無線で通信しよう

ページ名:無線で通信しよう

無線で通信しよう

VTOL VR ではいろいろな無線が用意されています
無線通信する方法は2通りあります
・MFCD の COMMS 画面を開いて内容を選択し通信する方法
・マイクを使って実際に声で行うボイスコントロールで通信する方法
  ネイティブ英語発音でないと反応しないかも


MFCD の COMMS 画面で通信する方法

Wingmen:僚機
  Combat:戦闘
    Attack Target:こちらがロックオンしたターゲットを攻撃してください
    Disengage:戦闘を中止してください(僚機に被害が出た時、戦闘をやめさせてから基地に帰らせる時など)
    Engage:戦闘開始してください

  Flight:飛行
    Orbit Here:こちらに来てください
    Form Up:フォーメーションを作ってください
    Spread Close:もっと近づいて
    Spread Med:中間の距離で
    Spread Far:もっと広がって
    Go Refuel:燃料補給に行ってください
    RTB:基地に帰還してください
    RTB & Re-arm:基地に戻って兵器の積み直しをしてください

  Equipment:装備
    Radar On:レーダーをONにしてください
    Radar Off:レーダーをOFFにしてください
          OFFにすることで敵に気づかれることを遅らせる(潜入任務の時など)

AWACS:早期警戒管制機
  Bogey Dope:敵の対空兵器の位置を教えて下さい
  Picture:状況を教えて下さい
  Request RTB:戻るべき基地または空母までの距離と方向を教えてもらう

Ground:地上係員
  Request Rearm:地上係員に武器の積み直しを要請

ATC:管制塔
  Closest:一番近い管制塔につなぐ(もし間違った管制塔を呼び出すと「間違えてますよ?」って注意される)
    Take Off:滑走路(または空母のカタパルト)からの離陸を要請する
    Landing:滑走路への着陸(または空母への通常着艦)を要請する
    Cancel Request:要請をキャンセルする
    Vert T/O:垂直離陸を要請する
    Vert Landing:垂直着陸を要請する

  Akutan:Akutan島のベース基地の管制塔
    同上

  Aircraft Carriar 61:空母
    同上

  Cruiser 12:護衛艦
    同上

  Cruiser 11:護衛艦
    同上


離着陸の時の管制塔とのやりとり
管制塔とやりとりをすることにより滑走路の状況で待たされたり色々な事を体験できます
楽しいですよ

離陸の時にATC(管制塔)に離陸許可を要請してください
  滑走路までタキシングするよう応答があり、NAVページの飛行場地図上に滑走路までの経路が表示されます
  滑走路手前で停止するよう連絡が来ます
  滑走路手前で停止して離陸の準備をしていると離陸許可の連絡がきます
  (滑走路が空いている場合、滑走路手前で停止無しでそのまま離陸許可が来る場合あり)
  滑走路に入り離陸してください

着陸の時にATC(管制塔)に着陸許可を要請してください
  滑走路からまだ遠い場合は方位を連絡してきますので、その方位に向かって飛びます
  着陸許可と滑走路ナンバーが連絡されますので、滑走路を間違えないように着陸してください
  (特に滑走路が2本または3本並列にある場合は、滑走路番号の後に R、L、Center が付きます)
  駐機場までタキシングするよう連絡があり、NAVページの飛行場地図上に駐機位置までの経路が表示されます