特殊状態について

ページ名:特殊状態について

スキルなどで付与できる特殊状態について解説します。

ダメージ系

付与された敵または味方にダメージが入る状態。状態異常とも。

各状態のダメージ・特効効果は各種スキルと効果値各種アビリティと効果値にまとめています。

※ダメージはスキルを使用したヒーローの攻撃力が基準。

やけど

敵から受けた場合 味方からかけた場合
ダメージ倍率・特効効果が高め

共通
複数個付与できる場合が多く、ダメージ倍率・特効効果は低め

裂傷

共通
付与できるヒーローが多く、ダメージ倍率・特効効果は低め

行動不能系

付与された敵または味方が1ターン行動不能になる状態。ダメージは入らない。

各状態の特効効果は各種スキルと効果値各種アビリティと効果値にまとめています。

気絶

共通
特効効果は低め

凍結

敵から受けた場合 味方からかけた場合
特効効果が高め

行動不能

共通
特効スキル・アビリティは未実装

麻痺

敵から受けた場合 味方からかけた場合
特効効果が高め

ターゲット集中系

攻撃を受ける確率に関わる特殊状態。

ターゲット集中・挑発

味方からかけた場合

付与されたヒーローが攻撃を受ける確率が上がる状態。

確定ではないため注意。

かばう・強制かばう

味方からかけた場合
付与されたヒーローが必ず攻撃を受けるようになる状態。

その他特殊状態

その他の特殊状態。

無敵

味方からかけた場合

付与されたヒーローが敵の攻撃で受けるダメージが0になる状態。

バフ・デバフや他の状態異常によるダメージは無効化されない。

ガッツ

味方からかけた場合

付与されたヒーローのHPが0になるダメージを受けた場合でも1残して耐えるようになる状態。

1回分発動するとそのターン中は耐えることができる。

状態異常のダメージでHPが0になる場合でも有効。

隠密

付与されたヒーローが敵から狙われる確率が下がる状態。

確定ではないため注意。