マラリヤ

ページ名:malariya

プロフィール

若無人のプワゾンガール
ラリヤ (CV.島 由子)

虐担当エボルグリム
リム・マラリヤ (CV.島 由子)

ヒト
オニ

プロフィール
いかなる時でもマイペースな謎少女
人を食ったような態度と妖しい言動で、しばしば周囲を惑わせる
「面白そう」と感じたことには労力をいとわない
学校
マジックアカデミーまじっくあかでみー
部活
無所属だが実験室を実効支配中
得意教科
生物、化学
好きな食べ物
実験菓子(味に興味はない)
嫌いな食べ物
なし
趣味
薬の調合、クリーチャー育成
誕生日
7月7日
参加理由
こっそり転移の扉を使ってみたら、何よここ。まぁ楽しんでいきましょうか

プロフィール
マラリヤを元に作られた「エボルグリム」の少女
マラリヤとは異なりとにかく弱気で余裕が無く、常に他人の顔色を伺っている
その態度が加虐心を煽るともっぱらの評判
学校
学校には通ってませんが、お母様の下で魔法と陰陽を勉強中です
タイプ
エボルグリム
ウワサ
・よく泣くので水分補給は欠かせないらしい
・夏は背中の空いたセーターを着ているらしい
好きな食べ物
イチゴ
嫌いな食べ物
極辛カレー
趣味
実験
誕生日
2月21日
参加理由
なんで私、ついでに巻き込まれちゃってるんです……?

 

調整履歴

日時 調整項目 調整内容
24.01.09 どきどき陰陽 アイテムを持っている敵にのみ効果があるようにしました。
23.09.05 どきどき陰陽 スキルゲージの消費量を50%から65%に上昇させました。
  プワゾンガール スピードアップシューズとダッシュゲージドリンク所持時のダッシュゲージ消費量減少の効果を25%(最大0.6倍から最大0.7倍)下げました。
23.08.01 プワゾンガール 煙玉やステルスポンチョ所持時の隠密効果の範囲を広げました。
スピードアップシューズとダッシュゲージドリンク所持時のダッシュゲージ消費量減少の効果を最大0.8倍から最大0.6倍に上げました。

キャラクター強化

Lvどきどき陰陽プワゾンガールダッシュゲージ
ペナルティ時間減少ダッシュゲージを使い切った時のペナルティタイムが短くなるよ
キーパワー自動取得
(危機時)オニが近くにいる間はキーパワーを獲得し続けるよ
Lv2発動コスト効果量軽減量取得速度
Lv3発動コスト効果量軽減量取得速度
Lv4発動コスト効果量軽減量取得速度
Lv5発動コスト効果量軽減量取得速度
Lv6発動コスト効果量軽減量取得速度
Lv7発動コスト-MASTERMASTER
優先度
Lvどきどき陰陽プワゾンガール
Lv2発動コスト効果量
Lv3発動コスト効果量
Lv4発動コスト効果量
Lv5発動コスト効果量
Lv6発動コスト効果量
Lv7発動コスト-
優先度
Lvダッシュゲージ
ペナルティ時間減少ダッシュゲージを使い切った時のペナルティタイムが短くなるよ
キーパワー自動取得
(危機時)オニが近くにいる間はキーパワーを獲得し続けるよ
Lv2軽減量取得速度
Lv3軽減量取得速度
Lv4軽減量取得速度
Lv5軽減量取得速度
Lv6軽減量取得速度
Lv7MASTERMASTER
優先度

メインスキル

どきどき陰陽
説明
範囲内の敵が持つアイテムを毒薬に変えるよ
Lv1
77%
Lv7
65%
備考
毒薬を使用すると1.5秒間(45F)気絶し、キーパワーが半減、メインとサブのスキルゲージが9%減少する
気絶耐性Lv6装着時の気絶時間は0.6秒
また、毒薬を使用するまで他のアイテムを持てなくなる
紹介動画閉じる

[編集]

解説

性能


杖で地面を叩くと同時に紫色の光の波紋を円状に発生させ、範囲内にいる敵のアイテムを毒薬に変換する。

アイテムを所持していない敵に毒薬を持たせる事は出来ない。

毒薬に変えられる対象数に制限はなく、歩きながら使用可能。

 

(変身ステッキで変身中の相手には毒薬を持たせられない代わりに変身を解除させるようだが、24.01.09のアップデートにて、毒薬に変える条件に変更が入ったため、この点に関しては要検証。)

 

 

使い方


まずは敵に近づいてアイテムを所持しているか確認する必要がある。

撃つタイミングはなるべくアイテムカプセルに触れる瞬間。こうして確実に毒薬を持たせる事を意識したい。

敵はアイテムを持たない、又はアイテムを取った瞬間に使う事でこのスキルを回避する事が可能なので、このタイミングであれば回避しようとした敵に気絶が入る可能性がある。

状況を吟味するとなれば他グループが近くにいる時に使用し、複数人に毒薬を渡せる機会も出てくるだろう。

 

毒薬はヒト版スキルとも言えるアイテムを封じるため、厄介ではあるものの、まともに逃げられないほどの効力はなく、自身の追いかけ方や敵との噛み合いによってはあまり足枷にならない場合もあるので、過信は禁物。

 

このスキルの効果範囲は広がる波紋の1.5倍かそれ以上ある広さのため、デグチ戦では複数人を巻き込みやすく、撃つタイミング次第ではトップクラスの防衛力を誇る。

毒薬を与えた敵を追いかけて涙目チェイスを繰り広げたり、デグチに張り付く後衛に転じ、アイテムを拵えて辺りを彷徨く敵達に一服盛ったりと攻守ともに活用できる。

毒薬を持った敵はシャッターで気絶させられたりしない限りはゴールの可能性が著しく下がるので、持たせる事に成功した場合は野放しにせず、キッチリと追いかけて解毒させないようにしたいところ。

 

些細な効果ではあるが、毒薬を使用されるとキャラクターから緑の煙が発生するので、復活した敵が毒薬を使えば短時間ではあるものの、位置を正確に特定する手掛かりにもなる。

 

 

その他


毒薬の処理は開始直後やワープの待機中、シャッターで気絶させた後などチェイス中に余裕が出来た時が基本。

シャッターの扉は閉じてから2秒間は破壊されないため、「 ハイジャンプ」を持たないオニが相手であれば、そのオニが破壊する事を前提としてシャッターを閉じた直後に処理する事も可能。

1.5秒の猶予を作るチェイスはハードルが高いが、気絶耐性があると気絶時間は0.6秒に短縮されるので、どうしても苦手であれば「 気絶耐性」を装着して挑むと良い。

 

24.01.09にてアイテムの有無に関わらず毒薬を持たせる事ができたが、これが所持している敵のみに変更。

敵がアイテムを所持している事を確認した上で発動しなければならず、敵も極力アイテムを持たない事やアイテムを取った瞬間に使う事で回避できるようになったため、残念ながら扱うハードルはだいぶ上がってしまった。

 

しかしながら、毒薬を持たせる精度が高くなれば追い風にすらなり得る、ちょっと不思議な弱体化。

「アイテムを持たなければ回避できる」という敵のリアクションを引き出せるようになり、そのリアクションを利用する事で気絶する可能性を上げられる。

敵がどんな時にアイテムを使うのか、暫く観察して癖を読み取り、服用する瞬間に合わせて一撃必殺の毒薬をお見舞いしてやるのも良いだろう。

 

固有アビリティ

プワゾンガール
説明
所持しているアイテムに応じて様々な特殊効果が発動するよ
 
備考

オニの間もヒトで所持していたアイテムの効果が発動する。特殊効果は下記の通り

:Lv6でダッシュゲージの消費量が0.7倍に減少。最大継続時間はLv6で6.43秒(193F)に増加

:遠くにいる敵からはネームプレートが見えなくなる

:キーパワーの取得量が上昇

:ジャンプとスライディング時の速度低下率がLv1で0.9倍、Lv6で低下無し増加後日再検証予定。この効果は「 移動速度上昇(ジャンプ中/スライディング中)」とは重複しない

毒薬:特殊効果無し

[編集]

解説

性能


アイテムを所持している間、そのアイテムに応じた特殊効果が自動的に得られるアビリティ。

スピードアップシューズ」と「ダッシュゲージドリンク」で付与される「ダッシュゲージ消費量減少」と、

ハイジャンプフェザー」と「カベ」で付与される「ジャンプ&スライディング速度上昇」が当たりの効果。

 

 

使い方


自身のラストエリクサー病とどう折り合いをつけるかが鍵。

恩恵を得ようとするとアイテムの使用を渋りたくなるが、危機から脱する瞬発力はアビリティよりもアイテム。

ヒトの場合はアイテムを縛って得るバフに等しいので、根本の逃走が心許ないと生かしづらい面がある他、「どきどき陰陽」の前では無力なため、マラリヤが多いと相対的に生かせる機会が減ってしまう。

 

ジャンプ&スライディング速度上昇」を前提に組めば、共通アビリティを実質4つ持って戦う事もできるが、2~3ターン経ってもお望みのアイテムが引けない可能性も0ではないので、アイテムガチャが最大の障壁。

そのため、「 移動速度上昇(ジャンプ中)」と「好きなアビリティ」を装着して、「ダッシュゲージ消費量減少」を引いておく方がアビリティの安定性は高い。

 

移動速度上昇(ステルス効果発動時)」の登場により、キーパワーを除いた4種類中3種類の効果で移動能力に関わる効果を得られるようになったので、「プワゾンガール」では上げられない能力で固めて、固有アビリティの力を最大限に活用する構築にしても面白いのではないだろうか。

 

アイテム補充(ターン開始時)」を装着するとオニからスタートしても効果を発動させられる。

オニからゲームが始まった時も固有アビリティの効果を受けられるが、採用しているのは……COMのみ。

称号

開く閉じる
称号名 獲得条件
第1問 マラリヤのレベルが30に到達
アニメ&ゲーム マラリヤのレベルが40に到達
四択 マラリヤのレベルが50に到達
クイズマジックアカデミー マラリヤのレベルが60に到達
正解 マラリヤのレベルが70に到達
研究素材 マラリヤのレベルが80に到達
瘴気 マラリヤのレベルが90に到達
賢者 マラリヤのレベルが100に到達
賢者の扉 マラリヤのレベルが200に到達
天の学舎 マラリヤのレベルが250に到達
暁の鐘 マラリヤのレベルが300に到達
** マラリヤのレベルが350に到達
** マラリヤのレベルが400に到達
** マラリヤのレベルが450に到達
  マラリヤのレベルが500に到達
エボルグリム どきどき陰陽を10回ヒットさせた
ドラゴン どきどき陰陽を50回ヒットさせた
  どきどき陰陽を回ヒットさせた
オリジナル プワゾンガールを200回発動
  (固有アビリティ2)
  (固有アビリティ3)

 

・Lv100称号「賢者」

クイズマジックアカデミーの世界では人々が無くしていった知識や虚無的な感情を引き金に瘴気が発生しており、同時に瘴気は「クイズ」という形態を取っていた。

過去に一度賢者がこれを駆逐したが、今現在も瘴気の発生は続いており、新たに対抗できる賢者を養成するために設立されたものがマジックアカデミーであり、生徒達はこの「賢者」を目指すために入学を決意する。

ちなみにマラリヤが賢者を目指す理由は「賢くなる薬を作るため」との事。

 

・Lv200称号「賢者の扉」

2012.03.15に稼働を開始したシリーズ9作目。

それまでは「クイズマジックアカデミー2」といった数字を冠したタイトルだったが、このタイトルよりナンバリングが外されるようになった。

紅刃の称号と同様、色付き称号の多くはQMAのタイトルから来ているため、シリーズ経験者は予想がつき、未経験者はWikipediaを見ると分かりやすくネタバレを知る事ができる。

 

・Lv250称号「天の学舎」

2014.01.23に稼働を開始したシリーズ10作目。読みは「てんのまなびや」。

 

・Lv300称号「暁の鐘」

2015.03.25に稼働を開始したシリーズ11作目。

 

ボイス

チャット

チャット ヒト オニ
よろしく! よろしく よろしくですっ
ナイス! ないすないす ナイスです
ごめんね これは申し訳ない ごごご…ごめんなさい…
OK! おっけー お、おっけーですっ
ありがとう あら、ありがとう ありがとうございますっ
レッツゴー れっつご〜 れ、レッツゴー♪
デグチを守ろう - デグチを守ってくださぁい…!

スペシャル

開く閉じる
チャット 開放Lv ボイス
SP1 (ヒト) Lv35 ここは…東京ではなさそうね。まぁ、どこでもいいわ。私を満足させて頂戴
SP1 (オニ) Lv45 はぁぁ……追ったりやられたりは辛いけど、アロエも他所で頑張っているんだもんね。私もしっかりしないと…
SP2 (ヒト) Lv55 クイズマジックアカデミー、好評稼働中。はい、ノルマ終了
SP2 (オニ) Lv65 あっ…あのっ…私! 褒め散らかしてくれると喜びますよ? 随分チョロいですよ
SP3 (ヒト) Lv75 第一問。私がこのゲームに参加しました。さて、どうでしょう?
SP3 (オニ) Lv85 あのぉ……私、お役に立ててますかね? はぁぁ! いいですいいです! 答えを聞くのが怖いので…。でもそうだったら嬉しいな…
SP4 (ヒト) Lv95 (ピー音)飲ますわよ。今のはかつての私の決め台詞。昨今はコンプライアンスとか煩くて参ったものよ
SP4 (オニ) Lv105 あのぉ、今更なんですけどぉ……私とオリジナル…あっ、マラリヤのことです。私の…役割は逆の方が良かったんじゃ…。彼女、あんなに追い込むの好きですし…。うんっ? 何です? 後ろ?
SP5 (ヒト) Lv115 ええ、マジックアカデミーという魔法学校の生徒よ。まぁ個人的には、魔法薬の研究とかの方が好きなのだけれど。おぉっと! 偶然ここにいい色の飲み物がっ
SP5 (オニ) Lv125 オリジナルに変な薬を飲まされたんですか? ご愁傷様です。おやぁ? 偶然ここに解毒薬がぁ〜
SP6 (ヒト) Lv135 クイズゲームのキャラクターでアクションができる…そう、チェイスチェイスジョーカーズならね。ぼんばーがーる? 知らないわ…
SP6 (オニ) Lv145 んえぇ? いじられるのは別に嫌では……むしろ…♪ あぁ! あのっ! 私何か言ってました?
SP15(ヒト) イベント

(ネタバレ防止のため、文字を反転しています。閲覧は自己責任でお願いします)

元の世界に帰る手段は未だ不明。

...何?手伝いたい?はぁ...奇特な人ね。まぁいいんじゃないかしら。

アクション

開く閉じる
アクション ヒト オニ
キャラ選択 私はマラリヤ。見ての通り頭が良いわ グリム・マラリヤです。しがない…エボルグリムやらせてもらってます…
あなた、私に身を委ねてみない? あっ…あのあの、どうかお構いなく。
今こっちを見たわね。じゃあ決めなさい わっ、私!? 選んじゃいますか…? そうですか…
キャラ決定 手加減はできないけど、いいかしら は、始まっちゃうんですね…。帰っちゃ…ダメ、ですか…?
この後、まさかあんなことになろうとは 良ければぁ…正々堂々と手加減してください…
研究素材がよりどりみどり。良いじゃない  
スタート 明日がいらないなら掛かってきなさい 覚悟は、決め…決め…決めましたっ…
はてさて、鬼が出るか蛇が出るか えと、ルールはぁ…。あ、はい…追いかければ…? 承知しましたっ
やれやれ、走るのは好きではないのだけれど  
ターン開始 どけどけどけーい 物は試し…ですよね…。やってみます…
手早く済ませましょうか はぁ…軽率に先行します…
私を追いかける時、鬼もまた追いかけられているのよ エボルグリムの底力、みさらせ…ですっ
私自慢の魔法薬で…何よ、持ち込み不可なの こうなったら…アレ、試してみよっかな…
捕まえてごらんなさーい 皆さーん、止まってくださぁーい…
追われる身とは腹立たしい ここで私が逃げたらどうなるんだろう…
お仕事ターイム まだ終わりませんか…
ここは地獄の最前線 平和な日常に帰゙り゙たい゙…
誰かが私を呼んでいる  
邪魔は排除よ。徹底的にね  
魔法使いの力、見せてあげようかしら  
   
   
   
ダッシュ だーっしゅ だーっしゅ!
むふふふふ はぁっ…!はぁ…!
ぶっちぎる ひーん…!
ジャンプ じゃんぴん はぁー!
とぅ よいしょっ
私はカモメ ふぅん!
スライディング あらよっと よっと
するり するり
ずざー ふんっ
ジュウデン
攻撃
やっちゃうぞー えいっ
注入開始 ご、ごめん…!
満ちていく はいっ
攻撃2回目 - え、えいっ!
- なさいっ…!
- そこです…!
アイテム取得 ゲットぜぇー -
ほほう…これは -
拾得物横領 -
アイテム使用
スキル使用
ぶっちぎるわ 【メイン】急急如律令!
 何かがみなぎる 【メイン】…一か八かぁー!
 きっと高まるキーパワー 【メイン】えっと、確か…こう、かな…
 飛びます飛びます 【サブ】ドタマ、カチ割りますよぉ…!
 煙玉よ 【サブ】こんちくしょー!
すてるすぽんちょ  
出でよ、カベ  
*  
シャッター
(使用/破壊)
シャッダーン に、逃がしませんからっ…!
   
気絶 ぎゃふん むきゅぅ〜…
   
状態異常
(勅令,怨気)
あ痛っ -
  -
逃げ切り ちょろいちょろい -
このギリギリ感が良い -
撒いたようね -
被撃破
撃破
何をするのよ 化けて出ないでください
こりゃかなわん んふっ、やれた♪
顔は覚えたわよ めっ!ですっ
被撃破/撃破
(味方)
ぎゃふん よぉ!
魂残り1 いつの間にやら大ピンチ そろそろ諦めてくださいよぉ…
実によろしくない もう…これは行けちゃいますかぁ? え、ほんとにぃ?
厄いわね、むふ 追い詰めちゃいますよ♪
魂を0にする これは遺憾の意 私を甘く見たらぁ…めっ!なんですからね♪
だめだこりゃ 私、でかしましたよね!?
  (終わった?、終わらせちゃいました?)
魂が0になる 次は見てらっしゃい 余裕でしたね
まぁ、こんな日もあるかしら 皆さん頼りになります♪
やってくれたわね、鬼とやら ほぉ…殲滅ですかねぇ…
ゴール時 これにて終了 -
勝った勝った、勝ったった -
  -
  -
勝利
敗北
アカデミーの皆、見てるぅー? あたし…下手くそでした。謝罪…謝罪しますっ…!
誠に嬉しきことかな 負けですかぁ…あ、あれはオリジナル? 私、何されちゃうの…
試合に勝って、勝負にも勝った、完勝というやつね 負けですかぁ…あ、あれはオリジナル? えっ、何持ってるの…
引き分け この結果、不服と言わざるを得ない 引き分けですかぁ…負けるよりは…。えっ、ダメですかぁ…
MVP いやはやおこがましい、私がMVPなどと…にはは 中々やるもんですね♪ 私
LEVEL UP れべるあーっぷ レベルアーップ♪
ゲーム終了 お疲れ様。さぁ、お次はマジアカよ。急いだ急いだ -

小ネタ

・COMの名前

COMマラリヤの「アザリン」「イザベラ」はクイズマジックアカデミーでのCOMと同じ名前。

 

大体こんな感じ

KONAMIより放たれた第三の刺客。

7月24日に20歳も迎えた同社のクイズマジックアカデミーの新たな贄とするため、赤子に等しい本作へ参戦。

メタ発言に他作品の宣伝、御法度とされる行為の数々は二つ名の通り傍若無人の極み。

せめてもの情けか、ゲーム内ではルールに反しない範囲で真面目にチェイスをしてくれる。

 

マラリヤには「グリム・マラリヤ」という連れ回すには持ってこいの奴隷がいるため、ボタンと花子のように2人1組で参戦させる事で、何をしても許されるパイン、狼の力を手に入れた紅刃に次いで世界観設定等に馴染ませる事にも成功した。

 

メインスキルは範囲内の敵に毒薬を持たせる「どきどき陰陽」。

毒薬を持たされた敵は多くの場合、給水無しで42.195kmを走り切る覚悟が必要になるが、兎と亀ほどの差が出来れば毒薬をドカ飲みして気絶に興じるのも一つ。

マラリヤに仕込まれたのかは分からないが、消極的なグリム・マラリヤにそぐわない攻めっ気の強い効果である。

チェイス中は補助的ポジションに寄った本スキルだが、アイテムを使ってゴールを狙っていくゲーム性上、デグチを守る際にはかなりの影響力を誇り、タイミング次第ではデグチの守護神となりうる。

さすがに何も持っていない相手に毒薬を押し付けるのには抵抗があったのか、アイテムを持っていないない相手には毒薬を持たせないようにしたとのこと。マラリヤ本人に許可を得ているのかは不明だが、彼女の身に何も起こらないことを祈ろう。

 

アイテムを司る性能のようで、固有アビリティ「プワゾンガール」ではアイテムを持つだけで特殊効果を得る。

お望みのアイテムを引ければ強力。ただ特定の効果に固執するとガチャ要素にプレイヤーが翻弄されかねない。

アイテムをそのまま使うか、「プワゾンガール」への捧げ物とするか、状況に応じて○か×かの判断をしたい。

 

明確な弱点として、アイテムに依存するアビリティとなれば、お察しの通り「どきどき陰陽」で封じる事が可能。

毒を以て毒を制すという言葉があるように、マラリヤ自身がマラリヤに弱い。

毒薬に変えるのは正確にはグリム・マラリヤであるため、二人の力関係は通常マラリヤが上ではあるが、ことチェイスに限ってはグリム・マラリヤの方が優勢。普段虐げられている者の思いがけない下剋上という事にもなる。

 

CCJ劇場では参戦時にポッと登場。

クイズ出身だけあってヨっちゃんの生態にも一部詳しいようで、その知識を披露、JKの一行の窮地を救った。

パインは何食わぬ顔で初期より登板し続けるが、紅刃は全く登場せず、3人目の出張参戦となるマラリヤはどちらの道を歩むのか。

 

……まぁ、こんなものかしら。続きが聞きたければクイズマジックアカデミーへ来なさい。

それが「マラリヤとグリムマラリヤ」である。

コメント

返信元返信をやめる

※ 悪質なユーザーの書き込みは制限します。

最新を表示する

NG表示方式

NGID一覧