解離

ページ名:解離

解離とは

解離とは防衛機制の一つである。カプラン臨床精神医学テキストより定義を引用する。

精神医学上,解離(dissociation)は,ある一連の心理的もしくは行動的過程を,その個人のそれ以外の精神活動から隔離してしまうような無意識的防衛機制と定義される.

受け入れがたい体験や葛藤を切り離すことによって、自我の結合性を保護しようとする適応的な側面もある。

解離が起こるメカニズムについては明らかになっていない。

 

中核的症状

解離には5つの中核的症状がある。

健忘

自分が経験した内容が忘却されてしまうこと。

自分が書いたはずの日記なのに書いた覚えがない、送りそうもないメールを送ったようだが記憶がないなど。

極端な場合は自分がどこの誰だか分からなくなってしまう(全生活史健忘)。

離人

自分自身に対する非現実的な感覚。

「自分がここにいる」実感がなく、どこか離れたところから自分の行動をを見ている感覚がする。

ときに自分自身の姿が見えたり、自分が大きくなったり小さくなったりするような感覚も見られることがある。

疎隔

周囲の世界が非現実的であるという体験。

家庭や職場に馴染みがない感じがしたり、家族や友人が知らない人のように感じられる。

離人と疎隔は同時に起こりやすい。

同一性混乱

自らの同一性についての不確実さ、困惑、葛藤の主観的な感覚。

持続的に見られたり、完全な喪失が起こることもある。

同一性変容

異なった同一性、異なった自我状態の現れである客観的行動。

交代人格の出現、自発的な年齢退行などが見られる。

 

解離症状の分類

解離は大きく分けると「離隔」と「区画化」の2つに分けられる。

離隔とは「日常体験のある部分―身体,自己,外界―が分離するという感覚で特徴づけられる意識変容」のことをいう。

区画化とは「通常ならば参照可能な情報を意識に上らせることができなくなり,そのために随意的な行動を制御できなくなること」とされる。

離隔 区画化
感情の麻痺 転換症状
疎隔症状(現実感喪失) 催眠現象/トランス状態
離人症状 健忘
体外離脱体験 遁走
自己像視 交代人格
  偽幻覚

吉川徹・金田晶子 『広汎性発達障害と解離性障害』より引用・作成

 

正常な解離

解離は健康な人にも起こる。ひどい緊張や不安から免れるためによく使われている。

 

「没入」や「白昼夢」、「体外離脱体験」は正常な解離である。

「没入」は、集中しすぎたり夢中になりすぎて、周囲で何が起こったか把握できない状態である。

「白昼夢」は、とりとめもないことを考えている状態で、注意がどこにも定まっていない状態のことをいう。

「体外離脱体験」は、意識が自分の身体から抜け出てしまい、外から自分の身体を見ているように感じる体験である。金縛り中に起こることが多く、金縛りも体外離脱体験も正常である。

 

また、一過性の非現実感や、離人体験も正常な解離である。

例えば、悪い知らせを聞いたときなど、全てが非現実的に感じられたり、見たり聞いたりしているのは自分ではないように感じたりするのは正常である。

 

病的な解離

病的な解離と正常な解離には連続性がある。

一時しのぎとして使っていた解離という方法が、あまりにも長く続く、もしくは個人ではコントロールできなくなると、病的な解離となる。

病的な解離と正常な解離は明確に分けられるものではない。例えば、正常とされている「没入」もその他の解離と強く相関したり、病的な解離へ進展する可能性がある。

 

解離が正常か病的かは、その議論における解離概念の用いられ方の文脈に依存し、それぞれの解離現象は状況により、適応的にも非適応的にもなるし、正常にも病的にもなる。

長期的に解離の持つ意味が変化する可能性もあれば、解離がその人固有の生物学的特性である可能性もある。正常な解離も病的な解離も、適応的/非適応的の両方の側面がある。

 

グレーゾーンの解離者の存在も指摘されている。

正常な解離から病的な解離まで、様々な解離の機制を駆使して生きづらさに対処している。

安全の希薄さ、葛藤の抱えにくさ、他者への不信といった背景が存在する。

 

ICと解離

ICは基本的には正常な解離の一つである。

大饗ら(2007)は、偽幻覚としてのICは、体験を他者に属するように変化させることで、解離を可能にしていると言う。

この「体験を他者に属するように変化させること」を「他有化」という。

自分の傷付いた経験などをICのものにすることによって、体験を自分から切り離して適応している。

 

しかし、ICの行動がコントロールできなくなり、自分の意志とは無関係に身体活動を行うようになると病的な解離とされる。

 

参考文献・引用文献

  • 金井講治・水田一郎 『解離連続体仮説』 精神科治療学 34(10), 1153-1158, 2019.
  • 井上令一監修 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開 第3版』 メディカルサイエンスインターナショナル, 2016.

  • 吉川徹・金田晶子 『広汎性発達障害と解離性障害』 児童青年精神医学とその近接領域 52(2), 178-185, 2011.

  • 廣澤愛子 『「解離」に関する臨床心理学的考察 「病的解離」から「正常解離」まで』 福井大学教育実践研究 (35), 217-224, 2010.

  • 岡野憲一郎編・心理療法研究会著 『わかりやすい「解離性障害」入門』 星和書店, 2010.

  • 大饗広之・浅野久木 『解離と Imaginary Companion 成人例について』 精神科治療学 22(3), 275-280, 2007.

  • 柴山雅俊 『解離性障害』 ちくま新書, 2007.

  • 西村良二編・樋口輝彦監修 『解離性障害』 新興医学出版社, 2006.


最近更新されたページ

TOP

このwikiはイマジナリーコンパニオン(IC)/イマジナリーフレンド(IF)についてまとめたものです。主に学術論文等の信頼性の高い文献を元にまとめています。 インターネット上では「イマジナリ...

物体の擬人化

物体の擬人化とはSvendsenはICを定義する際に、「目に見える客観的な基礎を持たない。物体を擬人化したり,自分自身が他者を演じて遊ぶ空想遊びは除外する」とした。この物体の擬人化をPersonifi...

ICとの出会い

ICには意識的につくるケースと無意識のうちに出会うケースがあることがインターネット上では広まっている。しかし現在の研究ではこれらについては触れられておらず、相違点については調べられていない。&nbsp...

概要

イマジナリーコンパニオンとはイマジナリーコンパニオン(以下、IC)とは、主に子どもに見られ、ある程度の期間に渡って遊び相手や話し相手になったりする想像上の友人や仲間のことをいう。ICは本人の「外部」ま...

自閉スペクトラム症とIC

自閉スペクトラム症とIC自閉スペクトラム症者にICが見られることはしばしばあるという。ICは通常のICとは異なっていることがある。また、幼少期のみならず、青年期以降にもみられることがある。 ...

出現率と時期

ICの出現率ICの出現率を調べた文献は多くあるものの、その結果については6%から65%と広い。ICの定義が各研究者によって異なり、Svendsonが定義を考えた際に除外した空想遊びを含んでいる研究もあ...

コミュニティ

イマジナリーフレンドを持っている人へ質問ICがいる人が回答している質問サイト。 イマジナリーフレンド - メンタルヘルスブログ村 Amebaブログ #イマジナリーフレンドこちらに登録されているI...

MENU

 TOP ICとは概要用語出現率と時期ICとの出会い研究の歴史ICと超自然的解釈 子どものIC特徴要因機能自閉スペクトラム症とIC 青年期以降のIC病理特徴&n...

用語

ICImaginary Companion。空想の仲間。IFImaginary Friend。あるいはInvisible Friend。前者は主にインターネット上で使用される表現。後者は論文等でPOに...

偽幻覚

偽幻覚とは表象幻覚、仮性幻覚とも呼ばれる。北村(2013)よれば、偽幻覚とは「細部に至るまで明瞭で、かつ意思で左右できない表象」のことを言う。正常の心理現象の一つである。愛する者と死別した際に起こりや...

要因

ICをつくり出す状況早期のIC研究では以下の状況でICがつくり出されるとされた。 きょうだいが生まれたとき 両親や養育者と死別したとき 両親が離婚したとき 友人を失ったとき 不仲な両親に育てられた 一...

特徴

幼児期のIC幼児期のICは、多くの場合、遊び相手や世話をする相手である。世話をする相手の場合、「できないことをしてあげる」といった関わりが多い。 児童期のIC児童期のICは、相手との親密な関...

その他

一人二役的な会話これは個人の能動行為である。ICは受動的な体験であり、これとは区別される。 統合失調症統合失調症では未知的な存在が体験され、客観的実在と混同されることがある。ICは反復して現...

特徴

実在感ICは「ありありとしたそこにいる」実在感が伴う。通常、実在感というのは、知覚に裏付けられているものである。ICの実在感は知覚性を持っていることもあれば、表象の域に留まるものもある。必ずしもはっき...

準宇宙

児童期以降になると、子どもの中には複数の仲の良いきょうだいあるいは友人と一緒に、「準宇宙(paracosm)」と呼ばれる空想の王国や世界を作り出すことがある。しばしば仲の良いきょうだいや友達との共同作...

交代

「交代」とはICはときに本人の身体活動を行うことがある。本人とICが位置を入れ替えるようにして、ICが主体となって行動することがある。 例えば、ICがいじめを受ける本人の身体を操作し、ICが...

その他

IC周辺体験後藤ら(2015)は、IC周辺体験について調査を行っている。IC周辺体験として、人格化、他自我、他人格、実体的意識性の4つを上げている。大学生の1/3強が体験しているという。病的解離群でそ...

交代人格

交代人格とは定義大矢(2008)によれば、Kluftは交代人格を以下のように定義している。堅固で持続的で確実な自己感覚および刺激に対する反応性に関して特徴的な整合性のある行動と感情のパターンのある存在...

実体的意識性

実体的意識性とは仙波(2009)は実体的意識性を以下のように説明している。人や物の実体的な存在を,感覚器官を介して知覚することなしに,無媒介的に直観的に体験すること。音や空気の流れなどの知覚によらず,...

解離

解離とは解離とは防衛機制の一つである。カプラン臨床精神医学テキストより定義を引用する。精神医学上,解離(dissociation)は,ある一連の心理的もしくは行動的過程を,その個人のそれ以外の精神活動...