アンケートにて1位を獲得、再びレベル9となって綺麗なゲイをタッグを組むことになったのだが、やはりというべきか「新撰なゲイ」というアレなチーム名の上にゲイ疑惑までかかるハメに。そして、むかえた第7回ではP(ピー)の発言によりゲイである事が発覚した。そんな試合では全くと言っていいほど活躍せず、P(ピー)には仕事しろと、視聴者には「レベル1の方が強い。」と言われる始末。
次の試合では「無冠症」と対戦。序盤から☆爆走戦士エルバン紅きポイゾネサスくんの息の合った連携に押され続け、ゲイが奮闘する中やはりマトモに仕事せず。回復を取って時間の無駄粘るも焼け石に水で、最後はゲイの復帰に上Bを被せてしまい味方を復帰阻止という珍プレー。自身もそのまま竜巻に突っ込んでバーストし、汚名返上どころか汚名挽回となって敗退。

第10回の出場アンケートではISAMIも候補に入っており、再び本戦に出られる可能性があったが結果は19.5%。
新人に加えてキング・オブ・妖魔にも票数で負けてしまい、出場は叶わなかった。
一触即死に専念してもらいたいという視聴者が多かったということか。それでも屈強なる妖精よりは票を集めていた。
仮に出場できた場合レベル8へのコンバートが予定されており、もし実現していればちょこにゃと同様に1、8、9の3つのレベルで出場した選手となっていた。


一触即死と通常ルールの両方に参加し、何度も勝利を収めているにも関わらず全ての試合で撃墜数0か1を貫いていた
一撃に特化しすぎているため、4ストックを削らなければいけない通常ルールは不向きとされることも。

第3回一触即死はタッグ戦であり、最大3撃墜が可能であるが、結局一回戦は1撃墜、準決勝は1撃墜、決勝は0撃墜と、またもや撃墜数0か1が継続されることになった

しかし乱闘形式の第4回で2撃墜を達成。撃墜数0~1の記録が良くも悪くも遂に途絶えることに。

余談「人の道」+余談「人の道」-

第1回一触即死(準決勝)の投稿者コメント欄及び、本記事冒頭に書いてある「忘れてはならぬものは 恩義」とは、近藤勇が残したとされる「人の道」という詩(語録?)が元ネタ。

しかし、この言葉が近藤勇によって残されたという確たる資料は存在しない。実際に近藤勇が残した句は漢詩という古い文体で残されており、このように現代的な文体で残したとは考えにくい。恐らくは「為になる話」的な風説の流布と考えられる。
似たような事例に灼熱のレイアの「レイア=天使」説がある。

◯全試合記録

対戦相手 大会 対戦ステージ 勝敗
Ψ機動戦死✩彡 第1回一触即死(2回戦) プププランド
ennjeru 第1回一触即死(準決勝) いにしえの王国
バロンムッコロス二等兵 第1回一触即死(決勝)

ハイラル城
いにしえの王国

◯ (①→①)
紫煙のドドン 第6回(2回戦) ピーチ城上空
3億ドルの吐き気 第6回(3回戦) コンゴジャングル
昼間の召喚士 第6回(LOSERS側3回戦) プププランド
片翼のチンポコメロン∋男爵 第2回一触即死(2回戦) ヤマブキシティ
てぽドン 第2回一触即死(準決勝) いにしえの王国
バロンムッコロス二等兵 第2回一触即死(3位決定戦) コンゴジャングル
天空の召喚士
天空の虫使いアントン
昼間の召喚士
第7回(1回戦) 惑星ゼーベス
無冠症
☆爆走戦士エルバン
紅きポイゾネサスくん
第7回(2回戦) ハイラル城
叫び続けるennjeru
叫び続ける娼婦
ennjeru
第3回一触即死(1回戦) プププランド
使えない全能神
使えない人間
全能神SEFIROSU(仮)†
第3回一触即死(準決勝) 惑星ゼーベス
ムッコロスヨシオちゃん
バロンムッコロス二等兵
ψ聖騎士㌍ヨシオちゃん
第3回一触即死(決勝) セクターZ

エターナル♂更衣室

切れたナイフ

第4回一触即死(1回戦) セクターZ 1位

♂maikeru♂

ennjeru

第4回一触即死(準決勝) ピーチ城上空 1位

ennjeru

にょ

微熱のヨシオ

第4回一触即死(決勝) いにしえの王国 3位
暴走した警視総監 第5回一触即死(1回戦) コンゴジャングル
にょ 第5回一触即死(2回戦) ヤマブキシティ
てぽドン 第5回一触即死(準々決勝) セクターZ
貧乏性な妖怪 第5回一触即死(準決勝) ヤマブキシティ
止められないsuko-ruさん 第5回一触即死(決勝) いにしえの王国
  通算   15勝4敗

 

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する
名無し ID:NWMyMTM3Y

第6回に出場していなければ、個人戦の勝率がコージを超えていたという事実

返信
2021-10-25 22:21:23

名無し ID:ZmVmODA0Z
>> 返信元

送る場所間違えた

返信
2021-10-21 14:40:35

名無し ID:ZmVmODA0Z

ヨッシーとかピカチュウも結構強そうだけどね

返信
2021-10-21 14:40:07

名無し ID:MjYwZWYxY

強すぎ

返信
2021-10-21 13:58:51

名無し ID:MTI2M2MyN

見返してみるとわかる。ISAMIは絶妙なタイミングでスコールさんと距離を詰めることでスコールさんに自爆させてボム兵に導いている。

返信
2021-10-20 05:09:39

名無し ID:MTI2M2MyN

してやられたとか試合に勝って勝負に負けたとか、そうじゃないだろと。これまでのISAMIを見てなぜそう言えるのかと。これはもはや「相手が勝手に死んだ」のではない。「圧だけで相手を触れずして倒した」のだ。。。

返信
2021-10-20 05:05:40

名無し ID:NDQ3ZmE5N

初代優勝者にして初の大規模大会優勝者で個人戦二冠とかかっこよすぎる

返信
2021-10-19 22:30:14

名無し ID:NjFjYzc4M

さすがのISAMIも、謎のしてやられた感。久しぶりに大爆笑してしまった。
…が、優勝なのには変わりない。おめでとう!!!

返信
2021-10-19 22:11:42

名無し ID:ZWY5NGJiM

何というか今回はしてやられた感じだな
次こそは自滅などさせずに決めて欲しい、ともあれ優勝おめでとう!

返信
2021-10-19 20:36:56

名無し ID:M2IyYTEzY

ISAMIを超える者は現れるのか?

返信
2021-10-19 20:32:20

名無し ID:NzI0ZjRmZ

楽勝だったな
イサミに一触即死の世界はいささか狭すぎる
他全員レベル3くらいにしても勝てそう

返信
2021-10-19 20:10:16

名無し ID:Y2RiMzczN

優勝した気がしねえw

返信
2021-10-19 19:48:55

名無し ID:ZGI1Y2I5Z

ISAMIィ!お前がナンバーワンだァ!

返信
2021-10-19 19:17:22

名無し ID:YWQ0YjRlN

ISAMIとしては自身が何もできず相手が文字通り個性爆発して消えたのは試合的には勝利だけど勝負としては完敗だな
まあそれでも優勝は優勝個人戦二冠はCPUトナメ初の快挙だおめでとう

返信
2021-10-19 19:16:57

名無し ID:MWE5MjUzN

何ということだ
suko-ruさん相手に手も足も出せないとは(棒)

返信
2021-10-19 19:14:02

名無し ID:ZWViMGYwZ

これは殿堂入りあるかも

返信
2021-10-19 19:12:47

名無し ID:MmVlNWU2M

ISAMIをシングルで下したのてぽドンだけだしタッグ戦や乱闘入れてもにょとEnnjeru(とヨシオちゃん)だけだから圧倒的過ぎる
本戦で言うなら第9回から第11回しかやったことないポイゾネみたいな感じ

返信
2021-10-19 19:06:30

名無し ID:YzU1ZTY2Z

唯一負けたことのあるいにしえ引いても問題なしか

返信
2021-10-19 19:06:28

名無し ID:YTczNDgzM

やっぱISAMIよ

返信
2021-10-19 19:06:15

名無し ID:ZWM3YWY1M

やはり最強か

返信
2021-10-19 19:05:32